LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ←覧近グゥ〜。
 
■この日記のURL
■本家URL


〜BGMはいかが〜 今週は「Cheek To Cheek」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」

わぁ〜。


あっという間に30日。オーラス、、、
まいったなぁー。出来てない!
覚悟を決めて、今からスタート。雑念を取り払い
一に集中、二に集中。
競走馬みたいに目隠しがいるね。ぶヒィ〜。

2006年09月30日(土) No.476 (未分類)
Comment(2) Trackback(0)

ぐぅーたら。


今朝は8:00近くまで寝てしまい、さあ今週中にと予定していたことを
やっつけてやると意気込んで出かけたのだ、っが、

・・なぁーんかなぁ〜、気分が褪めて進む感じがしない。
こうなると寝ているのと一緒でまるで世の中が止まってしまう。
実際には時間が止まるはずもないのだから、こんな我儘はないね。夕方ちかく、再チャレンジを試みるも、っま、明日でいっか、、、って。
コリナイヤツ>しんじ。ぐふっ...

click




で、写真写真、、アリマセ〜ン!
しょうがないので流用。クリス・コナーのLPジャケット。


click



2006年09月29日(金) No.475 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

どちらがカイカン?


click


今朝は6:00起床、7:00に出発し会社へ。今日はイイ天気でした。シゴトは早めに切り上げて帰路に。最近は疲れないようにと車での移動にし、走ってる間中音楽を聴いている。気分によって5枚ほどのCDをとっかえひっかえなのだが、今日はなぜか桑田圭介・サザンの「東京」。これをバド・パウエルやイーグルスやチェット・ベイカーなどと一緒の一枚に入れている。特にR246など都心部の幹線道路を走っているときにぴったりとくる。特異な才能だなぁと感心することしきり。手を付け出した新曲にいまひとつ気乗りしないところがあり。聴く快感に逆らえない。音楽は聴くほうがよほど上等なことなのかなぁ。
無駄な抵抗は止めにして素直に聞こう。

そして。 ・・まともなカメラが来るまでは今のトイ・カメラで練習だ。
しっかし、写真も一緒だぁ〜。美しい画像を見ているほうが楽しいや。
んなこと思っていると、そういや能動と受動、男と女などなどあらぬ方向に思考が飛んでいってしまった。

click




すいている時の三軒茶屋から用賀付近までの3号線は下六車線、上四車線の計10車線という太さ。これといって脈絡があるわけでないが、かれの歌う「むなしぃ〜」というフレーズが妙にぴったりくるのだ。

最初の画像は東名高速の防音壁。一種、網目模様になるのかなぁ、幾何学模様に見え、なんともいいようのない美しさだ。

2006年09月28日(木) No.470 (音楽全般)
Comment(4) Trackback(0)

一年、おわり。


click


 わが社は9月決算とあって、本日おきまりの期末会議。好きなことだけやらせて頂くと決めて会社に残ったわけではあるが、果たしてどうであったのか。自問自答の一日だった。実は一月前に退社を申し出ていたのだが、いずこも同様、マンパワーの不足は深刻で、辞めるなんてとんでもないとけんもほろほろ、いろいろ理由など考えていたのだがどうにも優柔不断でスパッと縁を切ることが出来ない、情に流される。好きなことだけという仕事もおかしな話でそんなものあるわけないやね。シゴトするかしないかどっちかしかないわけで
イケナイコトに、ずーっとやってきた今の仕事は遊び以上に面白かったものだから始末悪い。一年前に残るときめた時、皆に宣言したのは、「拙者に頼っちゃだめですよ」、ということと、「残ってるだけで何もせんよ」と横柄な爺ぶりでどれだけ無責任になれるかやってみようとしたのだが。。。
このバカの天井は破るのが難しそうだ。

帰宅したのが22:00過ぎていて、たまたまTVにあの赤瀬川原平さんが。1937年生まれなのでもう69歳になられるが、あのひょうひょうぶりは昔と変わることなく、一見穏やかな方なのですが自分の知る限りでは学生時分から根っこに徹底した天邪鬼精神、反骨、アバンギャルドが染込んでいて、大好きな作家の一人なのだ。インタビューに答えて、

「ようやく苦もなく忘れられるようになった」とか
「やっと力まなくなってきた」とか
「財布なしで電車にのっても慌てる事のない自分が大物に思える」とか
「優柔不断というのは字面からして本当は褒め言葉だろう」などなど、

意気軒昂など恥ずかしく思えるほどスバラシイ。click
2006年09月27日(水) No.465 (未分類)
Comment(2) Trackback(0)

30年の時を経て。


click



昨日までガンバリスギと思い、今日と明日を入れ替え一日休み。で、出てきていたカセット・テープの中にダビング前のマスターテープのコピーが見つかった。録音日がちょうど30年前の11月。再生するとワーァ〜〜ット時代がトリップ。当時の仲間が頭の中に全員集合ってな感じで30年間というのは長いようだけどホント、あっというまのことなのだ。
click

PHOTOは昨日の、蚊に刺されながらの一枚。ちょうど封印という言葉にぴったりと思い。でもー、Tバックに見えたりするしぃ。変?

2006年09月26日(火) No.464 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

かっ、蚊、かっ。


今朝は、ばかっぱやく起き、ゆっくりと朝ごはんのあと会社へ。休みの間にまとめたシステムを社内のユーザー5人ほどに入れ、ファイルサーバーも立ち上げる。快調、カイチョー、すいすいとアクセス出来る。そういや自宅のLAN内にぶら下がってるマシンはいずれも型落ちのぽんこつだし、当然か。気分良くして昼過ぎには横浜方面での打ち合わせのため早々に社を出る。短時間の話であったので4時前には家の近くまで戻ってきたので、帰社せず、日没前に近くの森林公園を散歩して写真ネタなどないものかと寄り道。

click

これが大失敗。森の中はすこし暗くなり始めていて、人っ子ひとり居らずなんかいやな予感がしたのだが、これが的中。なんと蚊の大群に刺されまくってしまった。黒い夏物の薄手のスーツごしに20箇所くらい刺されて写真もそこそこ走って逃げ出してきた。この間、5分くらい(ハヤッ!)。蚊を払いながらも写した画像がこれ。ピンボケのいいわけにはなるなぁ、プッ。
2006年09月25日(月) No.459 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

きりないやっ、


今日は昨日から、ノンストップでの自宅作業ってったって、バカだねぇ〜と
ふと思ったりする。あれこれやりすぎだって、ぜったい。

半年ぶりにフツフツと湧き上がる音楽魂、自宅サーバー機種入替え増強、社内DBの構築に加えデジタル写真をなんとかキレイに撮りたいとあっていずれもがネットと直結状態なものだから、ひとつ不具合がでるとあれもこれもで、頭の中がホワイトソックス。バーン状態。click

click
白にも色々。?


つかいなれたシーケンサソフトSSWがどうもXPや2Kと折り合い悪くバグってしまう。音造りはじめてこれにあうと、がっくりきてしまう。よほど拙者の使い方が乱暴なのかな。んでもって、修復に何時間もかかってしまう。まったく一人相撲とはいいえて妙だ。

シゴトに関係することではLAN内ファイル・サーバーは結局あれこれ考え、アプリケーションにMSオフィスを使い、VBで細工したもので行くことにした。
グループ・ウエアの類や汎用システムは昔から好でないという勝手な理由と皆さん使い慣れてるし、安定しているしデータサイズからいっても今の速度と調度合う。主な処理内容は出来たのだがいじっているとあれもこれもと小細工したくなるいけない癖が出てきて、せっかくの行楽シーズンもこれじゃ、引きこもり状態だぁ〜。

そして今日、作ったのがユーザー向けのQ&A。もうさすが一々説明する根気はないとの自覚から、出てくるであろうトラブルをどうするか羅列していったもの。これを何人か詳しいしとに渡しておきゃあとはノータッチ。グッドアイデア

今日、再編成なった自宅サーバー・OS構成は全てWindowsでME/2000、XPSP2x2と4台のPCの合計6ドライブのドキュメントルートを常時切り替え可能にしているのだが、たまに最新がどれか混乱したりする間抜けぶりでもう少しきちんとした運用方法にしなくてはね。

しっかし、もうつかえませーんって持ち込まれるPCの数もハンパじゃなくなり
当初は面白半分なおして喜んでたのだが、せっかくガラクタ処分を決心したのに、なーんかまた増えている感じ。

明日は早いしもうネヨット。
2006年09月24日(日) No.456 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

言葉で奏でるモダンジャズ。


ときどきお邪魔するblogで『Fのブルース』。コメント欄にたまたま「ジャズ・イントロ・クイズ」なる言葉を見たとたん、スキャットとも違う何かを感じた。別なblog小説の中で「宝田里奈」という発音を本人(子供)が舌っ足らづで「タカラララリナ」というエピソードに興味をおぼえていたこともあったようで、

Piano>「タルッ、トゥ〜、トッ・タ〜ン。タルッ、ツゥ-タッ,,タ〜ン。」x4回

ドラムが
Drums>「−−−−−−ストッ、ッタ〜-,ツタッッタァ--トン、デ〜ン、ツ」ってな感じで
入ってくる。

ガーランド&チェンバース&テイラーのご存知「Billy Boy」の名演奏。

先日、このフレーズを『Kind of Blue』ブログに書き込んだはずがどこかに飛んでってしまっていたので再掲。

そういえば、楽器演奏の指導や指揮者は年中これをやってるなぁ。


2006年09月23日(土) No.452 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

とっ、言うわけで<ナニガァ〜♪


今朝は7:00起床、8:00過ぎにユックリ目の出発、めざすは我が社。
一昨日からの懸案のまとめとヒラメキしすてむclick の実験。

たぁ〜っ、click うまくいくときはうまくいくじゃない。
よし、これで往こう!いこう、タッタラッタラ、フニックリグニックラァ〜〜・・・
click

シゴトはまっ、そんなところで、かんじんのジャズのメーキングモード。
これがきましたねぇー、やっと。ちょっと前から予感はあったのだが
いざ、実際に憑依すると自然に声が、音が出てくる、頭の中がミラーボール状態。

でっ、若干冷静に整理しておくと、click

1.アルコでジャムるウッド・ベース、チェンバース風味。

2.言葉で表現するジャズサウンド。
  これは『Kind of Blue』さんとこの
  コメント欄にあった、「モダンジャズ・イントロクイズ」から。
    例えば、・・・

3.ほったらかしにしていた「Summer Time」を創りかえる。
  チェット・ベイカーをずーーっと聴いてきて、突然構成が変わってしまった。

オサエテオサエテ・・・
2006年09月22日(金) No.449 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

これだっ。


click

昨日の日記タイトルのほしいほしいはCanon製品で最新のG7。まだ実物は手にとってみてないのだが、これ良い、絶対イイ。。ホシイほしいホシイHoshii。
駄々っ子だね、こうなると。しかしこれは一眼レフの範疇?コンパクト・デジカメとは一線を隔しているのかいないのか。それとレンズ部は間違いなく引っ込んでくれるのだろうか。。。

click


あれっつ?10月下旬って、、、だめじゃん。このところのハイテンションだと多分待ちきれないな。

click


こんなサンプル画像を見た日にゃ、もーほんとに家で手足をばたばたさせてぐずっちゃいます。3歳くらいの子供に見えるのではないかと、冷静に考える自分もいるが我がパートナーは呆れ顔で相手にしてくれません。ひとこと『買えば!?』とか、なんか冷たい。世のお金持ちと言われる皆さんはすんなりと買うのだろうが、なんたって明るい貧乏生活をこよなく愛する拙者には余分にお金は無いわけで、カッパラウのでなければなにかを犠牲にしなくちゃ買えましぇん。

click


G7を待ちきれないとなると『CanonPowerShotS80』、これっきゃない。
これならますたー。にもからかわれなくて済む、多分。
しかーーーしっ、CCDエンジンの性能にきびしいチェックを入れる身分となった拙者にとって、G7の「DIGIC-掘廚箸いΔ里呂靴犬腓Δ傍い砲覆襦

ん〜〜〜ン、悩ましい。困った、どうしよう、オロオロ。

2006年09月21日(木) No.441 (デジタルカメラ)
Comment(6) Trackback(0)

ほしい、ホシイ、ホシイったらホ・シ・イ。。。。のだ


今、21日(木)の午後2時半くらい。20日は朝から会社でデスクワーク。
夕方から部会(期末なので)ということで、まッ、差し当たりいい加減に資料や中長期方針など乏しい脳みそフル回転させて、、、まとまらないっ。

売り上げのこと、収益のこと、人の事、LAN内部ガイドラインのこと、サーバー管理のこと、データベース管理のこと、新製品のこと、自分のこと、音楽のこと、デジカメのこと。。


click


あれもこれもやってるうち、夕方あたりから異常にテンションが上がってきてもう止まりゃしない。会議のほうはまぁ、各人のこの一年の報告がてら雑談みたいなもんだが、そのながれで一応、IT関連についての方向性を決めた。

じゃ、人は?

やれやれ、またとんでもないことになってしまった。
こんなものは20〜30代の元鬼じゃなく元気な若もんのやることでしょっ。
しかし、拙者ももの好きだからしょうがないや。生涯現役、クーーーッツ。


click

その間に、社内共有リソースのデータベース化のアイデアとサーバー構成がふつふつと頭に。これが始まっちゃうともう奥さん意外の誰にも止められない。
会議の後、居残ってあれこれ始めてしまい気がつくと3:00。まずいよこれ、会議の前に23:00前には帰るコールしてたのだから、どうしよったってモゴモゴ。


click


で、はれてご帰還は4時過ぎ。帰って例のCeleron2.4GHzノート、
ガッツリ、バッチシ直しちゃったもんね。いぇーぃ!
そのPCの前に座りログチェックと思ったのはともかく、ノートのタッチパッドにおでこ付けて寝てもうた。なぜか7:00にぱっちり目が醒め用意してあったダンボール屑を捨てにいき、ヨシ今日は休みと決定。決定ばかりだね。


click


そして、タイトルにあるのは『デジタルきゃめら』のこと。。

結局、本題は明日の日記に。

PHOTOは「敬老の日」に拙者が美味しい『かき揚げ』、ップ、を作った翌日の夕食に出た自称、料理の天才であられる奥方の料理。

こんなん、かなうはづない。年期が圧倒的にアーダコーダモゴモゴ。。。
2006年09月20日(水) No.438 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

感動の一品!


今朝は暗いうちに起きて例のハイスペックPCの修理。9:00過ぎに出発し、会社近くのサービス工場で、先日割られたテールランプの交換をしてもらう。余計な出費、あ〜ぁ。気分転換にドリンク剤でもとドラッグ・ストアに入ったところ、「100円ショップ」併設の店だったので、ItemLooking。

click



そこで感動てきなものを見つけた。\99で。LR2021電池2枚を重ねてのLEDライト。どこで使うかはともかく、なとなく小さいだけで便利な感じがしてヤッパリ買ってしまった。

click



それにしても拙者の携帯(PHSね)廻りは、自分の部屋同様ガラクタだらけ。
んーーーーん、また増えたのはいいが使うのかなぁ。

2006年09月19日(火) No.431 (雑感)
Comment(6) Trackback(0)

自宅サーバー&バーサンの敬老の日の一日。


昨夜は一度寝て、夜中のゴソゴソ起きだして気のなっていたノートPCのチューンアップに取り掛かる。一応金曜日から立ち上げておいてOSに以上無しと思い
サーバー関連アプリをインストール、しか〜〜し、やはり動作がしだいに鈍くなってくる。聞くところによるとHDDを3回ほど入れ替えているというし、増設RAMもあやしい。100MBクラスのファイルを転送中、畏れていたことが起こった。どうやらHDへの遅延書き込みがマッチしておらずレジストリ収納部分がクラッシュしたのだ。致命的エラーだ。セーフモードでかろうじて起動するもパーソナル・個人設定のところで無限ループに入ってしまう。さ・い・あ・く。
よそ様のXP-CDROMでブートし、あとで調べたところ38499番めのファイル「C:/usr/loca/html/lib/Pod/Personal....htm」なるデータがクラッシュしていた。

ハードの他にもプレインストールCD-ROMがなかったり、マキャフィーとシマンテックとノートンのワケワカラン、あっぷりけがごにょごにょ動いていたりしていたのをうまくはずせたと思っていたが、あの辺のソフトもどれだけ有用なのか疑問がぬぐいされない。人のフンドシで相撲取るのはいいがフンドシ取っちゃまずいよ。

そして、サーバーならぬうちのバーサン。拙者の思い違いでニュースなどで聞くと「敬老の日」に対象となる年齢は65歳以上らしい。特に深い理由では無いようだが線引きはともかく年長者を敬いなさいという古来からのコンセンサスによることであるようだ。当然のことだとえばってみたが拙者はチョット早いみたい。かみさんもまだだ。しかし有言実行の自分は今日、果敢にも調理にチャレンジしたのだ。午後から保護者同伴(売り場が分からない)で仕込みに出かけ「海鮮かき揚げ丼」の素材を求める。


click

戻って早々にテキパキと捌き始めたが、ヤッパリネ、過保護者がつきっきりでアーダコーダ、うるさいことうるさいこと、ちょっと油断すると手まで出してくる。
その度に、「ダメ!絶対手を出さないって云ったじゃん」と凛々しく云う。

下ごしらえから衣の用意まで出来、いよいよ油に。小さなお玉ですくって入れ、直ぐボールに残っている液状の衣をクルッとかけるのがミソなのだ。


click


出来上がった作品を見ると、なかなか美味しそう。でも思うになーんか
手順や道具や調味料(ソルト・オンリー)、器にいたるまで云われるままやっていただけじゃないか。おまけに、「子供のほうが器用だった」など呟かれるとテンション下がるよなぁー。

click



結局、時間が押しにおして「丼」はあきらめ、そのまま頂くことに。その前に記念写真をと用意していたら、さめると美味しくないから「早く早く!」って。。。あんまりじゃない?

click 以上、全ての不幸を加えたとしても、おいしいかき揚げだった。これだけのものは外ではムリだね。まず意見の一致などありえない二人が「うん、おいしい」ってんだから奇跡的事件といってよいのではないだろうか。


♪〜今聴いているテープ、「バド・シャンク&ミシェル・ルグラン」〜♪
きれいな音楽でんなぁー。磁気テープでの録音がこんなに劣化しないとは。。。30Hz以下と12,000Hz以上はあまり重要じゃないことを再発見。

2006年09月18日(月) No.430 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

敬老の日(その2)


昨夜はひょんなことから持ち帰ったノートPCをどうしたものか考え、CPUのスピードとメモリがなかなかに高いマシンなので、ここはひとつは廃品に限りなく近い旧機からサーバーを移そうと今のドキュメント・ルートをそっくりLANでコピーしはじめて、直ぐ寝てしまった。で、今朝はお昼ご飯ですよといわれるまで寝ていた。今日、明日と完全にフリーな休日なのでガラクタ整理とDTMの再チャレンジ。気分転換にサーバー移設とコンデジでの動画作成、あれもこれもと浮気性は相変わらず。

お昼を頂きながら奥さんが「明日は敬老の日だから食事などを貴方が作ってくれてもいいのでは。」とのたまった。がびーん。確かに姉さん女房で拙者よっか年上にはチガイないのだが、今まで30年以上、拙者がそれを口にすることはあっても彼女がいったことはなかったのにぃ〜。

ンなこと言ったって実際に拙者が台所に立って調理はじめると、どーせ、やれ「包丁の持ち方が違うっ」とか「袋はこう開けるのっ」とか「魚の三枚おろしはそうじゃないでしょ」とか「そんなに厚く皮をむいたら食べるとこないじゃん」とか、結局「わー、見てられないって」と言って追い払われるのが関の山。

しかしながら、やはり年齢とともに日々三食の仕度は大変だなぁーとは思っている心優しい自分としては、ここはひとつ期待に答えてあげようではないかと密かに決意を固めた。click メニューは「海鮮かき揚げ丼」。これには自信があるのだ。ただし上等の素材を手に入れることがカギとなる。おそらく半日がかりの一大イベントになるのは間違いない。

2006年09月17日(日) No.426 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

敬老の日がくるのだ、近々。


案の定、今朝は9:00まで寝るネル。起きられる訳無いと開き直る。でも、しかし慌ててパンをかじりながら電話電話で言い訳たらたら、わぁー、日が差していると即出発。シゴトは昨日終わったも同然であるからして、今日はルンルン遠足気分、良い景色がみつかるかなーとキョロキョロ脇見運転は止めましょうと自分に言い聞かせ、目的地へ到着。ことは全てジュンチョーにはかどり2:00頃には「サイコーッス!」とのおほめも戴き、景色の良いとこないかなぁなど思いつつ帰路へ。
あるわけ無いよね、普通のところに良い景色じゃ、「観光地」はどうなっちゃうのなぞ埒もないこと。click

click


代わりにお昼に撮った、これはひまわりだと思うのだが、それよっか、あれっ、なにかなと目が行ったのはお熱いカップル。キャー、ハズカシィ。
でもう少しアップで写すとなんか、おふた方のお眼々がこころなしかトローンと虚ろに見えるのは気のせい?
花と昆虫、これはまさしくジャブラワールド、なんともウツクシイ光景ではあった!!

click


持参のモトカメは接写も遠景も関係もヤッパ良くない。と別れた彼女ならぬカメラをなつかしく想うしとときでした、1cmまで近づきたかったなぁ。



2006年09月16日(土) No.422 (ブログ)
Comment(4) Trackback(0)

一日がようやく終わりに。


長い一日だったなぁー、よく持つね、この華奢な体が。今朝起きたのが3:00前ってのがまず、おかしいや。前日の臨時休暇で昼寝したせいか。朝ごはんというわけにも行かないし、クィンシー・ジョーンズORCH.なぞ聞きつつ横になったまま「類語辞典」など頭から。いまさら覚えたい言葉などないのだがヘェーというのも結構あったりして新刊本などよりよほど面白い。
みのもんたさんってのは愉快な人だ。トラの尻尾でも踏まない限り、もう何言っても良いのだから、ハッキリしていて人気があるのも当然だ。コメンテーターっていう方たちは皆、無難なものいいしか出来ないんだねぇ。訳知り風に云うところが痛々しい。で、7:30には出発して今日はデスクワーク。昨日サボった分
なにがなんでもと一心不乱、しかーし、10:00過ぎに千葉・市川のさるところからPrinterのインストールがうまくいかないのでなんとかならないかと懇願され、見渡すもだーれもいやしない。しゃーない、ドキュメント作りも余り身が入らないし、戻ってからでもいっかと、天気も良いのでアワヨクバ湾岸まわりでレインボー・ブリッジの風景写真でも撮れればとフジュンな動機でいざ鎌倉。一時間かからず到着しチャチャチャとやって即帰還。高速に上がってすぐ眠気がさしたので鬼塚PAで30分ほど仮眠しもどる。レインボーbrgのほうは急につまらなく思い帰社。市川駅のパーキングでテールランプが割られているの気がつかなくそのまま近くのサービス・スタンドに行き取り寄せ願う。明日午前中には交換できるとのこと。改めてシゴトの続きと思うまもなく会議。んーーん、まずい。終わらんではないか。結局北極24:00近くまでかかり終了。会議の後、食事(酒)にいった連中が戻ってきてしきりに誘うってくるが、まぁこれは資金調達が見え見えなのだが、この2〜3週間のニュースと明日早朝遠出の予定がなきゃ、ほいほい行ってね。ここは固く断って帰宅。遅い晩御飯を食べ直ぐにでも寝ようと思ったが、回ってきた2.4GHzのノートPCが気になるし時計を見ながら取り合えずXPのみ乗っけて、あとはどうするか明日かんがえよっと。わォー、もう3:00だ。ねるねるねむる。7:00に起きれるかなぁ〜♪
ゼッタイニシゴトシスギと思う。
2006年09月15日(金) No.421 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

どないしよ、とは思わぬ日々。(R60指定)


もの想う秋の篠降る雨とやや気温低下のせいか2,3日我が言葉に懐疑的且つ照度不足の感が否めずどうしたものかとデフレ・スパイラル風下降線に入りつつも「言葉」のもつ薄っぺらさと言葉で遊ぶ気分転換の効果でかろじて活力を維持している訳ですが言葉はおもしろい。
若いときのそれは如何に生きるかという現実にリンクしていたのだが、歳を経てのそれはあまり関係ないだけに一種再発見した娯楽のようだ。やっと「始めに言葉ありき」などというとこを冷静に考えられるようになった所以だ。

click



2006年09月15日(金) No.418 (ブログ)
Comment(2) Trackback(0)

もとかめ。


心血注いで、少しは上手く撮れるようになったかなというコンデジを情に流され手放してしまい、手元には5MPxのもとかめが一台。テンション下がりっぱなしで日常生活に支障きたしています。そのせいじゃないけど、本日臨時休業でーす。私事の雑用とclick で中休み。

今狙っている一眼レフを仮に手にしても風景はホントに自信なくておそらくコンデジと同様、接写で遊ぶような気がするし、ンならますたんのPowerShotか、あと調べたところ、PanasonicのCCDエンジンがなかなかの画質なものだから、例のごとくウダウダ悩んでいる今週です。

click


PHOTOないとスコシさびしー感じがするし、クラブから除名されかねないしぃー。

画像の代わりといっちゃなんですが、風景写真についての考察。
(くだけた文章ながら本人はマジメデス)。

1.カメラで写真を撮るのはほとんどのバヤイご当人。
2.これは良い風景だと当人が思ってシャッターボタンを押す。
3.その画像を見た多くの人が良い風景だと感じる。
4.問題は1.2.で当人が良い風景をあまり感じない人の時。
  これが自分に当てはまるような気がして引き気味なのだ。
5.当人は感じても画像を見た殆んどの人が何も思わないというバヤイ。
  週刊誌グラビアなどの、プロの作品でも?というものが沢山ある。
6.風景写真についてはことのほか撮る人の感覚が一番ウエイトを占めている。技術としては手ぶれしなけりゃ良いだけとも。なかにはワザとぶれさしてるハイテクニシャンも稀にいるけれど。。。

結論として、良い風景写真をアップされている人はピュアーな精神の持ち主ではないのかなーと自分の写真ヘタの理由を想う黄昏の秋のひと時であります。


2006年09月14日(木) No.412 (デジタルカメラ)
Comment(5) Trackback(0)

めもめも


click

日常→usually→普通
日常→daily life→ニュアンス違うね。
motivation
tension controller
convertor
converter

我が身を削ってまで。
献身的。
無邪気。
与えるのみは良くない?


花村 萬月
いちばんの快感は、他人の意思、あるいは意志をねじ曲げることである。無数の本が書かれたことの底辺にある、ある後ろ暗い、ほとんど無意識の欲求の本質は、文字という柔らかな抽象を用いた洗脳である。安穏とした日常を打ち壊すべく放たれた・・・・・・。(2000.6)

業『ごう』→karma
心の闇←怖い、でもちょっと覗きたい。

「明日の記憶」→若年性アルツハイマー→180万部
音楽家にアルツハイマーが少ないのは何故?
音楽家が少ないだけかなぁ。
長寿の職業→指揮者。
海馬、前頭葉。
脳とこころの関係。んーーー。

Akai, EMU EOS
元ウェザー・リポートのベース奏者で、ECMなどからソロ名義のアルバムも多数リリースしている音楽家、ミロスラフ・ヴィトウスが、誠意を持ってレコーディングしたサウンドはいつまでも色褪せることはなく、世界中の映画音楽作曲家から、パットメセニーグループのライル・メイズまで、多くの音楽家に・・・・


2006年09月13日(水) No.403 (未分類)
Comment(8) Trackback(0)

早起き


昨夜、またまたハヤバヤと眠りについて朝というより深夜3:00前に起床、迷いつつ、まぁイッカと例のカセットテープを流しながら昨日のシゴトの続きを少々、調べごとをする内明るくなり7:30過ぎに八王子方面へ出発、到着後時間とおり事前説明会を済ませるもその後いくつか案がでてどうするかということになったのだが、どうにも気分が乗らないというのも五十歩百歩というかそうとう謙虚に考えてもどうでもいいようなチガイしかないことをアーダコーアダというのがとても苦手でついていけずにいい加減な相槌をうちつつ過ごす約2時間、結局昼抜きで14:00近くまでかかり、ではそれでということで天気が良ければ高尾山の方へとも思っていたのだが生憎の霧雨模様でなんとも空っぽな一日になってしまった。野坂昭如さんは元気かなぁ。
2006年09月12日(火) No.402 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

1Gっちゅうmini-SD。


このところ、新しいデジタル製品にあまり興味がわかずこの「mini-SD」なるメモリ媒体もついこないだ初めて手にしたのだが、デジカメにセットすると30FPSで320x240の動画が30分以上記録出来る。静止画だと優に1,000枚。さらに2Gのものも結構安価で出回っているので、ふぅーーーんって感じ。CPUもRAMもHDも「たいしたもんだ」。
佐賀弁では「がばい」とゆーのかな。

はたclick と気付いたことがある。このように徐々に性能、機能、容量が良くなってゆくことは、もちろん悪いことではないのだが、感激ってのは意外に無い(自分に限ってだが)。でも必要とする人には「おぉー、やっと出来たか!」といったものだろうな。

振り返ってみても6時間録画できるビデオテープなども結局趣味では使いみちが無かった。それが、なになに、240時間録画って。あっ、click 防犯カメラ用か。

2006年09月11日(月) No.399 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

ブラッド・スウェット&ティアーズ


一日2回の記事は反則にしているのだが、メモメモ。
先ほど書いた記事にある、BS&Tのカセットテープを再度大音量で聴いた。
ノイズも多いが、それ以上に最近のハードロック、パンクロックが子守唄に聴こえるほどの迫力とビートで
ぶったまげたーーーーと言うお話・・click

ドえぇエー、これほど凄かったかと今度は『シカゴ』の初期の頃を探し出して聴いた。自分が管楽器大好きということを割り引いても、ヤッパすごい迫力だ。

モダンジャズのアルバムでは今聴くとそれ程でもというのが相当にあるのだが、あの時代、突出した演奏技術と編曲で創られた音源は残したいものだと痛切に思った。

今、ライブハウスやクラブであんな演奏したらお客さん皆、カミナリに撃たれたように焦げちゃうかもネ。
click [←またまた拾ってきましたー、ヨクデキテルネ(^ー^) ]

これは、ころころ変貌する流行歌・はやりうたとはまるで違うようだ。
願わくはクラシックのように時代を超えて引き継ぐ演奏家は出ないものかなぁー。

・・
・・・
イヤァー、すっごいは。30才若返ってしまった。click ←しつこく再掲。



2006年09月10日(日) No.393 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

カセット・テープ


今朝は8:00過ぎにのったりと起床、click 日差しがぶり返した9月の日曜日で暑そうだしひがな一日、部屋のガラクタ整理。これがなかなか進まない。優柔不断というのはこういうことかと納得してしまって、ドウスルノ?
本、雑誌やスクラップ書類はほぼ踏ん切りがつくのだが、アッセンブラの基礎とかデジタルテクノロジーの古いものが捨てられない。おそらく疑問が出たとき読むような気がするのだ。その割には埃かぶってるし、これはまず気休めでしかないのだろうね。

あと、釣り関係の小道具諸々。俯瞰すると誰がみてもゴミの山にしか見えないと思うが手にするとたん、今にでも釣りに行く気分になってしまい、ステラレナイ。

click



そして、出てきましたねぇー、「カセットテープ」の山。正確には31年間封印されていたもの。手書きのタイトルやグループ名、曲名などすっかり変色している。多くは四六時中プレイヤーとヘッドホンとともに行動を共にしていたものだけに、ナツカシサモヒトシオ。くーっつ、泣けてきちゃうね。でっ、いまあるコンポのテープドライブに恐る恐る入れて再生ボタンをポン!

・・
・・・
わぁーーーー、ちゃんと音が出る出る。アッタリマエカ

感激を胸に(大袈裟かな?)、記念撮影。
ちなみにPHOTOは両面で120分、スタン・ケントンとブラッド・スウェット&ティアーズ とFourFreshmenのナンバーがびっしり入っていました。すっかり聴き入ってしまった、これじゃ整理が進まないや。click
2006年09月10日(日) No.392 (ジャズ)
Comment(3) Trackback(0)

やれやれ。


click
      『 植物&昆虫(&ガラクタ)鑑定:ますたー。さん』

昨夜は8:30から今朝6:00まで久しぶりの完熟睡。今朝はスッキリと目覚め、まるで脳味噌をクリーニングしたよう。これは洗脳とはいわないよな。おそまきながら、寝るということの重要性、いかに大事かってなことを本当に思い知る。

なあんっちゅったって物心ついてよりこの方半世紀、寝ないことを誇りにさえ思っていたのだから急には変われない。睡眠に関しては我ながら下品の一言に尽きる。シェイプ・アップしよっと。

今日は午前中にちょっとした電話が2件入ったきりの、のんびりした土曜日で命の洗濯。こういう気分の好い日があると長生きしそう。クックック(忍び笑;;

もう秋の気配がする。ナンノコッチャ

2006年09月09日(土) No.391 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

今週はチカレタナァー。


今朝8:00起床、8:45出発、高尾方面へ。ひがな一日、オシゴトオシゴト。
途中、LSIチップ型番の違いがあり交換用を入手するためあちこちに電話。
三箇所で見つかったが、さぁ受け渡し時間が問題。土曜日は休みにしたいしと、幸い、車で20分ほどのところにもあったというので即取りにいってもらう。16:00頃には差換えて無事テスト終了。データの書換えなどは若いもんに頑張ってもらうことにし見ててもしょうがないから帰ることに(←プッ、無責任)。

click


17:30にはもう帰宅し、夕食のあと、さぁ日記と思いノートPC開いて5分もしないうちに睡魔に襲われバタン・キュー。。。でっ、さきほどPHSのアラームで起きるまで一週間ぶりの爆睡だった。

今週はシゴトシスギ(自分でいうか?)

PHOTOはチップを待つあいだのんびりと草花をパチリパチリ。
こんなで、シゴトシスギはないなぁ。

2006年09月08日(金) No.387 (未分類)
Comment(2) Trackback(0)

早起き。


今朝は8:50まで眠剤のせいかピクリともせず熟睡していて、待ち合わせ相手からの電話で目が覚め、「じゃ、現地で落合いましょう」と大慌てで出発。

3月下旬よりたまに服用する睡眠剤はどうやら、きっちり6時間効いているようで、同じような寝坊が3回あった。いずれもそれを飲んでいる時だ。

目覚まし時計で起きないはずないということが、ちがうのだ。っちゅうことは起きる時間から逆算して服用しなくては駄目なのだ、ってなことを今頃思う自分がおかしい。ダハッ!もいいとこだ。こういうのを一般的には思慮不足、フランスパン的にはバカというんだろうね(ウッェエーン;;)。

それよっか、愛用のデジカメがついに遠くへ旅立つことと相成り申した。もう一台のデジカメを携えて出かけたのだが、ケースから出す気にもならない。
嫌いになったカメラのシャッターを押すなんて、グフッ。。。。。。。。。だ。

。。。うだうだ。。。PHOTOがないっ!
どっかに探しに行くか。click


2006年09月07日(木) No.380 (未分類)
Comment(4) Trackback(0)

日記、忘れるとこだった。


コメントの返事というより、ネタ書いているうちに日記書き終わったつもりで窓を閉じてしまった。アレッ、っと云う感じで開きなおし居住まいを正して本日の日記を。

今朝は早起き7:00起床、8:00出発。今日も2件はづせない打合せがあり気合を入れての出社。(クー、カックイイ!)
その内の1件は遠く四国からのお出ましのプロフェッサーで、ここ数ヶ月メールと電話でやりとりしていただいていたお方で、初対面とは思えないほどすぐ打ち解けたお話ができた。産学共同での製品開発についての最終の詰めでもあった。結局終わったのが20:00近く、帰ろうとした矢先に社内ネットワークが突然不通に。

原因は拙者、帰り急ぐあまりルーターのセキュリティ・ログを見たときに間違って、LAN内PCから外部へのアクセスを「All Denial」にしてしまったのだ。汗;;click

何人か残って、シゴトやゲームしている人から一斉に悲鳴があがり、内心あわてつつそこはこの面の皮、「ブロパイダがダウンしているみたい」なーんていって3分ほどで修復。ヨカッタヨカッタ。

笑っちゃうのは、「大三元」つもったとこで切れた人。メンゴ。

それよっか、お昼にかかってきた電話が一大事なのだが、明日も早いしネヨット。

click



2006年09月06日(水) No.377 (デジタルカメラ)
Comment(4) Trackback(0)

あぁーあ、もう6日じゃないか。


今朝は7:00まで寝ていて、ゴミ出しがてら会社へ。毎月第一火曜日には会議が二つあり、入社以来出席率99%を誇る拙者としては出ないわけにもいかないのだ。もういい加減、出なくとも良いかと思うのだが。昼間はうだうだなダメブチョウも会議となると、ヤッパリダハッ?ってとこかな。

click


一歩外へ出ると「おに」などと誰かさんのように呼ばれるだけに、せめてブログではアイサレルステキナオジサン「ちょい好おじ(イ)さん」でいたい。痛いじゃなく。
で、帰宅が25:00だもんなぁー。いけないね。

もう寝よっと。


click

ネツカレナイノデPS:アナログ写真のスキャンはソフトで随分と写りが違うことを知った。
画像ソフト、4種で同じスキャナで採って見た結果画像品質がまるで違っていた。詳しく理解出来ないのがスコシグヤジー。

2006年09月05日(火) No.373 (未分類)
Comment(3) Trackback(0)

さぁ、9月だ。トクニ,イミハナイデスガ


click

今朝6:30起床、よい天気だ。7:30出発、やや渋滞で9:00過ぎに会社着。テキパキと(自分で思うだけ)仕事をこなし(プッツ)、昼食は相変わらずの「ずけ納豆」。軽快なピアノ・トリオをバックに15分間の食事タイム。午後も同じ調子で4:00前にはもういいかっ!てな感じで社外へ出かける。


click



最近、自分が良くないと思っていることに情熱の欠如がある。ほかの人たちはどうなんだろう。己の情熱に疑問を持つということなど言葉に出してはいけないのかなぁ。不満とか愚痴も情熱なしでは出てこない。
2006年09月04日(月) No.364 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

ひとんちの事情。


「夫婦喧嘩は犬も喰わぬ」といわれるように其々の家庭の事情というのは本当に第三者には窺い知ることは出来ないことだ。社会の最小単位である「家族」。時折耳にする「人生相談」などでも訳がわからないことが多い。

今日の日曜日はホントに久しぶりに長男が一日休暇ということで滞在している。なにを話すわけでもないのに、家に3人居るというのが新鮮な感じがする。考えるに、家業を継ぐとかでない限りやはり子供は独立させるのが親の責任だろうと。近年、無産階級であるサラリーマンなどでも子供を幾つになっても養えるしくみになったせいで、巣立ちさせないという現象が多く見られる。しかし親は確実に先にこの世からいなくなるのだから。

click


夕方、一週間ぶりにカメラもって散歩。駅の広場でラテン・バンドがストリート・パフォーマンスをやっていて黒山の人だかり。良い音で演奏していた。家人の話ではいろいろなバンドが出ていたようだ。皆、若い元気な人達だ。このあとパレードをしてどこかでライブ・コンサートをするといったMCが聞かれた。実にアグレッシブな活動だと感心した。

click



路駐だったので、ユックリ映せなかったのです。
(イイワケタラタラ;;)。
それに散歩なんだから車などのるなよ<ヒトリツッコミ

激しいリズムなので、ぶれた、んな訳ないよね。
デジカメ検定試験6級不合格!
(激しく落ち込んだ>しんじ)


click


めっきり涼しくなって、はや秋の気配。夕空も心なし「夏はオワリーッ。」といった雰囲気。

2006年09月03日(日) No.360 (雑感)
Comment(6) Trackback(0)

無事帰国、ホッ。


渡米していた息子が20:30頃、無事帰宅。あっけないほど普通なんだよなぁー。我々が20代の頃には海外というと相当にテンションあがり行く前も後もなかなか通常状態にはなれなかったが時代かなぁ、ちょっとそこまでといった感じなんだのも。で、写真写真と催促すると「いや、部外者には見せられないものも混じっているので整理してから」って、冷たいこと。私のカメラだろうって、はさすがに云わなかったけど(ウェーン;)。

click


やっとカメラが戻ってきた。おまけに1GBのSDカードもくれるという、ラッキー!。
その中かからの一枚。異国での夕日はさぞかしの感傷があったのではないかと想像するのだが、はたして?
2006年09月02日(土) No.359 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

復活!


昨日の日記にかいたDELLのL700CXなるオンボロ・マシン。Windows2000にしたところ、ビックリするようなパフォーマンスを見せてくれた。若干チューンナップしたといっても、セレロン700MHzメモリ192MBだから期待はしていなかったが、嬉しい誤算である。

Xpのノートマシンのレジストリ・ファイルが98MBに対し今回のクリーン・インストールの2Kマシンのそれは約20MBと5分の1なのだ。

サービスパック4までアップグレードしたこのOSにのせたのは、

・ウエブ・サーバーに昔から使い慣れているBlackJumboDogVer4.08、
・cgiにはActivePerl5.8.8

ドキュメント・ルートをフォルダごとそっくりコピーしLANケーブルをはずした状態でポートとIPアドレスを稼動中サーバーと同じにしてたちあげておく。

で、稼動中のノートPC、DELLノートのLANケーブルをはずし、2KマシンのLANケーブルを接続。念のためSWハブなどもコールド・リセットかけWAN側から見てみる。サーバーのリアルタム・トレースで通信状態をみる。
なかなかスムースだ。

click

CPUがすぐ開放される様子がタスク・マネージャーでよく判る。
100%に貼りつくことがない。
多重アクセスでもスレッド・オーバーが起きない。

次に「DownLoadTimer」さんのところから表示速度を測定する。
XPより気持ち軽い。
トップ・ページ読み込みが0.7secくらい。


さらにラッキーだったこと。

それはcgiスクリプトのヘッド・ラインのパス、「#!/usr/local/bin/perl
」としていたので一切変更が不要だった。問題なくD:ドライブにインストールしたPerlで動いているのだ。

とりあえず、これで何日間か様子を見てみよう。
2006年09月01日(金) No.356 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen