LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ←覧近グゥ〜。
 
■この日記のURL
■本家URL


〜BGMはいかが〜 今週は「Cheek To Cheek」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」

残念だったなぁ〜。


 夕べは珍しく最初から最後までのサッカー観戦、期待にたがわず一歩も引かない我が日本チーム、素人ファンから見ても今回のワールドカップでの戦い様はスピードといい連携プレーといい格段の進歩が感じられ面白い。

 結果はPK戦で惜しくも敗退となったがこれはもう運としか言いようもないや。しかし選手もサポーターも涙する様子を観るにつけそれだけ思い入れ出来る事があるというのは幸せなことでもあるなぁとつくづく思う。涙は感情・精神をリフレッシュするというし今回の日本選抜チームには良くやったと誉めるしかないな。

【不思議に感じていたこと】
 以前、物議をかもしていた自身のブログで市役所職員の報酬を公開していた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長、マスコミに対して過激に対決するのを不思議に思っていたが彼の周辺を取り巻く状況を聞いて納得、孤軍奮闘狂狷に民主政治を実現しようと命賭けてるんだ。名古屋の河村市長もそうだが大衆に迎合し保身第一の今のマスコミは確かに偏った報道に終始している。断片的なニュースを見るとまるで変な人に見える様な伝え方で核心は隠している、やだねぇ〜。STOP
【ん、もぉ〜♪】

click
♪〜サバっ子。


 昼前にチャイムが鳴り誰かと思ったらな〜んだ、弟だった。鳴らさないでよと云うと、この天気だしひょっとして釣りに出てるかも知れないと押してみたらしい。で久しぶりに昼飯一緒したあと鈴鹿市の釣り道具屋に行こうよというので短パンにTシャツのクダケタ服装で同乗、まずは馴染みの「すしろー」へ。その後行った釣具店では案の定あれこれと気になる物が目に着いてしまい現状若干不満のある小型スピニングリールやら道糸やら配合餌用添加物だの挙句の果ては売るほど持っているヨリモドシだの錘だの、ついつい良さそーだなぁと買う羽目に、ぐふぅ〜。舎弟はと見ると、やはりなにやらカラフルな疑似餌だの針だなんだといろいろ買い込んでいるが互いに詳しくは詮索しないのが可笑しい。

click
♪〜アジ。


 2時前には送り届けてもらい早速小型リールに1.5号の道糸を巻く。値段の割にはベアリングがいい感じでギアの音も快調、となるとこの天気だし試さずにはおられぬとまたまたハーバーに出かけた。

 今日は中潮で午後8時半頃が満潮ということで4時ぐらいからが絶好の潮廻り、大堤防の先端左側にどっかりと陣取り新しいリールをセットした1号竿での浮き釣りだ。雨の影響かこころなし岩田川河口の水位が高いように感じる。 完全フカセの一本針で沖目に投げてサバっ子を釣ったのだが一段と強い引きで上がってきたのが珍しや良型のマアジ、いやはや嬉しかったね。

click



しかしアジはこの一尾のみであとはぽつぽつとサバっ子だったがあたりが真っ暗になる頃まで遊んでいた。

 今夜はアジの刺身をと帰宅後早速捌いて丁度一人前の刺身一皿となり、他に作り置き冷凍してあるサバっ子の味噌煮やモヤシと冷奴だのなんだのと実に素朴な和食となった。そういえば昼も魚だったが美味しけりゃぁ問題ない。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月30日(水) No.3464 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

夕釣り。


click


 いかにも梅雨らしい陽気とでもいうか、雨は降っていないものの湿気を含んだぬるい風がそよそよと吹く夕方、思い切り軽装でヨットハーバーへ釣竿持って出かけた。午後8時頃が満潮なのでそれまでの3〜4時間、ちょうど夕涼みがてらとありあわせの餌でなにか掛かればラッキーという感じの釣りだ。

 そういえば昨年の夏も暑い盛りにはあまり釣りをするしともいないようで、今日もほんの数人、しかし堤防に出ると意外に北西のそよ風が心地好く冷房入れた室内よっかは余程快適だ。先端から50m程手前のお気に入りの場所に腰をすえオキアミ餌で沖目に仕掛けを投げ、のんびりと浮きを眺める。ときどきボラかセイゴが群れで水面をバシャバシャ跳ねるのを見ながら底のほうを流していると思い出したように浮きが引き込まれ狙いのサバっ子が掛かる。一号竿で手ごたえ十分、右に左に走り回るので上げるまでが楽しいね。

click


 しかし群れが散ったのかほんとに偶にしか当たらない。まぁあまり釣れても処分に困るし丁度良いと、決してマケオシミじゃない思いで気分は上々、実はこのサバっ子をムニエルにしてみようという思惑があって2〜3尾で十分だったのだが結局3時間ほどで3尾、クーラーにたっぷりの氷を入れてきていたので暗くなる直前には仕舞いにして帰って来たが貧価には違いないな。

 今日はサッカーのTV観戦を23時から予定している。帰宅前に時間も時間だしといつもの「あじへい」に寄り何年ぶりかで天津飯を食すも、あれれ、蟹の身が入っているんじゃなかったのかなぁ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月29日(火) No.3463 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

釣りに行きそびれた。


 今朝も5:30起床、西の方は豪雨とのことだが紀伊半島は青空が広がり暑くなりそうだと汐廻りを見ると大潮で寄る18時過ぎが満潮なので夕方からでもヨットハーバーに行こうかと考え日中はもっぱら涼しくした室内でウダウダ。

 朝方に日本郵便(株)津支社から電話で、誤って返送した交通安全協会からの免許更新ハガキを届けにあがりたいとの連絡、気分的には釣りのほうが大事なのだが腹に据えかねていたこともあり来てもらうことにした。

 全ては把握できていないが5月末ころから今月半ばにかけ郵便物の届き方が尋常でない感じがしていて、何箇所かを電話で追跡したところ全てこの津支社の中央集配センターの落ち度が明らかになったため送り主の元に返送され残っていると確認出来たものを責任もって届けるように申し入れしていたのだ。確認はもちろん拙者がしたことで電話代もバカにならん、プンプン。

 いろいろな言い訳をしていたがどれもとんでもない言い草で不法滞在者でもあるまいに、住民登録から転居届け、バカ高い住民税まで納めている国民をないがしろにするにも程があるという訳だ。宛名表示に不備があるならまだしも町名地番まで全て住民票通りでそのポストに投函されぬというのは怠慢以外のなにものでもない。民営化途中でなければ分限免職の訴えを起こしてやろうとまで思ったね。解体したという社保庁同様、腐っている。配達員の不慣れなんぞを理由に挙げる神経を疑うわ。

 結局のところ具体的な改善策もなく単なる内勤者の謝罪じゃ民業化してもどうしょもない、たしかトップが役人上がりになってたが救われない。なんでこれだけ怒るかってぇとこちらは利用しなけりゃ済むのだが送る側の皆さんは郵便局を信用して出すのだから性質が悪いというわけだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月28日(月) No.3462 (怒。)
Comment(0) Trackback(0)

紅茶。


 今朝も早起き、5時。外は曇り空で湿気も高い梅雨に日曜日だが何故か気分は上々、唐突に美味しい紅茶が飲みたくなりティ・ポットだの葉っぱを捜すも、ティーバッグしかなかったが、まっイッカとそれを使うことにし、ポットは食器棚の奥で長いこと使っていなかった白磁のものがあって汚れが目立つので最近凝っている漂白洗剤でピッカピカにしてからようやくオチャしたのだが、やはり古い葉っぱは感心できないな。

 窓から見る曇り空だが窓ガラスの汚れに目が行き、漂白ついでとこれまた気まぐれにピカピカになるまでガラス拭き、改めて外を眺めると心なし緑が映えて実に晴れ晴れとした心持になったのだが、他愛ないと云えば確かにね。

 雨は降らないようだし折角の早起き、テレビの始まる午後まではヨットハーバーにでもと思うも、日曜日ということで止めた。少しでも場所を譲るのだという実に奥ゆかしい考えだと思うのだが、それほど大袈裟なことでもないか。

 先日ハーバーから持ち帰った木っ端グレが餌を食べて海水槽になじんでいるし、新たに入れたシラサエビが脱皮を繰り返しているのを見ていると政見放送なんぞ聴きたくもないのは困ったことだ、あはは。

 詩人の谷川俊太郎さん、昨日偶然その対談を聞きとても感動したのだが大宇宙、大自然の中の一個人としての精神の持ちようをサラリと話しながらも世間に関わる二面性にも言及していたがあのバランスがすばらしい。

 世の中には絶対一人が心地好いと思う個性(多数か少数かはともかく)もあってその場合は社会性だのコミュニケーションだの他者との感情は方便でしかなく、ことさら重要視する御託は胡散臭く聞こえるのだが少なくとも働いている間はそれなくして成り立たない。ご本人は昔のお年寄りと違ってずいぶん軽く子供っぽいと感じるなどと仰ってたがそんなこたぁない、50年も前のお年寄りのほとんどは無知の固まりみたいなもんでどっしりと落ち着いて見えたのは多分なにも語るべき事が無かったんじゃぁなかろうかと、ハネッカエリの老人初心者は思うのだ、ぎゃはは。 STOP
【テレビ・デー】
 勝手に定めたこの日の予約番組、合計時間が5時間。そういやぁ選挙法に定めるインターネット関係の諸々、まるで整理されていないなぁ。はっきり云うとアホ丸出しといったところ。大体が昨今の政府がらみの諮問機関などに参加している、いわゆる専門家連中、ありゃぁ皆勉強不足なんじゃなかろうかと思えてしょうがない。せいぜい誤字だらけのハウ・ツー本を出版する程度の見識で国家のありようを決めるってぇのがおこがましい。STOP
【取越し苦労】

click
♪〜こんなに晴れた。


 11時過ぎ、晴れ間が広がったので散歩がてらハーバーに釣り見物でもと出かけた。大堤防に向かって歩き出して驚いたね、なんと釣り人なんぞはほとんど居ない。今日は大潮廻りで12時半がソコリということで汐を読んでということなのか、見事なもんだ。たしかに大きく下がった海には魚の気配が感じられない。それでも一応竿を出さなきゃ気が済まないのがツリキチのとんまな処なのだが、案の定ピクリともしない浮きを眺めて一時間、蒸し暑いしと帰って来たのだった。しかしお弁当持参のファミリーフィッシングも二組ほどしか見かけず意外だったなぁ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月27日(日) No.3461 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

6周年記念日。


 一年間だけのお遊びのつもりがなんと、丸6年も続いている「しんじワールド」、開設当初はバタバタ作りこんだmp3のジャズ配信が全てだったのにこのブログを始めてからはデジカメやら釣りやら果てはアクアリウムとまぁとりとめない方向に行っているようにも思うのだが、怪我の功名とでもいうのかツイッターに先駆けてぶつぶつ文章を書くのが拙さはともかくじつに面白い作業になってしまった。タイトル・セクションに「何でもアリ」と書いておいてよかったなぁと思う昨今なのだが、文章にすることで頭の中のぐちゃぐちゃがなんとなく整理される感じがして下手な薬よっかは余程精神衛生にいい。

 まぁ日記とはいえ世界中に発信していると思うと相応に自己規制が掛かって全てが本心からとは云えないが、それでもその日その時の心情の一端は記録されていると多分に己のためのもので、しかも他ならぬ自身のパソコンがサーバーなのだからして自由さ加減は商用サービスのサイトの比ではない。それで元気な間は続けようと改めて心に決めたのだった。

7年目も気儘にガンバろっと。


STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月26日(土) No.3456 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

気付けば早25日。


 昨日は早朝4時に出かけてあの炎天下延べ16時間も遊びまわり帰宅してからさてブログに記録と思いながらもバッタリ寝てしまった。でも出かける前に一応更新してあるので良しとするも、日記としては行動の一端を記録しておきたいと夜中の2時に起きたのでワールドカップの始まる前に書いとこ。

 24日は全国的に晴れマーク、梅雨の合間のカラッとした貴重な一日とあって仲良し舎弟をともなっていつもの南伊勢、吉津漁港に釣行。今回の餌の予約の際にはすこし厳しい言葉で念を押していたのでビックリするほど新鮮なアミエビだったのは結構なことだったね。

click


 到着した吉津漁港の赤灯台堤防、わんさかと木っ端グレやスズメダイが沸いていて、それでも工夫を凝らしてなんとか仕掛けを底近くまで落とすと10回に一度くらいの頻度で22cmオーバーのグレが掛かる、これが面白い。正確に調べたわけじゃぁないが5〜8cmのものが今年生まれたやつで、10〜18cmくらいが2年生、20〜23cmは3年物のように思うのだがこれが秋には28〜30cmになるのだろうか、このクラスが一号竿に掛かるのが一番面白いのだ。今日は持ち帰らないので全て放流、いつものポイントには朝6時前からという釣り人が一人先に入っていて10時頃には上がったのだがここにも木っ端名人がいたね、スカリにはどっさりと木っ端グレが上がっていた。

 お昼のサイレンが鳴るころ、たいがい餌取りの多さに少しうんざりしていたトンマ・ブラザーズは暑い日ざしもあって、そろそろ止そうかとなり1時には漁港を出て帰って着た。

 津に到着した頃にはまだまだ日が高く、餌もたっぷりあるしということで弟を降ろした後拙者はそのままハーバーに寄る。サバっ子を一本針で誘って釣る面白さが後を引いていてそれをやろうという魂胆。

click


 ハーバーの車を停める場所近くの船上げ場に大型クレーン船が係留されていてなにやら大きな鋼鉄製の構台を組み立てていた。尋ねると水深が浅くなったので浚渫するらしい、あはっ、良い釣りポイントになりそうだと期待しちゃうね。

 それにしても大型の重機は存在感あるよなぁ〜、つい見とれてしまう。堤防でのサバっ子は5尾ほど掛けたころから少し風が出てきたので直ぐに仕舞いにして帰って着たが御殿場から自転車で様子見に来たというおじいさん(拙者に比べ)、鋼管町の方の様子など教えてくれたのだが来週にはこちらで遊ばしてもらいまっさーと元気に帰っていった。

click


 帰宅後改めて万歩計を見ると1日で4945歩、よく歩いたなぁ。足が攣らなきゃいいけどね。シャワーを浴び急いで夕食は冷凍保存のサバっ子の味噌煮で、これホント美味しいわ。

 で、ブログ更新しようとしたのだが眠気に負けて日付が変わった25日の深夜2時過ぎ起床、上手い具合にワールドカップの日本戦が観戦できるわい。
STOP
【皆勤賞?】
 運よくワールドカップ日本vsデンマーク戦の中継を見ることが出来、しかも快勝、サッカー大好きってぇわけじゃないがこれは嬉しい。専門的なことは判らぬが前二戦とはパスの回し方がまるで違って見えたのだが気のせいかな。  ニュースで観る大喜びの群集は見ていてさらに楽しいね。あの時間帯でのTV視聴率の数字を見てビックリ、さらには視聴占有率が85%ってんだから大変なもんだ。小学生も早起きして見たなどとインタビューに嬉しそうに答えているのを拝見すると、この調子で勝ち続けるとどうなることやら。選挙がすっかりかすんでしまうが、メゲズに頑張ってもらいたいものだ。

 サッカー観戦中、ツイッターでソフトバンク・孫正義さんの株主総会?での講演があると知り拝聴した。企業家とか商売人の範疇にはとうてい収まらない明晰な頭脳の持ち主で20代の頃からその動向に注目しているのだが今回は諸手を挙げて賛同とは云えない内容だったなぁ。まぁご当人が大法螺といってるくらいだから夢のある話とも云えるがこれもまた頑張ってほしいものだ。

 昼過ぎにはさすが眠くなり2時間も昼寝の後、空を見ると今にも降り出しそうな梅雨空で雨雲レーダーで見ても広範囲に覆われて予報は小雨、でもなぜか強く降らないように思って、ヨット・ハーバーに出向く。3時間ほどの釣りだったが足元に落とし込んで小型中型のガシラが3尾ほど釣れるも今日は放流、一度はチヌらしい引き込みで上げきらずに潜られ糸を切られてしまったのだが竿が違うので止む無しだ。しかし強力な引きだったなぁ。

 雨合羽は装着していたものの、時おりポツリポツリと降るくらいで暑くなくて良かった。帰りにふと思い至ったのはなんと今週は月曜日から連日欠かさず釣りに出ている、皆勤賞ならぬ皆釣賞。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月25日(金) No.3449 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

10万の大台。


click


 今朝は3:30とこれまたバカッパヤイお目覚めで、心待ちにしていた我がサイトの「mp3音源紹介ページ」のトータル・ビューの回数を見たところ、きり番は過ぎていて「100,028」件とまで成っていた。明後日、26日がサイト開設6周年アニバーサリーになるのでこの10万に到達するかどうか楽しみだったが幸い間に合った、うれしいね。

 今日は南伊勢の海へ、待ち合わせが6時半なのだが子供の遠足よろしく3時間の睡眠で起きてしまったがどんな釣りをしようかと準備万端、しかし暑さは相当なものになりそうだがそんなのは平気なのさ。
2010年06月24日(木) No.3442 (自宅サーバー)
Comment(6) Trackback(0)

万歩計。


 今朝は10時起床、良く寝たなぁと飛び起きる。10時間以上も寝ていたことになる、寝すぎだな。
 昨日疑いを持った万歩計、気になりだすとどうにも確かめずにはおられない、で、雨は降らないようだしサバっ子の釣り味もなかなかに楽しいので昼からハーバーに出かける。

 大堤防の付け根で万歩計をセットしキャリーに釣り道具一式を括り付けイザ出発、歩数を数えて先端まで行った。結果は実測で645歩、万歩計の表示は590歩だからして不正確というほどでもない。拙者のぶらぶら歩きのストロークは0.6mだから距離にしてなんと380mくらいしかないではないか。中ほどに表示してあるプレートの「延長1500m」ってぇのは何のことかとしばし考える。ははぁ〜、松坂側に向かって横に伸びている堤防や対岸の堤防も入れての距離ではないのかなぁ、それとも基点が違うのか、いずれにしても無意味な表示だね、プンプン。

 今日は北西の風だったので背に受けて海側に向かって陣取り1号竿での餌釣り、薄曇で日差しは柔らかく暑くも寒くもない最高の釣り日和、ただ海水をくみ上げた所赤黄色っぽく濁っていたのは赤潮でも発生しているのかな。

 しかし魚の方は良く寄って面白いように釣れる、竿下の岩場では20cmクラスのグレも釣れたり、先端の黒鯛師は良型のチヌを何枚も上げていた。タモに入る直前に糸が切れて悲鳴が上がるのも楽しい光景だ。姿を見て逃げられちゃうんだからポールにはじかれたシュートみたいなもんだ。

 日が暮れる前に仕舞おうとしてたところに舎弟から明日の釣行の打診メール、もちろん即諾、サバっ子要るかいと聞くと「要らないっ」、煮魚が嫌いなんだよなぁ、美味しいのに。

 帰宅後、明朝の冷凍アミブロックの全解凍を予約の際、前回のひどい商品のことを云って今度あのようなものを売りつけたら名指しで非難するよと注意した。悪徳商人は大嫌いなのだ。STOP
【どう考えて良いのか判らない】
 Twitterで紹介されていた動画、うぅ〜ん、確かにここ数年都会も田舎も可愛い女の子ばかりが目について不思議な感じもしていたがこうも見事にカモフラージュできるとはやはり技術の進歩ということかなぁ。確かに自然というか神様は不公平に人間を作り出しているとは思うが昔はそれこそそういう場所に行かなきゃなかなか目にすることのなかった目元パッチリ、シミひとつない美肌の女の子が全員だとなると何かつまらないもんだ。これは正義なのか「白熱授業」のサンデル教授に聞いてみたいものだ、あはは。
 でもこのモデルさんはごく普通だとも思えるが変わりようはスバラシイ。

こちら


web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月23日(水) No.3439 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

油断。


 今朝も7時前に起床するも朝食の後眠気が襲いつい居眠り、2時間ほども眠ったろうか10時過ぎにはちゃんと起きて近くの郵便局へぶらぶら用たしに。待ってるあいだ飾ってある切手シートできれいなものがあったがまだ手持ちがあるしなぁと思い止まる。

 気圧の移動がゆっくりなようで九州地方ではまだ大雨、レーダーに映る雨雲は紀伊半島も覆っているが薄曇で時おり青空さえ見える。風も穏やかだしと今日もヨーットハーバーに出向く。今日は15尺の1.5号竿でまたまたサバっ子を釣って遊ぼうという魂胆、風向きは昨日と異なり南東寄りで、海側には回ってこないようだったので、河口側に向かって陣取り釣り始める。

 程よい間隔であたりが出てサバっ子が釣れるのだが、どうも4.5mの今日の竿がしっくりこない。バランスが悪いというか対象魚が小さすぎるせいかちっとも面白くないのでじきいつもの10尺3mの一号竿に変えて釣った。

click


 しばらくして今日の暑さからいつもは手放さない長袖の綿のヨットパーカーを持ってきていないと気付いたのだが、すでに左腕がジリジリと日焼けでヤバイ感じ、いつの間にやら青空が広がって太陽がぎらぎら照っているのだ。不思議と右腕は日焼けしないのは休みなく動かしているせいだろうな。

 今日は氷をクーラーボックスにたっぷり持ってきていて少量の海水で手がしびれるほどの冷たさの中に釣ったサバっ子をキープ。20尾も釣った頃には日焼けが心配になり止めて帰ってきたが実にお手軽な釣りだ。

 出掛けにテーブルの上にあった万歩計を着けて行ったのだが帰宅後見ると2900歩、1500mの大堤防を往復するのだから5000歩くらいには成るように思っていたがちゃんとカウントしてるのかなぁ。今度数えてみよう。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月22日(火) No.3436 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

サバっ子再び。


click
♪〜大漁だ。


 今朝は7時起床、降ったり止んだりの梅雨空だが風は弱いようなので、10時頃からハーバーに新しい仕掛けを持ってサバっ子を釣りに行った。汐廻りは長潮で7:19干潮、13:51満潮なので上げ潮いっぱいまで釣ろうかということだ。
 最初は河口側を狙ったがちっとも回ってこないので外側に移動して0.5号遊動浮きの一本針での餌釣り、潮廻りとは関係なく15分周期くらいで群れが回遊しているようで面白いように釣れる。サビキでも良く掛かるのだが手返しの早さから一本釣りのほうが効率が良いし面白い。今日は先日の南伊勢での撒き餌を冷凍保存してあったものを少し持って行ってたのでタナひとヒロで狙い通り当たりが出る。嫌われ者のサバっ子だが狙って釣ると難しくはないが案外面白い。今日は持ち帰って味噌煮にしてやろうと氷持参で来ていたのだが3時間ほどで小さなバケツいっぱい、40尾近くも釣れ氷も解けだしているので急いで帰ってきた。堤防先端ではベテラン黒鯛師が昼頃に50cm近い年なしのチヌを上げていた、居るんだよなぁ。

 帰って早速捌いたがやはり始めのほうに釣った何尾かは身がやわらかくヘタっていて、なるほど、サバの生き腐れだと実感、氷をもっと持参しなくちゃと思った。

 帰りに郵便局に3件ほど用があり立ち寄ったが窓口営業が4時でお終いだとなにやらATM故障の張り紙しているお二人が妙な顔つきでおせーてくれたが、ふぅ〜ん、だるい仕事ぶりだね。STOP
【最小不幸社会の実現】
 憲法の定めるところにより万民に対して最低限度の生活を国家が保障するとともに自立を助長するという現在の生活保護のボトムアップを言っているのかワーキング・プアーと言われる搾取される労働者を救おうとするものなのか定かではないが、五体満足でも収入を得るシゴトの何たるかを理解出来ない方々とか単に駄々こねてるかのようにシゴトをしない方々を、それでも生存させようという真に篤信あふるる思いなのだと理解するのだが、現実社会で例えばパチンコ屋さんや競輪競馬場、ゲームセンターにたむろする群集を見ているとなんともやり切れない思いがするのは拙者だけじゃない。

 先日の報道でもシゴト斡旋詐欺というのか、パチンコ打つだけで収入を得られますと言って80万円の権利金を詐取されたというお婆さん、この国には自己責任がずいぶん希薄になっている。詐欺師は許せないのは当然としても、なんなんだ、これに飛びつく精神てぇのは。

【アホじゃなかろうか】
 寝ようと思ったところ菅直人新総理の消費税についての会見を見て、何を寝ぼけたこと言ってるのかと、現実的なことやるなら先に国費削減やれよと誰もが思う、アホじゃなかろうか。わが国の税を見てみろよ、所得税だけじゃない、後付けの省庁のぼったくりや保険料を入れるといい加減にしろよとぶん殴ってやりたいね。なにやら眠そうな顔つきで原稿読んでたが財務省に誑かされたのかなぁ。Twitterで毒づいてやろうとしたらOverLoadだって言うし、まったくぅ〜。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月21日(月) No.3435 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

一休み。


 今朝は6:30起床、顔を出した舎弟がマイルドセブンの新製品だといってタバコを持ってきてくれたが当人は二週間ほど前から、なにやら電子タバコなるものにはまってこの調子だと禁煙できるかも知れないと言う。それは結構なことじゃぁないかとあまり関心も沸かぬがちゃっかりタバコは頂戴するも、後でメンソールだったと気がついて折角貰ったのになぁと残念。

 朝食に昨日のサバっ子を塩焼きにしてみたが、・・・まるで美味しくなかったのはこれも残念、やはり旬、脂の乗っていないサバ塩はぱさぱさして不味いもんだ。がっかりして天気も悪いしと午前中は不貞寝を決め込む。

 日曜日はテレビと思っていたのだが、今日は「たかじんの・・・」もつまらないので釣り道具の手入れに没頭、一番良く使う一号磯竿の小型スピニングリールを分解してスプリングを作り直したり道糸を新たに巻き直したり、まぁそれだけで海辺にでも居るような錯覚さえするシンプルライフだ。

 「白熱授業」の最終回ということで18:00から一時間拝見、「正義」についての考察のまとめということもあってか特にスリリングな展開もなくちと退屈な授業だったが20:00からの「龍馬伝」は先入観を持って観るのだからして面白かったね。笑顔のチカラは大変なもんだがその威力を知らないしとや知っていても出来ないしとが居るのも其々で、強要するのは難しいなぁと感じ入る。

 昨年のこの時期もそうだったなぁと思い出したが、なぜかぶらりと小旅行が頭に浮かぶ。この地に来てはや10ヶ月、あちこち釣りに出かけるもそれが日常的となったということか、今考えているのは何故か黒部ダムと山陰の日本海沿岸、石見、隠岐の島。何度か訪れてはいるが遥か昔のこと、そういえばその頃には歳とってからの旅行なんて思いもよらぬ事だったなぁ。STOP
【父の日】

click
♪〜My Father


 6月の第三日曜日は父の日なんだ。

 皆そうだよとは良く聞くが幸せなことに拙者の場合も、思い出はどんどん良き事ばかりが膨れ上がり、思うだけで気分が良くなる。そしてこれといったエピソードも思い浮かばないのに亡くなって早40年近く経つ父親を考えると、なにはともかく物心付く頃から社会に出た後も、全て自分の好き勝手を何も言わずに許していてくれていた事に尽きるのだと、今更ながらに感謝の念は増す一方なのだ。

 それで数十年来立てかけている写真を見るだけで気分が良くなるのだからしてあだや親子の関係というのは理屈の入り込む隙がないとも思える。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月20日(日) No.3434 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

サバっ子。


 夜更かしにもかからわず今朝は6:30起床、小雨が降ったりやんだりだが昨日来家事全般に意欲的で次から次へとすることが出てくる。しかし、なんだな、身の回りをきれいにするとホントに気分が良くなる。
 昨日twitterで知った朝10時からのBS朝日の「激論!クロスファイア」で田原総一郎さんと仙谷由人官房長官の対談があるということで仙谷さんが何を語るか興味あって、めずらしく真正面からながらでなく視聴、よき統治者の資格十分と見受けられたがはや65歳になるという、つい御身大事にと健康の心配をしてしまった。

 昼前になって空が明るくなったので、完全に夏用の出で立ちでヨットハーバーにサバっ子でも釣りに行こうかと潮汐表を見ると、なになに、10:45干潮で17時頃が底裏。下げ3分から下げいっぱいまで遊べるとイソイソと出かけた。

 湿気は高めだが気温は暑いほどでもなく風も弱いので釣りには良い。大堤防先端には常連のチヌ釣り師が10人近くも居たのではないかな。サビキでサバかアジを狙うファミリーフィッシングの人々も多数いてなかなかの賑わいだが堤防が長大なこともあって混雑という程ではない。

 先端から50mくらい手前の低いほうの岸壁に道具を広げ、一号竿で浮き下ひとヒロの一本針の餌釣りでサバっ子を釣るのだが、今日は程よい間隔で当たりだ出て20cmくらいの真サバの子が二時間ほどで5尾釣れたので2時過ぎには帰ってきた。一週間前より一回りも大きくなった感じがして気分上々、途中\100ショップとスーパーなどに寄り雑貨類の衝動買い、またまたガラクタが増える。

 厳重注意が功を奏したか心なし郵便物が以前とおりポストに入っている。

 サバっ子を捌いていて、このサイズの塩焼きはどんなだろうと興味が沸き塩を振って一晩冷蔵庫に入れて置く事にした。それからやおら裁縫道具を持ち出し、買い込んできたパーツをフィッシングベストに取り付け、いっそう俊敏なるアクションを思い描く、というよりより横着に輪を掛けるわけだ。

 そんなことしているうちにサッカーが始まっていてあわててテレビを点けるも前半25分過ぎていたがまだ無得点、ガンバレ日本。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月19日(土) No.3433 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

天気はともかく、心は踊る。


 今朝は8時過ぎまで熟睡、昨日は強行軍だったからなぁ。梅雨空が厚く覆っていて昼頃からは雨、今日は冬用の釣り服などの洗濯とキッチン周りの除菌に精を出す。はじめるといろいろ気になりキリがないが、ほどほどで良しとする。

 合間に漏れ聞くニュース報道。大騒ぎの日本相撲協会は公益法人認可官庁の連中の無責任さがアッタマにくるが恥知らずだ。

 今週にも10万アクセスを超えるかという当サイト「mp3データ参照回数週間ランキング」のcgiスクリプト、旧xpマシンに残っていたので書き換えたところ上手くソートして表示されるようになった。

click


 反対にこの数日、JAXAの探査衛星「はやぶさ」に関する諸々、いやぁ〜、あたかも現代のオデッセアといった趣で心豊かになる。いつも与太話で盛り上がる舎弟との話題でもこのコントロールルームのツツマシサやプロジェクト予算のNASAとの桁違い、さらには携わる研究員の創意工夫が伝わり、しみじみと良いなぁと眺めているのだ。奇跡的っていうのは科学技術としては感心すべきじゃないのだろうが、通信不能で行方不明になったあと3ヶ月も解散せずにひたすら待ったというのが奇跡を生んだと思うと彼らの思いの丈が伝わるなぁ。機械とはいえ、「はやぶさ」は根性があるといっていたが、ホントにそんな感じがして愉快だ。この結果を見て総理大臣が予算を考慮せねばと言っていたがその言やよしで、改めるになんの非難もあたらない。未来あるのみだ。STOP
【ぐふふな調理】

click


 話題は一転、キッチン廻りを清潔にしたところで俄然調理に意欲が出て今夜は「肉ジャガ」だと夕方から取り掛かる。ジャガイモとニンジンを電子レンジでもって下茹で状態にしておき、おろしたタマネギとニンニクをサラダオイルで炒めたもので牛肉を入れ、焼きあがったところにさきの根野菜と出汁を加えて煮込む方法なのだが調理量など適当だったが完璧の出来栄え、おいしかったね。しかし今日の主役は昨夜釣りの帰りに寄ったスーパーで買ってきたアサリ、なんといっても伊勢湾は貝処、とはいえなかなかに良い値段が付いているもんだと感心しつつ、こいつで味噌汁をと思い、さりながらいつもの悪い癖であれこれ入れたくなって、豆腐にタマネギ、ワカメまで入れ薄味に仕上げたのだが、うまいっ!貝は大昔から日本人にとって重要な食料であったとしみじみ感じ入る美味しさなのだ。他には漬物とサラダで将に絵に描いたような一汁三菜、これ以上に何を求めるかといったところだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月18日(金) No.3432 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

連投。


 今朝は3:30起床、アラーム握って危うく寝過ごすところだったが45分にコールがあり、パっと起きる。大急ぎで持ち物を確認してそそくさと出発、弟を迎えに行く。あはは、外に出て待っていた、5分ほど遅刻だったからね。
 合いも変わらずだが伊勢道に乗りいつもの神前湾目指して行ったが途中玉城インター出口の餌屋さんで受け取った予約の解凍アミエビが相当痛んで古いものなのでガッカリする、こういう商売しちゃいけないなぁ。

click


 6時前には赤灯台堤防のほぼ指定席に陣取り練り餌の調合から念入りな準備にかかる。中潮で9時満潮なので一番いい時間なのだが海の色がいまいちピンとこないし、ぱらぱら撒くコマセにはスズメダイと他の小さな魚の群れが見えるのみでいつものようにグレが沸いてこないのだ。底近くに仕掛けを投入すると活発な餌取りで15秒と持たないほど木っ端グレが居ると判り、それではと仕掛けをいちだんと細く繊細にして次々と釣り上げるも今日は全て放流、たまに20cmクラスのが大きく竿を曲げるのが面白い。しかし手返しの回数は半端じゃない、暑い日ざしもあり昼頃にはや〜めたと二人の意見が一致して帰ってきた。

click


 帰路は弟が運転するというので拙者は助手席で一眠り、津の手前の嬉野PAで交代し送り届けた後帰宅したのがまだ午後3時、天気は相変わらず上々だしと荷物を一度整理したあと、今度は一人でヨットハーバーに出かけた。夕方から上げ潮で午後9時頃満潮ということで半夜釣りまでは行かぬが暗くなるまで竿を出そうかと、あわよくば先日のようにサバっ子の群れでも寄ってりゃあと考えたのだが甘かったね。3時間ほどピクリともしない浮きを眺めて夕暮れの雲を写メして帰ってきた。海は気まぐれ、魚は勝手だ。追いかける拙者は何なんだと思いながらも梅雨の合間の好天の一日をフル稼動して気が済んだ。

 夕食は久しぶりにハーバー近くの「かつ勢」でロースカツご膳の小を食す。ご飯とキャベツの御代わりは自由ですよと言われてもなぁ〜、出たものを残さぬように食べきるだけで精一杯なんですよ。勘定の時、財布にサービス券が入っていたのは幸運、日付けを見ると2月とあったから4ヶ月ぶりということか。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月17日(木) No.3429 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

トラブル。・・・再掲


 何度目かになるDynDNSのアカウント喪失で丸一日不通になっていたサイト、無事再開したところ、今度はこのブログが変な動きで記事ナンバーが1からになっていた。先日の最新記事で3421番までいっていたのだが、セーブしてある記事データをエディタで開くと「null文字をスペースに変換しますか」と出たのだ。

 あはは、これは数日前にお遊びのJAVAアプレットを入れたのが原因らしい。慣れないことはするもんじゃぁないな。で、テストを兼ねてのブログ更新、さて、大丈夫だろうか。 STOP
【苦闘2時間】
 ようやく直る。連番を保つため三日分の記事を再掲して一件落着。よかったなぁ〜。
STOP
【やっぱり行ってきた】

click


 ブログ修復なったところで頭に釣りの事が浮かび、思い立ったらもう用意を始めて午後4時前には家を出た、行き先はヨーット・ハーバー。明日には南伊勢への釣行を約束しているのだからノコノコ出かけなくても良さそうなものだが内容が異なるので別な楽しみがあるのだ。
 この時期にしては珍しく北西の風で、大堤防の先端手前50mほどの所に釣り座を構えフォローになるよう海側に向かって投げる。ちょうど潮が差し出した頃だがまだ潮位は低くやや釣り辛い。サバっ子を追ってか大きめのフッコがすぐ近くの水面をジャンプする。シラサエビのちょん掛けで岩場の際を流すと直ぐにガシラ、アイナメ、メバルと次々釣れるも放流サイズだ。オキアミ餌で少し沖目に投げるとサバっ子が勢いよく浮きを引き込むも今日の針は何故かカカリが悪く数尾釣れただけだった。日が沈む頃には止めて帰ってきたのだが綺麗な夕焼けで、明日は良い天気だろうなと確信する。しかし4時出発といっていたから早く寝なくちゃ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月16日(水) No.3426 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

世界一美味しいカレー。・・・再掲


 夕べはサッカーを最後までは見ずに寝てしまったがあのまま逃げ切っての勝利と知り良かったなぁとありきたりの感想だ。熱狂的ファンとは違うからね。
 早朝6時過ぎに出たての新茶を持って仲良しの舎弟が顔を出す、うれしいね。緑茶が大好きなのだ。で、梅雨時は釣りも一休みだなぁという話になるも明後日あたりは晴れそうジャンとその気になったり。

click


 鈍よりとした梅雨空を眺めつつ今日はたいして心躍ることもなかったが昨日手抜きでレトルトのカレーを食べ、ちと不満があったので今夜は世界一美味しいカレーを作ってやると意気込んで夕方からせっせと下ごしらえ、冷凍庫に鶏肉があったのでチキンカレーとしたのだった。まぁ手づくりといっても市販のルーを使ってなのだが野菜と肉を炒める前にタマネギとニンニクのみじん切りを炒め、煮込むのに鶏ガラスープを使う手の込みようでルーを入れたコクの深さは半端じゃない。りんごも蜂蜜も入れ、辛口のルーなのにさらに七味唐辛子をたっぷり入れてなかなかに刺激的な味となる。やはり手間隙かけりゃ旨い物にありつけるわけで思惑とおり今夜は世界一美味しいカレーにありつけたのだが、自分以外のしとが食べたときどうかってのは知ったこっちゃぁない。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月15日(火) No.3425 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

テレビが面白い、再掲。


 あまり気ままというのもメリハリのない日常でもあるなぁと今年春先にたまたま日曜日に放映されるNHK大河ドラマ「龍馬伝」を夜8時から必ず見ることに決め、緩やかな規則のようにしたところ一週間の繰り返しに以前とは一味異なるリズムが感じるようで悪くない。それでも何度かは釣り日和に負けているのだが、日曜日には他にも良い番組が目白押しだと知り、しかもうまい具合に時間が割付られているので、これを見逃す手はないと昨日の午後はそれこそテレビ漬け。
13:30〜15:00 「たかじんのそこまで言って委員会」バライティ。
15:00〜18:00 BBC製作の「スーパー・ストーム」何度も見ている。
18:00〜19:00 「白熱授業」11回目、ラスト15分くらいが良かった。
19:00〜20:00 「鉄腕ダッシュ」の新茶作り、大好きなのだ。
20:00〜20:45 「龍馬伝」、ふぅ〜♪
さすがくたびれたね、でも皆面白かった。龍馬伝のおにぎりのシーンを見て無性に食べたくなり、ニュースもそこそこにおにぎりを握って夕食がわりにしてささと寝ちゃったのだが、トニー賞授賞式の実況中継を今日の8:45からBS-hであると知りこれは見なくちゃと予約しておいた。

click


 今朝は普通に6時頃起床、早起きが続いて気分は上々、梅雨空も気にならない。朝食にトーストを一枚と用意し始めてふと目に入ったのが開封してあるコーヒー豆の粉、急にドリップで入れたコーヒーを口にしたくなり、ハタと頭をよぎったのがこの時期の食中毒、細菌の増殖はなかなか目には分からないし、賞味期限も定かでない何時開けたかあやふやな豆だ、あまり回らぬ頭をフル回転させて考え至ったのが火に掛けて煎り直すってアイデア、フライパンでは駄目と知っていたのでステンレス製の小鍋を探し出し早速煎る。弱火から少しずつ強め煙の出る前にやめる、これでブワァ〜っと香りでも立ちゃぁ申し分ないがそんな甘い話はなくてほのかに香るコーヒーの匂いといったところ、そりゃそうだ。ばかなアイデアはそれに停まらなかった、食器棚の一番奥に潜んでいた黒光りするCoffeeGrinderを目にして、今煎った粗引きの粉をこいつにかけて挽いてみようと。しかしこの手動式まめ引き器、いつ購入したのか記憶にないし使った覚えもないのだ。小型の電動ミルしか使ったことがない。

 ともかく、それでゴリゴリ挽いてみたところ、極小パウダー状のものが出来上がり早速フィルターで濾して一口、
残念ながら特においしく出来たということもなく、少し苦味が増したかなぁといった程度、お疲れ様でしたといったところだった。

 そんなさなか、トニー賞授賞式の中継が始まっていて、いやはやなんとも懐かしいサウンドのオンパレード、ロックンロールとアフロキューバンジャズ、スイングビッグバンドの豪勢なステージで嬉しくなる。今回はミュージカルがほとんど話題を独占していて、さらにはオバマ大統領誕生の影響もあるのか不自然なほどブラックパワーが前面に押し出されているようにも感じたが、リズム感や筋力など優れていることには異存がない、活躍して当然だなぁとも感じるし、なんといってもジャズの基盤に違いないと見せ付けられるのに十分なステージだ。コーヒーを挽くのに忙しくなって途中からは音だけ聴いていた。

 しかしブロードウエイの大きさと権威はたいしたもんだ。700人とも言われる選考委員と運営の仕方が公正で上手なんだろうね。

 それにしてもミュージカル「Fela! 」の演奏シーンの迫力は凄いと思うが何故今にしてフェラ・クティなのかなぁなどとボンヤリ考えたりしていたが受賞したのは「メンフィス」だったね。 STOP
【てすと】







♪〜なぁ〜るほどネ。
  マウス中心に光源が回るんだ。

STOP

仕分け批判はピントはずれだけど、ロマンだねぇ〜。
13万人も見ているよ。



web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月14日(月) No.3424 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

修復中。


ブログ・スクリプト修復中・・・6月16日14:00〜STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月14日(月) No.3422 (自宅サーバー)
Comment(1) Trackback(0)

梅雨入りの日曜日。


 今朝は5時ころか、覚醒するも目を開けずにカーテン越しに外の明るさを感じながらじっと想念の世界に漂う。身体的に一切の違和感がなく、暑くも寒くもない状態で目を閉じてじっと仰向けに横たわっているのだが個人的には至福のひと時とも思える。決して夢の世界ではなく、意思の力で思いを巡らすのだがそのスピードたるや大変なものだ。そしてその内容たるやどちらかというと今まで知りえた古来の諸々、不思議と最近の世の中のことには関心が行かないのが面白い。人類が最初に発した鳴き声じゃない言葉はなんだったろうかなぁ〜んてことをしきりに考えていたのだがなぜか予約してあったTV番組「時事放談」が鳴って起き上がるも、聴くまでもないお話ばかりの感じで直ぐに消しちゃったね。

 窓を開け放つと今にも降り出しそうな曇り空だが、まさに降っても晴れてもでどうってことはない。それより何か生ごみの処分の仕方に不備があったようでかすかな匂いが気になり徹底調査にかかる。あったあった、台所の生ごみの一つが密封不足で強烈な匂いを出していた、これからの季節は要注意だ。

 さらに設置してある海水槽、匂いは出ていないもののこれから夏に向かって水質管理が難しくなることと、梅雨時の湿気の元にもなるしと、落としておこうかとフィルターの掃除から始めて海水を半分くらいまで捨てた時に、生物ろ過フィルターに元気に育っている石ゴカイの子を見て気が変わり、結局人口海水を足して引き続き置いておく事にしたのだった。しかしこの作業になんだかんだで4時間以上もかかりっきり、物好きだ。

 ここ一週間くらい、津市郵便局の不手際というよりサボタージュで拙者宛の郵便物が「あて所に尋ねあたりません。」というゴム印を押され「中村」ともう一人の印鑑が捺印されて発送者に返送されていたものが届いていたのだが、住所地番に一字一句間違いないものがこれじゃぁ情けない。信賞必罰の出来ぬ組織は社会悪だ、こんな方々を公務員にするなんてのはとんでもないね。

 神奈川県にいる頃にも3回ほど大きな「事故」があって、ここ10年来重要書類は宅配便に委ねるようにしていたがおそらく全国的にも信頼度は低下してるんだろうね。過疎地の宅配についても大手業者の工夫はたいしたもんで地域の有志と契約して届けるようになされている。企業のDMばかりに寄与する郵便事業そのものが最早要らないのではないかとも思う、プンプン。STOP
【ぐふふな調理】
 昨日は何日ぶりかでご飯を炊いた。しかも5合、専用容器よりラップで小分けにし、少し握る感じで冷凍保存するととてもおいしく食べられる事が分かりそうしてるのだ。今朝方は先日作り置いたサバっ子の味噌煮を解凍し食したのだが、これがバカウマ。ご飯に良く合う、柔らかな佃煮といった風で感激したね。食が進むと元気になるのか元気だと食べられるのか定かではないが、どちらにせよ結構なことだ。

 お昼のニュースで中部地方の梅雨入りを聞く。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年06月13日(日) No.3416 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

予感。


 今朝は6:30起床、昨日は久しぶりにパソコン漬け、早朝から20時間近くもぶっ通しで資料作り、って言ってもなんのこたぁない、実質はほんの2〜3時間といったところ、なんでそんなに時間を費やしたかというと半年ぶりで立ち上げたXPマシンやVista機、これのアップデイトやらなにやらでさらにはインストールされてるアプリケーションのアップデイトやら認証やらで、あげくの果てにはハードデスクの修復スキャンまでさせられ馬鹿な一日を過ごしたのだ。
 しかしほんの半年前までこんなマシンを使っていたのかと信じられぬほどで、なんとも役立たずの遺物である。中でも最後は笑うしかなかったのだが、アドビ社のアクロバット、もちろん正規ライセンスで2年前のものだがバージョンアップが始まったのはいいが数分お待ちくださいというのがなんと1時間半かかって完了したのだ、まぃったね。

 端末の価格もこれだけ安価になったことからも各種アプリとOSをワンセットでシステムをあれこれ変更できないようにしたほうが安全かも知れない。ウエッブベースのアプリケーションが進化すると少しは様変わりするのかな。

click


 思えばインターネット通信に出会ったとき世の中はともかく、間違いなく自分にとっては知的大革命と感じ、そのとおりだったのだが、初めのうちなんだこりゃと感じていたTwitterなるそれこそ児戯にも等しいアイデアと手法、規模が大きくなるとともに質的変化の兆しが顕著に感じられ興味が尽きない。
 
 「つぶやき」とか「さえずり」と称して一歩も二歩も発信者が引いて参加するのが従来のネットワークコミュニケーションとの違いだと思うのだ。だいたいが村社会とか社会共同体から自由になりたいという大きな流れが現代文化の流れだとすると、ネット上の擬似共同体は一部同好者のものでしかない。

 このTwitterもひょっとして一時の流行なのかも知れないが、拙者には画期的なものに見える。メッセンジャーやMixi、BBSやブログなんかとは本質が違うのだ。ただ利用者の急増にサーバーが追いついていないのはなんとかしてもらわなくちゃ如何ともし難い。STOP
【今日の幸運】
 土曜日にはタイミングが合えば数本の釣り番組を視聴する以外にはTVを点けないが、今日は夜、BSでの釣り番組のあとBBCとNHKの共同制作による「ジョン・レノンの魂」なるドキュメンタリー・ドラマを見ることが出来て良かった。アート、芸術ってぇのは作品そのものに与えられる称号みたいなもんだが、ビートルズの音楽って流行歌だとしか思わないがジョン・レノンの後期の曲は確かにそれがある。
 そして肩書きに必ず「芸術家」と付く御歳77才になられるオノ・ヨーコさんはその存在そのものが芸術のようで実に興味深い。文化史上でそんな人物は思い当たらないもん。まか不思議な人物だ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月12日(土) No.3413 (文化)
Comment(2) Trackback(0)

んぅ、もぉ〜〜。


 今朝は5時半起床、早起きが続くな。軽い朝食の後、ちょっとした頼まれごとで3年ほど前の資料が必要になり埃をかぶっていたXPノートパソコンを立ち上げデータを探した。幸い見つかったのだが、エクセルのブックシート、開くのにやたら時間がかかりA4サイズ1頁なのにプリントするまでに一時間も掛かってしまった。途中何度もエラーが出たり止まったりでわけわからん、マイクロソフトってぇとこもいい加減な物を売ってるなぁと馬鹿らしくなった。

click


 確かに印刷物と違い場所も取らずに保存出来るとはいえ、こうも華奢なもんだと危なっかしくて重要な物はダメじゃないかなとつくづく思った。官公庁の資料にしてもアドビのpdfファイルが幅を利かせているが大丈夫かいなと余計な心配をしてしまう。

 古文書など1000年以上経ってもすんなり判読出来ることを思うといかにも危うい。デジタル革命とはいうものの知的財産としてはアカデミックなものには成りえないないのかも知れんなぁ。一時の便宜なのかと日毎のバージョンアップを眺めている。

 OSやブラウザにしてもいい加減これが最終型ってなのが出なくちゃ付き合う方がアホに思える。IT先端技術者はよほど想像力に掛ける人種かと思えてきたが、小出しにするのが飯のタネと言うんじゃしょうがないか。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月11日(金) No.3412 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

残念、ふたつ。


 今朝は2時30分起床、BJD5がやはり2:20に停止していたのは残念、約50時間経過だった。Ver4なう・・・

 もひとつの残念はTwitter、
「Too many tweets! Please wait a moment and try again.」
だって。プッツ。

 そんなこととは関係なく、今から出漁だ。今日は暑くなりそう。STOP
【エルニーニョ現象】
 今日は朝6時頃には南伊勢吉津漁港に着いていつもの赤灯台堤防にあがりグレ釣りに興じたのだが、いやはや木っ端グレとスズメダイの大群、底から海面近くまでびっしりと言った感じでなかなか30cmクラスが回ってこない。朝から良く晴れていて日差しが強くすっかり夏用のウエアだったが昼近くなって南東の弱い風が、涼しいくらいに感じた。内陸の名古屋あたりでは30何度とか聞いたがここ熊野灘は10度近くも低い。海風のせいだが外洋の海水温はまだ20度前後とあったから流れ込む風は涼しいはずだ。長期予報などでもエルニーニョ現象で日本近海の海水温の分布が影響を受け冷夏といっていたが、地球規模での気象変動は如何ともしがたいなぁ。途中からウインドブレーカーを着なくちゃ寒いくらいだったがカラッとして爽やかな一日ではあった。

 堤防の低い方に下りるとぽかぽか暖かでお昼には大の字になって30分ほど昼寝、舎弟にはよくそんなところで眠れるねと言われたが、まぁ、特技みたいなもんだ。

 新考案の仕掛け「遊動ブラクリ団子仕掛け」の効果は抜群で、大型が回ってくる秋口が楽しみなことだ。そして今日は小型ながらもスカリがずっしりとなるほど釣りまくって、午後には仕舞いにして帰って来たが何本かシゴトがらみの電話が入っていたなぁ。悩ましいところだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月10日(木) No.3410 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

天気になった。


 今朝は7時に起床、朝のうちは雲りがちだったが風もないし、何より潮回りが中潮で夕方4:30頃が満潮と津ヨットハーバー大堤防で釣りをするには最適な状況なので昼前から出かけることにした。

click


 例によってキャリーに一式積んで1500m先の先端まで歩く歩く、すでにチヌ狙いの常連が5〜6人、落とし込みでへちを探っていた。サビキで20cmくらいのサバっ子がよく上がっているので拙者も最初は一本針の餌釣りでそれを釣る。柔らかい一号竿なので面白いほど竿が曲がり一見大物でも掛かったかのようで愉快だ。で、ふとこのサイズのサバっ子なら味噌煮にできるなと思い、サビキ仕掛けに換えて数釣りをする。7本バリに4尾〜5尾も掛かるので手ごたえ十分、あっという間にビニールバケツ一杯にもなる。

 一本針に換えて何か別な魚と思ったが小さなメバルが二尾の他はやはりサバっ子が掛かるのみ。上げ一杯の4:30には止めて帰って来た。

click


 しかし午後からはホントに良い天気になって気持ちよかったなぁ。ただ常連のなかでやたらオシャベリなおじさんが居て閉口しちゃったなぁ。あののべつ幕無しに大声でしゃべり続けるってぇのはおよそ100人に一人くらいの割合で存在するようだが、なかなかに理解し難い人格だ。もちろん悪気のあるわけでもなかろうからそれを咎めるなんてことは考えもしないが、やはり遠ざかりたい気持にはなるな、あはは。

 帰ってから早速サバっ子の味噌煮に挑戦、生姜をたっぷり入れ砂糖、醤油、みりん、日本酒、味噌を溶き、煮詰めていったところ骨まで食べられるほどになり、美味しく出来あがったので嬉しかったね。自給自足、うふふ。STOP
【政治家の顔つき】
 先日の記事で外見で判断する人格って案外あたっているということ、新内閣でも誰とは言わぬが顔つきがアヤシイしとが何人か居るなぁ。早かれ遅かれバレちゃうんだろうがなんとも卑しいもんだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月09日(水) No.3407 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(3) Trackback(0)

頑張れぇ〜。


 今朝はカーテン越しのうす明りを夕方と勘違い、寝過ごしたかとビックリして飛び起きたのはなんと早朝4:30、二度寝すると折角の早起きサイクルが終わってしまうと起き上がる。3時間ちょっとの睡眠だがテストランしているウエブサーバーBJD5はエラーもなく動いている。夜更かしの間だけと思っていたのだがジャズミュージックを聴きながらつい眠ってしまったのだ。

click


 朝のニュースで見る新内閣の顔ぶれ、新任に40代の若手が多いので心持気分が晴々する、こうでなくちゃ日本の明日はナイッ。特に透明性を前面に押し出す主張には今の時代を引っ張っていく資格十分と見えた。

 なんといっても50歳以上の労働人口が過半数を上回って久しい老人大国なのだからして、いじわる爺さん婆さんの言いたい放題は半端じゃないが、そんなこといちいち聞いてちゃこの国が立ち行かない。彼らならきっとより良い仕組みを作るのではないかと期待が膨らむ。とにかく理念が大事なんだ、下々の仕事では未だ旧来の仕組みに乗っかった既得利権にぶら下がる状況も多いのだが、上が変われば少しずつ変化せざるを得ないのさ。

 今朝も昔の仲間から珍しくもシゴトのお誘いがあって戸惑ったが、出来あがるものが誰のための何かと思うと、とても手を貸す気にはなれなかったね。現役バリバリの頃ならきっとオイシイ話しとばかりホイホイ手を出していただろうなと思うと複雑な思いが胸中にある。

 朝6時を回ったころ、まいったまいったとぼやきながら舎弟が顔を出す。なにかと思ったら先日渡した「空海の風景」、20ページも読むとぐったり疲れると言う、あはは。拙者も上巻の出だしは10ページで眠くなっていたからね。

 しかしさすが司馬遼太郎フリーク、良く読んでいて「街道をゆく」など多分何度も読んでるのだろうね、「空海の・・」いたるところで関係ある箇所が見つかるようで興味がつきないと言った風、たいしたもんだと感心した。STOP
【サーバーソフト・テストラン】
 昨夜来、何箇所かOSの設定を変え、試用しているBJD5-b7バージョン、順調なのだがサイトのmp3ファイル週間参照回数表示のcgiが動かなくなっていた。「例外のエラー」で「オブジェクトの参照が出来ません」とアラートされる。perlのデバッガーで調べるも原因が特定できないのが悩ましい。とりあえず累計でソートする当初のスクリプトでお茶をにごすことに。

 そういやぁ、サイト開設以来のこのmp3ページカウント、もうじき10万の大台だ。この6月26日が早や6周年記念日だ。カウント開始が7月26日、我ながら良く続いている。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月08日(火) No.3406 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

寝すぎだろっ!。


click


 昨夜は12時過ぎに入った長風呂のせいもあってか、まぁ良く寝たもんでパッと目覚めたのはなんと午後3時過ぎ、12時間近くも寝ていたというより寝込んじゃったような感じで慌てて起きるも寝すぎると首回りが痛いワ。

 やはり連日の釣行で疲れがたまっていたのかなと思いながら曇り空を眺めしばらくはおとなしくしてようかとニュースで見る政局。リセット内閣だなんて言っていたが今の時代にふさわしいものになってほしいものだ。なんせ、権力の笠の下こそこそとイギたなく画策する旧世代の政治家は一掃されてほしいのだがしぶとく残っているんだ、まぁ我が身可愛さから世の正義とか善から離れていることに気が付かないんだろうが可哀そうにも思う。

 ところで民主党総裁選に出た樽床伸二議員、大阪12区選出で5期目にもなるというが全国的な知名度となると?で、拙者も知らなかったしとだ。松下政経塾出身とのことだが先日生の声を聞いて納得、凡庸な部類の方だったようだ。だって野党と与党での官僚の対応の違いをあんなに嬉しそうに語るなんて正直というより次元の低さ以外のなにものでもない。新しい選対委員長というのも能力からは微妙なもんだ。750人も居るんじゃ半分くらいはそんなのが居ても不思議じゃない。

 これはいけないこととは言わないが地方選挙で選ばれる議員の方々は当然その地域で一定の評価を得ての事だからして他所から文句言う筋合いじゃぁ無いと承知の上で言うのだが、あの鈴木宗男さんなど地元ではあんなイイヒトは居ないかのようにも評価されていて支持者とはまるで話が通じない。国政レベルでドンナケいけないことをしてきたかは関係ないんだね。あの亀井静香議員にしても政治をメシの種にとおかしな理念の持ち主でヨロシクナイ。ともかく国会議員になって一族郎党が妙に資産を得た奴らは信用できないは、あはは。STOP
【日和見】
 日和見主義などと今はあまり良い意味で使われないがもともとは漁師が出漁の可否を見定めるために海と空模様を眺める様子を言った言葉だ。さすれば拙者の今の日常などはまさしく日和見そのものだなぁ。

【Twitter考】
 乏しい知識ながらもたぶん時代の最先端であろうという人々の断片的なつぶやきを見て、ありていに申せば単に時間つぶしをしているのだが世に出ている有名人のちょっとした思いつきのようなやりとりがあったりするのを拝見すると愉快に感じる。
 そしてやはりというか、それを下らんと突っ込む輩もいたりするわけで、大概それらは小市民のヤッカミや羨望が根底に見えてつまらないものだ。引っこんでいなさいとツブヤキはしないけどそう思う。また著名人のなりすましなんざぁ取るに足らない心配事で本当に乗っ取って書き換えでもした日にゃ事件だが「美空びばり」で歌謡ショー開く程度のはなしで笑って済ませられることだ。

【電波行政】
 電波による通信が発明開発され久しいが電波は公共のものという大前提のもと各種法律が定められそれによる行政が各国で行われている。国境のない電波という手段ゆえ国際上の統一ルールが当然あって、それはインターネット統一規格以上に重要な決めごとでもある。盗聴でも妨害でもごく簡単に出来る電波ゆえどう割り当てるかというのは大きな政策でもある。しかし昨今の3G方式などに関してアナウンスされるいわゆるIT評論家諸子の解説はどうも基本を押さえた議論には聞こえない。技術が細分化したせいで全体像が見えないのだろうと感じるのだがこれでは近年の知的財産権などにも共通する新しい時代のコンセンサスを構築しるのに弊害ともなってしまう。まぁ、技術者とか物を作るしとは評論家などにはならないというのが痛し痒しで、一般的にチンプンカンプンなをイイことに後年不合理だったと言われぬようにしてほしいよね。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月07日(月) No.3405 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

今日こそ日曜日。


 昨日は昼寝のせいか夕方にはてっきり日曜日と勘違いしちまって8時になってあれれ龍馬伝やってないじゃないかと、それでもまだスポーツ中継が延びているのかなぁとまで思うほどしつこく日曜日のつもり、・・オッチョコチョイだ。

click

 夜中の1時頃に舎弟が顔を出し、てっきり釣りに行こうと言うかと思ったらそうではなかったのが意外、シゴトらしい。で、今朝は8時起床、今日も良い天気ということでドライブがてら単独釣行、大音量でカーステレオを聴くのも大好きなのだ。
 釣り餌は昨日の残りで間に合いそうだしと、ゆっくりの朝食のあと今日は半そでシャツにフィッシングベストと夏用の出立でいつもの南伊勢吉津漁港に向かう。10時半頃着いて名古屋ナンバーの先客に様子を訊ねると木っ端グレがわんさか湧いているがなかなか釣れないというので余計なお世話と思いつつこの時期のグレの習性なんぞを話してしまった、・・オシャベリだ。

click


 始めてすぐに22cmの良型グレが練り餌で掛かり、あとはポツリポツリとだがすぐスレて警戒するのでその都度仕掛けを変えたり餌を変えたりでなかなか忙しい。午後3時前にはもういいやと止めにして帰ってきたが、いつもは素通りする南伊勢・東宮の瑞賢公園に立ち寄り満開のアジサイやツツジを愛でたり瑞賢翁のりっぱな立像を観賞。

 このところもっぱら目にする活字は偉人伝風のものばかり、極々単純に偉いなぁと感心出来て気分がイイのだ。

click


 この江戸時代のキレる人ナンバーワンは全国またにかけ沢山シゴトをしたもんだ。まぁ当時の権力に巧く利用されただけっていう向きもあるが陣頭指揮してなした数々の実績にはエライとしか言いようもない。

 1600年代ってぇとまだ植民地だったアメリカのハーバード大学が開校した頃だ。今日はうっかり「白熱授業」を見損なってしまった、ぐふぅ〜。アーカイブでいつでも見れるようにしてほしいものだ。

click


 瑞賢の生家の菩提寺が公園の崖下にあって急な階段を下りてゆくのだが今日は少し下りたところでマタにしようと引き返して帰って来た、・・コンジョウナシ。

 曇りはじめた空をバックにその崖に立つ竹林をデジカメに写したのだが、帰ってから見てその色合いの良いことに驚く。万に一つの偶然なんだろうが自分がシャッターを押したとは思えないくらいで、いままでで一番の写真だと感じた。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月06日(日) No.3404 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

晴々〜♪


 今朝も4:30と早起き、列島の気圧配置が珍しい形になっていて梅雨時期とは思えないな。明るく広がる青空を見上げ唐突に部屋の大掃除を思い立つ。思えば20代の独身時代も何カ月かに一度は徹底的な掃除をやっていた。拙者にとって部屋の掃除は一大イベント、日々の掃除という事はまず感覚的に無いというのはやはりブショウ者の範疇になるかな。

 菅直人新総理大臣の登場、紆余曲折あったがやっと実現したが時間かかるもんだ、64歳だもんなぁ。しかし弁理士の資格をお持ちで「官僚の説明責任」を民主国家の基本に持ち込んだ方でもあるし、ここは一発、見通しのイイ仕組みに国を変えてほしいと願う。

 あっけらかんと茶化すのは大好きだ、孫さんにもエールを送る。

こんなCMみっけた、ONで音が出る。

あはは。STOP
【日々発見】
 4時間掛かりの大掃除を終え一時間かけてブランチ、調理をするようになってほんの数年だがいろんな発見があってそれこそ60年間も知らなかった世界なのだ。例えば玉ネギ、切り方ひとつでこうも食感・食味が変わるものかと驚いたりするのだ。今日は窓を全て開け放ち爽やかな初夏の風を目いっぱい部屋中通し、まぁ気持ちの良いこと、食事の後は珍しく一時間ほど昼寝なんぞして1時に目覚め午後の部スタート、っていっても釣り具の手入れや合間にTwitter上の賢人探しで時間を過ごすがやはり出かけようかと思うほど良い天気だ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月05日(土) No.3401 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

新総理大臣。


 鳩山さんの辞任に関する報道は一切見なかったがおぼっちゃまとしては小沢氏を道連れにしただけでも偉いと感じる。多数を束ね権力を手にして何をしたいのかちっとも解らん奴ってどうもすっきりしない。彼に加担する連中は妙にこそこそしていて今の時代にそぐわない、院政など目論まずここは上がりとしてほしいものだ。

 新総理大臣、期待しちゃうなぁ。なんせ好きなだけ税金の無駄使いを出来る仕組みを作ってきたカシコイ霞が関連中と相対しようってんだからドキドキしちゃうね。議員定数から変えますとやりゃぁ大変なもんだが無理かなぁ。

 思うのは各省庁のトップテンくらいを皆、内閣に再雇用するってのはダメかなぁ、意地悪したら首に出来るし。STOP

【飽きずに釣り】
 今朝はなんと夜中の2時前に起床、寝るのが早すぎたのだが寝ちゃったものはしょうがない。そして昨日に増しての好天の予報なので4時半には出て舎弟を迎えに。なにやら近隣の食堂かなんかでO-157騒ぎがあったらしくいろいろ大変そうだ。拙者もつい最近、この時期の細菌について用心しなくちゃと身の回りの消毒や口にするものに注意をし出したばかりなので他人事とも思えぬのだ。

 そんなこんだで5時過ぎには出発、いつもの神前浦・吉津漁港に向かう。玉城インターの餌屋さんで今日は拙者が自信を持って餌の調合をしたのだが匂いといい硬さといい、うっとりするくらいの出来栄え、これで釣れぬはずはないといい気なもんだ。

 昨日と大違いで今日の海は木っ端グレがはなっから群れていていくらでも釣れそうな感じだった。最初から活性が高く仕掛けがなじむ前に餌をとられてしまうので団子をどんどん硬くしてゆく。10尾に1尾くらいの割合で20cmクラスのグレがあがるので面白いことこの上ないのだが、今日は結構日差しがきつく汗ばむほどだったが気分は上々、昼頃からすこし涼しい風になり海中の様子を見ながら3時前には仕舞いにした。

 午後のいっとき、地元に住むという70歳になられる方が散歩がてらか近くに来て話をするうちにすっかり仲良くなって、実は年内にでもこちらに移りたいのだと言うと、なんと心当たりを聞いてみるよと言うではないか。無鉄砲といわれりゃその通りだが予定調和は面白くない、ダメモトでもと財布に入っていた昔の名刺を差し出したのだが65じゃまだ引退には早すぎるなんて言われちまった、ぐふぅ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月04日(金) No.3400 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ブログ書く間もあらばこそ・・


 今日も実に良い天気、しかも早々と目覚めタダシイ生活が続いている。夕べは早々に寝入ってしまい今朝になって総理の辞任を知ったが幹事長道連れということで一安心、良い方向に向かうだろうね。

 そういえば天気が良い時、頻繁に釣行メールが来ていたのにこのところちっとも無いのでどうしたことかと気になり多分お店だろうと、南伊勢に向かう前に寄ったところ今来ようとしてたということで危うく行き違いになるところだった。拙者が心配しちゃいけないが、まぁ元気なので一安心、明日一緒に行こうよと言う事で今日はそのまま単独行、6時には伊勢道に。玉城の餌屋さんで入念に撒き餌兼団子用の配合餌を調合する。思惑があって特殊というほどのこともないがしんじスペシャルだ。

click


 ちなみに公開すると、アミブロック2kgにスーパー・グレパワー1kg、サナギ粉300cc、糠300cc、押し麦150cc、小麦粉50cc、これを水を加えずに良くかき混ぜて用意し、用途に応じて小麦粉とパン粉を足し、練りの強さを加減するのだ。餌は不凍タイプのアミエビ小、パックが二分割されてるのが良い。日持ちするので便利だし、乾燥したって使えるんだから。

 これはあくまでグレ主体の雑魚釣りを目指すもので本命にこだわる方には向いていないとも言えるな。

 例によって8時のサイレンが鳴り響く頃、神前浦・吉津漁港に到着、いつもの赤灯台堤防に釣り座を構え悠然と海中を覗きこむ。パラパラと撒き餌すると今日はうんざりするほどのボラッ子が回ってきていて、やな予感。中潮で9時が満潮だったが始めてから2時間近くぴくりとも当たりが出ない。海水温が18℃と下がったせいもあるのかなぁと思いながらも、木っ端グレがちらほら見えだしたので極細仕掛けに換えてやっと何枚か掛けたのだが昼ちかくなってようやく少し大き目のグレが姿を現し団子に反応が出だしたので1.5号浮きでの小団子釣りにしたところ20cmオーバーの物が釣れ出し、立て続けに5,6枚も掛かったところで中断してお昼に。ここは12時になると漁協かどこかがエーデルワイスの曲を拡声器で流すんだ。

click


 堤防の付け根に漁船を修理する小さな造船場のようなスペースがあって今日は2杯の漁船が引き上げられており炎天下つなぎの合羽を着たおじさんがペンキを盛んに刷毛塗りしていた。海水に耐えられるようにか、ずいぶん粘着性の強い塗料みたいで分厚く塗りこんでいたがなかなかに大変な作業だ。

 下から見上げると明るい青空をバックに鶯色の船体がひと際映えて見えたものだ。

click


 昼からは、もう釣れることは解っているのでまたまた仕掛けの工夫に熱中、と言っても単にオモリの位置を変えたりハリスの太さを変えたりして様子を見るのだが、海中が見透せるだけに底のほうのグレの動きが面白い。

 海はホントに解らない、じきグレの群れは姿を消し、上にはボラッ子、底にはスズメダイの大群、そして何も知れぬ小魚の集団が右に左に何事もないかのように通過してゆく。今日は朝から南西の爽やかな微風で気温が22度くらいか、十分堪能できたと3時前には切り上げて帰って来た。

 夕方、インスタントの冷やし中華なんぞ食べた後、デジカメ写真の取り込みしながらつい寝てしまい起きたのが夜中の2時、ありゃりゃ、どんどん朝が早くなる。と、メールが入っていて早朝5時に出ようよ言うではないか。もちろん異存なし、急いでブログを更新したのだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月03日(木) No.3395 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

へんだなぁ〜。


click


 早く寝たせいで今朝は4時前には起きてしまった。横になったまま何か面白いツイートしてるしといないかなぁと探しながら一言二言つぶやいたら次々とあらぬことを呟き出したので止しにする。癖になりそうでヤダもんね。

 天気予報では今週、引き続き好天が続くとあって特に今日の南伊勢方面は風も弱そうだし釣行を決める。たまたま開いたサイトページに占いがあって「疲れる様な行動は止めましょう」とあったので天の邪鬼としては行かないわけには気が済まない。

click
♪〜ギラギラ太陽、・・レンズを拭かなくちゃ。


 ゆっくり朝食を取った後、8時過ぎになってから出発、伊勢道は6月から無料になるやに聞いていたがそうではなかった、朝令暮改、さっぱりわからん。

 行ったのは毎度おなじみの神前浦・吉津漁港だが今日は右手の小堤防の方に釣り座を構える。午前中は南東の風がやや強かったので背に受けるかたちで港内側、低い岸壁でのんびり太公望気取りだ。海水温は20.5度、透き通った海は足元で7メートル近くあるのだが底まで見える。

 ところが茶色い雲のように小さなテンジクダイの群れは居るもののいつものように木っ端グレの姿がまるで見当たらない。いやぁ〜な予感がしたが案の定始めてから3時間近くぴくりとも浮きに反応が出ない、まぃったね。いったいぜんたいどこ行っちゃったのかと思いながら飽きもせず海中を覗きこんでいたのだが昼過ぎからようやく魚が寄ってきててんでにヒラを打ったり仕掛けにちょっかい出すもこれがなかなか釣れない。手を変え品を変えてなんとか釣ろうとやっきになるがダメで、結局ガン玉一個を背負うフナ釣り用の軽い浮きにしてようやく何尾か木っ端グレをかけただけ。

 午後からは風もほとんど無くなり日差しで暑いほどの天気になって今日はコンクリート工場も操業していないのか静かなことこの上なく、ぽつねんと一人だけで釣り糸を垂れていたのだがこれぞ釣りの醍醐味ってな感じがして気分良かったなぁ。その上に、獲物をなんて欲張りなことは考えないのさ。いや、悔し紛れでは決してないのだ。

click


 道具を仕舞ってから日もまだ高いしとぶらぶらあたりを散策、自転車で来ていた女の子がふたり、岩場でなにか採取してるようなので何が取れるのと大きな声でたずねるとなにやら貝がとれると言っていたがそれほど興味も湧かず5時頃には港を出て帰って来た。市内に入る頃ちょうどラッシュだったが国道を避け脇道を通ったところすんなりと家までたどりついたのでびっくりした。

 こちらに来てなにが良いかって車移動のストレスの無さ、給油の際確認したところ今日などは平均で燃費が15km/L、平均速度がなんと50km/H以上なのだ。燃費はともかく神奈川や東京での平均速度は一ケタ台が普通だったからね。STOP

 帰宅後ニュースで鳩山首相と小沢幹事長の辞任を知る。小沢さんを道連れにしたのはやはり鳩山さんの正義感だろうな。もういぎたない老人政治家は要らないやね。馬力のある若い政治家に日本のリストラをお願いしたいものだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月02日(水) No.3394 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

富士山。


click


 暑くもなく寒くもない、明るい曇り空で今日から6月、今朝思い立って測ってみた血圧がなかなかのもんで気分を良くする。潮回りは中潮で14:23干潮21:12満潮だというし、風がないようなら夕方に散歩がてら出かけてみよう。

click
♪〜http://twitpic.com/1stnsy


 そういえば明日6月2日に国際宇宙ステーション「きぼう」で長期任務につとめる野口聡一さんの帰還が予定されていると知ったが無事を祈るね。昨日だったかTwitterで、折々に彼が写す衛星軌道からの地球の景色で「One more look・・・」と我らが富士の山を紹介されていた。昔から無条件に富士山大好きと言って憚らないのだが、やはりこういうのを見ると心躍るなぁ。
 このお題、普通にもう一つの光景と思っていたが、よく利用させて頂くweb翻訳サービスですんなり日本語になっていないことに驚いた。概念が伝わらぬのはいけないな。

click


 で、ふと拙者も上空からの富士山をデジカメに写したことがあったと思いだしブログ記事の検索で「富士山」を探すと、あはは、あったあった、3年まえの4月に撮っていたんだ。嫌いなことの原因は比較的容易に分析できるのにこの「好き」ってぇのはその曰く因縁が不明なこと甚だしい。仰ぎ見る富士山はもちろんだが、上から見ても・・・いいよなぁ。STOP

【ココロ和む】
 朝方見たニュース、賛否両論いろいろとおかしな仕組みはともかく、一部地方の町で今日付けで現金給付されたという子供手当を受け取る子連れの若いお母さん、皆うれしそうで良かったよかった。国内居住の外国人や養子にまでというのは確かにアホとしか言いようもないが少なくとも子育てに難儀している若い家庭にとっては慈雨のような手当だな。まぁ財政難といいつつこれだけ内部留保がある金持ちニッポンとしては子供に手厚くするに越したことはない、甘やかしはいけないけどね。しかし年2兆円かぁ、龍馬じゃないが活き金になることを願うのみだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月01日(火) No.3390 (文化)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen