*----Rhapsody In Blue

●STOP_____>ファイルサイズが【9.92 MB】あります。【管理人専用データ】
管理人がおそらく一生お付き合いするであろう作品のひとつで、そのメロディーと和音進行、編曲手法が 80年経た今でもジャズそのものです。このあまりにも有名な「ラプソディー・イン・ブルー」は確かにジョージ・ガーシュイン の作ですが、私が惹かれるのはフェルデ・グローフェの手による編曲と演奏でそのサウンドが大好きなのです。 ここにあるデータは、トラックダウンの研究と楽器のバランス研究のために分解したデータをmp3にエンコードしたものです。 ピアノはガーシュイン自身の演奏により1925年頃創られたピアノ・ロールの再生で、1976年にコロンビア・ジャズ・オーケストラ との重ね録音により出来あがったものです。フェルデ・グローフェは'20年代のスイング・ジャズ全盛のころ、ポール・ホワイトマン 楽団の専属アレンジャーで当時のことですから白いタキシードに見を固めた楽団員のレパートリーを増やすべくさぞ活躍しただろうと 想像できます。驚くことに、この【Rhapsody in Blue】がポール・ホワイトマン楽団用に作曲されたということです。ディナーのBGMか ダンス音楽として創られたというのが驚きです。しかし、細部にわたり何回も聴いていると随所に以降のジャズバンドや映画音楽、ミュージカルの 手本となったようなフレーズや展開があって興味はつきません。この演奏につきましては、CBS/SONY RECORDSが版権を所有しており 録音は禁止されています。よって、お取り扱いにはご注意ください。 (UPDATE:2005/1/1)★×10
−不本意ながら現在聴取不可としています。−
【ラプソディー・イン・ブルー】【作曲:GEOGE GERSHWIN】【編曲:FERDE GROFE】【mp3サイズ:9.92 MB/96Kbps】
【演奏:G.Gershwin(Piano-roll) + Columbia Jazz Orchestra】【演奏時間:13'46"】

■mp3データは同じファイルを2〜3ヶ所のサーバーに置いてありアクセス出来る様にしています。最も早い所からD/Lして下さい。
☆このページが開くと、データの投票に1票入ります。>
*-----------------------------------------