LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


河川。


click
  ♪〜近くの貯水池の桜、7分咲きくらいかな。

 先日、近鉄特急で津市から名古屋に向かう間、やたら多くの鉄橋を通過するので改めて伊勢湾に流入する河川の多いことを知った。ここ、津市の周辺も大小の川が多くあり、歩いて10分ほどのところを流れる2級河川で弟のかみさんが早朝ウォーキングのときに大きな魚がばしゃばしゃ跳ねているのを昨日見たというので今日は昼過ぎに運動がてらちょっと見に行ってみた。天気が曇りのせいか跳ねこそ見られなかったがなかなかに水量水深のある川で底のほうに小魚が群れているのが見えるので、今度一度竿を出してみようと思った。何が釣れるのかなぁ。

 昨日の夕食にはあの一月に腹痛を起こした松阪牛のすき焼きをご馳走してくれたのだが、さすが今回は用心してお肉はほんの3切れほど留め置いた意気地のない食いしん坊なのだ、あはっ。かわりにビンチョウマグロの刺身をたっぷりと堪能して大満足、当地ではマグロ全般をシビと呼び好んで食されるというが関東での本マグロの赤身やトロとは異なるピンク色のあっさりした肉質のキハダマグロやビンチョウマグロが珍重されるようだ。本マグロの幼魚であるメジマグロもシビコなどと称されて似たような肉質で拙者は大好きなのだ。

 夕方に電話が入りついこのあいだ出向いた山口県の離島で別なトラブルがあり電話で解決出来ないものかと相談されるが古いシステムと新システムのドッキングに関することで問題の切り分けがややこしく、どうせ遊んでいるのだからボランティアで拙者が行くことにした。好天が続きそうだからというのが大きな理由なのだが、まだ使命感らしきものが残っているということなのだと悪い気分じゃぁない。STOP

web拍手_履歴





 
2009年03月31日(火) No.2495 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

おもしろ〜ぃ、錦漁港。


click
♪〜河芸漁港、穏やかな海だ。

 今朝は6時頃には起きていたのだが一日おとなしくしていようと思ったのもつかの間、舎弟がとても良い天気で風も弱いから近くの河芸漁港に行ってみようと言うのですぐその気になり6kmほど離れたそこに行った。3人の地元の釣り師が風船針と長竿で寒ボラの掛け釣りを始めていたがさっぱり寄ってこない。昨日は夕方に30尾も上がったのだという、話半分にしても掛かれば面白そうなのだがまるで魚影がないので、顔を見合わせ、今日の天気なら錦漁港で楽しめるのではないかと意見が一致し、即移動、ナビが古い地図で誘導するものだから遠回りをしてしまったのだがお昼には到着、昨日と違い釣り人も少ないので良いポイントに入ることができた。
 始めてすぐにたくさんの子メジナやらタナゴなどが集まりだし楽しいったらありゃしない。じき拙者の浮きが引き込まれ20cm位の太ったメジナが釣れ、その後もあきない程度に次々と釣れ出す。仕掛けのせいか、タナ取りの違いか、今日は弟がちっとも釣れないというのも可笑しい。
 結局4時頃までやって仕舞にして帰ってきたのだが、帰路はちょうど一時間しか掛からなかった。新しい道路が記録されていないナビはいただけないなぁ。 STOP

click



 拙者のお気に入りの釣竿は12尺の1.5号用という細い磯竿で使うハリスも0.8号と決めているので20cmを超えるような獲物になるとほとんどパニック状態になるような道具立てなので今日のように次々とそんなのが来た日にゃ大変なのだ。なかでも大きくてきれいな色の海タナゴが釣れたのが一番うれしかった。
 で、携帯カメラに写していたところ、今までのメジナの写真はと聞かれ、しまった、すっかり忘れていたくらい忙しかったのだ、あはは。

 帰りの車中では拙者のルンルン気分とは対照的に弟の仏頂面が可笑しいったらありゃしない。、釣りは面白いなぁ。STOP夕食後にサイトの更新をしていて、あわやトップページ他何ページかをエディタとFTPソフトの設定ミスでクラッシュさせてしまい大慌て、なんとか復旧できたのだがこの文字コードの扱いはホントに厄介なものだ。今回はリモートからの更新なのでFTP転送で更新ページをアップロードしたのだが久々の利用なのでffftpソフトの転送設定に注意が足りなかった。デジタルデータのなんとアヤウイことかと改めて思い知る。 

web拍手_履歴



2009年03月30日(月) No.2493 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

やっぱり桜。


click

 夕べはさすがにばったりと寝て今朝は6時と早起き。今日もよい天気になりそうだと行き先を考えているさなか、舎弟が困ったような顔して上がってきた。何事かと聞くと奥さんの実家の母上の具合が悪いみたいなので奥さんを連れて行ってもらえないかということだったので、渡りに船と引き受けた。昨年大晦日に会いに行ったとき、桜の時期にぜひまた来なんしゃいと言われていたこともあって、近々訪問の心積もりであったからだ。それほど緊急を要する事態ではないというのも幸いに思え9時半ころには出かけた。

click
♪〜ポツンと建つ鐘楼。

  川があって、山間の田畑が続く典型的な山里の実家はこの明るい春の日差しでことのほか穏やかな雰囲気に包まれていた。ご御堂の様子は心配するほどのことでもなくやれやれだったが、同居している娘さん夫婦が慶事で夕方まで一人きりになるというのでそれまで居るからという奥さんに、たまの親孝行をしに来たんだろうから好きにしんしゃいと、強気な言葉が可笑しかった。

 お茶を一杯ご馳走になった後、一人で桜並木と川の流れを見物に行った。やはりすこしばかり山里とあって桜は3分咲きくらいだったが、早いものは6,7分も咲いていて今にも満開といった空気だった。川原の土手では何組かがシートを広げてお花見をしていたが混雑とは程遠い優雅な様子だったなぁ。


click



 その後、津の鋼管町の方の海岸に回り、アサリ漁を見たり冷やかしで竿を出してみたりしたのだが風が強くなり早々に退散。途中、無線LANの子機を購入し、こちらでの環境を整えることとしたのだが、これが以外に手こずる羽目になった。


♪〜桜はイイ。
click

 夕食後に早速取り掛かったのだが、持参のPCにはいろいろな接続設定がなされているため、切り替えて利用するのが七面倒くさいことなのだ。そして電波もやっと届く位なのだががっかりしたのはその通信速度だ。まぁ、親機が2年以上も前の型式とあってはしょうがないのかもしれないが無理してでもケーブルでつないだほうが良かったかなと思う。

STOP  

web拍手_履歴



2009年03月29日(日) No.2491 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

なにも釣れない。


click

 23:00就寝して早朝3:30起床、弟は一度店に出向き戻るやせっせとおにぎりなどを作り出し釣りに行こうと張り切っている。幸い足の痛みなどはこれっぽちもなく、天気も持ちそうなので正月に数回出向いた錦漁港に行くことにした。

 例の高速料金割引が今日からということで混雑も予想されたが、7時過ぎに出発した時にはそれほどでもなく、すいすいと目的地に着いた。前回来たときにはまだ工事中だった紀勢道路が完成しており、そこを走る。次々と短いトンネルの連続でナビのマップにはまだ加えられていなため大紀町の山中を通過するように表示される。しかし目的のポイントにはすでに数人の釣り人が入っていたのと、パッと見た感じで気乗りするような海の色でなかったのでもっと南の尾鷲湾に行こうとなり向かう。 

 尾鷲湾の堤防には多くの釣り人がいて活きアジを餌に投げ込みでイカを狙っているシトが多かった。しかしここは広い堤防で十分にスペースがあり、風裏にもなっていて感じが良く早速準備をして釣り座を構える。

click

 うす曇ながら日差しもあって気持ち良い天気となり、いっときは防寒上着を脱いでいても丁度いい感じ。昼ころの下げ潮止まりに持参のおにぎりなどをパクつき時間を過ごす。今日の海は潮が透き通っていて、よほど水温が低いとみえ小魚一匹見えやしない。2時過ぎには和歌山方面に移動しようとなり釣り道具を仕舞い彼の運転で海岸沿いの42号線を南下、新宮に行った。そこには世界遺産熊野古道に含まれる熊野速玉大社があるというので案内してくれたのだ。あまり観光には積極的になれないたちなのだが、折角なので境内を一巡り、朱を際立たせた独特の色合いの社殿などを見て回る。

click


和歌山県のここらあたりは我が国に伝わる神話に連なる史跡が多く、惹きつけられるのではあるが如何せん神社仏閣は最近の物なのであまり魅力は感じない。しかしながら文化部門で世界遺産があるというのは誇らしい気持ちになるもんだ。


click

 そろそろ帰ろうかというときに突然、「甘いもの」が食べたいと思い茶屋など探したのだが大社周辺のそれはなぜか開店休業中のようで、しょうがないので境内で販売していた参拝土産の「ウグイス餅」を買って食す。粒あんの入ったそれは今風に甘み控えめでチト物足りなかったが美味しくいただいた。甘いものを欲するというのはやはり疲れ気味なのかも知れないなぁ、ここ数日の行動からそんなことを思った。尾鷲から新宮あたりは桜がほぼ満開となっていてやはりなんとなく心華やぐ。

 帰りも拙者の運転で走ってきたがさすが値下げの成果か他県ナンバーの車が多く目に付く。芸濃から四日市方面の高速には渋滞情報も出ていたが手前の津まではじつにスイスイと、ナビの予想時間を1時間も短縮して帰着がかなった。STOP

web拍手_履歴



2009年03月28日(土) No.2488 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

さてっ、どこで降りよか。


click
♪〜携帯カメラ。

今朝は暗いうちに起きて荷造り、6時のフェリーに乗るべく備える。風が冷たいが良く晴れそうな空模様、民宿の女将さんに車で送ってもらい、定刻には出船、瀬戸内海の日の出を見ながら無事本土に着いた。

さて、タップリと時間も有ることだしと、往路の徳山方面ではなく、広島行のローカル線に飛び乗る。車中で下車駅を決めるつもりだ。STOP
結局、海辺の風が冷たそうだしということで、広島で途中下車。荷物を預けデジカメだけ持って市内をぶらぶら歩きして平和公園まで行こうと決めた。
 ちょうど良い気温と日差しを浴びながらキョロキョロと町並みを見物、大通りを行くも途中からなぜか足が脇道に向かい新天地などを通る。名にしおう一大歓楽街だが午前中のそれは夢の後のような白々しさが漂う間の抜けたものだがなんとなく懐かしい感じもするのだ。

click

 で、道を戻り平和公園まであと1kmというところで昼食タイム、広島なら牡蠣だろうと思い、牡蠣フライセットを食す。通りに沿った遊歩道の桜はまだ7分咲きといったところだがベンチに腰掛、お茶など飲んでると実に気分が晴れ晴れとしてくる。

click

 しかしあの無残なドームが見え出すとどうにもいけない、手前に架かる相生橋の名前にすら腹が立つ。人類史上最大の愚挙と思うだに、他の愚かしい出来事を思い出してしまう、償うことの出来ない罪悪にちがいないなぁ。資料館など昔入った覚えがあるが、今では見る気もしない。

click

 そろそろ足も限界かなと目の前の市電に飛び乗り駅に戻る。利用者も多く市内の移動手段としてはなかなか良いものだ。

 新幹線のぞみ37号に乗り一路名古屋に向かう、もちろん自由席で幸い着席がかないラッキー、あはは。結構混んでるんだよなぁ。名古屋からは近鉄特急に飛び乗る。そしてようよう津に到着、待ち合わせの出口を反対側に降りてしまい余計な世話を掛けてしまった、まったくぅ。「正面出口」という案内が無いんだもの。

web拍手_履歴




2009年03月27日(金) No.2481 (雑感::旅情)
Comment(6) Trackback(0)

ああ、いい天気。


click

あれれ、やっぱり写真が登録できない、使えないなぁー、au。


昨日がヒジキの解禁日だったとのことで苅りとられたものがそこらじゅうに天日干しされていた。この時期には島外にでた子供らも呼び戻して漁にあたるのだと言っていた。夕食には早速のヒジキの煮付け、旨かったなぁ。


web拍手_履歴



2009年03月26日(木) No.2478 (雑感::旅情)
Comment(2) Trackback(0)

長旅。


昨夜は出発に手間取り23:30と予定をずいぶん遅れて出た。東名高速はいつの間にやら野暮ったいプロドライバーばかりになっていて、折角の3車線が意味ないものになっている。いや、別にビュンビュン飛ばしたいわけじゃないが追い越し車線を80km/hで走行された日にゃ、危なくてしょうがない。

少し前まで、東名高速を走るプロドライバーってのは日本一スマートだった様に思ってただけにガッカリ。逆に地方ともいえる伊勢湾岸道路に入ってからはビシッと車線と速度をキープするトラックがほとんどで、じつにスムースなドライブであった。

click

津には結局4時過ぎに到着、なんだかんだでひとしきり、一時間ほど仮眠をとった後近鉄津駅まで送って貰う。
特急、新幹線、在来線、フェリーと乗り継ぎ島に到着したのが18:10、民宿のかたか迎えに来てくれていた、いやぁ〜、なつかしいこと、たった一年しか経ってないのに、遠いせいだろうなと思う、

が、クッタビレタなぁ。

web拍手_履歴




2009年03月25日(水) No.2477 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

一眠りの後。


 しばらく自宅サーバーから離れるので思い立ってアクセスログの集計をしてみた。昨日のアクセスが平均の1.5倍近くあったのでチト気になったこともある。

・2009年3月23日の記録。
ユニーク・ホスト数   226
内クローラー、ロボット 104

・閲覧ページの内訳
htmlページ       578回
cgi動的ページ      1265回
mp3,midiデータ       87回
jpg,gif等画像データ  1271回

・転送データ量
トータル・バイト数  464,624,425 bytes
キャッシュ・ページ回数 672 items

ちなみにログの容量が約680kbにとどまっているのはchina系クローラを
ブロックしている効果が出ているようだ。以前は1MB以上が普通であった。
もちろん自アクセスは記録していないでだが、一台のちっぽけなノートPCがこれだけの事をしていると考えると痛快だなぁ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年03月24日(火) No.2474 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

さて、っと。


 今朝は8時起床、寝たのが2時頃だったから、まぁ熟睡できたのか目覚めが良い。朝食にコーンフレークを少々とチーズ一切れ、今日はWBCの決勝戦があるなぁと視聴予約して、今夜の出発の算段をあれこれ。

 まずやらなくちゃと考えたのが長距離ドライブに備えて新たにCDを焼くことなのだが、なんと今使っている2台のノートPCではCDが作れないのだ。しょうがないので古いデスクトップ機を立ちあげそのドライブを使うことにした。
 Widows2000のそれは意外とすんなり起動してネットワークにも問題なくつながり、さて音源選びというところで最新作のピアノ曲なんぞ選ぶとき、これもまた古い40年も前の大型スピーカー・ユニットで聴いてみたのだが、おどろいたね、これがデジタルとは思えないくらいアコースチックでまるでグランドピアノを目の前にして聴いているかのような音だった。
 ほどほどに高い周波数域が減衰しているのが良いのだろうと思う。そして包み込まれるような低温、最近の装置のようなブンブンと響くのではなく、かといって十分に重低音の音圧を感じられる、なんとも柔らかなサウンドで心地いい。
 ピアノ曲中心に30曲、CD2枚分ほど選び、最低速度で焼きつけ開始、あとは放っておいてもやってくれるので、一件落着だ。

 丁度、野球が始まった。



あっ、イチローがヒット。期待できるなぁ〜♪


9回、同点に追いつかれて延長だ。
もう4時間、ながい長い・・。


やったっ、またイチローだ、2点タイムリー。
もうお腹いっぱいっ、てな感じだ。

終わったみれば世界一、優勝だ。すごいね。
でもなんか対アメリカ戦と違う雰囲気の野球だ。なんなのかなぁ、クライ感じがして面白くない、あまり嬉しくないのが気になる。こんな水を差すようなこと言っちゃぁいけないな。

STOP_

web拍手_履歴



2009年03月24日(火) No.2473 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

あたふた。


 今朝6時起床、風が強い。WBCを見るとはなしに聞いていたのだが2対2の同点になったころからこりゃ面白いとTV観戦、逆転して5対2となった。まだどうなるか予断できないスリルある試合になっている。

click
♪〜なんとなく別世界。

 その最中、山口県の件での出張依頼が舞い込み、さてっ、伊勢行きとのタイミングを咄嗟に考えた。伊勢再訪、心つもりでは28日深夜に出発するつもりであったが、山口へは出来るだけ早くということなので急きょ明日の夜に発つことにして津の舎弟に了解をとる、いくらなんでも山口県までは車じゃ無理なので先に寄ってから電車で行くことにしたのだ。

 となると、昨日の買い出しは勿体無いことことになったなぁとケチなことを考えたりしながらも、あの別世界のような瀬戸内の小島のことを思い出している。ショパンにけりつけたところで良かったなぁ。
STOP



ー君、踏ん張った。たいしたもんだ、あと2回。


今、8回の攻撃、おもしろ〜い。ハラハラドキドキ、イチローが打った、走った。9対4、あと一回だ。


最後はダルビッシュ投手、三振で締めくくり、いやぁ〜お見事、ついに決勝進出だ、うれしいな。それにしてもスリル満点の試合だった。
STOP【思いつき】

日来音楽のテンポについてあれこれやっていて、閃いたのが手の振りのリズムをDTMのテンポに反映させる入力ツールがあればいいなぁということ。最近の携帯などで振ることで画面を切り替えたりしてるくらいだから簡単にできそうだがどなたか作ってくれないかなぁ。

web拍手_履歴



2009年03月23日(月) No.2470 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

できたっ。


 当サイトの一大メインテーマでもあるDTMデスク・トップ・ミュージック、ノートPCでもそういうのかは定かでないが、いわゆるコンピューター・ミュージック、さっと出来るのもあれば、やたらつまづいて時間が掛かるものがある。今回はすっかりショパンのノクターンにはまり込みかれこれ8回目のミックスダウンが終わり、自己採点で65点くらいかなぁと最終バージョンとした。まだこれだけの集中力があることに驚いたのだが、間違いなく技術という点で向上があると思うのが嬉しいことだ。これでまたしばらくは別なことに目を向けられそうだ、桜の季節だしなぁ。

♪〜これがその最終バージョン。

◆再訪の方はキャッシュをクリアしないと前のまま再生されるかも。


STOP_

web拍手_履歴



2009年03月22日(日) No.2469 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

試す。


click

 今朝8時起床、夕べ思いつきで市販の「浅漬けの素」で漬け込んであった「ピーマン」と「ニンジン」を食べてみたところ、実にさっぱりと口に出来たので大喜び、さっそくデジカメに収めたのだが、良く見かける料理の写真というのが器ごと全部でなく部分写真が多く、それが美味しそうにも見えるのかもと、真似してみた。

 今日は曇り空でずいぶん気温が下がり加減の日曜日。ここ数日は音楽三昧で天気のことにはあまり気が向かない。そういえば例年なら桜の開花に気持ちが向かっているはずなのにと、不思議に思う。例年というにはあたらないか。
STOP_
♪〜頭から離れず困ってしまう、瀬田敦子さんのピアノ。




【さて、弱ったね】
 昨日の記事でのmidiプレイヤー、難点がひとつ見つかった。それは音源データのキャッシュの削除がとても面倒なのだ。ブラウザのキャッシュ・クリアでは更新されないのだ。これはデータがRealPlayerフォルダにキャッシュされるためのようだが、この消去は一般的な操作ではない、弱ったなぁ。

【今更ながら】
 瀬田敦子さんのショパンを聴いてから音楽表現について、今更ともいえる発見があり、あわててdigしている。ときおり拝見する国営放送の「スーパー・ピアノ・レッスン」でも薄々感じてはいたのだがテンポの変化がこれほど表現に深く関わることに改めて思い致しているのだ。
 単一のテンポで繰り返しのリズムというのは人類発祥の頃までさかのぼってシトに高揚感や快感をもたらしてきた極めて根源的な要素であって、ジャズのドライブ感などはまさしくその極限でもないのかと思うのだが、優れた演奏家の解釈でのテンポの変化は中世以降に確立した偉大な表現手法だと感じ入ったのだ。これをDTMで表現出来ないものかというのが今最大の関心事になりつつあって、これは自由になる時間が出来た故の事だろうと生き長らえていることに感謝するばかりだ。精神世界も限りなく広いなぁとつくづく思う。

【この雨の中】
 夕方から本格的な雨、昼過ぎから買い物に行こうかどうか迷っていたのだが午後6時過ぎにやっとその気になり出かけた。最近は買い溜めの要領が良くなり、一週間以上買い物しなくとも大丈夫なのだが何もこんな雨の中にわざわざと思わないでもない。なんとなくだが、行動の動機というかモチベーションの基準があやふやになっている気がする。


web拍手_履歴



2009年03月22日(日) No.2468 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

midiプレイヤーの埋め込みテスト中。


 「Windows Vista」になってからデフォルトでmidiの再生ができなくなりサイト開設からの案内ページに貼り付けてあったプレイヤーが飾りのようになっていて面白くない。今更書き換えるのもあまり価値ないと、そのままにしておくことにしたのだが、新たに加えるページではそうもいかぬだろうと、出来るだけ多くのOSとブラウザに対応できるものとみつくろい、プラグ・インとしてRealPlayerにすることにした。今使わせていただいているFlashPlayerではmidiの再生が適わないこともあり、リアルプレイヤーならコーディックを自動的にインストールする機能もあるので、より汎用性が高いと思ったからだ。

それで、日記の書き込みでページのテスト、と横着なことをしている。

♪〜まずはmp3の再生から、








♪〜では以下にmidiの再生、まず同じ様には鳴らない。








♪〜これだと、








♪〜もっと小さく、








なぁ〜るほど、同時には再生されないのが好いや。スキンにはずいぶん多くのオプションがあると判った。
STOP_しかし残念なのは今の自分のマシン環境がまるでmidiの再生に耐えられぬということなのだが、今更なぁ〜。どうしてもという時にはシーケンサー・ソフトを起動してというまどろっこさだ。なぜか各種プレイヤーがmidiデバイスを認識してくれない。XPの頃までは大丈夫だったのに、とほほ。

web拍手_履歴





2009年03月21日(土) No.2467 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

なぜかショパン。


click

 二日ほど前からまたぞろ音楽モード全開といった感じですっかり春めいた外に目が行かない。そんなさなか、ピアノ・ピースにあったショパンのノクターン2番をいたずら気分で何小節か入力して、ふむふむとほくそ笑み、途中からオーバードライブ・ギターなんかにしてみたりしていたのだが、たまたまYoutubeで我が瀬田敦子さんの昨年のコンサートの演奏を聴き、たいへんなショックを受けたのだ。

 出だしの音からして、なんとも言いようもない深い響きを感じ、これは遊んでる場合じゃないとばかり、「ノクターン・Op.9-2」を12時間がかりでようよう作り上げた。いや、遊びにゃぁ違いないか。

    ♪〜すっかり黄ばんでいたピース。
click


 この2番は比較的やさしい楽譜面と指使いなので初級の練習曲としても良く演奏されるものだが、これをデジタルで発音するというのは真に困難なことで、まるで見通しが立たない感じがする。それでもめげずになんとかフルコーラスを書きあげ少しでもニュアンスを出せないものかと悪戦苦闘、結局5回もミックスダウンをし直して踏ん切りをつけた。オーケストラ曲でもこんなに何回も修正したことはないなぁ、やはりソロ演奏のハードルは高すぎる。

 それにしても、あのYoutubeにアップされていた演奏、コメントに『いままでのYoutubeにアップされた20番の演奏ではナンバー・ワンだ』というのがあったが、拙者もまったく同感であった。称賛の言葉が見つからないほど。リンク先
 そういえば映画「戦場のピアニスト」の挿入曲として一気に人気の高まった、ショパンの遺稿でもあったなぁ。

♪〜くらぶべくもないのだが、拙者の労作。

一番好きだったのはやはりカーメン・キャバレロの華麗な演奏。
あの映画は何回見たことか。
STOP
【うっしっし】
_ともかく、WBC韓国戦に勝ってうれしぃ。けど、3連敗はプライドが許さないって・・勝負は時の運ということもあるし、それをサムライは口に出しちゃいけないのだよ。でも勝てて良かったなぁ。求道者の行き先にはいたく興味がそそられる、宮本武蔵のようになっちゃうのかなぁ。王さんのようにほとんど完璧な人格というのも野次馬としては物足りない、身勝手なファンではある。

web拍手_履歴





2009年03月20日(金) No.2466 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

打ったぁ〜♪


 イチローが今ヒット、なんともホットする思いだ。7回表を終えて4対0、ムフフ、イイ感じ。13打席ぶりのヒットだったらしいが、よくよく強靭な精神力だなぁ。
STOP_きゃ〜っ、今度はスカッと三塁打。よっ、世界一 !!




完封で準決勝進出だ。明日の韓国戦の勝敗は優勝とは関係ないらしい。

 ところで、いやにスタンドに空席が目立つのはなんでだろうと。よほど野球ってマイナーなスポーツなのか、WBCのプロモーションが下手なのか、調べたところ、なになに、入場料が4,500円〜2万円だって。オリンピック種目からはずされたということもあるが、不人気のアメリカで行う試合なんぞ、外野席は無料開放して、まずスタンドを埋める工夫でもすりゃ良いのになぁと思った。
STOPサイトにある「制作途中の作品」ページで飼っているブログペットが読んだ句、

『この風に あたりたくない ひきこもり』

・・・たしかにそうだ。

web拍手_履歴



2009年03月19日(木) No.2465 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

WBC。


 5時就寝、11時起床。晴れているが風にあたりたくないという気持ちが強くひきこもることにする。DTMに向かうと良いなぁと思いながらなかなか手につかない。
 今、対韓国戦のまっさなか、強いなぁ、一回裏で3点取られちゃった。
STOP
【今日の座布団いちまい】
_税金の補てんを受けながらも巨額なボーナスをかすめ取っていたAIG幹部に対し、米国下院議員が云った言葉。「日本人のようにお辞儀して辞任するなり自殺すべきだ」、きゃはっ、恥の文化の輸出だ。
STOP♪〜なんとなく気分はピアノ・・途中。。。

ソフトタッチが至難のワザだ、野球は負けるし・・関係ないか。

web拍手_履歴



2009年03月18日(水) No.2464 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

春は・・・・。


click

 あいかわらずの夜更かしで3時就寝、9時起床するも、シャキっと目覚め出かけることにした。途中、一件用事を済まし湘南・茅ヶ崎海岸には昼過ぎに着く。暑いくらいの陽気だが空気がぼぉ〜っとした感じで、これは例年桜の季節が近づくとそうなのだが、上空には黄砂が流れ込んできていて風が弱いと地表近くに舞い降りるのだとしきりに言われる。まぁ、科学的に明らかになったことではあるが、ふと「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」と1000年も前にいとおかしと読まれた春の空もなんとなくぼぉ〜っとした感じが漂うので、今に始まったこっちゃないように思えるがどうなんだろう。さすれば自然現象と受け入れて目くじらたてて忌諱してもせん無いことかもしれない。ただ、どうしても昨今のかの国の野暮ったさからイヤぁ〜な感じがしてしまう。昨年のブログなどでは砂漠で砂遊びでもしてるんじゃないかなどとアホな記事も書いていた。

click
♪〜昔の黄砂にゃNoxなど有害成分は少なかっただろうな。

 花粉にあいまってこの黄砂のせいか、一日中くしゃみが止まらなかったのはうっとおしいことだった。そして数週間ぶりの湘南の海は少し風が出ていて濁りもあり小魚の姿が見れなかったのは残念だったが気分は上々、釣れても釣れなくてもなんとなく大自然に向かい合っている感じは釣り堀と異なる。

 たまたま家で初めて開けた家具の引き出しに万歩計があったのでそれをポケットに入れて出たのだが、帰宅して見てみると4000歩を超えていた。意外と歩くもんだ。
STOP【ゾッとしたこと】
 今、ロシアでまたぞろおかしな専制が進行していて、国家資本主義だというらしいが暗澹たる気持ちになってしまう。経済のこたぁそれほど詳しくないが生産を伴わない商活動なぞは詐欺と紙一重、野放しにすりゃぁダメになるに決まっているが世の中のお利口さんは資金が出来ると皆それを増やそうと取らぬ狸の皮算用をするようだ。あげくのはてに国家の資産を頼っていわば国策企業となり下がる。ロシアというのは脈々と独裁を良しとする情緒があるのかも知れない。たしかに一時、新興財閥のリーダーが政治家は経済界の意見を聞くべきだなどとあほなことを云っていたからしっぺ返しのようでもあるが、それにしても一個人とはいわないまでも閉ざされた密室で選別されるのじゃぁ民主主義とはいえないが、それを含めて民主的に大統領を選んだのだといわれりゃ、ひょっとして正しい選択なのかも知れない。しかしプーチンさんの云う資源を独占して巨額の富を懐にした新興財閥というのはたしかに国民全員から資産をかすめ取ったということに間違いはないな。そういえば我が国でも鉄は国家なりな〜んて豪語していた企業もあったなぁと思いだした。いずれにせよ、またしても壮大な実験ともいえるかな。はじめはともかく、間違いないのは腐敗が進んだときに暴走を止められないだろう、というのは想像に難くない。

web拍手_履歴




2009年03月17日(火) No.2463 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ひかり。


click
♪〜一見きれいだけど、空が汚れているのだ。

 6時就寝、11時に起きて外出。おだやかで良い天気、晴々とした気分だ。何件か寄るところがあったのだがひとつは税務署、ところが傍の道路がお定まりの期末工事で通行止め、渋滞もひどいししかたなのでかなり手前のパーキングに車を置いてぶらぶらと歩く。天気がいいのでかえって良かった感じもする。

天気予報で関東地方はむこう3,4日大きな高気圧に覆われ好天が続くという。気温も上がり20度以上にもなるというので一気に桜が咲いちゃうかも知れない。ニュースでは、早いことで知られる東伊豆の河津桜がもう盛りを過ぎたとも云っていた。

 明日こそは出掛けようと決心する。

 で、税務署は善男善女の長蛇の列、でもそれほど待たずに受付を終了したのだがとりそろえた領収書や各種入出金明細については要求されたら出せば良いとのことで、なるほど、それなら電子申請で十分だと納得。

click
♪〜瑞々しいこと。

 最後に寄ったスーパーでは春野菜や山菜が所狭しと並べられていて目移りするも、あまり買わなかった。ここ数週間は筋力増強月間と決め、避けていた肉類を極力食べるようにしているので、どんなものがあるのかと時間をかけてじっくり見て回った。
STOP
【勝ったっ】
 カーラジオで知ったWBCセカンドステージの対キューバ戦、我がジャパンが勝ったというではないか。うれしいねぇ、たいしたもんだ。世界一が一歩近づいたかな。

【さらに気分よくしたこと】
 毎週日曜日、サイトの定期更新と時に入念なログ・チェックをするのだが昨日はそれでと3箇所ほどのホストからのご訪問でサイト内の隅々と音源データのすべてを入念に閲覧されていたことがわかり、無性に嬉しくなった。うち2箇所のドメンはacだから学生さんなのかも知れないなぁ。ちょうど今年の新大学生あたりはゆとり教育なるものの結果らしいが、趣味のサイトなんぞ見てないで勉強しろよと言いたいとこだが、痛し痒しだ、がはは。
STOP_

web拍手_履歴





2009年03月16日(月) No.2458 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

やったぁ〜♪


 もう日曜日の朝になる。3月15日が提出期限とばかり頭にあったもので昨日の昼過ぎに、いよいよ覚悟をきめて申告書の作成に取り掛かったのだ。なんのこたぁない、昨年同様結局土壇場もドタンバ、懲りない奴ではある。
 一年間溜め置いた領収書やら請求書、源泉徴収票などなど一心不乱に仕分けして必要な数字を求める、なんせ一年に一回なのだから手順書にある解説を読み解きながら計算しなくちゃならない。税理士さんが必要になるわなぁ〜。

 しかし、入出金の回数が両手で数えられるくらいの規模だと半日没頭すりゃぁなんとかなる。意外だったのは医療費の額が控除対象になるほど掛かっていなかったことで、これは喜ぶべきことなんだろうが、領収書の整理なんぞして損した感じ、あはっ。

 数字が全部埋まったところで、提出の締め切りは休日明け月曜日の16日中だと知った。な〜んだ、余裕じゃないかと。それならe-Taxで電子申請でもしてやろうかと思い始めたのだが、さすがもう眠い。
STOP_朝8時就寝、13時起床。今日は絶好の釣り日和だったがもったいないことをした。しかし頭の片隅にこのところ居座っていた厭な義務感が無くなってるせいか、気分は上々、あれこれと予定を立てる。

 その前に腹ごしらえと、ふと思い立ち先日の山菜料理でのタラの芽の天ぷらの美味しさから、グリーンアスパラのそれが似た味のような気がして早速調理開始、例によってついでに野菜のかき揚げやら玉ねぎの天ぷらなんぞも作る。すっかり手慣れた感じがして妙に自信が付いてしまった、あはは。
 確かに思い違いではなく、細身のグリーンアスパラとタラの芽は味も食感も良く似ていてなかなかに美味しかった。

click

 約束だったので三重の舎弟にメールを入れ、先々週だったか、高速料金値下げは兄貴のための税改正だとまで言われていたこともあり、この28日以降に出発すると伝える。桜真っ盛りの南紀を思うとワクワクしちまうなぁ。まてよっ、とそこで思ったのは笛の横田さんのコンサートが確か29日、これに顔出してから出発がいいなぁと心に決める。さらにまてよっ、と確か「珈琲パウエル」のKAMIさん主宰のジャズ鑑賞会カーチス・フラー編が26日木曜日で参加可能ではないか。ちょうど姪孫の小学校入学祝いのこともあるし今日の気分では行く気満々となってしまったのだが、味を占めてるグータラ感とどちらが勝るか予断は許さない。STOP
【e-Tax使用感】
 確定申告に必要なものは全て揃いあとは提出するだけになっていたが、せっかくIDを収得してあるのだし、世界IT推進委員会極東支部の野次馬オブザーバーとしてはやはり検証せねばとメニューに沿って入力してみた。
 さすが国家の根底を支える税制のシステム(web技術でのという意味なのだが)、とても良く構成されていて感心した。これだけ多岐多様になる項目について随所に工夫のあとが見られて具合が良い。入力フォームでのデータが消えにくいページ送りになっているのも好ましいし、保存して編集も容易だ。

 結果は手計算の申告書とほんの数千円の違いが出たのだがこれは必要経費類での見解の相違ってやつだろうなぁと慰める。しかし今回は厳密には電子申請ではなく明日税務署にごっそりある領収書などとともに出すのだが、質問してそれもスキャンした画像データで構わないとなれば来年からは晴れて電子申請だぁ。しかしこのシステム、相当にお金かけてるは。

それで暇にあかせてこのe-Tax利用者数について調べてみた。過去には当局の水増しなどもあって大本営発表はあまりあてにはならないのだがH19年度で400万件に迫る勢いで昨年では620万件を超えているという。ただしこれは所得税以外にもすべての税申告についてのもので、個人の確定申告でとなるとはなはだ心もとないものだ。

 信頼に足るなぁと思われる調査で今年2月の統計があり、それは株式会社アイシェアというリサーチ会社のもので、ブロガーなどネットユーザー主体に456人にアンケートしたものがあった。それによると電子申告したことがあるのはわずか14.9%、しかしこの年数でこれは希望の持てる数字でもある。いまのところ数百万件のほとんどは税理士さんなどの利用ではないかと思われるのだが、個人利用者のほとんどが次回も利用するといっているのはそれなりに利便性があるのだと思う。願わくば国税や保険・年金に関してのデータベースが一元化され住民基本台帳などとリンクすることだが、遠い未来のことだろうなぁ。

 さらに妄想は膨らみ、よくある本人確認になんで車の免許証や健康保険証なんだとふと思った。んなもの国民の義務でもなんでもない、納税者カードがあってこそだろうなということだが、税金どころじゃないというシトがマジョリティになりつつあるようだからそうも行かないか。
 そういえば現行の住基ネットのカードが本人確認に用をなさなかったと思いだした、馬鹿げてる。

web拍手_履歴



2009年03月15日(日) No.2457 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

よそんちのこたぁ言えないのだが・・・


 我がサイトの掲示板やブログにも各種フイルターを掛けて無用な書き込みをブロックしており、中には善意の訪問者にも不快な思いをかけているのだろうなぁとは想像するのだが、あまたあるブログ・サービスの中にはいかにも不親切と思う手段を採用していることがあり、なんでぇ〜と首をかしげてしまうのだ。
 とある楽天ブログにコメントを書いて送信ボタンをクリックしたとたん、「当サイトにログインした方のみコメントできます」というアラート、んなもんコメント・フォームを表示するとき出しゃいいのにと思ったのだ。いけないのはフォームに入力した文字がクリアされちゃうことで、思いやりに欠けるとはこういうことだなぁと残念。いや、会員のみでと云うのがいけないのじゃなくてね。

 もうひとつ残念だったこと。ドルフィーやJJの良盤を多く出している「マシュマロ・レコード」というレーベルのオフィシャル・サイト、試聴用音源がなんとWindowsMediaAudioでの再生は10回までというデータだったのだ。web上での試聴にそれはないでしょとずっこけた、だはっ。

 最近の調査で、CD購入のきっかけとして若年層ではYoutubeなど動画サイトで聞いてというのが3割にせまる勢いだがオンラインのCDショップやレーベルのサイトを見てというのがほんの僅かでしかないという実態、売る気があんのかなぁ。
STOP_ということで久々に覘いたYoutube、ミンガス・セクステットのオスロでのコンサートの「Take The "A" Train」、何度聴いても楽しくなる。今日は特にピアノのJackie Byardが演奏するラグタイムチックなソロをミンガスが楽しげな顔で見ている様子、こちらまで愉快になる。ドルフィーも白い歯をみせてニヤッて見えるのは気のせいかなぁ。 もちろんこの演奏の白眉はなんといってもドルフィーのバス・クラ、お決まりのドルフィー節ともいえる、「ピっ、シャラルリルラ」満載でいうことなし、ミンガスのこと、ちょっと好きになったかも。

観ていたのはこちら

♪〜さわりもアップ。



web拍手_履歴



2009年03月14日(土) No.2454 (ブログ)
Comment(2) Trackback(0)

13日の金曜日だ。


 今朝は早朝5時頃に一度短い眠りから目覚めるもぐだぐだとした時間を過ごし昼寝を決め込む。午後3時過ぎには起き出し、ほったらかしにしていた「山ウド」の調理をした。あく抜きについてちとwebで調べると酢水にほんの少量の片栗粉を混ぜると白さが際立つとあったので試してみたところ、本当に真っ白、きれいな短冊のウドとなった。プチ先人の知恵だ。
 が、今日はさっぱり調理に気が向かず冷蔵庫にあった真空パックの「牛カルビ焼き肉」にさらにタレとトウバンジャーと加え、塩分多いなぁと思いながら焼き肉丼を食す。小心なこととは思いつつ常備した血圧計の値が正常値なのに甘んじての暴走だが、心の片隅ではまずぃんじゃないのと思わないでもない。

click

 丁度そのころハイビジョンの名画劇場で1944年度アカデミー受賞作品「ガス灯」が放映されていてこれ幸いと視聴した。知性をもったミロのヴィーナスと称されるイングリット・バーグマン、本当に美しいシトだ。そしてそのサスペンスの内容もさることながら、世紀末の英国の階級社会の様子が渋い骨董品を見ているかのように面白く感じられる。

click


STOP【しみじみ思う】
_仏教用語にある「無差別知」、理性の地金となっている知力のことでそれは必ず情緒の中心を通り日常茶飯にありありと出ているのに、シトはこれがあるとも思わず、大切だとも知らないでいる、と、岡潔先生は云われていた。そして最新の脳医学研究では、大脳前頭葉の機能障害があるとこの無差別知が働かないらしい。さらに私利私欲がここにでんと腰を据えると同じような現象がおきるのだといい、ある種の政治家連中が、どぇ〜といったことを本気でしゃべるのはこのたぐいなのだということらしい。情緒に欠けるということで残念なことだなぁと思うことしきりである。

 もう読書はしなくなって6年以上経つも、トイレタイムには置いてある5,6冊の御本をパラパラ拾い読みするだけなのだが、なぁ〜るほどねと感じる一文を再発見すると過去の名画をみるのと同じような喜びを得られる。
 今日、もうひとつの発見があったのは文章を読むに、あぁ自分は日本人だなぁと強く感じたことで、これだけ長い間横書きに慣れ親しんでいるにもかからわず、なぜか横書きのものより縦書きの文章のほうが頭にスッと入ってくるということがある。文字を横に読み進むのと上から下へというのでは、脳の働きが少し違うのだろうな。

web拍手_履歴



2009年03月13日(金) No.2451 (映画・DVD)
Comment(2) Trackback(0)

その気になる。


click

 なにやら最近は寝る前と寝起きにブログを書いているようで、日記というにはあたらぬなぁと、ふと感じる。昨日は昼近くに一度起き軽食のあとすぐにまた寝てしまい、起きたのがもう夜中の12時を回っていたから今日だ。11日は良い天気だったようで、こういうのをお天道様に申し訳無いというのだろうな、トホホ。

 ひとしきり漱石さんの全作品がweb文庫に収録されているのを拾い読みなどして、改めて文豪と称される所以を感じるのだが、文章の端々に苛立ちが見えなんとなくほっとする思いだ。

click

 取り揃えた山菜がと思い立ち、やっとその気になり調理にかかるも、さて何を作ろうとあれだけ買ってきたのか戸惑う。

 しばし素材を眺めつつさしあたりと下ごしらえは「タラの芽」と「うるい」と「山ミツバ」「春菊」、そして「薄切りの豚肉」。

 なかでも「うるい」は「オオバギボウシ」とも称され色合いが実に美しく、湯通ししたそのあっさりとした味は山菜ばなれしている。ギボウシを見る目が変わってしまうね。

click

 今回の山菜料理のきっかけは「うるいとタラの芽に山ウドと豚肉のあっさりサラダ」だったと思いだしながらも。とんかつ用に買ってあった肉の賞味期限も限界なので揚げ物もと欲張ったのだ。

 結局、サラダ、酢味噌和え、天ぷらにとんかつまで出来てしまったのだが想像以上に美味しく出来て大満足、天ぷらの衣がちと厚めだったが小麦粉を酒で溶くという手法を初めてやってみた。冷めてもべたっとならないらしい。

今回の「タラの芽」、旨かったなぁ。

click

とんかつは二回目の挑戦であったが、ちと手抜きをしたこともあって、不味かぁないのだが75点の出来、まぁまぁだったので食事の途中でパチリと撮影、ソースかけ過ぎだ。

 山ウドとセリまで手が回らなかったというより、そんなに食べれないということで次回にお預け、山ウドの皮を使ってきんぴらかかき揚げにしたいと思っているのだが、美味しく食べるにはやはり手間暇かかるなぁ。
STOP【ブレーン不在、あるいは居ないのかも】
_高速道路料金の思いつき値下げの実施で、またぞろ物議をかもしている。こんなものとっくに無料化でなきゃいけないことだが、一度味をしめた美味しい通行税を手放すなんて考える気高い政治家なぞホンマに居るのかと半信半疑だ。国民の税金で作った天下の往来、いわせてもらえば公団が関所を設け、昔の山賊と一緒だね。政権交代の暁にはぜひ無料化を実現してほしいものだ。だいたいが深夜など東名を走る車両の9割以上が運送業のトラックなのだ。食品、原材料、工業部品、製品の運搬だと思うと消費税の他にどれだけ国民から徴収していることかとその厚顔無恥に腹が立つ。何が受益者負担だ、プンプン。
 とっくの昔に一般道路と同等以上に公共施設、生活生命線になっているのだからして、保守・管理を国が賄うのは当たり前なのだ。

web拍手_履歴



2009年03月12日(木) No.2447 (ぐふふな調理)
Comment(3) Trackback(0)

春の画像。


【写真メモ】

click
♪〜コントラスト。


♪〜お気に入りの橋。
click


click
♪〜土のチカラかなぁ。


♪〜草冠に牙というにしては可愛い。
click



STOP_昨日はじつに良い天気で途中散策した遊歩道で見る光景はどれも心なごむものだった。さらに丁度下校時間にあたっていたのか通過した田園地帯の田舎道の歩道に小学生が大勢見受けられ、なんともほんわかした気分となった。
 自然の風景や子供の元気な様子というのは、単にきれいとか可愛いとか言葉に表せないような感情を持たせてくれる。ちっちゃい子供ってぇのは自然の一部かもしれないなどと思った一瞬だ。

web拍手_履歴




2009年03月11日(水) No.2444 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

タンゴ。・・・山菜ゲット。


click

 夕べは早く寝たのに夜中2時過ぎにTV映画が鳴り出し起きてしまった、というか予約していたのに覚えていなかっただけなのだが、1990年の映画「Naked Tango」というブエノスアイレスの裏社会を舞台にした、大好きなタンゴという舞踏の深奥をえぐり出そうかとも云える内容のピカレスク・ロマンだ。

 通して観るのは初めてだったが、赤と黒を基調にした映像は端っから悲劇を予感させるテンポの早い展開ではあったが、肝心のダンス・シーンは然程のものでなかったのでちとガッカリ。と思いつつも最後までみてしまったのだが、胸締め付けられるようなタンゴを鑑賞したいという願いは増す一方だ。

作品の惹句に世紀末の頃のデカダンスを色濃く映し出しな〜んてあったが、そんなのは上っ面でしかなかった。単純に犯罪者、無頼漢を描いているだけで食人種を見るがごとくなのだが、なんでこうも惹きつけられるのか不思議でしようがない。
STOP

click
♪〜桃の花が満開だ。


_結局5時に寝て9時に起床、外は明るく晴れ上がっていて気分上々。じき電話がなり、なんと昨年もこの時期行っていた瀬戸内海の小島、平郡島からのものだった。そこは山口県柳井市ということで、そういえば先日市長選挙があったことなど思い浮かべながら相談に乗る、まぁたいしたことではないのだが頼りにされるのは単純に嬉しいことだ。もう丸2年も経つのだなぁと、あのときの仕事を思い出す。

click
♪〜まんま、滝が三段。

 今日は一件約束があって10時には八王子方面へ出発、天気がいいので、まさにルンルン、って今は云わないのかなぁ。昨日の午後、懇意にしていただいているSさんが電話で、お昼でも食べながら相談があるとのことだったので、グッド・タイミングとばかり、即刻了承したのだ。月末に関東を離れるのに問題あってはいけないと、こちらから電話しようとしていた矢先だったのだ。
 いつもゴチになってばかりなので、今日こそはとお願いしてやっと拙者がもつことが出来たのだが、初めてじゃないかなぁ。

 それにしてもシゴトの話はほんの少し、あとは実家の北九州の漁港の話ばかりしていたのだが4月下旬にでも行こうかということになった。

 昼食後に分かれて拙者は相模川沿いに寄り道しながら帰路についたのだが途中の「三段の滝」運動公園でしばし散策、気温18度ともうすっかり春の感じがして実に良かった。2時間近く歩きまわり風が少し出てきたので切り上げて帰ってきた。

click

 家の近くまで来て、ふとこっちのスーパーにあったのではと、
「山菜」なのだが、
思い急遽、昨日とは別の系列店に寄る。あはっ、あったあった、ちゃんとあるではないか。たしかスーパーで山菜をいろいろ目にした覚えがあるのだが、ここだったかと合点して早速買い求める。ウド、タラの芽、ウルイ、などなど、フキノトウは量が多すぎるのと苦い思い出しかないのでパス。

 しっかし、おかしいのはブログネタにと写真撮ったとたん、料理する気が失せていたこと、新鮮でなきゃいけないのにこれはまずいことだ。

web拍手_履歴




2009年03月10日(火) No.2441 (映画・DVD)
Comment(2) Trackback(0)

山菜料理。


 5時就寝、11時起床と今日もぐだぐだかなと思ったところ、なぜか晴れやかな気分だったので不思議だ。ニュースを見ようと点けたTVでたまたま料理番組をやっていて「春の山菜料理」を取り上げていた。見ているうちになにやら意欲満々としてきて、これはチャレンジしないわけにいかないと思う。
 買い物も溜まっていたこともあり、午後3時過ぎには外出、そしてなぜか唐突に床屋さんに。前回は何時だったか思い出せないのだが年末に行ったあと行っていないとするともう三か月近くもなる。それにしちゃぁあまり伸びている感じがしていないが、髪の毛の成長スピードが遅くでもなったのだろうか。

 あちこちへ買い物に行き最後に山菜目当てで大型スーパーに行ったのだが、なんと、


あっ、イチローがヒットだ。


ウドもコゴミもタラの芽も行者ニンニクすら見つからなかった。せっかく意気込んでいたのに、なんてこったい。でも悔しいので菜の花とかフキとかほっそいアスパラガスなど山菜っぽいのを手当たり次第、ほんとに調理出来るものかはわからない。
 スーパーには何でも有ると思うほうが変か。でも山菜採りに出かけてまでという根性は、・・・ナイよなぁ、残念。


無得点、こちらも残念。



STOP_どぉ〜やら明日からは少しだけ青空が広がりそう。さきほどまで再放送のポアンカレ予想にまつわるドキュメンタリ「100年の難問はなぜ解けたのか」をまた観てしまった、ただただすごいなぁと思うだけなのだが。
 ところで、睫毛の白髪ってぇのは縁起のよいことらしいと聞き及び、気分良くしているのだが今夜はさっさと寝よっと。

web拍手_履歴



2009年03月09日(月) No.2440 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

南イングランドの旅。


 夜中2時頃か、なにかないかと点けたTVで「南イングランドの旅」という映像ドキュメントが映っていた。ナレーションなしで海岸沿いの特に有名でもない処を紹介するそれは、とても気に入ったもので、小さな海水浴場など、どことなく我が国と良く似た風情、というより我が国が真似たのかもしれないが親しみを覚えるものだった。なかにはアーサー王生誕伝承の古城のある観光スポットなどもあったが、ほとんどが初めて耳にするような地名なのだが、やたらと心惹かれる景色であった。

 見ているうちにむくむくと旅への思いが湧き上がる。そういえば二日ほど前に三重県の舎弟からいつ来るのか、なんてメールが来ていた。年4回というのはかなり頻繁ということだなぁと思わないでもないが、約束でもあるし、また未踏の海岸を行くのも楽しみだ。

 その前に確定申告、一気に書いてしまえば良いものをどうにもいけない、すぐに明日があるさと投げ出してしまう。今回はe-Taxでと思ったのだが、なんのこたぁない、源泉徴収票やら領収書の紙データの添付を思えばとてもじゃないけど便利とは言えない。申告書作成をPCでするので数字がタイプ文字になるだけのこと、なんともくだらないことだ。もっとトータルでシステムを考えるやつはいなものかなぁ。申請者側の手書き帳票の電子化なんてのはわずかの費用で済むのだからやはりシステムを確立させるのが急務なのに聞くところではeLtaxなどと称して民間主導で進行中だとも云う。霞が関は情けないと思わないのかなぁ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年03月09日(月) No.2437 (雑感::旅情)
Comment(2) Trackback(0)

天気のせいにしよう。


 7時就寝、12時起床。天気曇り、書類整理進まない。かいま見たお役所の税務処理の時代遅れぶりに唖然とする。せっかくこの15年間くらいで整備されたITインフラがなにも活かされていない。逆にPOSシステムなどを利用した地産地消、生産者直卸の仕組みを作って所得を何十倍にも出来た農家の紹介、農協は大丈夫かなぁ。




雲がなかなか無くならない。

STOP_この埋め込みのスクリプト、なぜか日時が固定なのだ。ブログ・パーツとうたっているのだが日記に貼り付けるにはそのほうが良いのかなぁ。

web拍手_履歴



2009年03月08日(日) No.2436 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

わかった。


 まぁまぁの好天なのに気持ちが外に向かず、ぐだぐだとした土曜日、考えているようで何も考えず見ているようで何も見ていないかのようだ。思うにこういう時ってのは何か感動することに遭遇しなけりゃいけないのだが、かといって積極的に探しに行く気もないとなると偶然を待つよりしょうがない。
 だれでもだと思うが、気分が落ち込むなんてことは日常茶飯事、自覚していてばノー・プロブレム、というわけで朝10時起床、洗顔していて驚いたのがなんと左目の睫毛に一本、白いものが見つかった。気にし出すとどうにも気障りで、よぉ〜しひとつ抜いてやろうと莫迦なことを思い立ち毛抜きを手に早速実行、ところがなかなか上手く捉えられず黒いのを10本近くも抜いてしまってからようやく目的の一本を抜いた。瞼を見るとなんともその一角がわずかな面積ながら羽根をむしり取った鳥肌のようで気色悪いったらありゃしない。はたして睫毛というのは新たに生えてくるものか不安になり、そそくさと調べたところ、なぁ〜んだ、一月ほどで生え変わるものと知り一安心。

 しかし目立たないせいだろうか、睫毛の白髪って今まで見た覚えがない。
STOP_予約してあったTVドラマ・スペシャル「白州次郎」第二回目を見ることが出来た。ぅん〜ん、こちらの気分のせいだろうが間延びしていてなんの感慨も得られなかったのは残念。とくに骨董家として名高い青山二郎さんや当時の文化人らが出てくるクダリは不味いものを口にしたような塩梅だった、だはっ。やはり戦争は文化を破壊するものだ、終戦を挟んでの半世紀くらいというのは不毛というしかない。

web拍手_履歴



2009年03月07日(土) No.2435 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

つらつらと考える。


 今日は8時に起床、また雨、冴えない。結局、昨日はせっかくの好天にもかからわず出かけるよりも籠もる方を選んでしまった。なぁ〜んにもしない心地よさに目覚めてしまったようで先が思いやられるが、つれづれに拝見したTV番組で「高齢化社会のあり方」といった内容のものがあり聴き耳を立てていたのだ。
 今、65歳以上の人口が全人口の3割を超えるという。そして年代とともに比率は上昇するとはいえ85歳くらいまでを見るとほとんど8割方のシトは元気に歩きまわっている。これは人類史上未経験の状態でもあるということで、人間社会のスタンダードを考える時に当然従来とは変わらなければいけないだろうということだった。

 それでふと考えたことは、ほとんどの思想書や哲学書の類いは平均寿命50歳にも満たない頃に成立したということで、かの孔子さまの教えからしても拙者は7掛けで読み解いていたものだが、それにしても不惑の後が長すぎるなぁ。

 その放送で訴えていたのは3割以上を占める高齢者を標準とした社会基盤をというものだったのだが、ハードウエアに関してはおいおいそうなっていくだろうとあまり心配していない。

 そんなことより考えるのは、未来の人間社会の権力構造・支配構造についてのことごと。間違いなく体力・気力が低下する高齢者がいかに民衆の付託を受けてとはいえその頂点に居ても良いものかということだ。いくら祭り上げられても後進に道を託するのが善いと思うのだがどうなんだろう。我が国の政治家で唯一ともいえるような見識を備える与謝野肇さん、もう72歳にもなられ激務をされている様子は見ていて気の毒にもなる。ご本人の義務感や責任感からだとしたら凄いことだ。
STOP【今日のニュースから】

click

_世界最大級の豪華客船「クイーン・メリー2」号が横浜に寄港したとのニュース、ベイブリッジは通れないないので大黒埠頭に着岸した様子が映像で見ることが出来た。でかいでかい、この莫迦デカイということはそれだけで感動してしまう。建造には熟練工が延べ800万時間・人かかったというが雇用創出という点では大変なもんだ。世界一はその後に作られた「フリーダム・オブ・ザ・シー」号や今年進水する「オアシス・オブ・ザ・シーズ」号にゆずるということらしいが、それにしても大きい。
 よくアンケートなどで聞く一生のうちにかなえたいことに豪華客船での世界一周な〜んてのが多いことから需要は十分にあるのだろうね。
 あいにく拙者はあまりそういったことに興味はゆかないのだが、その多様で豪華な設備を見たりするのは大好きだ。海に浮かぶ船に地上の町並み以上に快適な空間を作り出す、てぇのにわくわくするのだが逆にわざわざ海の上でしなくとも、なんて考えたりする天の邪鬼なのだ。しかしこのような富の再配分に寄与する商売は悪いことじゃあないと思う。
STOP【おぉ〜、と思ったこと】
_午後3時過ぎだったか国会中継を拝見していて珍しく丁々発止といった感じの議論が短い時間ではあったがなされていた。それは「社会民主」についてのやり取りであったのだが常々我が国は過去の善き共産主義者が思い描いたであろう社会に近づいていると思っていたのでそれが国会の場で議論されるということに気分を良くしたのだ。なんだかんだ言っても現実には政治の采配で社会が変わるのだからして近代社会民主というのがどうあるべきかを真面目に討論するのは有意義ということに尽きる。
 策を巡らし賄賂を取ってるような奴らは断固引きずり下ろすというのも当たり前の話だろうに、恥ずかしいことだ。

web拍手_履歴



2009年03月06日(金) No.2434 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

天ぷら。


click

 このところの天候不順で表に出るのが億劫で自炊に意欲的だ。昨夜もなんと「天ぷら」にチャレンジ、これが上手に出来たので嬉しいったらありゃしない。 先日、肉じゃがを調理したときにニンジンの皮を剥いていて、野菜のかき揚げが頭に浮かび、そのときにゴボウのさきがけもしておいたのだ。それにカボチャのスライスしたものもあったので痛む前にということで。

 天ぷらは塩でいただいたり天つゆでも食べるが、なぜか拙者は生醤油をたらして食するのが大好きで、今回は実に巧く出来た。カボチャの天ぷらなどはほんのりと甘く、おやつにもなるような美味しさであった。

 しかし、この調理に面白みを感じるってぇのはなかなかに有意義なことだと思うようになったのだが、最近の教育では男女関係なく教えるらしいね。

 今朝はまた馬鹿っ早く起きてしまったのだが一日だけ穏やかな好天だとあって海に行きたくてうずうずしているところなのだが、どうなることやら。
STOP_ブログに貼り付けるフラッシュ・プレイヤー、こんなのもいいなぁと思った。








web拍手_履歴



2009年03月05日(木) No.2428 (ぐふふな調理)
Comment(4) Trackback(0)

いつまでこんな無駄な事を。


 まるで冬に逆戻りしたかのような寒さ、冬眠よろしく10時過ぎまでヌクヌクと寝ていて起き出し、今日は燃えるゴミに日だと外に出るとシャーベット状の雪がまだ残っていてそそくさと戻る。

click

 郵便受けのハガキの一枚を開いて、前から腹に据えかねていたのだが、この時期、確定申告にそなえていやいや領収書の整理を始めたこともあって、いっぺんに頭に血が昇った。

 我が国の年金や健康保険制度には問題がたくさんあるといっても、あからさまなダマシや誤魔化しは徐々にでも是正されると信じたいのだが、こういう無駄をやめろというシトはいないものか。条例で定め、市町村単位でこのハガキを数か月に一度被保険者に送付しているというのだが、すこし調べたところ加入者がどれだけ保険金を使っているかを知らせて医療費の低減に役立てるのが目的だという。

 おためごかしとはこういうことで、似たり寄ったりの趣旨で全国でなされているようだが、これは明らかにピンボケの厚生労働省の指導なんだろうと推測してしまう。まともな首長さんならこんなあほみたいなこと実施するはずがない。

 そして、高額医療費の控除申請などは別に手続きが必要なのだという。病院窓口で支払いするときに3割負担であるからして総額いくらがこの病院に支払われるなんてのは、いつも頭に浮かぶことで、その時々で高いなぁとかありがたいことだとか思うわけで、医療費なんぞ出来ることならかけたくないに決まってるだろうに、まったくぅ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年03月04日(水) No.2425 (怒。)
Comment(2) Trackback(0)

肉じゃが。


click

 夕方になってみぞれまじりの雪、気温が摂氏1度ってぇんだから寒いはずだ、桃の節句なのにね。今日は久しぶりに調理人魂に火が付き、お惣菜の横綱、「肉じゃが」にチャレンジしてみた。一応レシピを眺めたが、とても正確には出来そうもないのでとりあえず順番だけ頭に入れて野菜の下ごしらえから。

 今日の日に備え三日前に全て材料は揃えてあったが賞味期限ぎりぎりではあった。そして今回は牛でなく豚肉を使うのと、調味料を「追い鰹つゆ」だけに絞り、砂糖・塩・他調味料を一切加えないで調理することにしたのだ。
 グルメ番組などで良く云われる素材の旨味がどんなものかと試してみたかったのだ。しかし、そこは拙者の悪い癖が出てしまい定番の素材の他についついあれもこれも下ごしらえしてしまい8種類も入れてしまったのだ。長ネギと油揚げとお豆腐は思いとどまったが、シンプルな肉じゃがとはならなかったのは如何ともし難い。

 それにしても時間のかかること掛かること、半端じゃぁない。下ごしらえに一時間近くかかり、サラダ油でサッと炒めたあと、ことこと煮ること30分以上、さてお味のほうはというと、これが大成功、塩分が少なくてもこれだけ旨いものが出来るのかと新たな発見をした思いだ。ジャガイモも欲張って男爵イモとメイクイーンの2種類使ってしまったが、それぞれの味がして良かった。気まぐれで皮をワイヤーブラシで擦り取ったのだが、これは普通に皮むきしたほうがいいなと納得、いわゆる雑味が少し混じる感じがする。

なんにせよ、後味が良いというのはこういうことかも知れない、いつもなら甘辛く濃い目に煮付けるものと違って食後感がまるで違う。薄味をして上品と目するのはあながち間違ってはいないことかも知れないなぁ。まぁ好きズキということではどっちゃでも良いのだが。

 あまたある食材でコンニャクほど不思議なものはない。誰が考えたのか尊敬の念すら覚えてしまう。

STOP_

web拍手_履歴



2009年03月03日(火) No.2423 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

久闘、苦闘。句闘、狗闘。


click

 昨夜は花粉症によるクシャミと鼻水との格闘、ティッシュペーパー2箱、タオル2本を使い切る頃にようやくくたびれて眠りについたのだが、目覚めたとき、薄目をあけて見た時計の長針と短針を見間違え、てっきり6時過ぎと思ったらなんと午後1時30分、12時間近く寝ていた勘定だ。

click

 起きた時、鼻のまわりはすっかり乾いていて花粉症の気配もなくなっていたが起き出してものの数分でまただらだらと出てきた。

click

いい加減に鼻水を抑える薬でも買ってこないことにゃまずいかなぁとも考えるのだが、もうすこし時間が経ちゃぁなんでもないことだし、さてっ、どうしたもんかと今日は雛祭りだ。

click



 この頃、シトの趣味・道楽に思いがいってweb上のそんなサイトを拝見したりしているのだが、いやはや個人とはいっても大変は情報量、よくぞここまで集められたものだと感心してしまうのだが、あくなき探求心のなせるわざなのだろうネ。「足るを知る」などという諦観に近い至言もあるがそんなこと云う奴は好奇心の度合いが少ないのだろうなぁと重きを置かない。
・見たことのない名画。
・聞いていない名演奏。
・読んだこと無い名著。
・観たことのない絶景。
たくさんあるんだろうなぁ。それだけじゃなく拙者の場合はなんでもない小さな漁港や海辺にやたら惹きつけられるところがあって収拾がつかない。

 足るを知るも知らないもそれぞれの人生、どっちが好いんだか。
STOP
 当ブログに折々にコメントくださる埼玉県の「珈琲パウエル」ご亭主のKAMIさんが主宰される「ジャズ鑑賞会」がこの3月26日(木)に早19回目を迎えての開催とのお知らせがアップされていた。

そして、今回は嬉しいことに拙者の大好きなジャズ・トロンボーン奏者、カーティス・フラーさんが取り上げられるという。

単に個人的な思い込みに過ぎないのだが、なぜかこのフラーとエリック・ドルフィーへのリコメンドがあると無性に嬉しくなってしまうのだ。

思えば5年ほど前にDTMを恐る恐る始めてこのサイトを作った最初のコンボ演奏の短編が彼のアルバムにあった「Five Spot After Dark」、音楽に主義主張などちゃんちゃら可笑しいと納得したのもその時だった。





♪〜入力した時には題名もあやしかった。






web拍手_履歴



2009年03月03日(火) No.2421 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

晴れた晴れた。


click
♪〜水ぬるむ、とまではいかないが、
  少しだけ春のきざし。


 今朝はしばらくぶりの朝寝坊、10時過ぎに起き外を見ると一週間ぶりの青空だ。風がやや強く冷たいとの予報だが、こうしちゃおれぬと出かける用意をする。ブランチにたまにはイッカとインスタント・ラーメン、これにラー油だの胡椒だの、長ネギだの、メンマだの焼き海苔だのさらにはおろしニンニクを入れていただくのだが、めっぽうイケるのだ。

 向かった先は中津川沿いのへらぶなセンター、風は思ったほどでもなくぽかぽかとした日差しのもと、のんびりと竿を振った。この池にはよほど魚が放流されているようで餌なしでも浮きが良く動く、そしてカラ合わせするとスレで掛かってきたりもする。やはり釣り堀の釣りは面白みに欠けるかなぁと思いながらも4時過ぎまでやっていて仕舞にした。

click

 ここはすぐ側に圏央道につながる「さがみ縦貫道路」が建設中で大きな橋が姿を見せている。相模川に沿うように茅ヶ崎まであちこちが建設途中なのだがいつごろ出来るのかなぁ。国道16号の混雑解消と都内通過車両の迂回路にということらしいが、ずいぶん時間がかかっているように思う。完成時にどれだけの利用者が居るものかちと疑問だ。

遠くに丹沢山系、今日は雲がひときわ白く見えた。
STOP【今日の座布団一枚】
_「トキを焼き鳥にして食うようなもんだ」
東京駅前の旧東京中央郵便局建て替え高層化について鳩山さんちの次男坊がいった言葉。面白いのだが、歴史的建造物というにしては味もそっけもない建物だ。審美眼の問題だが、80年前のあの建物にそれほどの価値があるとはどうしても思えない、まして世界遺産などとはとんでもない。我が国に正直な文化人はいないのか。

web拍手_履歴



2009年03月02日(月) No.2417 (雑感)
Comment(3) Trackback(0)

月変わり。


 今朝は5:30起床、やはり曇り空のようだ。今日から3月といっても心境の変化が特にあるわけなくどうしたものかと思いあぐねる。
STOP【気がかりなこと】
_世の流れを見ていて、自分が次第にアナーキーになってきているなぁと感じる昨今、内的に新たな興味の種がないとどうしても世間を見てしまうのだが、その中での大きな心配事が二つあって、一つは地球温暖化による人類の行く末。拙者の漠然とした予想では絶滅せずに何割かが生き残り新たな社会を作っていくだろうと楽観的だが夢の無い話だが、この一度手にした便利で快適な環境はまず捨てることは考えられない。想像に過ぎないのだが環境の変化が徐々に現れる時、シトがどんな行動をとるのだろうかと思い、格差社会とか階級社会というのはそっくり相似形で残るのろうなぁと埒もなく考える。いずれにせよ、この地球規模の変化を贖うのに人間の力じゃどうしようもない。今の時代に生きていて良かったなぁと思うのが精いっぱいだ。

 もうひとつに拡大するイスラム、石油資源で得た莫大な富を使って宗教学校に多くの留学生を集め、世界中の貧困層に施してムスリムの増殖に成果を上げているという。この中世の思想が化石のごとく残った教義はいくら頑張っても理解できないことだらけでイラつくものの筆頭だが世界で2番目に信者の多い宗教なのだ。宗教は全てそうだがまず恵まれない虐げられた民衆を取り込むことから始まることを思うととても悲しいのだ。先日もテヘランの今昔を取り上げた映像ドキュメントを見て不思議でならなかった。洗脳され個人で考えることをしなくなった若者、疑問を持たない人間、合理という言葉の概念が決定的に異なるということかなぁと、これも諦めるしかない。
STOP_さてっ、今23:30、どうやら明日は天気になりそう。さきほどまでコマーシャルの合間を縫ってという感じでTV映画劇場で「M.I-掘廚魎僂討い燭里世CMの時に切り替えるとハイビジョン画像で画家のベラスケスとゴヤの作品を紹介していて、あっち見たりこっち見たりと、まぁ忙しいことだった。
 これからサイトの定期更新して、さっさと寝よう。

web拍手_履歴



2009年03月01日(日) No.2416 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen