LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
 
〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


えぇ〜♪、6万円。


 アービー・グリーンの21Trombones、中古品が米国に数枚売りに出ていたが
値段がなんと6万円近い。これじゃぁ、ちと買う訳にいかないなぁ。

♪〜これは御歳65才になられた「Jiggs Whigham」さんの昨年の演奏。優れた指導者でもあり、この演奏などは限りなくアービーと同じくらい美しい。
  【iPhone用】

〜one week only.〜
STOP
web拍手_ブーイングも  履歴


2008年05月31日(土) No.1743 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

絶版か。


 先日来、気になっているアービー・グリーンの21本トロンボーンのアルバム、詳細が判明したのだがどこにも売ってやしない。収録曲の編曲が似たり寄ったりであまり売れたものではなかったようだ。間違いなく購入した記憶があるのだが大量に処分したときに一緒に手放していたようだ。

click

 今にして思うとすごいメンバーで収録していたものだ。

Trombones : Urbie Green(Solo),Wayne Andre,Will Bradley,Bill Elton,
Paul Faulise,Phil Giardina,Mervin Gold,Micky Gravine,
Dick Hixson,J.J.Johnson,Barry Maur,Lou McGarity,
John Mesner Jr., Tommy Mitchell,Buddy Morrow,Jack Rains,
Alan Raph,Sonny Russo,Charles Small,Chauncey Welsch,Kai Winding
の計21人。「セニョール・ブルース」なんてアルバムは残っているのになんで無くしちゃったか。

 この頃、あまり昔の演奏ばかり聴いているのもなんだなぁと思い最近のしとのも聞くのだが、このような甘い、ちょっと上ずったりするけれど艶々しいメロウ・トーンというのはあまり受けないのかなぁと。そういやぁボーカルなども時代時代で好まれた声というのがあるのだから当然かも知れない。いまどきクルーナーのようにカラオケでも唄った日にゃ、気持ち悪がられるかも。
STOP 今日は時間を持て余して、時折小雨がぱらつく中、中津川中流の探訪にいったのだが、やはり天気がこうだとちっとも面白くない。しかし足元が良くて静かそうなポイントを何か所か見つけて、次回天気の良い時の楽しみにということで帰ってきた。

 それにしても、タナゴ竿の繋ぎがなかなか上手く仕上がらない、不器用になったのかなぁ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年05月30日(金) No.1742 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

雨。。。z


 なにもしない一日、別に問題ないじゃないかと、ふと思う。実は昨夜決めていたことに、川越の方から埼玉への淡水魚探索があって、ついでにKAMIさんの主催するジャズ鑑賞会にも参加してみようということだったのだが、手製のタナゴ竿を修理している間に昼になっちまうし、雨も止みそうにもないしということで止めにした。BSハイビジョンで偶然目にしたオペラ、細川俊夫さん作曲 「班女」のメイキング・ビデオ、指揮者・大野和士さんの「情念」への、とことんこだわった作り込みの顛末に、ついつい最後まで見入ってしまった。しかし拙者の感性はとことん天の邪鬼で、どうにもその真髄を感じ取れないのだが、確かにセイジ・オザワの後を担う才能だなぁと感心しきりであった。

♪〜今日はこの曲。Bernie Miller作曲「Bernie's Tune」

  【iPhone用】

STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月29日(木) No.1739 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

あった、あった。


click

 15日の日記にあげたジグス・ウィガムさんの演奏「If he walked into my life.」の元になっているアービー・グリーンのアルバムの8mmカセット・テープが見つかった。かなりよれよれの状態ではたして音が出るものかと、恐る恐るデッキにかけたところ、すんごいノイズレベル(パーセント音量で30%以上)ではあるがなんとか聴くことが出来た、いやぁ〜、懐かしい。思えばホントオに四六時中掛けていた。この状態では気分良く聴くことはかなわないので、再プレス盤かCDを探してみようと思った。
♪〜良い子はきかないで、ノイズだらけの音。
  【iPhone用】



 天気図では雲の様子もないのにどうもこのところ青空が広がらず、面白くない。ぱぁ〜っと広がる曇り空を見て、特別な感情を持つということが無いことに改めて気が付いた。ぽつんと浮かぶ雲やコントラストのある雲はそれなりに景色だが、一面の曇り空はつまんない。じつに勝手な思いである。
STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月28日(水) No.1737 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

相模川中流。


click

 雲が多いものの穏やかな一日、午後から相模川の厚木近辺の探訪、その昔、釣りを始めたころにポイントを几帳面にスクラップしてあったところに行ってみた。

R246の懸る新相模大橋からしばらく下ってあゆみ橋、相模大橋からさらに下ると用水路の流れ込みのあるちょっとしたワウンドがあり、ひっそりとした感じが良くてしばらく眺めていた。3〜40cmくらいの鯉がゆらゆらと何匹も泳いでいて心和む。

click

その後、あゆみ橋の方へ戻り海老名市側の川岸を探索、夕日をみながら帰って来た。

鮎解禁を前にほんとに人影もなかったのだが水量が多く滔々とした川相に満足、秘かな愉しみである。
STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年05月27日(火) No.1735 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

三権分立。


 最近の報道番組がトレースしていたことで、警察や検察の落ち度による冤罪にたいする国家賠償裁判のめちゃくちゃぶりに唖然とした。薬害エイズ問題やフィブリノゲン製剤での監督省庁の犯罪がようやく明るみにされたというのにちっとも断罪されないのと同様に、どうも三権分立なんてのは過去の夢だったようで三権べったりの互助思想がすっかり定着しているようで、被害者は救われるはずの裁判で国家の横暴に蹂躙されている。おとなりの独裁国家やサイクロン被害でハチャメチャの軍事国家とまるで同じ水準になってしまったわけだが、これはやはり頂点の国会、首相、与党の悪徳以外の何ものでもない。
 メディアに露出して語る政治家の皆さんも問題点についてはすべてはぐらかしの回答を羅列するばかり、あの舛添さんにしてからがどうしちゃったのか、悲しいね。公表出来ないような試算で密議をこらすなんざぁ反逆罪に問われてもおかしくない。

 どうも近頃この手のぶつぶつが多くて我ながらいやな感じだ。やなら書くなと言う事だが、書かずにおれないというのが差し当たり一番の悩みだ。

 ブログ・スクリプトの修復ができたので、少しだけハッピー、だはっ。
STOP 今朝、7:00に起床、空を見る。予報は晴れだが雲がかかっていて、踏ん切りがつかない。軽く朝食を取りながら見ていたニュースで報じられた川田亜子アナウンサーの自殺、ん〜〜ん、、親しいわけでもないし、拙者に予知能力があるわけじゃないが、鋭利なところを隠しきれずに苦しんでいる感じがアヤウクて、見るたびに心ざわつくしとだったが、残念、善くない方にいっってしまった。合掌。STOP葉桜や 萌ゆると見るや 我強し、 だ。

web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月26日(月) No.1732 (ぶつぶつ独り言。)
Comment(2) Trackback(0)

うっかりミス。


 当サイト、このところアクセス数が落ち着いてというか少なくなってるなぁと暢気に眺めていたが、一昨日、サイト監視サービスを受けているcmanさんところからのサーバーがオフラインとのお知らせメールを見落としていて、つい先ほど気が付いた。大慌てで原因を調べたところ、dynaminDNSサービスの更新し忘れで、ホスト名とIPアドレスの関係が途切れていた、ぎゃっと驚きログインして再登録しようとしたのだが、いつものことながら、IDとパスワードを忘れちゃっている。で、メールをもらってようやくログ・イン、案の定「shinji-world.ddo.jp」が消えていた。たしか半年ごとにアクセスして確認しなければ消えるようになっていて、直前にはお知らせメールも来ているはずなのだが、いかんせん最近は英文メールをすべてシャットアウトしているせいで、気がつかなかった。
ホストネームが切れてるのにページビューがあるのは検索エンジンのクローラーだ。結局、三日間はサイトが途絶えていたことになるが、宅内につながる3台のPCはLAN内で名前を振ってあるため、このブログなどは普通に書いたり閲覧できるのでノンキに日記の更新はしていたというお粗末、何やってんだか。STOP

click

 今日はシゴトがてら、昼前から相模川水系の探索をとナビを頼りにあちこちと親水できそうな処を探してまわったがあまり良いところは見つからなかった。津久井湖の少し上に城山湖という小さな湖?があるので近くまでいったところ、純揚水発電所の貯水池で高低差153mで下の城山ダムから汲み上げと放流を毎日している所だった。水面が28mも上下するという、さすがに周囲はぐるりとコンクリート護岸で立入禁止、釣りなどとんでもない話だが、湖と呼ぶにはちと抵抗があるな。

♪〜こんな日はほんわかとしたこんな曲、ハロー・ドーリー(HERMAN JERRY 作曲)。
4年前の五月、ぽかぽか陽気の日に編曲したもの、今もことあるごとに聴いている大好きな一曲だ。  【iPhone用】

STOPweb拍手_ブーイングも_履歴

2008年05月25日(日) No.1731 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

なんか変。


 ここ数日、結果としてなんか自分の行動が腑に落ちない。太陽が顔を出さないからなどと言い訳して出かけるのをためらっている。直前まで準備万端、さぁ出発という段でTVを見たりCDを掛けたりして結局中止、出不精を絵にしたような状況だ。
 
 前から気付いていることだが、この公開日記と称して書きつづる記事、フィクションに違いないのだが、改めて読むと、恐ろしいことに、そこここにその時の心模様が見え隠れしている。この数週間はやはりなんか変だ、アクティブでない感じが読み取れる。救いはいわゆる「うつ病」でないと思えること、3年前に陥った時の症状は違ったからあまり感心しない状況といいつつも冷静にそれを甘受できる。
 というのも、ある心療内科のドクターがいわゆる「うつ病」ってぇのは心の病なんてものではなく明らかな脳の病気で治療法も確立していると語気するどく言っておられたのが印象深い、近代医学の進歩なのだろうね。

♪〜音楽サイトと銘打っているのだからたまには音を出してみよう。曲は『Left Alone』〜♪
  【iPhone用】

click

 【ぐふふな料理】
食器棚の奥から新品のスライサーが見つかったので早速ありあわせの野菜で特製サラダを作った。この頃、すっかり野菜好きになってしまったが、別にベジタリアンになったわけじゃぁない。
 ちなみにドレッシングは市販のイタリアンでは甘ったるいので中華ドレッシングと半々のカオス、プッ。

click

 そして先日作り置きした「ヒジキと牛肉細切りの佃煮」、大量につくったのでまだまだ戴ける。
 そういえば、明日会う予定の知人が福岡県の港町出身の方でヒジキとワカメを大量に持ち帰っているので良ければ分けてくれると言っていた。これは大歓迎。

STOP   食糧危機が取りざたされる昨今、大きな要因に穀物のエタノール燃料への利用があげられている。この燃料の恩恵は先進諸国で、結果として高騰した穀物価格は多くの原産地の人民からその食糧を取り上げてしまっている。経済の名のもとでの巧妙な搾取がどうどうとまかり通っているのだねぇ。我が国はその狭間に位置しつつ飽食に甘んじノーテンキに日々を過ごす、拙者もその一員ということで少なからず罪悪感を感じてしまうのだが、この仕組みを画策している奴らというのはどういう良心の持ち主なのか知りたいところだ。
 先物取引などでの投機などは博打として面白いのだろうがこんなものを野放しにする社会は善くない。メジャーの倉庫にあふれる穀物、餓える人々、あぁ〜、拙者に無敵なパワーでもありゃ力づくで打ち壊したいところだ。STOP  夕方、郵便受けに入っていた「ねんきん特別便」なる封書、あぁこれがと思いながら開封して中を見た。なんじゃこりゃ、
3年前に窓口の心もとない端末からプリント・アウトされた記録と同じ内容のもので、確認のうえ返送してくれという。プリントがカラーでフォントもきれいで今風にはなっているが、これは数々の問題のなんの解決手段とはなりえない、馬鹿げた手続き、シゴトのためのシゴト、数十億円をドブに捨てているようなもの、何か努力してますよっていったって、もう少しまともな事が考え付かなかったのだろうか、こんなんじゃ実務しているしと達があまりにも惨めだ、しととしてその尊厳をあまりにも貶められている。社保庁の解体はスケジュールにのぼっているようだが、掌るところがこんなじゃ、年金システム、現行定款のままでも良いから一括して請け負う企業を公募するのが良いのではないかと思い始めた。どんなにひどい保険会社でもも少し合理的に運営するだろうな。会計監査のみ国が行えばいいさ、収支の一切をガラス張りにしても相当に利益を確保できそうだ。

 手放さないか。

web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月24日(土) No.1730 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

あらためて、水は命の源。


click

 先々週週、母の日に買ってきた薄いベージュ色のカーネーションの鉢植え、お店のしとに時々は外に出しておいたほうが良いと言われていたのを思い出してベランダに出す。あれれ、周りの鉢植えの草木が皆枯れている。たぶん庇があって雨が降ってもたいして水がかからないのだと今頃気がつく。てぇことは毎日のように水をあげなきょダメということだ。考えてみりゃ植物だって生き物だ、こんな当たり前のことを思うってぇのは拙者が目の前に出されたきれいな草花を如何に軽々しく観賞するだけの傍観者であるかということをまざまざしく思い知らされた瞬間であった、そんな面倒なとことと感じるだけで風流失格だ。それにしても、、、STOP
web拍手_ブーイングも_履歴



2008年05月23日(金) No.1729 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

嗜好品。関係なく偉人伝。


 昨日のことになるが、午後3時過ぎに美味しい紅茶が飲みたくなり食器棚からティー・セットを取り出し、ちと賞味期限に問題ありそうな缶入りダージリンを入れて戴いた。「お茶の時間」という習慣に興味が湧きあれこれ調べてみたのだが、これが随分と最近のことなのだねぇ。大昔からあるのかと思っていたのだが洋の東西にかからわず意外と新しい。

 一日24時間の内一回か二回、こういう時間を取る、取れるというのは、まぁ世界はどうあれ当人にとっては平和なことだ。凝るということではこういった物、紅茶、日本茶、珈琲からパイプ煙草と一通り巡ってきたように思うが熱が醒めるとほんとにどうってことない物だ。それとあれだけ毎日のように飲んでいたペットボトル入りの緑茶、先だって大手メーカー品の異物混入が報じられてこのかた、気持ち悪くて近づけない、今にして思うのだがあの奇妙な味も胡散臭いものではあったなぁ。

 ティー・タイムの歴史を探していてついでに日本史年表に行きあたり、聖徳太子の大化の改新から1,400年間分をついつい読んでしまった。あっと言う間だ。要約されているから100年間をものの5分で進んでしまう。こうして眺めるとだれもが認める偉人というのは実に少ない出現率だ。

 不思議に思っていることがある。歴史書が好きで子供の頃からあれこれ読み散らかしていたが、偉人と目されるしとはほとんどが悲劇的な終焉をとげてるように記されていて腑に落ちない。古代ギリシャにしても古代中国にしてもそうなのだ。往生にハッピーエンドはありえないということなのだろうか。。。続く。。STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月23日(金) No.1728 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

心変わり。


 朝起きたときにケッシンしたはずのお出かけだったが、天気予報とはうらはらに雲が厚くなかなか踏ん切りがつかぬままづるづるとお昼になり、もう今日は止め、で夕方にドキュメンタリー『昔、男ありけり「武満徹〜読めない本〜」』なる放送を観た。現代音楽はあのジョン・ケージ他、おおくの方々の作品について断片的に聴くことはあっても決して好きな音楽ではないのだが、モダンジャズでのアバンギャルドなど同様に、狂狷なまでに突き進む彼らに強い興味を覚えるのだ。単に奇を衒うこととは違う深淵な事柄を感じ取れることがあってたまにではあるが惹きつけられる。特に武満さんが音楽を志したきっかけが終戦間じかに勤労少年として防空壕のなかで教官が慰めに聴かせてくれたシャンソンだったというのが、とても納得できる。

 今度の日曜日にちょっとしたシゴトの電話、うぅ〜んと一瞬考えたが引き受けた、天気悪そうだし、あは。

 あしたこそ行ってやる、中津川水系。STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月22日(木) No.1727 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

今日も早起き。


click

_昨夜はさすがにぐったりと早寝、おかげで今朝も5:00には起床だ。天気は晴れるがどうも風が強いようで海は止めて山中、渓流の小旅行を企てる。
_行動は思索の敵?、んなこたぁない、じゃ思索は行動の敵か、それも的外れ、どちらにせよもっともらしくもあるが、互いのイイワケでしかないな。

click

_まてよ、数学家にはあてはまるのかも、な〜んて考えながら昨日の昼に写した写真を見る、日差しが強く雨の後で湿度も高いせいか地面から初夏が匂いたつがごとくだ、そして草いきれ、むんむんと懐かしい感じの草木のかおり、草原に寝そべったときに嗅ぐのと同じ匂いがひときわ強く感じられた。
_夕べは寝る前に二つの歌謡曲の歌詞が気になり、唐突だが、オリジナルを確認などしていながら寝たのだった。「遠くへ行きたい」と「いい日、旅立ち」の二曲。歌詞の字面だけ読むとなんとも味気ない散文なのに、あのメロディに乗せて聴くときにまるで違って聴こえてくることに、今更ながら驚いているのだ。で、なにが気になっていたかというとその一つは永六輔さんの歌詞、
『♪知らない街を、歩いてみたい。_どこか遠くへ、行きたい。』なのだが、この「_ゆぅぅぅきぃたぁあい〜」が2小節8拍に納まっているのが半信半疑であったからだ。STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月22日(木) No.1726 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

睡眠障害。


 あぁ〜、また変な時間に起きてしまった。今4:30、窓の外が明るくなりだしている。そうか、もう来月には夏至がやってくる。今日は良い天気になりそうだが、10時にシゴトがらみでどうしてもしとに会う約束がある、昨日は自分が居眠りしてホゴにしたような約束なので今日はもうこのまま起きていよう。
 しかしこの不規則な睡眠習慣は年季が入っている、一生直らないのだろうな。眠くないときは寝ないという身勝手がもたらす必然ではある。数年前にお医者さんにかかった時にも睡眠薬はほとんど使わなかった。眠くなりゃ眠れるさというのが物心付いた時分からの信条なのだからやっかいだ。そういえば食事もそうだ、決まった時間に食べるというのも自分の中では異常な行動に感じて苦痛でもあったなぁ。古来、王侯貴族のみが持っていた自由というのも近代庶民の自由にくらべりゃ縛りの多いものだったと考えるとき、その自由をどう生きるかというのはとても難しい課題であるなぁ。暗中模索とはこういうことか、その辺が良くバランスとれた、お手本となるようなしとがなかなか居らない。時折目にするTVのバライティ番組にとりあげられる、にこやかなで元気な長寿のしと、いいなぁと思いつつ、ああなるには何かを捨てなくてはと失敬なことを考えるかんがえる。STOP_一市民がいまさらやきもきしても詮無いことだが、昨今の国政を与る方々の卑しく見えること、一体全体どうなっちゃんたんだろうか。なにやら薄ら笑いを浮かべて会見する様はこちらがミジメに感じてしょうが無い。バブル崩壊のころから散見されていた独立行政法人のいかさま加減や各省庁の権益確保に走るさまを援護するかのごとくにだ。特にこのところ不評の後期高齢者保険てぇのはひどい、誰が見ても頭悪すぎじゃないのか。国の福祉とはゆりかごから墓場までとは子供心に染み付いた常識だったが、とんでもないね、病院にも行けないようにしようってんだ。しかしなによりあんな志の貧しい法律・制度が通ったという国会が一番問題だ。そろそろ君主が出てくれないものか、どんな世界にも100年に一人くらいは突出したしとが現れるもんだがなぁ。後世偉人と目されるような宰相の時代に存在できなかったというのはちと心残りだ。
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月21日(水) No.1723 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

大雨。


click
■写真は四日前の流れ。

_いやはや、すんごい雨だった。今朝の南関東、1時間に50mmを超すという土砂降りで、電車なども大変だったらしい。
8:00に起きて外出予定だったのだが電話があり2時間ほど遅くしましょうということでそのまま居眠り、気がつくともう約束の時間だ、あわててこんどはこちらから電話したところ、どちらからともなく、明日にしましょっかということに、だはっ、イイカゲンなこと。

_昼からは空も明るくなり、それではと大雨の後の相模川を見にいった。上流の城山ダムが放水していて水量も半端じゃなく多い。地元のアユ釣り名人だろうか、川の様子を見にきていて、しばし釣り談義、聞くところによるとタナゴやメダカを水槽で飼っているという、それでメダカ釣りの話ですっかり盛り上がってしまった。じつにマニアックで酔狂なことではある。STOP_写真がさっぱりダメだ、何を写しても帰って見るとなにこれといったものばかり、その時々の心情が現れるのだとしたら恐ろしいことだ、天に唾するがごとき自虐の行いだ。
_おまけに、ブログのスクリプトを間違って改変したらしく、その箇所がなかなか見つからない。オリジナルに置き換えるのもちと残念なので、もうしばらく頑張ってみようと。STOP_夜、ニュースを見ていて、明日からは良い天気になるということで、しまったなぁ、今日、無理してでも打ち合せを終わらせときゃ良かったなと、あとの祀り。STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月20日(火) No.1722 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

ナルニア国物語第2章、うふっ。



_二年前の3月に第一章を観て大喜びしていたのだが、今週には第二章が封切りだという。あの4人の子供も二つ歳をとっての登場、末っ子の団子っ鼻の女の子の目が大好きだ。
click click

STOP
web拍手_ブーイングも_履歴



2008年05月19日(月) No.1718 (映画・DVD)
Comment(2) Trackback(0)

マッチポンプ。


 今日の日曜日はなんともグタァ〜っとした一日、ピリっとしなかった。なんと昨夜から12時間も寝てしまいお昼に起きてからこの日記スクリプトに画像を6枚づつアップ出来るように改造しようとして誤って文字コードをs-jisで保存してしまい修復に半日費やしてしまった。修復後もところどころ出る文字化けを解決すべく手を加えた。

click

 夕方、「オーケストラの森」という番組でヒンデミットの交響曲、「画家マチス」を大阪センチュリー交響楽団の演奏で放映していたのでしばし観る。このハイビジョン映像でみるオーケストラというのは思いもかけない印象を与えてくれる、それは音楽より演奏者の表情や仕草がやたらリアルで鮮明に見えるためついそれぞれのしとの背景や人格や生活に思いが行ってしまう。オーケストラの60人を超えるかというこの楽器演奏の達人たちが一曲の演奏にあたって何を思い描いているのだろうかと興味がつきない。
 たしかに作曲者はヒンデミットでそれは五線紙に記録されているのだろうが今聴いている音楽は間違いなく彼ら演奏者の創出物なのだと思うと、ついそちらに目がいってしまう。しかしこれって木を見て森を見ていないということになるのかなぁと映像を見ながらふと思った。見えなくても良いものもあるのかも知れない。STOP なにやらクラシックづいていて、深夜には神尾真由子さんの昨年8月のチャイコフスキー国際コンクール優勝記念コンサートを視聴、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47とチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35の2曲をほれぼれと聴きいってしまった。さすが世界一のバイオリン奏者と納得、オーケストラの中に浮かび出るその音色の美しさといったら例えようもない存在感を示している。先の文に書いた通り後半は映像を見ずに聴いた。ちなみに拙者はチャイコフスキーのほうが好きだ、ためいきさえ出る。内なる琴線を直に響かす音楽だ。
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月18日(日) No.1717 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

相模川。


click

_5月らしい陽気となった今日、昼から近くの相模川に出かけた。鮎解禁前でちらほら様子見や場所取りに来ているしとたちもいた。薄日も差してぽかぽかと暖かいので護岸に椅子を置いてしばし流れを見ていた。ヒラを返す小魚がたくさんいるので、それではと細竿を取り出し戯れに川釣りをしていると漁協の巡回員が来て、日券を買おうとしたところ、いや、今日は結構です、サービスしておきますと、あはっ、粋なことするもんだ。
_その間、電話数件あり来週の予定をおおまかに決めたのだが三日間くらいはシゴトをしなくちゃいけないようだ。
_帰りに、昨日チラ見したTVの料理番組でやっていたヒジキと牛肉の佃煮風ってのを作ろうと材料を買った。ご飯に良くあって作り置きが利くというのでその気になったのだ。帰宅後、早速作ってみたが、なかなか良い感じに出来たのだが今夜は外食ですましたので戴くのは明日だ。
STOPweb拍手_ブーイングも  履歴

2008年05月17日(土) No.1716 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

延滞金。


_昨日の日記で書いたDVDの返し忘れでの延滞金について回答があり、予想通りの内容ではあったのだが、実情は各店舗の判断で本体の販売定価価格を超えるような額になった時点でそれ以上の取り立てをせずに穏便にことを済ませているらしい。しかし多くの善良なる利用者はそういう場合、高いなぁと思いつつ自分がいけないと請求通り払っているようだ、拙者もそうだから。
_一方的に通常価格で貸し出すことになる店側にとってはおいしい仕組みだ。理由はともあれ、ボロ儲けする仕組みは真っ当な企業がやっちゃいけない。携帯電話会社にも言えるな、おそらくは良心的なサービスが出た時点で修正するんだろうが、あこぎだ。 STOP
web拍手_ブーイングも  履歴
2008年05月16日(金) No.1715 (雑感::些細なこと。)
Comment(0) Trackback(0)

晴れたぁ〜♪


click

_今朝は4:30に起きて目覚まし時計と携帯電話のアラームを止める、遊びの時はいつも早起きだ。天気図で見る関東地方は雲もなく風も凪いでいるようだ。
_行き先は湘南、茅ヶ崎の釣り舟「沖右エ門丸」、再度鯛に挑戦なのだ、が、潮回りが良くないのか船中皆にあたりが少なく、ちと退屈な一日となった。しかし、そこはそれ、拙者のこと、小振りではあるがかわいらしいピンクの小鯛を一尾、しっかりと上げてきたのだ、ぐふふ。放流しようかと思ったのだが船長がキープというので、ちょうど塩焼きでいただくのに良いかと持ち帰った。しっかし、海の上は気持ち良かったなぁ。STOP
_帰宅前に返却日を忘れていたDVDを返しに行って驚いたことがある。まぁ、拙者が世間知らずと言っちゃぁそれまでだが、なんとなく商売の倫理に反している感じがして不愉快な思いであった。一巻、7泊8日で200円のモノが一日延滞で315円なのだという、単純計算で元の12倍の値段になる、料金表に書いてあるでしょって、がはは。これって無断駐車100万円戴きますとか、あるいは10日で一割の利息などと同様に暴利に属する考え方だ、よくトラブルが起きないものだ。いや、返却日を忘れるしとなどいないということだろうな。
STOP
web拍手_ブーイングも  履歴




2008年05月15日(木) No.1714 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

空回り。


 今朝8:00起床、終日部屋に籠もり何してたかというと昨年から今日までの領収書の整理。自営でやることにしてから方法は決めていたのだが如何せんズボラなせいで無造作に積み上げたままだったのを、今日のこの日をチャンスとばかり、なにも考えることなく仕分けに及んだ。

 ホントにな〜んにも思い浮かばない、奇妙な感覚だ。ただひとつ、昨年の今日、午前9時頃、手術室に入る直前に「なんか、怖い。」と一言訴えかけていたあの眼差しが、まざまざと脳裏によみがえる。その瞬間、大丈夫といいながらも直観的に終わりだと感じたことも。。(中断)

 今、25:00丁度、就寝前に再度PCに向かう。昔のアルバムから10枚ほどをデジタル保存。明日はようやく好天とのことで海に出ようと決めた。で、チェット・ベイカーのラスト・コンサートを掛けながら寝ることに。

2008年05月14日(水) No.1713 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

即興、アドリブ。


 今、閑暇に読み返している本にA.シェーンベルグの「和声法」がある。1948年に彼が南カルフォルニア大学で作曲学科の学生の知識の無さに憤慨し、教本として書きしたためたもので邦訳は上田昭さんにより10年経てなされている。若者が勉強しないというのはいつの時代も同じらしい、といいつつ、極少数は大人の教えとは無関係に道を切り開いてきているわけだ。
 この教書の面白さは彼の古典のアナライズが解かり易いことで、音楽表現についての的確な姿勢が明確に示されてもいる。作曲技法とかハウ・ツー本などではないのだ。ただひとつ不満があるのは邦訳の段階で一番肝心な「region」を日本語にしていなかったこと、同じ様に要となるキーワードのいくつかを原語のままにしている。岡潔さんがよく言われていた民族の起源の違いによる情緒の相違を思えばこういった邦訳は意味を成さないのだ。この「region」というニュアンスは、ある楽曲の主調が支配されている、あるいは支配している範囲のことでありそのように明記してもおかしくないのになぜ「region」のままなのか疑問だ。「領域」と訳しても別段不具合ではない。「substitute」、「transformation」、「period」や「sequence」もそうだ。
 近年のIT関連の書籍にもよく見られた現象で訳者の日本語力、翻訳の能力を疑ってしまう、無責任だ。造語してでも意味を感じ取れる文章にすべきで、明治大正期の学者を見習うべきだ。知識に欠けるのは若者ではなく教える大人だ。訳した本人も理解していないのではと失礼なことを思ってしまう。説明というのはありとあらゆる比喩や例えを示すことが肝心なのだから。
 ちと脱線したが、この御本、その中の一文に即興についてのことがあり改めて感慨を深くしたのだ。曰く、

『即興の優劣は、その念入りなことよりも、むしろインスピレーションの直接性と活気にかかっているのである。もちろん、書かれた作曲と即興の作曲の違いは、制作のスピードであり、相対的な問題ではある。したがって、即興曲も、幸運な条件のもとでは、注意深く書き上げられた労作のもつ深みを得ることができる場合もあろう。一般的にいって即興は、厳密に知的な能力を用いる場合より、ずっと想像力と情緒を通じ主題と取り組むことになろう。』

もちろん、この時期モダンジャズの創成期でありこの一文はあくまでもクラシック音楽での話しではあるのだが、まさにパーカーやパウエル、ドルフィーなどは想像力と情緒においてそれを現実のものとして具現化したのだと思っている。それは新しいサウンド、響きでもあったわけだ。
2008年05月13日(火) No.1712 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

こころ穏やかな日々。


 このところ我ながら、ボーっとしているような感じがしていて、これが無我無心の境地というものであればスゴイと思うが、普通こういうのは廃人というのじゃないのかとも思っている。しかし不思議なほど心が穏やかなことに新鮮な感覚を得る、今週は鎮魂帰神、これで良いのだ。
 水槽を飾ろうと思い立ってから随分経つが、今日、物置から小さい方の水槽を引っ張り出し、きれいに水洗いして準備した。
 カーネーションの蕾が日に日に開花して全体の様子が変わるのが面白い、咲ききった花を摘むことで蕾の開花を促すのだと聞いていたので忠実に行っているせいだろうな。
 長三度チューニングを落としたギターを弾いて音を楽しむ、最近覚えたたしなみだ。構造上、正確な音階とはならないが指に優しい、あは。
STOP

click  なにげに見ていたYoutubeのトロンボーンでこの曲が30数年前のアービー・グリーンのアルバムと同じ編曲とそっくりのソロで公開されていた。ジグス・ウィガムさん、昨年のイベント・コンサートだという。大好きの上に超がつくほどの演奏で当時カセットテープレコーダで四六時中聴いていた中の一曲だ。拙者にとっては最高に豪華で美味しいサウンドなのだ。

「If he walked into my life」。ミュージカル「メイム」の中の曲でジェリー・ハーマンの作詞作曲。(Lyrics & Music : Jerry Herman)



web拍手_ブーイングも  履歴

2008年05月13日(火) No.1709 (ブログ::日記)
Comment(2) Trackback(0)

早起き。


_今朝、5:00前に起き一応の予定を立て6:30頃家を出る。昨日電話のあった友人が狭山湖の近くということで日中は相模川と多摩川の釣り場探索をしようと思ったのだ。曇り空で気温も低く、あまり良いところは見つからないまま夕刻には先方に到着し久しく話をする。一回り上というのは勘違いで四歳年上だったのだがまぁ元気なこと、会社二つを切り盛りしておられる。拙者がたまに利用する工場が近くだと知り驚いた。
_天気が良ければ一泊して狭山湖から奥多摩方面へ行くつもりだったが、台風の影響でどうにも雲行きが怪しい。で、天気の良い日にまた寄らせてもらうことにして帰ってきた。STOP_もう台風だなんて早いものだ。ニュースに出た四川省の大地震、震源の深さ10km、M7.8って関東大震災なみだ。まだ情報不足で分からないが断片的に見る報道映像で意外と火災が起きていないのは不幸中の幸いか。
web拍手_ブーイングも  履歴


2008年05月12日(月) No.1708 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

篤心あふれる一日。


click

_今朝、9:00起床し斎戒沐浴って訳じゃないが朝ぶろを使う。昼前には調布のお寺に向かい一周忌を淡々と奉じる。しばし住職とお話が出来て気持ちが安らぐ、お若いのにやはり信心のたまものか実に思慮深い話し方をされる。そのせいかなんとなく殊勝な心地になり、雨も止んだことだしと近くの深大寺を散策して帰って来た。
_神代植物公園へは良く来ていたので周辺地理にはあかるいのだがこの名刹の境内には入ったことがなかったのだが今日は寄道してよかったなぁ、見るものすべてが善く見える。深大寺そばも美味しかったし。
_夜帰宅してすぐに拙者の一回りも上になる先輩から電話あり、2,3日中に会うことに。

STOP
web拍手_ブーイングも_履歴


2008年05月11日(日) No.1707 (ブログ::日記)
Trackback(0)

冷たい雨。


_今朝は7:30にしゃきっと起き、8:30シゴトに出発。雨なのであまり遊びのことは頭に浮かばない。で、今11:00、時間待ちのあいだの携帯更新なのだ。
_今日は気温が15℃を下回るほどの冷え込みで昨日に比べ10度も低い。カーネーションを帰りに買おう、明日は母の日だが起源は19世紀の米国の女性にあるのだというのだが善い習慣だと思っている。STOP

click

_郊外を走っていて植栽農家のやっている園芸店に立ち寄り、カーネーションを求めた。若いご夫婦と多分そこのあばあちゃんが店番をしていて、いろいろ選んでくれ、長持ちさせるあれこれを懇切丁寧に教えてくれたりした。拙者の場合は白い花と思っていたのだが最近は白を置いていないと言っていた。代わりに薄黄のものや白と他色の混じったものが出るという。結局、白に近いベージュ色のようなものを2鉢まとめてもらったのだが、これがなかなかに豪華な感じがして気持ちが奮い立つ思いであった。ただ、帰る車中では去年の母の日のことばかり頭に浮かび、それでなくても雨のドライブ、危ない運転でやっとの帰宅だった。

STOP

click

_昼のシゴトが例によって待ち時間の多いものだったので小雨に濡れながらも可憐に咲く花の写真を写して時間をつぶす。見るからに寒そうだった。click

web拍手_ブーイングも  履歴



2008年05月10日(土) No.1706 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

茅ヶ崎、沖右エ門丸。


 今朝は早起き、4:00。目指すは湘南、茅ヶ崎の遊漁船「沖右エ門丸」。鯛を釣ってやろうと出かけたのだが、残念、しかしびっくりするような大鯖が6本ほど上がりまぁ面白かった。沖釣りで乗り合いというのは初めてだったが平日ということもあってか客は6人ほどで一日中薄日の差す穏やかな海で余裕の釣りだった。午後2時にはあがり、帰路、前から一度寄ってみたいと思っていた「海老名運動公園」というところに寄り道、相模川沿いにあるかなり広い公園でぶらぶら散歩を一時間以上も。残念だったのはデジカメを忘れて出てきたこと。

 昨日、サーバー機にFireFoxをインストールしたのだが、サーバーの調子が良くない。時々レスポンスが異常に遅くなる。とりあえず一昨日の状態にもどしたが原因不明だ。

 夜、サバを捌くもこの時期のものはぱさぱさで実に不味い。産卵期ということでまるまると太っているが脂っけなしで、草臥れ損だった。やはりサバは秋。
STOP

web拍手_ブーイングも  履歴



2008年05月09日(金) No.1705 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

特になし。


click

 雨こそ降らないがはっきりしない空模様、今朝は7:30起きるも午前中に数本の電話を受けるが急ぎということではないので、昼からは相模川に出かける。
 ぶっ込み仕掛けで鯉でもと、置き竿にしてのんびりと時間をやり過ごす。
小さな「にごい」が掛ったきりで、なぜかその間、電話が何度もかかってきてなんとなくシゴトの方に気持ちが傾いたのでじき帰宅、途中各種野菜を買い込む。夕方より少しシゴト。
 早いもので、もうすぐカミさんの一周忌、心ざわつく。
明日こそ海にデヨット。

画像は「wavemypic.com」さんところでのLake-Effect加工、良くできてるなぁ。
STOP
web拍手_ブーイングも  履歴




2008年05月08日(木) No.1704 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

できるかなぁ。。。途中。。。デキタ。


 gooのブログサービスにあった「ドングリと山猫::BLOG」さんの記事に、記述するイベントに変数が使えるという情報があって早速ためしてみた。
 あはっ、これは楽チン、スクリプトがかなりシンプルになる。
一つ目のはアラートにクリック・イベントでファイル名を変えるテスト、で、下がその応用編というわけで、とりあえずvistaもIE7ではうまく行った。

STOP



♪〜これがクリック・チェンジの出来上がり、先月末頃の高尾方面での桜と草花いろいろ、相変わらず名前に疎い。
スクリプトに興味あるしと、ソース表示して"1.jpg"のある行を検索してみてください。

調べたところやはりこの記述はI.Eのみ有効みたいだ。opera,firefoxなどでは変数を認識してくれない。2割の方には無用の手法だが、こういった機能は取り入れてもよかろうに。marqueeなんかもね。意外だったのはRealPlayerのブラウジングがO.Kだったということ。
STOP
web拍手_ブーイングも  履歴



2008年05月07日(水) No.1702 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

ブランク。


click

 もともと、さして上手ではなかったゴルフ、100を切るかきらないかの頃で止めちゃってるわけだからして、十数年ぶりに振るクラブに最初のうちはボールが当たってくれないので冷や汗ものだった。午後からは日差しもきついほどの好天となり地元の練習場に向かう途中、公園で近所の子供たちの姿を見つけ、これ幸いとしとの居る風景に挑む。今日で連休も終わりだが、昆虫採集のようだったが何を捕らえたのかなぁ、なんともナツカシイ光景ではある。

しっかし、運動して汗かくなんざぁ久し振りのことだが握力が随分と低下していることを実感した。
STOP click
STOP タイミング良くバスケットボールで遊ぶ子も現れ、動く被写体の練習もしてみたが、これは難しい、自動ではとても無理だ。あらかじめピントを合わせておいて飛んでくるボールを写せばよいと、、あとで思った。
click

web拍手_ブーイングも  履歴



2008年05月06日(火) No.1701 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

「Going My Way」


click

_今朝7:30起床、海に行くはずだったのだが朝食に具沢山のオムレツをと作りだしたところ、食した後に調味料や冷蔵庫の中の整理にハマってしまいあっというまにお昼になってしまった。で、出発の用意をしていたところBS放送でビング・クロスビー主演の'44年の映画「我が道を行く」が放映されており、あれっという感じでつい全編観る破目に、いやぁ〜、しっとりとした内容で良かったなぁ、ときには感傷なくしては人間だめだね。第17回オスカーで4部門獲得している秀作だと知ったが、昔はこのような映画には鼻もひっかけなかったことを思うと感慨深いものがある。こうしてみると今の世の中、娯楽に満ち満ちているなぁとつくずく思う。
_この映画の舞台になっているような地域に根ずいた教会や、あるいはお寺、神社など、宗教にはいまだ反発する拙者ではあるが、とても良い空間だと思っている。指導している方の「毒されていない良識」によるものに違いない。

click

_劇中、献金からゴルフ・ボールの代金をくすねて(?)、老神父をゴルフに誘い出す下りがあって、あぁ〜、ゴルフもいいもんだと、またぞろ思い始め埃をかぶっているセットを引っ張り出した。もう十年以上もやっていないが、唐突にコースに行こうと決めた、さて、誰を誘おうか。
 というわけで海は止めて急遽、打ちっぱなしに行くことに、この変わり身の早さはなんなんだ。 



STOP


web拍手_ブーイングも  履歴


2008年05月06日(火) No.1700 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

揚がった、アガッタ。


click

_今朝は9:00起床、午前中は特になにもせずゴロゴロ、天気は曇りで時折黒っぽい雲も流れている。午後、昨日いった相模川に再び出向く。鯉か鮒でも釣ってやろうと途中釣具屋さんによって餌を仕入れる。もう一つの目的の大凧は最初上がっていなかったのだがいっとき風がいい具合になったのだろうか、一斉に5,6本揚がりだした。昨日は強風で一度も揚げなかったのだと後で聞いた、2トンもする大凧じゃぁ無理もない。遠くからだと今のレンズじゃちと苦しい、300mm望遠レンズを買おうかどうか迷っている。

click



_子供の日、鯉のぼりというとやっぱこのイラスト、村松麗子さんの手になるこれは何回みてもオッカシイ。
 



 ♪〜マニアというのはいるもんだ、尊敬してしまう。それにしても拙者も案外たくさん映画を観ているものだと、100本のほとんどに見覚えがある。そしてハヤリに敏感な拙者は3と3の倍数のところはアホな顔して観たのだ。



web拍手_ブーイングも  履歴



2008年05月05日(月) No.1697 (ブログ::日記)
Trackback(0)

写真考。そしてバードのこと。


click
_♪〜The Twilight World 見知らぬ世界、二つの世界。


_今朝は8:00起床、外を見ると曇り空が広がっているものの雨はなさそうだ。相模川には午後から行くことにして朝食のあと、釣竿の手入れなどをする、めずらしいことだが、日曜日って感じ。

 写真について考えた。発明された時、確かにそれまで絵が受け持っていた記録という機能は完全に奪い取ったことは間違いない事実だが、新たなる表現手法として認知されたことも間違いない。いかにも機械的な作業であるにもかからわず、確かに観るしとの心情に訴える多くの作品が創出され続けている。考えてみりゃ絵にしても音楽にしても作る作業そのものは手仕事にかわりないのだが、写真はあらゆる要素を含めてシャッターを押す一瞬に結果が生じるというのが極端だ。

click

誰にでも出来そうで出来ないというのはその辺が大いに関係しているようだ。絵でも音楽でも出だしとか途中で駄目さ加減が容易に露呈するもの。

_天体観測写真や顕微鏡写真では、普段目にすることの出来ない映像を見ることが出来て、驚いたり感激もするが心情に深く入り込むことはまずない。アート足りえないわけだ。
_一方、普通の情景なり光景の一断片が画像として観るしとの心にさざ波を起こすことがよくあり、常にそういう写真を撮るしとが写真家として名を馳せていると思うが、おもしろいのは写真になんら造詣のない素人でも稀にそんな画像を得ることがあるということで、そんな日にゃ我こそはクリエーターと錯覚してもおかしくない、などなど以前は考えもしなかった事柄をおもうこのごろなのだ。

 今日は大凧が見られなかった、遅すぎたのかなぁ。



STOP_昨日観たDVD「BIRD」のこと、全編流れるパーカーの演奏には大満足でC.イーストウッドの感性の好さを見る思いだったが、物語として観た感じで少し後悔しちまったのだ。拙者の中でパーカーは類稀なるジャズミュージシャン、黒人でジャンキーで不摂生がもとで若死しちまったやつというだけで十分だ。
 この映画を作った方々はもちろん、パーカー大好きで畏敬の念さえあって悪気なぞこれっぽっちもないことは重々承知なのだが、見ちまってからこんなこと言うのもとんでもないと思いながらも、表現として彼の演奏以上のなにがあるというのか、そのエピソードや暮らしぶりなぞ刺身のツマにもならない。なにか音楽の講釈を説かれたような気分になったのだ、だはっ、拙者に問題ありだ。音楽家の生涯を描く映画など二度と見ないことにしよう。あぁ〜、あと2本も借りてきている、しまったなぁ、アクションものにすりゃ良かった。
 あの「グレン・ミラー物語」などは娯楽映画、ロマンス映画として一級品だと思うのは脚本が良く出来ていたからだと今でも思う。

web拍手_ブーイングも  履歴


2008年05月04日(日) No.1695 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

一転アウトドアー。


click
F/4.5 S:1/1,250 FL26mm ISO:400

_昨夜はDVDを夜中まで見たせいで今日は9時過ぎまで寝ていた。昼近くには雨もあがり空が明るくなってきたので外に遊びに行くことにした。すぐ近くに森林公園があり、そこで泳いでいるだろう「鯉のぼり」をデジイチの手動操作練習にと考えたのと、明日4日に開催される「大凧まつり」の会場下見がてら相模川で手製のタナゴ用継竿を試そうという魂胆。で、公園のほうはじつに空いていてほとんど貸切状態、いいんだろうかと思うほどの空間を独占したみたいで満足度100%、しかし、このマニュアルで撮影というのは面倒なものだとつくずく思ったのだが、それゆえにハマり込むと面白いのだろうね。 _シャッター速度、ISO感度、絞り具合、ホワイト・バランス、これらを総合して好みの画像を得られる訳だから、やはり熟練の技が必要ということだが趣味とはいえ御苦労なことである。しかし何といっても構図に尽きるのだろうが、一方で写真には記録や記念になどという重要な役割もあるので全自動が普及したのだろうと埒もなく考えたりしている。

click

__F/22 S:1/2,500 FL18mm ISO:800
__ISO800ではやはりノイズが多い。

 その後、R246から厚木市の方に回り相模川にかかる座架依橋の下まで行ってみた。4時を回っていたが時々日も差す穏やかな夕暮れ前のひと時をのんびり水辺で過ごした。

_夕食は昨日買い出ししてきた材料でキッチリ一汁三菜を手作り、素材の数を数えてみたところたまたまだろうが16種類も使っていることに自分でも驚いてしまったが、奇しくも健康番組に出てくるメニューのようだ。その昔、比叡山延暦寺で戴いた精進料理が理想なので今夜はサイコーな感じ。

_TVで黒澤監督特集と称して「椿三十郎」を放映していたので、つい最後まで見たが、これはやはり名作だワ。表現芸術に誇張は必要不可欠だ、リアルなものをよりリアルにということで単にリアルじゃ現実そのまんま、グダグダ。
_♪〜クリント・イーストウッド監督の'88年の映画「BIRD」、もちろんチャーリー・パーカーの生涯を描いたものだが、ラストでニカ男爵夫人宅で急死したバードを視た検視医が電話で推定64歳というのを34歳だとニカ婦人が言い及んだのは実話なのだろうか、今日はもう眠いので後日。

web拍手 ブーイングも  履歴


2008年05月03日(土) No.1694 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

雨もまたよし。


 あはは、予報がどうもドンピシャとは行かないようだがやはり天気はお天道様に聞けってのが精神衛生上良いかも、予報士さんも別に謝るこたぁない、ちょっと違っただけだし、うふふ。
 で、雨模様の今日は夕方に買い物に出ただけでもっぱら引き籠る。どこか行くにしてもこの時期は必ず渋滞部分を通らなくてはいけないのでよほどのことがなければ出かけないのだ、ということで久しく観ていなかたDVDをまとめて借りてきちまった、7巻も。今回初めてジャズマンものを3巻借りてみた。グレン・ミラー物語(ふるっ)からこっち、ジャズマンのものはあまり記憶にない。他は例によってアクションものとサスペンス、他愛ない分面白い。
 抱えていた難題、タイムリミット、解決せず、まぁこういうこともあるわいなと諦観、ちとグヤジー。連休明けまでは忘れようっと。
 気を取り直し、何か月ぶりかでフローリングの水拭きをやった、半分だが。さすが汚れはひどいものだった、残りは明日のお楽しみだ、雨らしいし。STOP 女子テニスのクルム・伊達公子選手、すごいなぁ、10年のブランクもなんのその、6連勝だ、素晴らしいと誉めるべきか今の現役の不甲斐なさを嘆くべきか、微妙なところ。たしかに停滞気味ではあったなぁ。

web拍手 ブーイングも  履歴


2008年05月02日(金) No.1693 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

5月1日、メーデー。


click
イエラスト提供はこちら。

_今日は世界的に一致しているといえる記念日、メーデーだ。米国シカゴの労働組合が一日8時間労働を掲げて立ち上がった労働者の権利獲得運動を始めた日ということだが、ほんの120年位前のことなのだねぇ。自由民主主義というのはホントにまだ歴史の浅いシステムということが良くわかる。この日がヨーロッパなどでの春の祭典日とあいまって世界的に共通する労働者のお祭りとなってきたようだ。労働者の組織的運動はすっかり下火になってしまったが昨今の人民代表者たちの専横を見るにつけ妙な無常観が頭をよぎる、いけないね。
_この「メーデー」は米語の労働祭「May Day」からきているようだが普通にメィディと表記したほうが良いのではと思うが、これだけ定着してしまうと今更だ。米国同様我が国でも国民の祝日となっていないのはイデオロギーに毒されている時代に共産主義臭が強かったせいらしい。

click STOP_北海道佐呂間町、オホーツク海に面した北の国だが、なっ、なんと31.6℃だって、、、驚いたなぁ。あの大雪山系を越える南風のフェーン現象なのだという、マケタ。いや、気温に勝った負けたも無いもんだが東京は24℃ちょっとだから、なんとなくそんな感じということで。観測史上1番といっていたから、事件だ。でも皆さん悲痛な表情でもないし、どちらかというと明るいニュースに感じるのだ。
_しかし、一気に真夏というのもなぁ。STOP_「硫化水素」に関する記事の削除を各プロバイダに要請したというが現時点でまだ簡単に検索できる。そもそも、今市販されている商品で、「何々と混ぜると危険です」とあるようなものを放置していることが問題のようにおもうのだがどうなんだろう、注意書きをすれば良いとは思えない。ともかく容易に危険物を作れるというのは蛮行を生む、銃器もまさにそういった物だ。
web拍手 ブーイングも  履歴


2008年05月01日(木) No.1692 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen