LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ←覧近グゥ〜。
 
■この日記のURL
■本家URL


〜BGMはいかが〜 今週は「Cheek To Cheek」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」

間に合った。


 今年は閏年でよかったなぁ、たのまれていたシゴト、一応2月中とのことだったが今日29日、ぎりぎり間に合ってホットした。外を見るとやけに良い天気ではないか、でももう夕方だし、残念。天気予報を見ると明日も穏やかに晴れそうなので今日のところはおとなしく家でDVDでもみようっと。
 そういえば映画『ライラの冒険』を見にゆかなくっちゃ、もう3月になるんだ。春だ、はる。ウキウキ、なんのこっちゃ。。。

click

 改めて陽が長くなったことに気がついた。夕方5時過ぎなのにまだ日が差している。重い腰をあげ散歩がてら買い物、食糧以外に¥100ショップなど寄って小物入れ用のトレーやらかにやらまたまた余計なものを買ってしまった、そしてフト思いつき切り花などを、サービス品だったがやけにきれいに見えたのだ。部屋の中に花があるとガラリと雰囲気が変わるね、いかにも春が来ます〜って感じがする。
 と、いつの間にかvistaマシンのPC画面が1024x768/60Hzに解像度が下がっていることに気がついた。液晶TVに接続すると自動的にそうなっちゃうようだ。マルチメディアの掛け声からかれこれ20年、も少し足並みがそろうと好いのになぁと思ったのだが気になりマニュアルを見たところ、なに、ちゃんと手動で設定出来るではないか、おみそれしやした、ドット・バイ・ドットなんてモードもあったりする、へぇ〜♪
2008年02月29日(金) No.1593 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

シゴト浸けの一日。


 のんびり構えていたが、いよいよ残り日数が無くなり観念して没頭する。久し振りだが息抜きに大型液晶TVにPCを接続してモニタしてみる。vistaマシンはすんなりと表示されマウスの動きが新鮮に思える。視力が落ちていることだし一瞬これでやろうかなどと考えたりしたが、300Wじゃ電気の無駄使いってものかなと、ヤメヤメ。
 なにか始めるとつい食事のことを忘れてしまう。外食がちだがやはり家で作るものがおいしい、で、このところ凝っている大根のサラダ、ニンジンや玉ねぎ、カイワレも入れ、これにカニカマと生ハムを乗せる。いろいろなドレッシングで食べるのだがみなマッチしておいしい。野菜嫌いがうそのようだ、あはっ。

2008年02月28日(木) No.1592 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

爆弾低気圧。


 と言うらしいが、このところの強風はすさまじい。春一番の後は三寒四温で冬から春に向うのが常だが今年は一寒二温というくらい目まぐるしく気温が変化している、北風と南風が一日交代で吹き荒れているのだ。おかげでちっとも海へは行けず、シゴトするしかないのだが、どうにも時間的に制約がないと集中できない、悪い癖だ。
 事故以来もう九日経っているんだ、イージス艦による漁船撃沈(敢ていう)。痛ましいとしか言葉が出ないが謝罪が迅速になされなかったことに聡明そうな艦長の不徳を見る。いろいろ事情はあるのだろうがどうにも今の官僚たちの優先順位のつけ方はまるで江戸時代にでも戻ったかの印象が強い。

click

 デスクワークの間中BGMで掛けているのは古いアナログLP盤レコードでTrbのジュリアン・プリースターのリーダーアルバム、「キープ・スインギン」なる一枚。極めつけのリズムセクションが過不足無くバックにソロにと参加していてとても落ち着いたアルバムに仕上がっている。じっくりと聴いてももちろん良いのだがBGMでふと耳をそばだてた時でもイイカンジ、なによりノイズが少ないことにも驚いた。
2008年02月27日(水) No.1591 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

やな映画を観てしまった。


click
ABOUT SCHMIDT
(C)2003 NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
ALL RIGHTS RESERVED

 どうもさっぱりシゴトに身が入らない。それほど熱心とは言えないが一応映画ファンと思っているのだが、以前からなぁ〜んとなく見たくないと直感的に感じていたジャック・ニコルソン主演の2003年封切り作品「アバウト シュミット」を観てしまった。現象というか形の上での出来事や状況が自分によく似ていたことに驚くとともにこうも凡庸とも俗ともとれる精神をシリアスに描き出す原作者ルイス・ベグリーはじめ、映画制作した方々の心根に逆に興味を覚えてしまった。秀作との評判にたがわず所どころに埋め込まれているしとの好きずきの違いの根っこの部分がぴりりと出ていて、それには感心してしまった。タイトルに「やな映画」と書いたがそれが凡人であれ天才であれ、老醜をみて気持ちよいやつはいなだろうってことで拙者に言わせると悪趣味につきるのだが、わぁ〜、作者の術中にはまったかな。。
 夕方、サイトの作品案内ページの『お世辞送信冗談フォーム』を改造していて間違って2月分のデータを消してしまいあわてた。幸いバックアップ・フォルダにあったものでほぼ復旧できホッとする。一年間で約750回のクリックだがデータが重くなったので新規に記録することに、そしてこのところ目立つクローラのアクセスはカウントしないようにした。相手が機械じゃありがたくもなんともないもの、あはっ。

 シゴトに戻らなくちゃ。

 気晴らしにブログを書くようになって随分経つが面白みを感じだしたのは電車通勤のときなどに頭の中で文章をつくり手帳に書き留めるようになってからのように思う。なんでもありの雑文という気安さではあるが時にずいぶんと長時間考え込んだ結果の記事もあるのだが、またそれをはぐらかすのも面白いのだ。それで、ふと思い立ったのがブログ人口の中身を調べてみようということ。総務省の統計で3月には大手処の登録者数の集計が公表されるので代表的なところの更新頻度などが判ると動向が見えるのではないかと思う。2005年頃の予想をかなり上回っていることに興味がある。


2008年02月26日(火) No.1590 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

きたぁ〜。


 今日からは少しだけシゴトモードで朝から書類作りに没頭する。外は明るい青空が広がって気分も上々、で郵便物を出しに一歩表に出たとたん、大きなクシャミが出て鼻がむずむずし始める。花粉症だ。
 昨年はほとんど症状が出ず、ひょっとして治ってるのじゃないかと思ったが違ったようだ、拙者のこれは花粉症などという名前が一般的になるずーっと前から年2回、春先と秋に必ず起きるなんとも癪の種なのだが、昔からあれこれ調べていて今確信しているのはその原因にNoxなど車の排気ガスであるということで、古代から存在する杉のせいにしちゃいけないよ。まさに都合の悪い真実だ。
 そういえば先日TVの報道番組で『花粉症を完全に治せるとしたらいくら払えますか』というのがあり2万円から数十万円、はては持っている物全てなんてのもあったりいろいろであった。花粉症のしとの寿命が半分になるとか命にかかわるようだとこんな悠長なことも言っておれないが、ひょっとして花粉症になることが寿命を延ばしているのかも知れないし、まぁ、シャクの種としかいいようがないね、達観、とは云わないか。
 この時期たまに横着して靴下を履いたまま寝てしまうことがありきまって寝苦しさから目を覚ましてしまうのだがその直前に必ずと言っていいほど夢を見るようだ。どんな夢かはほとんど覚えていないのだが不思議な現象だと思う。その道の専門家ではないので科学的なことは解からないが寝苦しいということが夢の発生(?)に大いに関与しているのではなかろうか。
 さすればしとの世の大いなる夢の実現に幾多の苦難がつきまとうというありようも得心できることだ。と、こういう物言いは現象の説明であって意見とか評論では決してない。のーてんきな個人日記ならでは許される戯言だと思う。。


2008年02月25日(月) No.1589 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

天気はいいけれど、風が。


 朝起きて、この天気だし海かとも考えたのだが風が強いつよい。家にごろごろしているのももったいなくて、雲の写真でも撮ろうかと空を見るもこの日に限って雲一つないというタイミングの悪さ、ぐふぅ〜としか言いようがない。昨日依頼されたシゴトでもやりゃぁ良いのに日曜日だからと手をつけないで、差し込む日差しの中、思い出したようにガラクタ整理、これがさっぱりなのだが整理したいのかしたくないのか方針が定かでないのだな、結局のところ。でも、少しずつだが進んではいる、難儀なのは置いた場所をすぐ忘れてしまうことだ。
 そういえば先日訪れた姉のところでそんな話のながれから、上京して部屋の整理をしてやるからなどと云われ、それはかんべんしてくれと丁重にお断りしたものだ。み〜んなきれい好きなのに拙者だけダメなのだ。
 時間があったので思い立ってサイトのページをW3C規格になるように数ページの修正をしてみた。少ない行数のページはすんなりできたが所謂小技を使って遊んでいるページはI.Eのみの仕様だったりするためW3Cにのっとると面白くもなんともなくなってしまう。webでの共通仕様の重要性は十分認識しているのだが、痛しかゆしたぁこのことだなぁ。思うに各ブラウザ特有のタグなどいくつもないのだから頑張って全てを採用する方向に持っていきゃいいのにと勝手なことを考えたりしている。
 午後、N○TのBフレッツ光回線の営業の方が見えられ加入についてのお勧めがあったので回線品質を今のK○○Iさん以上と太鼓判押せますかと意地悪な質問をしてしまった。当初からオフラインに対する責任の無さに疑問を持っていたユーザーとしては、そう質問せずにおられなかったのだよ。おそらくは3年前よりは相当に丈夫な回線になってはいると信じたいのだがね。売るものが良くないと営業の方々はたいへんだ。品質・技術と対応・サービス、そして価格、どれが劣っても淘汰されると思う。み〜んな、知ってくるのだから。

2008年02月24日(日) No.1586 (ブログ::日記)
Comment(2) Trackback(0)

春近しだ。


 今日は気温が上がり、春のように陽気になったが都内から戻る途中の世田谷環八で、午後2時過ぎに一転俄かに全面スモッグが掛ったようなすごい状態になり驚いた。どうやら南風の強風が吹いたようで春一番なのかなぁと思いながらも高速道路ではハンドルが取られそうになるほどだったので、ここは一番慎重にと左車線を80kmで慎重に帰ってきた。強風で横殴りに押されるとドキリとしてしまう、怖いよなぁ。
 残っていたごはんでチャーハンに初挑戦、あはっ、上手にできておいしいこと、満足。で、あの大きい中華鍋で強火にしてはげしく振って炒めるのはこがさないためなのだと理解する、違うかな?
 外ではまるで感じないのに、家にいるときまたぞろ腰が痛むときがある、やはり運動不足かなぁ。健康のための運動なんぞ一生すまいと考えていたがそうも言っておれないか、痛いのはヤだもんな。
 先日来考えていることにどうして拙者の机やテーブルの上が一見してがちゃがちゃと乱雑に見えるかということがある。これはそれこそ物心つく10歳くらいの時から一貫してそうなのだ。というのも先週やっかいになった兄姉の家のどこもがすっきりときれいになっている事を見て、あれ〜ぇ、なんか違うなぁと不肖の弟は思うに至ったわけだ。これは単に無精ということなのだろうね、ことあるごとに必要な物を出してきてということが面倒で常に手の届くところになくちゃならないという。これが心地よいとなると放浪の旅などというのは夢のまた夢、ありえないということだ。
2008年02月23日(土) No.1585 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

見本のようにはいかない。


click
じつにチャーミングだ。
 

あまり触っていないデジカメ、なかなかマスター出来ない。パンフなどのサンプル画像は、それはそれは綺麗に写っていて、すぐにでもそんな写真が撮れるのではと、あわい期待をもっていたが、アマイね。こういうのは何が違うか調べ出すとなかなか大変なことになる、だいたいが楽して良いものを得ようという魂胆が間違っているのだろうとは思うのだが写真というのは不可思議なものだ。良く言う一瞬を切り取るということで、何か特別なエッセンスが加わるように思う。深い感銘を与える写真というものが現実にあるのだから、やはりあこがれるなぁ。

click
 ♪〜額縁は出羽ママさんの。


 ともかく、そうは言いながらも一年に何枚か自分でも偶然としか考えられないような写真が撮れることがあるのだから面白い。それ以外の時の画像を見るときの「だめだぁ〜感」、これはこれで笑える。
 被写体に思いがある場合は画像よりその物に気持ちが向いていて時には実物より近しく思えることがある。風景写真は難しいが好きなものを写すとそれだけで喜びを得られる。このジー・ビー・R-1のモックアップは千歳空港のスカイラウンジに展示してあるのだが、同窓会での皆と遊んでいた中学生の頃にのめり込んでいた模型作りの事がまざまざとよみがえるものの一つだ。
 偶然見たジャズ・ブログで近年のジャズ・ビッグバンドのアルバム紹介に惹かれamazonしたDVDが先日届いて、今日聴いてみた。2005年録音とあるから21世紀のビッグバンドだ、うん、さすがにすごい技術だ。録音技術も信じられぬような進化をとげているのだなぁ。たしかに映画館などでのハリウッド作品の5.1CHサラウンドなどはすごい音響技術とは感じていたが、逆に各楽器の音がこんなにクリアに聞こえることが妙に不自然な感じがしてならない。21世紀のビッグバンドの演奏は拙者にとって心地よい音楽ではあった。あのウイントン・マルサリスの演奏を繰り返し聴きたいと思わないのと似た感触なのだ、困ったもんだなぁ。しかしあのメンバーで1960年前後の名アレンジ作品は聴いてみたいと思った、何といっても楽器演奏の技術は格段の進化をとげている。

2008年02月22日(金) No.1584 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

一日間違ってた。


 今日は木曜日、良く晴れた一日となったが海へは行かなかった、というのも昨日中てっきり今日が金曜日と勘違いしていて午後からの約束を考えていたせいだ。なんてこったい、一日得したのか損したのか。
 サイトの相互リンクにまた一か所貼り付けた、いやぁ〜、驚いたね、世に溢れかえる各種カードを良く調べてある。拙者はカードの多さに辟易しているのだが現状常に持ち歩く必要のあるものだけで20枚位あるのではないか。たまに買うショップの買物カードなどはとても持ち歩けないので衝動買いするたびに損したなぁと感じる。このポイント・カードというのはPTが貯まると物を買えたりキャッシュバックがあったりするのだから限りなく金券であると思うのだが随分と簡単なシステムであるようで大丈夫かなぁと見ている。ハイウエイカードやテレフォンカードでは数十、数百億円単位でかすめ取られていたことがどうしても頭をよぎる。総額が巨大になるときっと悪いことを考えるしとがでてくるね。
 で、午後のいっとき自分の写真をjpegデータにと思い立ちデジカメであれこれやってみる、これがうまくゆかない。いや、モデルが良くないのだろうがレンズの収差か手を伸ばした先1m位からだとどうしても魚眼レンズで見たような中央部が拡大した感じになってしまう。妙に鼻がデカかったり鼻の下が長かったりと鏡でみるのとはずいぶん違う。かれこれ100枚近くチャレンジしたのだが結局、どうにも納得できるものが撮れなかった。きりりとした二枚目とは云わぬがもうちっとまともに写ってもいいんじゃなかろうか、とカメラのせいにする。
   
2008年02月21日(木) No.1583 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

いつまで甘ったれてるんだい。


 今回、羽田〜千歳間の航空機で改めて感じたことに搭乗前の手荷物検査の?と機上でのアナウンスのやかましさ、がある。禁煙が大勢を占めるようになったのはまぁ良いとして、機内に持ち込めるライターは一人一個という意味あいが解らない、なんなんだろう。暴発の心配か、こういうのはばかげているとしか言いようがない。転ばぬ先の杖というより転ばぬ先の十字架みたいなもんだ(たまたま記念にと購入してあった温泉土産のライターがバッグに入っていて没収された、だはっ。)

 そして未だに携帯電話や電子機器の使用禁止ということ、航空機に限らず現在の機械という機械はほとんど電子技術に支えられているのは違いないが微弱電波で誤作動するのはそちらに欠陥ありということなのだよ。医療機器にしてもそうだ、そんな危ういものをいつまでも使ってるんじゃないよと。かくゆう拙者は別に携帯電話など数時間使わなくとも特に不便じゃないのだが電源まで切らされるというのがムッとするだけ。

 携帯電話やデジカメ、mpプレイヤーの微弱電波で落っこちる飛行機ってシンジラレン。一昔前、携帯電話が始まった当初は確かに予期せぬノイズとしてラジコン機器や電子制御機械が誤作動して問題になったことがあったのだが、発信側を規制出来ないままこれだけ普及し多数派となってしまった以上、誤作動防止が当然の努めだろうに。同様に独善的に存在し続けている開かずの踏切などもそうだ。公共交通なのは解かるにしても天下の往来をいつまでもわがもの顔のように遮断していることは正しくない。
 今日は朝からオシゴトの調査と打合せで八王子方面へ、良い天気が続いて気持ちよい。しかし未だ半分旅行気分が抜けていない。お土産に「白い恋人」をあげて大喜びされた、、、はず。
 サッカーの東アジア選手権、対チャイナ戦が始まった。重慶のスタジアム、空席は目立つものの声のでかいシト達だから声援がすごいや。

 あっ、今わがジャパン、先制ゴールだ、やったね。
 
2008年02月20日(水) No.1580 (怒。)
Comment(2) Trackback(0)

離道の日。


click

 5泊6日の今回の旅も最後、北海道は日本晴れ、この季節には稀なほど風も凪いで、空港に向かう高速バスでも車窓からの風景を楽しんだ。今回はホテルには同窓会で一泊したのみであとはすべて兄姉の家に転がり込み勝手気ままに厄介になったのだが、ふと思ったのはまるでフーテンの寅さんみたいだなぁと、あはは。何年経っても年下の弟はそのまんま、当然のように好きなもの御馳走になり風呂上りにくつろいでなんの遠慮もないのだ、これは相手にとって迷惑かなぁなどとまるで考えもしないというのがすごいというか、おっ可笑しい。いわゆる甘ったれなんだろうな、ったく幾つになってもね。そして皆元気で長生きしてほしいなぁと思った一週間だった。

click

 
2008年02月19日(火) No.1579 (うれしいこと)
Comment(0) Trackback(0)

久々の道南地方は、


 気持ち良い青空の1日、朝五時半に目覚めて大浴場にゆく。記憶にある浴場のほの暗い面影はさすがになく、実にきれいなもんだ。もちろんとうの昔に混浴ではなくなっている。泉種が11あったと思ったが表示されているのは9種類のみだった、源泉かけ流しで湯量の豊富なこと、これぞ温泉さっ。

click

 拙者の原風景ともいえる街中をながれるクスリサンベツ川、アイヌ語で「白い水の流れる川」の意。

click

 今回のメインテーマでもあった小学校の100周年記念と同時の閉校、児童数が拙者の時代の十分の一となったのだねぇ、感無量だ。ホテルのラウンジで皆でお茶したあと解散し拙者一人ぶらりとその小学校まで出かけてみた。途中の通学路は急坂で冬は凍結し恰好のそりすべりコースであった。

click

その後観光名所になっているクマ牧場のある山頂にケーブルカーで上がる、いやぁ〜、良い景色を堪能できた。特に一万年前に出来たというまん丸のカルデラ湖、クッタラ湖、世界一の透明度を誇っているという、真夏の遊び場所だった。早くからチップ(ヒメマス)の養殖などしていてそのイケスの中に潜ったり湖畔でキャンプをしたものだ。野生のクマも出没していた。

click

 一望に見渡せる太平洋、本当に良い天気だった。




2008年02月18日(月) No.1578 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

遂にその日。


雪も時折ハラハラと舞う位までになった今日、札幌駅近くで二人の姉と昼食を一緒しようとなり、毎度のことながらご馳走になったあと登別温泉行直行バスにのり見送られて出発、16時頃には到着したのだが途中次第にタイムスリップ感がしてきて退屈しない。

ここが宇宙一の温泉峡、登別温泉、拙者の生まれ故郷だ。さすがに此れだけの年月を経ると一見して誰と判るのはほんの数人だが名を聞いて直ぐに思い出す。

click

宴は相当に盛り上がって寝たのは夜中の3時、まぁ〜話しは尽きない、愉しかったなぁ。さすがに半世紀経ったということで、み〜んなじいさんばあさんだぁ。
100周年を迎えた小学校が昨年廃校になったこともあり感慨無量だ。明日は散歩がてら校舎を見に行くことに。



2008年02月17日(日) No.1577 (うれしいこと)
Comment(0) Trackback(0)

この冬一番。


click

 積もったという札幌の雪、昨夜泊まった少し郊外の住宅街はすごい積もり様だった。早起きの兄は朝から2回も雪かきをしていて、拙者もやらしてといったところ慣れてないシトは腰を痛めるからダメと言われてしまった、ぐふぅ。

click

昼過ぎに降り止んだ一瞬ぶらりと大通り公園に出たのだが雪祭りの雪像跡か小山のような雪があったり、道路脇にこんもりとした雪溜まりなどよそもんには新鮮な光景だ。それなりの覚悟をしているせいか寒さはあまり感じない、不思議なもんだ。

click



2008年02月16日(土) No.1576 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

たくましいや。


click

 昨夜来、札幌はかなりの吹雪、そのなか車で市内を行き来したのだが。なんとなしに普通にみんな走行している、慣れとはいえすごいもんだと感心する。一夜あけて窓の外を見ると隣家の屋根に下がる見事なつらら、久しく忘れていた風景だ。。 今日はお昼に札幌に単身赴任している昔の仕事仲間にあい昼食を一緒した。話題はもっぱら東京とこの地のシゴトのちがい、やはり相当に開きがあるようだ。いわゆる地方格差の出る所以をあれこれと。東京はせちがらいといえばそれまでだがキビシーのだよなぁ。同じ話題が昨夜泊まった義兄の家でも出たものだ。すごしやすいといえば確かにそうだろうし、どちらが良いのか。
 北海道は食い物がうまい、これはまちがいないなぁ、普通に食卓に上がる料理がなんともおいしいよなぁ。昨日食べたおおきな水蛸の刺身にしてもさっきの昼食のしゃけの焼き物にしても味がまるで違う。うらやましいもんだ。
2008年02月15日(金) No.1575 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

テスト


auのブラウザでは写したjpgファイルが送れないようだ。ザンネン。
click
で、着いた着いた、羽田から札幌まで大きな遅れもなく、天気にも恵まれ快適な旅であったが夜になって札幌はおお吹雪、イヤハヤ凄いもんだ。
2008年02月14日(木) No.1574 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

北海道。


click

 ばたばたと旅支度をしていたのだが考えてみりゃ一年前にも行っていたのだし夢膨らむなどということではないのだが、なんといっても遠くへ行くというだけで心弾む、うふふな気持ち、なんなんだろうねぇ。異空間に行くということかな、日常的ではなくなる。で、気がかりは自宅サーバーがもってくれるかどうか、とりあえず再起動などしないようにし普段は同時に立ち上げているアプリケーションを停止させwebサーバーのみにする。昨年、長期にわたり留守したときにはOSのリモートコントロールを出来るようにしていたのだが今回はパソコンなどは持ってゆかないので落っこちたら帰るまでオフラインだが、まっイッカ、てなところでレンタルのDVDを返却していないことに気がつく、これも駅に向かう途中で返せば一件落着、忘れないようにしなくちゃ。
 あとは電話とデジカメの充電器、コートのポケットなどに収まれば手荷物なしとなる。衣類や洗面道具は昔から現地調達ときめていて持ち歩いたことはない。
 今回のメインは生まれ故郷の同窓会なのだ。おそらく一気に半世紀タイムスリップするんだろうな。

2008年02月14日(木) No.1572 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

ショッピング。天気。検索。


click

 今日は久しぶりにデパートなどに行ってのお買いもの、しかし平日のデパートというのはホントに広々とした空間に感じる。地下の食料品売り場が少し混んでいるいるくらいで、衣料品売り場などは閑散とした感じだ。お目当ては明日からの旅行で訪問する方々へのお土産なのだが、なかなかこれはと閃かず難儀したがこういうのはまた楽しいものだ。受け取った相手のコメントを想像したりしてね。こうしてあれこれ迷っている時に売り子さんが声をかけてくるのだがこれは好かない、親切の押し売りはいつの場合でもきらいだ。

click

 どうするああするとメールも何通か入っていてはや旅行気分40%、帰宅後如何に身軽にできるか作戦を練る。以前は空港での手荷物の受け取りを待つのがいやで、すべて機内に持ち込めるようにバッグを工夫したのだが搭乗チェックが細かくなったので荷物があれば預けるようにしたのだが、荷物はないに越したことはない。その点、宅配便の発達は便利なものだと痛感するが、手土産というくらいだから悩んでしまう。手ぶらというのも嫌だし、ぐだぐだ埒もないこと考えている。  
この季節、心配される北帰行での空の便、天気図で見るかぎり大丈夫そうなのは晴れ男としては当然とうそぶいたり、ぐふっ。
 検索エンジンの進歩には目を瞠るものがあるが、直近の検索キーワードをちと調べたところ『YouTube mixi Google 2ちゃんねる 楽天 amazon ニコニコ動画 goo 郵便番号』などだった。拙者も「郵便番号」などはやはりいつも検索からサイトに飛ぶ、ブックマークにするほど頻繁にアクセスしない情報は検索ということになる。我がサイトのコンテンツへの検索からの訪問などもときどき追いかけてみるのだがとても興味深いものがある。曲名で200万件ヒットして一位だったりするとドッキリしたりして。
2008年02月13日(水) No.1571 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ビー・バップ。


 今日は本当なら買い物に出かける予定をしていたのだがどんよりとした雲行きに出鼻をくじかれぐだぐだして出そびれてしまった、ぐふぅ。で、聴いていたのは1950年代後半のビーバップジャズ、このところずーっとそうなのだがパーカーやパウエル、ギャレスピーばかりだ。CDやLPレコードだけでなくYoutubeでの音源も何回となく聴く。ビリー・ホリディなんかもしみじみと聴いている。思うにこのビー・バップのジャズスタイル、手法はやはり抜きんでて確立した音楽表現だということ、パターン化して変化がないなどといい、あれこれ試行錯誤、クールだファンクだモードだフリーだと足掻いたのも悪かぁないが所詮流行、ポップにすぎないなぁ、今聞くと如何にも軽い。その点、このめまぐるしく進行する和音の流れの中に遊びまわるかのように自由に疾走するインプロビゼィション・メロディの美しさと刺激は実に深みのあるものだ。
 おそらくデキシーやスイングジャズまではクラシック音楽奏者でも見よう見まねで簡単に演奏可能だとは思うが、このバップの頃に確立したモダンジャズというのはまるで別世界だ。不思議なものでそう思うとビーバップのプレイヤーの何気ない数小節の旋律やワンノートが異常なほど心に沁み入る。愉快におもうのは彼らは聴衆のためなどに演奏していないということ、絶対に自分の表現欲求に従っている、心貧しいしとたちはそれを自己満足だろうとしか云わないね。媚びることの卑しさは人類4000年、未来永劫変わることのない価値観でもあるなぁ。とにもかくにもそういった作品を味わうことが出来るのは人生の醍醐味にちがいないし幸運ともいえる。もちろん知らなくてもなんら問題があることではないわけで、もっともっと重要なことがあるし、それはシトそれぞれということだ。

 

2008年02月12日(火) No.1568 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

Vistaの検索機能。


 このごろ不便に感じることにWindowsVistaの検索機能がある。これがちっともヒットしてくれない。別に高度な検索などしたくもないのだがファイル名のみの検索でなんでこんなにてこずるのか不思議だ。開発者は何を意図したのか疑問ばかりだ、使い物にならないとはこういう場合に云う。過ぎたるは及ばざるがごとしというのは彼の国にはない格言なのかなぁ。あほらしぃ。
 昨日の記事の続きになるがデジタルカメラでの画像データに付加されるExifデータ、これが各メーカーによって歯抜け状態なのは残念なことだ。せっかく世界共通の情報になるべく制定したのだろうに手抜きとしか思えない。これしきのことを公開できないメーカーというのも情けないなぁ。

click
これがTV画面とは驚きだ。

 午後、シャープ製のデジタル対応TVがやってきて設置してもらったのだが操作リモコンの機能の豊富なことと使い勝手の良さには感心した。あと、PC接続用コネクタのことをちょった聞いてみたがあまり詳しくないのでマニュアルを見てくださいと言われてしまった、そうだよね。高品位テレビといっても目を寄せて見るとドットが解るのだから際限がない、これでもう十二分だ。ちなみに300dpiのCCD分解能のデジカメで映像を撮ってみたところ、おぉ〜、105万画素の画面が相当に奇麗に写る。双方向通信用にLANコネクタが付いていてどう使うかはまだ良く知らないのだがとりあえず宅内のネーットワークに繋いでみた。NICは認識するがポートがあいている様子もない、なにか上手いインターフェースでもないものかなぁ。いやいや、これ以上横着になるのはいけないかな、とりあえずマニュアルでも見てみようか。デジイチのマニュアルも2頁しか見てないってぇのに。

2008年02月11日(月) No.1567 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

一年目点検。


 今日はよく晴れ、車の一年目点検にるんるんと出かけた。一年間で7,000kmちょっとしか走っていない、現役のときには2万km以上の走行距離だったように思う。待ち時間のあいだに昼食、中華レストランで焼き餃子などを。そしてディーラーに隣接する大型電気チェーン店に入りテレビ売り場に行った。長いこと旧型のTVで今の時代にそぐわないなぁと感じつつそれほど視聴するわけでもないと思っていたのだがシゴトを減らして家にいる時間が長くなると良い番組や映画はきれいな画面で見た方が正しいことだと確信するに至り適当なものを物色したのだ。いやはや百花繚乱、大型スクリーンのオンパレード、ホームシアター並みの100インチクラスでもずいぶんと安くなっている。もっとも拙者の場合は食卓テーブルからすぐ近くでちょろちょろ見る程度なのでそんなに大きなものは必要なく、同サイズで液晶画面の画素数に興味がひかれたのだが105万画素と207万画素の違いが視力に劣る自分には区別がつかなかった。この画素数というのはデジカメなどのCCD素子などでの意味合いとは別物のようだ。
 昔から電化製品についてはほとんどプロ並みの器用さでオーディオ機器やテレビなども電気回路図が付いてきていた頃は故障をほとんど直していたものだから、なかなか新製品に切り換わらず、カミサンにもときどきなんとも言えないような表情をされていた覚えがある。大型冷蔵庫、洗濯機、エアコンなんかも実に長持ちしてしまうのだ、メーカーにとっては決して歓迎するユーザーとはいえないね。しかし機能を買うわけだから動いていれば良いわけだが少しづつ進歩するものはやっかいだね、パソコンもそうだが。

click
白っぽい冬の青空をJTrimのヒストグラムでノーマライズした画像。

 そして近くの公園でカメラの操作練習、といっても撮りたいと思うものも見つから無いのだが、そこはそれ、画像の研究ということで葉っぱや青空や鉄骨をいろいろなモードで写し、分析してみたのだが、やはり「AUTO」で撮る画像が一番バランスがよかった、ガックリ。そりゃそうだよなぁ〜。予想通りというか当たり前というかコンデジでなんとか得たいと引くハックしていた精緻な画像は確かに簡単に出来ると分かったものの感激がないのには弱ってしまった。
      

2008年02月10日(日) No.1566 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

曇り空。


 低気圧が4っつも上空にきていてしばらくは冬の曇り空が続きそうだ。関東南部でも夕方から予報にたがわず雪が降ってきた。そしてこの冷え込み様といったら寒い寒い、雪も本格的でこりゃぁ積もるなぁと思い、DVDを返しがてら今日は外食、中華にした。このレンタルのDVD、今日なぞすることないものだから昼間、4本も立て続けに見てしまった、スペクタクル、アクション物ばかりなのだが我ながら呆れけぇったね、一本づつにしなさいよと。
 このところ、メジャーなシーンで活躍している若者の不用意な発言で巻き起こされる騒動が事件のように報道されていていろいろと考えてしまった。ふぅ〜ん、35歳以上の妊婦の羊水は腐ってるんだ、しらなかったなぁ。多分これはお医者さんか誰かが高齢出産の危険性を説く例え話に云ったことの受け売りなのだと思うが、メジャーに位置することは栄光でもあるが制約も限りなく多いものだ。一市井人のつぶやきとは違うのだよね。その昔であればスポーツを含め芸能全般について作品以外が露出することもなかったのだろうが今はしゃべったことすべて公の批判にさらされてしまう。一芸に秀でただけの教養や知性に欠ける輩が、元来貴人の領域であった公の場に並んでしまうのだから周りがよほど手綱をしっかりととらなくては折角の才能をつぶしてしまう。くわばらくわばら、そのまんま東さん、みのもんたさん、皆おもしろいけどヒヤヒヤもんだわ。
 差し歯の具合がとても良い、感謝感謝。 


2008年02月09日(土) No.1565 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

恐る恐る、


 好天は今日までのようだったので、痛む腰を気にしつつ昼前に湘南海岸へ出掛けた、もちろんデジイチで遠景、しかも富士山をとねらっての外出だったが風のないことが災いして彼の山はもやに包まれていて全く絵にならない。同じような構図を携帯電話のカメラで数枚写しとり早々に帰ってきた。
 今日はいよいよ最後の歯科通い、前歯を仮の差し歯から正規バージョンに交換したのだ、思えば4ヵ月かかりという長丁場だった。装着の際、入念な微調整を根気よくやっていただいたおかげで、すこぶる快調、違和感がほとんどない。北海道のおいしいものをしっかり嚙み締めてきてくださいねと言われてしまった、そして2週間後に再度確認のための診療予約をし、買い物などを少し。3連休用にレンタルDVDなども。このところアクション物にハマッテいる。
 夕食後、撮影データの詳細確認や写り具合を見るも、全くこれはというものが無かった、、、みごとだ。良いと思える景観でなければ当然なことだ、ガックリ。
 昨日訪問した「BlueRose」さんブログにあったラブレターの自動作文、これってコロンブスの卵というか、以外とあるようでなかったお遊びプログラムじゃないかなぁ。あの「成分分析」や「脳内メーカー」もそうだったがこちらが何かを投げかけて、なにかしら意味ありげな答えが返ってくるという疑似インタラクティブな体験、おもしろいこと考えるよなぁ。それで思い出したのは昔ワープロなどにあった(今もか)、文章のテンプレート集などのこと、でもその中にラブレターはなかったなぁ、あはは。で、拙者もさっそくやってみたのだが、な〜んかジャンクメールのようで。そのリンクから似た様な手法であったのが「亡くなった貴方に届く最後のメール」というもの、当然これもチャレンジ、でも冗談占いとはいえ、さすがこれは下品だなぁ。
2008年02月08日(金) No.1564 (ブログ)
Comment(0) Trackback(0)

あたたっ、腰が・・・


click
記念すべきふぁーすとしょっと〜♪ちとナサケナイ感じ。

 四日ぶりに良い天気となったのに、今朝起き出したとき腰に違和感がありしばらくすると、痛い痛い、ひどい腰痛だ。動くたびにずきずきとする、あぁ〜、これは歳から来る腰痛だろうなと妙な納得をする。ちょうど2,3年前にカミサンが訴えていたこととたぶん同じことなのだ、おないとしになったからね。
 昨年秋口におきたときは運動不足からと思いしばらくヒンズースクワットなどしていつのまにやら消えうせていたのだが、このところ運動不足ということはないと考えたからだ。おそらくは誰もが遭遇する自然なことなのだと思うが良いことではないなぁ、マッタク。

 輝くばかりの太陽のもと、おにゅーのデジカメのテストに何処かへ出掛けようと思っていたのだが、ヤメヤメ、じっとしてよう、でも一応梱包を解いてセットアップをし、ちょっとだけ操作してみた。画質設定のところでもっとも高画質なものとして「RAW」というものがあり、これは確か印刷に関係する圧縮データだとの記憶があったのだがコーデックをインストールするとMSのウインドウズ・フォトで表示は出来たが拡張子NEF以外での保存が出来ない。画像データそのままということで容量がビットマップデータ並みだが利用価値が今のところ解らない。しかし詳細を見るとdpiが72でしかなく「FINE」モードの300dpiとはどんな関係にあるのか知りたいところだ。ニコン独自の圧縮方式らしいのだがプリンターのモード設定での「RAW」と同じなのかなぁ。このデータは画面の大きさという概念がないということはベクターデータなんだろうな、またまたしりたい病が頭をもたげる、困ったもんだ。
 作家の野坂昭如さんは今どうしているかと調べたところ脳梗塞のリハビリ中だという。1930年生まれだから御歳78才になられる。彼の歳を経てからの言動やアイロニーが好きで良く目にしていたものだがこのところあまり見ないのでどうされたかと。オフィシャルのホームペイジもあったのでしばし閲覧する。更新は2003年頃で終わっているようなのだが興味深く読ませていただいた。その彼にしてから、長生きすることを望んでいるというのが不思議な感じだったのだがそれに続けて「人類の滅亡をこの目で見たい」とあったので納得。ブログなどの無かったころに「胡散臭いもの」としてホームペイジを捉え、認め、日々の一文をメモしていたのを見たのだ。正直なシトは皆好きだ。
 腰痛の記事をアップしたと思ったら即、googleのアドセンス広告にカイロプラクティック関係が出て感心した。全自動的とは云えなんとなくインタラクティブ、双方向の意思表示の感じがやはり面白い。
2008年02月07日(木) No.1561 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

まったく余計なことを、プンプン。


 今朝方、ますたーブログに自動アップデートについてのコメントを書き込んだばかりで、拙者がオシゴトに出かけた後、8:27にサーバー機がリセット・再起動が掛り、帰宅するまでログイン待ちの状態となっていた。
まいったねぇ、これでは、ウインドウズはサーバー用OSとして使えない。自動アップデート機能を止めておけばとも思うがなんとも釈然としない。勝手にシャットダウンさせてしまうというのはハッキングかウイルスにも等しいふるまいだ。何を考えてるんだろう、この有料無料にかからわずパッチを当てていくのが当然のように考える製造者というのはIT産業独特の思考で拙者に言わせるとなんともいい加減でいかがわしいものを売りつけているのかとなる。四六時中、PCの前に居るわけじゃないのだから自動再起動はいけないや、断わってからにしてほしい。
 結局8:27〜15:00の間オフラインだったということで、ちと悔しい思いがする。


 数か月前に更新し携帯電話の契約でもうそれほど通話もしないからと従量制による通話単価の高い内容にしたのがこのところのシゴトし過ぎでばか高い料金となって請求が舞い込む。孫さんももうやる気なくしたのかなぁ、マイクロソフトに身売りして高値安定業界での波風を立てずにいってしまうつもりなのか気になるところだ。つまんないね。


 コンデジを海水浸けにして壊したので代換えになにかと物色していてさる大型DIY店のショウケースに展示されていた数年前の機種CANNON EOS KISSの交換レンズ2本付きセットで4万円を切るというべらぼうなやつ、さっそく店員にたずねたところ展示の現品かぎりで保障は出来ないという、そしてしばらくすると本部からの許可が無いのでお売りすることはできませんときた。えぇ〜、ど〜ゆぅ〜こと?って尋ねてもその1点張り、どうにも腑におちない。あの2本のレンズキットだけでも買うに値したのにと、まぁ店員さんに無理いってもしょうがないのであきらめたが、今日、通り道だったのでもう一度寄ってみたところ展示ケースからなくなっていた。なんなんだろうねぇ。


click

 そのあと、近所のスーパー併設の家電店でコンデジを探していて、目についたのがNikonのD40、レンズキット付きで5万円台というやつ。たしか1年ほど前に買おうかどうしようか迷ったやつだ。自分の写真センスに自信があればデジイチでもプロ仕様の数十万円のものにするのだが如何せんからっきしそれが無いものだから安価なものに目がいってしまう。どぉ〜せ、オアソビと逃げ道を作っておき、半年か1年で壊すか飽きるのだしと自分に言って聞かせ今回はこの軽めのデジイチにする。無駄使いといやぁそうなのだが楽しみとひらめきはプライスレスなのだ。さてと、シゴトのことは忘れて、、マニュアル読まなきゃダメかなぁ、ヤッパリ。
 だいたいからして、拙者が定期訪問するサイトのシトたちは上手すぎると思う。プロのカメラマンじゃないのだからもう少し手を緩めてもいいのではないか。コンデジ画像にしてもあまりきれいに出してびっくりさせないでほしいのだ、、などとぼやきつつ早々の帰宅だった。


 帰る頃、雪がまたぞろ降ってきた。タイヤは当然ノーマルなので積もったりアイスバーンになると危険ではあるがこちらのべたべた雪の道路ではまず絶対にスリップなどしない。もちろん相応の安全注意をはかる。時には安全なところで急ブレーキの具合まで確認するのだ。なんだかんだ言っても北国のシトなのである、雪には負けない、好きじゃないけど。今週はチト『イ重カ』き過ぎだな。最近このような書き方の漢字を時々見かけるのだがこれもアソビか、あまりピンとこないなぁ。



2008年02月06日(水) No.1558 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

労働者。


 もうシゴトは止めと思っているのだが未練がましいというか頼まれごとをこちらの気分でやっているつもりが、やはりシゴトとなると多くのシトとの関わりが否応なしに派生してくる。逆に言えばそれがシゴトという事なのだろうね。
 今週は予想通り、シゴトばかりの感じで次第に機嫌がわるくなる、わがままな拙者なのだが、物事の良し悪しを若い時以上にはっきりさせたいようで、時に正論というのは決して全てのシトにとって都合の良いことではない、と同情しつつも事を捻じ曲げて保身や私利私欲にはしるというのは例え仲間内でも良しとしない頑固な自分がいて、まさに不都合な真実といった塩梅だ。そしてそれらは皆、各人のメンツであったり組織の圧力なのだよねぇ。まぁ、ストレスは活力の源というくらいだから多少の摩擦はよしよしとしなくちゃね。
 それにしても今週はずるずるとシゴトに引きずられそうな感じで、10人20人とコミュニケーション取らざるを得ないわけだからくったびれるよなぁ、なかなかに遊民のポジションを得ることがかなわない。
2008年02月05日(火) No.1557 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

makoさん、出羽ママさん、こちさん。こんばんは。EMUさんも。


 ぐふぅ〜、今午後9:00、ようやくの帰宅、今日は少しばかり遠出のオシゴトだったのですがカー・ナビにすっかりだまされてしまい、随分と遠回りしたもんで予定時間を大幅に過ぎちゃいました。昨日の日記に期せずして同じ頃にコメントがお三方、こういうのって珍しいことなので日記のタイトルにしました(笑)。決して横着なのではないっす。
アップ直前にはEMUさんも、おどろいたなぁ。


>makoさん。四国の旅行記、とってもリキ入っていて良かったです。金丸座も内子座もなつかしく拝見しました。ジャンクメールはnetskyがまん延したときなどは日に2,000件もきてたんですよ、まったく。


>出羽ママさん、いつもこめんとガッツリとありがとう。それにしても良くあれだけ洒落た小技をアップできるものだなぁと感心してます。拙者の抱いていた山形のイメージが180度変わってしまいました、⊂(_ _⊂⌒⊃ ドテッ!!!。


>こちさん、来週は北海道だと周りにいいふらしていますぅ。M.Tさんも、長逗留を勧めてくれたりしていますが去年もたくさん遊んだので今回は4,5日にします。お土産楽しみにしていてね。


>EMU。さんのコメントも入ってきて、びっくり。雪が降るんじゃなかろうかって、もう降ったんだよね、あはは。今日は丸一日シゴト三昧でさすがにくたびれますが周りのやつらはしんじさんは若いワカイというもんだから直ぐ調子に乗ってしまう。

2008年02月04日(月) No.1556 (ブログ)
Comment(0) Trackback(0)

積もった。


click

 今日の節分の日、予報通り多めの雪となりまだ降り続いている。道路にも積もっている、少しだけれど。おとなしく家に引っ込んでいよう。

と思っている矢先、車のディーラーから電話あり予約の定期点検を日延べしましょうかと、あはっ、忘れるところだった。

 携帯電話のカメラで写してメールしたろころ2Mバイトも容量があってびっくりした。

 今週は日中活発に動いたせいか早めに寝ることが多く当然朝は早くなる。しかし通常夜更かしの拙者は決して早起きの習慣はないのだが年寄りは朝が早いというのは早く寝るからだけじゃぁないのかなぁ。。
 家に居てなにか集中してことをなす場合以外はTVをつけっぱなしにしてあるのだが時々不具合なことがある。それは、、
・番組内で玄関チャイムの音、電話の音が家のそれと同じ音の時。
・報道バライティなどでのビデオ放送でその実況に「ただ今午後7時ジャスト、試合開始です。」などとあって、びっくりすることがある。
些細なことではあるけれど、ムッとしたりして、あはは。

click
    ここ2週間の集計。

 今日は時間があるので日頃煩わされているジャンクメールのことを、もうずいぶん前からだが日に500〜1,000件近い迷惑メールのブロックをあれこれ工夫し、まあ遊んでいるといってもいいのだが、排除率を見たりジャンクの経由ispを調べたり、文章の工夫のあれこれを比べたりしていて、今のところ98%位のブロック率で、日常的にはほとんどのジャンクメールに目を通すことはないのだが、今現在、世間一般的にこの電子メールというものがどう認識されているのかと気になった。拙者としてはとうの昔にその親書としての信頼性などは一切認めておらず、伝言程度かデータ送信の道具としてしか使ってきていないし、基本的には受信先指定でどうしてもメールでというときには時間限定でと、決して便利なものとは思っていない。リアルタイムでのメールの送受信などは愚の骨頂とさえ思う。そういえば電話もそうなりつつあって非通知の場合は通知のお願いをしているから本当に連絡を取りたい方には不通ということはない。

 ジャンクメールの癪にさわるのはメールサーバーまではどうしても届いてしまうということで、新たな法律が出来て中継サーバーへの規制がなされるようだ。インターネットに対する規制というのは痛しかゆしなのだが、こと迷惑メールについては大賛成だ。ひとつ不思議に思っていることがあるのだがやたらめったら飛び交うジャンクメールに「世界に平和を」とか「義捐金のお願い」とかいわゆる善意の呼びかけが皆無ということに、送り出しているであろうシト達というのは狭い範囲のチープな方々で決して多種多様ではないなぁと思い至るのだ。そのうちには現れるのかも。
 これも迷惑なのだが郵便受けに連日入ってくるDMやチラシの類ではまれに善意の呼びかけがあったりもする。

 雪が止まないねぇ...

 午後、とあるところから緊急要請の電話があるもこの雪ゆえかんべんしてもらった、軟弱な拙者であった。滑り止め持っていなのだから止むを得ないと自己弁護。


2008年02月03日(日) No.1551 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

知的水準。


 今日はぼーっと一日家にいて溺れたコンデジを分解したりしていたのだが見るとはなしに目にとまった再放送だろうか、TV番組で「爆笑学問」というバライティなのかなんなのかわからないが「お笑い」の「爆笑問題」が司会する座談番組で「新春爆笑学問」なるものを見ていて出演者の錚々たる肩書きとその語る話の程度の低さに唖然としてしまった。エラソーに、と批難されるを承知の上でのつぶやきなのだが、拙者は言うなれば一種「学問ファン」であって心底ひれ伏すような知識に出会うことを無上の喜びとしているのだが、大きな組織に属する人間に抜きんでた何物かを期待するほうが無理というものだ。が、すくなくとも我が国の最高学府の指導者ならもうすこし説得力がなければ心細い、あまりにも普通にすぎるというか、小役人然としているのだ、つまんないの一言につきる。この2,30年間で様変わりしてしまったようだ。それを引き出すあの「太田光」ってのは異才のシトだ、まんまと引っ掛かる学者というのも普通に過ぎる。にこにこ笑って空虚な研究ごっこで時間を過ごすんじゃないよと突っ込みたくなった。
マスコミに露出する政治家などもそうだが毅然としたところがさっぱりないというのは不安になる。阿るというのは自信の無さを見透かされるものだ、引っこんでいなさい。
2008年02月02日(土) No.1550 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

ひらめいた。


今朝は5:30起床、ちと早いが目覚めて、ふっと思いついたことがありそそくさと起き出したのだ。それは、、
 身近な海中のお魚の群れる様子を手軽に見られないかとあれこれ考えていて、手持ちのコンデジの録画機能を使い、透明なビニール袋などに入れて釣り竿の先にぶら下げるという、アホなことなのだが、この透明な袋というのがナイ、ほとんどが半透明なのだ、ずいぶん探しまわりあきらめかけていたさなか、そうだ、ラップにくるんで吊るせば良いのではとひらめき、今朝ほどさっそく浴槽でテスト、あはっ、うまく行きそう。
 透明のアクリル板で防水ケースを作るというのも考えたのだが出し入れやカメラ操作のことを考えると構造が非常に難しい。その点、袋に入れればそのうえから操作できるので簡単と思った次第。
 んなことしていたらバッテリー切れ、しょうがない、午前中はシゴトにしようと殊勝なこと。
 昨日の強い風、海に行かなくてよかったのだが天候についての予想力が富に増しているように感じる。公式の天気予報以上に正確なのだ、まっ、過信といわれてもかまわないのだが昨日の風速などは4m位でやや強いというものだったのだが家を出るときの風の様子ではおそらく日中の海上では8〜10mの強風だろうと想像したところ、まったくその通りであった。レーダーの発達で雲の様子がよく分かるので晴天雨天の予想はめったにはずさない。
  お天気予報士の方がこの20年間くらいの一日の平均気温が曜日によってコンスタントに上下していて、これは人間の活動によるもの以外の何物でもないと云っていたが、確かにそうだ。曜日は自然界の周期とは何ら関係するものではないからね。年間を通じて曜日差は0.7℃くらいあり水、木曜日が高く土曜、日曜が低い。

click

ショック!!

 アクセシビリティのチェックでなんとWindowsXP上のMSIE7でうまく表示されていないのだ。昨年9月には問題なかったのだがどうしたことか。OSでObuntuやPLDで読めないのは構わないのだがまいったなぁ。どなたか詳しいシト、教えてほしい。しかし拙者のXPマシンのMSIE6やVISTAのMSIE7では問題なく表示されている。原因はなんだろうか、気にかかる。画像はクリックで大きく見ることができる。。

 ぎゃはは、大失敗。ひらめきのラップ作戦は30cmばかりの水圧に耐えられず浸水の憂き目に、多分に想定内のドジであった。最初のテストで10秒ほどで引き揚げたところコンデジの液晶が消えており、スイッチ類を押しても引いてもうんともすんとも、れれっとラップを開いてみるとわずかだが海水が中に入ってしまいカメラがフリーズ状態、アウト。あわててバッテリーとメモリを外し強く振ってみたところやはり水滴が出てくるありさま、だめだこりゃと、そのあと少しだけ釣りをして早々に帰宅、電気ヒーターの前にコンデジをかざししばらく乾燥を試みたあとバッテリーとメモリーを装着してスイッチ・オン、あはっ、動いた。でもメモリーがすべて初期化されていて、日時が00:00:00となっていた、そしてときどきおかしな動きも、「auto」にすると電源が切れたりとまともでない、壊れたということか、自業自得。。。
 だいたいが、、、以下八つ当たり・・・
午前中のシゴトがいけない、作ったドキュメントと見積もり書を数枚faxするだけだったのだがアプリケーション・ソフトの連携がうまくいかず送信までいたらないのだ。Excelも腹立たしいが、faxソフトも気に入らない。
 外は抜けるような青空が広がっていて気ばかりあせるが、データがfaxに乗らない、思うに決まった環境設定で使わなければやはりfaxなんざー専用機でなくてはダメということだろうな、ええ〜ぃ、めんどうだ、途中のコンビニで送信しよっと、あわてて出たのも失敗の遠因にあるに間違いナイ。


2008年02月01日(金) No.1545 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen