LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


二月の状況を書いておこう。


 日記代わりにブログを書かなくなって、ツイッターの方に安易に乗り換えちゃってるが、やはり出来事やイベントのちょっとした記録はブログのほうが良い。で、この二月の事だが一度、体調の好くないことがあったので、退院後の三回目となる筋肉痛・腰痛とともにエントリーして置くんだ。

 それは、通所リハビリの2月6日(水曜日)の事なんだが、今年に入ってからちょっと生活のサイクルが乱れているなぁと感じてた矢先にだ。何時ものように送迎車が来てサポートに行くと、どうにも血圧が低いし、ふらつく感じがして、午前中は休憩室のベッドに横になっていたんだ。

 朝、起床時の血圧測定値は、126/81でちと高いかなって云う感じがしてたんだが、此のときは95/55。普段は然して気にしてないのだが、寝不足が原因なんだろうなと思っていた。そしてランチの時間だと云うことで起きると、右目にちょっとした異変が。ほんの数秒間で収まったが、あれはひょっとすると蛍光灯が眩しく感じるあの脳卒中の再発じゃぁないかとビビったんだ。昼食後は異常なし。

 一日おいて、8日(金曜日)、この日は非常に気分が良くリハビリと筋トレを何時もよっかホンの少し多めに、慎重にね!

 一日おいて、10日(日曜日)、朝起きるとき、その時は筋肉痛と思っていたんだが、多分腰痛で布団からようやく起き上がることが出来て、あとは椅子に掛けるとき立ち上がる時も痛いのを我慢してだ。

 前二回の筋肉痛は、たぶん筋トレのやり過ぎだろうと云うことで、起きることが出来なかった訳でもないし、最長2週間我慢してりゃぁ病院は行かなくてもいいさって事だったんだが、今回はちと違う。6日の事もあったしなぁということで、痛みが引かない2月15日(金曜日)に通所リハビリをキャンセルして一路タクシーで病院へ。来月かかる脳神経外科の総合病院に行ったんだか、コレがドジだったね。受付で整形外科は紹介がいるんだとさ、まっ、医療行政上は仕方が無いんだろうけど、せめて半径1kmの町内は、イテテと云った患者さんは見るべきだろうね。

click
♪〜僕のMRI画像はもっと綺麗で
  脊髄の変形がちょっとだけ。

 で、昨年の末に耳たぶに出来た粉瘤をメスで切って貰ったクリニックに行き、レントゲン撮影と問診をしてくれたんだが「わかんない」との事である。取り敢えず痛み止めと筋肉のツッパリを取る薬と整腸剤、湿布を処方してくれたが次週の21日(木曜日)にならないとMRI撮影が出来ないのだという。じゃ、お願いしますってことで薬局を回って帰って来た。

 MRI撮影の当日、Wikipediaの写真じゃないけど、まぁ〜、5個目か6個目の背骨の付近の脊椎が、ちょっと変形している様子が見事に映し出され、それでたぶん腰痛の原因はこれだったんじゃない、ということで一件落着。あと一週間程度は安静にしておいて下さいよと云うコトで、分かりました、絶対に安静にします。まぁそれで痛みが収まってルンルン、ちと寄り道して帰宅したんだ。。

 10年も前に酷い頚椎症を患っているので、ハタと思い浮かんだ事がある。其れは骨折と一緒で絶対安静にしか治癒方法はないんだね。危険を冒してまで外科手術ってのはよっぽどのことがない限りすべきじゃないね。

 そう云えばWikiによると腰痛のヘルニアは高齢者になるとあまり発症しないようだが、まぁ、レア・ケースなんだろうな。よく言われるのが頚椎でもヘルニアでも無理な姿勢を長時間取らないことなんだ、気を付けよ(^_^)。で、湿布なんだけど、一日貼ってかぶれちゃってダメだったよ。だいたいが湿布貼る人間じゃないから、だは。

 僕の片麻痺は症状が軽いとは云え足腰の筋肉の老化は進んでいるが、どうのこうの言っても始まらない、取り敢えず痛みは勘弁して欲しいね。其れさえなきゃ万々歳、上機嫌なんだ(^_^)。
STOP
 長々と雑記と云うに相応しい、リハビリがてらのブログなんだが、やはり一度では文章が思うに任せず、二度三度目の校正の結果が、まだこれだ。どうにも解かりにくい、だは。

 これじゃ、来月の中頃に、掛り付けのドクターの問診に、近況を説明するのに、片言でもイイから言葉でするっきゃないね。一石二鳥の良いアイデアだと思ったんだが。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2013年02月24日(日) No.4100 (ブログ::リハビリ)
Comment(2) Trackback(0)

今更ながら、なんだね。


 午後になってiPhoneのウエブサイトのジャズ音源を調べることにして、例によってJazzradio.comやAccuraio.comがあり、流れて来る物を外付けスピーカーユニットで再生。

で、iPhoneはiPhoneとして、PCに向っている最中、なんかの拍子にYoutube動画でバリトン・サックスのロニー・キューバー率いるMingus Big Bandの演奏を聴いて、あれれという感じですっかり聴き入ってしまった。

これは5年前にも経験してるのだが、またこんなことを思ったんだ。進歩してないやね(~_~;)。

いやはや、驚いたのなんの、血沸き肉躍るといった思いがして可笑しかったのだがやっぱりジャズはこうだよなぁと、それから3時間近くも似たような演奏を聴く羽目に陥った。

 この咆哮する管楽器ってぇのは、やかましいと感じる方には申し訳ないが快感以外のなにものでもない、夢中になるはずだ。長い間忘れていたような感覚だった。

 なにより明らかなのは、この面々のサービス精神とは無縁というか観客なんぞ目にも入らぬといった自由な感じが音にも映像にも溢れていて、高らかに自己主張しているなぁと感じ入るのだが、まさしくジャズが反社会的と目される所以なのかも知れないと思った。だってこんなのが世の中の多数派を占めるなんてのは考えるだに恐ろしい世界だ、ぎゃはは。

 しかしながらこの低音が大好きというのは何なんだろうか。当代きってのバリトン奏者、ロニーの良く響く低音は本当に心地よい。それと知らなかったがこのミンガスバンドのTrbソロはJJの流れを感じる近頃では珍しい演奏に聴こえた。さらにこのアナーキーとも云える一団の演奏の中でケニー・ドリューだろうか、リリカルで実に美しいピアノの旋律が際立って溶け込んでいることにも驚いた。
ついでなので今は亡きチャールズ・ミンガスのオフィシャルサイトを見てみたのだが、常設のジャズ・クラブでの様子はやはりあまり好きなものではなかった、というよりあの疑似トランス状態というのが単に嫌いなのだ。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2013年02月22日(金) No.4099 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

すっごいね!


 洒落で付けたこのブログのウエブ拍手、今日はなんと300回に届かんとする勢いだ。ちなみに「F5アタック」いうか、パソコンの「拍手のお礼の画面」でキーボードの「F5」を連続プッシュすると数が増えるんだ(^_^;)。
STOP
 暇なんでログを調べて見たんだが、2:30〜3:30に掛けての『93.100.116.6.pool.sknt.ru』リモートPCの連続拍手なんだね、おおきに。


Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年02月07日(木) No.4094 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

立春の頃って云えば....


 ニュースで尾鷲の海沿いの二本の河津桜の事が報じられていたで、そう云えば三年前の日記によく通った南伊勢町の瑞賢公園の早咲き桜の事を書いていた。

〜転載〜2010年2月18日〜

click

 

click

 

click

【瑞賢公園】

 帰路、国道260号線沿いに鮮やかに色付いた、初めは梅か桃の木とばかり思った植え込みのある小公園に寄って、良く見るとなんと桜じゃありませんか。江戸期の賢人・河村瑞賢の記念公園だと知ったのだが、渡会郡出身だったという。桜を良くみると伊豆の河津桜みたいだがひょっとして移植したのかもね、山間の里にしては比較的日当たりの良い場所で菜の花も咲いていた。まるでここだけ春のようだった。

web拍手_履歴


2013年02月04日(月) No.4093 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen