LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


ついに大晦日。


 一年最後の日は結局一睡もせずに朝を迎えてしまった。昨日遅くまで寝ていたせいでちっとも眠くならずあれやこれやと、なんだろうね、このランダム加減。光熱費がかさむわけだ。
今年の元旦は初めてこの三重県津市で過ごしたのだとブログを読み返してなんとも感無量、怒涛のような365日間ではあった。その記事で一年の抱負の様な事を五つほど書いてあったが、なんのこたぁない、ほぼ全滅であった。実にいい加減なことを書いたわけだが残念とも思わないのがスゴイことで、ブログならばこそだ。

click
♪〜額縁は「出羽ママ」さんのを拝借。

 古い写真の整理とデジタル化をしていて出てきた子供の頃に毎年決まって撮っていたお正月の家族写真、この歳になるとさすがに思い出深く感じること大だ。最前列のちっちゃな二人が半世紀以上も経って同じように遊んでいるというのが面白くてしょうがない。両親はとうの昔におらぬが6人兄弟姉妹が皆元気というのも幸せで面白い。やんごとなきお方が在位20周年記念のスピーチで高齢化が問題でない世の中にと諭されたように生きながらえる事こそ肝心だが、どう生きるかってぇのは大変な問題だよなぁ。

 ちっとも実現出来なかった拙者の抱負にくらべりゃ、新政権は立派なもんだと思うことしきりだがショウムナイ疑惑があれこれ取りざたされて厭にならなきゃいいけどね。

 ともあれ、この一年、書き散らかしの拙ブログにこられた方やコメントくださった心優しきブロガーの皆様には伏して御礼申し上げます、ありがとうございました。

STOP

web拍手_履歴



2009年12月31日(木) No.3077 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

ようやく・・・


 夕べは良く休めて今朝10時過ぎまで寝ていたが起きたとたんに俄然アクティブになり、今年最後の買い物に出かけるべく購入品のメモなどとる。そして部屋の掃除と取り掛かったもののそれほど汚くないしとテキトーに誤魔化す。模様替えのアイデアが頭に浮かび買い物リストに追加したりしているうちにあっという間に夕方になってしまった。

 今年一年、使うにいいだけ使った車の洗車(かぶっているかな)をと、急いでいつものスタンドに行き、拙者にしては比較的念入りに洗った、といっても自動洗車のちょっとだけグレードの高いやつにしただけだが、マットなどは剥がして洗わなくちゃならないから面倒だ。その頃から小雨模様になってきたが頭の中が釣りモードじゃないときは天気予報もあまり見ないのだ。

 いやはや、なんだかんだ言ってもやはり拙者は日本人だ、お正月がくるからとまぁ派手に買い込んだものだ。ホームセンターで工作用の材料だの塗料だの、大型スーパーではおせち料理を一通り作ってみようとメモを片手にカゴが三つになるほど買い込んだ。延々と3時間近くも買い物をしていたようで帰宅したのはもう10時を回っていた。家に運び入れて伝票を見ると合計74品目、改めて正気の沙汰じゃないような気がしたが、まぁ年に一回、GDPに貢献だぁ〜とひとりごち。

 しかし料理の仕込みはさておいて、買ってきたDIYの部品を広げて工作にかかりっきり、あっという間に夜中の3時だ、ホントにおせちなんかできるのかなぁ。STOP


web拍手_履歴



2009年12月30日(水) No.3076 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

この一年。


 今朝も5時と早起き、というより断続的な睡眠でのことで決して褒められた事ではないのだが洗顔して髭を剃ったら起床ということに決めようなどと思いつつ起床。7時頃から良い天気となったが外はサムイ。午前中はもっぱら水槽の浮遊物除去装置の細工にウツツを抜かすも、何を勘違いしたか木工用ボンドを使ってしまい、幸い水洗いの段階で気が付いたので魚に被害は及ばなかった。で、いちから作り直しだ。

 年末ゆえTV放送各局で特別番組を組んでいて、今日はBGMがわりに聞いていたのだが今年お亡くなりになった方々の名前と享年を聞きずい分若くしてという方の多いことに驚く。有名人・著名人と市井の民じゃぁ平均寿命が違うんじゃないかと思うほどだ。亡くなるというのは幸せな出来事ではないが不慮のそれでないかぎり不幸というには当たらない、ただ悲しい出来事には間違いないやね。

 大晦日には東京から息子が来るというので、この好天ゆえ寝具の日干しなんぞを。旅行のついでに寄るらしいが4ヶ月ぶりだなぁ〜♪。

 午後から青空に誘われるように外出を決心、ヨット・ハーバーにちょっとだけ寄ってから買い物をと出かけた。三重つり餌センターで石ゴカイを買ってからマリーナの船着場で竿を出すも、もはや魚の反応はピクリともない。この水温じゃ無理もないとあきらめ、大型家電店と隣接する100円ショップであれやこれやと2時間近くも無駄使いをしてしまう。せっかくガラクタが半減したというのにこの調子じゃ元の木阿弥だ。

 結局、それでくたびれてしまい、正月用の買い物は明日にしようと帰ってきたのだが途中、弟からタラバ蟹がたくさん手に入ったから夕食に来ないかとのお誘いがあったものの、とても蟹を食う気にはなれず断ってしまったがもったいない事をしたもんだ。蟹は大好きなのだが美味しいだけに気力が要るのだ、あはは。

 一休みの後、大量に買い込んだフォト・フレームに写真をセットして遊ぶ。古い写真が綺麗なフレームに納まると印象が俄然良くなる。インテリアにそれほど関心はないが飾り方ひとつでもっと良い感じになるなぁと写真の置場所をあれこれ考え始める。

 注文したWindows7マシンは年明けの7日以降になりそうだが正月だからショウガナイ。STOP
【思えば】
 一年と一週間前にこの地にふらりと遊びに来たのが事の始まり、それから8回も神奈川から通って7月末に移住を決め8月末には引っ越してきたのだがこんなにあっさり移ってくるなんてのはつくづく風来坊の気があるのだろうと得心したのだが理由がいかにも軽いものだ。しかし日本全国、過疎でどうのこうの言っている市町村は激増する都会の年金生活者を惹きつける工夫をすりゃいいのにと思わずにはおれないが、まぁいいか。

【子供を社会全体で育てるのだという理念】
 なにげなく、あぁそうだよな、近未来の国家はそうあるべきかも知れないと思っていたが、ふと疑問が出てきている。それは人類の生態としてホントに善いことなのかなぁということなのだが、古来閉鎖的なコミューン・共同体などで実践されてもきた有り様で下手すると半世紀後にはとんでもないことになる可能性がある。
 先進のヨーロッパなどで教育費を国が賄っているというのも良く研究したほうがいいな。我が国の場合でいうとそれでなくとも増大した無責任でペケな親の割合が多くなるだけかも知れない。鳩山さんはパチンコ屋や賭博場などに入ったことあるのかなぁ。

web拍手_履歴



2009年12月29日(火) No.3071 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

無題。


 今朝は4時に目覚め寝転がったまま新たに導入するWindows7について下調べ、オンラインでドライバ類の互換性チェックが出来るのがいい。幸いあらかたの周辺機器も使えそうなので一安心、到着が待ち遠しい。

 そのさなか、昨日に続いて今朝も舎弟が顔を出し一緒に珈琲をいただく。話は司馬遼太郎さんのことになり熱っぽくも面白おかしく話すのをもっぱら聞き役にまわって過ごす、よほど好きなんだと感じさせる。その後この年末年始の予定を確認して大晦日の夜中に訪問することに。

 気圧配置が変わって雨雲が近づいているしなぁと今日もイン・ドアーに徹することにしてのあれこれ、退屈な感じはしなかったが日によって違うもんだ。買い出しも明日にしよっと。STOP


web拍手_履歴



2009年12月28日(月) No.3070 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

いよいよ差し迫ってるけど。


 今朝は5時過ぎには目覚めたものの寝床から出る気にならず読みかけの活字なんぞを追いかけていたところ、何日かぶりで舎弟が顔を出したので起き出して珈琲を、休みじゃなかったのと尋ねると年末警戒を兼ねて深夜の見回りだったという。それはご苦労なこってと、まぁ商売柄しょうがないな。

 話題はやはり昨夜のTV番組の「大間のマグロ漁」、共通する興味の対象があると同感する事と異なる感想があってけっこう話が熱くなる。

 商売の関係で年末年始の釣行は難しいと言っていたから釣り納めは単独釣行にするよといって送り出した後、さてっ、っと思ったのに寒さを思うと出かける気にならない。今日は止めと決めグータラに徹することにする。しかしそろそろ買出しにも出かけなくちゃと思うもまだ四日もあるさと呑気な自分に感心する。

 今日は久しぶりに退屈な一日ではあったが、考えてもみりゃ年がら年中アクセク遊びまわるのも馬鹿げていると思えばこんな日もあっていい。そして冷蔵庫にあったゴボウを見て思い立ち、「きんぴらゴボウ」を作る事にした。もうレシピなど見ずに適当な造り方をするのだが、横着してスライサーで削いだゴボウにしたところやはり火が通り過ぎて柔らか過ぎるものになったことと、先月帰省の折なぜかお土産に頂いた七味唐辛子を入れすぎて驚きの辛さになってしまったのだが、それでもなかなか美味しく戴ける口直しの一品にはなったのだ、あはは。

 海水槽のたんぱく質分離装置を作動させているので海水の減少が早い。今日は薄めの人口海水を4リットルだけ追加する。ついでに水中溶融酸素濃度について勉強するもやはり化学の事は苦手意識が先行して理解が及ばないのが残念。

 日曜日とあって、夜、NHKドラマ「坂の上の雲」をと横になって観るも、直に寝てしまい2時間ほどして目覚め、衛星放送での放映を拝見するも特別な感想もない。STOP


web拍手_履歴





 
2009年12月27日(日) No.3069 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

今日も・・・。


 今朝は7時起床、穏やかな天気で海辺にでもと一瞬考えるも、サムイしなぁと止めにして明るくした室内でもっぱら音楽と水槽のあれこれ。合い間に海水槽についての知識収集と関連サイトめぐりだ。そのテクノロジーに関してだが、子供の頃に苦手だった化学・ケミストリーはやはり未だに苦手なままだ。初歩の段階で暗記ばかりというのが好きになれなかった原因だと思っている。逆に水流とか圧力なんかについては実践して学んだことが幸いして、この遊びに活かせるのが面白い。なんといっても失敗しても回りに迷惑かけるという心配が無いのがいい。

 改良した海水のたんぱく質除去装置は自動排出式で手を濡らさずに溜まった汚水を捨てられる。チューブを張り巡らしたそれは廃水の動きが見られて面白い。

 今日は断念したものの今年一年の釣り納めをと考え行き先を見繕うものの、やはり南伊勢方面かなぁと思い、予報を観察したところ明日か明後日が良いということで準備万端、あとは朝の気分しだいだ。

 この11月には14回、今月はあと一回でかけると10回の釣行となる。
STOP


【大間のマグロ漁】
 年末恒例のようになった大間のマグロの一本釣りを追うドキュメンタリー番組、昔から大好きな番組でファンも多いようだ。なぜか演歌調子なのはともかく、映像には多少の演技ややらせがあるとしても命がけの一本勝負には違いない。漁師連中は仲間でもありライバル同士でもあって釣果にあからさまに差が出てしまうのだが働くということの根源を観る思いがして切ないね。この格差がある限り切磋琢磨という行いが続くのだろうな。
STOP
【くだらな過ぎる】
 深夜のNHKテレビ放送の討論番組、まぁ人選もさることながらコメンティターの話のつまらないこと、唖然とする。創造的、建設的な話をこれだけ出来ないという方々の話を流す意図は何かと勘ぐってしまうくらい当たり障りのない番組で瑣末なことに終始している。肝心なのはふざけた独立法人や公益法人の廃止で、本来ならばそこに巣食っていた数万、数十万人の不労所得者の雇用問題を議論すべきだろうに、どう聞いてもそれから目をそらそうとしているようだ。ましてや民間企業の心配なんぞ出来るタマじゃぁない。
 それと聴取者へのアンケートの設問の拙さにはナサケナイとしか言いようもない。あきれたという回答もあったりしているが公共電波の無駄使いだという回答が多数だとちっとは考えるかもね。

 しかしこんな番組に毒づいて憂さ晴らししてるなんて拙者がもっとナサケナイなと書いてから気が付いた、とほほ。

web拍手_履歴



2009年12月26日(土) No.3068 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

停滞期。


 このところ、篭もりがちのせいか食っちゃ寝食っちゃねの日々の感じなのだが以前のように焦るような気持ちにはならないというのは進歩なのか退歩なのかは知ったこっちゃない。今日はクリスマス、といってもいろいろな光景を見てそれをいいなぁと感じるだけ、おそらくこの年末年始も特別には盛りあがることもないだろうなぁと思う事しきりである。それともお節料理なんかにチャレンジして無理やり参加するのも一興かな。

 今朝は7時前に起床するもジャズを延々と掛けながらTVも点けっぱなし、水槽のメジナの群れを目の前に珍しく活字を読む一日、断続的に横になって居眠りするとあっという間に時間が過ぎる。

 メール・チェックでDELL社の案内メールでWindows7マシンのお勧めがあり、つい衝動買いをしてしまったが、アプリケーション・ソフトは何も付けていないので届いたあと、あれこれインストールが大変だと思いながらも、まぁ好きなんだろうな。

 夜、眠いのを我慢して衛星放送の映画「ラスト・エンペラー」を全編観る。何度か観ているがやはり冗長な作品だという印象に変わりない。観るしとに何を感じてほしいのかさっぱり判らないのが感心しないのだ。STOP


web拍手_履歴



2009年12月25日(金) No.3065 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

イブ。


 今朝は夜中2時頃に一度起きて、改良したプロテイン・スキマーのセットをした後もう一度寝て9時起床、薄日さす穏やかな天気でTVを点けるとクリスマス一色、そうだ今日はイブだなぁと一番好きなクリスマス・ソングのアンケートなど見聞きしながら改めて好いもんだと思っている。大勢でも二人っきりでも一人でも、なんとなくほわっとした感じのする行事だ。其々に好きなようにコーディネイト出来るのがいいのだろうな。

 そして拙者も大好きな山下達郎さんの「クリスマス・イブ」、今だにこの時期になるとCDの売り上げが増大するという、ホントに良い曲だ。

click

 先日の紀伊長島漁港の港祭りで仕入れて貰ったビン長マグロのアラ、塩を振って一晩冷蔵庫に置いていたものを昨夜オーブンで焼いて食した。身をたくさん付けてくれていた事もあって食べ応えのある一品だったが、完食後に写真を撮った。これで潮汁を造ると絶品になると聞いていたがこれだけ綺麗に骨だけになったんじゃぁダメだろうね。
 一緒に写っている即席の味噌汁、今年5月に三重県に遊びに来た時お土産に頂いたもので、美味しくて愉快な商品だったので見つけたら買おうと思っていたのだがなかなか見つからず、義妹に頼んでいたところ今回入手してくれていた。パッケージ・デザインも派手で如何にもという感じなのだが、なんといっても味噌とアオサと蟹エキスのパウダーが分包されており、そのうちの味噌が市販のマルコメ製のインスタント味噌汁というのが愉快なのだ。優れたものは躊躇なく利用するというのはイイ。
STOP
【JAVAアプレット】




























































Please download Java(tm)








♪〜マル・ウオルドロンのLeft Aloneを聴きながら。。


 穏やかな心持の午後のひととき、拙ブログのイブを検索してみたところ数年前にこんなピースをアップしてあった。今の環境でも表示されるのかなぁと思い再掲。そういえば最近のIT事情をまったくといってよいほど知らないのだが進化してるんだろうなぁ。

 近頃ニュースで見る各地方での郵便事業についての政府主催の公聴会もどき、ありゃいけないなぁ。少数意見を聞くことは大事だが弛みきった制度を悪用するずるいしとが喜ぶだけだと嫌な事を思い出してしまった。

なにはともあれ、
♪〜Have Yourself A Merry Little Christmas !!



web拍手_履歴



2009年12月24日(木) No.3060 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

牡蠣の網焼き。


click
♪〜もみじオロシ。

 今朝は5時に一度目覚めるも二度寝してちゃんと起きたのは11時過ぎだ、良く寝るね。海水槽のプロテイン・スキマーの改良案が固まったので工作に掛かろうかと思いながらも昨日の紀伊長島・港祭りで義妹が入手してきていて分けて貰った殻付きの生牡蠣3個を網焼きにしてやろうとチャレンジ。パチパチと殻が飛ぶので屋内ではなかなか難しいのだが、そこは食い意地の張った拙者ゆえ鍋のフタを盾に万一を考え眼鏡も掛けてガスコンロに掛ける。焼き網が見あたらなないのでオーブンの金網を敷いて焼く。

 事前に舎弟から教わった紅葉オロシを半信半疑で作ってみたのだが、なんとかそれらしく出来たのだが使った鷹の爪は冷蔵庫にあった何時のものか判らない栃木産の一品。これを大根に突き刺しておろしがねでオロシタのだが、その辛さは大変なものだった。

click
♪〜いい香り。

 コンロにかけた牡蠣は派手な音を出してはじけ、鍋フタの盾を構えていて良かった。じゅくじゅくと貝汁が煮立つも想像していたように殻が開かない。こりゃまずいと一度火を止め貝を工具を使って開き、醤油を数滴たらして焼きなおす、あはっ、いい匂いがすると大喜び。牡蠣の網焼きの場合先に殻を開いておくほうが良いらしい。今回は焼きあがるというより殻が閉じたままうまい具合に蒸しあがった状態で程よい出来上がりだったのは幸いだった。熱々にもみじオロシをちょこっと乗せていただいたそれは、もちろんバカウマ。

 なんといってもここ2年位のにわか調理人ゆえ知らないことばかりでへぇ〜と言うことが多く、長年料理している方々にとっては常識のようなことを知らないのだから滑稽でさえあるが、それが面白い。STOP


web拍手_履歴



2009年12月23日(水) No.3059 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

紀伊長島、港祭り。


click

 今朝は5時起床、約束していた紀伊長島漁港での年末恒例のテント市「伊勢海老もってき」で旨いものを買ってやろうという弟夫婦と一緒に出かけた。

 好い天気だったが今日も寒い、伊勢道終点の大内山インター付近では氷点下2度という外気温、港に着いた時でようやくプラス2度までにしかなっていない。拙者は買い物に興味ないので特売のビンチョウマグロとツバスと温洲みかんだけ一緒に買ってもらうことにして、開場前のテント市の横の防波堤付近に車を停め、釣り道具一式を降ろして一人釣りに向かう。

 防寒服を3枚も重ね着しての釣りはウミタナゴと子メジナだったが、なんとか水槽で長持ちさせようと返しのない釣り針で魚を傷めないように確保することに専念、30尾くらい活かしバケツに入れたものから出来るだけ小さいものを4尾だけ持ち帰ることにしてあとは放流、丁度イベントから弟夫婦が戻ってきた昼頃に仕舞いにして帰ってきた。

click
♪〜ニギヤカニなった海水槽。

 釣りをしながらテント市に続々と大型バスが到着する様子が会場からの拡声器のアナウンスで聞き取れる。なかなかの盛況のようだったが、弟夫婦は開場一番乗りだったらしく、ビンチョウマグロの一番いいところを買えたという。 そして今日はそれとブリの幼魚であるツバスで寿司を握るから夕食に来てよと嬉しいお誘いだったので一度帰宅して水槽の手入れのあと出向く。

 あはは、旨かったねぇ、そして拙者用に切り分けてくれていたマグロのブロックとアラを貰って気分良く帰ってきた。
STOP


web拍手_履歴



2009年12月22日(火) No.3058 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

おっかしいなぁ。


 今朝はなんと起きたのがお昼の12時、昨夜冷え切った身体を温めようと浸かった長風呂のせいか10時間以上も寝ていた。今日も寒そうだし外出はしないと決め、お昼に食べた茹でたブロッコリー、おっかしいなぁ、ちっとも美味しくない。あちこちのお宅でたまに頂く食事の時や以前食卓に出ていた時のとはなんか違う。一月ほど前に買ってから日数の経ったものを茹でて吐き出すほど拙かったので今回は買ってきてすぐに茹でたのに、なんでこんなに拙いのか、素材が悪いのか茹で方に問題があるのか、にわかシェフの悩みは尽きない。STOP
 デンマーク・コペンハーゲンで開催されていたCOP15国際会議が終わり、その結果はトホホとしか言いようもないのだが、この地球温暖化に向かっている今、開発途上国と括られる100以上の国が規制などまっぴら御免と言ってるのだからしょうがない。まぁ多少決定的瞬間が早まる位でいづれは抜き差しならぬ状況となり、しかし楽観的には地球上の人口が半減してなんとかやって行けるのだろうと拙者としてはまるで重要事項からはずれてしまっている。

 しかしながらchinaの勝ち誇ったような言い分には幻滅を感じてしまった。ここは一つ大中国の意見を取り入れ我が国もせいぜいCO2排出に励むのも好いかも知れない。こんな物言いはいけないとは思うが劣等民族なんて言葉が頭をよぎってしまった。地球上の人口増加が先進諸国の文明開化の賜物だとするなら今の人類の繁栄は単にそれによるものだ。もちろん原子爆弾とか遺伝子組替え技術などあっという間に人類滅亡につながる危ういものも作り出してしまっているのは承知の上だが、少なくとも2000年以上もなんの進化をしてこなかった民族国家が地球のありようを案ずるなんてのは滑稽な話でもある。

 ドキュメンタリーなどで観る未開の文明生活は興味に対象とはなるが、けっしてそう在りたいなどとは思わないね。スロー・ライフなんてのも文明人ならではの酔狂で皆があれじゃぁ暖も取れない。しとは全て平等という事に異議はないが同等じゃぁ決してないのだ。それにしてもオバマさんてぇ人は誠実で高潔に見えるなぁ。何世代にも渡る教育の継続と蓄積がああいった人間性を生み出すのかも知れない。


web拍手_履歴



2009年12月21日(月) No.3057 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

とんだ苦行。


click
♪〜戯れに仕掛けた梁網に入った蟹。

 今朝は4時起床、これ幸いと南伊勢町・吉津漁港に単独釣行した。まだ暗いうちに到着したが日の出を待ってお気に入りの場所に陣取る。良く晴れ風も予報通り北西の微風で期待が高まるも如何せん・・・サムイ。えぇ〜、4℃しかないのだ。たしか猛烈な寒気団が列島に降りてきていて日本海側が大荒れとは聞いていたが熊野灘がこんなに冷えることがあるとは驚いた。

 防寒対策は万全のつもりだったが、手がかじかむほどの寒さとは予想もしなかった。何尾かのグレを釣ったあと堪らず車に戻り極寒用の防寒服を着たのだが上下とも5枚の重ね着というのは初めてだ。くみ上げた海水で手を暖めながら昼位まで、こんなサムイ釣りは嫌だなぁと思いながら未練たらしく釣っていた。

 途中、漁港近くのスーパーで野菜などを買い込み、昼食代わりに「たこ焼き」なんぞを食して済ます。

click

 帰宅して水槽に足したのが前回も失敗している「ウミタナゴ」。そうとうに用心して運んだのだがやはり弱っている。今回も何日持つやら心もとない。

 夜、NHKドラマ「坂の上の雲」と米国映画「インデペンデンス・デイ」を続けて視聴、坂の上の雲は芸達者な役者さんがそれぞれに明治の偉人役を演じていて、とても楽しめた。
STOP


web拍手_履歴



2009年12月20日(日) No.3056 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

チェット・ベーカー。


 今朝は5時と早起き、南伊勢方面に釣行のつもりだったがぐだぐたしているうちに出かける気が失せインドアに徹する。昨日からずぅ〜っと掛け続けている音楽、ジャズからクラシック、ラテン、ロックと様々なのだが今一番しっくりくるのはなんといってもチェット・ベーカーの何曲かだ。特に1987〜88年にかけてのヨーロッパツアーでのウイズ・ストリングスにはえもいえぬ安らぎを感じる。気負ったところがこれっぽっちもなく淡々と奏でるアドリブがあたかも広い河原なんぞでただ一人楽器を練習しているかのよう聴こえるのだ。以前にもあったことだが、このチェット・ベーカーにハマるとレコードを停めた後も延々と頭の中に彼のフレーズが流れ続け、夢か幻かというふわふわした感じの時間が過ぎる。
 
 で、ふと我に返り土曜日に放映されている釣り番組2本を観る。今日はいずれも磯のグレ釣りだったので食い入るように見たのだがあまり変わり映えもしない内容なのは残念、折角高性能の水中カメラが発達しているのだからもっとお魚の様子を観たいものだがあまり解かってしまうのもアソビとしちゃぁつまらないかも知れないな。STOP


web拍手_履歴



2009年12月19日(土) No.3055 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

あと二週間だ。


 昨夜は12時過ぎには寝て今朝は7時起床、天気は良くなりそうだがいかにもサムイ。木々のこずえが揺れているとどうも出たくない。朝食には期限切れの近づいた乳製品をあれこれ、なんか腹壊しそうと思いながら固形物はバナナ1本。大型スピーカーに接続したPCの60曲くらいのお気に入りの曲が入ったプレイリストを掛けて布団に入りなおすも11時頃には暑くて起きてしまった。陽射しが当たると室温が結構上昇する。日曜大工でカーテンを寝転がったまま開けられるようにしたのだが寝るときに陽が当たっちゃいけないな。

 おととい遭遇した農薬被害、鼻水がまだ少し出るがこのくらいのストレスはあったほうが良いかも知れぬと思い直し怒りを納める。

 今年の年末は今までにないほどゆったりした感じだ。別天地に来て今迄以上に自分だけの世界に入りつつあるせいかこれほど穏やかな心境の日々は無かったようにも思う。STOP

【一番】

click







〜回線速度〜
NTT西日本フレッツ光プレミアム。

 しょうむない事でもやはり一番だと気分がいい。これがスポーツ競技や権力闘争なんかだと何時追い落とされるかと心穏やかならざるものがあるようにも聞くが、些細なことでの一番はうっふっふとほくそ笑むただただ自己満足の材料だな。決して自分のチカラとは関係ないのに可笑しなことだ。


web拍手_履歴



2009年12月18日(金) No.3052 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

少しだけシゴト。


 夕べは夜っぴき延べ6時間近くも中国のドラマ映画を観ていた。2006年頃からのものはそれなりのスケールを持った映像とサウンド・トラックもちゃんと出来ていてなかなかに楽しめるのだ。ただ歴史上の英雄列伝的なものは我が国の作家が題材として小説化したようには深みを感じられないのが不思議なことだ。テレビドラマの限界なのかなぁ。

 7時就寝で11時起床、昨日の約束で午後から名古屋方面にちょっとした飛込みのシゴトがあり片道100kmのドライブだった。トンボ返りで帰宅したのが夜8時前、今日は早く寝て明日は釣りかな。

STOP


web拍手_履歴




2009年12月17日(木) No.3051 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

早寝早起き、その2。


 今朝は6時30分、夜勤明けの働き者の弟がサムイ寒いと言いながら顔を出したので歓迎する。夕べは早々と寝てしまったから寝起きも良いのだ。インスタントのエスプレッソなど入れて飲むも、こりゃ甘過ぎると珈琲通の彼にはあわなかったようだ。30分ほど居てそさくさと帰っていったが、そのあと昨日大量に炊き込んだご飯を冷凍用にと、小分け容器とラップで包装しながら朝食はシンプルな和食、納豆に焼き海苔、サラダと漬物はキムチを少しだけ、それにワカメの味噌汁で小さな茶碗にご飯を一杯、なんとも清々しい食事だと自己満足。

 前から頼まれていた東京に住む姪っ子の地鎮祭の時のスナップ写真、データがなかなか見つからなかったのだが今朝方ひらいたフォルダで発見、さっそくCDに焼いてやろうと久々にWindows2000マシンを立ち上げて見た。LAN環境が変わっていることやマウスが合わないなどの不具合が出て一瞬あせったのだがマウスを使わない操作方法など必死に思い出しながらなんとか操作して通信可能な状態までにしたところでもうお昼だ。曇り空に薄日が差し込んできたし海を見に行こうかと思案中、しかし寒そうだなぁ。
STOP


 いつも楽しく拝見する音楽ブログで「下手はうつる」という記事があって、つい、「ヘタ・ウイルス」という語を思い浮かべてしまったがこんなのナイ。さすがコメントは憚られたのだが、最近は「新型インフルエンザ」というのを「C型インフルエンザ」としか聴こえないのが変だ。それと頻繁に思い浮かべる「脳内環境」という言葉、こんなのもナイよなぁ。

STOP
【なんとも腹立たしいこと】
 薄日から青空が広がったのでこれでもかというほど着込んでヨット・ハーバーに出かけた。30分ほど竿を出したが風も強いし小さなメバルが一尾掛かったところで止めにして帰ってきたのだが、この寒空のなか敷地内の植栽の手入れを業者らしき方々がやっていた。エンジン音もしていたから芝生の刈り込みか雑草取りかも知れないと思いつつ家に入り換気扇を回したとたん、はげしいクシャミと鼻水の洪水、・・・やられたぁ〜とあわてて停めるもすでに外気が室内に充満したようで、9月に気がついた造園業者の農薬のせいだ。

 涙目で鼻水ぐしょぐしょ、クシャミしながらきれいな芝生なんぞ見て何が嬉しいものか、無農薬栽培だの有機農法だの世の健康志向などどこ吹く風、住宅街で農薬散布してそれを吸わされてりゃ世話ないね。昨日、粘着テープの溶剤で殺してしまった水槽のシラサエビの気持ちになってしまった、なに考えてんだか。

web拍手_履歴




2009年12月16日(水) No.3048 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

早寝早起き。


 例年ならさぁ年賀状かとなるのだが、この9月に転居通知を出したこともあり、さらには先々この半世紀の間に増えた多くの繋がりを徐々に減らしていこうという強い思いから今年は出さないと決めたことで心持せわしない感じがしない。たまに目にする年賀状が減ってサビシイと思うしととは違うようだ。

 夕べはやはり夜11時頃にやたら眠くなり今朝7時には起床、新たな日課となりつつある海水槽の手入れなんぞをしたり不要物を除去する吸引ツールの自作などして遊ぶ。外は晴れているが風が強く寒そうだ。

click

 どこかに隠れていて姿を見せていなかったハゼがやっと顔を見せてくれ元気な様子だったのが嬉しいことだった。

click

 水槽の浮遊物除去装置を粘着テープ多用して作ってしまいテストで水中に浸してじきにシラサエビが一斉に暴れ出し、何匹かは水槽から飛び出すほどの大騒ぎになってしまった。おそらく有機溶剤が溶け出したミニ公害だ。あわてて装置を取り出したが要注意だな。そのあと目にしたシラサエビの一群、何を見ているのか気がかりな光景だ。

 夜、電話で旧知のお客様からで明日午後にひょっとして電話相談したいので携帯が通じる様にしておいてほしいとの依頼、あはは、いつも繋がりますよぉ〜と、風が強いのでしばらくは遠出する気にもならないしね。STOP


web拍手_履歴



2009年12月15日(火) No.3046 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

DIYは楽しいネ。


 今朝は4時頃に暑く寝苦しくて目を覚ます。パジャマを厚手のものに変えたのがいけなかったようだ。おまけに突然左足に「こむら返り」が起き、それこそ七転八倒の痛さでまいったね。昨日、マリーナ堤防で歩き回ったのが原因かなと一瞬思ったが筋肉痛とは違う傷み方でどうも神経系のトラブルかも知れない。以前第5第6頚椎を患っているから案外そこで神経が痛めつけられているのかも知れないと素人判断、収まるのをひたすら待つ。病院行っても痛み止めが関の山、治療など望むべくもない。30分もしてようやく痛みが消えやれやれと気分直しに朝風呂に入る。シャワーは良くするが朝に風呂に入るなどめったに無いことだがふやけるほどの長風呂の後、寝直すことにして、結局ちゃんとおきたのがもう昼過ぎの2時。良く晴れているが風が強いので今日は釣りナシ、水槽関連の小細工をして遊ぶ。

 このDIY、日曜大工の類は始めると実に面白いのだ。大型のホームセンターがあれだけ増殖したのも納得できる。以前、こんなに至れり尽くせりで物が揃うとバカになるなんて暴言もはいていたのだが便利なことこの上ない。たぶんそのみちのプロの需要に答えるべく品揃えもなされているようで、まぁほしいと思うものは大概ある。

click

  今、小細工にウツツをぬかしているプロテイン・スキマーは廃品利用で材料費はほとんど掛からないというのも愉快なのだ。そして第三作目になるそれは思った以上の働きをして、30分ほどで見事に不要タンパク成分を分離して一工夫した上部貯留部に貯められた。小さな気泡にくっついて上がってきたたんぱく質成分が茶色っぽい海水で、これをスポイトで吸って廃棄するのだが2回ほどするともう茶色っぽくは無くなる。効果抜群という感じで実に気分が良い。

 気泡が弾けて周囲に塩分が付着するのが面白くないのでもうひと工夫必要だが自動排出のアイデアも固まっているので次回吸引ポンプを入手してからバージョンアップしようと夢は広がる、んなオオゲサナ。

STOP
【DIY】
 今、考えている次なるDIY、どれも実にくだらないものだが、なんか楽しそうなのだ。
・扇風機のモーターと可変周波数のインバータユニットを動力にした回転式の干物用乾燥機、これは舎弟の要望だ。
・同じく小型インバータユニットを介して小型フードプロセッサーを多目的に使うこと。やってみたいのは納豆のかき混ぜだ。
・今、乱雑に立てかけてある釣り竿用スタンド、デザインがいろいろありすぎて実現に至っていないのだ。
・カーテンの開閉装置、これは釣り糸とローラーを使ってスルスルと開け閉めしたいという横着から。高級マンションなどでは電動であるがここは高級じゃないからね。

【今日のニュースから】
 ちょっと目を離している間になにやら歴史によくあったようなやりとりが問題になっている。しかしながら化石のような小沢幹事長さんが言っていることは21世紀の日本国では正論に違いない。歯がゆいのは立派なヒトトナリの臣がまるで肝の据わっていない輩ばかりということで辞めるのが筋だ。

 悪評ふんぷんたる小沢さんの物言いは声高でいけないね、特に質問者に君は知っているかとやり返すのは近年のディベート術なんかで教える下品な話術で悪事を働く政治屋さんに共通するスタイルだ。しかしまったく責任を取らぬ役人には確かに頭にくる。上級公務員試験問題に責任とは何かというのを入れるベキだな。


web拍手_履歴




2009年12月14日(月) No.3045 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

あっという間の一週間、それとラテン・ファンクバンド。


 今朝は8時起床、4時間ほどだったが良く眠れたようで気分は上々、カーテンを全開して太陽を見たとたん掃除と洗濯をしようと早速開始、寝具の日干しまでするカイガイシサだった。水槽のプロテイン・スキマーの工作をしながら合い間合間に徹底的に掃除機を掛けたのだが引っ越して来てから2回目だからお世辞にも綺麗好きとは言えない。

 3作目になるスキマーが完成してセットしたのが丁度お昼、午後からマリーナの堤防に出かけ釣りをしたが伊勢湾の水温が15度以下とすっかり冷たくなっていてピクリとも魚の反応が無く早々に帰ってきて洗濯物を取り込む。帰りに先日食べて美味しかった中華屋さんにより「生餃子」を買って帰る、餃子を焼くのは初めてだったがレシピ通りの手順でやったところ少し型崩れしたものの店で戴いたものと同じくらい美味しかったので大満足の夕食だった。
STOP

 先日珍しいメールがあり、それはフランスのラテンファンクバンド「Setenta(セテンタ」の演奏を聴いてレビューなどサイトにアップ願えないかというもので、今までありそうであまり見かけたかった宣伝方法だなぁと思いながら聴いてみた。

 昔からラテンミュージックが嫌いじゃないということもあってサルサやレゲェなんかも大好きでリズムも然ることながら多彩な打楽器の音色に惹かれるのだ。昔ジャズにのめり込んだ頃、そのルーツを探ろうとしきりに世界中の民族音楽や呪詛・トランス音楽の類を漁ったこともあったが確かに規則正しい繰り返しのリズムは全人類に共通する快感を与えるもののようだ。

 あの武満徹さんが創った曲で一切の繰り返しを禁止したものがあったが称賛するしとも居たが拙者には退屈でつまらないものだったことなど思い出した。やはり音楽は理性や知性なんてものから離れたところになくちゃ面白みはないな。

 で、その「Setenta」、パリで誕生したラテン・バンドだというのが変わっているなぁと最初に感じた。陳腐な先入観でパリといやぁお洒落で洗練されたイメージなので民族色が色濃く出たそのサウンドを色眼鏡を掛けて聴いてしまったかのようだ。

 まだ結成されて間もないとのことだがEUとアメリカと日本で積極的にプロモーションするらしいが拙者は今だかって楽曲や演奏をしとに薦めたことがないので、イイネェ〜という感想でしかないのだがラテン音楽で一番魅力を感じるハッピーな雰囲気にやや欠けるのかなぁなどとノー天気志向の拙者は思うのだった。参照リンクはこちら、

『Apariencias』



『Sonrisa』
オフィシャル・サイト
いかがかな?

STOP

【失敗】
 日課のようにブログを書いて夕べはアップし忘れていた。なんせ釣りに加え海水槽の小細工が面白くてやたらイソガシイのだ。おまけに一台のPCを立ち上げたまま食卓の上に移動する時、ルーターからサーバー機のLANケーブルが抜けたのに気づかず、おっかしいなぁ〜と移動したXPマシンの調査をするという間抜けなことを1時間以上やっていた。

click

click

 第三作目になるプロテイン・スキマーはかなり良い出来栄えで機能的にも十分満足できる感じで嬉しい。そしてヒラメイタのは排出する除去物の自動吸引装置、ちょうど歯医者さんでの口中の唾液吸引を思い出してエアポンプとペットボトルで作ることにしたのだが、なにやら中学生の頃に戻ったかのような日々ではないかと可笑しい。


STOP


web拍手_履歴




2009年12月13日(日) No.3044 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

眠らない。


 夕べは寝そびれてしまい早朝5時にそのまま南伊勢・神前浦に向かった。昨日、弟が2連休になるというので連れ立っての釣行だったが神前浦にしては珍しく無風状態でぽかぽかと暖かい一日で、東風のせいかあまり魚の活性はなく渋い釣りとなった。それでもたまに釣れる木っ端グレを昨日買ったばかりの活かしバケツに入れて調子を見る、うん、なかなか良い。11時頃に30分ほど車中で昼寝、ドアを開け放っていたが暑いくらいの陽気だった。

 帰路、多気PAでさすがに運転を変わってもらい、帰宅したのは7時を回っていた、ネムイねむい。
STOP


click

 海水槽のプロテイン・スキマーが順調に機能しているようで水面の泡が激減している。調子に乗って今日持ち帰ったグレを入れたがやや過密気味だ。餌を良く食べるとてきめんアンモニア濃度が上昇するようで対策が必要だ。水中酸素含有量もこれだけ過密だと不安がある。しかし釣りの対象魚を真近に見るのは面白い。夜10時頃にバッタリ寝たあと夜中に起きてしまい、3個目になるスキマーの製作に取り掛かる。昨日、ペットショップで購入したリン酸除去材もセットしてみる。一緒に求めた珪酸除去材は日を置いて試してみよう。

STOP
 Vista機の不具合は11月20日頃まで戻して解決、まったくぅ〜という感じだがトラブルの原因はウインドウズのユーザー・アクセス・コントロール機能の強化で多くのアプリケーション・ソフトに影響があったようだ、何考えてるんだか・・・。
 大体がセキュリティとか個人情報なんてことを心配し過ぎ、好きなだけ持ってけと開き直って居る。確かにウイルスの温床になったり他人に操作されるのは我慢できないが不毛の戦いとはこんなことだなぁ、・・・クダラン。

web拍手_履歴



2009年12月12日(土) No.3043 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

お買い物。


click

  今朝は9時起床、かなり強い雨が降っていて、もっぱら海水槽の水質改善策をあれこれ、そして午後からアサヒネットさんからのプレゼントの商品券を使ってやろうと舎弟を誘って鈴鹿市の釣具屋・上州屋さんとホーム・センターに向かう。釣具屋さんといっても今日は魚を活かして運ぶのに少し大型で良いものをということで、最近ブームのイカ釣りで使う活きアジを入れるバケツを買ったのだ。弟がスピニング・リールなど購入しているのを見てつい拙者も壊れた物の補充とばかり陳列ケースのなかで一番小さいものを衝動買い、さらには目に留まった小型の簗カゴなんぞもバケットに入れる。その後、津のホームセンターに向かう途中、珈琲が飲みたいねと「マクドナルド」店に入ると正面に「店内禁煙」の大書き、気分わるくして次なる店「デニーズ」で喫煙席をというと、ただいま満席ですというのでじゃぁ席を広げてとイジワル言うと困ったような顔してたので退散、結局珈琲はあきらめてホーム・センターで水槽関連グッズの思いつき買い、結構な散財をしてしまったが楽しみには変えられない。

click

 朝のうちに冷凍庫から出して自然解凍しておいたグレの柵で今日は昆布を敷いた上から濃厚な醤油を数滴たらして1時間ほど漬け置き、旨い一品を作った。ご飯に良く合ってご機嫌な夕食だった。

click

 夕食後はプロテイン・スキマーと呼ばれる水槽の海水中に増えるタンパク質を除去する装置の作り直し、「じゅんごろう」さんという方の「〜海水魚の飼育・安全水槽のすすめ〜」というサイトのDIYを参考に先日一台作ったのだが、イイカゲンな造作だったのであまり効果が無くこれではいかんと作り直したのだ。
「じゅんごろう」さんのアイデアでは接着剤を一切使わない工夫がされていていいなぁと思ったのだが、上手く出来ないので粘着テープなんかでごまかして作ったのだが溶剤が魚に害を及ぼすかも知れないなぁ。そして思いつきで3本のペット・ボトルではなく4本使った形で、さらには分離させたタンパク成分を自動的に排出するようにもしたいなぁと密かな野望を抱いてしまった。


STOP


web拍手_履歴



2009年12月11日(金) No.3042 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

中華。


 今朝は8時起床、天気は晴れ、予報では夕方から雨とあったので早めにマリーナ行くつもりが結局昼になってしまった。昨日と同じポイントをゴカイ餌の脈釣りで狙ったのだがなかなか当たりがないままそれでも3時半頃にやっと20cm近い丸々としたメバルと続けて同じくらいのアイナメが釣れた。さて、どうしようか迷ったは水槽も冷凍庫も満杯気味だし捌いて食べるのも気が向かないので結局放流したのだが、ちともったいなかったなぁ。

 5時前にポツリと小雨がぱらつきだし、少し早いが夕食をとマリーナ近くの中華店に寄ったのだが、これが大当たり、餃子を食べたかったのだがここのは拙者の好みそのものの料理で津にきて100日にしてやっと3軒目の贔屓の店を得た思いだ。ラーメンと餃子の「あじへい」という店で喫煙席もあり、なんのこたぁない、とんかつの「カツ勢」の真向かいなのだ。店の入り口を入ると壁一面にちっちゃな子供の写真が張ってありアルバムも5,6冊立ててある。子供連れの家族客を大事にしているようでお味の良さも然ることながらなかなか良い感じだ。ヨット・ハーバー店とあったからチェーン店なのかなぁ、ともかくこれで時々中華にありつける。

 帰宅後、古い写真のデジタル化をなにげなくやっていてPCの異常に気がつく、頻繁にエクスプローラが止まってしまうのだ。サーバー機でやっているものだから再起動のたびに当然サイトがオフラインになる。原因を探ると今朝方のウインドウズ・アップデイトかその前の更新らしい。障害の出たアプリケーションが五つもあってどうにも面白くない。システムの復元を2回前までやってみたが直らない、メゲルなぁ〜。もうシゴトもたいしてしてないのだしエラーを繰り返すパソコンなんぞにかまけるのはつくづくアホみたいにも思えてくるというのが不思議だ。以前は確か修復なった時の達成感がなんとかなどと言っていたように思うが、このパソコンてのは使うしとも使わないしとも不愉快にさせる摩訶不思議な道具だと気がついた、あはは。

 サーバー・ソフトは直ったものの、いつも快適に利用させていただいている画像加工ソフト「JTrim」が直らないので今日は写真ナシだ、ぷんぷん。

STOP


web拍手_履歴



2009年12月10日(木) No.3041 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

アクアリウム。


click

  今朝は8時起床、午前中はもっぱら海水槽の手入れ、今日は人工海水15リットル程を換水、pH値を少し上げる。

 この鑑賞魚や水槽大好きというのは世界中に6500万人も居るらしいが現在世界人口が68億人強とすると100人に一人だが、そんなに居るかなぁとも思う。しかし昔は普通に金魚鉢なんかが一般家庭にあったことを思うとそうかなとも思うし、ともかく拙者にとっては箱庭や盆栽同様に人為的ではあるがそこに別世界を見るようで面白い。

 3時頃になってから急に思い立ち近くのマリーナに出向く。晴れてはいるが寒いので完全防寒で防波堤中ほどの港内側で先日修復なった10尺リール竿で脈釣りで根魚を探る。すぐに20cmほどのアイナメがあがり続いて可愛らしいハゼ。これで気が済み日が暮れる前にと仕舞いにして、夕食は近くのトンカツ屋さんで取る。調理に抵抗なくなったが、このトンカツとややこしい洋食料理だけは作る気がしない。食べるならやはりプロのものをと考えてしまうのだ。今日は何年ぶりかで「味噌カツ」、名古屋発祥の料理と聞いているが嫌いじゃない。ちと味が濃すぎるきらいはあるが食欲があまりナイときには良いもんだ。

 調温後、水槽に入れたアイナメ、60cm水槽にはやや窮屈な感じだ。

click

一緒に入れたハゼは物陰に隠れてなかなか姿を見せてくれない。心配だったカワハギがなんとか平静を取り戻しているので写真を撮り直す。なかなかに愛嬌があっていいのだがまだ餌付けには至っていないのでどうなることやら。

 夜はペットボトルやプラスチック板を使ったスキマー造りに精を出す、いろいろと思いつきを形にするのは面白いのだが上手く機能しないような失敗もあって時の経つのを忘れてしまう。

STOP


web拍手_履歴




2009年12月09日(水) No.3040 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

完敗。


 今朝は5時半起床、南伊勢町に釣行、6時に舎弟を迎えに行く。神前浦へゆくつもりが少し風があるしと工事中でしばらく行っていなかった隣の贄浦で釣ることにした。

 顔なじみの、いつもエギでイカを釣っている地元の方が丁度、良い型の甲イカをあげたところで、聞くと工事はすこし離れたところに沈めるケーソンを準備しているだけなので釣りは出来るよと教えてくれた。

 早速釣り座を構えたのだが、どうも魚の気配がしない、手を変え餌を変えてもさっぱり反応がない。ひょっとしてと海水温を測ると15度とこの次期にしては異様な低さだ。数日来の北風の影響なのか湾内の水温が急に低下したようだ。いつもなら撒き餌にワッと沸いてくる子メジナも姿を現さない。こりゃ駄目だとゴカイ餌の脈釣りで堤防の際を探り、メバルや海タナゴなどを釣って遊ぶ。一際良い当たりで釣れたのがカワハギだ。これは持ち帰って飼わなくてはと慎重にハリをはずしてブクに確保、今日はこれで満足と2時過ぎには仕舞いにして帰ってきた。

 しかし結局本命のグレは5cmほどのちっちゃいのが一尾掛かったのみ、しかもブクに入れた後、元気よく飛び出して海へ戻ってしまったのだ。まいったね。


click

 帰宅後、いつものように水温調整の後水槽に落ち着いたカワハギは背景に良く似合っていていい感じだが果たして馴染むかどうか。どうもグレとはあまり仲が良いようではないのだ。

STOP


web拍手_履歴



2009年12月08日(火) No.3038 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

今日は天丼。


click

 このところの心地よい引き篭もりで運動が足りないのか夜は断片的に目覚めてこれ幸いと映画やDVDをと掛けるのだがどうにもピンと来るものがなく直ぐに眠ってしまう。

 昨日は保冷してあるグレを天婦羅にしてやろうと例によってついでに野菜もと大皿に山ほど揚げたのだが、初めて市販の水を加えるだけで良いという天婦羅粉をミキサーなんぞで撹拌して使ってみた。

 なるほど、衣の付き加減が程よくまぁまぁの出来、拙者の評価は70点と手厳しいのは食べ飽きそうなお味であったからだ。そして天婦羅を揚げた翌日は決まって天丼というわけで今夜がそれだ。自炊に目覚めたのはなんといっても味付けを自在に出来るということでたいがいの食材を最高の味で口に出来るのだ。

 年寄りは口卑しくなるというのはこういうことなのかなぁと思いながらも、確かに現役時代に食べることにこんなに時間は掛けられない。年齢を重ねた甲斐があったというもんだ、あはは。


click

 南伊勢町の漁師さんに教わったグレの身の冷凍保存法、身の美味しさに変わりなくこれこそ趣味と実益だなぁと今更に思う。

 グレの白身は鯛同様、いろいろな料理に合って、天婦羅などもあの家康が腹をこわしたというのも納得できる旨さだが、これは贅沢ということではなく貪欲なんだろうと観念遊び。



click

 魚が餌を食べるようになって海水槽のアンモニアが増加の傾向にありpH値も7.4と低下している。

 グレの食欲も旺盛で、これが習性なのかは定かでないのだが、小さなアミエビより団子状態のものに強く反応する。これがもしグレの習性だとすると従来のフカセ釣りの合理性はコマセに狂う群れにのみに当てはまる釣法ということになるかな。

STOP


web拍手_履歴



2009年12月07日(月) No.3036 (ぐふふな調理)
Comment(2) Trackback(0)

のんびり日曜日。


 今朝は8時起床、雲が残っていたが良い天気になりそうだと思いながら窓のカーテンを全開、コンクリート造りのマンションは外の寒さと無縁でラクチンなものだ。補修と手入れを終えた釣り道具を元の位置に片付けついでに何枚かのLPレコードを引っ張り出し今日は何もしないぞと決めながらもつい海水槽の掃除なぞやっていた。

 お昼はトースト一枚にミルクとサラダ、食べ終わった頃にサムイ寒いと云いながら舎弟が顔を出し、いつものようにドリップコーヒーを入れて、商品券持って釣具屋に行くんじゃなかったのと、記憶の良いこと、今日は出ないといって話題は司馬遼太郎さん原作のNHKドラマ「坂の上の雲」のことに。
 昨日の午後だったか偶然衛星放送かなんかで第一回目の再放送がされていて終わりのほうを5分ばかり拝見していたので、スタッフといい役者といいロケにもお金をかけてなかなかの力作ではないかと言うと、よほど原作に感銘を受けていたのか、兄貴は映像やCGなどのテクニックに目が行き過ぎてやしないかと手厳しい、なるほどね、文章・文字に込められた意味合いというのは他の表現の追従を許さないくらいイマジネーションを掻きたてるものだから読書子の言い分は間違いじゃないだろうな。
 そのうちでも彼が一番気に入っていた部分は丁度拙者が見たあたりで、主人公の兄のとんでもなく厳しい躾けで、なかでも自分の考えも定かでないのに新聞なんぞ読むなと怒る箇所、あれが司馬さんの言いたかったことに違いないと、さらには質素で私物は最小限にというのも我々があふれんばかりの物を手にして感じたつまらなさを思うと司馬さんの人気が高いのは納得がいく。確かに明治期、極東のちっぽけな島国が先進諸国に追いつこうとしたときに、このような志をもった気高い人物が大勢いたというのは幸いなことで、税金を食いつぶすなんてアホなことは考える暇も無かったろうね。
STOP
【今日はレコードを】

click

 押入れのダンボール箱から無作為に取り出した数枚のアナログ・レコード、どれも何十回となく聞き古したものだがジャケットの鮮やかさに惹かれ最初に掛けたのがマイルス・デイビスのビッチェズ・ブリュー、しかしこれはワン・トラックと聴けなかった。思えばこのLP以降彼の演奏を敬遠するようになったのだから大失敗だ。


click

 次は良かったなぁ〜、大好きなジェイ・アンド・ケイの「バーニーズ・チューン」の入っているやつ、いつ聴いてもわくわくしちまう。名演奏の極みだ。思うに演奏家の録音作品というのはまこと記録ということに留まらず、瞬時に消え行く儚いものを繰り返し鑑賞することを可能にしてくれるということで、これ無くしてジャズは芸術とは成りえなかったろうなぁとぼんやり考える。あたかも中世の名画を観るかの様で先々聴かれ続けられるとは思うのだが悩ましいのは1950年代の音質が芳しくないものの行く末だ。それでも痛んだフレスコ画のように珍重されるのかなぁ。




♪〜「Stardust」のさわり・・・

オリジナル音源CD


 ともあれもう一枚がマーキュリー・レコードがシリーズ化してプレスしていた「アーティストリー オブ クリフォード・ブラウン」、ニール・ヘフティの手になるウイズ・ストリングスの「スター・ダスト」と「ブルー・ムーン」、しみじみいいなぁ〜と聴き惚れる。そういえばしばらくストリーミングの作業してないし忘れちゃいけないとケーブルを接続して試聴プレイヤーを埋め込んでみた。ついでにmp3加工ソフトも触っていなきゃ忘れてしまうのでいじってみる。
音楽がメインのサイトだったのにブログのほうはいつの間にか釣りやら調理やらアクアリウムが幅を占めてなんとも取りとめのないことかと今更に思うが気の向くままなのでしょうがない。
STOP


web拍手_履歴





2009年12月06日(日) No.3033 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

発信遊び。


 夜中の2時過ぎにふらりと舎弟が遊びに来て丁度目が覚めて所在ないとこだったので歓待する。普通に考えるととんでもない時間感覚だが拙者の場合はお構いなしだ、夜も昼もあったもんじゃない。そして水槽で泳ぐ魚を見ながらあ〜でもない、こ〜でもないと、やはりここにも釣りバカが居る。

 三日前に持ち帰った吉津漁港のグレがやっと餌を食べた、嬉しいなぁ、ひょっとすると馴染むかもしれないと期待してしまう。30年前の経験では、海水槽でひと月以上元気だと大成功で相当長い期間楽しむことが出来るはずだ。

 津マリーナからの子メバルも旺盛な食欲で実に面白い。

 舎弟は30分ほどで帰り拙者はしょうがないので韓国ドラマの「朱蒙」なんぞを見た後寝て起きたのが9時過ぎ、天気もパっとせずどうやら今週はイン・ドアー週間だったようだ。

 そしてしばらくぶりにhtmlの小技で遊んだりと誰憚ることないグータラ生活だ。

♪〜クリックで切り替る画像、I.E専用かな。
<
<

アンチI.E.派用に(1) (2) (3) (4)
STOP
【世相観察】
 鳩山さんちの献金疑惑が取りざたされとても興味深いのだが何故かあまりケシカランとも思わない。たしかに法治国家として法律に照らし合わせて違反してりゃぁ犯罪なのだろうが思えば私財を投じて政治をしてたのかとエライと感じるのだ。贈与税がどうのとか相続税をごまかしたと言う向きの非難もあるが他の政治家みたいに私腹を肥やしていたという事でもないようだし、400万公務員を相手に理数系らしい筋道通った革命をやりそうな予感もあって大方のニッポンジンはそう感じているようだ。
 一昔前に故・山本七平さんが云われていたように倭国は愉快なくらいイイ加減な法治国家であって、罰しなくとも国民が納得するものは違法であっても大目に見て何もしない、それこそ国民主権だ、ぎゃはは。杓子定規に法規を守る事の愚を秦の商鞅の悲劇を例えに多くの物語が伝えられているのだが、ここはひとつ超法規的に全財産を投げ打ってでもこの無血革命をやり遂げてほしいものだ。働かざるもの食うべからずは何も共産主義の専売特許じゃない、あっ、お年寄りと子供は働かないものだからね。


web拍手_履歴



2009年12月05日(土) No.3032 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

模様替え。


 6時起床、外はまだ暗かったが気分良く起きる。体調が良いのは何にも代え難い。朝食はバナナジュースとトースト一枚、野菜サラダの残りを少しと流れるような手順でいただく、慣れるもんだ。
午前中はもっぱら海水槽の掃除と釣り道具の整理だ。昨日、全ての小道具を洗ってベランダに出しておいたのだが、使い古して塗装の剥げたものなどをラッカーや漆塗料で補修する。床一面にダンボール紙を敷き、ためすがめつやってゆくのだが、こうすることで一段と愛着が増す感じがして楽しいものだ。

 じきに青空が広がり良い天気となったので少しだけ窓を開け放ちひんやりとした風を部屋に入れる。風が強いので釣りには行かないと言う訳で心置きなく釣具の手入れが出来るのだ、あはは。無用に明るい室内だが、思い立ってテーブルに引っ越しの時捨てずに持って来ていたクロスを、もちろんビニール・クロスだが、を掛けてみる事にした。刺繍模様のある白いやつで無用に明るい室内がさらに明るく感じる、ふぅ〜ん、これだけでも模様替えだなぁと妙な感想だ。


click
♪〜

 餌を追うメバルの写真をとデジイチのマクロで狙うのだが、敵も然る者すばやくてパクっと食べる瞬間がなかなか写せない。拙者の反射神経が鈍いのだろうと諦めたがずい分長い時間チャレンジしていたように思う。

STOP

click
♪〜

 一昨日夜着いた、札幌から送ったダンボール箱には拙者が自炊しているというので色々な乾物を入れてくれてあったので、早速それを戴こうと思い、考えたのは冷凍庫にあふれんばかりに貯めこんだグレの切り身を昆布締めにすることだった。

 ダシ昆布とマジックインクで書いてあったものがあまり見慣れぬやたら長く薄いもので、穀物酢で表面を軽く拭くな〜んてしゃらくさい小技を使うと驚くほどの幅広昆布で、これ幸いと隙間無く上下にふんだんに敷き詰め重しを掛けて冷蔵庫に、そして味噌汁用にとダシを取った後の昆布をかじると捨てるにゃ惜しい食感があり小鉢に入れ電子レンジでさらに加熱し、おかかと七味唐辛子と数滴の醤油を垂らして自己流煮昆布だ。

 食べられそうな野菜を全部入れたようなサラダには手製の中華風ドッレッシング、ツナ缶が沢山あるのでそれを乗っけてツナサラダだ。味噌汁は糸ワカメと書いてあった、カラっからに乾燥してあるワカメ、なかなかに根性あるもので戻すのにずい分時間がかかるがお味の方も一味違うといったところでこれは好きずきだろうな。

  というわけで戴き物でその気になった今夜の夕食は素食家としては十分満足のゆく豪華な内容、というより贅沢な時間の使い方をした調理ということで我ながらに他愛もない。

STOP
【児戯】

click

 今日、洋服タンスの整理をしていて目についた縞模様のTシャツ、なにやら白黒の間隔がシマダイに良く似てる。どうせ捨てるのだからとハサミでジョキジョキと魚の形に切り抜いて海水槽にペタっと貼るとなんとも愉快な光景となった。日持ちはしなかったが数日間は実際に水槽で泳いでいたものにそっくりなのでおかしいったらありゃしない。


click

ついでに我ながらのベスト・ショット、海はいいなぁ。

web拍手_履歴



2009年12月04日(金) No.3029 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

観察日記。擬態、保護色。


click

 今朝は7時に起床、カーテンを開けるとどんよりした曇り空で寒々しい。海水槽を見ると昨日持ち帰った18cmほどのグレが底砂の白い方と黒っぽい方に移動するたびに見事に体色が変わるので朝食を摂りながら面白いなぁと思っていたのだが、グレの身体に出る紋様が擬態だと初めて知った。ちょうどフエフキダイか何かのような少しだけ獰猛そうな魚に見せているようで、これは知らなかった。茶色っぽい岩場のほうから白いサンゴ石の方に来るとまず白い紋様が浮き上がり、照明の関係で全身白っぽくまでなる。もう二週間近く元気に泳いでいるマリーナの子メジナはずっと白っぽくなったままなのでメジナは黒っぽい魚と思っていたのに、どうしたことかと不思議に感じていたのだがそういうことかと納得。


click

 水槽の水を八割方人口海水にしたせいか入れた魚の動きに大きな異常は出ないのだがまだ何か海水成分に過不足があるようで本調子とは言えない。餌付けが出来ていないこともあり今居る魚もそう長いことは楽しめないとは思うものの、以前からのもので残っているシラサエビ、石ゴカイ、子メバルなどは適応しちゃったのかなぁ。

 30年前を思い起こししきりに海水造りのコツを思い出そうとするのだがなにかを忘れているような気がする。うまく飼育できると釣り餌を食べる様子が観察できるので相当マニアックな楽しみとなる。

 10時頃に電話がありおいしい珈琲を持って弟が顔を出し、床一面に広げてある釣り道具を呆れ顔で見ながら煎れてくれ、昨夜は10時間近くも爆睡でこれから電気店に行くのだというが今日は一歩も外へは出ないからと勝手を決め込む、天気の悪い日はなにかとイソガシイのだ。昨日、せっかく修理した磯竿の穂先を仕舞う時にまたまた折ってしまい今日は全部分解して作り変えているのだ。5cmほど短くなるものの調子は自分好みに近くなる。

 ともあれなにか久しぶりにのんびりした一日、朝から掛けているアナログ・レコードはコルトレーンの「バラード」、落着くなぁ〜♪STOP
 津マリーナから持ち帰った子メバルが餌を食べた。冷凍のオキアミで一度味をしめると面白いように喰らい付いている。体長5cmほどの幼魚で観賞魚というには当たらぬが釣りバカには堪えられぬ愛らしさだ。

web拍手_履歴



2009年12月03日(木) No.3024 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

暖かい。


 今朝は4時半にセットしたアラームで飛び起きる。大潮回りで無風の快晴が予想される南伊勢の海に行く気満々なれど三日間の不在でサーバーのメンテナンスやらメールチェックなどであっという間に明るくなり、おりしも夜勤あけの弟がコーヒー飲みに立ち寄り、一緒に行くと言う。もちろん快諾し一時間後に迎えに行くからとやりかけのご飯の冷凍処理を大急ぎで終わらせる。約束しちまえば、グダグダすることなく出発がかなうという効能がある。

 朝の気温は7℃、ひえ冷えとした津からこのところのお気に入りの神前浦に向かう途中はなくなった義兄と日曜日に放映された司馬遼太郎さん原作のドラマ「坂の上の雲」の話で盛りあがる。司馬さんフリークの舎弟にとってあのドラマの出来がはなはだ不満だったようでその突っ込み様は半端じゃない。その辺の波長が合うというのが多分一緒にいても苦にならぬ大きな要因だ。

click

 到着した吉津漁港、天気は予報にたがわず快晴でぽかぽかと暖かい。着込んでいったウエアを二枚も脱いで準備にかかる。今日の暖かさは小春日和というより小夏日和だなんてしょ〜むナイこと考えながらも、釣り座を構えた海の感じがちとおかしい。隣の贄浦では都合3回、大潮のときにまるで魚の反応が鈍かったことを思い出し、ここもどうやら同じかなぁと。先客の獲物も小さなグレがほんの少しと芳しくない。

 まぁ魚は釣れなくともこの天気と風景だけでも上々気分になれるのだからおめでたい、昨日修理した1.5号竿に仕掛けをたっぷりと時間をかけて装着する。魚がいないと急ぐ気持ちはまったく起きないのが可笑しい。


click

 始めてから1時間以上も魚の気配もなく、当然あたりも出ないのだが10時を過ぎた頃からたまにもぞもぞと浮きに反応が出始める。それではと本気モードでベタ底ゴカイ餌の紀州釣り、典型的な当たりで掛かったのが30cm近いクロメジナ、ヤバイ、ハリスを0.6号まで落としていたとたんだったので珍しく玉網を使って引き上げた、お見事っ、いやはやオモロイなぁ〜♪

 メジャーを当てると28cm、ん〜ん、ここではこのサイズまでしか回ってこないようだ。三歳魚なのだろうが拙者の道具立てでは一番楽しめる大きさで食べてもバカウマとあって即〆ようかと迷ったがすでに冷凍庫は満杯だしとりあえずブクに活かして置く。

 離れた方から先に来ていた釣り人が今のは大きかったですねぇと見にきたりしてますます気分を良くする、なんてのはまさしく釣りバカの典型だ。

 そしてまたしばらく当たりは遠のく、確かに大潮まわりだと魚の周回頻度が少ないようだ。しかしメジナが回ってくるたびに確実に釣り上げ都合4回も玉網を使う羽目になったので大満足。昼過ぎに隣に来ていた釣り人が帰り仕度をしながら木っ端グレばかりでと残念そうに話すので、めったにナイことだがどうせ放流するのでもし良ければ大きな方のグレを貰ってくれないかと言うと本当ですかと大喜びされたので嬉しかったね。

 陽が山に架かる頃仕舞いにし、活かしておいたグレの一番小さいやつを一尾持ち帰ることにし勇躍帰着、しばらくぶりだからと100円寿司に寄る、なにがしばらくぶりなもんか、あはは。

 帰宅したのが午後7時半過ぎで、北海道から送った宅配便と玄関でばったり、無事受け取る。ぎりぎりセーフといったところでプチ・ラッキーだ。STOP

web拍手_履歴





 
2009年12月02日(水) No.3023 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

今日から師走。


 あっという間の三日間が過ぎて今日からもう12月、そして移住4ヶ月目に突入だ。今朝、7時に起床、良い天気になりそうだと思いながら先日仕舞う時に傷めた18尺の1.5号竿の修理などに取り掛かる。それと調子悪くなったお気に入りのスピニングリールも分解してみたがどうやら寿命のようであまり良くはならなかった。

 昼過ぎ、3時頃に思い立ってマリーナに小魚を釣りに行く。水槽の子メジナとシラサエビが留守の間も元気に持っていたので、ようやく水が完成に近づいたと考え、第三次になる入居者を求めようという魂胆だ。

click
♪〜メバル三兄弟、あはは。

 風もなかったので大堤防の先のほうまで行きシモリ浮き仕掛けの18尺渓流竿で狙うと、かわいらしいメバルが次々と掛かり、針のダメージのないものをブクにいれ持ち帰った。水槽の水は八割ほど人口海水に入れ替わっていてエアーレーションも十分、pH値も7.8とまぁまぁだ。3匹の子メバルを透明のビニール袋に海水とともに入れエアレーションしながら水槽内に吊るして水温が同じになるまで小一時間、慎重に取り出して一匹づつ水槽内に放流する。先住の子メジナがびっくりしたようだがじき落着く。さて何日持つか、餌を食べるか、なんとも言えないがしばらくは眺めておれる。

 夜、不在通知のあった郵便書留の再配達を受けて驚いた。なんと十数年来加入している拙者一押しのプロバイダ、アサヒネットさんから一万円の商品券が送られてきたのだ。前になにかのアンケートに答えたお礼だと書いてあったが、思わぬプレゼントで嬉しいねぇ。リールを買おうかそれとも竿にするかととっさに考えてしまった。STOP

web拍手_履歴



2009年12月01日(火) No.3020 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen