LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 

〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


web拍手


散髪ついでに・・・


 午後から散髪に出かける。ぶらぶらと歩いて数分の所で幸い待ち時間なしでサッパリとする。その近くに内科・消化器科の医院の看板が出ていて急に検診を思い立ち、飛びこみで入った。7月に定期検診で生まれて初めて血圧が上140、LDL悪玉コレストロール値が141と高めに出たことで三月経って如何様に変化しているのか知りたく思ったのだ。採血の時、若いナースさんが我が腕の血管を見て、わぁ難しそうなどというので怖くなって帰ろうかと一瞬思ったのだが2回目にして上手く入り無事終了、ほっとした。問診していただいた院長先生は簡潔な物言いの誠実そうなドクターだったのも良かった。今までどうしてここを利用しなかったのかと少しハンセイ、大病院信仰みたいのがあったということかなぁ。結果は一週間後だが遺伝要素を考えると拙者のばあい高脂血症になる可能性大であるからして注意すべきだろうと、めずらしく真っ当なことに思い至ったのだ。
STOP_明日は年一回の沖釣り大会、参加メンバーは16人位になるという。天気予報では雨はなさそうだが問題は風だ。今夜はそれこそ早く寝なくちゃと覚悟を決める。

web拍手_履歴



2008年10月31日(金) No.2078 (ブログ::日記)
Comment(2) Trackback(0)

タンゴ。


click

 結局寝付かれずに朝になってしまった。30ページほど漱石のご本を読み返しあとは久しぶりにYoutubeでタンゴのニュー・スターでも現れていないかと探していた。優れたタンゴバンドは本当に胸を締め付けられるような演奏をするのでジャズ以外では次に好きな音楽なのだが、それよりもそのペア・ダンスを見るのが大好きなのだ。もっとも世界クラスのずば抜けて素晴らしいものに限るのだが2008年ではあまり見つからなかった。


♪〜そしてこの声・・・Roxanneーーー♪


click

 なんといっても世界で一番官能的なダンスと思うのだが拙者の目を惹くのはアバズレでありながら内に強烈な知性を感じる女性の所作に尽きる。そして相方の男性はどうしようもない悪で一時の座興で踊っているというシチュエーションを妄想するのだが、あくまでもハッピーエンドなぞ予想もできないようなダンスにこそ惹かれる。あたかも近松の心中物をみるがごとくだ。しとはなぜに傍観者として他人の悲劇性に喝采を送るのか考えてしまう。それだけこちらがハッピーということなのかそれとも破滅願望があるということなのかは定かでない。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月31日(金) No.2075 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

インスタント・ラーメン。


 必要に迫られてという訳でもないのだが、あれだけ敬遠していたインスタント・ラーメンを今は割りと平気で食している。比較的あっさりとした「ねぎ・ラーメン」と「わかめ・ラーメン」だけなのだが、今日のように出かけないと決めた日には手軽で便利だなぁと重宝している、なんといっても買い置きが出来る。
 これに「おろしニンニク」、「ラー油」に「胡椒」をかけ、さらに「長ネギ」と「焼き海苔」と「びん詰めメンマ」をトッピングして好みの味にするのがみそなのだ、醤油味ではあるが、プッ。
 つい2,3年前まではこれが食事になるとは到底考えられなかったことを思うと一歩前進したのだと思うが、チガウカ。そしてこれが旨いと感じるのだからメーカーの創意工夫には心底脱帽する。健康にどのこうのというのは気にも留めないのはやはりイケナイ暴走とも云えるか知らん。

 夜、昨日購入した新米の「新潟産コシヒカリ」なるものを炊いたのだが、これが失敗、水が多過ぎて米粒が型崩れしてしまい、艶々の「ごはん」にはありつけなかった、めげるよなぁ・・。

 今日はPCに向かうことが多く、そのたびにブログに記入するものだから都合4回もの追記となった。午後8時半頃には猛烈に眠くなり、これで寝てしまうと夜中の一時頃に起きてしまうとばかり考え、ホッペをたたきながらDVDを観たのだが、負けてしまい結局今夜中の一時半、スッキリと目覚めてしまった。それではと5回目の記事なのだが、そんなことより頑張ってもう一眠りしたほうがイイと言い聞かす。
STOP_ぐふぅ、なかなか眠くならないので今日一日のサーバーログの解析など、ユニーク・ホスト数が276箇所、クローラーが多いなぁ、約2/3がロボットだ。そうか、今日は木曜日で「珈琲パウエル」さんとこがお休みの日だ。KAMIさんが3回もいらしてる、拍手もすごいや。
 ブロックしているChinaのクローラーが相変わらずアタックしてくる、あきらめが悪い、手法に問題ありってぇのを考えなくちゃイケナイね。

web拍手_履歴




 
2008年10月30日(木) No.2073 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

「地下鉄のザジ」


click

 今朝8:45目覚めて、起きようかもう少し寝ていようか迷ったのだがエイヤッと起床、身体のあちこちがまだ痛む感じもするが熟睡しているせいで頭の中がやたら無用にスッキリしている。

 夕べは眠いのを我慢して深夜劇場の「地下鉄のザジ」を観たのだが、あのドタバタ劇にはさすがにもうついて行けず30分と立たずに寝てしまった。ルイ・マル監督の当時としては斬新極まりないオチャメでイケテル映画だったのだが今見ると幼稚っぽさが鼻について、どうにもいけない。アクティブになると映画やDVDの世界に入りにくくなるのかなぁ、今週は借りてきた物も全て楽しめていない。しばらくは、また借りるのを止そう。
STOP「自宅サーバー」
_今日はOSのアップグレードがてらサーバーのメンテナンスを行う。このサイトを発信しているOSはWindowsVistaのSP1だが、このところすっかり落ち着いてしまい、めったなことではエラーとならない。この10月だけでも30個以上のパッチが充てられていて頑丈になっているのは大したものだ。さぞかし大勢のしとのチカラが結集されてのことと思うし、98やME、XPから考えると昔日の感がするのだが、不謹慎なはなし、こうも丈夫になると遊び道具としてはつまんなく感じるというのが正直なところだ、マッタクとんでもないユーザーである。
 アップグレードではどこをどうしたなどというのは一切知らされない訳だがシステムが高度になるほど一般ユーザーにとってのブラックボックスが増えるのは他の機械同様で、「依らしむべし、知らしむべからず」なんてことを頭に思い浮かべてしまう。まぁ、役割分担と割り切ってはいるものの、もと電波少年としては少し寂しくも思う。所詮機械、と君臨したいが知らないんじゃどうにも納まりが悪いメンドクセー性格だ。
「ガジェット・WeShow」
 タイトル・セクションに張り付けた「WeShow」さんのブログ・パーツ、無料サービスの限界か8月以来さっぱり更新されていない。新刊書の補充がされない図書館のようだが過去の記録保管所としては機能しているということかなぁ。カテゴリー別に最新動画をメニューに追加するのを自動化するといいのに、しかしそれもヤバイか。やはりしとのふんどしで相撲取るのはいっときの座興ということだろうな。
「放送受信料」
 国営放送としてNHKの運営は税金でとも考えていたこともあるのだが、形の上で時の総理大臣や内閣に楯突けないのは民主国家として情けないわけで、やはり受信料による独立性が例えポーズにしてもより良いのかなと思う。願わくは、インターネット・ブロードバンド環境がこれだけ整備された今日、倉庫に眠る膨大なコンテンツ・番組を自由に閲覧できるような仕組みにならないかなということで、高邁で先進の指導者が運営されるようになれば必ずや実現すると思っている。たいして費用もかからないことなのだ。どうにも今の新聞や民間TVはヒマツブシにならないのだよ。
 な〜んて考えていたら、2003年には埼玉県川口市に「NHKアーカイブス」なる公開ライブラリーが、昨年2007にはオン・ラインでの検索サイトがスタートしていたが、こんなんじゃぁ話にならない。番組の詳細を知って観に来なさいってぇのは随分と前時代的な発想だ、しかもわずか6,000タイトル。わざわざ行くしとなどいるのかと思う、モッタイナイ。
 で、少し調べたところ2006年に総務省主催で「通信・放送の在り方に関する懇談会」なるものが開かれ提言がなされていたが、ずいぶん拙い見識だとがっかりであった。過去の遺産を有料で配信すべきである、なんて貧しい発想はどこを押すと出てくるのかナサケナイ。

web拍手_履歴



2008年10月30日(木) No.2071 (映画・DVD)
Comment(2) Trackback(0)

冷や水かなぁ〜。


click

 昼前にチラリと天気予報を見ると湘南海岸の風向きが南西寄りに変わるらしいと知り、ひょっとして富士山が見えるかもと、性懲りもなく出かけてしまった。これぞ鱗雲という空を見ながら海辺に向かう。今日は2時間ほど、18尺の振出渓流竿で40cmクラスのボラを釣る、なかなかスリルがあって楽しい、が、さすが連日のこととて今度は上半身がシンドクなってきて早々に止める。あとはもっぱら雲と夕焼けにうっすら浮かぶ富士山を眺めて、まぁ、気が済んだ。
今週はやたらアクティブになっていて、その気で突っ走ると体が持たないなぁと改めて思う。オサエテオサエテといったところだ。

♪〜久々にスライド・ショー、マウス・オン、クリック、Wクリック、オフで。
湘南の海で

♪〜2008年10月29日湘南空模様。



STOP_帰宅途中、大型スーパーで新米を2種類買った。先週オンラインで地元の米屋さんにwebメール入れたのが音沙汰なしで、餓死するわけにもイカンだろうと買ったのだ。上手に炊けるかが楽しみなことだ。

web拍手_履歴



2008年10月29日(水) No.2070 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

熟睡・・・


 あぁ、良く寝たなぁ。今朝は7:30にパッと起きた。今週は絵にかいた様な早寝早起き、こんな日が三日も続くと妙に不安てぇのがおかしい。訳など詮無いことだがひょっとして寝るときに習慣のように掛けていた音楽を止めているからかしらんと思い至る。クタビレテいて音楽どころじゃなかった、のかな。とりあえず、起きるか。・・・素晴らしい天気だ。
STOP

click
♪〜写真を始めて間もないクエートの青年らしい。

_さて、お昼前のひととき、再度PCに向かい記事の追加にうつつを抜かす。朝食はコーン・フレークとバナナ一本だったからソバでも食べようかそれとも外出するか迷う。午前中は妙に溌剌としていて、2か月振りくらいの洗濯を2回、多いのは靴下くらいで下着などは汗をかかない体質もあって2〜3日は平気で着るのでそれほど溜まることはない。
 好天→乾燥→洗濯日和と単純な連想だった。釣りの場合は好天→釣りともっと単純だ。

click
♪〜これは30年以上のプロの作品でJAPANシリーズから。


 旧聞になるがWindowsVistaの壁紙の写真画像、出たときにはホントはっとするほど綺麗にみえたものだが、プロ写真家の他に多くのアマチュアやマイクロソフト社の社員の作品だという。しかしこの30枚を選択した担当者の審美眼は相当なものだと思う。誰もが目にして誰もが写せそうにも思えるただの風景なのに不思議なことだ。

web拍手_履歴



2008年10月29日(水) No.2067 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

へんに負けず嫌い、カナ?


click
♪〜海と空ばかり見ていると砂の茶色が彩やかにみえる。




 今朝も5:30起床、明るくなりだした空には雲が見当たらない。昨日の頑張り過ぎでふくらはぎが痛いのがどうにも癪に障る。いっそのこと逆療法とばかり今日も海に出かけたのだ。予報で今日も快晴、風も弱いということで7時過ぎについた時にはホントに雲一つない青空となっていた。
 いつもの釣具屋さんで最小限の餌を買い堤防に行く、今日はあまり釣ることが頭になく、もっぱら餌に寄ってくる魚を眺めて喜んでいた感じである。
 今期初めて海タナゴが数枚釣れ、季節を感じる。他に珍しやアイゴが3枚釣れたのだが、3回目の時に油断して背びれに触ってしまった。ヤバッ、っと思ったが手遅れ、左手薬指にチクリとささった部分が猛烈に痛み出す。釣りの本などでは、2〜3日も腫れが引かないほどの猛毒と書いてあるが、幸いほんのチクリと刺さったようで、それでも小一時間痺れるような痛みが続いた。危ない危ない。

 半日のつもりだったが結局午後2時を過ぎるまで場所を変えながらの釣り、今日、ひとつ残念だったのは朝、予備のクーラーボックスが魚臭いので洗って車の横に日干ししておいたのが、帰る時には影も形もなくなっていたこと。しかしちょっと邪魔で処分も考えていたことを思い、まっ、イイカと納得する。誰かの役には立つんだと、いや、負け惜しみじゃなく、ぐふぅ〜。

 今日は電池切れだったのでデジカメは持たずに出たが、なんなので昨日の一枚から。

STOP_夜、ぬるめのお風呂に浸かり足先とふくらはぎを入念にマッサージする、出てから今度は太ももがぱんぱんに張っていると気付く、これまた癪だなぁ。そういえば筋肉痛用の貼り薬というのを使ったことがない、どこかにごっそりあったように思うのだが。探してみるか、

web拍手_履歴




2008年10月28日(火) No.2064 (ブログ::日記)
Comment(2) Trackback(0)

いそいそと出かける。


click
♪〜午後3時、秋の日はつるべ落とし・・

 今朝5:30起床、穏やかな秋晴れになりそうなのでいつもの茅ヶ崎海岸へ出かける。沖にするか堤防にするか少し迷ったのだが週末には同好会の沖釣りだしということで堤防で一日過ごすことにした。これがまた頗るつきの愉快な釣りとなって、8時間近くも立ちっぱなしでおおはしゃぎ、足首が痛くなるほど夢中で遊んでしまった。
 撒き餌に寄る小魚の群れが半端じゃなく、それこそ1投ごとに掛かるといった調子で、その都度放流していたのだが午後になって20cmクラスのメジナが釣れ出し、ちともったいないかなと思っている矢先、となりに来ていた父子連れの6〜7歳くらいの人懐っこい男の子が満面の笑みでスゴイ凄いと大喜び、捨てるんならほしいなぁと云うので、いいよといってバケツに入れてあげる。お父さんは投げ釣りで落ちキスなど釣っていたのだが小さいのが数匹だけだったのでバケツの中が一気ににぎやかになり、な〜んか嬉しくなる。

click
♪〜白い雲は青空の引き立て役。。











 おじさんはどうして大きい魚ばかり釣れるのなどと聞かれ、これには相当に恥ずかしい思いがした。だって皆が敬遠するボラが目当てなのだから、ぎゃはは。
 3時頃に帰る時、船の連中のクーラーボックスを見るといずこもまるまると太ったイナダやカツオが大漁の様子だった。土曜日に期待が持てるなぁ。

 家に着くころにはくたびれて予定していた買い物は中止、たまにしか使わないマッサージチェアで足と腰をもみほぐす、丸1日はシンドクなってきたなあ。

STOP_昨年、一昨年の10月にはなにしていたのかなぁとこの日記を辿ってみて、驚いたことに今年も今日を入れて釣りには3回づつ行っている。期せずしてとはこういうことか。思ってた以上に少ないとも感じた。

web拍手_履歴



2008年10月27日(月) No.2061 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

神話の世界。


click
♪〜シモン・ヴーエ「愛、希望、美に征服される時の父」
    なんともナサケナイものの象徴のようで可笑しい。


 最近借りるDVDに多いのが古代ギリシャやその他の大陸の神話に基づくスペクタクル・アクションといった手会いのもので、たまに良く出来たものに出会うと大いなる楽しみとなる。
 子供心に培った星座への親しみもあるせいかギリシャ神話は特にしとの行いの全てを網羅するように幅広く構成されていて今になって発見する逸話も多いのが愉快だ。個々の話に突っ込み所満載で飽きることが無い。逆にそれがいかにも自由奔放で波乱万丈、ときめくのだと思う。

click
♪〜モロー「・・を運ぶトラキアの少女」











 いつも不思議に感じているのだが、どうして世界中に存在する神話の神々はあぁもヤンチャでイイカゲンなのかということなのだが文化の成り立ちや歴史をたどっていって行き着く先がとどのつまり、この神話の世界なのかなぁと思うと、丁度宇宙の起源を辿ってビッグバンに至るような、それ以上は考えが及ばないという無念さが付きまとう、というほど足るを知らない人間は愚か者の誹りを免れないのだろうな。
 そしてこの神話にインスパイアされ後世あまたのしとが詩や絵画・彫刻や音楽に表現してそれが見るしとに大いなる感激を与えるということ、これが面白い。
 妙なる音楽を奏でるオルフェウスがなびかないことに怒ったトラキアの女達が彼を引き裂き生首を楽器に組み込むなんてのはどんなしとの考えたストーリーなのだろうか。

STOP

♪〜コラージュ。。。。

_んなこと考えながら手持ちのmp3データでコラージュして遊んでみた。楽器でなくとも、きれいな音が出せればそれだけでも大いなる喜びだ。リアルの楽器ならもっと楽しい、かも知れない。
 どれもイメージするのは、古代の帆船に乗って水平線の彼方を目指す船乗りだ。なにか脱出願望でもあるのかなぁ。


web拍手_履歴



2008年10月26日(日) No.2060 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

整理整頓。


click
♪〜海に出る・・・wwz.忌むべきはトラキアのマイナデス。

 秋の空はホント気まぐれ、昨日からの予報が二転三転、結局雨こそ降らなかったが曇りがちの土曜日だった。TVなどでたまに釣り番組など見るとすぐその気になり、釣行予定を考えるのだが、大抵は考えるだけのことが多い。もう少しターゲットを絞ると良いのだが、これが出来ない、あれもやりたいこれもやりたいと欲張ってしまう。そして間際になって海にしようか川にしようかなどと迷う。そのせいで釣り道具が入り乱れて全部持って出かける羽目になっている。
 今日は一念発起、これをなんとかしようと作戦をたてて仕分けしようと頑張ったのだが、途中でギブアップしてしまった、どうにも根気が良くないなぁ。

 多くの釣りファンなどを見ても皆、必要にして十分な道具立てを実にスッキリとまとめておられる、拙者もそうしたいのだが根性が卑しいようで、たとえば磯場で小物釣りをと出かけるのに、ついひょっとして大物を狙えるかもしれないとあれこれ持参してしまうので道具箱は重くなる一方だ。夜釣りなんてしないとわかっているのに電気浮きが入ってたりルアーだサビキ仕掛けだ、はてはイカリ針の類までごっそりと入っている。
 これらを狙いの魚、場所に合わせて一式を各々セットしておこうとしているのだが書き出して整理してみると12種類くらいにまでなった。悩ましいのはかぶってしまう小物やリールや竿があるということで挫折、今日は締まらない一日となった。
 夕方、一週間分の買い出しに。期することがありそれは、今ある糠床の漬かり具合が不満になってきて、新たに一から作ろうと材料を揃えた。はたして上手く出来るかどうか。

STOP_ソニー・ミュージック・エンターティメント発売のカーティス・フラーのCDの音質がなぜか歪んでいてどのプレイヤーで掛けても良くないので滅入っている。CDでこんなに歪んだTrbの音は初めてだ。マスターテープ(1962年)が悪かったのだろうか気になるところだ。

web拍手_履歴



2008年10月25日(土) No.2057 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

音がヒドイことに。


 やたらめったらとオーディオ関係の入出力装置を増やしたせいで音の歪みを感じる構成があって弱ったなぁという話。特にWindowsVistaではデフォルトでは音に関して貧弱なデバイスになっていてどうしても外部のプレイヤーやチューナー、デッキに頼るしかないのだが、そのアナログ信号の入出力に関してインピーダンスがしっちゃかめっちゃかになっていてひどい音質となっている。

click

素直に全体を構成すればめったにそんな羽目にはならないのだが、思いつきで機器を付け足していくのが間違いの元だ、と解ってはいるものの癪に触るなぁ。全てのオーディオ機器とTV、ラジオ、PCがつながっていてマウスひとつできりかえられなくちゃ面白くないという我がままな事なのだが今更オール・イン・ワンのコンポーネントを求める気にもならない、さてどうしたものか。

STOP_朝から雨、明日には回復しそうだ。オーディオの接続がなかなかままならぬので、ついデジタル音をレタッチしたりして遊んでいた。我ながらイケナイと感じているのだが、この音質や音色にこだわりだすとメロディやリズムなどに注意が向かなくなる傾向がある。逆にメロディや和音にのめり込むと音質などどうでも良くなっていたりと極端だ。このへんが悩ましいことだとこの頃思う。

♪〜ビリー・ジョエル、オネスティ変奏。




web拍手_履歴




2008年10月24日(金) No.2056 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

絶好調。


 日頃、どなたでもそうだと思うのだが、体のどこかに痛みや違和感があると一番の不幸を感じるものだが、ここ数日来、どこか悪いところがないのかを思いめぐらすも、これが見事に何もナイ、緑内障で右目の視力が半減していても痛むわけじゃなし目を閉じれば関係ない。これをもって絶好調と言って好いものかは疑問だが、ふとそういう思いに駆られたのだ。というわけで雨模様の今日は日がな一日寝て過ごしてしまった。お昼と夕方に旧知の友より電話あり互いの元気を確かめ合って、はや忘年会の話をする。

click
♪〜昨日の一枚、秋空バックに残り花。

 考える時間がたっぷりある現在、頭の中はフル回転、あっち飛びこっち飛びとトリトメナイものの悪くはない展開だ。拙者にとっては第5の人生ともいえる今は期せずして願ったり叶ったりの状況のようだ、な〜んてグダグダしながら得心しているが、ひとつ気掛かりなのは世の中の為にはなっていないなぁということ。しかし偽善は出来ない性分なのだと思えるのがお気楽の素なのだ。
STOP_報じられていた墨東での緊急医療のタライ回し、結果もさることながら記者会見がつらい感じで情けないなぁ。

 それと連日報道されている振込詐欺の横行、罰則の軽さが助長していることは間違いないと感じる。多分ボロイしのぎではある、次第に恐喝、カツアゲに限りなく近づいている。訪問集金までさせているなんて警察もなめられている。

 ささやかな喜びではあるが、じつに美味しい味噌汁をすんなりと出来るようになった。手軽と思っていた市販のダシ入り味噌ではなく無添加の白味噌を使って意外に簡単に出来る。思い出しても詮無いことだがカミさんは調理名人だったのだということ、上手く出来るとそんなこと思い出すのがチト未練たらしい。

STOP_この半年来、当サイトのmidi紹介ページに組み込んでいるプレイヤーがvistaマシンで再生出来ないのが面白くなかったので今日はなんとか簡単な改善方法がないものか調べ回った。・・・結果、なかなか面倒で挫折、諦めがイイ。どうやらMicrosoftはあまりmidiなんぞに関心がないようで、コンテンツとしては認めていないようだと納得。しかし音の出ないプレイヤーを貼り付けてあるのはよろしくないなぁ、おいおいプレイヤーをはずしてD/Lのみにしようと思い至る。

web拍手_履歴




2008年10月23日(木) No.2054 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

うぅ〜ん、なんかなぁ〜。


click
♪〜秋まっさかりなのだ。

今日も薄い雲が多いものの、良い秋の一日となった。今は9:00起床といつものグータラに戻ったのだが、昨日遅くに電話あり急ぎではないというものの、すぐその気になり、昼前には出かけた。
 ガソリンがここにきてようやく150円台まで下がってきているものの適正価格とはとても思えない。無用の中間マージンや税金、メジャーの暴利が腹立たしい。が、気晴らし兼ねて少し長距離ドライブでもと約束の時間より大幅に早く出発、ピッカピカに洗車までして、できるだけ通ったことのない道路を行ってみた。







click
  ♪〜落ち葉落ち落ち葉落ち落ち落ち葉落ち。


 以前より視力が悪くなった分、運転に集中できているように感じるので安全度は上昇気味と思うが楽観的に過ぎるかなぁ。もう少しスピードを落とせば良いのにせっかちな性分は相変わらずだ、前方に先行車両が見えないとつい飛ばしてしまうようだが、自制心自制心と頭に浮かべるが右足に届かないらしい。

 走行中、何本も電話が入るが昔と違い出ることは決してしない、当たり前か。なんせ、ここにきてようやく全ての連絡は不要不急、急いで出来ることなどもはや無い、というよりやらないと開き直っている。


click
♪〜木に生っているドングリを始めて見たような。


 道すがら掛ける音楽はこのところナビのハードデスクにあるトラックのランダム再生、以前日記に書いたプログラムのディスク・ジョッキー番組だ。初めての曲に出会うというチャンスを放棄している様なものだが、いずれも自分が一度チョイスしたフェバリット・ソングということで延々とそれが続くわけだ。

 そして今日は妙なことに気がついてハタと疑問が出てきた。それはスキップする曲がどうも変なのだ。曲の好みなんてのは各人勝手気ままで一向に差し支えのあることではないので、どうでもイイと言えばどうでも良いのだが、まぁこんな感じ方をする時もあるということで書いておこうと。問題なのは大好きだったマイルス・ディビスのクール以降の作品群、あろうことかこれが耳触りでつい飛ばしてしまうという神をも恐れぬ暴挙なのだ。何故かウルサイ、クールと呼ばれ研ぎ澄まされたとも言われたその演奏が五月蠅くて聴けないのだ。そのくせ飛んだり跳ねたりしているドルフィーやパウエルがやたら心地よい、先週あのあったかなフラー・サウンドを聴きすぎたのかなぁ。

 逆に愉快なのは一度だけ「歌謡曲名曲選」的なCDを掛けたことがあってその16曲くらいが残っており、ランダム再生で20曲に一曲くらいの割合で突然と出てくる。そのたびに、エッっとするのが可笑しくてニッと笑うのだが対向車のしとは気味わるいことだろうな、ぎゃはは。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月22日(水) No.2050 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

ドジ踏んでしまった。


click
♪〜こんなに良い天気なのにぃ〜、休漁だなんて。

 昨晩は12時前に寝てしまい、起きたのが4:30、まだ暗いうちだったが今日も爽やかな秋晴れとの予報を見て、俄然メジマグロかカツオを釣ることを思い立つ。急いでいつもの船宿の状況を見ると、この2,3日絶好調だという。

 慌ただしく15分ほどで用意し、即出発、早朝なのでいつもは50分くらいかかる道が30分足らずで到着、早すぎたのかシャッターが降りている。先に2人ほど着ていて店の前にクーラーなどならべていて、今日は開くのが遅いですねぇなぞと云ってると近所の方か、あれぇ〜、ひょっとして今日は魚祭りとかで茅ヶ崎は皆休みですよぉ〜と。ゲッ!・・・がっくり、チカラ抜けたなぁ。

 これで2度目の空振りだ、隣の平塚では営業しているみたいですよと聞いたのだがすっかりその気がなくなる。じゃぁいつもの防波堤で小魚と遊ぼうと決め、幸い餌やさんは開いていたのでそちらに向かった。
 日が上がり出し丁度上げ潮時ということもあり撒き餌にバシャバシャと魚が寄ってくる。一投ごとに針がかりする感じで忙しいったらありゃしない。海水温が程良いのか頗る活性が高い、大きめのメジナやボラも掛かるも10時頃にはもうくたびれてしまい防波堤の上で昼寝、そよそよ吹く潮風がじつに心地良かった。

 昼寝のあとそのまま帰宅の途に就く。途中、留守電が入って、なんと来週土曜日に恒例の久里浜での沖釣り大会へのお誘いであった。これは行くしかないな。

STOP_最近感じるのだが、この日記の内容、自分のドジや失敗があると、なにやらすらすらと文章が進む。ひょっとして自虐の気があるのかなぁと思ったりする、んなバカな。でも確かに自分の失敗を記事にするのは気休めにはなる。人様のことを論って憤慨するよっか、よほどマシだ。

web拍手_履歴



2008年10月21日(火) No.2047 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

月曜日。つづき


click

 ようやく帰宅、点眼液のせいで、まだ目がぼぉ〜っとしている感じだ。検査結果は症状としては横ばい、眼圧も正常なので引き続き点眼を続けてください、一生続けてください、じゃまた来月、と言われてしもた。ふぅ〜ん、な〜んか腑に落ちない、どうやら有効な治療方法はないようだ。損傷した視神経は回復不可能だというし現状維持が出来うる最高の治療と聞くとがっかりだね。まぁ、自分の体だしこれだけ長く使ってりゃぁガタも来て当然とあきらめ半分、でもお医者さんて治療してナンボのようなことを思う不埒な拙者ではあった。


click

 夕方、病院の側に花屋さんがあり、鉢植えの小花などボケた目で眺めたりしていて、ふと通りの歩道の植え込みに咲いている花が店のものより数段鮮やかできれいなのに気がつき可笑しかった。これで気分よくなったせいか、軽めの夕食の後、帰り道ふと良く行っていたパチンコ・ホールに目がとまり、なぜか今打つと出るように思い、ちょっと寄り道。

 列並びで一台だけ空いていた所に座り打ち始めたところ、あはっ、500円も打たないで大当たり、4箱も出ちゃった。もういいやとレシートを受け取りカウンターに向かう途中、カードの残りがこんなにあっちゃと「歌手・小林幸子」なるド派手な台に座りちょっとだけと打つと今度もすぐ大当たりでさらに4箱も追加してしまったが、さすがに醒めた熱は本当みたいでなかなか熱中とはいかない、結局1時間ほどで退散、液晶と高輝度LEDの発達でなんとまぁキンキラキンで賑やかなマシンになっていることかと感心するも目薬さした目にはちと刺激的すぎて薄目でしか見られない、好きなしとには楽しいのだろうな。

 今回はホールに入ってすぐ解ったことに、すごく良く出しているということなのだが、それは客の多さと床に並べられた千両箱の多さで判断できることなのだ。純粋に統計的な確率だけの話で、ツキはその上にある。単純なことだが還元率80%以上のホールだと相当な活気があふれる、お客さんは実に目ざとい。今はいとも簡単にコントロール出来るからね。
 コンピューターのあみだすサイの目、乱数による当たりにはランダム・ウォークといって短時間ではかなりの片寄があり、いい時に遭遇すれば勝ちとなるが長時間続けると、テラ銭を取られている分、必ず負ける。まぁ、負けて熱くなるのが面白いといやぁそうなんだが、これは余計なお世話か。

 勝ち逃げみたいでさほど面白いと感じなくなっているのは残念なのだが、バクチも人生のスパイスなのだと思う拙者は少しヒネたパチンコ・ファンなのだ。
 前回は今年の4月10日に、ほんの数十分、その前が昨年の10月23日に行ったきりだとブログで分かった。今度は何時になるやら。年に2〜3回じゃぁファンと言えないか。


click
♪〜路傍に咲いていた名残り花。見事な赤だ。

 tsutayaの会員権が期限切れとのメールがあったのを思い出し、店に寄る。ひさしぶりにDVDもまとめ借り、もっぱら娯楽作品。

 しかしここの会員権、年会費を取っている磁気カードなのに改めて用紙に氏名など記入というのが奇妙な感じがした。更新時に本人確認だけで十分だろうに、プンプン。

STOP_

web拍手_履歴





 
2008年10月20日(月) No.2046 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

月曜日。


 タイトルに特別な意味はないのだがなんとなく月曜日、8:00過ぎに起床、天気予報がすこしはづれ爽やかな秋晴れが広がっている。窓を開けるとホント気持ちの良い空気が流れ込んでくる。さぼっていたベランダの鉢植えへの水やりをこれでもかというくらい行う。なんとなく歳相応という言葉が頭をよぎる、だはっ。

 今日はしばらく使っていなかった大型スピーカーユニットへの接続コードなど作りPCでの再生音を聴けるように細工してみた。大小6個ものスピーカーに囲まれそのサウンドに包まれるとむくむくと「良い音」への欲求が頭をもたげる。いかんいかんとそれを制して現状で十分と言い聞かす。

 今日の午後には眼科での診察がある。ついこの間までは歯科医通いだったからなんか順番通りだと苦笑するしかないのだが、不思議と失明に対する恐怖はない、ただ不便だろうなぁと思うだけだ、実際にそうなっていないからなんだろうが。

 今日は車で来ちゃダメと言われているから早めに出かけることに、それにしても爽やかな気候で気持ちイイ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月20日(月) No.2045 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

録れたっ。


 日曜日の夜、タイミングさえ合えばNHK総合放送の大河ドラマ「篤姫」を点けている。音楽は鹿児島県出身の吉俣良さん、テーマ曲の最後のほうのブロウして音階を下るトロンボーンの音が大好きでいつか録音してやろうと聞くたびに思っていたのだが今日、始まってからあたふたとケーブルをつなぎ間一発、お目当ての音を採ることが出来た。特別に珍しいサウンドということではないが、拙者が大好きな音の一つなのだ。好きなことの説明などしようも無いのだが生理的に好きなのだとしか言い様がない。しかしこの「好」という字はそのまんま、女性が子供を可愛いがるさまから出来ているのだと言うが、普遍的な感情で憎しみの「悪」と対をなすという。とても解りやすい話だ。

聴いてみたかんじを文字で書くと、
♪〜_ド
    シ

ミッ
どッ
らッ
そ__

〜ほんの数秒間の試聴〜

もうここまで好きだとある種、音フェチじゃぁないかとも思えるがフェティシズムやパラフィリアで音に対しての事例は無かったから単に物好きということか。

STOP_あとでオフィシャルサイトを覗いたら予告動画でこのテーマ曲が入っていた。いらぬ手間暇ではあった、ぐふぅ〜♪。

web拍手_履歴




2008年10月19日(日) No.2044 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

うっえ〜ん、観なきゃ良かった。


click

 よしゃいいのに深夜番組で6年前制作の英国映画「ホテル・ルワンダ」を観てひどく落ち込んでいる。今も武装対立して争っているところもあるわけで、一概に愚民と切って捨てるにしても、おなじ人類だと思い、いいしれない歯痒さが拭えないのだ。人類が、考えることを始めてもう何千年になるのだろうか、この民族とか人種とか宗教、血縁ゆえに憎しみ、殺すしかないと思いこんでしまう一群をどうしても許せないと思うのだ。
 妄想にもなるが世界の賢人が国連なりに集まり、ちっとはマシな裁定手段を行えないものかと、たとえば抗争の場所にいって相手を殺すしかないと考えている一団と話し合いを容認するグループに分け、前者をどこかに隔離するなり、宇宙に抛り出すとか出来ないものかなぁ。いくら少数民族だからといっても混在している状態で我がまま言っちゃ未来は無いと思うのだがどうなんだろう。個々の事例の詳細なんかはともかく、大量殺りくの事実はやはり人類の大きな恥だと。民族のプライドとか一族の恥なんてのはそれに比べるとホントに些細なことと思う。

STOP_思い立って2年前の10月にはどんなことしていたかとブログを読み返してみた。いやはや、かなりバタバタと忙しく動きまわっていたのだなぁと、我ながら信じられない思いがした。シゴトの合間を縫って今よりよほど遊んでいたようだが、やってるこたぁおんなじってのが可愛いもんだ。進歩が無いっちゃそうなんだが、そういうことが怖くもなんともなくなっているのが凄い、と感じる。

web拍手_履歴



2008年10月19日(日) No.2043 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

フラー週間。


click

 今週は願ってもない好天続きだったのになんとも引きこもりがちの一週間ではあった。これは一つに我が愛するTrbプレイヤー、カーティス・フラーの再発見というか、彼の作品を片っ端から聴き直して浸っていたこともある。
 彼は22歳でメジャー・デビューして立て続けにアルバムを発表して一躍ジャズトロンボーンの寵児となったのだが、その頃の演奏を今聴いてもそれは納得が出来る。多くのジャズファンが彼の演奏、音を温かいと感じているのが良く解る。これはクリフォード・ブラウンなどと同じで天賦の才能としか思えない。20代の若さでこんなハートフルな演奏をしちゃうとその先、大変だなぁと余計な心配をしたり、ブラウニーもまさしく天賦の才と感じるのだが、おそらくこういう事は学んだり修練では出てこない味のようにも、今は思う。そういった点から考えると偶然なんて失敬な事を考えたり、いや、これはヤッカミになっちゃうか。
 今にしてようやくそんな音楽を、あたかも大自然の心に沁み入る風景同様に受け入れられる事に気が付いた、ノー天気ではあるが幸せな事でもある。

♪〜「The Magnificent Trombone of Curtis Fuller」から
『I Loves You Porgy』の一部。

♪〜CDの紹介ですぅ。

STOP_夕べ、埼玉県の「珈琲パウエル」サイト掲示板でニール・ヘフティさんの訃報を知り、あのブラウニーの「With Strings」を取り出ししみじみと聴き入り、他の音源を探している内になぜかサミー・ネスティコさんとごっちゃになってしまい訳分かんなくなってしまった。どちらもローリング・トゥエンティ生まれの作編曲家ということで混乱してしまったようだ。これをもってボケてきたなどとは決して思わない、ぐふぅ〜。

web拍手_履歴



2008年10月18日(土) No.2041 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

からっぽ。 


click
♪〜白紙。

 こんなに良い天気だというのに足が外に向かない。今朝も5時頃に起床していながら寝る前の心つもりとはうらはらに本やCDに手がのびる。季節は秋真っ盛り、行楽のシーズンと言うのに、やはり天の邪鬼なのかな。そのせいでブログに乗せる画像も底をついている。な〜んにもない。

 暇ひまに読む本に漱石の「草枕」があって、昔読んだ時とはまるで違う印象なので愉快だ。発表された頃に大人気を博したというのが逆に不思議な感じもするが我が国の文化の高さを象徴するかのようで愉快だ。明治39年、西暦1906年ということに想いを馳せる。

 『着想を紙に落とさぬとも璆鏘の音は胸裏に起こる。』なんて一文を読むとドヒャーとしか感想が出ない。「キュウソウの音」などぽろりと出てきて無学の拙者はあたふたとする。30代でこの不人情の世界をすらすら書いたということに、改めて恐れ入ってしまうわけだ。おそらく当時、官学を修めたようなしとというのは左程に教養あふるる人種であったのだろうなぁと思うことしきりである。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月17日(金) No.2039 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

もったいないこと。


click
♪〜My Blue Heaven、見事にな〜んもない。

 今朝7:00に起きて秋晴れを見、出掛けなくちゃと思いつつバッタリと寝てしまった。夜中じゅう起きていたせいだが、なんのこたぁない、BGMにお気に入りの曲を掛けながら分厚い音楽辞典などを拾い読みして、あーでもないこーでもないと一人相撲していたのだ。その間、ときどき我に返り明日は絶好の釣り日和だからさっさと寝て出掛けようとは思っていたのだが、なかなか思うようには行かないなぁ。というわけで、絶好の好天のさなか、グースカ寝ていたわけでなんともったいない、また晴れるさと慰める。
 
 昨日、今日と音楽の三大要素なるものに思いを馳せていたのだが、それは前衛音楽とかアバンギャルド、フリージャズの可能性を考える一助にということでもあったのだ。というのも最近きまぐれに観るweb上でのグループで、たまたまいくつかの前衛ジャズを見聴きし、おおっ、やってるなぁという感慨を持ったことに端を発するのだが、40年も前にしきりにそそられてのめり込んでいったこともあり、懐かしさを覚えるという何ともタカピーなしとなのである。

 たかだか200年の歴史でしかないのだがアカデミックに定義付けられていることでは音楽の要素としてメロディ、ハーモニー、リズムの三つが上げられるのだが、前衛なるものはどれもがそれをどれだけ無視、破壊して音楽たりうるかと挑戦しているようなのだ。あながち無駄なこととも思わないのは聴く時と場合、状況によってはしとの心の琴線に響くものもないわけじゃないという事実、これをもって音楽の一分野といってもかまやしないのだが、その多くは偶然を大きな要素にしていて創作者・演奏者の独創性を感じることはない。多くの創作者は売れるとかもてはやされることを願って活動しているとは思わないが既存でないものを模索しているということが貴重だ。ひょっとして何万分の一かの確率で新しい音楽が認知されないとも限らない。

 音楽の三大要素に音色・ねいろが含まれないというのが拙者の七十七不思議の一つだ。メロディに音色も含まれているのだろうか。音楽って何?とひとり一人に問うた時、共通項を抽出すれば美しい楽器の音色というのがあるように思うのだがどうなんだろう、今日もまじめでメンドクサイ記事だ。

STOP_そういえばしばらく前のブログ記事に「感性の劣化」なんて皮肉半分記したことがあるのだが、若々しい感性というのは確かに存在していて、それはある種、視野見聞の狭さからくる必然でもあって必ずしも称賛されるようなものではないが、そういうことと縁遠い人生は、それこそもったいないと思う。「いくつになっても瑞々しい感性」な〜んてのは言葉だけのアホな話ではある、ということが云いたかった、あはは。

web拍手_履歴



2008年10月16日(木) No.2036 (音楽全般)
Comment(2) Trackback(0)

楽天ブログ。


 インターネットに比較的に当初から関係していたということもあって各種サービスにはすぐ飛びついてあれこれ効用を検証せずにはおれないのだがブログ・サービスについても各社の運用の仕方やユーザーの傾向を分析してフムフムと、まぁ岡目八目、観察好きのやな利用者なのだが、楽天ブログにもサイトの別荘などとほざいてページを作り、たまに更新などしている。無料サービスの常として広告リンクが入ることに異存はないのだが今年に入ってからGoogleADSもどきの連動広告が表示されるようになり、これがまた笑うしか無いような関連付けだったので驚いていた矢先、有料サービスを始めていた。月額100円で総容量20GBを提供するのだから、まぁ使いようでは便利なサービスかも知らん。

click

 各社のブログ・サービスがどういう方向に行こうとしているのかもうひとつピンとこないのだが、まちがいなく言えることはブログのおかげで誰もが労せず自分の意見を世界に発信するネットワークを持ったという状況、これが凄いことなのか、たいして意味のないことなのかは、しばらく先にならないと判らないのだが、拙者のささやかな希望はサービスを提供する側が近年の先進北欧諸国に見られるようなオープン化志向に根差す、新しい民主主義の定義付けの一助を担ってほしいということなのだが、斬新な提案てぇのはなかなか見つからないなぁ。

 ニュースでは金相場を騙った詐欺犯逮捕などのことが流れていたが、金融工学を駆使してなどと言ってファイナンスをでっちあげ損しましたとか破たんしましたというのと、なにが違うのかと思うことしきりである。

 お昼前、国会の予算委員会中継で首相の答弁で「国益、省益を最優先にせねばならない、云々」と言っていてビックリしたのだが慣れ合うがごとく進む会議ならではのこと、だれも反応していなかった、ぐふぅ〜。

STOP_明日から全国的に晴天模様、天気図で大きな高気圧があると嬉しくなって、石原良純さんがすんごくいいしとに見えてしまう。

web拍手_履歴



2008年10月15日(水) No.2035 (ブログ)
Comment(1) Trackback(0)

これはスゴイや。


 昨日はシミジミと秋の夜長を満喫したせいでさすがに今朝は起きられなかった。起きたのが午後の3時をまわっていて12時間もの熟睡、良く寝るもんだと感心するが、これは自制心に欠けているとも云えるわけでマットウとは言い難い。

 起きぬけでボ〜っとしながら国会中継を見る。やってることはともかく、皆さん歳など感じないくらいに頑張っている。偉いものだと感じることしきり、グータラしんじとしては爪の垢でも煎じて飲まなくてはと。

click

 ニュースでサッカー中継放送の新しい技術としてウルトラ・ビジョンなるものが報じられていた。ちょうどグーグル・マップなどでの3D映像のように視点を自在に操って見せてくれる。現実の動きがまさにCGグラフィックスとして視聴者に提供されるわけで、面白いといえば面白いがリアルな中継とか、ありのままを伝えるといった観点からは若干疑問もあるところだが、それにしても実際の試合でシュートするボールの位置からゴールの方を見てとれるなんざぁ、愉快なことに違いない。
STOP_暗くなると俄然目が冴え、かといって何するでもなしに20年位前の中国映画を観る。近作でも同じ感慨を持つのだが、この沢山の人口を持つ国になぜ優れた創作品、絵画や音楽や小説や映画が輩出されてこないのかと改めて考えを巡らす。映画でいうと、まずもって物語・ストーリーとして自然なつながりに欠けこちらの頭の中で、えぇ〜?っという、驚きとは違う違和感、拙さ感の連続で娯楽としてホントにつまんなく、我慢している自分のアホさ加減にイラつく。じゃ、観なきゃイイと云われりゃそれまでだが、60億人からいる地球上で、普遍的に面白いことが散らばっていても良いのではないかと考えているのでついそう思うのだ。そういえばイスラム圏の国々もそうだが、やはり教条的に画一化されちまって、いわゆるアソビニン不在のとこじゃダメなのかなぁ。

 革命こそ無かったものの、我が国の明治維新後の富国強兵に端を発し国破れての再出発は個々の不幸を犠牲にしつつではあるが、今思うにつくづく幸せな成り行きだったかなぁと感じる。報道で見るかの国の様子ではまんざら先取気鋭の方々が居ないようにもみえないのだが、文芸や娯楽に関してはどうにも物足りない。人類共通の情緒の底辺が欠落してるかのようだ。
 明日もシトシト雨模様。

web拍手 履歴



2008年10月14日(火) No.2034 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

クール・ダウン、そしてハーモニーのこと。


click
♪〜画像元

 夜11時近くになってようやく落ち着いた心地、たまのシゴトは興奮しちゃうのか頭の中が熱くなるように感じる。たくさんのしとと喋るせいか寿命が縮まる思いだ、なんて悪態ついていて一人になると少しずつ穏やかになる、クール・ダウンてのがぴったりくる言葉だ。

 そしてしばらく前から考えている時代によって好まれるハーモニーについてのこと、この「ハーモニー」だが日本語で和音とか和声とよく訳するが、ちょっと違う感じなのだ。和声進行、ってのもなんか違う。俗に云う「ハモる」ということば、これだと響き合わせるというニュアンスがあってぴったりなのだが日本語とは言い難い。
 なんて考えていて「響和」という熟語に思いいたった、うん、これならイイ。ハーモナイズなんてのも「響和する」とか「響和させる」と言えばピンとくる、あはは。


 鍵盤楽器やシンセ楽器のつくる和音と弦楽器や管楽器が2本以上で作るそれは、この響和のニュアンスが根本的に異なる。後者は各々が合わせに行くというか響かせに行った結果生じる音ということで聞こえている間、明確に行為を感じる。その点で「ハモる」ってぇのはちゃんぽんながら言い得て妙だ。

click

 で、本題、爾来、昔と今のハーモニーの響きが違って聴こえるのはてっきり楽器演奏技術の精度というか正確さによるものではないかということにやや疑問が出てきたことなのだ。

 大雑把にいって、'50年初頭あたりまでとその後20年位と現在、響和のザラツキ具合が目だって変化している、と感じるのだ。もちろんこれは平均律での洋楽の話だが。最初はジャズバンドのアンサンブルで強く感じていたのだがクラシックでも似たような感じなのだ。

 こんなこと考えるのはバップの頃の三管のフロントやビッグバンドのザラツキが妙に良く聞こえたりすることが多いということで、逆に綺麗さで言うと今の中学生のブラスバンドのほうがちゃんとしたユニゾンなりを演奏するんだよなぁ。それで、時代の嗜好なのかなぁとか思っただけ。美人の基準も変わるようだし、これは関係ないか。

♪〜音が多すぎます、と自分に突っ込んだもの。



STOP_

web拍手_履歴






 
2008年10月13日(月) No.2033 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

ふぅ〜。


click
♪〜そらは空っぽ、でも気持ちイイ。

 今朝8時過ぎに起き、飛び飛びに読書。あまり頭に入ってこない。その中では兼好法師の「徒然草」に新たな感慨を持ち、もう一度入念に資料あさりをしてみようかという気になった。

 体育の日の今日は午後から出張シゴトがあって出かけたのだが、いやぁ〜、爽やかな秋晴れで気分は上々、シゴトが気分転換になるなんざぁ可笑しなことだとは思う。3連休最後とあって少し車の量が多いようにも感じた。

 見るニュース、聞くニュースどいつもこいつも、やれ何パーセント上がった下がったとやかましい。膨らみすぎた虚業に依存する人類なんぞ、いっそのこと一度グシャっとつぶしてみたいと危ない思いに駆られる。商が支配する世の中に未来はないと確信するね、あはっ、今日も過激だ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月13日(月) No.2030 (雑感::シゴト)
Comment(2) Trackback(0)

カーティス・フラー。


click

 今日はdukeさんとこのblogで取り上げられていたフラーのアルバム、「BLUESette」のこと、拙者は持っていないのだ。あれれとばかり探して見たのだがナイ、あまりにも良く目にするジャケットの絵柄なので持っているとばかり思い込んでいたようなのだが、なんとシアワセなしとであること。この中の「Five Spot After Dark」が特に好きでサイトを始めた時にうろ覚えのリフをDTMで作りトップページのBGMにしたくらいなのだが、30年以上も経てそっくり記憶に残っていたということが驚きであった。

 それでフラーのアルバムが何枚あるのかと調べたところリーダーアルバムがわずか3枚、ゴルソンに付き合っているのが3枚、メッセンジャーズにいたっては1枚しか無かった。好きというにはちと少ないなぁ。その中で一番思い出があるのが米インパルス・レーベルでの「Soul Trombone」、発売直後の輸入盤を有楽町のレコード店で見つけ大喜びして買ったことを覚えているのだが、今日出してみると、あろうことか、白いカビがうっすらとかかっていた、あわわっ。dukeさんのおかげで思わぬお手入れが叶ったという次第。

 考えてみりゃ、あの頃はアルバムを通して聴くことが少なかったし、たいていテープに録音して聴いていたようにも思う。そのせいかスクラッチ・ノイズはほとんど増えていないというのがメッケモンである。

 アルバムタイトルの「BLUES ette」、接尾語のetteは小さいとか可愛いの他に「〜もどき」の意味もあってブルース・フィーリング溢れる彼がタイトルにしたというのが、いかにも洒落ていると感じたものだ。なんせ、ひねくれてたから。



♪〜入力した時には題名もあやしかった。





STOP

web拍手_履歴



2008年10月12日(日) No.2027 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

ロス疑惑。


click

 61歳になってたんだ。27年前に週刊文春で取り上げられ事件となった張本人が死んじまった。稀代の虚言癖を持った人格に当初から興味あってそれまでの一部始終を見てきたミーハー丸出しの拙者としては悪漢の寿命も遂に尽きたかという思いでニュースを見ていた。この虚言癖というのは言ってる本人が真実と思いこんでしまうようで弁が達者な分、たいがいのしとを言いくるめてしまうチカラがある。多くの裁判など聴くかぎり、我が国の検察や裁判官の頭脳を凌駕していたことが良くわかり、不謹慎ながらも痛快感さえ覚えたものだが切歯扼腕することでもあった。なんといっても2人を殺害しているのだから正義を至上とするアメリカ国には許しておけないことだったのだろうね。
 なぜか保険金詐取をおこなうしとには似たような虚言癖があるようで罪の意識などはこれっぽっちも無いかのようだ。
 亡くなった方を誹謗するなんてぇのはとんでもないとはいえ、彼の場合だけは許されるようにも思う、今回は彼の最後のドジだったように感じるのは拙者だけではないようだ。昨日の続きになるが賽は投げられちゃいけなかったと。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月12日(日) No.2026 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

マラメル。


 昨日の予報では雨になりそうではなかったのだが、あいにく一日中降ったり止んだりのさえない天気、つられてこちらも頭の中がスッキリしない。

click

 マラメルの遺稿が発見されたという報道をちらっと耳にし『「賽の一振り」は決して偶然を排さないだろう』ってぇ一文に思いを凝らす。現代詩にさほどの想いもないのだが消化できないような文章があるとどうにも居座りが悪い。なかでもこの一文は頭の中で堂々巡りしている感じがあり、言いかえると何なんだろうってことを考える羽目になり結局、「賽の一振り」という行為が偶然にしか起きないということか、「一振りの賽の出目」が偶然でしかないといっているのか、やはり解らなくなってしまう。やはり訳文なのでニュアンスが伝わってこないのか拙者がニブイのか、いずれにせよ一読して主語の歴然としない文章は好きでない。かのシーザーがルビコン川を渡る前に言ったという「賽はなげられた」、運命を決定付ける行為の比喩と思うが、これとリンクしてるのかなぁ。しかしながら、マラメルの著書で、活字をまるで絵画か音楽のように配置して見せるものがあって、惹きつけられる思いもあった。その行き着く先が、「世界はこの一冊の本に著されるためにのみある」と云い切っちゃうとこなんざぁ、凄いなぁとしか感想が出てこない。
 
 夜、モジリアニ夫妻のドキュメンタリーを観る。妻ジャンヌ・エピュテルヌとの間に娘さん一人残して壮絶な一生を終えている痛々しい内容ではあったが、特異な才能の画家だったことが良く解る。絵画とか詩、音楽は素晴らしいものとは思うが、創るしとははたから見りゃ悲惨だがご当人の得る喜びは計り知れないほどなのだろうなと憶測する。
STOP_

web拍手_履歴



2008年10月11日(土) No.2025 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

3連休かぁ〜。


click
♪〜もの想う秋なのだ。


 早く寝たのはいいが今、4時に起きちゃって弱ったねぇ。気がつくとこのブログの記事とコメントの総数がとっくに2,000件を越えている、いやはや、いたずらにスゴイもんだと自分で驚く。多分、サーバー機として四六時中モニターが開いているせいもあるのだろうが、それにしても毎日よく書くことがあるなぁ。

 なにが面白くてと考えると記事の内容よりページのレイアウトやバランスが自分の好みになっているかが大きな要素になっていると、つくづく思うわけで記事の良し悪しはともかくパッと目で見て絵面が良い感じだとそれだけで気分がイイ。
 
 昨日の記事の続きになるが、反闘牛運動のデモというかパフォーマンス、映像にインパクトあるだけに世界中に報道されて効果抜群、勇気ある行動だと思ったことがある。理不尽と思うことに敢然と抗議する平和的な行動は近代民主主義の大いなる前進に寄与すると信じている。もちろん、なかにはとんでも思想とでもいうのか、勘違いのようなオチャメなものもあるが論ずるに値わぬご愛敬だ。

 我が国にも各種「踊り食い」や「活き造り」の類の情けない文化が残っていて偉そうなことは言えやしないが悪しき伝統なんぞを有り難がる旧人にはその曰く因縁について何を持って善しとしているのか聞いてみたいものだ。

 デモといえば、我が国の詐欺まがいの年金制度や後期高齢者医療保険にたいしても、全身白装束で額に三角布など巻いて一万人くらいのお年寄りが国会や厚労省前に集結する光景を想像してみたのだが、その程度じゃぁダメかな、となると一揆か打ち壊し、でもこれは暴力沙汰で感心しない。

 行動力が乏しくなった拙者が、もの思う秋に考えることは以前に増して暴走気味だ。

STOP_遠くで花火の音がする、運動会かなぁ。昨日のweb拍手が103回と新記録(^o^)。うち2回は中国からとYahooのクローラーだった。

 ジャイアンツ優勝だ、ファンの方々は嬉しいだろうな。贔屓の対象があるというのは楽しいものだ。

 生命保険会社の破たんが報じられている。これは金融詐欺そのものだろうに「破たん」だなんて言い方は、ブツブツ。

web拍手_履歴



2008年10月11日(土) No.2024 (ブログ)
Comment(1) Trackback(0)

ミュージック・スタイリスト。


click
♪〜秋桜

 今朝。8:00ジャストに起床、久し振りのオシゴトということで9時頃には家を出た。爽やかな秋晴れで快適なドライブとなった上にもう一つ嬉しい発見があった。それは、車に最初から搭載していたカー・ナビの機能のひとつが解ったという実にトンマなことなのだが、何かの拍子にボタンを押したとき、てっきりラジオ放送のディスク・ジョッキー番組かと思いながら聴いていると「次はご機嫌なこの曲を」と掛かったのが自作DTM曲で驚いたのだ。そしてすぐ解ったのだが、次々と出てくるのは今までのナビ内蔵プレイヤーに掛けたCD音源のランダムな再生だということ、バカだねぇ。それにしても3曲毎に入るMCがやや巻き舌ながらも活舌の良い男女ペアのジョッキーで、良く出来てるなぁ〜と今更ながら感心した。それが「ミュージック・スタイリスト」というプログラムだった。BGMがピアノで「ドナ・リー」ってのもイイ、しかしパーカーやチェット・ベーカーに混じって自分の曲が流れるなんざぁ究極の自己満足だとルンルンご機嫌、他愛ないことこの上ない、あはっ。

STOP

click
 ♪〜去年より背丈が高いようだ。

_埼玉の珈琲パウエル店主・KAMIさんのおかげで拙ブログの冗談スクリプト「web拍手」に勇気をもってクリックされる方が増え、意味もなく喜んでいる拙者はヘンかなぁ、無制限にクリックできるので世界新記録を期待したいものだ。
STOP_ベルギー・ブリュッセルにあるEU本部前で闘牛に反対する方々の団体がユニークな抗議活動をしている映像が流れた。昨年も似たような抗議活動がバルセロナかどこかであったように記憶しているが、ホントにあの闘牛という残酷ショー、この21世紀に至って残存しているというのが不思議だ。しかもEU連合が年間30億円も資金援助しているのだというではないか、信じられない。民族、国境を超え愚かしいと感じる人類の行為は一刀両断、激しくバカにするだけなのだが善き文明の先頭を行っていると信ずるコーカロイド連中があれじゃ、贔屓の甲斐が無いってもんだ。
 少なくとも捕鯨はショーにしてない。

web拍手_履歴



2008年10月10日(金) No.2019 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

ぅんまぁ〜〜ぃ!その2。


click

 今日は朝からホントに良い天気、つられるように午後から近くの相模川へ出かけた。な〜んにも無い場所だが広々として静かなのと川べりの足場が良いのでパイプ・チェアーを出しそれに座って竿を出すだけで満足なのだ。通りすがりの方が鮎釣れますか〜などと聞いてこられるのだが、かぶりを振って苦笑いを返すのみ、鮎の仕掛けじゃないしなぁ。
 めっきり日がはやく落ちる、5時頃にはもう夕闇がという感じだ。帰りに寄ったスーパーでまたまたサンマが目にはいり、先週のことを思い出し、つい買ってしまった。

click

 夜、早速ガスレンジでそれを焼く、すっかり自信がついたというか、レンジの火力と魚の離れ具合がたまたまこのサイズのサンマにぴったりだったということなのだろうが、案の定、上手い具合に焼き上がる。先週は食べちまってからデジカメのこと思いだしたが今回は食べる前にと一枚パチリ。

click

 もちろん、しじょ〜に美味かったことは言うまでもない。考えてみりゃ、マグロやカツオはこれを食べてるんだよなぁ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月09日(木) No.2017 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

左脳人間?


Brain-Test
右回り?左回り?
<情報元>

 今朝は8:30起床、風はやや強いものの良い天気で日がまぶしいくらい。タイミング良く掛かってきた電話で少しシゴトすることにしたのだが今、ちと気になることがある。昨日の日記で左脳人間としては、などと書いていたのだが良くあるテストなどで以前は確かに左脳優位の判定が多かったと記憶していたのだが、改めて何か所かでやってみると不思議なことに典型的な右脳人間だよと判定されちまう。こんなことってあるのかなぁと頭の中は混乱気味だ。大体が音楽を作るのに論理的であリ過ぎるのが障害になっていると信じて疑っていなかったのだが、チェンジ!なんて有りうるのだろうか。

有名な左の動画、以前は見るたびに時計回りだったり反時計回りで、他のテストではほとんどが左脳優位と出ていたのが今は時計回りにしか見えない。視力低下のせいかなぁとか思ったり、あまりシゴトをしなくなったせいなのかなぁとか不思議だ。
 話のネタにしとの脳の働きの科学を興味本位であれこれ見聞するのだが右脳が活発だと前葉頭が忙しくて老化しないらしいので望ましいことのようだがホントかなぁ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月09日(木) No.2011 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

音楽三昧。


click

 鬱々としていたはずなのに今朝は起きてからやたらアクティブになっていて戸惑う。次々と身の回りの雑事をこなすと同時にPCのプレイ・リストにお気に入りのピアノ曲を羅列して一日中流していた。このピアノという楽器は実に奥の深いものだなぁと思うことしきりなのだが、NHKで放映している「スーパーピアノレッスン」などを観たときあらためてそれを感じる。まぁ、教えられて出来る芸術などたかが知れているわいと思う反面、そこから突き抜けるだれかが居ると考えるとまんざら捨てたものでもない。なんといっても格調の高さは半端じゃない、歴史の重みなんだろうなぁ。その点、ジャズやポップスは気楽で肩がこらない楽しさがある。

 先日、日本コロンビア社長のインタビューを目にし、この90年間に蓄積した10万曲もの楽曲のオン・デマンド配信について語られていた。今の時代、どうやら作者のアルバムを求めるというより一曲一曲個別に選ばれることが主流になりつつあるようだと言っていたが、確かにそう思う。

 今日はmp3の編集ソフトをあれこれ探して試してみた。多くのものはフリーソフトとして公開されていて、その志が極めて先進的なことと強く思う。ぬきんでた頭脳を万民のために解放しているようで気持ちが良い。

♪〜疾走感がある時はこんな曲がイイ。

練習曲の良さはそのメカニカルな美しさ、左脳人間にはぴったりくる。

STOP_このところチャイナからのクローラーの勢いが猛烈に押し寄せている。動的なページを含め音源ファイルから画像まで全てをダウンロードしている。まぁ別に困ることではないのだが一回にしてほしいものだ。中国といえばこの11月に封切られるというジョン・ウー監督の大スペクタクル映画「red cliff」、たのしみにしている。どちらかというとその三国志の時代より以前の春秋の頃の出来事に惹かれるのだが善悪の規範が2000年も前に確立していていまだしとは悪事に精を出すというのが面白い、とでも思わなきゃ生きてはいけない。

web拍手_履歴




2008年10月08日(水) No.2008 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

なにごともなし、か。


click
♪〜先日、河原での一枚。風に揺れていてピントが
なかなか合わなかった。

 今日、国会中継をしばらくみていたのだが問題解決についての議論は相変わらず言葉だけの様相で嫌な感じがしてならなかった。突っ込む方も随分と手ぬるいものだ。ぞくぞくと公になる行政の浪費をホントに止める気があるのか知らんと思う。議員定数の半減すら出来ないのだから希望は持てないなぁ。
 またぞろ本などを読んでいるのだが、これがどうもつまんない。どうも文化不毛の時代に居合わせたような寂寥感がしてならない。世界中の識字率などで見ると爆発的に裾野は広がったはずなのに不思議なことだ。
 こんなこと呟いて気を紛らわしているときは大体がこもりがちになっていることが多いのだが誰か面白いしとでも現れないかと他人頼りというのが情けないなぁ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月07日(火) No.2006 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

上位下達?


 相変わらず良く寝る、今朝も何度か目覚めるもまた眠りに落ち結局起きたのがなんとお昼を過ぎていた。10時間近く寝ていたことになる。そのうち目が覚めないんじゃなかろうかと思ったりするのだが、それも良いなぁなどとバカなことを考える。
 暇ひまに目を通す新書で「上位下達」という熟語が文中にあり、あれっと思ったのだがどうやら「上意下達」の誤記のようだ。でも単にミスタイプということでなくそのご本全体が底の浅い感じがして残念なことだ。しかしちょっとググッて視ると相当に使われてもいるからひょっとして市民権を得た四文字熟語になっているのかも知れないなぁ。字面から意味は解らないでもないが、ちとニュアンスが違うな、おじさんとしては。

click

 午後遅く、楽器の練習、というより弄って遊ぶといった感じなのだが一心腐乱にロングトーンを出すも、このやろうとして思うようにならないのが楽器の面白いところだ。でもシャクにさわるなぁ。

STOP_今日、もっぱら聴いていたのはタンゴ、そしてこの曲と声が耳にこびりついて離れない。頭痛みたいなもんだ。


web拍手_履歴



2008年10月06日(月) No.2001 (雑感::些細なこと。)
Comment(0) Trackback(0)

こんなに寝ちゃって。


 このところ、こんなに眠って大丈夫かいなというほど良く寝る。今朝も日曜日ということが習慣的に意識にあるのか、起きたのはお昼前の11:30、10時間以上も寝ていた。このグータラは、はまりそうだ。なんといっても体の調子が頗る良いというのがこのノー天気の根底にあるようだが悪かぁない。
 お昼は先日買ってあった男爵イモを電子レンジにかけジャガ・バターとし、ネギとワカメのピリ辛スープ、サンマのかば焼きを少し戴く。食欲の秋なんて言葉が頭をかすめる。

click
↑クリック。

 秋といえばartだっ、とばかり画像ツールJ-Trimを弄っていて、それもどきなものが出来てきた。これを500号くらいに引き延ばして飾るとどんな感じになるか興味あるところだが、DTM同様お手軽に過ぎるか。
デジタル情報では276,748色も使われているんだって。


click


STOP_留学斡旋会社の倒産騒ぎ、ひどいなぁ。相も変わらずの金銭詐取だと断言できるが、会員権を集めて計画倒産したり金融会社が行き詰まったりと経済犯に対する罰則がなぜいつまでもこんなに甘いのか不思議でしょうがない。銀行への税金投入なんてのも政治家連中がもっともらしい理屈で、いかにも世の中を救うかのような言をしゃぁしゃぁと云っているが同じ穴の狢とはこういうことだ。我が国でもそうだったが、リーマン兄弟なんてぇのも役員連中は2度と娑婆に出てこれないようにしてもおかしくないと。しとのお金をころがしておいて見通しが甘かったですまされるんじゃ泥棒のほうがまだ可愛げがある、プンプン。社保庁なんかも同じだ。

web拍手_履歴




2008年10月05日(日) No.2000 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

花が咲いてる(~o~)


click

 今朝は6:00に目覚めるも海に行くのはもう少し後にと思いながらの2度寝、結局10時過ぎまでスヤスヤと眠っていた。天気が良いので出かけようとはするのだが、ちょっと風が強いかなぁとか土曜日で人出も多いしなぁとかグズグズしてる間に、結局行かずじまいとなってしまった。


 この色、Violetで濃い目のものだ。
click

click

 暑くもなく寒くもない今の気候は本当に気持ちイイ。日差しいっぱいのベランダでさぼっていた水やりをと出たところ、ここかしこに色鮮やかな花が咲いていた。大弁慶草と朝顔とあとは知らない小さな花、上の朝顔はツルのない矮性種で江戸時代に作られたそうだが、これはまた鮮やかな紫色だこと。
 右の大弁慶草はその名の通り、かなり丈夫な草で日本の風土では水などやらなくても十分育つようだ、納得。
 ちなみに、花言葉は「平穏」「おだやかさ」とあった、ぶひぃ〜♪。


あれぇ〜、時間を経て読み返すと今日の記事はなんか支離滅裂だ。いつものことと言われると
返す言葉もないのだが、もう少し順序立ったものでないといけないな。web拍手_履歴



2008年10月04日(土) No.1996 (雑感)
Comment(3) Trackback(0)

ぅんまぁ〜〜ぃ!


click



 魚を焼くのはちと面倒で苦手だったが、店頭で見た生サンマのあまりにも新鮮そうな姿に魅かれ、つい買って帰り焼いてみた。七輪で煙を出しながら焼きたいところだが、ガスレンジで我慢、焼け具合を見ながら慎重に頃合いを見計らう。焼けるにしたがって脂がうまそうに出ているのが解る。皮の焦げ目がここぞという時に取り出し、大根おろしを添えてアツアツで食べたのだが、いやはやこれがバカウマ、一尾68円だってぇのが信じられない、漁師さんに申し訳ないだろうってなもんだわ。サンマに敬意を表し骨だけ残して完食、御馳走様でした。

♪〜気分がイイとこんな曲がすんなり聴ける。

ドルフィーは時に、つらくなる。創り出すってぇのはひたすら破滅への課程だなぁと思わずにいられないのだが、おかげで救われる魂が世界中にどれだけあるかと考える時、偉大という言葉しか頭に浮かばない。

web拍手_履歴 

2008年10月03日(金) No.1995 (ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

こうも天気が良いと。


 昨日は、久々にリッスン・モードでジャズ三昧、なにかをしながら聞くというのではなく精神を集中してこちらから聴きにゆくということなのだが、音楽好きでホント良かったと思えるひと時である。でも寝る前に掛けるのは相も変わらず自作のDTMというのがオカシイが、心地良いのだからしょうがない。

♪〜 この絵、惹かれるなぁ。すらすらっとこういう絵を描けると楽しいだろうなと描けない拙者は思うのだが、すらすらっと出来るわけない。入魂の筆使いだと感じるもの。
Last Date
STOP

click

 今朝は9:00まで寝ていて、起きて外を見ると昨日に続いて良く晴れており風もおだやかだ。午後、相模川にぶらりと出かけハヤと遊ぶ。
 きれいになったというものの、生活用水がこれだけ臆面もなく流れ込んでいて薄く濁っているのを見ると、ちと情けないなぁ。

 帰りにスーパーで買いだし、今年はサンマの当たり年のようで活きの良いものが格安で出ていた。ヨシッ、焼き魚と決めてかごに入れレジまでいって、サンマとくりゃぁでぇこんおろしだろうと野菜コーナーに戻る。唐突に今夜は調理するぞぉ〜と意気込んでしまった。

web拍手_履歴 


2008年10月03日(金) No.1992 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

あわてる。そしてジーン・ディノビ到着、ドルフィーも。


 今朝6:00と早起き、サーバー監視サイト「cman」さんからサーバーダウンしているとのメールが入っていて、あわててPCを見る。BJDは立ちあがっているも外部からの通信が入ってきていない。インターネット通信は正常なのでさては夕べのチャイナになにかされたか、それともvistaのバージョンアップのせいか早速調べてみたところ、どうやらソケットエラーで80番ポートが通じない。バックアップ機で置き換えると通じるのでやはりvista機の不具合らしい。すべて落として改めてネットワークの設定をやり直し、光終端機からルーター類を全てリセットし、しばらくしてvista機のBJDが外部とつながりパケットが流れだす、やれやれだ。
 それにしてもしばらくぶりのネットワークの設定、あまりご無沙汰だと忘れてしまいそうだ。vista-SP1がどうなのかは未だハッキリしないのだがXPの頃のネットワーク・ツールのいくつかが上手く動かなくなっている。やはりソケットの競合が原因のようだがはたして直せるものなのかは疑問だなぁ。
 朝から何をやってるのかという感じではあった。mったくぅ〜。(7:30)

STOP

click

_外に出ると久し振りにスカッと晴れ上がった空だが風が強い。今日は貯めてあった燃えないゴミをヨッコラショと出し、遠出はあきらめ部屋に戻った。タイミング良く注文してあった「イムク」さんご紹介のカナダのピアニスト、ジーン・ディノビ・トリオのCDが届いたので早速聴いてみた。御歳80才にもなられる現役バリバリのマエストロ、2年前の録音ということだが溌剌としていてビックリだ。お目当ては「Hello Young Lovers」だったが、なかなかにスイングしていて心地良いわ〜♪。全くと言っていいほどリズム・アウトしない熟練の演奏はさすがと思った。8ビートでの「夢破れし街角」ではちと苦笑してしまったが一曲目のコール・ポーターの名曲「I Concentrate On You」はめっけもんで、アルバムの選曲もさることながら調性を生かしたアドリブもいかにもJJにシンパシーを抱いているか感じさせる演奏でこれはアダやおろそかに出来ないなという思いだ。
 それにしても12歳で初めてピアノに触れ3年半を経ずしてパーカーと共演なんてのはいくら早熟でもやっかみ半分面白くないなぁ。ともあれ以前なら聴くことのなかったタイプのピアニストなだけにここにきて初めて知ったのはラッキーなことだ、世界は広いね。(12:00)
STOP

click

_ジーンのCDを2回目に聴いているときに、今度は衝動買いしたドルフィーのアナログ・レコード2枚が届いた。これぞエリックという有名な「Out To Lunch」と「Last Date」、ディープなジャズファンなら皆さん持っているような名盤だが、拙者は数曲をテープに採ってあっただけでアルバムを持っていなかったのだ。ここにきてやたら彼に想いが募りたまたまYahooオークションで見かけ、つい買ってしまったのだ。

click


まぁこんなこともあらぁなと自分を慰めてはいるのだが包装を解いて見て驚いたのはまるで新品のLPだったことで、その円盤の溝のきれいなこと感激してしまった。なんせ手持ちのLPはいまにも白い粉をふかんばかりの年代ものばかりなのでこんなピカピカのLPなんざぁ何十年ぶりかで見る品物だ。

さて、通して聴くドルフィーはどんなかなぁ。(13:30)

web拍手_履歴



2008年10月02日(木) No.1989 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

連続アタック、from チャイナ。


click
♪〜典型的なF5アタック、プッ。


 ようやくOSのバージョンアップが成って再稼働したサーバーに久々の連続アタック、いやはやすんごい勢いだワ。
【 240.142.227.124.broad.nn.gx.dynamic.163data.com.cn ( 124.227.142.240 ) 】
なぜか同じmp3ファイルのダウンロードを何十回となく繰り返している。この「163data.com.cn」というISPは相当に悪名が高いようでお手軽な手製ロボットなどを巡回させたりもしているようなのだがFTPとTELNET通信のみポートを開けているので悪さをするための出張所ってところかも知れない。

何か月ぶりかでブロックするISPを追加することになった、あ〜ぁ。もう寝なくちゃ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月01日(水) No.1988 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

新聞とテレビジョン。


 20世紀のマスメディアとして確立した新聞とTV、それぞれ新聞は購読料と広告収入、TVはもっぱら広告収入で成り立っていると思うが、ここ数年毎年インターネット広告にパイを奪われつつあり相当に危機感を持っていることと想像する。
 昨日も新聞の勧誘にこられたが生憎、新聞を読まなくなって2年近くにもなり、まるで不便を感じないということと毎月読まずに廃棄する後ろめたさがなくなったこともあり「新聞を読む習慣がないので」という一言でお引取り願った次第。まぁ無くなることは無いとも思うがよほど努力しなければ衰退の一途を辿るだろうなぁ。
 そして全面的にデジタル放送に移行しようとしているTV、広告収入が頼りといいながら、なんと工夫のないこと、他人事とはいえハラハラしているのだ。まずもってカネヌシのスポンサー企業はその効果の実態を把握していなのではないかと思うのだ。お茶の間でBGMよろしくつけっぱなしというスタイルは当分続くだろうが、能動的に見る場合の無遠慮な広告がどれだけ企業イメージを悪くしているか、大きなお世話だが少し調査すべきと思うのだ。広告代理店には極めて優秀な人材がそろっていると思うが不思議でしょうがない。
 拙者もようやくつけっ放しの習慣が無くなりこれはと思う番組のみ視聴するようになったのだが、それでもご多分に漏れず何かやってないかなぁとチャンネルを探すことがあり、面白そうと見る番組が無残にCMで台無しにされているとガッカリしてしまう。ひょっとして企業や製品のイメージダウンを覚悟のうえで番組制作やTV局に寄付しているのかも知れない。

STOP_寝る前にサーバーマシンのvistaをsp1にアップグレードしたのだがホントに一時間もかかってしまい、20:40〜21:40の間、サーバーダウンしていた。sp1では今までのパッチを全て網羅しているとのことだがさて。

web拍手_履歴



2008年10月01日(水) No.1987 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ハックション。


 連日の夜更かしと、このところの気温低下のせいか今朝起きてからやたらクシャミと鼻水が出る。熱がないので大事はないと思うが、風邪か花粉症かといったところで、鬱っとおしいことだ。
 朝9:00過ぎまで寝ていて電話で起きる、旧知のシャチョーさんから、なにやら数か月前のことのお礼とご報告だったのだか、昔堅気というのは気分がいいや。
 それにしても目薬のせいで、目の周りがくすぐったい。五感の違和感というのは癪に触るが口にだしたりも出来るけど心のそれは叶わないことだなぁ。今読んでいるご本も、な〜んか空虚、ツマンネ〜じゃ仕様がない。

STOP_午後遅くに天気が良くなったことに気がつかず、せっせと掃除などしていた。生活のルーティンとして掃除をする習慣がないということで、その都度手順や方法を考え考えやるわけだからお世辞にも手際が良いとは思えない。しかし一旦始めるとけっこう夢中になってしまうのだ、これが。身の回りがきれいになるとやはり気分がイイ。明日からは好天が期待できそうなので今日は早めに寝ることにしよう。

web拍手_履歴



2008年10月01日(水) No.1986 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen