LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


やっとのことで、再起動かな。


click
♪〜今日の青空。

 ここのところ三日間ほど、実にたらたらとしていて、我ながら感じ悪いと思っていたのだが、夕べは冴える目を無理やり閉じて眠ったせいか、今朝9:00にパッチリと起きたとたん、急にアクティブモードになった感じだ。洗顔の際に一本の剃り残しもないように時間を掛けて髭を剃る、歯も笑ってしまうほど入念に磨き、気分は上々、天気も晴れているし言うことないなっ、てな気分になる。
 どうやら天気予報がちとずれて何日か晴天のようだ。


click
♪〜ひかり

 昼過ぎから車のトランクの整理がてら相模川に出かけハヤ釣りの道具を整える。ちょっとだけ竿を出してみたが水温が相当に下がっていて当たりが出ないのですぐ止める。そのあと、ディーラの店に寄りしばらく前にぶつけたハッチ・バックの修理見積もりをしてもらう。たいした傷じゃぁないので、ほおっておこうと思っていたが、ある方に傷付けた車に乗っていると持ち主が如何にもだらしなく見えると云われたこともあり、さもありなんと修理する気になったのだが、傷は意外と深くバンパーと後扉は交換になるのでざっと見積もって、うん十万くらいと聞かされメゲル。が、入っている保険がなんにでも対象になるということで、保険で修理できますよと聞き、俄然ハッピーな気分に早変わり、なはっ。

 amazonしていた御本が昨日、今日とぽつりぽつり届く。日本語学者の大野晋さんの著書を読み返したくなり何冊か求めたのだ。きちんと読めるかは自信ないのだが、言葉なくして思想も哲学もあったもんじゃないのだと再認識しての衝動だ。もっと真面目に勉強してりゃ世の中、何倍も面白かったのかも知れない。

STOP_

web拍手_履歴




 
2008年11月30日(日) No.2163 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

薬事法改悪。


 楽天さんからのメールで知ったのだが厚労省が来年6月を目処に市販医薬品の67%を占める1類、2類の商品についてネット販売を禁止する省令を発令しようといるのだという。医薬分業の掛け声のもと、雨後の筍さながらにやたら増殖した大手薬局チェーン店や保険調剤薬局、薬九層倍と揶揄されもするが一部不埒な医者の水増し投薬での金儲けに歯止めを掛けるべくはじめた分業は薬の危険な性質を啓蒙し封じ込め適正なる価格でという欧州の本来的な医薬分業制度とは大違いに一大利権業種となってしまった。特に最近目につくのが保険調剤薬局の非合理的としか見えない営業状態、雇用の確保に役立っているのかも知れぬのだがあんなに大勢でやる仕事量では決してない。処方箋に書かれた目薬ひとビンや調合の必要もない薬を出すのになんで何十分も待つのか腹立たしくも不思議でしょうがないのだ。印刷物や包装も過剰としか思えないしその無駄は全て保険料を食いつぶしているのだ。随分と時代に逆行しているとしか思えない。
 医療、年金、介護保険が難しい局面になっている中、まずはこういった中間搾取そのものを排除せずして何のためのお役所か。保険を食い物にする奴らをはびこらせる政治は許しちゃいけないと思う。

 市販薬のネット販売についてこの8月に公開ヒアリングで1,000人のネット・ユーザーに対するアンケート調査(日経)なども観たが、設問も結果分析も妙にバイアスが係っていて「ユーザーの為に」というのが空々しい。例えばネットで薬を買ったことがあるというのは3%にすぎないのだが、その上で1,000人にネット販売の可否を問うという具合だ。その結果が否の率が多いから禁止するのが良いと断じている、愚かしいとはこういうことだ。
 市販薬の使用は自己責任で良いではないか。それよりも適正使用でキケンな薬を出さないことに責任を持ってほしいものだ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月29日(土) No.2162 (怒。)
Comment(0) Trackback(0)

他人のふんどし。


 三日ほど前から当ブログのタイトル・セクションに貼り付けていた「WeShow」のガジェットがオフラインになっていて、調べたところ本家のオフィシャル・サイトもどうやら閉鎖しているようなのだが、昨年12月に鳴り物入りでプレス・リリースされ世界展開した割にはあっけない幕切れ、考えてもみれば専門のスタッフが、さまざまな動画共有サイトからテーマ別に動画を選び公開しているということって、多分に他人のふんどしで相撲をとってるようなことで、さらにそこのサービスを借用して貼り付けてた拙者のブログはなんと云えばいいのかと考えてしまった。戯れごとで言えば「他人のふんどしで相撲とってる奴のふんどしで相撲を取っている」ということかなぁ、トホホ。
 レイアウトを変えるのが面倒だなぁ、と思うが自業自得、身から出た錆び、因果応報、ぼちぼちやるしか無い。

 それにしても寒い日が続くせいでもないが、生活のリズムなどまるで無くなってしまったが明日は立ち直れるに違いない。

♪〜あっけらかんとこんな曲がいい。



 今日の午後、釣り道具の手入れがてら釣り針にハリスを結ぶ練習をしていたのだが手先がいかにも不器用になったなぁと感じるひと時であった。でも急ぐ必要もないのだからと言い聞かせて時間を過ごす。きれいに結べると絶対に魚が掛かるような気がするのだから妄想力は確実に増大しているしノー天気ということはいいものだ。

STOP_引きこもりがちの今週、久々にネット・サーフィンと洒落てみた。キーワードで検索したサイトからリンクを辿ってゆくのだが、いやはや世の中いろいろなしとが居られると良し悪しは別にして改めて感心した。これだけインターネットが普及した現在、ざっと俯瞰すると多種多様なものの見方というか価値観の違いや常識の違いを知るのはそれなりに有意義なことだ。分類好きの拙者が見るに、商用サイトは別にして、個人の発信するサイトやブログを垣間見るに大きく分けて
・各界でオピニオン・リーダー的な方の自説を展開されている所。
・批判めいたことを一切排除して日々の暮らしを紹介して見せてくれている所。
・ひとつジャンルに的を絞りひたすら深く掘り下げて見せてくれている所。
・同好のしととの交流がなによりと集う所。
などなど。どれもがその思いに沿って読み進むとそれなりに味わい深いものがあって良いものだ。
 意外と非難・批判を全面に出している内容のブログって少ないのだねぇ。確かに匿名掲示板で見られるような批判意見はさすがに恥ずかしいとご本人が思うのだろうか。
 昨今、格差社会などと言われて久しいが、んなこたぁ今も昔も同じで少数の資産家以外の若者は徒手空拳、社会に出てからは上に行くも下に行くも本人次第、願わくばワーキング・プアーなどと称される方々の奮起を期待したいなぁ。ただ、今問題にもなっている一時派遣労働者、むかしはニコヨンなどといっていた日雇い労務者と同じことで、組織に縛られず自由などといいつつ、世の中にいいように利用されていることを知らなければ変わらないのだが、さて、どうすりゃいいかって問われるとこれが無い。物理的要因でもない弱者(やな言葉だ)は食い物にされるというより食い物にされるのが弱者ということを思うとき、思いつくのは国家権力をもってして派遣会社に最低保障を定めた日にゃ派遣会社が成り立たないのは間違いない。昔に戻ってやくざの手に委ね公には見えないようにするなんてのは論外だ。しかしなまけても、ずるしてもノウノウと暮らせる世の中じゃぁソ連の二の舞、失敗の再現になってしまう。この期に及んで望ましき世界像などを夢見る拙者はひょっとしてとても幼い知能の持ち主なのかなと思うことしきりだ。

 組織ぐるみでの改ざん云々と報じられていた厚生年金のことで、ふとなんで通帳にしてなかったのかなぁと、やはり見えちゃ具合悪かったのかしらん。新しい仕組みでは是非とも月々の積立を記録する年金通帳にしたほうがいい。今はどうか知らないが日々の集計で一円でも違いがあると徹底して調査したという銀行以上の信頼を得なきゃダメだ。
STOP_我が国の宰相になるというのは壱憶2千万人に一人だと思うと空恐ろしい事だ。功なり名を成すにこれ以上のものはないとも云えるがやはり万民は崇め見るほどの人物を期待してしまうのは当たり前でもある。なってしまってから、さて、とても覚束無い人格だったとなるとなんとも寂しい思いが充満する。なにが違うのか自覚がない分悲惨だが、そういえば10年ほど前に似たような感性の方がもう一人おられたなぁと思いだした。

 政治や政治家を国民がボロクソに云うのは別に今に限ったことではなく、有史以来連綿と続いてきた当たり前のことで云えるだけでもまだ幸いとも感じるがそういう問題ではない。つい40年ほど前の高度成長期の頃なども経済一流政治は三流などど揶揄されていたがそれより前の戦後間もなくの昭和25年だったか所得倍増論を打ち出した後の総理、当時の池田隼人蔵相の「貧乏人は麦を食え」発言など、ご本人は曲解だと言っておられたが突き詰めるとこういうことで、今聞くとトンデモない差別発言のようにも感じるが国力をあげたい一心で国民の奮起をうながしたかのようにもとられ、今現在、かれのこの「失言」を持って人格云々いう向きは少ないように感じる。
 「不摂生者はシンジマエ」ってえのもひょっとして半世紀後に国民全員が早朝散歩に励みメタボ人間など居なくなってりゃ称賛される、わきゃないか。

 今、医療と年金、介護の仕組みは際限もなく膨らむ様相で余程の叡智をもってしても難しいと考えるのだが、ここはひとつ30,40代の若手にお任せして仕組みを作ってもらうときっといい案が出来るように思う。

 最近、60,70代の老人政治家の話を聞くたびに何やらしがらみが見えいやになる、もうイイヨと云いたい。特に目立つのが道路族議員、とても醜い。

 わぁ〜、天気が悪いと記事がやたら長くなる。ここにはルールもなにもあったもんじゃぁない、まさに「書き散らかし」。

web拍手_履歴



2008年11月28日(金) No.2160 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

オモロイなぁ〜。


click click
♪〜申し訳ありません。。

 えっ、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ。」って、お笑い芸人のネタかと思ったら、なんと現ニッポン国総理大臣の言だった。まさに多くのしとにとっては都合の悪い真実ともいえるが不摂生では人後に劣らぬ拙者としても耳が痛いハナシとはいえ、飲み屋の雑談、なんとも低次元のお話でビックリした。そもそも平均化されたとは言え全人類の7割強は自堕落で不摂生、ナマケモノで一所懸命やってもかなわないという普遍的な事実を踏まえて、叶わぬ弱者を救済しようという崇高な思想が国民皆保険にあったことをハナから理解していなかったようだ。世襲政治家のもっとも出てはいけない部分が露呈しちまったなぁ。
 ある意味ドン・キホーテなみの見果てぬ夢を口にしたのかなぁとも思うのだが、100人が100人、規律正しい教科書通りの生活を送っている世界を想像すると空恐ろしい。
 しかし不思議に思うのだが一国の総理大臣が独善で為し得る方策ってえのはいろいろあるとオバカな拙者でも思いつくのだが閣議や各種委員会の出席者はとことんデキナイしとで占められちゃってるようだ。

それを言っちゃ〜おしまいだ、ぎゃはは。

しっかし薄ら寒い一日、たらたら寝ていたので、ここはスナオにごめんなさい。


STOP_っつ〜わけで、精神的に下を見りゃ滅入るばかりでよろしくないのだが、昨日の日記で「希望」なる言葉を出して、書いた自分が驚いた。ひょっとして初めて使ったのではないかと思うほど稀なことなのだが、この言葉の響きのなんと良いことか。そして同じく昨日、偶然に拝見した「横尾忠則」さんの近況、隠居宣言され心ゆくまま楽しみで公開絵画制作などを行っている、御歳72才、インタビューでのお話も解り易い言葉で、ちっとも強弁でもなく、実に我ら凡人の心に届く内容だ。文化的とか知的というのはこういうことだなぁとしみじみ感じ入った。今は亡き建築家の黒川紀章さんもそうであったが易しい物言いに確たる哲学が秘められているという方は尊敬という言葉でしか言いようもない。希望という言葉でふとそんなことを考えた。

web拍手_履歴




2008年11月27日(木) No.2158 (今日のニュースから)
Comment(2) Trackback(0)

ロング・トーン。。


 早朝6時頃目覚めて、あぁ〜今日は水曜日、燃えるゴミの日だと気付きパジャマにコートを羽織ってえっちらおっちらと2週間分の袋を捨てに行く。生ゴミはどうしても臭いが出るので我慢できないから。あまり調理もしないせいか量は少ない。この頃思うのは廃プラゴミの多さで、部屋のゴミ箱もその方が4倍くらい多く出る。外はまだ暗いし目新しいニュースもないしと再びぬくぬくした布団に潜り込んでメールチェック、心持ちジャンクメールが減少傾向にあるのだがそれでもジャンク・フォルダに一日500件からの着信がある。半数は海外からで残りは国内のいわゆる出会い系サイトがらみのもの、一時期解析などして遊んでもいたが所詮ネットの匿名性を利用したありえない内容のものばかりで食傷気味だ。ときおりウイルスが蔓延するのか拙者のアドレスを詐称したジャンク・メールが一斉に出回ったりしてびっくりする。海外からのジャンク・メールで圧倒的に多いのは薬品がらみの呼び込みで、これはインターネットが始まった時からのことなのだがひょっとしてケミカリストはPC使いの先駆者だったのかも知らん。

 2度寝のあと起きたのはもう午後の2時、たしか天気予報では曇りのはずがあにはからんや良く晴れた青空が広がっていた。出かけようかと迷っているうちに、あっという間に夕方近くなってしまいあきらめる、光陰矢のごとし、グダグダ状態は相変わらずだ。

click

 そんな中、目にとまった我が愛器、キングのテナー・トロンボーン、model-3B、歯も定着したことだしとロング・トーンに挑戦してみた。

一定のピッチでの音を出すのが楽器演奏の基礎であるからしてこれは管楽器に欠かせない訓練なのだ。あはっ、中低音のFで30秒弱しか続かない。

強靭な意志を持って毎日数時間もやりゃぁ半年もすると多分倍以上になるかなぁ。如何せん楽器奏者の名には当たらぬ気紛れモンではある。

しかし無心に音を出しているとあっという間に時間が過ぎる。もうすこし練習すればひょっとして多重録音でアンサンブルを楽しめるかも知れないなぁと希望を持つ。


♪〜いい音を出したいなぁ。

La source de la vie est espoir.


click STOP_

web拍手_履歴



2008年11月26日(水) No.2155 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

いいと思ったのにぃ〜♪


 夕べは夜中の3時前には眠ることができ、今朝は8:00起床、天気は晴れ。新しい仕掛けを試してみたくて早速海へ向かう。午前中は日が差していて防寒着なしでも大丈夫と思って始めていたのだが昼頃から分厚い雲が垂れこめてきて寒い寒い、着替えに行くのも面倒なのでがまんしながら試し釣りを繰り返していたが、結果は・・・、シッパイ、駄目だったようだ。やはり不自然な形はいけないのかなぁと。でもたまたまオサカナが近くに居なかったのかも知れないしと未練がましい。
 他にも2種類ほど試したのだがさっぱり当たりが出ず惨敗、オッカシイナとすごすご帰って来たが仕掛け一式部屋に持ち込み、再検討だ。

 朝のTBSラジオで悠々ワイドという長寿番組がありゲストに女流バイオリニストの「高嶋ちさ子」さんが出ていて活動の様子や12人バイオリニストでの演奏などの一部を聴かせてくれていた。比較的ポピュラーなクラシック作品を取り上げていることと、あまりひねってはいないものの従来にないような編曲が耳に心地よく、こういうのアリだなぁ〜♪と感心した。特にブラームスの作品などは面白いと感じたのだ。

 バイオリンは不思議な楽器だ。高度に訓練された奏者の合奏では恐ろしいほどの整合をなすのに、独奏ではまさに民族楽器丸出しとでもいうか、いくらでも泥臭くなる。こんな楽器は他に見当たらない。たとえばカントリー・ウエスタンでのそれやアルゼンチンタンゴでのそれ、もちろん本家ジプシー音楽でのそれなど、とてもオーケストラの主役とは思えないくらいのイントネーションを表現する。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月25日(火) No.2154 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

秋の夜長。


click

 昼寝をし過ぎると当然のことながら夜、寝るべき時に無意味にアタマが活動してしまう。ごそごそと釣り道具の整理などしているうちに気分は晴れた海で釣り糸を垂れてるかのような感じになり、仕掛けに思いが及ぶ。

 じっと釣り針やハリスを見ているうちに、つい魚が餌に喰らいつく様子が目に浮かび仕掛けの工夫を始めてしまう。

先人の知恵で仕掛けなどほとんど確定しているとも云えるのだが、それでも少し違った形を作りだし想像を膨らますのがなんとも言えぬ面白みなのだ。実際はほとんどの場合、差ほどの効果も得られないのだがいつも今度はと期待に胸躍る、オメデタイ釣り人ではある。

 今回ひらめいたのは、餌をちょっと咥えて吐き出す魚を効果的に掛ける仕掛けということで、名づけて「ずらし三本針」、ぐふふ、ネーミングがいい。これで試してみて上手く釣れたら写真付きで公表しようと微笑ましい野望を持ってニンマリする。

 そういえば今日、たまたま会ったシゴトがらみの知人が教えてくれた秘釣方法、なにやらモウゴウイカの繊維質を釣り針の先でからめ取り、餌とするのだという。箱根・伊豆方面でアユの餌釣りなどに絶大なる効果を発揮すると言っていたがこれは初耳、試してみたいものだ。

STOP_ほとんど本など読まなくなったが、それでも思い出したように書店で衝動買いしてくるものがあり、不謹慎ながらお風呂やトイレタイムにつまみ読みしている。つまらないからということではなく、単に根気が無くなったということだが今日読み終えたのはこの5月の新書で竹内一正さんという方の手になる「グーグルが日本を破壊する」というもの。目新しい知識でもないものかと読み進んだのだが主だった検索エンジンをリアルタイムで検証している拙者にはチトありきたりの内容で物足りなく思う。

 だれもが説明書なしで、ほしい時にほしい情報が得られるコンピューターが理想といっていたが、このだれもがというのがミソで、世の中、あれこれ知りたいと思うしとは案外少数派でもあるし、知らなくともハッピーな人生がほとんどだとも思える。最近、こんなに利用しているインターネットがなにやら毎日山のように郵便受けに舞い込むチラシのようにも感じられるのは拙者が活用できていなのかも知れないな。情報こそチカラだと思っていたことが懐かしく思える。

web拍手_履歴



2008年11月24日(月) No.2153 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

黄色。


click

 寝るでもなしの浅い眠りから8:00には起き出して出かける用意をする。昨日出しそびれていた郵便物など忘れ物がないか何度もチェック、やだねぇ〜。
 今日は午後から雨になりそうなので「釣り餌」の持参はどうしたものか一瞬考えたが、やはり一応持っていくことにした。約束の時間より30分も早く着いたのでしばし足を踏み入れてない所を散歩がてら見物、イチョウの落ち葉がおびただしく一面の絨毯といった感じ。見上げるとまだ半数は木に残っている。銀杏とか公孫樹とも表記され中国原産で室町時代には我が国のほうぼうに広まったようで18世紀初頭に日本からヨーロッパに伝わったとも聞く。

click
♪〜積もったというのがピッタリ。

 なんせ日本人には人気のある木だが広葉樹でも針葉樹でもない種でかなり特殊な植物らしい。雌木と雄木が別々で受粉というより受精をすると日本の学者が発見したのだという、へぇ〜っと驚いた。
 昼前には用事も終わりポツリポツリと雨が降ってくるなか、昼食を取ろうかどうか踏ん切りがつかないまま相模川中流の昭和橋近くを通ったのでフナ釣りをしているのを見物、竿を出したがすぐ気が変わり仕舞い込んで帰って来た、天気が悪いと、ど〜もね。
 寝不足の感じでどうにも眠たく、夕方から9時過ぎまで寝てしまった。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月24日(月) No.2151 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

だめだぁ〜♪


click
♪〜公園の一画に建っていたモニュメント。

 こんなに良い天気なのに今日はというか今日もダメだ、グダグダの一日。何かおかしい。郵便物や宅配に出す書類なども出すのが億劫でままならない。四六時中何かを考えているようで結論が出ないもどかしさがあってスッキリしないのだ。
 先日、初めて長湯に漬かって気分が晴れたことを思い出し、再度試みた。このお風呂にゆっくり漬かって極楽極楽と思う世界はまるで理解できないことだったのだがやはり性分なのか良く解らない。何か時間を損した感じがしてしまう。かといってその間に得することなど何もないのにね。我ながら変な感覚だわ。

 4時就寝、9時起床して出かけようかどうしようかウダウダ迷い、くたびれたなぁと昼寝のつもりが暗くなる午後6時まで熟睡する始末だった。今日は勤労感謝の日、労働に勤しんでいない拙者をねぎらう休日でない、なんてこったいという思いがしてならない。

click
♪〜橋の上で。好奇心のかたまりだ、あはっ。










 明日の午前中には約束があるので出かけなければならないのだが、このなにか外的要因がなければ行動に至らぬというのも情けない。

 画像は昨日の公園でのもの。近寄って来た幼い兄弟に咄嗟にカメラを向けた一枚は無邪気そのもの、画像はぼかしたが見つめる瞳はホントにきらきらしていて、未来は彼らのものだと思うと心から愛おしく感じるなぁ。我らの国税が彼らに等しく行き渡るのを祈るような思いということが大多数の普遍的な感情であるということを何故に政治家や科挙を通った優れた人間が踏みにじるのか、現政府は何も行動していない。どうも自分がグダグダだと文句タラタラの感でよろしくないが、その分頑張ってほしいという大衆の身勝手とは思わない、常日頃国民の皆様の為にと公言してるじゃないか。
STOP_全国民を落胆させた新総理、やはり世の中を見た経験のないしとには無理な職務だ、せいぜいお飾りの大臣どまり、せめて真っ当なブレーンを抱えておればと思うのだがその応援団長も似たような境遇の世間知らず、見識のツタナさ、歯がゆいったらありゃしない。少子化相なども3代目、いずれもお飾りで実行力ゼロとしか言いようもない、なにか目に見える事を為せよとハッパをかけたくなる。いやな言葉だが税金泥棒ってそういうことなのだろうね。結局こういった方々しか頭に置けない国民のなせるワザと卑下するしか無いのか。

 ニュースも冴えない。「小泉」なんて聞くとドキリとするが陰謀説や鉄砲玉とか憶測がさかんに言われるも、厚生省関係者のアホなコメントがまた情けない。言葉の持つ意味を理解してないかの様でもある。あの役人あがりの知事さんの「チャンス」発言と同じだわ。
STOP

click
♪〜提供サイト様

_うっかりして毎週日曜日に集計しているサイトのmp3とmidiデータの参照回数記録を忘れていた。合計のみ記録しておこう。
11月16日〜11月23日の一週間で、
mp3→304回
midi→143回
リセットは自動化しているけどスナップ・ショットの記録が未だに手動というのが面白くないのだが技量がナイ。

 で、ちと癪なので調べたところスナップショトの記録に使っているソフトがコマンドラインでも実行できると解り早速バッチを組んでみた。あは、うまくいくではないか。このツールは「pixel-technology.com」サイトが提供されている「url2bmp.exe」という素晴らしいフリーソフト、これをウインドウズのタスクスケジューラーに登録しておけば記録忘れともおさらばだ、感謝感謝。

web拍手_履歴



2008年11月23日(日) No.2149 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

ともかく、早起き。


click
♪〜秋色その1。

 今日の土曜日、午前中にシゴトがらみの打ち合わせがあったので、無理やり睡眠を取っていた。何度も覚めるのだが起き出さずにじっと目を閉じているとまた少し眠るといった調子で6:30に起床、外は明るく快晴の青空が広がっている。よしよしとゆっくり準備して7:30には出発した。途中渋滞もなく8:30には到着、ちと早すぎたが直、約束のお相手が見えられ、なんだかんだで10時には終了、明後日の昼に再度見積などを渡しに来ることにして、魚が待っているので今日はこれでと別れる、ダはは。

click
♪〜秋色その2。

 向かったのはいつもの相模川中流の八景の柵の下流、今日廻りを散策して知ったのは「三段の滝下」公園ということと、15世紀半ば戦国時代の下剋上の武将、長尾景春の出城が川べりにあったということ。その土塁沿いに今はきれいな遊歩道が出来ていて絶好の散歩道になっている。

 風もなく暖かなのに釣り人はまばら、で釣り座を構え手製の6尺の継ぎ竿で早速ハヤを釣る。減水しているものの、水が透きとおっていて、足もとの水中には群れをなしてハヤがヒラを打っている。一投毎に浮きを消し込む感じであっという間に20匹も釣っただろうか。当たりが遠のくと手を変え品を変えタナ取りを変えるとまた何びきか掛かる。一時間ほどで時合いが去ったのかたまにしか当たらなくなり、ふと可笑しなことを考えた。

click
♪〜秋色その3。

 海でも川でも魚釣りで、この時合いというのが肝心なのは漁師さんの言を待つまでもないのだが、魚が寄ってくる時とか食い気が立った時ということで、これだけ群れをなして居る所に餌針を入れた時、時合いだとそれこそ我がちに餌に喰らいつくのに、その時が過ぎるとピタリと餌を追わなくなるのだが、人間同様、なかには規則を守らない気まぐれな奴が居て、それがたまに餌に引っ掛かる。皆と一緒に就餌すりゃ数百分の一でしか釣りあげられないのに、などと思いながら、不規則な拙者もその部類になるのかと妙な心境になる、トホホ。

click
♪〜遊歩道に架かる橋。



 まだ日が高いうちに、少し風も出てきたのでもう釣りはいいやと仕舞ってデジカメ片手にぶらりと散歩した。気分は行楽、こんな近くにも別世界のような処があるという驚き、世界はともかく近所も広い。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月22日(土) No.2144 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

記すに値わず、とは言え。ふfぅ〜♪


 朝、何時頃か目覚めて良い天気だなぁとだけ思ったが起きられずに寝入ってしまい結局午後3時まで寝ていたのだが、起きてからも熟睡感がなくよろしくない。明るい日差しがなんとももったいないのだが、考えることがのろのろとした感じでナサケナイというより腹立たしい。夜更かしはやはり良くないなぁ。
 ニュースで見た小室哲也なる人物、手を差しのべられた方がおられたようで保釈されて神妙な様子、最盛期の頃と同様のオドオドして自信なさげな感じが哀しい。ポップスとは言え音楽は音楽、音楽が必ずしも人間性を高めるものではないなぁなどと思いが廻る。

STOP_もう師走も目の前まで来ているということで気を奮い立たせ、年賀状や年末の予定など改めて見るが、どうにも気のりがしない。
 そういえば明日から世間は3連休、関東以西は絶好の行楽日和となりそうだ。明日は気分も晴れるだろうと望みをつなぐ。

web拍手_履歴



2008年11月21日(金) No.2143 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

久し振りの都内。


click
♪〜池袋駅地下街に掛かるPHOTO。

 結局4時に寝て8:00にアラームで目覚めるも起き出せず30分近く毛布をかぶったままで、やっとの起床だ。夜更かしはいけないね。
 東名高速も久々だったのだが渋滞もなく、天気も上々で最初の約束の池袋には20分以上も早く着いた。後輩二人も同じころ到着したようで時間どおりの打ち合わせとなったのだが、こちとらもう現役じゃないのだから無責任に言いたい放題でいい気なもんだ。でも皆忙しそうで結構なことと嬉しくなる。
 ちょうど昼時になったので、天丼を御馳走になってから分かれる。

そのあと駅ビルのデパートで姪孫に約束したプレゼントを求める。一緒に絵本をと書籍売り場で探してみたが、贈りたいと思うものが一つもなかった。なんでオバケだの妖怪だの魔法だの擬人化した動物だのといった物しかないのか訝しむ。好奇心を育むのにそんなアイデアしか浮かばないのだろうか。まるでカルト信者や無思考を増長するかのような品揃えで唖然とした、バカゲテル。


click
♪〜これも・・・

 その後、新宿に回り先輩の会社に挨拶がてら立ち寄ったのだが、やはり寝不足か草臥れ感がしたので、そのまま帰って来た。久々の都内だったのでなにか絵になる写真でもと思っていたが、眼をひいたのが地下街のディスプレイの写真というのが情けない。それを写真に撮ってアップするなぞ、デジカメ・ファンが聞いて笑ってしまう愚行だとは思いつつ、イイ風景だったからシカタない。プロフェッショナルとはやはり大したもんだ。

 帰宅してから、映画館にも寄るはずだったと思いだす、なんてこったい。

 夜、近代芸術論について少しお勉強、今更ながらに沁みついた階級思想にどう折り合いを着けるか誰に遠慮することでもないのだが思いあぐねる。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月20日(木) No.2138 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

あぁ、イイ映画を観た。


click

 サッカーの対カタール戦を見るつもりでTVを点け、なにげにチャンネルを変えると衛星深夜劇場でとても奇麗な映像の映画が放映されている。情報を見ると1999年制作のフランス映画「美しい人生」だと解ったのだが、ストーリーの展開にも惹きつけられ最後まで観てしまった。いや〜、偶然にこんな良い作品に出会えるなんてラッキーとしか言いようもない。
 南フランスの山深い大地の様子が如何にも肥沃で、出だしの主人公一家の破たんからやり直しの一部始終が気分的に貧しい感じがしないというのが一番良かった。周りの知人の善意もさらりとしていて、見ているほうも救われる。後で知ったのだが映写カメラマンが日本人のテツオ・ナガタ、音楽に日系アメリカ人のブライアン・ヤマコシの琴が印象的に使われていて目にも耳にも消化が良かったのかも。99年度のサン・セバスチャン映画祭でグランプリを獲得、祖父役のジャック・デュフィロは最優秀男優賞というのも後で知った。
 それと冒頭に年金の破たんだのBSE問題などの話があったのも印象深い。兎にも角にも今週は本当に夜更かし週間だ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月20日(木) No.2137 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

卑劣な行為。


click

 昨晩から元厚生省事務次官殺傷事件一色で、なんともやり切れぬ思いなのだが、ここに至るまで腐敗した組織を利用して私利を貪ることを許す仕組みに苛立ちを覚える。名前を変えたりして狡賢く生息し続けている多くの独立行政法人なる仕組みにはうんざりする。公にコメントする有名人は皆一様に、忌々しき行いと非難するのは当然なのだが匿名でしかもの云えぬ大多数の大衆はえげつないことに称賛の声さえ上げている。マスコミ各社の報じ様も言葉とは裏腹にさらなる何かを期待するかごときに見えるのは穿ち過ぎかなぁ。正直言ってあれだけの背任をしながら何重にも報酬を得てきたことに後ろめたさは無かったのだろうか。一所懸命やってましたと言っても人に倍する業績どころか詐欺まがいとまで評価されてる。哀しいかな溜飲を下げている大衆の言い分は、あれだけ職責をまっとうせず国税で私腹を肥やしていることに対する怒りだ、己ぬる哉。もし明らかにそういった義憤に駆りたてられた行為だったとしたなら、卑劣なテロルが発生するには必ず理由があると考えるべきで、それを無くするのが政治だろうに、為すべきことをしてこなかった政治家の罪は大きい。ふんぞり返って埒もない会談なんぞやってる場合じゃない。
 しかし狙いが政治家にゆかず事務次官に向かったということは皮肉なことだ、絵を描いているのはお役人ということを示しているかのようだ。
STOP

click

_今朝もパッとしない目覚め、10:30に電話がありしぶしぶ起床、あまり良い話でもないので気分が晴れない。外は今日もカラリと晴れ上がっているので意を決して気晴らしに相模川に出かける。あちこち寄り道しながらいつもの八景の棚下、あはっ、この風の強さで釣り人が一人も居ない。このところの雨の少なさからか水位が50cm以上も下がっていて川相が違って見える。地元の古老のお話では上流の新しいダムが出来てから川の様子が随分変わったのだという。まぁこのあたりで漁を生業にしている方はほとんど居ないと思うので一概にいけないとも思わないが魚が減るのは淋しい。
 明るい空と太陽に輝くススキを見ているうちに、晴れやかな気分が戻ってきた。出張った甲斐があったというもんだ。

STOP_明朝、都心に行くのでさっさと寝ようとするのだが妙に頭がさえて何を思うかというところだが、この数日来、米国の巨大企業GEのことを考えている。しとごとなので無責任に思うわけだが、ここにきて国に救済を求めているのだという。倒産すると300万人が失業すると脅かしているらしい。自由競争をうたい文句に活性化を望む国とはとても思えないし、米国でも冷ややかに見ているしとも大勢いる。そういえば我が国でも社会保険庁の解体について、現政府、守旧であまり仕事したくない方々は、なぁなぁで名前だけ変えてなんとかやりすごそうとしているが、あの竹中平蔵さんは手厳しく、これは労働問題だとして全職員の解雇が当然といっておられたなぁ。組織ぐるみの犯罪や失った資産を考えると分限免職が当然のようにも思われる。一から仕組みを作るのは大変だが、なぁ〜に、なんとか出来る。GEだって、失敗した組織に手当などして取り繕わずに、一から出直す労苦を惜しんじゃダメなのさ、・・・ブツブツ。

web拍手_履歴




2008年11月19日(水) No.2136 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

朝寝坊。


 なにか寝苦しくて、目を覚ましたのが9:30、気温が高かったようで暑苦しい感じだ。昨日は昼近くまでも寝ていて、夜中の3時過ぎまで起きていたせいで今日も朝寝坊、どうやら今週は遅起き週間になりそうだ。
 前日の予報では曇りだったが今朝は晴れになりそうで予報も修正されている。衛星写真で見る雲が列島からやや離れた感じだ。

 それにしても好天とは裏腹に、この気だるさは何なんだろうか。一夜にして靄がかったような気分になるなんて、・・・ワカラン。

STOP_徒然に午後のひと時、昨年の11月はなにしてたのだろうとブログを見てみた。なかなかに足しげく出かけては紅葉狩りだの温泉だのと活動的だ。バド・パウエルと釣りがもっぱらの関心事だったようで、してみるとこの一年、さしたる進歩も変化もないということか。今更変わり様もナイと開き直る、コレデイイノダ。
STOP_暇にあかせて当ブログの分析を試みる。書き散らかしと宣言しているだけに実に取りとめもないということが解る。そもそもが自宅サーバーでDTMでの音楽・ジャズを公開するという目的のサイトに設置したブログで「少しだけ公開日記」ということで日々更新しているのだが記事の数もいたずらに増大して、まさに気侭に尽きるのだがキーワードで記事数の頻度を見てみた。「音楽」「ジャズ」がダントツで多かったのは面目躍如、あはっ。次に多いのが「デジカメ」とか「写真」、それと「自宅サーバー」だ。「釣り」も130回近くエントリーしている。「映画」「DVD」も其々50回以上だ。
 拙者が趣味ですと公言している内容であることを再確認しただけの話だが、興味ないことなど誰も書いたりはしないか。それにしてもちと欲張りだなぁ。

click

 意外だったのは政治や宗教についても結構頻繁に言及していることで、これらはあまりコミットしたくないことだったはずなのだが、如何せん本来仰ぎ見るほどに高等であるべきものが突っ込みどころ満載の昨今、ついポロリと言ってしまっている。自称、拙なる者といいつつも随分と高飛車な物言いで後で読むと空恐ろしい感じもするが、これは多分に想像(妄想)力の違いなのだと一刀両断、無責任ではあるが、書いたからといって気分が晴れるわけでもなく逆に情けなくもなるのだから書かなきゃいいのにと思ったり。
STOP_夕方、唐突に静岡県の清水港の黒鯛のカカリ釣りにでも行こうかと思い立つ。念のためその山本釣り舟店の休業日を確認したところ、あはっ、明日は休みだ。ついでに西伊豆方面への小旅行もと考えたのだが断念。

web拍手_履歴



2008年11月18日(火) No.2135 (ブログ)
Comment(0) Trackback(0)

あぁ、良く寝たもんだ。


click

 夕べ、寝る前に長湯したせいか、まぁ良くも眠ったりで起きたのが昼前の11時だ。よほど熟睡出来たのか心身ともにスッキリ軽やかな感じで、いつもこうだと良いなぁと思う。
 そして外は、これまた良い天気で風も穏やか、こうしちゃ居れぬと昼食もそこそこに海辺に向かう。眩しいほどの日差しだが絶好のドライブ日和で流す音楽はカーティス・フラーのCDアルバム「Magnificent」、なぜかナヴィのプレイヤーだとそこそこ良い音質で聴くことが出来るのとシンプルでハートフルな曲が並んでいて聴くほどに気分が良くなる。

 1時過ぎに着いたいつもの茅ヶ崎港、半日授業だったのか近くの中学生らがグループで来ていて平日らしからぬ賑わいだ。そういえばユニセフの国別アンケート調査で15歳児童への「孤独感がありますか」という問いかけ、我が日本の児童はダントツでトップというか最下位、EUなど先進諸国での数パーセントに比し3割以上と著しい違いがあったという。一瞬、評論家諸氏の言われる戦後教育のまずさかななどとも思ったが、いや待てよ、大多数の国とこれだけ違いがあるのは、民族特有の情緒というか特異な風土が存在するのではないかということを考えた。地球上の全人類が共通の情緒、メンタリティというのも面白くない世界だもの。できれば同じ調査で15歳児の犯罪率をも見てみたかった、閑話休題。

click
♪〜夕焼け小焼け。

 いやぁ〜、豊饒の海なんて言葉を思い出すほど今日の海中には魚がたくさんいて、しかも一振りごとに掛かるような忙しい釣りとなってしまった。潮回りのせいか特に大きなメジナが湧いてきていて12尺の磯竿を満月のように引き込むのだ。これなら塩焼きにして晩飯のおかずにしてやろうと考えたのだが、放流を前提に釣っているので釣り針の返しをつぶしているため取り込みの失敗ばかり。結局持ち帰れたのは手の平サイズの小メジナ2枚だが夜、塩焼きにしたところ肉厚で身離れも良くとても美味しく戴けた。

♪〜サウンド・スケッチ



 2時間ほどで釣りを止めてぶらぶら散策、常連のおじいさんのチヌ釣りを見物、夕まず目のいっとき、撒き餌に寄ってくる沢山の魚をわくわくしながら見る。あぁ面白かったと夕日を見ながら帰って来た。5時を回るともう暗くなって対向車のライトがまぶしい。そういえば視力が一段と悪くなったように思う。

click
♪〜本日の献立、塩分ヒカエメ〜。

 今日は調理だと決心して台所に立つ。最近、根野菜をどう摂取したもんかと思いあぐねていたのだが冷蔵庫の掃除を兼ねて野菜を一掃すべく、葉物以外をお全部いれた煮物にしてやった。コンブだしを利かせて塩分少なめで、煮崩れしなようにだけ注意を払いコトコトと煮ること40分、まぁ上手く出来た。

 あとはネット・スーパーのレシピにあった「豚バラ肉とサニーレタスのデイッシュ・サラダ、白ゴマ風味ドレッシング」、これは簡単に出来たが食べる段になって白髪ネギとニンジンの千切りを盛るのを忘れていた。なんか彩りに欠けるなぁと思いながら食べちゃったんだから呑気なもんだ。

STOP_以前の日記に政治家の世襲はいけないと書いたことがあり、それは近代民主主義の目指す理想にそぐわないからということなのだがもう少し整理して考えてみた。望まれる近代国家を取り仕切るリーダーはなんといっても気高い使命感をもって国益なり国民の為になにごとをも行ってほしいということから、民衆に選ばれるのであって、いうならば格別なる仁徳を持っていることも期待されるわけだ。いくら御本人が政治家に適していると考えたとしても親が政治家だったので辞退しますというくらいの徳があっても良かろうに。ここでいう徳は別段、孔子様の言われることとは違っていても今の大多数の人間が思う善きリーダーのことだ。当然、ウソツキや私利私欲に駆られたしと、な〜んにもしないしとは全て公約違反というか善きリーダーとは程遠い。
 ここんところ、な〜んにもしてない政治家が750人もおるなんて政治そのものが隠居生活でも始めたかと呆れてしまう、あ〜だこ〜だで一日経つ。そしてご年配の政治家の発言はどれを取っても聴くに値しない内容ばかり、次の選挙では是非二回りほど世代後退させて、それこそチェンジ。

web拍手_履歴



2008年11月17日(月) No.2134 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

なおっている。


 夜、7時過ぎに拙者の五個年上の先輩からの電話を受ける。今も現役バリバリで自分の会社を二つ切り盛りされており、シゴトが面白くてしょうがないのだという変わった方なのだが不思議だとは思わない。お話は普通に世間話だったのだが、たまには顔を出せとよとのことで近々の訪問を約束する。
 電話しながら、あれれ、花粉症の鼻水が止まっているのに気が付く。はて、いつからかと思えば、昨日も出ていなかったので正味四日間症状が出ていたということだ。いつも知らない間に治っているというのがお決まりのパターンになっていて、発症したことすら忘れる。まぁ、大したことでない、というのがこういうことを指すのだろうな。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月16日(日) No.2131 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

早起き。


 ゆうべ、早々と寝入ったせいで今朝は5時に起きる。夜明けがすっかり遅くなってカーテンを開ける気もしない。予報では小雨ということなので一日中ごろごろしててやろうと決める。寝起きでモニタを見ると「イムクさん」からのコメントがあった。なんと、ブログに張り付けた拙者の写真について、あろうことか誉めるがごとき一文であわててしまう。こと写真に関してはコンプレックスと言ってよいほどに日々挫折感を噛みしめているわけで、万に一つでもどなたかが良いと思ってくれるものがあったなら、それこそ天にも昇るほど嬉しいのだ。オメデタイ奴って云われてもいいもんね。

click
♪〜ミレーのオフェリア抜粋。この筆数!

 表現作品として写真ほど、いわゆるアマチュアが傑作を生み出せる分野はないように思う。簡単ということではなく、誰でも創りだせるだけにその絶対数の多さから偶然とか、まぐれを期待できるということかなぁ。
 そしてまたこれだけ技術や理論がさしてウエイトを占めないというのが面白いところだ。撮影者の感性につきるというか、写すしとの目を通してそのしとの感性を表すようなところがあって歴史の浅いことながら立派な文化となっている。しかし系統だてて学問になるかってぇのはビミョーなところだ。
 創作物としては、絵画とは似て非なるものとしか言いようもないのだがそれはあまりにも簡単・安易に出来るということに尽きる。


STOP_11時過ぎにWindowsのアップグレードの後、再起動かけたまま忘れてしまい、ログ・インしたのがもう昼もまわって午後1時半、ドジだ。
 昼過ぎに朝注文したネット・スーパーの配達があった。あはっ、こりゃ便利だ。商品を手にとって選ぶ、買い物が好きなしとにはたいして役にもたたないだろうが無精もんには打って付け。実際の店頭価格と同じというのが面白い。包装や運搬の手間暇を考えると店に出向くしとにもっと優遇あってしかるべきとも思う。んっ、ポイントがあるのか。STOP_チラ見したTVバライティで、とあるインタビューでのコメントに「真っ直ぐ歩ける人がいい。」というのが不適切な表現でしたと謝罪していたが、なぁ〜んか過剰反応で逆差別を感じて不愉快だ。


web拍手_履歴



2008年11月16日(日) No.2130 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

美化デー。


click
♪〜大好きな風景。

 今日は9:00起床、一月ほど前に連絡のあった地域の防災組合の美化デーに参加しませんかというお誘いに乗ったのだ。個人的には生まれて初めてのことで、枯れ葉の掃除などというのになんとなく惹かれた感じ。コミュニケーションや地域の連帯感の向上のためという目的もあるとのことで普通なら喜んで参加すべきと頭では思うのだが、やはり一本毛が足りないのかあまり愉快と感じることは叶わない。幼少のみぎり狭い世界の息苦しさから望んで飛び出したのだから当然といえば当然だ。そのくせシゴト現役時代はえらそうに仲間の団結とか結束な〜んて云ってたのだからいい気なもんだが、まぁシゴトでは共通の目的が簡単に見つかったということかも知れない。
 毎日のように掃除されてる方がおられるようで、枯れ葉はほとんどなかったのには驚いた。

 昼前には約束のシゴトで八王子方面へ向かう。一時間ほどで終えるつもりがアクシデントで倍近くもかかったが、小雨がしとしとと降り出す頃には帰宅が出来た。三か月ぶりで会う後輩も居たりして良い気晴らしにはなった。拙者のいでたちがフィッシング・スタイルで車には釣竿だらけなのを見て、しきりに羨ましがられるが、バカ言ってんじゃないよ、若い時は働かなくちゃいけないのだよとエラソーに檄を飛ばす、あはは。
 いつものカメラはと聞かれたのだが、充電し忘れで置いてきたので携帯で数枚、残り花など写してみたがどれもピンボケでがっかり、昨日の画像を貼っておこう。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月15日(土) No.2127 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

小春日和。


click
♪〜お気に入りの茅ヶ崎漁港の堤防。

 10時頃には太陽がまぶしい位に昇り予報通りの天気となりそうだということで茅ヶ崎港に向かう。気温も上がり防波堤の上ではポカポカと暖かく実に気持ちが良い。しかし海はホントにままならぬというかいつもならあれほど群れて寄ってくる魚がさっぱり姿を見せない。あきらめてしばらく日向ぼっこ状態で時間を過ごす。他の常連さんの釣るのを見ているだけでもなにやら面白い。午後3時くらいから魚が寄ってきて一時間ほど遊ぶ、よしよしと言ったところだ。
 思うようにならないということが何でそんなに面白いかとツラツラ考えるに、これはもう性分としか言いようもない。世の中、思うようにならないことの方が多いくらいだから、こういう性分のほうが多分お気楽だ。

 ぼぉ〜っとだが富士山を眺めることが出来た。相当下まで冠雪している。帰りに気紛れにKFCのドライブ・スルーに寄ったのだが調理中で少し時間がかかりますと言われ、即あきらめて出た、じつに堪え性のないしとだ。

 今日のような日、英語ではindian summerというらしいが、断然日本語の小春日和がいいなぁ。晩秋なのにこの一日だけが小さな春だなんて思うだけでも可愛らしい。

STOP

click
♪〜夕日がきれいだった。

_なんかあの給付金、大騒動みたいになっていてラジオで聞くニュースもそればっか。TBSラジオの電話アンケートで70%も中止に賛意を投じていた。思い起こせば言いだしっぺがたしか公明党だったなぁ。で、ふとあの会員数を誇る教団信者にひとしくキャッシュが渡るということは確実に潤う団体があるなぁという単純なことなのだが、言及するジャーナリストもおらぬしあらぬ推量は止そう。でもなんとなく解せない。

 金融サミットでEU諸国が巨大ファンドに強力な規制を掛けねばダメだと頑張っている。金融工学などと称してお金がお金を生み出す仕組みは一部大富豪の為でしか無いのだからまっとうな政治家であるなら理は自明のことだ。その点ではイスラムの教えや徳川幕府の締め付けは善い正義だった。

 結局帰ったのが午後7時、ふぅわぁ〜良く動きまわったもんだ。夜電話あって、明日午後からシゴトすることにした。天気も下り坂だし実に良いタイミングだ。

web拍手_履歴



2008年11月14日(金) No.2124 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

朝起きて考えた。


click
♪〜昨日の画像から。

 今朝、目覚めて外を見るとまだ暗い、ぼんやりと夢現としながらも朝なら明るいはずなどと思い時計を取って視ると6:30、それにしちゃぁ暗い。そのまましばらくして7時丁度に今度はハッキリと起床。空は青いが太陽は雲間に隠れているのだがそれでも良い天気になりそうだ。

 昨夜、寝る前にBGMを掛けようかどうしようか迷って結局がまんして眠りについたのが功を奏し目覚めがスッキリとして気分が良い。

 昨日のブログでモダンジャズ喫茶のご店主「KAMIさん」のコメントに雑念と迷走とあったのだが拙者の場合はさらに妄想と暴走もあるなぁと考えたのだが、このように自虐的な戯れごとをいう心理は可愛らしい照れ隠しのようなものでここ数日やり玉にあがっておる首長やソーリなども、そういった嗜みを学んでこられなかったのはお気の毒なことだ。ソーリに関しては案じていたことがまさにぼろぼろと出てきて想うだに憂鬱になる。やはり近代民主主義では傑出した聡明なリーダーとか昔でゆうところの名君的な人物を望むことは無理なんだろうね。並みでも良いから誠心誠意、精一杯やってくれる方が望まれるな。マンガ本好きというのは一種の自虐になるのだろうか知らん。

STOP_遠く離れたもう古希を超えているブロガーさんがPCの不調で困っておられると知った。PCのトラブルは問題点の「切り分け」が話だけではなかなかに埒のあかないことで難儀なことではある。それでふと思いついたことがあるのだが、たまたま拙者はPCにやたら詳しくて問題の特定は人一倍達者なことから、これを眠らせておくのはもったいないというとこなのだ。それでボランティアとしてお手伝いすることにしたのだが、なんせ短気で血の気が多い性格ゆえ成り行きが心配だ。昔から、手取り足とりというのは苦手の一言に尽きるのだ。

 そういえば昨日、コメントいただいた「上州の好青年」ことジャプラノート・ブログの「ますた〜♪」さん、さすが現役のシゴト人間らしくブログにかまけずしばらくご無沙汰だったのだが彼はとても親切な教え方、というより伝え方で、大変教えられることが多かったものだ。ダジャレも相当なもんだが、ぎゃはは。

web拍手_履歴



2008年11月14日(金) No.2123 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

快晴。


 今朝、7:40に起床。快晴の空が広がっている。カーテンをぱぁ〜っと払い、窓を開けるとひんやりした空気が舞い込むが日差しが暖かい。まさに小春日和となりそうだ。この天気に一喜一憂ってぇのはつみのない無難な感情だと改めてナットク。起きぬけブログをしたためて、いざ、お出かけの支度だ。

STOP

click
♪〜橋と空。

_10時過ぎに外に出ると少し風がある。予報では海上の風速が6〜8m/secとあったので、川に向かうことにした。ハヤ用の餌を3種類ほど作ってあるので試してみようと。
 ひとつは「黄身ネリ」で卵の黄身で小麦粉を練ったものでハチミツを加えさらにブドウ虫のエキスを混ぜた自信作。もうひとつはイワイソメの塩ずけ、携帯・保存用の万能餌として昔から使っているもの。それと今回は生餌のイワイソメを川で試してみたかったのだ。
 結果はどれも大成功で嬉しいったらありゃしない。水温が下がってきているせいで魚は深場に寄っているので18尺の竿を使ったので腕が疲れた。
 風もあまり強くなく、なんだかんだ日が沈むまで河原で遊んでいた。


♪〜スライド・ショー、マウス・オン、クリック、Wクリック、オフで。
相模川で
♪〜2008年11月13日相模川空模様。



web拍手_履歴



2008年11月13日(木) No.2118 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

イナダの旨味醤油漬け。


click

 今月1日に久里浜港から出漁して持ち帰ったイナダ、4本もあって捌いた後、小分けにラップして冷凍してあるのだが昨日一つを解凍して刺身を食したのだがとても食べ切れるものではなく、漬けこんでみようと思い立ち、市販の「だし汁」に醤油を足し、ひたひたになるよう漬けて冷蔵庫に入れておいた。

 いままでもワサビ醤油でマグロの赤身をズケにすることは普通におこなっていたのだが昆布だしが浸みこむともっと旨いのではないかと考えたのだ。

 それと新米もどうにか上手に炊くことが出来、夕食にさっそく食べてみたところ、・・・これがバカウマ。ワサビを付けて戴いたのだが単に醤油漬けとはことなり肉質の変化が少ないし塩っけも少ない。市販のだし汁は防腐作用に優れているようで雑菌に注意すれば日持ちも期待できそうだ。

 新たに作った「糠床」がようやくいい感じになり、今日、おいしいナスの糠漬けを食べることが出来た。ヨーグルトの他、思いつくままいろいろな香味野菜やコンブや香辛料も加え、どう変化するのか漬けて食べてみなけりゃ解らないという面白さがある。今日のところでは洋がらしの風味が程良く着いていて実に良い。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月12日(水) No.2115 (ぐふふな調理)
Comment(2) Trackback(0)

青空が恋しい。


click

 今朝は起きたのが10時と天気同様どんよりとした一日になってしまった。目覚めの一瞬、鼻がすっかり乾燥していて、すわっ花粉症が去ったかと思ったのもつかの間で、じき鼻水が流れだす。気だるい感じもしてどうにも冴えない。
 そういえば昨夜、寝しなにサイトのプレイ・リスト11曲連続再生を聴きながらだったが、ひょっとして睡眠に悪影響でもあるのか知らん、マサカとも思うがこの数週間のことを考えると、そうとしか思えない。

ともかく、青空が待ち遠しいなぁと今日もノー天気なしとである。画像は携帯電話に残っていたものでしばらく前の湘南の空。写真じゃなぁ〜。

STOP_

web拍手_履歴




2008年11月12日(水) No.2114 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

山茶花梅雨。


 このところ低気圧が列島に沿って居座り山茶花梅雨そのものだ。外に出ないものだからどうしてもTVニュースを見てしまうのだが、どっかの知事さんの「チャンス」発言、ご当人は訳知り顔に機会というふうに使ったようだがこの方も役人あがりの無教養人だ。chanceという言葉はやはり期待を内包しているだけに他者の不幸に使うべきじゃない。まんいちの時のことを云う言葉を知らないのはちと情けない。

 それに比べ証人喚問にお出ましになった元空幕僚長、明解な自論を堂々と述べられ質問する野党議員が兵隊の位でいうと軍曹以下にも見えたが、正論だとしても当時の役職を考えると厚顔無恥とも云える。喚問のなかになぜ行政の中枢にいながら現内閣府の意見と異なることの是非を問うことが無かったように思うのだがクーデターまで思い描いていたようにも見えないし、まぁ論議を喚起せんがための捨て身の言動だったというのなら納得できる。

 しかし皆さん、正直で気持ちが良い。彼には是非次期衆院選に立候補して国政に参加してほしいものだ。オープンな議論こそ暴走を阻止できるってなもんだ。建前と本音なんてことじゃなく、国を守る軍隊はあのぐらいの気概があって当然だわ。拙者はある意味でほっとした思いもある、あーいった信念が現自衛隊の主流であるならまともな事だ。近隣諸国もあまり理不尽なこといってきちゃぁいけないよと核なみの抑止力になったことだろうね。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月11日(火) No.2113 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

さむっ!


 今朝は9時過ぎまで寝ていたのだが、枕もとには鼻水でグショグショのタオルとテッシュペーパーの山、ちと憂鬱である。昨日の夕方、帰宅直後から寒気がしてクシャミの連発、すわっ、風邪を引いたかと思ったのだがその後、鼻水が止めどなく流れだし、あぁ〜、花粉症だと覚悟を決める。
 もう三十数年来の年中行事のように毎年四回も、2月5月9月11月と律儀に出る症状で昔は風邪だとばかり思っていたことなのだ。
 花粉症と知ってからいっときは薬などにも頼っていたが最近は鼻水なんかも出るにまかせひたすら時間が経つのを待つだけだが、つい鼻をかんでしまいがちで周りが荒れてヒリヒリとウットオシイことこのうえない。
 ということで昨夜は延々と鼻をかんでいて夜更かしする羽目になった。おかげでさして興味もないDVDを4本も観てしまった。

STOP_しょぼしょぼする目でニュースを見ると、例の定額給付の一件、はたと思いいたったことがある。確かに世の5%くらいのお金持ちには、あの金額になんの意味もないとは思うが手続きの手間ひまと費用を思えば1,000憶円は誤差の範囲と笑い飛ばしても良い。太郎首相の自発的に辞退していただければというコメントは近年まれに見る愉快な話でそういう上等な民の住む国というのもわくわくするほど素敵ではある。しかし妙案もあって手続きや法整備に時間と費用がというのは所得税を取りしきるところと住民票を管理するところがリンクしていなことに尽きるのであるから、まず太郎さんの言われるように全部に給付してのち、一年か二年後にでも所得税納付時の申告書の一行に「定額給付返納分」を足せば良い。なぁ〜に、何十行もある申告用紙だし徴税のシステムが信頼に足るものとするならさして面倒はナイ。財務省サイドがお金持ちには給付すべきじゃないっていってるんだから時限立法だってお茶の子さいさい、のんびりと数年後でもいいさ。緊急の給付といってるんだから制度なんかじゃないのだよ、たぶん。返納は制度にしましょうか。

 てなことを財務省webサイトにメールしたのだが、いやはや今の時代、お役所も大変だ。こんな思い付きのようなご意見が採用されるようにでもなると愉快だが、想像している以上に影響もあって、現に無名の一市民である拙者の提案が今までに4回も実現したことがあるのだ。たぶん、偶然ということもあるだろうが思いが通じたという意味では仇やおろそか出来ない。

web拍手_履歴



2008年11月11日(火) No.2108 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

淡々と。


 今朝は7:00起床、午前中に一件シゴトをやっつける。雨の心配もないようなので昼から相模川・八景の柵下にハヤ釣りに、水温も気温も下がって釣れるポイントが絞られてきているのが解る。2時間ほどで切り上げ買い物しながら帰宅。海に出たいとも思うが雲りがちの空だと二の足を踏んでしまう。ガソリン価格がレギュラーでリッター130円を切っている、この半年間は何だったのかと。

 このところの快眠は寝ると決めてジャズを停めるのが功を奏していると確信できる。イケナイ習慣はなかなか止められないものだが今のところ大丈夫のようだ。ちと単調な日々にも感じるが、淡々とというのがピッタリする時間の流れで世の中には就かず離れずであまり強弁するのは善くないな。

 と云いつつ、ニュースで見たエルサレムの教会での宗派対立による乱闘騒ぎ、冷ややかに突き放して見るだに、なお、おぞましくて情けない。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月10日(月) No.2107 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

バラク・オバマ氏。


 雨の日曜だってのに朝6時に起きてしまった。なにかTV番組でもと漁ってみるが目を惹くものもない。今の政局なんぞ耳にするのも鬱っとおしい。

 早朝の世相放談のようなTV番組で論客と名を馳せた西邊さんが米国の浮かれようを皮肉っぽく話されていたが、随分と薄っぺらいお話でナサケナイ。

 次期米国大統領に選ばれたオバマさん、いかにも颯爽として希望を託すにふさわしい言動で期待が持てる。現大統領が世襲のぼんぼんでマーチャントやミリタリィにとっては良きしとだったと思うだけに大きな違いがありそうだ。
 閣僚候補にしても凄い人材が綺羅星の如く見受けられ羨ましいかぎりだ。あのIQ180のパウエル元国務長官の名もあがっていたがリベラルで有徳な方が引っ張るのであれば、属国も幸いであろうと悔しいけれど思うのだ。それにしてもあの若さでの組織力は半端じゃない。カリスマ性からいって当然ヤッカミや妬み、偏見からの跳ねっ返りのお馬鹿さんが出てくることは考えられるわけで蛮性とも云える銃信仰の残る彼の国では暗殺の可能性がまず心配されるというのが悲しいことだ。

 比べるのも恥ずかしいのだが我が国では景気対策と称して定額給付をどったらこったら、もともと国民の税金を政治屋があたかもふるまっている様な様子でけったくそ悪いことこの上ない、まっこと大局観に欠ける施策で情けないなぁ。そんな費用を捻出できるのだったら後期高齢者医療を全額、国が負担しますと宣言するほうが気分の向上になるってもんだ。1988年におこなわれた「ふるさと創生資金」同様、後世のもの笑いになるに違いない。

 世襲議員の多さからも我が国の民度は低きに貶められてもいるが、こと家業に関して世襲というのはまっとうな習わしなのだが政治家はダメだ。だいたいが政治を職業・稼業とすることがそもそもみっともない話で民を食い物にしているということがあからさまではないか。選ばれる時点で底上げされているようなしとは政治にかかわってほしくない。

 以前、ブログで来年から始まる産科医療保障制度が医師と患者の不毛な争いを避ける制度として有意義だと書いたのだが、なんのこたぁない、やはり腐った官吏の考えることは、あからさまに不透明な仕組みだ。多くのしとが指摘するように公的保険料をなにが悲しくて民間保険会社に預けるのかバカなことを決めたものだ。どうだいと言わんばかりに説明していたでぇじんの想像力に疑問がある、押さえどころが少しずれてやしないか。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月09日(日) No.2106 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

快眠。


 あぁ〜、良く寝たと感じる時は幸せだ。今朝も4時と7時に目が覚めるも天気も悪いしと二度寝を二回、結局起床したのは昼前の11:30だ。このところの快眠はどうしたことかと驚くばかり、大体が早起きだと夜も10時11時になると眠くてしょうがなくなるというのが良いんだろうなと思うが今まではこの時間から深夜にかけてが静かで誰にも邪魔されない貴重な時間帯だったことを考えると意識的に世間と隔絶できるということは内なるユートピアに近い状態なのではないかと感じることさえある。確かに人情の世界で他者と意を通じ合い連携し親しむのが習い性とは思うのだが、そうじゃない喜びもあるというのが正直なところだ。しっかし月替わりのように精神状態が変わるというのもなんだなぁ〜、やはり一生迷える小羊ということかな。

click

 今、関心事のひとつに産業革命以降のしとの技術革新の総括をしてみたいということがある。何が人類に幸をもたらし、何が破滅につながるのかということなのだ。この200年間の急速なCO2排出、エントロピーの増大、人口の増加を考えると遠からず破滅とまでは行かないまでも重大なしっぺ返しがあるように思うのだ。都会に林立する高層ビルや眩いばかりのイルミネーション、これら全てが一次生産物の余剰で出来ていると思うとき、いっそうその思いが募る。ましてや昨今の証券市場のドタバタなど笑止千万、架空世界で巨額の実利を得ていたしとなどはいわゆる詐欺師とどう違うのか少しは考えると良い、が、無理だろうな、彼等は賢くて上手く生きることが出来る選ばれた人間だと思いこんでいるようだし、踊らされた大衆は博打に参加していただけなのかもね。
 この、のるかそるかの賭けごとってぇのは知力なぞとは無関係にしとの頭脳にアドレナリンを出させるようで、これはもう本能といってもいいのだろうがそれを抑えるのが理性なんだろうと思うとき、人任せでもうしわけないのだが人類を束ねる方々の理性に頼るしか無い。賭けごとは面白いんだもの。

 もし向こう半世紀なり100年以内で環境破壊による重大なカタストロフィが生じるとしたら最大要因は電気の発明か化石燃料の利用かはたまた原子力の発見か、いずれも現代文明には欠かせないものになっているものだ。
 今をときめく中国やインド、南米各国で数十億人が一挙に先進化することを考えると如何に楽観的なお気楽人間とはいえ先行き、こりゃダメだとしか推測できないのだ。
 医療技術の進歩による寿命の倍増というのも自然の成り行きには逆らっているのかも知れない。
 しかしこの人為的な諸々も自然の成り行きなのだと思えば、それが破たんして縮小か絶滅するのも自然ということかなぁ、な〜んてあらぬことを思う雨の午後だった、だはっ。

STOP_昨日、検診に行った医院の待合室で5年ぶりくらいで新聞を隅から隅まで読んだ。40ページもあって、1ページ当たりテキストだけだとA4サイズで4枚以上の内容だから優に200ページの本を読むようなものだ。これが毎日、編集制作されていると思うと凄いことだなぁとつくずく思った。
 そういえば新聞編集者出身の筑紫さんの訃報が知らされた。TVキャスターに転身されて18年も続けてこられたのだねぇ、おだやかでジャズの好きな方ではあった。合掌

♪〜センチメンタルって善き感情なのだ。



web拍手_履歴



2008年11月08日(土) No.2105 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

人助け。


click

 ホント、秋の空で昼頃には雲一つないぽかぽか陽気になった。暦の上では立冬だってぇのに、まぁ結構なことで昼食もそこそこに近くの河原に出かける。

 仕掛けのテストがてら河原のススキでも写してみようということだったが、一時間ほど遊んで帰ろうとしていた時、二人組の若者が運転する軽トラックが河原の泥濘にタイヤを取られどうにも抜け出せないでいる。ロープでもありゃ引っ張りあげるところだが、生憎手近にはない。

 釣り用の長靴を履いていることだし、ヨーシとばかり手で押して出してやろうとお兄ちゃんに声をかけセーェノッと押すがまるで進まない。それでは車体を前後に揺さぶって反動で押し出そうとゆっさゆっさ4、5回もすると見事トラックは前進して抜け出した。

左側で押していたお兄ちゃんは跳ねっ返りで泥まみれになったが拙者は幸いにもジーンズに少し跳ねただけ、やったやったと三人して大喜びしたのだ。

click

 二人の若者に大いに感謝され、いやはや拙者の気分はサイコーってな感じ、大きなことは言えないが同じようにハマってしまったことが何度もあって人ごととは思えないのだよね。

 その後、健康診断の結果を聞きに家の近くの医院へ。やはり高脂血症に向かいつつあるので塩分控えめで運動に心掛けるようアドバイスを受けた。それさえ心がけると発症の確率は半減するのだというが、悩ましいことだなぁ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月07日(金) No.2104 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

北風。


click
♪〜昨日の写真のレイアウト違いのもの、趣が変わるものだ。


 今朝も7:30のアラームで起きてしまった。今日は天気も悪いし一日寝ていようかなんて思っていたのになんてこったい。外は今にも降り出しそうな空模様で気温が13℃、北風が強くはないが吹いている。はや冬の気配すらするなぁ。

 2年前くらいからオンラインでのスーパー店、今まで利用していなかったがここにきてその充実ぶりが報じられ使うことにした。だいたい5000円以上の買い物がまとまると送料が無料で、注文して3時間で届くってぇんだから便利は便利だ。でも数少ない外出の機会を失くするようで引きこもりに拍車がかかるとも云えるなぁ。

 昨日、ゴルフ好きの次姉より電話あり、自慢のアウディを全損する事故に遭遇し九死に一生を得たのだとのこと、いやはやしぶといもんだ。ご先祖様に感謝するためお墓参りにくるとのことで、その信心深い発想はなかなか理解できないのだが悪い事ではないと思う。

 今日は健康診断の結果を聞き近くの医院に行くのとDVDの返却にtsutayaさんに寄るだけだ。DVDは今回もハズレだった、ざんねん。

 じつは血圧測定のいい加減さに驚いている。ご承知のように血管を圧迫して血流音により判断する手法が昔から確立しているのだが昨今の電子測定器ではそれを当然プログラムで判断させているため店頭で5種類の器具を試したところ、その誤差というか、指示値の違いは測定というには程遠い感じがしたのだ。まぁ、参考というか傾向を知るにすぎないと云われりゃそれまでだが何mgHGと圧力数値で出るのだからせめて誤差数パーセントであって当然なのだが±20%は優にある。こんな機械に血圧が高いと言われても納得しかねる意気軒昂な拙者なのである、がはは。かの医院でも機械測定で上が151mgHGですと言われたが他で測ると127、134、118などと、なんとも云いようもない結果だ。腑に落ちない、不遜かなぁ。

STOP_スライドショー再び。
Photo クリック、ダブルクリック、マウスオン、オフ、リロードで画像切替り


web拍手_履歴




2008年11月07日(金) No.2103 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ルンルン〜♪


click
♪〜樹と雲と。

 2週間前のブログで絶好調などと書いていたのだが、本当にどうしたことか今朝も7:30にシャキッと起きて、グータラ感がまるでない。これは普通のことなのだろうかと、そのことが訝しい感じだ。
 先週電話あったシゴトで今日は9時には出発、片道25kmほどのドライブだが流れが良く、信号もなぜか青ばかりのようでますます気分が良くなる。
 今月はどうやら6〜7日間はシゴトに時間を取られそうだが、まるで負担になる感じはしない。営業努力を何もしないイーカゲンな稼業だが、それでも贔屓にしてくれる方が居るというのはありがたいことで、恵まれていることだと思ってはいる。

 昼前には解放され、あまりの天気の好さに誘われまたまた相模川八景の柵に向かう。相模原の国道16号沿いの釣具屋さんに寄って近くで昼食を済ませてからだったが、この大手焼肉チェーン店のスープとライスはセルフ・サービスでということでチト戸惑う、メンドーだもの。しぶしぶご飯をよそおいに行ったところ、なんと大きなおひつが米粒一つもなく空っぽだったのでショックを受けた、後で気が付いたがお昼時でお客さんも多く、たまたま空になった時だったというだけなのにね、ぎゃはは。
STOP

♪〜スライド・ショー、マウス・オン、クリック、Wクリック、オフで。
相模川で
♪〜2008年11月06日相模川空模様。



STOP_

web拍手_履歴



2008年11月06日(木) No.2100 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

運動。


 今朝7:30起床、またまた良い天気だ。このところ日中の運動量が多いせいか寝付きが良く気分良く朝を迎えられる。
 三か月ほど前の健康診断で初めて高脂血症の傾向がありますと言われ、びっくりしたのだがこれは遺伝性によるものと生活習慣で塩分摂り過ぎで運動不足が主な要因なのだと聞き及び、そういえばショッパイもの好きで運動もほとんどしていないと、思いだしたように早朝散歩などとやってはみたが三日坊主、無理して愉快だと自分に云い聞かせるも実のところ、たいして面白みのない時間潰しで、どうしたものか考えていたのだが、ここ二週間ほどの釣り三昧が良い運動にはなっているようだ。しかし根っからの天の邪鬼で健康のための運動なんざぁ、癪に触るなぁ。

 欲をいえば運動なんぞしないで摂取する食べ物を病院食のようにすると成人病などにはならないのではないかななどと横着なことを考えている。

 朝のニュースで車の「富士山ナンバー」が報じられていた。今日はきれいな富士山が見えるかも知れないと湘南海岸へ行くことにした。

STOP

click

_10時過ぎにいつもの茅ヶ崎港に着く。ときどき日が差すものの少し北東の風があって肌寒い感じもした。残念ながら富士山は拝めなかったが珍しくダツの子が釣れて大いに気を良くする。子といってもりっぱなクチで全長も50cm近くあり、塩焼きにしてやろうと持ち帰る。

 帰路、ラジオで米国オバマ氏の大統領選挙での当確を知る。なんだかんだいっても彼の国のダイナミックなことに感心する。あのキング牧師の公民権運動がわずか45年前のことなのだ。

web拍手_履歴



2008年11月05日(水) No.2097 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

今日も良い天気。


click
♪〜少し前の夕暮れ時の写真をアップ。

 今朝は7:30起床、低反発布団の具合が丁度好いようで心無しか寝起きの身体が楽ちんだ。昼から昨日立ち寄った相模川の河川公園に再度行ってみることにした。平日だとどうなんだろうということなのだが、昨日ほどではないが天気の良いこともあり結構な人数の釣り師が陣取って興じていた、なかなかに人気の場所ではあるらしい。

 今日は8尺、12尺、18尺の渓流竿の仕掛け作りがてらのんびりと午後のひとときを釣り場で過ごす。

STOP
 しばらく前にどこかのブログで「弦聴」なる言葉を目にして、特に違和感もなく読んでいたのだが、はて、拙者の理解で良いものかと広辞苑を引いたところ、これがナイ。あせってあちこち調べた結果、近代中国詩人の作品にこの字句が現れていたので安堵する。別段、造語であっても構わないのだが「ゲンチョウ」を変換すると普通には「幻聴」と出てくるが、それよっか「弦聴」という単語がなにか耳鳴りを表現しているようで面白いと思ったのだ。

 20世紀初頭の中国の劇作家にして詩人・舒慶春なる方の作で「遊奏皇島」と題した七言絶句に『雪浪は弦の如く海唱を聴く。』なる一節があった。

今更ではあるが漢文をもう少し真面目にやっときゃ良かったなぁ。

舒慶春(老舎)作、遊秦皇島

雪浪如弦聴海唱
天風吹笛送潮還
灘頭自有知仙客
譜出秋声交響篇

末行の『譜し出す秋声 交響の篇』な〜んて実に味わい深い。もっとも当時の彼の国の音楽は我が国同様まったくもってチープであったのだが耳鳴りには古七弦琴や琵琶の音がなんとなくぴったりだ。

STOP_

web拍手_履歴






2008年11月04日(火) No.2094 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

お〜ぉ、寒い。


click
♪〜静かな入り江。

 オシゴトは11時前に終わり帰路、相模川東岸、水郷田名の下流にある「八景(ハケ)の棚」下の河川公園に寄り道、初めて降りる河原であったが細長い入り江が釣り堀のようになっていて、足元も良くすぐ側に車を止められるのでとても気に入った。最初のうちはカメラ片手に周辺を散歩して釣り人に様子を聴く。休日ということで20人位もいただろうか、親子連れもちらほら、そしてヘラ師より断然雑魚釣りのしとが多いのもいい感じで、早速拙者も竿を出すことに。

click
♪〜河原から丹沢・大山方面を観る。


 雲の多い天気で薄ら寒い感じもしたがその時は然程でもないので上着を着ずに始めた。飽きない程度に10cmくらいのアブラハヤが小気味よく浮きを引っ張る。自家製の10尺ほどの継ぎ竿が満月のようにしなるのだ。
 すぐに10匹くらい釣ったところで、ちと寒気がしたのだが我慢して続けたのだが、もう駄目と切り上げる、正味一時間半くらいのものだったが面白かった。ちなみに日中の外気温度は15〜16℃だったが河原ではもう2〜3℃低い感じがした。

 さらに途中の大型DIY店に寄り道して予てより購入するつもりだった低反発蒲団を格安でゲット、午後3時半に帰宅、さっそくベット・メイキング。なかなかに具合良さそうである。以前に比べ横になっていることが多いせいで筋肉質の拙者は骨の部分が床ずれとまでは行かないが部分的に力が加わっているようで面白くないと感じていたのだ。低反発で平均して接すれば当然力は分散されるだろうと。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月03日(月) No.2091 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ボラ釣りのこと。


 今朝は6:30起床、久し振りのオシゴトで8:30には八王子へ向けて出掛ける。昼には解放されそうなので昨日少しだけ整理した釣り道具のうち渓流向けのセットを積みこんで出かけようと考える。午後のいっときを相模川のどこかへ行ってみようという魂胆なのである。

 先週3回も出かけた茅ヶ崎港でのボラの喰わせ釣りでちょっとした発見があり記録しておくのだ。
このボラは「一匹千匹」などと言われるように日本中の特に河口近くの汽水域に大量に群れをなしていて釣りの対象としてはあまり人気のない魚なのだがいざ釣ろうとすると、これがなかなか難しく、あの手この手でと工夫のし甲斐があって面白いのだ。雑食性で泥中のゴカイなども捕食するので泥臭いと食用には敬遠されがちなのだが、冬場のそれはタンパクな透きとおった白身で薄造りにするとフグと見まがうような結構なものなのだ。

click
♪〜腹掛け。

 いろいろな釣法があるが、拙者が好きなのは餌を海面すれすれに浮かして誘い、咥えた瞬間を合わせる喰わせ釣りの一種なのだが、群れで回遊してくるのを見定めて撒き餌で引きよせ、えいやっと仕掛けを投げる。見ながらの釣りはなかなかに心トキメクものがある。
 しかし敵もさるもの、1〜2匹釣れるとその群れ全体が警戒心を持ち、仕掛けを中心に直径1m位の外側をぐるぐる回り餌にには近づかなくなる。なにかコミュニケーションを取っている様だ。浮きの色を変えたり、仕掛けの様子を変えると、また数匹は釣れる。

click
♪〜背掛け。

 そんななか刺し餌のオキアミの付け方で一般的に正しいとされる腹掛けではなく、背側から通し刺しにしたところ驚くほど掛かりが良くなり一人にんまりとしたのだ。これは多分、ボラの餌の咥え方に原因があると考えるのだが、ボラは餌を咥えてすぐその場で吐き出す習性があるため他の釣りのように浮きや仕掛けを引き込むことがあまりないので、針先がより引っ掛かりやすく出ているほうが釣れやすいのではないかと。咥えて持って行く魚だと腹掛けが良いと思う。
 今年はまだ35cm止まりのものしか釣れていないが、じき50cmクラスが回ってくるようになるので楽しみなことではある。

STOP

click
♪〜「建仁寺垣」

_広辞苑をぱらぱら拾い読みしていて見覚えのある塀の写真が目に止まり、「建仁寺垣」という竹で組んだ塀だと知った。建仁寺は京都五山のひとつで13世紀初頭に建てられそこで初めて使われた技法らしい。先月だったか、散歩の途中で写した彼岸花の後ろがそれだった、ふぅ〜ん、たしかに美しい。

web拍手_履歴






2008年11月03日(月) No.2088 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

魚を捌く。


click

 夕方の7時過ぎ、ようやく決心して釣ってきたイナダとタイを捌いた。それぞれ2匹づつ持ち帰ったつもりだったが、釣れた分全部クーラーに入っていて、ちと怯む。ソーダもさらに2本残っていた。しかし始め出すと興が乗ってきてさして苦もなく全てを処理、でもやはり多すぎたかな。
 夕食にとアラを使って潮汁、タイの塩焼き、少しだけお刺身、お昼に作ったソーダガツオのフライと溜まり漬け、それに生野菜と食べる前からこりゃぁ食べきれないはというラインアップとなってしまった。釣ってきた物を自分で食べるとより美味しいなどとよく言われるが、んなことはない、捌いている間にもう食べたような気になってしまい、やはり調理してもらったものを戴く方が美味しく味わえる、ショウジキなところ。

 ただ、食べましたじゃぁ芸がないので傍らにデジカメを置いて、経過をスナップ、いかにも自分が捌きましたと言わんばかりに記録した。そしてイナダの柵取りしたものは小分けにして冷凍庫に、とても一度に食べ切れるものではない。

STOP

♪〜まな板のイナダ。

ウロコを取り内臓とエラを除去。

♪〜3枚に下ろす。

♪〜皮を引いたところ。

♪〜これはタイの塩焼き。

♪〜そして、うしお汁味噌風味。

web拍手_履歴



2008年11月02日(日) No.2087 (ぐふふな調理)
Comment(2) Trackback(0)

バテバテの日曜日。


click
♪〜これはイナダ〜拙者に捕まらなかったなら
「ワラサ」〜「ブリ」へと出世するはずだった。



 今朝はリセットしてなかった目覚まし時計で4:00に起こされる。昨日の釣り大会は参加者16名で盛会だった分、さすがに帰宅後はがっくりと疲れてしまったようで、持ち帰ったクーラーボックスに氷を足してからもう一休みと横になる。結局起きたのはお昼前の11時過ぎ、今度はシゴトの電話でだったが、留守録の途中から取って直接お話し出来た。
 これ以上寝ていても却って寝疲れすると思い、しゃきっとする。で、とりあえず昨日の獲物の内、4本だけ持ち帰った丸ソーダカツオを捌く。ソーダガツオは美味しい魚とはいえないのだが、まるまると脂がのった様子からなんとか上手く調理できないものかと挑戦してみた。
 まず、3枚におろした後、血あいを取り、皮を引いてサクにしてから、さてどうしようかと考え、半分を溜まり漬けに、半分を今回はフライにしてみたのだ。

♪〜こちらは鯛。条件反射的にメデタイ。
click

さてっと、揚げたてのフライ、試食タイム〜、、、

やっぱソーダガツオはやはり不味いは、だはっ。この身のぱさぱさとして味の無さは致命的だなぁ。本鰹にしてもあまり美味しいものではないのだが、鰹節などの加工を経て初めて旨味成分が出てくるのだろうな、先人の知恵だ。ずけは夕飯までおあ「ずけ」、プッ。
 昨日のコメントでいみじくもイムクさんがコメントされていたのだが、もちかえったイナダとマダイの色艶が見れば見るほど綺麗で今日もほれぼれと眺めてはニンマリと、捌くのが惜しい感じ、あはは。

 それにしても、どうして暖流系の魚に美味なるものが無いのか不思議だ。アジの類でも南方のそれは大味なんだよなぁ。今年は二束三文で出ているサンマの旨さを思うと北緯30度台に住む幸せを思う、んなオオゲサナ。

STOP_

web拍手_履歴





 
2008年11月02日(日) No.2086 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

久里浜港から。


click

 夕べはなんとか途切れ途切れではあったが延べにして約8時間くらいは寝て、今朝4:00にパッと起床。恒例の遊漁船を仕立てての釣り大会が久里浜港の船宿・ムツ六で開催されたのだ。天気予報での風速が心配であったが、さいわいにも強くなく最高の釣り日和であった。 ねらいは今が盛りのイナダとハナダイ、結果はクーラーがいっぱいになるほどで、実に愉快な一日だった。終日一か所のポイントで釣ったのだが本命以外のソーダガツオも沢山釣れ、さらに良型の黒鯛なども上がり、大いに盛り上がった。ハナダイはやや小ぶりで丁度塩焼きにぴったしのサイズ。
今日はもう、くたびれたので捌くのは明日に。

STOP_

web拍手_履歴




2008年11月01日(土) No.2081 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen