作品についてのあれこれ

** Since 2004-07-31 **
** LastUpdate 2009-08-06**

sen
■ 管理人の好きな音楽につきましてここに披露いたします。こんなの大嫌いという方も大勢いらっしゃると思いますので、ダウンロードの前に読んでいただけたらとエクスキューズする次第です。(^o^;)

☆ 特に好きなのが1940年代から70年頃に作られた、いわゆるスタンダードナンバーとして残っているジャズです。ディキシー、スィング、モダン、クール、アバンギャルド、ウエストコースト、ブロードウェイからヨーロピアンと垣根なしで、主旋律と和音にリズムが加わって自分にとっての宝物となっています。

☆ あと、大編成の音楽ということでオーケストラも大好きで指揮者の皆さんにシンパシーを持っています。

★ ここではオリジナルもありますが気合がはいるのはどうしても名曲のアレンジになってしまいます。多くの人に感銘を与える旋律や和声進行を生み出すことができるのは天才のなせる技と畏敬の念をもっています。

★ 楽器奏者の皆さんはアンサンブルの面白さや快感を実体験されているのでサウンドを作る面白さも想像できると思います。管理人の音楽の楽しみはこのあたりにあります。

★ そんなわけで、DTMで作りこんだのはいいのですが、HPにのせるにあたり、そのスタンダードナンバーの著作権がほとんど消滅していないこともありJASRACの方にいろいろとアドバイスいただきまして、「インタラクティブ配信」での音楽著作物利用許諾を得ることで、愁うことなく名曲の数々を自分の好みにあわせて作りかつ発信がかなうようになったのです。(文脈が。。。)

(2005/07/06)JASRAC様の見解と当方の考えに大きな相違があり、とても容認しかねる仕組みになっているようですので、残念ながら今後一切JASRAC管理下にある曲をサイトに載せない様にしたいと考えます。しかしスタンダード曲をアドリブ演奏することは、管理人の内からの欲求でもありますので、相応の工夫をこらして 音源を創っていこうと思います。ご期待ください。

★ DTMの入力練習で作ったものも乗っけていますが、管理人はCDに焼き付けて聴いています。捨てるにはもったいないかなと残してます。 またDTMで打ち込むクラッシック作品は本物からは程遠いと認識しています。その点、ジャズは自由度が高いというか、機械(コンピュータ)のつくる音を 音楽として包括してしまうところがあるように思います。

★ 当初はDTMでのジャズ作品が少ないことから、自分の音楽経験でどれだけのものが出来るのかという興味で、音楽の持つ「情感」とか「くるおしさ」がデジタルで生み出せるものかと始めたのですが 近年のソフト・シンセの高度な機能で相当に高いレベルの音楽足りえることを知り、2年目くらいからは、実演奏・生楽器演奏に近づけるというより、DTMでの「独自の音楽演奏」という考えに変わりつつあります。 楽器の運指訓練や音作りに時間を割く以上に音楽そのものを考察し高めて行くことが可能なのです。まだ少しですが、これが自分の 音楽だといえるものも出来つつあります。じつに楽しいことです。(2006/02/24)

★ 作品の案内とデータの並べ方になにも工夫がされておりません。せめて50曲くらいになったらキチンとインデックスをつくります。

P.S:8/13日の休日にリストを更新しました。

◆作品一覧はこちらで。(未完成ですが)

Profile & More infomation
 
クラシック・ファンの皆様へ
.


● 当サイトのページについて IE6.0とNN7.01、Opera7.5で動作確認をしていますが、リンクミスなど不具合ありましたら掲示板に一言いただけると大変ありがたいです。Macにつきましてはその環境がないため確認していませんが、多分O.Kかなと。LinuxでのブラウザmozillaではFrame部分が見られませんでした。 ◆WindowsVistaで、midi紹介ページに張り付けたプレイヤーではほとんど再生出来なくなっています。D/Lして他のプレイヤーで聴いて下さい。また2008年以降、一部の機能がI.Eのみとなっていることもあり、OperaやFireFoxなどでは不具合が出ます。

残念ながら
ほぼインターネット・エクスプローラー専用
に近いページになっております。
sen
Valid HTML 4.0 Transitional

問い合わせは管理者まで。
CopyRight(C)2004 by Shinji Echigo All Rights Reserved.