LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 
〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


BJD5-a22での画像アップ試験。


click

click


ややっ、デキタ!! BJD5で引っかかっていた大きなサイズの画像アップが何故か出来るようになった。
 今朝がたの、CPUチップセットのアップデイトが良かったのかなぁ。グラフィックがまだちらついたりするのは馴染んでないせいかも。 STOP
今朝は10時起床、水槽をながめながら心穏やかに手製のアサリスープとバタートーストのブランチ、魚の餌に買い求めたアサリのおこぼれだが、美味しく出来て嬉しい。そして昨夜水槽に入れておいたアサリのみじん切りが無くなっているのでひょっとして飼い始めたチンタが就餌したかもと期待が高まる。

 再度挑戦しているサーバーソフトBJD5-a22、順調なので今度はリモート制御にチャレンジ、今の所上手く機能している。最初、クライアントとなるPCでインストールしたBJD5-a22で接続したところタイムスタンプが違いますよぉ〜とアラートされ、サーバー機のBJD5-a22のbinフォルダをそっくりコピーしたところ大成功、あはっ、うれしいな。STOP
【ありゃりゃ?】
 郵政がなんとあの亀井議員の提案が認められたという摩訶不思議、信じられぬ愚挙をやっているなぁ。弁舌さわやかな若い総務でぇじんはすこし宗教的バイアスがかかっているのかこれに関しては妙な論理を振り回して正当化している、がっかりしちまうは。
 それと諸悪の根源と目される独立法人を全部無くそうというのが公務員の権益拡大志向に阿っているというあほな自民党議員の見方もおかしなものだ。公明正大にするには公務員のシゴトとしてすこしでも透明化しなきゃぁだめだ。ありゃぁズルするための制度でしかなかったと皆気付いているのに、なにを今更と腹立たしいことだ。
 最近感じることに民主的でリベラルという未来像がなんとなく数の上で多数の9to5給与労働者のいかにも平均化したつまらない社会に向かっているようでおもしろくもなんともない。まぁ今更ではあるが多様性のないのっぺりとした人間社会だ、自由民主などと謳ってもほとんどのしとにとっては自由などとは縁のないことで忌諱すべきやっかみの対象でしかないのが良く解る。これからの皆さまにはお気の毒というしかないのだが、まぁそんな世界がいイイってんなら端でどうこう言うこともないか。STOP
【残念】
 BJD5-a22のリモート制御試験、問題なし、

が、起動から約5時間たったウエブサーバー、似たような状態でハングアップ。リソースメータで監視していたが特に気になる症状は出ていなかった。どうもwindows.systems.formsあたりの問題のように感じるがディープすぎる技術でたちうちは敵わない。例によってその時の記録を、ここと、ここに。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも





2010年03月31日(水) No.3270 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

3月の釣り納め。


 今朝は5時起床、3月最後になる釣行をと気象庁のレーダー画面を信用していつもの吉津漁港に行く。もちろん弟と一緒だ。早朝の伊賀方面や山側は雪もふったようで津の市内も冷たい風が吹いていて釣りになるかなぁと若干不安を持っての出発だったが国道260号線に出ると満開一歩手前の桜並木などでそんな不安もどこへやら、多分イイ日和になるさと徐々に気分は高まるも、今日は大物が釣れたら帰りに義妹の実家に届けると約束したのだと聞き、よっしゃぁと返事はしたものの、獲物を期して釣れたためしがナイので、その点でまた不安がよぎる、思いは千路に乱れるってほどの事もないか。

 指定席に釣り座を構え、昨日入念に作った浮きと仕掛けをセット、撒き餌をばらまき海中を覗くと、今日はちいさな木っ端グレがわんさか湧いていて底まで見通せるくらい水が澄んでいる。8時過ぎから実釣を開始したが小魚の動きは活発なのにちっとも当たりどころか餌も取られない状態が一時間以上も続く。足元のほうでちらりと型の良い魚影が見えたのでチヌが寄って来たかと思いフカセで堤防際を狙うと小気味よい引き込みで浮きが沈み意外にも28cmの良型のグレが掛った。1.25号のハリスだったので、エイヤッと抜きあげて、さぁこれからバンバン釣れるかなぁと思ったのだが、そうは問屋がオロさなかった、撒き餌には群がるもちっとも仕掛けには近寄らないのだ。そうなるとタナを頻繁に変えたり餌の付け方を変えたりと例によってあの手この手の熱くなり様、大潮回りの干潮が12時くらいであったがそれまでは最初の28cmの他は手の平大のグレとチンタが合計でも10枚ほどとしぶ〜い釣りだったのだ。

 日差しはキツイものの、寒い寒い、風が弱まった11時頃にいっとき14℃くらいの気温になったが日中はほぼ11℃前後、南風になってもびっくりするような冷たさで震え上がった。潮が満ち始めた午後1時ころからは一回り大きなグレとカイズの群れが見え出し、これだけ喰い付きが悪いのならと昨日作ってあったチンタ7号針、0.6号ハリス1mのものに変えてひとヒロ半のタナでフカセ釣りに転じたところ23cm大のグレが2枚と手の平大のチンタが4枚ほど、底のほうでゆったり見える30cmクラスのカイズは掛ってくれなかった。糸が細いと絡み易く時折強く吹く風にあおられて絡んだ道糸をほどこうと悪戦苦闘していて、さらに道糸が体に巻き付き、あげくはメガネに絡むに及んで急に可笑しくなりゲラゲラと笑ってしまい結局糸を切って仕掛けを作りなおす羽目になったが、それも可笑しくて笑いが止まらず往生した。絵にかいたような自嘲ではあったなぁ。

 まったく似たようなことを隣の弟もやっていて、なぁ〜んか釣っている時間より仕掛けを直している時間が多いようでそれも可笑しくて遊漁ならではの分を弁えたふるまいであると意見が一致、駄目だと思わないのが素晴らしい、あはは。

 撒き餌を使い終わった午後2時半頃にはお土産にちょうど良いくらいの釣果も確保出来たと仕舞うことにし、弟は獲物を〆てウロコと内臓を取り出す間拙者は漁港の散歩、網干場いっぱいにほしているホンダワラを見たり、ひっくり返った漁船をクレーンで起こして海水をかき出しているのを見物したりと西日をたっぷり浴びて冷え切った体を温める。なんせ手がかじかむほどの寒さで両手に手袋なしでは我慢できないほどだったのだから花冷えどころか氷河期到来、大型寒気団の威力には敵わないなぁ。STOP
【十二日間】
 夕方、買い物に寄ったスーパーで物色の最中、昔のシゴト仲間からの電話での問い合わせ、一瞬遠い日を思い浮かべるかようにその内容をかみ締めて聞いたのだが、たぶんこうだよとしか答えられない。一応帰ってから資料を確認してみるからと電話を切るも、なにを買おうとしていたのか今度はそちらを思い出すのに難儀する。釣りの方はどうかという先方からの問いかけに、うふふ、今日も釣りからの帰りだよと、結局この3月は寒さもなんのその、12回も釣行していたのだねぇ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月30日(火) No.3269 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ちらし寿司。


click
♪〜昨日の桜。


 昨日は思い出しても愉快な釣りの一日だったが、その分ハシャギスギたか夕食に義妹が分けてくれたちらし寿司を大皿いっぱい分も食べてしまい満腹しての就寝、今日は一転11時頃まで熟睡、起きだしてから釣り具の手入れと製作に熱中、次から次へと些細なアイデアが湧きあがり部屋中がちょっとした工房のようになってしまった。

 ちらし寿司はやはりいろいろな具、乾瓢だのシイタケだのきぬさやだの他にも色とりどりに沢山混じっているのがオイシイなぁと、先日だったがこれは優れもんだという「ちらし寿司の素」なるレトルト調味材を使って作ったたいして美味しくもない我がちらし寿司のことを思い出していたのだがパッケージに書いてあったようにお好みでいろいろと具を入れないことにはただの酢めしに近いものになってしまう。やはり手間暇かけて沢山の具材を用意して気合を入れたハレの料理にしないことにはちらし寿司にはならないのだと納得。

click


 秋から冬にかけて持ち帰った磯の小魚、おもに子メジナやチンチン、ハゼやフグなどは比較的よく馴染んだのだが、この2月くらいからのそれはちっとも餌付かせることが出来ず悔しい思いをしている。長く飼えぬならかわいそうではないかと思うむきもあるが釣りあげた時点で殺生だと考えるので食する以外の放流も同様のおこないだと考えるのだが、叶うことなら生きてほしいと思うのだ。いろいろと情報を探るもこの手の雑魚に関してはなかなか見当たらないため、他の観賞魚についての手法を参考にためつすがめつ、なんとも思うに任せない。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月29日(月) No.3268 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

快心の釣り。


 2:00就寝、3:45に起床、風が弱まりそうなので弟と連れだって暗いうちから出発、南伊勢・吉津漁港に釣行。今日は中潮で8時頃が満潮ということでいつもより早い時間にしたのだ。玉城インター出口の餌屋で予約してあった餌を受け取り店頭で撒き餌の調合してゆく。さすが日曜日とあって店内は釣り人でいっぱい、家族連れも多いなぁ。

click


 日の出の6時頃には着いたのだが、珍しく誰もいない。寒さゆえか日曜日の人出を予想してかは定かじゃないが空いているにこしたことはないなと定席に陣取り早速準備に取り掛かる。正面の山頂から太陽が顔を出すのだが空と回りもすっかり明るくなってしばらくしてからだ。

 仕掛けを用意しながら魚を寄せるべく広範囲にコマセをばらまくのだがなかなか気配が感じられない。おかげで入念に仕掛けを作る事が出来て、もうそれだけで釣れるような気分になる。

click


 今日の仕掛けは10尺の一号竿に1.25号の道糸、0.6号ハリス1mにチンタ・メバル針7号、中通し0.8号オモリを抱かせた手製のストロー浮子でヒトヒロ半のタナから始めた。丁度日が山頂から顔を出すころからちらほら魚が見え出し、期待がふくらむ、しかもいつもの木っ端グレより一回りも大きいものが次第に数を増して乱舞し、さらに良く見るとチンタ、カイズも撒き餌を追って水面近くで反転する始末でこうなると狙い通りの釣りが出来ると、まずはチヌ狙いでガン玉を上まであげたフカセ状態にし、オキアミの一尾付けで引き込む当たりを取る。ぐふふ、すると立て続けにカイズクラスのチヌが3枚、チンタが7、8枚と忙しくも面白い釣りになり、さらに良型のグレも見えはじめたので今度はグレ狙いでガン玉を下ろし、オキアミの尻尾を千切って餌にして浮きが動くか動かないかの小さな当たりで、瞬間にヒョイと竿を立てる合わせ方をして針掛りさせる。沖目と足元近くを交互に仕掛けを投入して手の平大から28cmくらいまでの黒メジナが次々と釣れ続く。

click


 隣でやっている弟も30cmの良型グレを上げたあと、順調に釣ってはいるが玉浮きのせいか針掛りの確率は芳しくない。今日も珍しく釣れた魚を持ち帰るというので彼のスカリに魚を入れていったのだが、もうやめようかという昼過ぎには片手で持ちあがらないほどの釣果でズッシリ、いやはや良く釣ったもんだと一昨日の鬱憤を晴らした感じだが今日の海水温も14℃、海は解らん。

 しかし今日の海は面白かったぁ〜、グレとチンタが一緒に群れるのは初めて見た。想像だが底のほうに大型のチヌが来ると一瞬で群れが散ってしまうようなのだがドキドキしちまう。それとカマスがすごい勢いで撒き餌の中を横切っていくのが見られたのだが小鰯を捕食しているようだ、すごいよなぁ。

 予報では昼位から風が強くなるやにもあったが幸いずぅ〜っと微風程度で風波もないべた凪の水面は浮きも見やすく、最高の釣り日和だった。釣果もさることながら海中の様子も十分楽しめた満足の一日、思い出しても頬がゆるむ。

click


 帰路も気分上々のまま国道260号線の桜をあぁ〜でもない、こぉ〜でもないと言いながら機嫌良く帰って来た。以前記事にした南伊勢町の瑞賢公園の桜はやはり河津桜であった。それはもうとっくに散っているのだが公園から見下ろすあたりの桜はやっと三分咲きといったところか、曇り空だったがやはり桜は華やいでいてイイ。毎年の事とは言え数日間前後するだけで律儀に一斉に咲くってぇのが格別の感情をもたらすようだ、見事というしかない。STOP
【BJD5-a22つづき】
 昨夜来立ち上げて連続試用していたサーバーソフトBJD5α22版、今日の15:47に停まっていた、残念。どうやら前のa21までの時と同じ原因のようだがエラー詳細をここに

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月28日(日) No.3267 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

挫折、だはっ。


 早朝、舎弟が顔を出し寝ていた拙者はしまったとあわてて起きる。紀伊半島を高気圧が覆っていて数日は良い天気なので今日も南伊勢の海、奈屋浦と贄浦へ単独釣行すべく早目に寝ていて寝過ごしたかと一瞬おもったのだがまだ4時前だったので一安心、熱いお茶と手土産のミニドーナッツなど食べながら今日の予定を話す。まぁ桜を見ながらの釣りといっても小魚と戯れるだけなのでなんとなく冷やかに気を付けてねとそっけなく帰っていったが、そのあと準備はしたものの何故か意気があがらない。寒いしなぁと布団にもぐりこんで結局昼まで寝ていたのだ。なんたるいい加減な決心だったかと嬉しくなる思いだ。

 なんたって海の気まぐれに対抗するにはこちとらも相当にテキトーでなくちゃぁイカンのだと妙な理屈を付けて釣行はヤメ、インドアに終始、透き通った明るい海水槽のチンタとグレを眺めているのが実に心安らぐ。

【気分はシェフ】
 昨夜、食器棚にあったコンソメスープの素を見て急に卵スープを作ろうと思い立ち玉ねぎと少量のニンニクをみじん切りにし、バターとサラダ油で炒めることから始めたのだが、香ばしい匂いが充満して気分はまるでフレンチのシェフだ。レシピなんぞ見ずに思いつきで作った洋風か中華風か判然としない卵スープではあったがその旨さにしてやったりと大満足、600ccもの量だったので今日も残りを朝と昼にワンカップずつ食したが病み付きになりそうな美味しさだ。

 思うにこの料理の種類というのは何百何千あるのか定かじゃないが嵌まってしまうと大変なことになるだろうなぁと想像する。たまにチャレンジする位が精神衛生上好ましいのではと思うひと時ではあったな。

【希望】
 先日の首相の記者会見を拝見して一縷の希望を持ったのだが、それは全てにおいて可視化・透明化が不正や不合理を排除するもっとも重要な要素なのだと彼が認識しているやに見受けられたからだ。見てもごらんなさい、この半世紀で腐敗硬直化したイケナイ団体の隠ぺい体質、税をごまかし、お為ごかしの法律を作りお手前の利を確保するのに汲々としていた事は今誰の目にも明らかになっている。農協しかり漁協しかり、ましてや違法の教員組合などとんでもない。企業を潰しちまうような労組も、まぁ自業自得で自然淘汰とも言えるが、オロカなことには間違いない。今の日本の財政破たんはひとえに自公政権の失政と不透明な税金を使いまくる官がらみの特殊法人にあることは間違いないのだから3年かけてなんとか一掃してもらいたいものだ。
 地方議会の無駄はそれどころじゃないような気もするが、あの河村名古屋市長と橋下大阪府長には蛮勇をもって解散を繰り返して住民税を喰い物にしている議員を引きずり降ろしてほしいものだ。STOP
【BJD5-a22】
 早くも改訂版、早速18:45から試験稼働してみた。バージョン5になってからは拙サイトのW3CバリディトやCSSバリデイトがコングラッチュレイションと出るので気分がいい。なによりサイトのダウンロード速度が速くなっているのも魅力的だ。正規版まではまだ時間が掛ると思うのだがまことに楽しみな事ではある。
 対応外OSでのテストなので参考になるかは定かでないがトレースウインドウ表示するとじきに固まってしまう不具合の様子を載せた。
AppClashViewでのリポートとフリーズ画面のスナップショット。メモリー消費が異常に多くなっていた。
 めげづに再起動して明日早朝までテストラン。原因が判明すると嬉しいのだが。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年03月27日(土) No.3266 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

風が強かった。


 今朝は5:30起床、南伊勢・神前浦に向かう。夕べ一応、舎弟に伝えてあり、風がありそうだしチヌ狙いだから同行しなくてイイよと言っておいたのに、なんと保護者としては一緒しないわけにはイカナイと一緒することになった。

 8時頃に着き支度をしながら水温を計ると14℃と低めになっている、そして天気は良いのだが風波がざわざわと立っていて水中が良く見通せないので少し興を削がれるのだがとりあえずビシを打ったフカセ釣り仕掛けでチヌを狙う。

 雲が切れ、日が差すと海中の様子が見えて、いっとき底からわぁ〜っとチンタの群れが撒き餌に群がるも、今日は欲を出して大き目の針を使っていることもありなかなか針掛りはしない。欲といえばさもしいことにチヌ狙いといいつつもグレも掛らないかなぁとチンタ・メバル針の9号という中途半端なサイズを使ったのも良くなかった。結局、終わってみれば小さなチンタと子メジナが一尾づつ掛っただけで昼過ぎには止めて帰ってきてしまった。まぁ、海を見ただけで気が済んだというところだ。

 海沿いの260号線の日当たりの良い所はもう桜が盛りでやはりウキウキしてしまうね。

 津に戻る頃にはパラパラと天気雨、風が一段と強く吹いていたがこればかりはどうしようも無いなぁ。STOP
【今日のニュースから】
 ややっ、鳩山首相の顔つきがピリッとしてきたように感じる。予算も通ったことだしいよいよ基地撤廃交渉でも始まるのかなぁ、とにかくこの半世紀で固定化した不合理を一変してほしいものだ。

 防衛大の卒業生で相変わらず任官しないのが何人かいるのだという。ここは授業料返還などの決まりはないらしいがならば卒業じゃなく退学か除籍が当然だと思うがだらしのないことだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月26日(金) No.3263 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

雨、雨、雨。


click


 いやはやこの雨続きには如何ともし難いや、インドア遊戯も底をついてきちまって恨めしく空を眺めるだけだが時間つぶしに見た三国志、意外な発見があり曹操をすっかり見なおしたのだが、『歌いて以て志を詠まん』なんて詩を残してるんだからやはり半端じゃない。豪華な葬儀や墓を望まなかったというのもあの時代にしちゃぁ抜きん出た高邁な精神だと思った。

 そして世の中の様子をうかがい知るのは気まぐれに点けるTV報道と近頃はツイッターなるweb情報、これが当初思っていた以上に効率的で重宝しているのだ。もちろん自分の好みで選ぶ賢人・変人とはべつにそれに質問したりコメントする多種多様な方々のその他大勢さ加減が良く判り新鮮な感じなのだ。

 旧来のマスメディア、TVも含めてだが全ての情報になんらかのバイアスが掛っているのが見え見えで眉に唾付けて見ざるをえないのだが、中にはいかにもというものも沢山あって多分大勢の民は信用しちゃうだろうなぁと、特にいけないのは昨日の記事にも書いたが小事をことさら取り上げて問題視するやり方、既存のマスメディア産業が時代変化を望まないのはなんとなく解るがそれにしてもチンケでチッポケな奴らだとしか思えない、情けないね。

 ちと日が経ったが数日前に放映されたというHNK討論会の「激震マスメディア」なる番組、見ることは適わなかったが昨今のインターネットでの動画配信手法の簡便さや自由度から今更に危機感を持っての討論だったようだが4%にも満たない視聴率であまり注目もされなかったようだ。まぁ、既得権益確保から先行き規制が強まるんじゃないかなぁとも感じるが、いずれにしても税金と同じような受信料収入で作った番組を「オンデマンド」などもっともらしい名前で有料配信するなど姑息な奴らだ、期待は持てないね。

 久々に快哉を叫んだのはあの大阪府知事と北朝鮮のやりとり、ハッキリしていて実に解りやすい。拙者は特に国粋主義者というわけでもないが日本という国の民としてまともな頭で思えば当然のことだと思う。そして信じられぬのはそう考えないヘンなしとが我が文科省配下の義務教育教員に3割以上もいるという現実、なんとかしてほしいものだね。
STOP
【お行儀の悪いソフトウエア】
 GUIデザインや操作性、音質など優れている事も多かったアップル社のQuicTimeやi-Tune関連ソフト、よほどMSに敵愾心でも持っているのか以前からWindowsに乗っけるとわがもの顔にシステムをいじくりまわし、こりゃだめだとアンインストールしたあとも平気でその痕跡を残していく品ないもので、今回も必要に迫られ何種類かインストールしたのだがやはり既存のプレイヤー類に弊害が出たりサウンド系ドライバーが切り替わらなかったりと汎用性に劣るので外したところ、なんとWindows7の既定のプログラムが書き変わったままになっていてweb上の音源ファイルが再生不能になっていた、まったくふざけたソフトウエア会社だ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月25日(木) No.3262 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

チンタ。


 先日の南伊勢・吉津漁港で確保したチンタ、クロダイの幼魚だがヘダイとの区別がイマイチ良く解らないのでいつも悩んでしまう。パッと見で白っぽいのがだいたいヘダイのようなのだが図鑑などで見ると縦じまが薄いんだが無いわけじゃぁない。60cm水槽で飼うには丁度良い大きさなので喜んで持ち帰っているが原則としては稚魚は放流なのだ。船釣りでの鯛の時などもサイズ制限しているのが一般的ではあるが自然界の絶対量との問題でそれほど神経質になる量ではない。塵も積もればというが積もらない量もあるのだよ。しかし世の中杓子定規に論理的じゃない方も大勢いて上っ面のみ捉えて資源保護を声高に叫ぶしとも居ないわけじゃぁない。似たような展開でなになに、海水浴場では禁煙だという変な政治家も登場しているようだが他にやるべき事があるだろうに何考えてんだかアホらしい出来ごとではある。メジマグロの漁師に聞いた話ではあるが、このクロマグロの幼魚を釣るなんてぇのは生態系に影響与えるような量では決して無いと言っていた。自然環境保護を錦の御旗にかかげ妙な活動をしているグリーンピースなど笑止千万、為すべきことは山ほどあるだろうに。

【プチ・アクアリウム】
 とある親しいお方よりブログの水槽写真がイイネと言われすっかり気分良くしちまったので、最新の様子をアップ。クリックで切り変わるM.SのI.E専用のDXImageTransformのFilter効果だ。この時期の磯魚は何故か警戒心が取れずなかなか餌付けまでに至らない、せいぜい持っても四日間なのだがそれでも大いなる楽しみを与えてくれるのだ。こんなこと大勢のしとがやるようなら即刻止めるがね、あはは。

<
<

アンチI.E.派用に(1) (2) (3)
STOP
【その他大勢】
 民主党の生方議員というお方、なにやらごたごたの中で言論の自由がどうのこうの言っておられたやに思い、いかなる人物かと調べてみた。な〜るほどね、読売新聞の記者だったんだ、そして議員になった目的はってぇと、なになに、護憲ということとリベラルという以外際立ったものもないなぁ、旧社会党議員並みということかな。あの北海道の小林なんとかってぇ違法議員さんなんかとも仲間のようだ。けっして拙者は今の民主党をまとめている小沢さんを認めるわけじゃぁないが山だしのその他大勢の一人があまり出張るのは感心しないね、分相応にという言葉があてはまるのだが、序列がはっきりとしない仲良しクラブのような集団だとどうしてもこういうのが出てしまうのだ。愚衆政党の宿命かも知れん。
【小事にこだわり大事を損ねる】
 これ、今の政府になぜか紛れ込んだ亀井議員のやってること。自民党時代から彼は多くのミスリードを意図的にかちょこまかとやってきたが、今度の郵政改革の見直し法案はまさに時代を旧に戻すバカマルダシの愚挙、彼の言う国民たぁ誰を指してのことかさっぱりわからん。関西空港事業なんかでもちらほら耳にした同族企業がらみの癒着と相まって胡散臭いこと甚だしい。これを通すようじゃぁ民主党もお終いだ、残念。
【イラッとする】
 最近良く目にする若者の言葉、大なり小なりこういった感情がないわけじゃぁないがこれを言葉にして出すのはあまり感心できない。たいていの場合ちょっと見で可愛らしいものやその素振りに対して発せられ、笑いながらの冗談めいた表現で関西のお笑い芸人が始めた振る舞いのようだがあからさまの感情というのは何時の時代でも無粋といえるし培われた情緒が貧しい。

web拍手拍手 履歴




2010年03月24日(水) No.3261 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

昨日の事、今日の事。


 なはっ、今日は11時起床、7時ころから半分目覚めながらも休息しなきゃと寝続けたのだが想念はめぐるなんとも言えないひと時だったが12時間以上寝ていたことになる。

click


【昨日の吉津漁港】
 日が昇る前に着いた海、南よりの風だが気温は低く肌寒いのだが薄濁りの汐で撒き餌を打ちだして30分ほどしてようやく魚の気配が出始め最初に釣れたのが29cmの重たいグレ、口先の横に針掛りしていたせいでグングン首を振る感じがチヌのようでもあってなかなか上がってこない。ひとヒロのタナで来たというのはおそらく沖目から撒き餌に釣られて寄って来た一尾なのだろうね。軽くするために改造した玉網は径が小さくなったこともありすくうのに一苦労、そして続けてチンタやタナゴ、子メバルなども釣れるがグレが続かない。低いところで木っ端グレが踊って見えるもこれが釣れない、手を換え品を変えてもだめなのだ。こりゃぁ熱くなっちまう。しかし喰わないんだから時間と撒き餌の無駄とばかり9時過ぎには休憩に戻り一眠り、一時間ほどして再開して良く見るとなんとチンタの群れが寄っている。コマセにヌカを混ぜた効果かすごい寄り方だ。たまに40cmくらいのデカイのもゆらりと見られドッキリ、それで今日は多分チンタデーだと仕掛けをガン玉無しのフカセにして引き込む当たりを取るようにしたところ、これが功を奏して立て続けにチンタが10枚くらいも釣れる、針が外れたりハリスが切れたのは多分大きなものだったと諦めるも、惜しかったなぁ。

 水温を計るとなんと16℃にもなっていたがいよいよ春の海だ。増々面白くなってしまうが、なんとか今年はこの地に移住したいものだと改めて思う。二日と空けづ90kmも離れた所に通うのはいかにも不合理というもんだ、あはっ。

 シゴトがあるという舎弟の事情だけでなく拙者も半日くらいのつもりで撒き餌を用意したので午後1時のサイレンでお仕舞いにする。帰路ももちろん拙者の運転で帰ってきたがこの好天、日はまだ高いしとお隣の奈屋浦漁港に寄って様子を偵察、昨年とは少し生簀の配置など変わっていたが如何せん釣り場所の水深が若干浅目、しかし海藻の付き具合などからのんびり釣るには良い場所にも見受けられた。釣りをする堤防が広く低いのが安全でイイ、今度来てみよう。

 玉城インターから上がって直ぐにある多気PAに寄って顔を洗いしゃっきりする。小腹がすいたとワゴンセールしていたチキンフランクなるものを食したがこれは不味いや、ソーセージにチキンは合わない、好きずきの問題じゃないようにも思うがどうなんだろう。

【白塚、河芸漁港】
 津にもどったのが未だ明るい3時半頃だったので舎弟を降ろしてからモノ好きにも近くの漁港を見に寄った。理由は解らぬが白塚漁港の白灯台小堤防が立ち入り禁止、工事中にしても解せない処置の仕方だ。勝手に私有するなよと思う。

 ならばと隣の河芸漁港、ポイントが空いていたらボラの風船釣りでもと思ったのだが釣り人が二人ほど入っていたので様子を見ただけ、沖目でたくさんボラッ子の跳ねが見られたが「一匹千匹」と言われるボラのことだ、多分沢山いるんだろうなぁ。

【BJD5-a21試験】
 昨日は遊びに出掛けてる間中、BJD5の最新バージョンa21を立ち上げておいたのだが帰宅後ログを確認、errorが4回だけ記録されていた。11時台に2回、12時台と14時台に1回のみ、しかしこれはいずれもリクエストが存在しないURLiにあったときperlが返すerrorでサーバーとしてはなんら問題ない。なによりa21では劇的に速度が向上していて気分がいい。

 ・・・がっ、そのコピー保存したログを確認中、「.NET」関係のアラートが出現、BJD5がフリーズしちまったのだ。止む無く停止したところやはりO.SのWindowsとのやりとりが不能になっていて強制終了とする。

 サーバーを旧に戻し、エラーの詳細を調べるべく情報を集めるも素人の悲しさで解らないことが多い。BJD5-a21を「C:\Program files」というスペースを含むデレクトリ名の場所においてあるせいかなぁ。参考までエラーの詳細をここここここに。STOP

【嬉しかった事】
 12時間ちかくも眠って起きたのはもう11時になっていたが朝一度覚醒していて今日はからだを休めなくちゃと目を開けず強い意志を持っての朝寝坊、なぁ〜んてマットーな人間にあるまじき生活ではある。
 しかし起床した後はとてもアクティブ、がっちりと昼食を摂り、海水槽の手入れしながら溜まりにたまった洗濯物も真面目に仕分けして洗濯機に放りこんだのだ。

click


 そのさなか、ふと目にとまった、今はオブジェと化している金色に輝く楽器、KING-3B。このところ釣り具の製作など工作に励んでいることもあり、そうだ、ミュートの加工をしてやろうと思い立ち早速取り掛かる。この弱音器、正確な名前は忘れてしまったが5種類ほどあるミュートで一番効果のある音色も良いものなので昔使っていたころには外れやすいのを左手で抑えながらだったものだ。思いついたのはなんのこたぁない、内接するコルクを削りゃぁしっかりするではないかとカッターで薄く削いだところ、むふふ、こんどはしっかりと装着できるようになったのだ。

click


 そうなると、ちょっと吹いてみたいではないか、何ヶ月振りかでそっと口をあててみたところ、いやはや驚いたというかうれしかったのだが、二オクターブ半ではあるがCmolのアルペジオがなんの抵抗も無く吹けたのだ、老けたのでも更けたのでもない、誤変換もいい加減にしろと気分は上々、ミュート効果の音色も前より好ましい。まぁながらく練習していないのでマウスピースの脇から少し息が漏れてしまうのは愛嬌だが、音がだせると楽器は面白いなぁ。

web拍手拍手 履歴 ポロリとこっちでも





2010年03月23日(火) No.3260 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

さっすがに、くたびれた。


 2時就寝、3:30起床、こりゃ睡眠じゃなく居眠りだなぁ。夕べは9時頃に一度ネルと決めたのにこのテイタラク、しかし無用に元気なもんだ、まだ真っ暗な3:45に出発、弟を迎えに行く。行き先はもちろん神前浦・吉津漁港だ。

 それにしても昨日の強風と黄砂はひどかったらしい、癪に触るのは一昨日の夜、珍しく洗車したばかりで今日見ると見事な砂まみれ状態、水を拭き取っていなかったせいもありしっかりとスプレー塗装したような感じで笑うしかなかったね。

 と、ここまで書いてさすがに眠い、吉津漁港のことと、サーバーテストのこと、そして帰りに寄った白塚漁港、河芸漁港と長くなりそうなので続きは明日に・・・

 BJDは20:50からVer4.2.3に戻している。

STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月22日(月) No.3259 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

いい日・・・


 今朝は7時起床、このところの運動量と食欲のせいか熟睡でき目覚めがすこぶる良い。風が強く黄砂も来ているようだが明るく感じるのは気分のせいだ。

 二週間ぶりにカレーを作ろうと一昨日買ってあった牛肉を入れたビーフ・カレー、ルーは辛口のものを使ったがあまり辛くないので七味唐辛子を足してやった。むふふっ、これが上手に出来たもんだからそうだ弟夫婦に御馳走してみようと思い立ちメールしておいたところ夕方電話があってラッキョウと福神漬け持参で来てくれた。なにか一言云わずにおれない舎弟のニンジンが多いんでないかいというのもなんのその、三人でオイシイ美味しいと食べたのだ。

 そろそろ桜の時期ということで義妹の実家のある地区の川沿いの名所で花見をしようと云う事になった。昨年はピークの前と後にしか行っていないので今年こそという次第、開花予報に注意しとこ。

click


 海水槽をセットしてから早5か月近くも経つのだが、釣って持ち帰る磯の小魚は長くても3週間、弱ってたりすると二日と持たないくらい難しいのだがお正月に入れたシラサエビ一匹と石ゴカイがなぜか長生きしていて気休めになる。近くのヨットハーバーで釣った魚は比較的長持ちして餌付けも出来たりするのはやはり運搬方法に問題あるのかなぁと思案なう。

 ちかごろブログついでに見るツイッターでよく見かける「なう」とか「だう」という、これは接尾語になるのかなぁ、もともと雑文のときにとても気易い感じが出て嫌いじゃない。「だはっ。」なんてのも似たようなものだが、思いつくままに「あはっ」とか「がう」とか「なはっ」ってのもあるがこれは感嘆詞になるかなぁ。

STOP
【あぁ〜、面白かった】
 NHKドラマ「龍馬伝」、おもしろかったなぁ〜♪
主演の福山雅治さんはいい役者さんだねぇ、こちとら視力が弱いせいか脇をかためる青年役者さんたちが皆同じように見えて困ってしまう。
 明日は4時起き、寝れるかなぁ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月21日(日) No.3254 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

んぅ〜ん、・・解らん。


 早朝、というより夜中3時頃に弟からのメールと電話で目覚める、今日は一段と天気が良くなりそうだから久しぶりに吉津漁港に釣りに行かないかいと言う彼一流のジョークだったが、ちと眠い感じだったので朝起きてその気になったら迎えに行くよといって、そうだ、玉網の修理をしていなかったことに思いが及び急きょ取り掛かる。それですっかり目が覚めてしまったようで俄然釣りモード全開、天気予報も再確認して出かけたのだ。

click

 8時に鳴り渡る町のサイレンとともに昨日と同じ場所で釣り開始、あはっ、皆勤賞ものだなと海中をみるも、どうも様子が違う。日が差しているのに汐は暗く魚の気配がない。先行者一人と合わせ三人が撒くコマセにちっとも反応がないまま3時間、そんなぁ〜と思いながら、弟が昼寝しに車に戻るという頃、ようやく魚が寄り出し、木っ端グレに混じってちらほらと型の良いチヌやグレが見えるのでチャンス到来と一気にアドレナリンが噴出する感じで投じたガン玉なしのフカセ仕掛けにガツンと来たのが実測30cmのグレ、どうやら沖目のシモリから回って来た不運な奴だったようだが4年魚で岡っぱりでこのサイズが釣れると実に面白いのだ。そして0.6号ハリスと一号竿ではギリギリの大きさとなる。玉網を修理してきて良かったなぁと思いながら慎重に取り込み、ポイントを休ませる必要もあって写真など写した後、今度は小型ながらもチヌ、その気になってタナを深くしたところ良型のメバルが釣れ、これは面白くなりそうだと思ったのだが、その後がいけない。

 一時間ほどの休憩から舎弟が戻る頃からまた魚の気配がさっぱり無くなり、おかしいなぁと頭をヒネルばかりでコマセが無くなったところで終わりにした。拙者としてはほんの一時釣れただけなので不満が一杯なのだが海の気まぐれには敵わないとうことか分け解らんという思いだが、彼がいうにはあれだけ釣れて文句なんてと・・・んぅ〜ん、そっか。

 持ち帰るグレを〆る際、ぱんぱんに膨らんでいた胃袋の中をチェック。なぁ〜るほどね、この時期植物性の物を主食にしているというのが明らかに解る。沖のほうの筏なんかで使われる撒き餌のコーンや押し麦、それにアミエビがほとんどであった。

 漁港を後にする時、4時の終了のサイレンが鳴り渡っていて思わずプッと噴き出す、丁度8時間だ。とあれ今日の天気はサイコーだったなぁ、気温も昼からは22度と5月並みで、着ていた防寒着を上から三枚も脱ぐ羽目に。帰路、国道260号線の桜の木が一日で様変わりしていたね。季節は巡る、明日はお彼岸の中日だ。STOP
【今更に気付いた事】
 ブラウザのエクスプローラーVer.8でMarqueeタグの振る舞いが違うと知った。このブログのサイド・セクションにClockLink.comさんのパーツを振り子時計のように表内でマーキー表示していたのだがVer.8ではどうしても右側に逃げ出してしまうのだ。widthで指定しても時計の画像が背景にもぐってしまう。どうやらg画像の左端をターゲットにマーキーしてしまうようだが、なんか良い方法があるのかなぁ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月20日(土) No.3253 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

魚は釣れたけど・・・BJD5が


click


 快晴の南伊勢・神前浦の吉津漁港、到着した8時頃にはすっかり太陽が上にあがっていた。汐は中潮下げ初めたころからの釣りだったが風がちと強く釣りにくい感じのスタートだったが、最初に広範囲にぱらぱらと撒き餌を打っておもむろに第一投、ヒトヒロ半のタナで米粒ほどのオキアミ餌が功を奏し狙い通りに26cmのずっしりとしたグレが掛る。汐は濁りが入っていて水中があまり見通せないのだが魚の気配はぷんぷんとする。案にたがわず次々とグレの当たりが出てこりゃぁ漁獲制限しなくちゃとあまり当たりの出ない底の方に仕掛けを降ろしてのんびりする。自作のストロー浮きもバランス良く気分は上々、昼頃には風も止みぽかぽか陽気で言う事なしだった。午後1時頃には止めるつもりでいたので小さな子メジナとチンチンを一枚ずつのこし、他は舎弟のスカリに入れる。20枚以上もあったろうか手の平大から26cmくらいまでのグレとカイズクラスが一枚、この時期この場所では上出来だ。

 先に仕舞って待つ間、携帯のフルブラウザで昨夜から立ち上げてきてあるサーバーソフトBJD5が気に掛りアクセスしてみたが、残念、つながらない。帰って上手くログを取れるかなぁと気急わしいことではある。

 今日、好天の日差しいっぱいの下、通った南伊勢の県道、桜並木があるのだが朝方にはまるで気配もなかったのに帰るときにはうっすらと芽吹いて少しだがピンクがかっていることに驚く、もう一週間もすりゃぁ一面の桜になるのだ。STOP
【BJD5試験運用】
今日一日のログ、エラーが出る1分前からをこちらに。同じようなエラーの繰り返しのようだが7:51まで15時間近く出ていなかったのだが。帰宅後、BJD5を停止したところフリーズ、AppCrashViewによるOSのWERはこちら。18:45以降サーバーは旧バージョンに戻している。

web拍手拍手 履歴




2010年03月19日(金) No.3252 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

サクサクじゃぁない。


click
♪〜これはトップページ。

 最近、日課とまではいかないがブログ更新ついでに何か面白いことないかなぁとTwitterを辿ってみたりするのだがこのサービスで日々のトラフィックをリアルタイムで表示させている「Pingdom.com」というサイトを知り早速試してみた。サイト開設以来、ページの表示はサクサクいかなくちゃと当初はがんばって軽いページを心がけていたのだが、ある時から突然考えが変わりやたら大きな画像やスクリプトを平気で乗せるようになってしまい、それでも表示速度が遅いかどうかは気にしていて、機会あるごとにいろいろな場所や端末で見てこれなら許せるかなぁという調子だったのだが、このPingdom.comさんのサービスではサイトページの全てのパーツのダウンロードスピードをグラフで詳細に示してくれるのだ。

click
♪〜これはブログページ。

 これはとてもいいなぁと思い、個々のデータでなにが無用のネックになっているのかと調べてみた。大きな画像はその画質で見えるためにはしょうがないとして問題は直接リンクした他サイトの画像やスクリプト、たまにそれがオフラインになったりすると目も当てられないが、かといって文句言う筋合いのものでもないしと思いそれを無くすることにした。

 しかしトップページといいこのブログといい、いつのまにやら随分大きなものになっていて3メガバイト近くもあり、新規に読み込むと20秒以上もかかってしまうが早くギガビット回線にならないかなぁと気長に待つことに、もっと光を・・・って。
STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月18日(木) No.3251 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

二番手。


 夜更かしのせいで今日は朝寝坊の自堕落な一日、日も差して良い天気ながらまだまだ空気は冷たい。こんな日に見るニュースはどれも滑稽に見えて野次馬的には突っ込み所満載といった按配になる、いい気なもんだと思うが今更だ。

 もう終わっている自民党から飛び出した鳩弟、相変わらずだなぁと見ているのだが、なになに、あの外添さんとは赤門の同級生だったんだ。今拝見してもお二方とも負けん気が旺盛だったようで努力家でもあったようだが結局トップじゃなかったらしい。芸事やスポーツでもどうしてもトップになれないというしとは居るもんでだからといって咎める筋合いの事でもないのだが、平凡ということに想い至らなくちゃぁ滑稽なだけだ。

 あれだけ優秀なしとが在籍する霞が関の官吏、使命感や責任感の欠如からか個々の持てる能力の5%程度しか発揮していないと言ってる方がいた。腐った組織はリセットしなきゃダメだとつくずく思うのだが、地方はもっとひどいかも。斬新な市長の出現での名古屋市議会の様子など見るとどこが恥の文化かと情けないねぇ、なにが市民のためだというのかフザケテル。STOP
今日のアクアリウム。

photo




web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年03月17日(水) No.3250 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

脳内事情。


click
♪〜メモリカードに残っていた画像、網目が・・


 今朝3:30に消し忘れのアラームでびっくり、改めて寝直し、11時起床とちょっと寝過ぎだ。いっとき愉快な夢をこれは夢だと自覚しながら見ていてブログに書いてやれなんて考えながらも、昼にはすっかり忘れ去って思い出せない。たしか音楽がらみのやりとりだったようにも思うのだが認識出来ることのみが世界の全てだなぁ。

click
♪〜


 昨日の記事で「志」という言葉をあげたのだが、年寄りがこれを口にするのは実にさもしくも胡散臭い、世の龍馬ブームに乗っかるような軽薄な事を還暦過ぎたような人間がするもんじゃぁない、今まで何やってたんだいと突っ込みたくなる、アホか。

click
♪〜作ると使ってみたい。


 まぁ世の中たいへんだと突き放してこちとら呑気にストローで浮き作りに精を出す。仕掛けの重さと感度、相反することを両方得ようとするのだから欲張りだ。最近になって判ったことだがこの浮きのトップは細いほど感度が良いということでもないのだ、それより見やすい事のほうが重要なのだ。STOP

【偶然かなぁ〜】
 夜、TV放送の長時間ドラマで松本清張原作の「霧の旗」を見た。いままで数多くドラマ化されていると思うが主演の歌舞伎出身の役者さん、初めての現代劇だというが素晴らしい演技で感心した、才能あるなぁ。しかし何年経っても色あせないこの清張さんの原作小説、世の中のおぞましさをこれだけ上手に見せてくれた方は居ないなぁ。

 さて寝ようかと思っていると今度は衛星放送で2005年の米国映画「カポーティ」を放映している。どうしようか迷ったのだがついつい惹きつけられて最後まで見てしまった。ノンフィクション・ノベルというジャンルを確立した作家の自伝的な内容で極めて暗い人間の内面を描き出す作品で評価も高いものだったと思うがその「冷血」以降、ぱったりと作品を書かなくなったというのも当に物語のようで、余程誠実な精神の持ち主だったのではないかと想像をたくましくする。

 それにしても、これだけ重っ苦しい映像を二本も続けて見るなんてと思いながらなんとなく松本清張とトルーマン・カポーティの似通った生い立ちなどに想いを寄せていた。

web拍手拍手 履歴



2010年03月16日(火) No.3249 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ぎゃっ、起きられなかった・・


 今朝は4時に釣行しようと約束して餌の予約までしていたのだが、3時半にセットしたアラームを握り締めたまま目覚めたのはもう明るくなった7時、原因はスッキリしないVistaマシンの不調のせいだ。夕べ11時には寝ようとして気紛れにアップデイトを掛けたところしばらく使っていなかったこともあり20個近い更新があってやたら手間取ったのだ。おまけにエクスプローラーがクラッシュしたらしく右クリックで無反応になるアプリケーションが多発、つい熱くなり寝たのが2時過ぎてたから起きられるはずもない。天気予報も雲が多い日になりそうなので気乗りもしていなかったのかも知らん。行っても昼には戻るはずだったからこの時間から行くのはどうかなぁと電話を入れて中止とする。
 
 Windows7の快適な動きに慣れるともう昔のOSには戻れないなぁと、今日はサーバーを修復なったそっちにまた移設することにした。しかし思うにこの年がら年中アップデイトと称して製品を購入したユーザーにあたりまえのごとく負担を強いる仕組みというのは人命に関わらぬこととはいえ、欠陥品を買わされていたようで面白くないな。オンラインで無料のサービスだからといわれても納得できない不埒な仕組みだ。世界中の何千万人というユーザーが異議を唱えないというのも不思議な現象だと感じる。

 多分出現すると思っていたのだがトヨタ車の狂言事故、まったくあの国はどうなっちゃったのか。

 大西洋での黒マグロ規制、わが国から二社の水産会社が大型延縄船を出して漁をしているようだがここはおとなしく引き下がるのが筋だ。消費量の5%程度なのだし、なにもよそんちの庭で漁ることを主張するこたぁ見苦しい。できもしないロビー活動に使う税金は漁業者の補填にあてて引っ込んでなさいといいたいな。ましてや仲買人が絶対反対といきまくのは妙な感じだ。
STOP
【ご近所散策】
 昼頃になっても厚い雲はとれず、寒そうで、中止にして良かったなぁと寝坊した失敗を喜ぶ。おかけでのんびり落ち着いてサーバーをWindows7マシンに移し替えることが出来た午後3時頃、そうだ税務署と思いしぶしぶ外出、MapFanで見ると1.5kmくらいの所なので散策がてら歩いて行くことにした。引っ越して来てもう7か月にもなるのに市の中心部のみならず近辺はさっぱり歩いたことも無いのだがドンより曇り空のせいもあってか見る光景には気分が高揚するなにものもない。まぁ、静かでこれに勝るものはないわいと思いつつもやれ地方が疲弊しているだの過疎だの格差だのと日本全国どこもがそんなことのたまっているが、建物見りゃさもありなん、先々生産性の足しになるような物は皆無、なんとか会館だの協会だの利をかすめ取ることで成り立つ団体の建物ばかりだものね。栄華盛衰は住むしとの問題でしかないな、飢え死にしなきゃ万々歳、のんべんだらりと時は流れる、ってか。

 3月15日の税務署ってのは善男善女が列をなし朝市かと見紛うばかりのイメージが強かったが、皆オンラインで済ましちゃってるのか郵送なのか閑散としていたのには驚いた。ぶらぶらと帰り途は別な道路を戻ってきたが途中キリスト教の伝道街宣車が今どきめずらしく大きな拡声器で天国はあなたを待ってますだって、やかましいわい。そして予報にたがわずポツリポツリと小雨が降り出す頃ようやく帰宅、4km位も歩いたようだがたいして面白くもなかったなぁ。 STOP
【心惹かれる言葉】
 「志」ということ、字ずらからなんとなくもののふの心ってな感じもうけるが決してそうじゃぁない。なかなかに古い言葉で己がこうしたいとかこうありたいという精神で現役の頃にはほとんどのしとは青臭いだの現実離れの空論と無碍に反応していたがたまにそれを口にする人物を見ると好ましく思っていた。幼心にあのクラーク博士のボーイズ・ビー・アンビシャスが染付いているのだろうが残念ながら自分の志は極めて内向きで世間とは一線を隔したものだっただけに堂々と志を語る人物を見るのは希望の素だ。ばればれの嘘じゃしょうがないのだがこの国をどうするかと真面目に語ってほしいものだが年寄りは駄目だね。

 西洋諸国、ラテン語圏ではこの言葉をなんと言うにかいろいろ探ったがwillだのspirtsだのどうもぴんとくる言葉が見つからない、ambitiousがそれにあたるのかなぁとも思ったが字源などで見る解説とはニュアンスがちがうように感じる。 

web拍手_履歴



2010年03月15日(月) No.3248 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

晴々と日曜日。


 夕べはさすがに早めの就寝、といっても夜中の1時過ぎだったが朝方7時には遊びに来た舎弟に起こされ熟睡の後だけにスッキリと起床でき気分は上々、熱いお茶を入れ、水槽で泳ぐチヌとグレを見ながらの釣り談義。早朝の間は風が強くずいぶん冷えたらしいが薄日も差して穏やかな日曜日になりそうだ。昨日、深夜に店に出た後そのまま海へ行き一日遊んだということで帰宅後はばったりと寝たというが、彼ももう還暦を過ぎた事だしほどほどにしなさい、・・・とは拙者が言えた事じゃぁないか。

 30分程で帰ったが今日は3月14日、明日が確定申告の期限ということでようやくその気になり朝から取り掛かる。

click


 3年前から利用しているeTAXだが、折角のオンラインシステム、よくできているのに事前準備、手続きが煩雑かつ面倒すぎるアホな仕組みで馬鹿らしい。セキュリティ重視は肝心だが電子証明書と称しての住基ネットとの連携に手続きなんぞを必要とさせる意味がわからん。かえって成り済ましなどを容易にさせるようなものだし納税の情報ってぇのはそんなに秘匿しなきゃならないものとは思われない。高額納税者の情報が漏れて狙われるなど考えるのはいかにも机上の空想だ。現に毎年公表までしていたではないか。

 リスクと利便性をも少しまともな天秤に掛けてほしいものだがシゴトしない役人の発想は駄目だね。

 しかしこの莫大な費用を掛けた入力システムはさすがに良くできていて昨年はほとんど仕事らしいシゴトもしていなかったこともあり小一時間で終了、プリントアウトして一件落着、今日は税務署も開いているんじゃなかったかな。
STOP

web拍手_履歴



2010年03月14日(日) No.3247 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

今日は暖か。


 今朝は5:30起床、昨夜お誘いのあった弟と懲りずに南伊勢・吉津漁港へ向かう。空は明るく、朝もやに包まれた伊勢道の山中は気温は7℃ほどだったが春めいた一日になりそうだと期待がふくらむ。

 8時前に漁港に到着、土曜日とあっていつもの場所には数人の釣り人がはいっており、手前のほうに並んで座る。先客に今日はどんな感じか聞くと二時間ほどまるで反応が無いというのだが、丁度このころから魚が寄りだしたようでちらほら魚影が見え、なんとなく釣れる予感。広範囲に撒き餌をばらまき手始めにヒトヒロの浅いタナで0.6号ハリス、チンタ7号針にオキアミのシッポを餌に竿を振り、すぐに数枚の木っ端グレとチンタを掛ける、あはっ、今日は良く釣れそうと気分を良くして数釣りは止しにしてもっぱら仕掛けのテストに興じる。そのうちに先に来ていた釣り人たちにも次々と23〜26cmの良型のグレが釣れ出し、もちろん拙者にも22cmのチヌを筆頭にガン玉を打ってのフカシ釣りで早合わせだとグレが、ガン玉なしの遅合わせだとチヌがという具合に面白い釣りとなった。

click
♪〜このブクが目印になったらしい。

 しばらくして一番奥の拙者がいつも座るポイントに来ていた青年が、話しかけてきて「ひょっとしてブログを書かれていますよね」と言うではないか。活かしバケツの色と車のナンバープレートから確信したのだという。ひゃぁ、驚いたね、「吉津漁港の釣り」を検索して見てくれていたらしい。名古屋からだと言っていたが良く海底の様子も観察しているようで昼過ぎには本命のチヌ25cm位のを釣りあげヤッタァ〜と歓声をあげていたが見ているこちらも拍手喝さい、同じくらい嬉しかったなぁ。

 混雑を避けてか午後2時過ぎにはその名古屋の青年も他の釣り人も仕舞って場所が空いたので舎弟はそちらに場所替えするも拙者はもう止めるつもりになっていたこともあり、どこでも一緒さと居座る。しかしやはり魚の釣れ易い場所というのはあるようで終了間際に彼の竿に今日一番の大きなグレが掛り面目躍如、拙者の活かしバケツには小さなグレ一尾とチヌの幼魚二尾だけ残しスカリにまとめた釣果はずっしりと重く、友人に持ってゆくというのに十分な量だった。STOP

web拍手拍手 履歴





 
2010年03月13日(土) No.3244 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

治しちゃった。


 今朝は9時起床、修復できたWindows7マシンで最初に見たのがまん丸クミさんからのコメント、オスカーの時にはジャズ・ライブに行っていたというがなんともアクティブで元気だ。もっとも喜寿にしてペナントレース134試合全部観戦という信じ難いお方もおられるので驚くにはあたらない、見習わなくちゃ。

 昨日は帰路、居眠りしたせいで帰宅後も元気で、引き取らせようとしていた故障のWindows7マシン、気が変わり自分で治すことに。オンボードのネットワークカードをシステムが認識しないというトラブルの原因はいろいろ考えられるので知る限り順番に調べて行くのだがなかなかに根気のいる作業となるが、なぁ〜に、時間ならあるさとばかりまずは一番簡単なLANケーブルのチェックから。その後ドライバーの詳細設定を検証したあと意を決してシステムの復元機能を使って2月17日付けのポイントでようやくカードを認識するに至った。おかげでパァ〜になったソフトやツールが十数本、この時点では何が原因だったかは確定出来ないがとりあえずネットワークは出来るようになったので良しとする、ザマァ〜みやがれという思いだがつくずくアホやなぁとも思う。マッチポンプとはこのことか。

 なんだかんだで5時間近くも掛りっきりになっていて夜中1時頃にはさすがくたびれ果ててバッタリと寝てしまい、おかげで良く眠ることが出来たのか気分は上々だ。

 しかしサイトをVista機からまた戻すのが一大事、その気になるまで待つしかない。

 考えてみりゃ3か月目にして初の重大トラブルということで、歴代のWindowsのことを思えば隔世の感もある。Vistaまではしょっちゅうそんなことしていたようにも思う。このWindows7はほぼ完成品と評価していたがやはり機械にゃ違いない、100%万全などはありえないのだと先日の腹立ちもどこへやら、いい気なもんだ。STOP
【津・岩田川河口】

click

 うす曇りながら風も弱く寒さも和らいだ感じがして昼すぎには近くのヨットハーバーの大堤防に散歩がてら出かける、もちろん釣り道具持参だ。工夫を凝らしたボラの風船釣り仕掛けを二種類、他に釣具屋に寄って市販のものも手にして、前から一度チャレンジしようとしていたボラの掛け釣りをやってやろうという魂胆だ。ヨットハーバーに着いて大堤防を見ると、さすが1500m、先端は遥か遠い。しかしそんなことにメゲル拙者ではないのだ、キャリーに道具一式を積み込みスタスタと歩く歩く、広々とした堤防先端まで行くとさすがに気分がイイ。二、三人の釣り人もいたが近くには誰もいない。早速仕掛けを投入するも今日は一段と汐の流れが速く釣果は期待薄だったが案の定な〜んにも反応なく、風が冷たくなりだした4時頃には止めて帰って来た。魚など釣れなくとも釣りはホントに面白いなぁ。


web拍手拍手 履歴



2010年03月12日(金) No.3243 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

寒かったなぁ。


 今朝は5時起床、また数日天気が崩れるので今日行っておこうばかり防寒服を着こんで南伊勢の吉津漁港へ向かった。もちろん、弟も一緒で昨夜新たに一本の棒浮木を作ったので試したいということもあった。

 道具立てが次第に合理的になってきていて漁港に着くと一式を肩にして定席に向かいさっと竿を出せる。新しい0.3号のウキはプラスチック製だがとても使い勝手が良いので冷たい北風も気にならないくらい気分を良くする。始めてすぐに良型のグレがヒトヒロのタナで続けて掛り、ますますイイ気になるもその後がいけない、ちっとも魚が浮いてこないといういやぁ〜な色の汐になったのだ。目を凝らしてみても気配が感じられない。居ない魚は釣れないなとばかり思いながら惰性で竿を振るも、そうなると風の冷たさが気になり一度中断して防寒ズボンを履きに車に戻る。

 その後もあまり集中力に欠けていたのだが、撒き餌に紛らわせて木っ端グレを一尾掛けただけ、・・・完敗だな。

click

 昼寝から戻った弟と入れ替えに道具を仕舞って車に戻り一休み、丁度昼過ぎ頃だったが漁港をグルリと一回り散歩してきた。岸よりの小さな船着き場でさほど水深はないものの海藻がゆらゆらしていて小魚がきらきら見える場所があり今度来た時にでも竿を出してみようと思った。

 最初にメバルを掛けたあと、やはりさっぱりだった弟も3時前には上がって来てまいったまいったと悔しがるも居ない魚は釣れないのさ、あはは。帰りは彼の運転で拙者は助手席で居眠りしながら無事ご帰還、久しぶりで早めの夕食を「スシロー」で済ます。そういえば店内のポスターに『スシローのマグロの赤身はすべて赤字です』とあったのに大笑いしたもんだが、輸入マグロが半減するんじゃ大変だな。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月11日(木) No.3240 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

Windows7が壊れた。


 3ヶ月目にしてWindows7マシンのオンボードのネットワークカードが認識されなくなり役立たずになってしまった。Dell社のVostro、たたいても引っ張っぱたいても、最新ドライバーを入れても駄目、午後3時ころにオフラインとなり3時間近く修復に費やすもハードウエアの故障では如何ともしがたい。やむなく前任のVista機にドキュメント・ルート一式を移しついでにサーバーソフトのニューバージョンもフォルダごと移動して午後8時にようやくサイト再開だ。

 まいったね、なんともヤワな器械だと改めて思うことしきりである。

ファイルのコピーや移動がネットワークなしではメモリースティックなどに頼るしかないのだが、これが遅い、20年前にタイムスリップしたかのような動きで血圧があがるのが自覚できるほどだ。

 面倒なのでメーカーの引き取り修理を依頼することにしたが原因をどう報告してくるか興味あるところだ。
 確定申告の期限なのでようやくその気になるもeTAXサイトがこれまたサクサクいかないで止まってしまう、情けないねぇ。STOP
【責任者でてこい】
 天然記念鳥トキの飼育ケージにテンか何かが侵入して8羽もヤラレタんだという、驚いたねぇ、何のために税金使って囲いを作ってたんだろうと関係者の無責任さ加減に腹が立つ。テンに食わすために檻にいれていたのかなぁ。これは事故じゃない、純粋にサボタージュだ。

 同じく国宝を展示する新潟県の美術館に蜘蛛やカビを持ち込んだという皆さん、危なっかしくて見ておられんは、廃館だな。

web拍手_履歴



2010年03月10日(水) No.3235 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

故事来歴。


 今朝は早くから起きていて、なにするでもなしだったが旧知の方から依頼されている昔取った杵柄的シゴトに鑑み思いつくまま資料を作る。コナスことが第一であった現役の時に比べると余裕を持ってあらゆる状況を想定しながら組み立てられるのが面白い。

click

 夜、最近覚えたカレー料理を念入りに時間をかけて作る。ここ十数年来、どこでいただくカレーライスも自分の子供のころと違って妙に粉っぽいところがないと感じていたがこれは調合済みのカレー・ルウのせいだなぁと今頃気が付いているのだが、こんなに簡単に美味しく出来るのだから内食レシピで人気が一番というのも良く解る。


 あいま合間に珍しく本を読む。読書子である弟がくれた「伊勢の津・歴史散歩」という津市出身の元読売新聞社会部記者だった横山高治さんの書かれた地元津市の有史以来の諸々を紹介してくれているもので、記憶の片隅に居た歴史上の人物が数多披露されており、ふんふんとばかり最近では無いことだが一日で読み終えた。

 比較的に淡々と人物像を描いていることもあって抵抗なく読み進めたのだが常に二番手に甘んじていた一地方の歴史はメインストリームとの関係ではなかなかに興味深いものだ。声高に威張れるような超一級のものもないというのも慎ましやかで波風立たず、役人天国と称されるこの地をよくあらわしているなぁと思った。STOP
【進歩を装う愚民】
 瞬時にして世界中の出来ごとが見られる情報社会ゆえ、この極東のちいさな国に居ても各国、諸民族の行いが嫌でも目に耳に入ってくる。何千年も愚かしい争いを克服できない奴らとか専横独裁の国とか利を求めて領土確保に邁進する国とか、共存や理想とは程遠いなぁと感じてはいるのだが、まぁよその事はそれとして、・・・なんだあのアカデミー賞のドキュメンタリー部門受賞作。米国のエスタブリッシュ層がリベラルで近代的な意味での善とは程遠いものに偏っているのは先進諸国で文化人と目される方々共通の認識だが拙者が見てもアホかとしか言いようがない。あのクルー達にしても、また称賛して『なんという素晴らしいドキュメンタリー、地球上の生命がどったらこったら』とのたまうちゃらちゃら着飾ったおねぇちゃん達、自分らがどれだけ先住民族を殺し、今また世界の環境を破壊しているのかまるで自覚がないのだ。あのシー・シェパードにしてもグリーン・ピースにしても、あんな無教養のハネッカエリが公の場にしゃぁしゃぁと露出するバカさ加減はじつに腹立たしいものだ。訴訟天国のかの国でもあるし和歌山県太地町は肖像権侵害で訴えるべきだろうね。アカデミィー賞の権威を思い賠償金額としては100億円だな。

 しかしあの「アバター」が受賞しなかったのはさすがオスカー、ありゃぁ一時の「スゴイねぇ」という映像でしかないもんな。もちろん拙者は全編見るわきゃないから予告篇だけでそう感じる。

 ついでに言うと3D映像作品とか特殊目がねで従来の映像が立体にというのは主流にならないと思う。なぜなら、幻燈にそれほど意を費やす時間があるとは考えられないから。

STOP
【とは言え、】
 そんな毒舌を吐きながら機嫌良く聴いていたのは、「まん丸クミ」さんブログで紹介されていたYoutube動画のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャーズのダンス、往年のミュージカル・スターここにありって感じで思えば戦後20年間くらいの間、若かりし拙者が仰ぎ見ていたかの国はよほど優れた民族が集まって出来た国なんだろうなぁと貧しい我が国を思ったものだが、あの頃はまだ紳士淑女なんて概念が残っていたようにも感じてならない。 ダンスひとつとってもそんな感じ、それ以上にこのバックの演奏、これは間違いなくマンハッタン・トランスファーのコーラスとケントン楽団メンバーによる「Five Trombones」でピート・ルゴロ編曲になるものだと確信するのだが、このアルバムが見つからない。



iPhone音源は→ここ


♪〜大好きなサウンド。
Gershwin作曲のミュージカルから
「They Can't Take That Away From Me」
誰にも奪えぬこの想い〜♪


web拍手拍手 履歴


2010年03月09日(火) No.3234 (ぐふふな調理)
Comment(2) Trackback(0)

うっかり、


 うっかり更新忘れちまってもう9日の朝だ。月曜日は雨雲の隙間になり良い天気になりそうだと手入れと調整を終えた釣り具一式を持って舎弟を誘ってまたまた南伊勢、吉津漁港へ行った。予感は違わず風が穏やかで、やや低めの気温ながら快適な釣り日和であった。

 念入りに調整した0.5号から2.0号までの遊動式の棒浮はとても使い良く、大満足。特に重い仕掛けだとなかなか当たりが取れず釣れないのを徐々に軽いものにして行って上手く釣れるようになるというのが明らかに判り面白いことこの上ない。そして海中を覗き見ると時折チヌの姿も見受けられるのだが小型でもやはりグレのほうが面白いのでヒトヒロの浅いタナで一日遊ぶ。じっと待つ釣りとは違い手返しを相当な回数こなすのでまぁ忙しい釣りではあるが如何にも釣るという感じがして好きなのだ。朝8時頃から午後2時までやって小型ながら20枚くらいのグレと海タナゴ多数、このくらいの数が一番面白い。そして時間によって撒き餌に集まる魚種が変わったりまるで居なくなったりというのが見えるのも楽しいものだ。

 帰路あちこちの道路で工事していて、あぁ3月だなぁとこんなことに風物詩を感じちゃいけないか。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月08日(月) No.3233 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

雨・・


click
♪〜やはり幼魚は環境に馴染みやすい。

 今朝は9時就寝、12時起床。深夜に4月半ばの北海道への小旅行の予約を取る。いつの頃か、いわゆる格安チケットというのが当たり前のようになりさらにはホテルや観光施設と連携したパッケージ型ツァーが商品として広まったこともあり、航空券などの通常価格を不愉快に感じているのだが、しかしこの一月前に予約してなんでこんなに安くなっちゃうのかと驚くばかりだ。それとポイントだのマイルだのに一喜一憂貯めるのを楽しむという感覚、あれはやはり趣味の範疇かなぁ。

click

 外は冷たい雨になった日曜日だが部屋の中は広げた釣り具が散乱状態で今日は集中的に小物の整理と修理、部屋中塗料の匂いが充満するもそれほど嫌いではないので気にならない。作り上がった浮きのバランスを見るのに海水槽がとても役に立つので気分を良くする。 

 一般的に浮きの調整は抱かせるオモリやガン玉、板オモリなどでおこなうのだが、今日ひらめいたのは軽量発泡ウレタンフォーム板で着脱自在の「抱かせ浮き」のアイデアで早速試作品を何点か作る。実にシンプルな作りで早く試してみたいものだ。

 顔を出した舎弟はあきれたというような顔してたが研究心旺盛だといってほしいものだ、ぎゃはは。

STOP

【あまり見たくないもの】
 午後のひと時、関西で人気のある報道バライティ番組というのか「たかじん其処まで言って委員会」という番組を流していた。へぇ、旧社会党の極左勢力てぇのがまだ居るんだ、驚いたなぁ。そしてこの番組の人気の所以だろうが話題の人物を引っ張り出して来て白日のもとにその人となりを見せるという意地悪な構成、じつに笑える内容になる。そもそも二次三次産業でラインに従事する労働者が公の場でまともに議論など出来るはずもなく、ましてや世の中の仕組みをどうこうなんてのは語れるはずがないのだが、分をわきまえずに出てきちゃうしとが居るというのは殆んど事故か犯罪のようなものだと良く解る。小中学生でもマセてるやつならもう少し世の中の理を筋道立てて話すと思うがとても本人が理解してないと思われる上っ面の弁を聞くのはつらいものがある。衆愚というのはまさにこういったことだ。並みの体力の持ち主、まぁ拙者のような人間が国体やオリンピックに参戦するようなもので知識というよりまるで知力に欠けていることが見受けられる。

web拍手拍手 履歴





 
2010年03月07日(日) No.3232 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

やったぁ〜♪


click

 夜中にごそごそと海水槽の掃除なんぞをしながらサイトのウエルカム・ページのごみ取りなんぞもしていると、案の定弟が顔を出し昨日の紀伊長島の磯の様子をあれこれ説明してくれた。風は予報にたがわず弱かったらしいが波が高く狙った磯には上がれなかったという。そして二か所ほど漁港を回ったが木っ端グレとフグの大群で思うような釣りにはならなかったという。やはりこの時期の海水温では釣り場所が限られるなぁと改めて思う。


click

 帰った後、再び水槽の手入れ、掃除やフィルターの交換、ついでにちょっとだけ模様替えなど、合間にキーボードに向かいホームページの間違い探し、そして明け方の8時過ぎか、苦節36時間の苦闘の末にやっとW3Cバリデーション完了、晴れてリンク・バナーを貼ることが叶ったのだ、嬉しいね。


click

 水槽のほうも生物ろ過フィルターが順調なせいか透明度が一段と増し見ていると気持ちが晴れ晴れする。四日目になるカサゴがなんともイイ感じで鎮座しておりこれぞ実体のある仮想空間ではないかとアホなことを思ったり、埒もない。
STOP

web拍手拍手 履歴




2010年03月06日(土) No.3231 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

珍しい事。


 8時就寝、12時起床。予報通りに良く晴れ上がった暖かな日になっている。

 昨日来、一大決心をし、ホーム・ページの構文を全てインターネットの共通規格でもあるW3Cバリデーションに合致させてみようという目論見なのだが、一から作った方が良いのではないかと思えるほど難航しているのだ。

 サイトのトップページなど当初、にぎやかでスーパーのチラシみたいとオホメに与かったくらいのものだが、がちゃがちゃとつぎはぎしていたせいでエラーの数も300以上だったものを20時間近くかけて、やっと残り40個くらいにまで減ってきたところだ。

 キーボードとにらめっこしていた夜中の3時頃か、弟が来て良い天気になりそうだから紀伊長島の赤岩の磯に行こうよというのを、なんと天気予報の風速ははずれそうだからイカナイと珍しく断る。

 お昼頃に釣れてるかなぁと電話を入れてみるとこれから始めるんだといっていたが、遅く出たようだ。こっちもあまりの天気の良さゆえ、そうだマリーナ堤防の先まで散歩がてらボラの風船釣りでもしてこようかと、さてっ・・STOP


【インターネットでの立ち居振る舞い、あはっ】

 W3C推奨基準にはブラウザ固有の機能はペケとなるのでMS-IE独自のmarqueeやimagemagicはいけないのだが、marqueeなどはかなりのブラウザが対応していると知った。「BrowzerShot.org」というサイトで四大OS上の合計66ものブラウザで表示した結果を示してくれるので今回は良い機会なのでどこまでアクセシビリティを向上出来るかチャレンジだ。
 ついでといっては何だが、お気に入りのサーバーソフト「BlackJumboDog」の新バージョンと旧バージョンでの比較も興味本位でやっている。それがドウシタという世界ではあるが面白いんだからしょうがないやね。

 夜、メールあってやはり今日の紀伊長島の磯は天気晴朗なれど春の風強く難儀したようだった。拙者はというと出かけるつもりがついグダグダと楽な方に傾き小空間で世界を夢見る、また大きな地震があったようだが怖いなぁ。


STOP

【新旧サーバーソフトBJDの比較】

 全く新たに作られている新バージョンは未だ正規版前のベータ版で作者は気の遠くなるほどの検証の数々を日々おこなっていると想像するも、利用するこちとらは呑気に見てるだけしかないのだが、トラブルは別にしてもサクサクすいすいと走らなくてはやはり具合が良くない。特に複数のリモートホストからの同時接続の際のperlとの連携が渋滞してしまうのが気になるが追々改善されるとこれはこれで楽しみなことだ。

click

 強風下の3日の吉津漁港から持ち帰ったカサゴ、こちらではガシラと呼ぶ根魚だが三日目にしてようやく落ち着き保護色も鮮やかに底にじっとしている。こうして見るとその胸鰭はまるで動物の足と同じように体を支えていると判る。しかしこのガシラ、針を飲み込んだのを無理に外さず糸だけ切って持ち帰ったのだが最初の一日はその影響かエラの周辺の色が白化していたのがすっかり回復しているので驚いた。

web拍手拍手 履歴




2010年03月05日(金) No.3230 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

つまらない時は・・・


 今朝は8時起床、どんよりとした曇り空に連動するかのように気持ちが奮い立たないね。フロアに広げた浮きの手入れをと始めるもあまり気が乗らない。ひとつには工作に使う材料と塗料が払底していることもある。いずれもガラクタとして処分しちまっているせいだ。

 近頃はさっぱり映画やDVD、音楽などに目が向かないのはどうしたことかなぁと不思議に思う。オリンピックなども何の感慨もなかったのだがこれはニッポン国民として拙いなと感じるも、期待していた民主党がチープな労働者集団の教員組合なんぞとつるんでいる矮小な政治と無縁じゃない。誇りが持てないもの。

 ブログ・スクリプトの不具合を調べ始めるもすぐ眠くなってしまう根性の無さ、今日は長い一日になりそうだ。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月04日(木) No.3225 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

風に吹かれて。


 今朝は4:30起床、買い物がてら舎弟のお店へ陣中見舞い、すると明日から雨だし今日は晴れるから釣りに行こうよと、まぁホントに好きなんだなぁ。予報では北西のち南東の風3mとあったので大丈夫だろうということで、早速取って返し支度をして待つ。6時過ぎには早々とやってきて即出発だ。電話で予約しておいた玉城インター側の餌屋さんで餌を調達、並んで大量の撒き餌や餌を購入していた釣り人はさっぱ舟の持ち主で17杯目だといっていたがボート釣りマニアらしく乗せてくれると誘ってくれたがまた今度と言って分かれる。度し難いマニアは我々だけではないようだ。

click

 到着した神前湾・吉津漁港はやはり風が強めだったが今日の仕掛けは使い慣れた0.8号中錘を抱かせたお気に入りの棒浮きで最初からヒトヒロの浅いタナで湧きあがる木っ端グレの群れに狙いを絞ったところ立て続けに良型のグレやチヌ、タナゴが掛ってきてこりゃぁ漁獲制限しなくちゃと思っていたところ風が強くなるとともに湧きが急に無くなり当たりもさっぱり、餌も取られなくなってしまった。18尺の長竿の弟は強風に耐えられず一寝入りするよと言うのでじゃぁ仕舞にして風裏に移動しようと久しぶりに贄浦漁港に行く。

 昼寝する弟を置いて拙者だけ早速釣り開始、ここでもすぐに数枚のグレを掛けたところでやはり風が気になりもうひとつ面白味がない。一休みの後の弟が釣り始める頃には一段と風が強くなりグレの群れもどこかへ行ってしまったようなのでお仕舞いにしたがそれでも午後3時近くになっていた。

 良く晴れてはいたがこの強風下、揃いもそろって良くやるもんだと互いに自嘲、これは趣味なんて上等なもんじゃぁないなと意見が一致したのであったSTOP


【BJD5-a19テストランニング】

click

 帰宅後走らせていたサーバーソフトの最新バージョンBJD5-a19に見慣れないアラートウインドウが表示されていた。「トレース・エラーの詳細」で詳細のテキストをコピー&ペーストしようとして失敗、詳細は分からずじまいだったのが残念。しかしサーバーは順調に走っていた。なにかimageデータがどうのこうのというような内容だったようにも思うのだが。

しかし、0:15〜22:45の間の2.4MBになるログデータでエラーが一行のみ、それもgoogle-robotが存在しないcgiのURIをリクエストしたものだった。

 ただ頭の痛いことに48種に及ぶ各種OSとブラウザでのアクセシビリティが軒並みペケになっていること、これは多分にサイトコンテンツの不備が原因なのが明らかなのでなんとかしなくちゃと、雨の日が多いことを願うしかない。
STOP


【断る】
 先日来、依頼を受けていたjob、どうにも予算案が折り合わない。目新しい内容でもないし会社員でもなきゃ無理に引き受ける筋合いの事じゃないとキッパリ断る。文科省がらみの仕事で、その予算でやって誰が潤うのかと考えるとさすがにアホらしさが先に立つのだが、おもえばそんなことを面白おかしくやっていた昔が懐かしくも愛おしく感じられる。

web拍手拍手 履歴




 
2010年03月03日(水) No.3224 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

起きられなかった・・・


 連日の釣行はややオーバー・ワークだったか、今朝は早朝に深夜勤務している舎弟の陣中見舞いがてら買い物をもと思ってアラームを4:30にセットしておいたのだが、それを握りしめたまま結局昼過ぎの午後1時まで寝ていたのだ。

 遊び疲れゆえ過労とは言い難いが、身の程知らずの暴走にはちがいないやね。

click

 天候回復まではダラ〜っとしてようと眺める我が海、海水槽は数日前に入ったチヌが落ち着いて見受けられ、なんともイイ感じだ。槽内の海水も透明度が回復して実に綺麗なのが一層気分良い。

 ニュー・バージョンのサーバーソフト「BJD5-a18」がやはりなんかの拍子にハングアップしてしまう。原因を探るもなかなかに手強いものがありフリーズ直前のリクエストURIを再起動後に送ってみるが再現できない。

 Ver4で似た症状の時にはPerlが幾重にも起動しっぱなしでという事があったがタスクマネージャーで見る限りそんな様子もない。デスクトップとの対話が出来なくなっているということはやはりOSとの相性になるのかなぁ。

 CGIのFile-Upモジュールもbjd5では不調で記事のアップも出来ない。とりあえず旧バージョンにしての更新。これも新BJD5とWindows7の相性かなぁ。
STOP

【怒涛の更新】
はやくもBJD5の改訂バージョンa19版がアップされていた。ぐふふ、さっそくインストールして17:15から試験稼働。ホストネームの逆引きが実装されているのとログにresponseも出るようになっている。コンソール画面が更新毎に最前面に出てしまうのは好きじゃないな。
「インデックスが例外の境界外です」というエラーの「例外」の内容が提示されていてこれは参考になる。

 ひとしきり問題のCGIスクリプトを読み直して、うふふっ、見つかったのだ、コピペで追加したサブルーチンに記述漏れがあったのだ。イージーミスだな、これは。

 残るはブログの画像アップの不具合だ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月02日(火) No.3223 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

BJD5-au試験。


記事をアップしてみた。
2010年03月01日(月) No.3222 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

BJD5-a18、画像アップ試験。


BJD5-a18での画像アップ、通常のimgタグで・・・

sakura
2010年03月01日(月) No.3221 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

BJD5-a17、画像アップ試験。


BJD5-a17での画像アップ、通常のimgタグで・・・

sakura

2010年03月01日(月) No.3220 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

敢えて言ってみよう。


 今朝は4:30起床、昨夜弟からどうにも消化不良の感じなので仕切り直して今日もどうかと連絡あり、天気図と予報から風も弱そうなのでイイよと返事し5:15に迎えに行く。あんな津波騒ぎの後だってぇのに余人には多分想像出来ぬ行動だろうなと思いつつ一路神前湾は吉津漁港を目指す。

 カーラジオで聞くニュースはやはり昨日の津波騒動が大半を占めるも、誰も指弾しない「大津波警報」は誤報だったろうという事実で、国民の皆さんは来なくて良かったと安堵するのだが、3m以上が想定される場合に出す警報ということでは「誤報」だろう、気象庁の謝罪のひとつもあってしかるべきなのにシレッとして予報は難しいなどと無駄に碌を食むことを恥じる様子もない。官の堕落が実に不愉快で、責任のかけらも感じられぬ。津波の高さの記録グラフを示して幼児に説明するがごとくが専門家と言えようかと、長年何を研究してるんだと情けなく思う。信賞必罰のない組織に安住する専門家はそのうち重大な過失を犯すだろうね。

 帰宅後、報道で避難勧告に従って退避所に移ったしとが6%だったという。そして住民の危険意識が希薄で問題だなんていう奴もいたが、発生から十数時間後に起きる現象をシュミレーション出来ないというほうが余程真剣味に欠けるというものだ。そりゃぁ安全サイドに警報出してりゃ無難だろうがチリの太平洋岸で巨大地震が発生となりゃ日本の沿岸住民は予報などなくたってピリピリするに決まっている、住民はそれほどバカじゃないよ。

 そんな予報はともかく、この自然災害の威力は抗いようもなく、今日の南伊勢の海でも、昨日あれだけ津波に備えたというのに真珠だなや養殖生簀に被害が続出、あれが実際に3m近い津波だったらどれだけの被害になったかと思うとさすがゾッとする。 STOP
【BJD5-a18不調】
 今朝方出しなにふと思い立ち、ニューバージョンのサーバーソフト「BJD-a18」を試しにXP互換モードで立ち上げ様子を見ることにして、お昼頃に携帯auのフルブラウザoperaで書き込みを試みたところオフラインとなり閲覧不能に、帰ってきてログを見るとやはりperlの多重起動が原因と思われる「メモリー不足」のエラーが出ていて通信が滞っている。しかしサーバーソフトがハングアップしている様子は無く、明日はとことん調べてやろうと闘志を燃やす。STOP
【そして肝心の釣りの記事】

click

 吉津港には珍しいベタ凪の一日、湧きあがる多彩な小魚に気分は高まるも、次々と付け換える仕掛けがもうひとつ納得できない。そして良く良く海中のグレの就餌動作を見ていると仕掛けの錘や浮きの色、浮き止めなどの目立つものがあると餌針の近くまで来て反転することが如実に判った。早速浮きから下に目立つ色物を一切無くしたところ、一投毎に必ず当たりが出る。ははぁ〜、この時期はこれだなと納得、湘南の海でやっていたボラの浮き釣りなんかと同じだ、カラフルなシモリ浮きやビーズ玉、浮き止めは釣りたくない時に使うものだ、あはは。グレがもっとも警戒するのは赤、次に黄色、そして白。やっぱ魚もバカじゃない、レインコートの赤もまずかったなぁ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月01日(月) No.3219 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen