.

.

Memo(#1)

** Update 2004-12-31 **

ここでは、作品以外でのメモをランダムに記録しています。


■電気自動車_______________(2004/12/12/22:00)

慶応大学の清水浩教授の電気自動車開発の20年を見、またその最新機種の高性能を目の当たりにして非常に感動を覚えました。すごすぎる。 これは管理人が根がエンジニア指向ということに起因するのかなぁと思ったりしています。教授の開発に対する姿勢や考え方も柔軟かつ良識に満ちていて救われます。

■サントリーホールでのMJO____________(2004/12/26/01:00)

12月22日(水)日本公演最終日のサントリーホールへ行って来ました。チケットの予約が遅くて良い席が取れずよほど止めようと思ったのですが、音楽院での聴講のこともあり 時間をやりくりして行くことにしました。2階左側の席です。定刻7時ちょっと過ぎにメンバーがステージに揃いオープニング・ナンバーは最新アルバムから、チューバとバストロンボーンの豊かな音から始まる「バードランド」で、 チューバのベルがちょうど2階の方に少し向いていることもあって、生の低音ブラス・サウンドを充分堪能できましたが、全曲を通じてはやはりTrbのベルの向きからブラス・アンサンブルでのTrbセクションの音が埋没して聞こえ その点は予想通りの残念です。しかし、第2部トップナンバーでのスーパー・トロンボーン4人がステージ前面に並んでの、アルバム[Supper Trombone/Moonlight Serenade]からの「ベイシー」はPAを通しての音ですが少しだけ生に近いトロンボーンサウンドを聴く事ができました。 演奏はパーフェクト、完璧です。Trb4人のソロも素晴らしいものでしたがベースのチップ・ジャクソンのベースランニングの心地良さといったら、これぞジャズ・ベースといったドライブ感溢れるものでした。ひょうひょうとした リーダーのデビット・マシューの低音ブラスを支えにウルトラテクのTrp,Trb,Hornのアレンジは按配良くポピュラリティーもあって聴きやすいことこの上なしです。

    メンバー
  • リーダー、アレンジ、指揮、ピアノ/ デビッド・マシューズ
  • トランペット/ ルー・ソロフ、ジョー・ジョルジアーニ、スコット・ウエンフォルト、グレッグ・ギズバート
  • トロンボーン/ジム・ビュー、ラリー・ファレル、ジョン・フェチョック、ジェフ・ネルソン、
  • アルトサックス/ クリス・ハンター、ソプラノサックス/アーロン・ハイク、バス・クラリネット/ケン・ヒッチコック
  • フレンチ・ホルン/ ジョン・クラーク、フレッド・グリフィン
  • チューバ/トニー・プライス
  • ベース/ チップ・ジャクソン
  • ドラムス/ テリー・シルバーライト
の総勢17人。
■マンハッタン・ジャズ・オーケストラ_______________(2004/12/10/21:00)

12月5日(日)国立音楽院でのオーケストラ・クリニックへの参加メンバー。

  • リーダー、アレンジ、指揮、ピアノ/ デビッド・マシューズ
  • トランペット/ ルー・ソロフ
  • トロンボーン/ラリー・ファレル
  • アルトサックス/ クリス・ハンター
  • アコースティック・ベース/ チップ・ジャクソン
  • ドラムス/ テリー・シルバーライト

■遅い昼食のあとで_______________(2004/12/12/16:00)

ひどい人生がそのような音楽を創るのか、そのような音楽を創るから酷い人生になってしまうのか、そんなことを思っています。 心引かれる音楽のほとんどがそのてのものなのです。楽しくて明るく、踊り出したくなるような音楽でも管理人の耳に入ってきて 心に届くのは決まってその明るさとは裏腹な感覚なのです。クラシック古典でもそうです。あっけらかんと残されている多くの 名曲といわれるもののうち管理人が認めるのは5人、20曲程度であとはあくびが出ます。しかしこれは単に管理人がその曲、その作曲家の ファンということだけなのかもしれません。いづれも後世に鳴り続ける音楽だとも確信します。 でっ、「エリック・ドルフィー」であります。デビューから闘病期〜再起〜最期と、その時々の演奏を聴くにつけその悲惨な状況を想像し、音にそれを重ねて イメージが頭の中を駆け巡ります。30年前にジャズ音楽でそのように感じた音楽家として

  • ビリー・ホリデイー
  • チャーリー・パーカー
  • クリフォード・ブラウン
  • バド・パウエル
  • ソニー・スティット
  • ジョン・コルトレーン
  • ウエス・モンゴメリー
  • スタン・ゲッツ
  • グレチャン・モンカー3世
  • マイルス・デイビス
  • ルイ・アームストロング
  • などなど
圧倒的に黒人が多いのはジャズというだけでなく人種差別がいかに心有る被差別者の魂を痛めつけたか想像に難くない。 音楽は精神の賜物。 


☆蛇足
☆蛇足

問い合わせは管理者まで。
CopyRight(C)2004 by Shinji Echigo All Rights Reserved.