LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


待ち遠しい。


 今朝は目論見通り5:00起床、熟睡だった。睡眠といえばその昔、かの大臣ではないが睡眠剤に依存していたこともあったなぁと、なにがきっかけで服用を止めるようになったのか思い出せないのだが、5年程前の大不調の時ですら処方されたそれを使わなかった。多分、あんなもんで己の意識を左右されることが勘弁ならなかったのだろうな。とはいうものの、あの朦朧とした状態というのもなかなかに魅力的なもので、なんにせよ酔うことが出来るということは個人の自由のひとつなのかも知れない、まぁ場所柄をわきまえるのは当然としてもね。

 朝食にコンブ出汁の納豆2パックとキャベツの浅漬けと牛乳、8時になっても空にはまだ厚い雲が垂れこめている。ん〜〜ん、オッカシイな、衛星写真で見るとそろそろスカっと青空が広がるはずなのに。
STOP

click

_あれれっ、10時過ぎにちょっと日が差しただけで相変わらずの曇り空だ。
昼近くになってようやく薄日が差してきたがどうやら低気圧のせいで雲が湧いているようだ。でも風が弱いので穏やかな感じもするので出かけることにした。

click

 最初、へらぶなセンターに行こうと思ったのだが、土曜日ということで混んでるようにも思い急きょ相模川での寒ぶなに変更、この気温水温なので釣れる見込みはまずないのだが目的は浮きのバランスと練り餌の感じを掴もうという算段だが、中流域の三段の滝下というところのワウンドで3時間ほど竿を振り、ようやく気が済んだ。
 静かな水面にポツンと立つ極細の浮きをボ〜っと見ているだけで天下泰平、ノープロブレムと気が休まる。そして今日は何故か頭の中を「Lullaby of Birdland」が繰り返し流れ止まらない。
STOP_夜、NHKのドラマ・スペシャル「白州次郎」を見た。実話に基ずくフィクションですと断りがはいっていて、何度も読んだ物語なのだが第一回目は彼が個人の良心とか正義に原則を据えていく様子が解り易く描かれていると思って見ていた。まぁそういったことをアマリ考えないシトにはつまんないこととは思うが劇中、吉田茂さんを演じた役者さんは感じが出ていて面白かったなぁ、来週の楽しみが出来た。

web拍手_履歴



2009年02月28日(土) No.2415 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

バーチャルも侮れない。


 夜9時過ぎかたまたまハイビジョン画像で青空と山と海の風景を眺めて、突然気分が晴々としてしまった。えぇ〜、こんなことでと驚くばかりなのだが心というのはホントに良く解らないものの筆頭だ。
 今、拾い読みしている戦前のノーベル物理学賞のシュレーディンガーさんの「生命とは何か」という真面目で面倒くさい内容の本、解説に彼が相当な性愛至上主義者でもあり生涯にわたって恋多き方故の理論と目されるとあるのがなんとも愉快なことで、森羅万象の真理を探る物理学においてすら根っこに生々しいシトの心が影響するのだと妙な感動を覚えている。
 天気予報の雨雲の動きが俄然早くなっていて、どうやら明日は晴れになりそうだ。冴えない今日は早く寝てしまうに限る、音楽さえ耳障りというのが気紛れにしても酷いことだ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月27日(金) No.2414 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

滅入る。


 今朝の起床は8:50。あまり熟睡感がなく面白くない。そして外は相変わらず雨、いかにも冷たそう。昨夜遅くにふやけるほどの長風呂のあと、だらだらと本など拾い読みしていたのがいけなかったか、早起き週間がすぎ去る感じだ。
 こうなると日中も覇気がないというか、ダラケタ感じで過ぎ去る時間を見ている。こうまでお天気に気分を左右されるってぇのは不本意なこと極まりないもだが、止まない雨はないとでも思うしかないな。

 そんな午後、ニュースで「社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)」への公正取引委員会からの排除勧告がなされたことを知った。今さらなのだが、我が国の著作権法に基ずくとして行っている「包括的許諾」なる理不尽な独占行為を糾弾しているのだが、どうなることやら。

 自由民主主義における知的財産権なるものについて、もう少しましな論議があっても良さそうに思うのだが、そんな人物も見当たらないし、もうそんなこと知らんっ、と一歩離れて傍観しているが、それがなんにせよ権利ビジネスなんてものは近年の詐欺まがいの金融システム同様、歯止めをかけなくちゃ碌なもんでない。
STOP
【ニュースから】
_24日未明から25日にかけて九州地方沿岸での「あびき」に関する報道できちんと伝えているものが無かったのは残念。昭和57年にも最大上昇3mというものもあって、東シナ海では昔から稀に起きる現象でもあり、恐れられ、原因もほぼ解っているのに、てぇへんだてぇへんだと騒ぐだけの報道というのは情けない。気象用語で「副振動」といっているのは潮位グラフに現れる変化が一日2回の変動の間に細かく現れるからそう呼んでいるので、振動が変化を増幅させていると間違った説明をしている方もいた、科学大国かぁ。

web拍手_履歴



2009年02月27日(金) No.2413 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

豪勢なサウンド。


click
♪〜I'm A Dreamerさわり・・
・・・・・・・・

 外に出るのも儘ならず無聊をかこっていたのだが、ふと注文していたCDが届いているはずと郵便受けを見にいったところ案の定、チラシ類の重なり具合から察するに、昨日には届いていたもののようだった。早速封を切り聴いてみたのだがこのジョニー・マンデルの編曲によるサウンドは予想に違わない豪華なもので、これが1959年の録音で参加メンバーが皆当時のウエストコースト・ジャズの一流どころとあって、心地良いことったらありゃしない。願わくは、当時の録音技術ではなく、21世紀のそれでレコーディングしたならどれほどのサウンドになるものか聴いてみたいものだ。

 アルバムの主役はゴギ・グラントさんというTV時代の女性シンガーということで、生憎と拙者の嗜好とは異なる分野なのだが、その歌声は本当に素晴らしく美しいものだった。

 これを聴いていて思ったのは自分の音楽嗜好が器楽演奏によくよく偏っているなぁということで、クラシックの場合でもミュージカルなんかでも歌をとばして聴いていることがほとんどだ。ワーグナーやベルディでもそうなんだからかなり損をしているとも云える。シトの声を忌避するようななにかがあるのかも知れないのだが、先日来のダイナ・ワシントンやエラ、アニタ・オディやビリー・ホリディなど、とりつかれるがごとく聴いてしまうこともある。どうやら声楽は拙者の頭の中の音楽の辞書からスポイルされているらしく、どちらかというとポエムを噛みしめるがごときなのだ、とほほ。
 そういやぁ、オンギョクという言葉に対してシイカなんてのがあるくらいだから格別に変ということでもないのかも知れない。なんにせよ片寄るというのは視野が狭いというか聴野が狭いということだが、そんな言葉はないか。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月26日(木) No.2412 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

あはは、こりゃぁイイ。


 夕べ早々と寝入ったせいで今朝は5時に一度起床、朝食に残りものの煮野菜とモズクとバナナとミルク。外はまだ暗くどのみち相変わらずのぐずついた天気になるだろうと再び寝床に戻りお気に入りのプレイリストをかけながらまた寝てしまった。

click

 結局起きたのが8:50、天気予報をみて面白いものを見つけて大喜び。いつも利用する「Yahoo天気予報サービス」の「ピンポイント天気予報」、そこにアンケート・ボタンがついていて、10分毎に集計した情報を表示しているのだ。いつから付いていたのかなぁと思いながらも、いままでなかったのが不思議なくらいだ。PCバージョンで、ちと気になるのはピンポイント天気予報の利用目的がこれから出掛けようなどとしている遠隔地の場合は当然答えられないようにすると精度は増すのに発信者のエリア情報での縛りはかけていないようだ。携帯バージョンでもそうなのかなぁ。それよりも利用者の善意を信じてということなのだろうね。
STOP_メインサイトに設置してあるmidiとmp3の投票に久々にいたずら書き込みがあった。ロシアとウクライナのホストからだ。コメント欄にフィルターをかけていなかったので思いつきで追加した。意味不明の書き込みは汚らしいもんね。
 それにしてもこの天気の暗さはなんとかならないものか、ならないよなぁ。
STOP【優柔不断】
_窓から降ったり止んだりの空を見上げ、出かけようかどうしようかとウズウズ落ち着かない一日だった。釣りは始めてしまえば雨も苦痛とまでは感じないのだが冷たい雨の中で釣りをすることを想像するともういけない、やぁ〜めたとなってしまう。
 いっそのことザァザァと降ってくれりゃ諦めもつくのだが今日のように雲が厚くたちこめていて時々小雨というのがいちばん困ってしまう、なんてのはまるで駄々っ子と同じ精神ではないか。

web拍手_履歴



2009年02月26日(木) No.2409 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(2) Trackback(0)

花粉症。


 ファーックション、と激しいクシャミで起きたのがまだ暗い5時、まったくもってこの花粉症の時期は癪に障る。そしてとめどもなく流れ出る鼻水、体中の水分が出ちゃうのではないかと思うほどだ。ティッシュペーパーでは間に合わずフェイスタオルを使って鼻をかむ始末。拙者の場合巷間いわれるように天気の良い乾燥した日以上にこの雨模様の時に症状がひどくなる。現役のころは鼻水を抑える薬を飲んでいたものだが今は出るにまかせているものだからうっとおしい事この上ない。あの鼻がからからに乾く薬も気分悪いし。
 こんなに早起きしてもしょうがないのだがエアクリーナーを最強にして室内の空気をちとキレイにしてやろうとセッティングした。視力が相当に低下しているのであまりホコリが目につかないのだがよくよく見るとかなりのものだ。これじゃいけないと今日は掃除に取り掛かろう、と決心するがはたしてホントにやるかは疑わしい。

STOP【オバマ大統領】
_11時過ぎから中継されたオバマさんの米国議会演説を聴いた。やはり稀にみる人物のようでその演説の内容が具体的で整理されていることに感心した。財政支援に関してうまい汁を吸ってきた金融会社や巨大メーカーを明確に断罪し、「新エネルギー」「医療保険制度」「教育」にきっちりと的をしぼって、何時誰がどのようにと訴えたのが印象的で宰相としての責任感をまざまざと見せている。冷ややかな見方もできるだろうが、いくら高い地位に居ってもなすべきことをしないのは恥でしかない。悔しいなぁ。
 普通、10人中9人からダメ出しくらったら恥ずかしくて引っ込むと思うのだがなにがそれを押しとどめるのか不思議でしょうがない、おかしな責任感もあるもんだ。
【公務員給与】
 九州のとある市長さんが全市役所職員の報酬額をブログで公開して物議をかもしている。見ると確かに社会全体のバランスから逸脱しているようにも感じる数字で内緒にしておきたい方々が多いのは情けない、逆にそれに見合う価値ある仕事をしてくれればそれほどめちゃくちゃな金額でもない。教師や医師も高い報酬を得て当然と思われる世の中がイイに決まってる。政治家もね。今問題なのは並みの人間以下の者が多数まぎれこんでのうのうと録を食んでいることに尽きる。やはり組織の腐敗ということか、採用試験がまずいのか。

web拍手_履歴



2009年02月25日(水) No.2408 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

へらぶな釣り。


 今朝は7:30に起床、このところの早寝早起きが順調で気分は上々だが外はドンヨリとした曇り空、惜しいなぁ。今、自作DTM作品をCDで再生、大型スピーカーで聴いているがmp3プレイヤーなどより数段良い音になるんだと感心しているのだ。CD音源だと1411kbps、mp3では標準で128kbpsだからさもありなんということか。

 昨日飛び込んできた映画「おくりびと」のアカデミィー賞受賞報道をひとしきり観る。モックンはまさに日本男児ここにありってな感じの美しさがあって素晴らしい、あの怪女優のお眼鏡にかなっただけのことがあるわ。
 このアカデミィー賞って今年で81回目、6,000人もの会員の無記名投票で選ばれるとあって、妙な工作の匂いがしなくて好感が持てる。こういう権威は大切だと痛感、ノーベル賞もそうだなぁ。監督のご両親の喜びが素直に伝わってきて、なにやら嬉しさのおこぼれに与った思いがする。

 先日様子を見に行った「へらぶなセンター」に行きたくてうずうずしてるのだが雨だといやだなとふんぎりがつかない。仕掛け一式も作り、餌の「わらびうどん」なども出来ている。調理さながらキッチンで茹でるのだから釣りをしないシトには滑稽なことに見えるだろうなと思う。新しい仕掛けの工夫をしているうちにどうにも我慢できなくなり出かけることにした。
STOP_午後はあいにくの小雨模様となったがセンターの亭主殿にテントをかけてもらいへらぶな釣りの勘を取り戻そうとひたすら浮きを見詰めて合わせに集中した。やはり出だしの一時間ほどはなかなか合わせられなかったが次第に感覚が戻ってきてぼちぼちと掛かり出す。いやぁ〜、面白いもんだ、じつに微妙な浮きの動きで魚の様子を想像するのだが、2ミリ3ミリの動きで千差万別、一つとして同じ当たり方は無いのだ。あとは練り餌の作り方次第、いろいろな硬さやバラケ具合を試す楽しみもある。聞くところではここは開業して50有余年、今で3代目だという。そして農業もやりながら一人で切り盛りしているのだという。土日の入場者はまぁまぁとしても平日だとそれほど多くは来ないので潰れない程度にしか利益はあがらないのだとも云っていた。そういえば釣りはヘラに始まりヘラに終わるな〜んてことも良くいわれるし、しばらく通ってみようかと思った次第。
STOP【ぐふふな調理】

click

_帰りに寄ったスーパーでノルウェー産の子持ち鰊、もちろん冷凍物だがな〜んか旨そうでつい手が出てしまい、夕食のメインディッシュとした。一汁三菜のいい感じの晩飯をなり、大満足。我ながら調理上手になったと思う。このニシンの焦げ具合などほれぼれしちまう、お味は70点と言ったところだ。あの細胞を壊さないという冷凍技術がもっと広まると好いのになぁ。
STOP【WBC強化試合】
_対オーストラリア戦が始まった。選手が皆良い顔している、やはり日本を背負って立つという心意気かなぁ。出だしから緊張感のある素晴らしい試合だ、野球ってこんなに面白かったかと改めて思う。シーズン中のリーグ戦ではこんな感じじゃないもの。

web拍手_履歴



2009年02月24日(火) No.2407 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

オディッセィ。


 今日は一日冷たい雨、今朝6時に「ジャズ・オディセィを演ってるよ」と意味不明の叫び声がして驚いて目を覚ましたのだが、めずらしく夢を見ていたようだ。起き上がってしきりに考えを巡らすのだがさっぱり理由が解らないという不可解さ、でもその昔、ギリシャ神話に由来するホメーロスの一大叙情詩を知って以来、とてつもない遠回りをして故郷に戻るこの主人公の人生に心ときめかしたこともあって、「オディッセィ」という言葉には思わず反応してしまうところがいまだにあるのは不思議な感じもする。車のCMででもドキリとするんだから厄介だ。

 あまりのめり込んでジャズ・ボーカルを聴くことのなかったのにこのところダイナ・ワシントンの熱唱を聴き続けていて感化でもされてしまったのかと疑ってしまう。昨夜などもジャズブログ「dukeアドリブ帖」で紹介されていたジャズ・シンガーのアルバムCDを聞いたこともないのに衝動買いしてしまった。佳作に違いないという思い込みがちとコワイ気もしている、だはは。

 そういえば昨夜遅くに懇意にしていた先輩から長電話で、あろうことか「今、金地金の買い時だからしんじさんもゼヒ」という内容、あぁ〜、何たること、この拙者に投機を勧めるシトが身近に居ったというショックでサイトの定期メンテ後、早々に寝てしまった。悪気はないとは思うが、何十年も付き合っていて労せず儲けることの卑しさをさんざん言ってきたつもりなのにぃ〜、と残念感が拭いきれない。

 しかしこのところの世界各国での不況対策と称しての膨大な金額となるいわば紙っぺらの発行はなにを引き起こすか予想もできない。一説では一オンス6,000ドルまで上昇する(させる)という噂も耳にする。まぁ上手くやってよと言うしかない。
STOP_
♪〜そんなことより、この演奏が・・・

web拍手_履歴





 
2009年02月23日(月) No.2404 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

30数年ぶりで。


click
♪〜椿かなぁ、きれいな赤。

 10時頃になって、あまりの天気の良さに今日こそ釣り堀に行ってやろうと調べてあった近くの「フィッシング・センター」に向かうことにした、しかしヘラブナ用の道具が行方不明で見つからない。しょうがないので、ありあわせのもので間に合わせようと6尺と10尺の振り出し竿と後はいつも携帯する海釣り道具にした。なんといってもヘラブナ釣りはかれこれ30数年ぶりになる、まぁ今日は様子だけでもという気持ちだったのだが、10km足らずのところにあったそれは釣り堀ではなく鮎の養殖場であった、ぐふぅと思いつつ近くを検索してみると相模川沿いの、そこからすぐのところに「へらぶなセンター」があり、今度は電話で確認してから向かったところ河川敷近くということで目標は出るのだが道路が出ない。結局周りを3周ほどしてようやく入り口に到着した。こんなじゃ、とても地元の釣りファンですとは云えないなぁ。

click
♪〜満員の盛況。

 好天の日曜日とあって、なかなかの盛況ぶりで同好会やクラブの例会なども開催中で、入場券を買いがてら場内をのんびり見物して回った。亭主にハリや餌の事を訪ねると、皆さん持参してくるので販売は特にしていないのだという。ヘラブナ用の練り餌とハリはあげますから糸は自分で結んでねと言われ、何とかなりそうだと釣り座を構える。

 丁度昼時になっていて、予約の団体さんから場内の食堂に案内されていてなにやらてんてこ舞いのような忙しさ、こちとら急ぐわけでもないので落ち着くまでしばらく周りの釣り人の様子をもっぱら観察がてら仕掛けを準備していた。1時頃にはようやく食堂もすいてきたので、釣り始める前に昼食を頼むとカレーライスなら残ってますよ〜とのことで、それを半盛りでいただく、いやぁ、美味しかったこと。

 ここは風裏になるのか、日差しがポカポカと気持ち良い釣り座なのだが、不本意な道具であるからして、間違って掛かればラッキーというくらいのつもりだったので案の定おでことなってしまった。

 4時頃には日が翳りだしひときわ風が冷たくなってきたので仕舞いにして帰ってきた。途中、いつもの釣具屋さんでヘラ釣りの小道具と配合餌を揃えたが絶対どこかにあるはず、これだからガラクタが減らないわけだ。
STOP

click
♪〜検証で聴診法との誤差±5mmHg、
  標準偏差8mmHgてぇのがすごい。



_なぁ〜んかここにきて急にテンションが高くなっているようで、こうしようと思った時にはもう行動にかかっている感じだ。やってることは他愛もないことだグダグダの時にはほんとにぐずぐずしているので一層そう思う。周りがバラ色に見えるとまでは云わないが、暖色系には違いない。それにしては血圧が順調で、それも精神を高揚させているに違いない、単純に過ぎるかな。


♪〜明日は雨模様、「Come Rain Or Come Shine」が頭を廻る。



web拍手_履歴



2009年02月22日(日) No.2400 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

良く晴れた日曜日。


 今朝は8:00ジャストにスッキリと目覚める。青空が広がりなんとも気分の良い日曜日、気持ちは海に向かうも予報では昼ごろから強風になるというのでお出かけは止め。
 朝食にはこのところとても手際よくしかも美味しく作れるようになったサラダとバナナとミルクで済ます。朝のワイド・ショーを見るとWBCの宮崎キャンプの様子が、すごい人出だ。シトの判断なんてのはカラスの勝手同様忖度すべきじゃないとは思うがこの名誉を辞退する価値のある事情というのは理解出来ないことの一つだ。あの人気球団の黒幕同様おかしな選択をしたものだと感じる。
 もうひとつ気分を良くしたニュース、和歌山の住宅街にあるお地蔵さんに供えられていたレジ袋入りの現金4,000万円、第一発見者である72歳になられるお母さんのおおらかさには心を洗われる思いがした。善良を絵にしたかのようだ。
STOP_

web拍手_履歴




2009年02月22日(日) No.2399 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ぷんぷん。


 今日は土曜日だしということとはまるで関係なく、たまたま自宅サーバーの環境が落ち着いたこともあって夜、買い物がてら寿司でもつまみに行こうと出かけた大型スーパーで全国駅弁フェアーみたいなものが開催されていて、遅い時間だったのでほとんど売り切れ状態のなか、なぜか富山名物「鱒の寿司」が山のように残っているのを目にした。その昔、列車で旅していた頃に何度も食べた富山の鱒寿司はづぅ〜っと好物のひとつでもあり、つい衝動的に買ってしまった。「イカ飯」の真空パックもつい手がのびてしまいよしゃいいのにお買い上げ。

click

 世の中の皆はカシコイと痛感したのは、帰宅してその鱒の寿司を一口食べた時だ。こりゃ不味いは、なになに、良く見ると「原材料に乳化成分」を含むなどと記してあって、練りもののごときマスの身はパサパサと味もそっけもなく、さらに押しつぶし過ぎた寿司めしはこれがお米かというような味、二切れ口にするのがやっとであったのだ。こりゃ売れないはずだ、いけないことは拙者のような鱒寿司ファンがもう二度と買わなくなるということで富山市で良心的に製造されているところに多大なダメージを与えているなぁと思ったのだ。
 調べてみるとこの製造元は地元の鱒寿司団体には所属していないところのようだが、こんなまずいものをいくら商標登録が無いからと言って富山名物とうたって出して許されるものか、仕入れる店もひどいもんだ、味見のひとつもしているのかと次第に腹が立ってきたのだが、おそらく、拙者以外のしとは皆承知で、それであれだけ売れ残ってたんだろうなと思うと余計ぷんぷん、アッタマに来ちゃう。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月21日(土) No.2398 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

ブラウザ・ショット。


 ここ数日来のページの不具合、カナダのイムクさんの逆鱗にふれてしまい、これではいかんと本気になってスクリプトをチェックした。数か所のミスとやはり文字コードに起因すると思われるサーバーの吐き出しに問題ありでブラウザによっては読み込みが99%までしか行かないことが判明、さぁどうしたもんか悩んだ末、サーバーのタイムアウト時間を思い切り短くして対処することにした。もう少し技術があればスマートな解決方法があると思うが止むを得ない。ページを閲覧してフリーズさせるなんてのはハタ迷惑の極致、スパムやウイルスなんかと同罪なのだ、トホホ。

 一番の原因と思われるのがサーバー機で走らせているActivePerlに手を加えたことにあるようなのだが、どこだったかが思い出せない。再インストールしかないかなぁ。

click

 そしてテストに使ったのが世界中のwebデザイナーが利用していると思われる「Browsershot.org」なるサイト、四大OSと各種ブラウザの組み合わせ101通りを確認できるのだ。ホームページ始めたころはアクセシビリティを完璧なものにと丁寧に検証しながら作っていたのに今ではウインドウズで見れりゃイッカとばかり、安易な取り組みで、遊びだからというのは戴けないと深く反省した真面目な拙者なのだ。

 それにしてもかの「ブラウザ・ショット」なるサイトに乗っているページデザインの素晴らしいのには驚いてしまう、さすがプロというか色使いとレイアウトが実に洗練されている。
STOP

    click  

_しかし先週までのGoogleさんとこのウエブマスター・ツールでの定期診断では問題なかったのだから、IE8のインストールがきっかけになったことは間違いなさそうだ。なんといってもOSの一部だからして完璧な修復は難しそうだなぁ。
STOP

click

_てなことでサーバー機のメンテナンスしているうちに俄然アドレナリンが出てきたようで、午後のひととき意を決してPerlプログラムのバージョンアップに取り掛かる。長いことVer5.8.0でWin2K,XP,Vistaとそのまま来ていたので、いい機会かなと思ったのだ。オフィシャルサイトを訪ねると最新バージョンが「5.10.0-Build1004」となっていて適応OSにしっかりとVistaも入っていたので安心してインストールした。しかしこのソフトを昔から無償で公開しているこのグループは尊敬に値する、ボランティアの範疇を超えてノーブルである。それこそ世界中の何十億人に恩恵をもたらしているのだもの。インターネット技術は手段にすぎないのだよと云ってるかのようで気高い叡智を感じてしまう。
 新たな環境にしたところ、心なしか引っかかることが少なくなったようにも感じる。ただ残念なのはページに貼り付けてあるGoogleADSの通信がネックになっていることが頻発しているということ、はずしちゃおうかなぁ〜。

web拍手_履歴



2009年02月21日(土) No.2395 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

後戻り。


 今朝も5:00起床、な〜んか次第に早くなっているようで可笑しい。外はまだ暗いしと寝床の中で近隣の釣堀なんぞの情報を集める。ずいぶんと釣堀にはご無沙汰しているし、たまには良いかもしれないと思ったのだ。

 その後、バージョアップした「インターネット・エクスプローラー8」の具合の悪さに我慢できず、結局Ver.7に戻す。公開されて半年も経つのにトラブルが多すぎるし、サクサク感に欠ける。謳い文句ではwebページを多く使うしと向けとあったが、CSSやJAVAへの上位互換性にも疑問が多い。

 ついでに未解決だった当ブログのテンプレートの間違い探しに取り掛かる、これがあれこれ加工しまくっているものだから優に800行近くあって、めげそうになったがブラウザでOPERAのtable表示とブロック表示を利用してやっとの思いでバグ退治。しかしまだ部分的に上手く表示できないところもある。そんななかまたchinaからのF5アタック、うるさいなぁ〜とブロック。

 そんなこんなで、あっという間に昼、曇り空でいかにも寒そうな一日だ。STOP

web拍手_履歴



2009年02月20日(金) No.2392 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

無用に早起き、・・だはっ。


 今朝は5:30にシャッキリと起床したのだが急激に2月の気温に戻ったということで寒い寒い、あわてて甚平を羽織るも、軽い朝食のあとちと思い直してまた布団に潜り込みCDを小音量で聞きながらまた寝てしまった。結局起きたのは郵便配達の速達ですよ〜とのドアフォン、11時になっていた。速達郵便は受領印は要らないものの一応声を掛けてくれるのだと初めて知った、親切だね。

 朝食にはミルクとパンとバナナを少しだけだったのでお昼はちゃんと食べようと買い置きしてあった「サバの半身・塩焼き用」を焼いてみた。上手く焼けたが素材が良くないとちっとも美味しくはないものだ、スーパーの魚には当分手をださないことにしようと思った。もっとも今の時期に脂がじゅうじゅうとした「サバ塩」を食べようってのが間違っているのだが。

 外は良く晴れ、風もないでるし、郵便物を出しがてら少し歩いてみようと出かけた。釣竿の修理用部品も買いたいので歩くと相当な距離になるなぁと思いながらもいざ出発、帰りには駅前の果物屋でポンカンなど買って帰ってきたのだが総行程4kmほど、しかし昨日までとは打って変わって何の違和感もなくすたすたと歩くあるく、階段も平気だ。なんだったのかなぁ。

 道端の花壇には有志が丹精込めた花がきれいに咲いていて心なごむ、春近しだ。梅の花はもう咲いていて、驚いたのは日当たりの良いところで桜の木がもうピンクの蕾を見せていたこと、今にも咲き出しそうであった。

 果物のうち柑橘類ではグレープフルーツと冬みかんの美味いものには目がなく、ときどきマイブームになってしまうのだが、最近喧伝されているポンカンやデコポンといった類のものでおいしいと思ったことがないのが癪の種でなんとか一度くらいは当たらないものかと試したのだが今回もダメだった。わがままといやぁそうなのだが、大味に過ぎる。好きづきかなぁ。
 農協が頑張っていた頃、静岡県の「三ケ日みかん」という今でいうところのブランド銘柄を出荷していて、それは間違いなく美味しいものであったがいつの間にやら銘は打ってあってもさして美味しくもなんともなくなっているのは残念なことだ。

 帰ってからは、お気に入りの釣竿一振りの改造をせっせと行う。先端を少し短くし、ガイドを全て新品に交換して調子を見る。この道具を手入れしながら釣れもしない魚を妄想してわくわくするなんて、なんともノー天気な道楽だと思わずには居れないが、まさに遊びやせんと生まれけりを地で行っているようだ。
STOP_

click

【がっかり】
 米国の有力紙でもあるNYポスト誌にこんなマンガがパロディだと言い訳しつつも掲載されたのだという。自由民主を是として世界人類の先端をゆく国家として好きな国ではあるが、その浅い歴史ゆえ深遠なる人文哲学においてはなんら学ぶべき何物もない所でしょうがないと言ってしまえばそれまでだが、公民権運動をまさしく気高く成就されたと思っていた矢先なのでアングロサクスンの半端ものを見る思いが込み上げて、腹が立ってしようがない。よそんちのことあれこれ言うのもせん無いことだが、地球上の情報がこれだけ瞬時に伝わると、人間としての善悪にコミットせざるを得ない。
 ようやく肌の色や素性を超えて優れたシトをてっぺんに擁くことが出来得た国なのに、愚民というのは連綿と存在し続けるのだということが腹立たしい。言論の自由なんて言い草をこんなものに与えちゃいけないや、これは取り返しようもない愚挙であって、NYポストは即刻廃刊すべしだ。

web拍手_履歴


2009年02月19日(木) No.2391 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

復調かな。


click
♪〜今日の富士山。

 今朝は6:00起床、風は冷たいが良く晴れそうなので海に出かけることにした。幸い両腿の痛みも治まって気分も上々、朝からちょっとした栄養食を食らう。通販番組などをチラ見すると足腰の痛みや筋肉痛というのは年齢とともに誰にでもやってくるようで妙に安心してしまったが、痛いのはヤダね。
 何日ぶりかの茅ヶ崎海岸はすっきりと晴れ上がっていて遠くに富士山も見え最高の感じもしたが、海水温がよほど低いとみえ小魚一匹寄ってきやしない。早々に釣ることはあきらめ、もっぱら仕掛けのテストをして遊ぶ。手製の浮きも増え遠くにあっても見やすいものをといろいろ試す。

 天気は良いもののこの寒さなか、昼頃から近くの高校生の一群が4,5人で釣りに来て、まぁそのウルサイのに辟易した。この日は釣り人も多くて静かなひとときを楽しんでいるのだが、如何せん、高校生のころってぇのがはしゃぎ盛りとでもいうか傍若無人というのがピークなんだろうなぁ。
 目くじらたてるほどのことではないと思いながらも、なまじ言葉が半端に大人びているせいかじつにヤカマシイ、あっちへ行けと云う訳にもいかないし、興をそがれてしまったが、まぁしょうがない。で、3時前には仕舞いにしたのだが彼らも一緒に止めたのは実に不本意なことであった、ぎゃはは。

 そういえば電車の中などでもハシャグ高校生というのが一番うるさいなぁ。楽しい盛りとでもいうか、回りの事が一番見えない年頃なのだと我が身を振り返って思うひと時ではあった。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月18日(水) No.2390 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

体調管理。


 今朝は8時起床、そとは良い天気で空気が澄んでいる感じ。風が少し強いせいもあるのかなぁ。先日の西伊豆への小旅行で痛みが出た両太ももがなかなか戻らず、気分はいまいち宜しくない。体力の低下は意識しつつも、こうもはっきり表れると面白くもなんともないもんだ、マッタク。

 健康でさえあればなどという言葉は良く耳にし、聞き流すだけであったがようやくその意味するところが実感として分かるようになったということなのか、人間としては余程鈍感でオクテなのだろうな。

 で、つらつらと考えるに、ここ数年、低カロリーを善しとし、肉食を避け極力菜食に偏っていたことは、あまり体に良くないことなのではないかと云う事なのだ。もともとが肥満とは縁のない体質なのだからして、ほどほどに動物性蛋白質を取らなければ筋肉が維持できないのではないかということだ。

 カスミを食べて生きているという仙人ライフにあこがれるなんてのはおとぎ話を信じているようなものだが、眼光鋭く野山を駆け回る総髪で筋肉質の仙人というのにはあこがれるなぁ。きっと猪とか雉などを口にしているに違いないなどとバカな想像をしつつ、今日は肉類をメインに買い物に出かけたのだ。

 そんなこんなでふと思ったのが、痩せたソクラテスなんてのとはまるで対極にあられる大食漢の元首相のこと、御歳たしか73になられていて、あの元気はなんと表現したものか、無駄に元気だなんて言っちゃぁ失敬だよなぁ。そういえば、かのチャイナではつつがなく年を経た方をおしなべて大人と持ち上げるのだが、たしかに立派なこと言って早々とおっちんじゃうよりバカいってでも100まで生き延びるほうが優れたことなのかも知れない。さぁどっちにすると問われりゃ、正直答えに窮する。
STOP_このところブラウザのバージョンとJAVAスクリプトのバージョンの違いによる不整合が目に余る。もうすこし厳密な取り決めがあっても良いように思うのだが、各社の身勝手がそれを増長させている。

web拍手_履歴



2009年02月17日(火) No.2389 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

フォー・フレッシュメン。


 夜中にワーグナーを聴いてしまい結局明け方までクラシック三昧、音楽は麻薬だなぁとつくづく感じるひと時だった。プレイリストのお気に入りを延々とかけたままいつ眠ったのか定かでないのだが11時頃に目覚めた時にもまだ音楽が流れていた。外は明るいものの天気予報を見ると風がまだ強いようだ。明日以降は気温も例年並みまで下がり穏やかな日が続きそうだ。

click

 で、クラシックは止めにして久しぶりにアナログ・レコードを聴くことにして選んだのは「Four Freshmen and Five Trombones」なる一枚、この出だしの一曲目のエンジェル・アイズを聴くと一気に40年前にタイム・スリップするかのようで甘酸っぱい感傷が頭に充満する。なんせ四六時中流していた大好きな一枚で、編曲者のピート・ルゴロさんはお手本とする師匠のお一人であった。

♪〜目は口ほどに・・・プレイヤー2題、台?。


XPじゃダメかなぁ。



 あぁ〜、確定申告の時期だ、めんどうなので一日延ばしにずるずるしているがまた間際になってあたふたすることは間違いない。しかし最近とみに感じることに納税に見合う恩恵にさっぱり浴していないような虚しさがある。今もらっている年金だって自分が積み立てたものの一部で恩恵というにはあたらないし、電気・水道・通信費だって使った分は自分で払う。道路だの町並みだののインフラもほとんどが整備し終わっているのに、税金で暮らしているしとは何してるんだろう。

 そうだ、ゴミの収集があった。しかしこれだって自分で年1回、2トン車で処分すりゃぁよほど安上がりだなぁ。漢字検定団体の不正など決して極端な事例でなく4000からあるお役所の外部団体は皆同じ仕組みで集めた税金を浪費するためのものでしかなくなっている、浪費は楽しいからね。
STOP_年金といえばこのところのお役所の不正続きで給付を受ける側のズルがあまり取り沙汰されなくなっていたがニュースで見た沖縄県のなんとか市で亡くなってから29年間も不正に老齢年金を得ていたという事例、なんだかんだいっても庶民はチマチマとこすっからいものなのだ。報道では何故か漫然と支給していた役所の責任を問う口調がなかったが信賞必罰とはこのような不正を見過ごした官吏の責任を問うことなのだがねぇ。拙者の知っているかぎりでも上手にごまかして公的援助をしゃぁしゃぁと受け取っているお茶目なやつが自慢気に話すのを何度も聞いている。正直者は馬鹿を見るなんてもいうが、それが自尊心というものなのさ。タレこんだりはしないが末端の役人にまで公正な人格を求めるというのは如何に困難なことかと思うことしきりである。

web拍手_履歴


2009年02月16日(月) No.2386 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

トスカニーニ。


 夜中に冷たいミルクでもと起き出し、TVを点けたところモノクロ映像でなにやら重厚なオーケストラ・サウンドが、あれれと見ると1948年頃米国で録画された指揮者アルトゥーロ・トスカニーニの演奏で、ワーグナーの序曲集のようなものだったので、これはしたりと腰を据えて視聴することにした。

 ジャズファンを認じる拙者はそれほどクラシック音楽に造詣が深いとは言えないのだがベートーベンやワーグナーとなると別で、それこそスコアの一音、一譜にいたるまで頭に思い浮かべられるくらい大好きなのだがなぜかレコードやCDの類をほとんど持っていないし買った記憶もあまりない。

 楽譜に極めて厳格だったというトスカニーニの指揮するワーグナーはまことに大いなる遺産を人類に残してくれていたのだなぁと聴き入っていたのだが、最後にヴェルディの『諸国民の賛歌』という、ファシズムに対抗すべく彼が改変を加えた演奏、人間の自由と尊厳を讃え「我が、裏切られし祖国イタリアよ」と歌詞を入れ眼光するどく指揮する様子を拝見するに及んで、その善なる人間に対する思いに触れたようで感激してしまった。

 そこには英、仏、伊、ソ、米の国歌が組み込まれ歌われるのだが、あの冷戦時代には米国ではこの映像から「インターナショナル」がカットされていたのだと聞き、可笑しくも情けない思いもした。どこの世界にもオチャメでバカな奴が居るもんだ。単なる思い込みに過ぎないのかも知れないが叡智というのは目に現れるような気がしてならない。この映像は Youtube にもあったがなぜかダウンロード速度が遅く、まともに再生が適わない。

 それで、今更ながらトスカニーニの人となりをwikiしたのだが、興味深い逸話がたくさんあって興味が尽きない。学生のときにトリスタンとイゾルデを聴いて作曲をあきらめ指揮に転向したというのも叡を感じるし、250曲からのレパートリーは全て暗譜していたというのも知を感じる。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月16日(月) No.2385 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

言いようもない。


 ニュースで流れていた我が国の大臣の朦朧とした記者会見の映像、たしか以前にも何回か目にしたことがある。彼が如何なる資質や見識を持って今の役職にあるのかとんと見当もつかないのだが、ひょっとして己の才の無さに居たたまれず薬物にでも依存しているのだとしたら、なんとも哀しくも不幸なことだ。その昔、多くのジャズメンが思うにまかせられない逃げ道に麻薬におぼれるということがあって、それはまさに悲劇というしかなかったが、そんな中でもごく少数ではあるが、かけがいのない優れた作品を残したこともあって、ある意味でそれは多くの悲劇の産物といえないこともないなぁと思ったりするのだが、政治の世界ではどうなんだろうか。ひょっとして万民が快哉を叫ぶような善を行う事など期待しても良いのだろうか。
STOP

click

 2003年にNTTデータが開設したブログサービスがここにきて重大な欠陥から立ち直れず停止状態が続いている。サーバー構築メンバーの日記などもあって当初から興味をもって観察してきたのだが、100万人近い会員の書き込み日記を無に帰するということへの無念というのはどういうものなのか知りたいところだ。多くのブログサービス同様無料で、規約にも勝手に止められると宣言しているので法的にあれこれ文句も言えないとは思うが、バーチャル世界での記事など所詮絵空事で実体としては何もないのだとして良いものか考えてしまった。たしかに匿名個人の記事などプライス・レス、なんらの価値もないと決めつけるのは今の文明の否定にも通じる乱暴な考えだと思う。どんなに小さな企業でも己の生業としての価値とともに社会的責任の一端を担っていると思うとき、これだけ多くの会員にその場を提供して来ていて、出来なくなりましたと止めてしまうのは悪業といっても過言じゃない。
 なんとか復旧し、このまま立ち消えとならないように願っている。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月15日(日) No.2382 (雑感::哀。)
Comment(2) Trackback(0)

あれれっ、そんなはずじゃ・・・


click
♪〜油断大敵だよん。

 この3日間はやや過酷な運動だったようで昨夜は早々に就寝、今朝は6:30起床。太ももの痛みは少し和らいではいるものの違和感は残る。今日の日曜日はおとなしく部屋に籠もっていようと決め、朝食の前に昨日衝動買いした血圧計で一日のうちで一番高くなるという「早朝血圧」を計ってみた。もちろん誤差もあるし、気休めでしかないとは思いながらも、これがなんと望んでいた範囲にあるではないか、どうしちゃったことか。
 昨日は購入前に同じ機種で計って上が155なんて出てたのだ。軽めの朝食のあともう一度計ってみたが同じような結果、がっかりすることではないにしても折角健康に気を向けようとしてたのにと云う思いが裏切られた感じだと、とんでもないことを思うバチあたりではある。
 実際にならなくては骨身にしみて反省しないというのは愚かしいしとの常なんだろうとあきれるが嫌な性分だ。
STOP

click
♪〜マニュアル・モードで。

_今回の小旅行はしばらくさぼっていたデジカメの手動撮影練習をもしてやろうという目的もあったのだが、よほど心がピュアでないのか、これはという構図が見つからず残念なことではあった。手動ではまずシャッター速度とピント合わせ、そしてホワイト・バランスを上手くできれば、そこそこ写ると分かったが、やはり何を焼きつけたいかという内的欲求が一番肝心だと再認識しただけで、技術ってぇのはその後でも間に合うような、そんな思いであった。その点、今のカメラの自動化はたいしたもんだと感じる。そして写真で物の質感を写し出すというのは面白くも比較的簡単に達成できる楽しみだなぁと、温泉風呂の脱衣所の籐製スツールで練習。磨かれたり使いこなされた道具や物は美しいと感じる。
STOP_インターネット・ブラウザのI.E8がどうにも芳しくない。とりあえず自サイトは修復なったが、あちこちのブログやサイトページのjavaスクリプトでエラーとなってしまう。9割方のシェアを持つマイクロソフト社の責任は重いと思うが、ブラウザの仕様に合わせろとでも言ってるようで恥知らずなことだ。既定の設定でエラーとなるのならその対処方法を表示しろよと言いたいね、マッタクゥ。
STOP

click
♪〜昨日の田子漁港の夕日。    

_デジカメには相当の枚数の写真が残っていたものの、改めて見てみるとちっとも感心できないものばかりでがっかり。その中で、昨日の西伊豆・田子の夕日は誰が見てもいいなぁと思えるような構図でほっとする。驚いたのはここの港湾の水深が深いこと、フェリーの出入りもあるせいかなぁ。

 帰ってから知ったのだがこの日は全国的に気温が上昇し4月中旬くらいの陽気となったらしい、どうりで汗ばむほどの暖かさでとても2月とは思えなかった。

web拍手_履歴



2009年02月15日(日) No.2381 (雑感::些細なこと。)
Comment(0) Trackback(0)

春一番。


click
♪〜朝食でこれだもんなぁ。


 夕べは一晩中、びゅぅびゅぅと南風が吹き荒れ、雨も相当降って今日は本当に晴れるのかと疑ったが、朝には雨もあがりどうやら予報通りになりそうと一安心。7時半には拙者の大好きな「温泉旅館の朝食」をゆっくりいただき10時にチェックアウト、心つもりでは田子から下田へ行き東伊豆の海岸沿いに戻ろうとしていたのだが、如何せんまだ風が強い。で、土肥漁港の港内で風裏になる堤防で昼過ぎまで竿を出したが、昨夜の大しけのせいか小魚一匹おらず移動することにして136号線沿いに田子に向かう。ここはまた奥まった湾で風がほとんどなく、太陽が顔をだしているせいもありポカポカ陽気となっていて日が沈む直前まで釣りをしていたのだが、フグしか掛からず残念、しかし水深のある港の堤防で各種の遊動浮きのバランスをテストできて面白かった。

click
♪〜土肥、旅人岬から磯場を望む、
    危ないので行かなかったが。

 道具を仕舞って、釣りはもういいかなぁという感じがしてきて真っ直ぐ帰ることにし、ナビでルートを調べるとどうしても西回りで三島の方から箱根越えしか指示しない。距離でも時間でもそうなのだ、これは意外な感じがしたが東伊豆は次回にしようと決め、来たルートを戻るかたちで帰ってきた。ただ急ぐわけでもないし、カーステレオでガンガンと音楽を聴きたいものだから、高速道路に上がらず国道1号線を走ってきた。こんなに空いているとは予想もしなかったのだが、さすが陸の難所の箱根越えだ、カーブと坂の多いこと。

 丸三日間の釣り歩きで太ももが痛くなり、ちとショック、温泉から上がって気まぐれにヒンズー・スクワットなんぞを100回もやったのが仇になったようだ、トホホ。

 途中立ち寄ったドラッグ・ストアで電子血圧計を目にし、今回は2泊しかしていないし費用も安く上がったといことで、つい衝動買い。気休めでしかないが、病院に3,4回行ったと思えば安いものだ。昨年の検診で初めて上が140台になったことが癪にさわっていて、これをなんとか130以下にしてみようと思っているのだ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月14日(土) No.2379 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

昭和館、旅人岬


今朝は五時頃には起きて朝風呂、ここは昭和初期に開業したと言う部屋数六室のこじんまりとした純和風旅館でいっぺんに気に入ってしまった。料金もリーズナブルで延泊を決めた。天気予報では今夜いっぱい荒れ模様で明日は回復しそうだ。

click

美味しい朝食を頂いたあと、さっそくブラリと向かったのは直ぐ近くの旅人岬な〜んていう、そういう心情でたたずむとそんな気にしてくれるような観光スボット、もう菜の花が咲き誇っていて、それは綺麗に見えた。

click

そのあと、目の前の土肥漁港にいって風を避けて堤防で小魚と遊ぶ。4時近くまでいて、風も強かったので仕舞うことに。

web拍手_履歴


2009年02月13日(金) No.2377 (雑感::旅情)
Comment(2) Trackback(0)

天城ぃ〜ごおぉえぇ〜♪


東名高速を西に向かって走り出してすぐに気が変わり清水港のチヌ釣りにしようと予約を入れた。今日は最高のドライブ日和で、フラーのアルバムを最大音量にして100km/hジャストで走ったのだが、じつに心地よい一時で何故かビュンビュン跳ばそうという気にならないのは、絶対フラーの演奏のせいだと強く思った。

しかし沼津インター手前迄来たとたん、急に、やはり伊豆がいいと行き先を変えちまった。

そして着いたのは西伊豆、土肥温泉だ。三年ぶりくらいか、でもこの時期では初めてだと思う。そのまま漁港の堤防に乗り入れてぶらぶら様子を見た後、少しだけ竿をだして小魚と遊ぶ。

click




西伊豆の美しい日没を心行くまで眺めた後、さて、今夜の宿をと電話を入れるもなかなか一人客を可とする旅館がなく、四軒目でようやく確保、夕食は用意できませんがと云うがこの時間じゃやむを得ない。今夜はフヤケルまで温泉に入ってやる。

あれれ、auの携帯はオカシイ、写した画像が送信出来ないだって、使えないなぁ〜。と思ったら、サイズを最小にすると送信出来た。

click


web拍手_履歴


2009年02月12日(木) No.2370 (雑感::旅情)
Comment(2) Trackback(0)

涙が。


 昨夜はサッカー観終えてすぐ眠くなり、おかげで今朝は5時起床。いつもコメント下さる『珈琲パウエル』KAMIさんの書き込みを拝見して俄然、出かける気になる。一応、目的地としては東伊豆・稲取としたがどうなることやら。

 昨日、米国のマルティン・ルーサー・キング牧師の伝記を観ていてどうしたことか、涙が出てしょうがなかった。真っ正直に『正義』を通した39年の生涯、気高くも実に示唆に溢れ、グータラ人間は恥ずかしくも情けない。戦争や暴力は正義じゃないと訴えた知性と行動を現在紛争中の当事者はどう思っているのだろうか。

 幸か不幸か我が国の民主主義はお手本があって、なんとなく出来上がってきたような生ぬるさが拭い切れない思いがする。いや、ほんとにニュースで聞く我が選良の発言の数々は保身しか感じられないか、トンデモ発言で恥じ入るばかりだ。「金持ち喧嘩せず」な〜んていやな言葉が頭をかすめる。

 搾取され使い捨てされる労務者が顕在化しちまうなんてのは如何に政治や行政に携わる人間がさもしかったかの証しだ。いつの時代もうまいこと言って過大な中間搾取を見逃す社会は正義を忘れちゃっている。
STOP

click

_まだあまりよく検証していないがインターネット・エクスプローラー・バージョン8・ベータ版、な〜んか閲覧できないページが多い、というかURLをクリックすると固まっちまう、なんか変。

web拍手_履歴



2009年02月12日(木) No.2369 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

禍福は・・・


 建国記念日の今日、不埒なことにあまり関心がないというのも申し訳ないのだが早朝からPCのチューンナップとブラウザのバージョン・アップなどしていたのだが、昼前に一度ブログに記事を書いていて迂闊にもアップせずに閉じてしまった。ずいぶんと長い文章だったもので、同時にGoogleEarthなんぞを見ていてうっかりしてのドジだ。

 ブラウザをIE8ベータ版にしたのだ。この数日、googleのアドセンスのスクリプト・エラーが目障りでなんとかしようと思い、えぇ〜イ、という訳だがセキュリティとアドオンの設定でエラーは出なくなったのだが、こんな面倒をかけさせるスクリプトをgoogleともあろうところが平気で配布していることに驚く、拙いと。

 なんだかんだでようやくマシンの環境とブラウザの設定がまともになり、一安心、そして他にも思いもかけない福が舞い込み、ぐふふと言うしかないのだが、こんなにラッキーで良いものかと戸惑ったりしていた。『禍福は糾える縄の如し』というではないか、これって語呂が良いのと楽観的な感じがして好きな言葉なのだが福の時にはなぜか難を考える習い性があってビミョウなのだ、素直に喜んでりゃぁいいようなものだが性分だなぁ。

 GoogleEarthで見ていたのは伊豆半島、ふつふつと沸き上がるぶらり旅への思い、候補が東伊豆の稲取温泉と反対側の土肥温泉なのだが他の地図サイトで見るほうが詳細に読み取れる。そのうちには地方部分も詳細映像になるのかなぁと思ったりしていた。都心や世界遺産クラスの映像は本当に素晴らしい解像度になっているもんなぁ。
STOP_早朝に引き続き、夕方4時頃に、サーバー機の再起動をかけたまま居眠りして、再再再度、オフ・ラインとなっていた。勘弁してほしぃわ。

click
♪〜村松さんの新作。

 今からサッカーのTV観戦、久々に見る選手もいるなぁ。敗れると予選敗退かと思っていたらそうじゃないのだ、でも勝ってほしいね。オーストラリアの国歌は印象が薄い、君が代のコーラスはなぜか上ずった音程でびっくり。

 始まった、始まった・・

・・・・くぅ〜、ドローだ。惜しかったなぁ。




web拍手_履歴



2009年02月11日(水) No.2366 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

なぁ〜んだ、そういうことか。


 サーバー機PCのクラッシュの修復を機会にサウンド・デバイス関係を恐る恐る調整してみた。すると既定の設定ではサウンドボードの再生に関して16ビット、48KHzのDVD品質となっており、これがどうにも面白くない。それで思い切って24ビット・192KHzの最高品質にしたところ、これが功を奏してとても良い再生音が出るようになった。さらに「音の明瞭化」なんてのをはずすと気になっていた歪がほとんどなくなった。なぁ〜んだという感じなのだがマイクロソフト社やPCメーカーではあまりオーディオ好きのしとがいないのかもしれないなぁ、詳しい説明など見たことないもん。
 今現在、CPUの性能が相当向上していることから最高音質の設定にしても負荷はたいして問題にならないようだ。
 シーケンサー・ソフトやプレイヤー・ソフトのせいじゃぁなかったということで、それを知らなきゃ皆さん汚い音を聴いているということなんだろうと余計な心配をしてしまう。しかし知らなかったのは拙者だけだったのかも知れないなぁ、トホホ。

 というわけで、PCに大型スピーカ・ユニットを直接つなぎ、まぁまぁのサウンドで延々と連続再生、部屋中にジャズが充満している一日だった。STOP_ClockLinkが復活した。

web拍手_履歴



2009年02月10日(火) No.2363 (音楽全般)
Comment(2) Trackback(0)

ベースのパガニーニ。




 66億人もの人間が居りゃとんでもないしとがいるもんだと驚いたのがハンガリーのベース奏者のアラダー・ペゲなる方、惜しくも'06年に67歳で亡くなっておられるのだがYoutubeにその演奏がアップされていた。知らなかったのは単に拙者の不明で、ベースのパガニーニと称され世界にその名を馳せた方であると始めて知った。
 ジャズモード全開の今日あたりにこんな演奏を聴いてしまったものだから、一気に気分が高揚してしまった。卓越したクラシックの素養を持つマエストロがジャジーな領域に入り込むと、まったくもって唖然とするしかない。ここまで来ちゃうとソウルだファンキーだブルージーだとかいう御託はかなりチープな感想になるなぁとYoutubeのコメント欄を見ていた、パーカーだってきっと最敬礼するにちがいない、ぎゃはは。
STOP_ご機嫌で迎えた朝だったが、5:55にサーバー機のモニター画面が突然、薄緑一色に。xpで時々あった恐怖のブルー・スクリーンだがvistaでは初めてなので、あせる焦る、修復まで2時間半も掛かってしまった。当然その間はサイトもオフライン、やっとページの修正がなったというのに癪にさわることで原因を調べてみた。
 たまたまその時にはcgiプログラム関係のサイトをブラウズしていたこともあって、ひょっとして昔はやったブラウザ・クラッシャーかとかウイルスも疑ったのだがそうではなかった。
 イベントログに残っていた記録からvistaのSP1へのアップグレードマシンで稀に起きるトラブルらしいと判明したのだが最悪OSの再インストールしか無いと知りぞっとしてしまった。エラーの記録では

---------------------------------------------
日付:2009/02/10 6:02:04
イベント ID:4609
タスクのカテゴリ:イベント システム
レベル:エラー
キーワード:クラシック
『COM+ イベント システムは、内部処理中に無効なリターン コードを検出しました。HRESULT は、行 d:\vistasp1_gdr\com\complus\src\events\tier1\eventsystemobj.cpp の 45 から 8007043c でした。マイクロソフト製品サポート サービスまでこのエラーについて報告してください。』
---------------------------------------------

ということなのだが、ハードデスクのd:\ドライブのファイルということからどうやらOSの基本的な部分での障害発生のようだ。

 さらにしつこく原因を探ったところ『セットアップ スクリプトを使用して Systems Management Server (SMS) をインストールするとき云々・・・』という、やはりサイトの文字コードにも関係するかのようなレポートも見つかった。そういえば数時間前に「EmEditor」フリーバージョンをインストールしたところだったのできっかけがそれかも知れない。

結局二日前の復元ポイントに戻してなんとか復旧したものの、見なれた画面とアイコンが出てくるまでの時間が長く感じたこと、こりゃ心臓に良くないなぁ。

web拍手_履歴



2009年02月10日(火) No.2362 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

ようやく直った。


 昨夜はよっぴき覚悟を決めて、このブログのテンプレートの記述間違いを修正すべく奮闘した。その甲斐あってどうにか不具合を取り除くことが出来、すんなり表示されるようになったのだが、主な原因は予想していた通りtableタグの閉じそこないというか、ほんのささいなことではあった。

 この「shiromuku(fs6)DIARY」というcgiスクリプトはフリーで配布されていたもので当初からお気に入りで大変重宝しているのだが、レイアウトやデザイン、さらには書き込みのフィルターなど改造も沢山しているので何か不具合があると自分でなんとかしなくちゃぁならない。今一番の懸案としているのはスクリプトの文字コードが「EUC」であるということで、メインサーバーの他のページが「Shift-JIS」ということでRSS対応などに不都合が生じてしまうのだが、かといってそっくり書きかえられるほどの技量もないので悩ましいところだ。

 しかしこの日記帖は拙者にとって本当に役立っていて、感謝するしか無いのだが、何気なく毎日書いてみようと始めてもう3年近くも続いていて飽きることが無い。それこそ井戸に向かって叫ぶが如しでもあるが、ささやかな気晴らしなのだと思える。shiromukuさんに改めて感謝したい。
STOP_と思っている矢先、サイドセクションのカレンダーに張り付けているclocklinkさんとこがオフライン、勝手に利用していて文句言えた義理じゃないがインターネットの世界は相変わらず無責任で身勝手なものだ。まぁその分気軽で自由とも云えるのかなぁ。振り子時計のように表示して気に入っていたのだがしばらくは外すしかないね。
 そういえば楽天さんちのブログサービスもこのところエラーが多発する。難儀なことである。現在の世界最高レベルの頭脳をかき集めたようなあのグーグルにしてもトラブルが避けられないのだから、そんなもんだと容認するしか無い。

web拍手_履歴




 
2009年02月09日(月) No.2361 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

不思議なこと。


 数日来、DTMで作成した音をmp3やwavファイルにしたものをPCで再生すると歪んだ音になっていたものが、なぜか今日は普通に再生される。そういえば以前も同様なことがあったのだがPCの音源についての知識不足は如何ともし難い。でもPCでそこそこの音だと、やはり手軽で便利なものだ。

♪〜テスト。

しかしながら、ここにきてこれほどあっけらかんとノー天気なサウンドが出来るというのもビミョウーな思いがする。見方によっては軽薄とも云えるが今更だなぁ。

【素朴な疑問】
日常的に調理することが生活の一部になっているのだが、ときどきアレッと思うことに出くわす。その一つに玉葱のこと。子供の頃の記憶では皮をむいて包丁いれるとテキメン目に沁みて涙が出たものだが、今の玉葱ではみじん切りにする場合でもあまりそれが無い。品種が変わってしまったのだろうか。それとは逆に香味用のいわゆる万能ネギの細いやつ、冷凍保存してやろうと切り刻んでいるとこれがやたら目に沁みる。芳香成分の多少に由来するのだろうとは思うが、ネギがねぇ。。STOP_

web拍手_履歴




2009年02月08日(日) No.2360 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

好天の日曜日。


 さすがに夕べは早目の就寝、今朝は6時起きとなんとなくマットーなしとになった感じだ。意外に足腰の痛みもなく今日も出かけようかと考えながら懸案となっているサイトのページスクリプトのバグ探しを始めてしまった。プリントアウトしたものを眺めると如何にも思い付きで書きなぐっているなぁと愕然としてしまうのだが表示が遅くなる原因が少しずつだが解ってきてぼちぼちと修正する。
 一番の問題は重宝しているこのブログのスクリプト、これが全て文字コードがEUCであるため、現在の自働バックアップでの転送では文字化けを起こしてしまうと解った。転送をFTPで行えば問題ないのだが自動化でとなると上手い方法が見つからない、さてどうしたものか。フリー・ソフトの「ffftp」のミラーリング機能を使うのが一番簡単かなと思い早速ウインドウズのタスクスケジューラーでの起動方法を調べてみることにした。うまくいったらお慰み。
STOP_わぁ〜ん、ダメだ、どうしても一括では上手くゆかない。ffftpではホスト側の文字コードを統一してなくちゃいけないのだ。しょうがないので個別に根気よくモジュールを修正して、とりあえず稼働すれば善しとしたのだがちと消化不良だなぁ。

web拍手_履歴



2009年02月08日(日) No.2359 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

偶然目にして・・


 昨夜、現役バリバリの元気な実業家でおられる先輩からほろ酔い気分でのお電話、自称特攻隊くずれの生き残りとあって今の悲惨な景気の様子をたいへんだとは言いながらも元気すぎるくらい意気軒昂なのだ。しきりに日本はもうダメだといって政治や官僚機構の無作為を嘆く。再会を約束して受話器を置いた後すぐに眠くなり寝てしまったが、ちと寝過ぎじゃぁないのかなぁ。

 でもって、また夜中の2時過ぎに目を覚まし映画でもとつけたTVで「Knockin' on Heaven's Door」という'97年度のドイツ映画が放映されていて途中からではあったが観た。荒っぽいアクシション?シーンとは裏腹になんともホンワカと優しい内容で気分良くした。そしてラストシーンで主人公が海を見たいといって曇天ではあるが浜辺に座りこみ打ち寄せる波を見る、どうってことない映像なのだが、これを観た後俄然出かける気が湧きあがり、しばらくぶりの真鶴方面に向かうことにした。新しく焼いたCDを大音量で聴きたいということもあったのだが、今日は土曜日というのがシマッタという感じもする。というのも昨日は気温が14度位まであがって良い天気だったというのだ。でもいいのさ、思い立ったが吉日。
STOP

click
click ♪〜ほら、晴れた。(携帯写真)

_ギャ、真鶴の海に来たはいいけど霧雨だ。でも空はずいぶん明るいし、じき晴れるに違いない、今日は1日アウトドア。



 出る時には真鶴半島の手前の江の浦漁港を目指したのだが海沿いを走っているうちにその手前の根府川のゴロタ浜に降りてみたくなり近くの釣具屋さん立ち寄る。浜はカジメが伸びて釣り難いですよと聞いたのだがかまやしないさと真下のゴロタ浜ずたいに釣り歩く。砂浜と違い大きな玉石だらけの所を歩くので相当な運動になるみたいで2時間もしない間に息はあがるは、防寒服のせいもあって汗びっしょり、あわてて駐車場に戻り小休止、まいったね。

click
♪〜正面に真鶴半島、先端の
三つ石がかすかに見える。










 しばらく休んでいるともう昼時、国道をはさんで眼の前に海鮮食堂とあったので、そこに移動してお勧めのマグロ丼を食す。

 そのあと、もうゴロタ浜は止めとし、西に行こうか東に戻るか考えたのだが帰りが楽なほうということで米神、大磯、平塚の海岸に2,30分づつくらい寄って最後にいつもの茅ヶ崎漁港。新考案の仕掛けで臨んだが生憎と目当ての魚が集まらず釣果はまるでなかった。
STOP_新ソフトでのDTM、mp3の音質がどうにも我慢できぬくらい良くないのは結局PCのCDドライブで再生しているというのが一番大きな原因だと判明、カーステレオのCDプレイヤーではご機嫌なサウンドで聴くことが出来た。考えりゃ簡単なことで、PCは音響機器じゃないもの。改めてデジタル・サウンドの録音・再生について勉強し直しだ。

web拍手_履歴



2009年02月07日(土) No.2358 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

またchinaから・・・


 夕べ、一度寝てから夜中に起きてホーム・ページとブログの修理にとりかかっていたのだが、そのさなか「58.240.200.79」というアドレスから猛烈なF5アタック、しばらくその通信状況を眺めていた。調べたところ案の定チャイナのIT関連会社らしく、一向に止む気配もないのでやむを得ずブロック、アタックしてきたページはmp3音源の「MoonlightSerenade」、ひょっとして好きなのかなぁ。サイト開設当初はひっきりなしで、セキュリティは大変だぁとメゲそうにもなったがここ数年はめっきり少なくなっていたこともあり、今回のように発見できると、変な話、元気が出ちゃうね。どうせならこのブログの「web拍手」でもアタックしてくれれば良いのに、なんてノンキなことを考えていた。1000回目でモニタが破裂するなんて仕掛けるのは、映画の見過ぎかなぁ。
STOP_今朝はアウトドアを考えながらも迷ったすえ9時就寝、17時起床と完全にずれこんでしまったが以前ほど気にならない、とはいえ己を律するという点では手抜きしすぎかなぁという思いがないでもない。

【今日の座布団一枚】
「自己矛盾に陥ることがないということは、事実上なにごとも語らなかったしとである。ミゲル・デ・ウナムーノ」、あはは。

【今週のピカ一】
鳩山さんちの次男坊。がんばれぇ〜♪

web拍手_履歴



2009年02月06日(金) No.2357 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

今日は調理に懸かりきり。


click
♪〜このキャベツの細さは凄い。

 今朝起きてから、といってもこのところの夜更かしで昼近くなのだが、昨日仕入れてきていた野菜類を調理しておこうと鋭意キッチンに立つ。この野菜を腐らせて捨てないためにと考えたのは買ってきてすぐに煮物と炒め物と漬物用、サラダ用と薬味としての冷凍の為に全部下ごしらえしちゃえば使いきれると解ったのだ。そのうえで生のものは真空パックにして冷蔵すりゃぁかなり日持ちするし、出して食べるのも簡単だ。
 今日の工夫はサラダ用の生野菜を徹底的に細切りにしてみるというアイデア、台所にあった数種類のスライサーを駆使して、玉葱、ニンジン、キュウリはもとよりピーマンにキャベツまで、特にキャベツはちょっとした工夫で信じられぬくらい細いものとなった。これらを中くらいのボールいっぱいに作って置きその都度レタスや香味野菜をちぎって足すという算段だ。美味い不味いはともかく抵抗なく口に出来れば大いに満足で、美味しければさらに良い。細切りとか薄切りにすると大体のものが食べやすくなるんだよなぁ。

click

 並行して大きめの鍋で鶏肉をベースにゴボウ、ニンジン、玉葱、椎茸、シメジ、細筍、青梗菜などをことことと煮付けた。四日くらいは持つので多分残るこたぁない。しかしこの料理は素材の味を楽しむなんてものじゃぁないなぁ、まぁ体への燃料と割り切って、口に出来れば上等だ。

click

 ゴボウの残りでキンピラごぼうと考えたのだが正しい作り方を調べるのが億劫で、やむを得ず他の野菜クズと一緒にごま油で炒め、黒ゴマと七味唐辛子とトウバンジャーをこれでもかというくらい入れ、強烈な口直しの一品を作ってみた。これはまさに刺激的な旨さであった。
STOP_【ヒレカツ】
 昨夜のことだが旨いヒレカツを食いたくなり近くの専門店に出向いた。24Hのコンビニや居酒屋の並ぶ店構えのところでふた月に一度か二度入るのだが、今回はドジってしまった。席に付いて注文したところ、店主がびっくり顔で「ここはトンカツ屋じゃないんですがぁ」と。あわてて店を出て見ると隣のトンカツ屋は休みで看板のネオンが消えていたのだ。しかし一度食べたいと思うとどうにもならず、少し離れたところまでわざわざ行く羽目になってしまった。外食も面倒なものだ。

web拍手_履歴



2009年02月05日(木) No.2352 (ぐふふな調理)
Comment(4) Trackback(0)

音が・・・


 DTM三昧のこの頃だが、新しいソフトにしてからどうにもmp3音源のPC再生音が耳触りで、気になってしようがない。wavデータをCDに焼きつけると若干良くなるのだが、それでも聴くに堪えない。以前、オーディオ・マニアの方が最近の音源であるmp3は端っから相手にしていないといっていたのだが良く納得できる。グラフィックでいうとギザギザが目に余るというか、それはまるで音の波形がまるで変わっているかのようだ。手元にあるPCの中で一台だけ比較的音質が良く聴こえるものがあったが、データと音源ボードの相性があるのかも知れない。それとも、拙者が現在使用しているエンコードやデコードのモジュールが上手くマッチいていなのかなぁ。

 どうにも我慢ならず、なにか良い方策はないのかなぁと、近くの大型電気量販店に夕方いったのだが、前は品揃えしていたCDデッキやプリ・アンプなどのオーデイオ製品がほとんどなく、i-pod関係や、超小型プレイヤーばかりしか無かった、やはり秋葉原に行かなくてはダメか。

 しょうがないので、あれこれ設定を変えたり組み合わせを変えたりで時間ばかり経ってしまう。それだけでは、ナイ、数日来不調のサイトのページ・スクリプト、メインサイトのほうはほぼ修復なったが、このブログcgiがシッチャカメッチャカというか、スクリプトの文字化けによる不具合が沢山出てきてどうしたもんかと迷っている。ウインドウズ環境ではファイルの転送などをデフォルトで文字コードが「Shift-JIS」ということで、「EUC」コードのファイルの扱いが難しい。EUC変換可能なエディタで編集しても普通にコピーとかすると化けてしまうのだ。きっと正しい手順があるのだろうが、残念ながらそこまでは詳しくない。あれこれやってみるしかないなぁ。

 音響といえば、捨てるに忍びなかった40年前のスピーカー・ユニット、デカイ木製のツーウェイ・ステレオで昔流行った家具調ってやつ。今はアナログ・レコードを聴くのに使っているのだがPCのヘッドフォン出力をそのスピーカーに直接送ったところ、なんとも包み込まれるような優しい音が出てきて気分良くした。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月04日(水) No.2351 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

ハマった。


 昨日、作り始めてテーマ部分が出来たところで2年半ぶりにサイトにアップしたのだが、音源ページに一曲足すのにサイトの関連ページを10種類近く手を加える必要があって、めげそうになった。サイト開設当初の一年くらいで60曲ほど作りアップしていたことを考えると、よくもまぁやったもんだと我ながら感心してしまった、しかもフルタイムでシゴトしながらだったなぁと。

 さすが2年以上コンテンツを追加していなかったので、関連ページやcgiページが何だったか思い出しながらということだが、なんとも非効率的なサイト構成だったなぁと改めて思った。でもhttpページやデータベースを書きかえるのが負担になるほど嫌いでないのが救いだ。整理を兼ねてmp3作品を載せるときに手を加えるスクリプトをメモメモ、相関関係はまるでパズルだ。

  ・その作品の案内ページ(html)
  ・mp3ファイル・データベース(cgi)
  ・トップページに新着情報(html)
  ・mp3人気投票ページ(cgi)
  ・「いわずもがのページ」に追記(html)
  ・冗談フォームのインライン・フレーム・ページ(html)
  ・パロディ・ページに曲追加(html)
  ・冗談・パロディページの投票フォーム(cgi)
あと他には・・・

 そんなこんなでやっているうちにトップページに重大な記入ミスをしちまったようで、まともに表示されなくなる。さぁ、それからが大変、レイアウトに<table>タグを多用していることもあって間違い探しにやっきとなる、マッチポンプを絵にしたような有様だったが、こうなると釣りもジャズもあったもんじゃぁない。このブログも重大な問題が見つかりどう修復したもんかと、頭の痛いことではある。



まだ虫食い状態、まいったなぁ〜。
STOP_

web拍手_履歴






2009年02月03日(火) No.2350 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

出来た出来た。


 天気も好いし、海かなぁと考えてもいたが寒いしなぁと、これまた意気地のない思いも頭をもたげ、ヤッパ音楽だと、今日は新しいシーケンサー・ソフトで音楽作り。手がけていた「Milestones」は置いておいて、昨日から頭のなかに占めているJ&K風の曲をと1001と346をぱらぱらめくって、ヨシッこれにしようと決めたのがアービング・バーリンの「Cheek To Cheek」、メディアム・スイングでと始めたのだがソフトの新機能を試しながらなので時間のかかることかかること、6時間以上も続けてようやくテーマセクションの半分くらい。これ以上続けると、また首の骨がおかしくなりそうだから中断した。
 今度のSSW6はデータをそのままMP3にミックスダウン出来るので楽ちんだ。

♪〜こんな感じになった、あはっ。

◆夕食後、一眠りしたあと夜中にゴソゴソ起き出し、さらに3時間ほど費やしてようやくテーマ部が完成。漫才コンビ同様にいつも左にJJ、右にKayの配置は変わらない。やはり利き耳の関係かなぁ。しかし思った以上に楽しげな演奏になり、気分は上々、バーリンの歌詞そのまま。
STOP_【昔はねっ!】
Oh! I love to go out fishing In a river or a creek,
But I don't enjoy it half as much As dancing cheek to cheek.

web拍手_履歴



2009年02月02日(月) No.2347 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

2月1日、夜の部。



♪〜チェットの歌うユゥドゥビソナイス。

ンん〜〜ん、ミューズ神が降りて来ていないなぁ。
これでは記憶に残らないはずだ。


 今日はちとくたびれて、一休みした後、いつも訪問するジャズブログ「デューク・アドリブ帖」に行ってみて驚いた。なんとコメント欄にあのチェット・ベイカーの唄う「You'd Be So Nice To Come Home To」のレコードがあることを紹介されていたのだ。えぇ〜っという思いで再度検索してみると、確かに1986年プレスで4重奏でのレコードにそのボーカルはしっかりと録音されていた。検索のキーワードの取り方で表れる情報がこうも違うかと妙な驚き方をしてしまった。「You'd Be So Nice」などではなかなか出てこなかったもんなぁ、そして再度「 獄道 」さんのサイトでジャケットを見直すと、確かにレコードが存在していた。コメントの主はdukeさんとこのご常連で「TAKASHI」さんという、それこそジャズ音源について驚くべき情報の持ち主、「A Great Scholar」としか言いようもない方だ。以前にも「サムシング・エルス/枯葉」のTAKE1音源の出現を教えて戴いたことがある。

 しかしこのユドビィソゥナイス、拙者の聴き様がいけないのか、何度聴いても好きに成れない、まるで20代の男の子の唄に聞こえてしまう。'86年というと亡くなる2年前なのに信じがたい雰囲気を感じてしまうのは何故だろう。ジャズ・ボーカルをそれほど聴きこんでも居ないのにそんなこと云うのは不遜なことなのだが、大らかな聴き手でないことは確かだ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月01日(日) No.2346 (ジャズ)
Comment(4) Trackback(0)

2月1日、おはようございます。


 日本列島をすっぽり覆っていた雨雲がようやく去っていったようで今日からは天気が回復しそうだ。タイミング良く、その間グダグダ状態であった拙者も夕べは早々と就寝が叶い、今朝は5:00ジャストにスッキリと起床、早速DTM入力に取り掛かる。この分では今日中にも出来そうな感じなのだが、日中二件約束が入っているのでどうなることやら、まぁ締め切りがあるわけでもないので気は楽だが、これこそお気楽というものだ。

 先月の三重から戻った際にお土産にもらってきていた珈琲を入れようとしてフィルターが見つからず、しょうがないので不織紙のキッチン・ペーパーでやってやった、なんとかなるもんだ。しっかし先日確か、見つけてあったのにどこに仕舞ったのか。

 誰が決めたか日曜日、習慣ですっかり脳に刷り込まれているのだろうが未だにほっとした感じがする不可思議、でも悪くない思いだ。
STOP

click
♪〜晴々〜


_【危機感】
このところ世界中で危機だ危機だで大変なのだが、今日は改めて己の危機を思い知った、それこそ100年に一度と言ってもいいくらい。
 他でもない、体力の下方修正をせざるを得なかったのだ。出先で数時間動きまわっただけで疲労を感じてしまったのだ、これは運動不足以外のなにものでもないなぁと痛感したのだが、その点、国会中継などでみる先生達は凄い、思うにあの方々は生物的に優れている個体なのだとしか考えられない。まぁ願わくはも少し叡智に長けておれば我が国も万々歳なのだが、その点、40代のトップリーダーを選出出来た国というのは文明の先進を行っているのかも知れない。確かに長寿は貴くも偉い尊敬に値うことだが民主主義の世でそれをもって指導者とするのは善いことでないなぁ、宗教国家並みのことでしか無い。

 結局、もう一件の約束を延期してもらい午後3時過ぎには帰って来た。それでも午前中には事務所にあったPCのウイルスを、いつもなら触ったりしないのだが、懇意にしているお方ゆえ、ちと頑張って駆除してあげたのだ。あのUSBメモリ・スティックを介して広まるトロイの一種の「Infostealer.Gampass」というものだが、相当に蔓延しているようだ。以前「ジャプラノート2」のますた〜さんが親切に説明していたやつで、コマンド・ラインでしか削除出来ないのでなかなかに厄介なものだ。

 明日は風も治まりそうだし、海辺で運動でもしよう。でも釣りってぇのはあまり運動にはならないみたいだし、悩ましいことではある。なんとか楽して体力を維持する方法はないものかと一生懸命考えるのだが、ないなぁ〜。

 そんな危機感とは裏腹に今日も脳内はやたら活発でカー・ステレオで聴くジャズに高揚感は増すばかり、そしてハタと思い至ったのがDTMであの大好きな「ジェイ&ケイ」ティーストの作品を書いていなということ。これはなんとかしなくちゃ気が済まなくなってきた。

web拍手_履歴



2009年02月01日(日) No.2345 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen