LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ←覧近グゥ〜。
 
■この日記のURL
■本家URL


〜BGMはいかが〜 今週は「Cheek To Cheek」



本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」

やり繰り算段


今朝は5:00起床、睡眠十分で6:00には出発し7:00前に出社一番乗り。週末から来週にかけてのスケジュールをやりくりしつつ、精密スキャナで家の古いアナログ写真をデジタル化(これは遊び)。

click


資料一式もち11:00には急いで社を出て客先へ。2件まわりその間、電話で来週の予定をなんとか調整して、土日を休めるようにできた。歳を経ると言い訳が上手になる。夕方早めに帰り近くの店で、家人の万歩計のバッテリーとか、自分用の「ヘアマニュキア」なぞ購入しついでに花屋さんの店頭でいろいろな花を見る。大きな店で随分と多種の鉢植えがありとても覚えきれそうにもない。せめて50種類くらいの花々の名前くらい覚えたいものだ。アヤメとか紫陽花といってもいろいろあるんだよなぁ。夕食後、デジカメをいじっていて急に眠くなり日記を書く間もなしに21:00には寝てしまった。やはり疲れが残っているのかな。

click


いま、夜中の1時。目が覚めたのでこの日記を書く。「ヘアマニュキュア」は、先日公園の水飲み場で

「おじいさんが写真写しているから」

と子供に言ったお母さんの話を家内にしたところ、まだ孫もいないのだから少し白髪を染めればと言われその気になったのだ。実のところ、50代にはずーと習慣的に化染めリンスのようなもので白髪が目立たないようにしていた。髪の毛だけはいつまでもふさふさで羨ましがられるがすぐ伸びるので鬱陶しい。

click


2006年06月30日(金) No.234 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

爆睡。


久々に熟睡、いやこれは爆酔というのだろうか。目が覚めた時はじつに頭すっきり、なんとなく晴々とした感覚。なんと12時間も眠っていたのだ。昨日の日記で書いた写真のなかで気になる一枚をアップした。

click

加工な無しで梅雨の合間の雨の置き土産。拡大してじーと見つめていると、葉がゆらゆら動いて見える、不思議な一枚。自分だけかなぁ。

2006年06月29日(木) No.231 (未分類)
Comment(2) Trackback(0)

忙しいのはヨクナイ。


あぶないあぶない、昼も夜もなく起きていると、危うくこの日記の連続記録が途絶えるところだった。自分に厳しい人はきっと、まとめて二日分の日記を書くのは、許してくれないだろうが、そこは「しんじワールド」。いいかげんなものだ。昨日、いや一昨日かな?遅い昼食後にぶらぶらと散歩しながら、デジカメで草花をバッテリーが無くなるまで写してきたが、ユックリ見る間もありゃしない。じつによろしくない状態であると思う。まだちょっとしか見ていないのだがまぁまぁのものが数枚あり、腕が上がったのかとノー天気(死語?)なことを考えている。はやく雑用を整理してアップできるように工夫してみよう。

PS.おかしいな。画像の日にちが29日になっている。これから始まる日だから日にちの設定を間違えているのかな。ともかく今はもう眠いので寝よっと。
2006年06月28日(水) No.230 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

また、無理してしまった。


今日は、急に依頼された仕事が舞い込み、どうしてもということで、専門外の事ながら少し興味もあったせいで夕方くらいから始めたのだが、いろいろ解らない言葉などが出てくるものだから面白半分のめりこんでしまった。こうなると後に引けないたちで形のつくまで、ぶっとおしの20時間。さきほど(28日)の昼過ぎにようやく食事のことを思いだし、外出。天気も少しだけ晴れ間があり、ぶらぶらと被写体探しで、たくさんの写真は撮れた。もう帰ろーっと。今日の日記も書かなくちゃ。
2006年06月27日(火) No.229 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

擬宝珠


今朝は5:30起床、6:30出発、早朝出勤。東京インター出口のETC専用ゲートが2門、トラックか乗用車に激突され破壊されていた。ETCに慣れてくると次第にスピードを落とさなくなってくる。気をつけなくちゃ。

click



で、昨日のPHOTO、「ますたー。」さんが「ぎぼうし(別名:ホスタ)」と教えてくれたので早速、図鑑でチェック。うん、間違いない。花もきれいだが、観葉で好まれる東南アジア原産の種で、日本では10種類ほどみられるとのこと。白い紋入りの葉っぱはたしかに良く見かける。擬宝珠の和名はやはり蕾の形からかな。
2006年06月26日(月) No.227 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

jasrac


click

当サイトも当初、一年間くらいのつもりで始めたオンボロPCでの発信だったのですが、大勢の方々のご声援につられて、3年目に入ろうとしている。で、恒例のように「日本音楽家著作権協会」jasracさんから、「許諾曲の使用報告書」の催促がきた。基本的に自分としてはアマチュア演奏家の非商用演奏について「知的所有権」や「知的財産権」を盾に課金する現行法規には全く同意していないのだが、協会の存在価値や必要性は認めているので、募金のつもりで「許諾申請」をして、年間なにがしかを納付している。そもそも音楽について原作の「同一性保持権」なるものの意味を教えてほしいものだ。
写真は先週のもの。少しずつピント合わせのこつが解ってきた。
2006年06月25日(日) No.224 (自宅サーバー)
Comment(1) Trackback(0)

水。


click

今朝7:00起床、8:00出発し夕方5:00には帰宅して一息入れたあと、デジカメのズーム・マクロにチャレンジ。どうしても被写体が透明な水だとピントが合ってくれないため、マニュアル・フォーカスでの撮影なのだが、やはりピントがなかなか合わない。しょうがないので少し遠いピントから一目盛りづつ近づけながら写して後からピックアップしたのだが、20ショットに1回位しか合っていない。今日は露出まで気が回らず、どんぴしゃっという映像は撮れなかった。残念。しかし、この「水滴」や「水面」「波」「水流」など水の見せてくれる表情は実に千変万化、面白いものを見つけたなあという思いがする。

2006年06月24日(土) No.222 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

コンパクト・デジタルカメラ


サッカーは見ずに、今朝7:00起床するも明日午前中に約束している仕事があるので代わりに休みを取ることに。休日にしたところで特に何をするわけでもないのだが身体は休まる。齷齪遊んだり、仕事したりすることの価値の無さをやっと解る年齢になったようだ。最近、拘置所に入られた方々を見るにつけ比較にはならないがそう思える。いくら面白いからとアドレナリンが噴出してもやはり程ほどがベストなんだろうな。

click

そして今迄なら五線紙におたまじゃくしを貼り付けているところなのだが、そこは新しい興味の対象になっているデジカメの実践練習。初めて「取扱い説明書」を通読し、あっ、このボタンはそういうことかなどど、納得しながらの一時間。再生しては全消去でフイルムとか現像不要というのが一番の利点と最確認した。

PHOTOは互いに写しっこした画像の合成写真。

下が一年前の春先に5Mpxでこの値段ならと購入したどこかの大型スーパー店が自社ブランドとして独占販売していた海外生産のConcord。機能がシンプル過ぎるので、多様な画像を得ることが出来ないのとやはり光学的技術、CCDエンジンの貧弱さか、遠景はほとんど写真にならない写りで、上が今年思い余って衝動買いしたRICHOのR3。光学7.1倍ズームということと接写機能は一番と聞いて買ったのだが、本当にレンズから1cmのものを写せるので驚いた。「手ぶれ防止機能」もあるがまだ実際の効果は体験していない。

写真用コート紙にプリントすると銀板写真と変わらない画像が出来る。しかし、遠景はやはり無理だ。風景写真にはまるでセンスに欠けるのでいま少しこれで修行しようと思っている。それにつけても、マニュアル・フォーカスというのは難しいものだ。マニュアル読むだけじゃ駄目だ(ぷっ、ギャグではなく)。
2006年06月23日(金) No.221 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

両面テープ


今朝は7:00起床、8:30出発。調布方面で午前中過ごし午後には帰社、慌しく仕事をこなすも、結局退社するのが21:00近くになっていた。どうにも途中で中断することが出来ない。

click



普段、ちょっとした物を固定したりするのに重宝している小物に「両面テープ」がある。大きくて粘着力の強いものから写真のように小さなものまで多種出回っているが自分の良く使う「NICHIBAN」の「ナイスタック」なる製品。使用後テープ端を次に使い易いようにケースに止めるのだが、これが異常なまでに良く張り付いてしまう。

click






よって次に使う時にはそれをしゃかりきで剥がすか、少し引っ張り出して鋏を入れなくてはならない。その面をせめてテープ側と同程度のコート紙か接着力の弱い材質にするととても使いやすいのにとずぅーーっと思っている。そう思いません?NICHIBANさん。
それにしても、デスクの引き出しに入れて使用中のものだけに、如何にも生活感あふるるデジカメ画像だが映像への感性がなんにも感じられない(涙;)。物が写っているだけだ。それはそれでいいのかな?
2006年06月22日(木) No.220 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

気分、そして可愛い子ら。


今朝6:00起床するも、今ひとつ意気あがらずだらだらとTVニュースなど見ながら8:30にやっと出発。10:00から社内でのデスクワークで、まぁ、面白くはない。ときどき息抜きに冗談いってじゃれあうのが楽しいのかな。そういえば、良いこともあった。先月末の修善寺でのお初の仕事のお客様から電話があり、相談受けた内容が思いもかけず、至急ほしいというものが、手持ちで捨てようとしていた在庫機器で、それを言うとほぼ定価で2台とも即購入していただいた。誠意をもって事に当たると良いこともあるんだと気分最高。金額にするといかばかりでもないのだが、気分はお金で買えないから。

click


photoは先日、某大学構内の噴水広場で、幼稚園児と父兄らしき人々のなにか見学会か、集まりがあったようで、話に加われない同行の年少未満の子供が6,7人、池の周りの石畳の上に放置、いや自由行動させていた様子をコンデジの光学3.7倍ズームでパチリと。もちろん、おとな2、3人が見守っていましたよ。今も十分可愛いけれど、このさき2,3年間はホントにかわいんだよなぁ。

それにしても、このところの無残な犯罪にはどう考えて良いのか思考が止まってしまう。歴史的な統計を知りたいところだ。「浜の真砂は尽きるとも。。」とあるように、過去から未来永劫発生する類の犯罪なのだろうか。
2006年06月21日(水) No.217 (未分類)
Comment(2) Trackback(0)

やっぱり。


今朝は6:00起床。早く出勤し、予約検診のためお昼に一度自宅に戻り(携帯忘れた)、即HPへ。なんとしたことかカレンダーには13:00と書いておいたのに12:00からの間違いで、「お見えになってないので14:00の一番目」と受け付けられてしまった。看護婦さんがチョット待って、といって中へゆき、なんと13:20頃に検診受けることが出来た。感謝感激なのだか前回2回は2時間も早く行くし、なんと不埒な患者であろうか。反省(_o_;)。
15:00前には会社に戻り、仕事仕事。20:30退社。

click


お昼に時間まちの間に「水飲み場」の接写を一心不乱でやっている時、思いもかけず可愛らしい手が入ってきた。ヨチヨチ歩きの子供が「おミジュ、おミジュ」といいながら、水盤に登るようにして水に手を出してきたのだ。後からお母さんが追いかけて来て「だめ、だめ、おじさんがお写真とってるからっ!」。
おどろいて、「いいんですよ、構いませんよ」って言ったのだが坊やは引き離されちゃった。悪いことしたなぁ。

夜、帰宅して最初にこの画像を見たとき、あれ?っとおもったのですが、確かに右のほうからだったので、よく考えると坊やは右手で水盤に掴まり左手を内側にひねって出した状態だったのだ。それにしてもちっちゃなかわゆいおててでした。
2006年06月20日(火) No.214 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

焦点距離


■今日は、焦点距離についての学習メモ。撮影した画像の情報に焦点距離:5.8mmなどとあり撮影した時はたしか、 被写体から15cmくらい離れていたのにと不思議な感じがしていたが以下のような意味であった。

納得、納得。出典はこちらで、恥ず知らずにも國森春美様に
無断で、コピー&ペースト。ごめんなさい。

いわく、
---------------------------------

▲焦点距離とは、レンズからピント面までの距離のことです。ズームレンズは
この焦点距離を変えることができます 。

Syouten

 ところでカメラの世界では、長い間35mmの銀塩フィルムが世界中で使われてきました。
このフィルムは36×24mmというサイズで、これが映像を映し出すサイズとなっていました。

 フィルムのサイズが一定なので、上のイラストの「焦点距離」さえ決まれば画角もおのずと決まってきます。

たとえば次のようになります。

●35mmフィルムを使う場合の焦点距離と画角 焦点距離 画角

28mm 約74度
35mm 約62度
50mm 約46度
85mm 約28度
135mm 約18度
200mm 約12度

 35mmの交換レンズを愛用していたカメラファンなら、これらの焦点距離はとてもなじみ深いものでしょう。
特にズーム機構のない単焦点のレンズの場合、遠くのものを撮ろうと思ったら、わざわざ望遠レンズに
付け替えないといけません。そんな面倒な作業をしながら、焦点距離の特徴を覚えるわけです。
 通常、レンズは焦点距離で区別しますが(「85mmで撮った」というように)、それは同時に画角も
指していることになります。

 さて、話をデジタルカメラに戻しましょう。デジタルカメラの場合、フィルムの代わりにCCDを使いますが、
この大きさが35mmフィルムのようにいつも決まったサイズではありません。CCDといえば画素数を気に
しますが、実は大きさについても1/1.7型(対角線の大きさをインチで測ります)とか1/3.2型などさまざま。
したがって、実際の焦点距離を言われても、画角が分かりません。
 そこで、35mmレンズに相当する焦点距離で、レンズを説明するのです。パンフレットなどに、レンズの
焦点距離を記したあとに、(35mm換算)と書いてあるのは、そのためです。

 35mm換算という表現は、実はデジタルカメラに特有のものではありません。フィルムには、
35mm判のほかにも、ブローニー判や、4×5(「しのご」といいます)など、より大きなサイズも広く使わ
れています。これらのフィルムを扱うカメラのレンズも、実際の焦点距離だけではわかりにくいので、
カタログには画角や35mm換算の焦点距離が参考値として記載されています。
 というわけでデジカメでも、それ以外のカメラでも、35mm換算の焦点距離を見れば画角が分かるので、
どんな写真が撮れるのか想像かつくのです。 (國森春美)

click

写真は昨日のもの。
2006年06月19日(月) No.211 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

さぁ、実践。


夕べはサーバーのメンテナンスなどで、すっかり夜更かししてしまい今朝起きたのは10:00過ぎ。昼食後、例によって買い出しに付き合いがてらL版の写真用紙を購入。ポツリポツリと雨模様のなか、この2日間の学習をいざ実践と三脚持参で表へ。しかーし、根性がないので雨に濡れない軒下で済ますことにしてカメラをセット。20枚位で早々に退散する。戻って確認したところマニュアル・フォーカスで数枚ピントがあっているものがありまあ満足。そして、例のインク・ジェット・プリンターでphoto用紙にプリントしたところ、大成功で銀板写真と変わらぬ画像が出てきた。鼻高々で、奥さんに見せると「すごく綺麗」と感心してくれた。

click

いままで撮ってきたデジカメ写真とは雲泥の差がある。チャレンジはしてみるもんだなぁ。しかしカメラの売りの接写でのマクロがどうも使いこなせない。道はまだまだ遠い。課題の一つは広角での風景写真。いまだまともに写せたことがない。よく訪問する「EMU。さん」などのコンデジでの風景写真のレベルまでいくのが目標だ。思うに写し取りたいと強く感じる風景や情景が自分にないと駄目なことだろう。これはテクニックじゃないからやっかいなことだ。
2006年06月18日(日) No.210 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

カラー表示のこと、解像度(dpi)のことなど。


■デジカメについて調べていてPCのモニター画面で見るのとプリントアウトしたもので随分色合いが違うのでその訳を以下にメモ。
出典はこちらのサイト様です。
---------------------------------------------
・用途にあわせて調整しましょう
・モニタ上でのみ正しく表したい(色温度:6500K)
 昼光色と呼ばれる色温度で、モニタ上で自然な白色を表示することができます。
・印刷目的なので印刷時に正しく表示されるようにしたい(色温度:5000K)
 モニタ上では少し赤っぽく見えるかもしれませんが、印刷するときれいに白色を表示することができます。
・Webで公開したい(色温度:9300K??)
 これが微妙で(苦笑)。一般的に初期設定で使ってるとしたら9300Kでよいと思いますが・・・。
 不特定多数の人が見てると思うとムズカシイところですね。個人的には6500Kがいいかなぁ?
------------------------------------------------
ということでしたが、それ以外にプリンター側の配色バランスが大きく影響します。プリントを正しくだすにはそれに合わせて画像ソフトでカラーバランスを変更しないと駄目なようです。特に安価なインクジェット・プリンター。
ホームページに掲載する分にはプリントされることまでは考慮しなくても良いとおもわれるので自分としても6500Kが良いのかなと思う。

■それと画像のきめ細かさを左右する画素の密度ともいえるdpi。いろいろと解ってきた。一眼レフ相当の高級デジカメで写した画像で例えば
800x800ピクセル/314dpiなどは実寸で6.4x6.4cmの小さな画像なのだ。
しかし、これをPCのモニターで実寸表示するとモニターの解像度(dpi)によっては23.6x23.6cmの大きな画像となる(XVGAモニターのとき)。
結局、PCモニターで見る画像にはモニターの解像度(dpi)以上の精緻さは望めないというわけだ。あたりまえか。
コンパクトデジカメでの画像では標準的なもので800x800ピクセル/144dpi程度であるが、XVGAモニターでみる精緻さ加減は前記の高機能デジカメとそれほど格差はない。画像の拡大・縮小のとき通常この単位長さあたりのドット(ピクセル)数を出来るだけ保てるように隙間を埋めたり(拡大)、ドットを省く(縮小)するようだ。しかし、広角での遠景写真などは相当な違いが出る。
これはやはり撮影時の光学的、及びCCDエンジンのデジタル化の精緻が顕著に現れるということが解った。

確かに以前試してみた、Xeroxのレーザー複合機でA5版のアナログ写真をスキャナーの読み取り解像度を最高の600dpiにして縮小しjpegファイルにして取り込んだところデジカメ画像の数倍精緻な画像が得られたと感じたのは気のせいか。これは光学的に縮小しているわけでは無いので、等倍ピクセル表示をモニターでみると馬鹿でかい画像なり、結局800x600ピクセルなどにリサイズする段階で600dpiなどというのは意味無いものとなる。間違っているかも知れないが。

■コンデジの基本的なテクニックを実践でマスターしたならあとは何を被写体とするかが大問題だ。過去、感激したり衝撃を受けた写真がいっぱいある。いずれもその時は、画像の精緻さなど念頭になかった。瞬間を切り取るセンス、感性が価値を決める。音楽でいやというほど思い知っているこの理詰めで行く悪い癖がここでも出てきているようで、「良い写真」はあきらめはしないが多分むずかしそうだ。

■ということで、日曜日はまだ始まったばかりだが今日も多分デジカメ修行に終始しそう。


■いままでいろいろと試行錯誤してきたなかで、画像を「メタファイル」として保存し加工するとビットマップ画像と違い元図の解像度(dpi)を損なうことなく拡大・縮小できるということがあった。案の定、excelやwordに画像を貼り付けると、メタファイルとしての加工が出来ることが確認できた。
こちらのサイトの初心者向け解説でよく解る。
--------------------------------
 メタファイル形式は特にレイアウトをするような場合には非常に便利です。そのためこの形式の画像は、主に印刷を目的とした絵(版下)を作る場合に使用されています。
 新聞などに挟まっているチラシがありますね。これはかつては台紙に写植を張ったり色指定をしたりして作っていましたが、最近ではデータをこのような形式で作成してデータ入校することが大半になりました。

 このように画像の形式は大きく分けてビットマップ方式とメタファイル方式があることがわかりました。グラフィックツールにも同様に、ビットマップを主に扱うツール(ペイント系ツール)と、メタファイルを主に扱うツール(ドロー系ツール)があります。
 ウインドウズに最初から付いてくる「ペイント」というツールや、「フォトショップ」のようなソフトはビットマップを扱うペイント系ツールです。
 それに対してワープロによくある作図機能や「ページメーカー」などのソフトはメタファイルを扱うドロー系のツールです。
--------------------------------------------------
とあります。追記するとWindows95の頃から標準で使われているウィンドウズ・メタファイル(拡張子.wmf)もドロー系ですが脆弱性が見つかり'06年の初めにかなりの修正がなされていますが、web上ではまず使用されることはありません。こと写真に関してはjpegファイルが世界標準となっている。

これらのことは、音楽でのmidiデータとwavやmp3データ、製図ソフトでのベクターデータとビットマップデータの関係によく似ている。

そして写真(デジカメ)の場合、取り出すデータが最初からビットマップデータであるので、その品質により表示される画像の品質は決まる。

それを何とかしたいというのが個人的な興味なのだ。無駄な努力かなぁ(タメイキ)。しかし、長い日記だな。最近は記憶力に自信なくなり、書かなければなかなか頭の中に残らない。
2006年06月18日(日) No.209 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

さらなる追求。


今日の土曜日は朝からweb上の「水滴画像」を探しまわりこれはと思うものをD/Lして、情報集めに終始していた。今のようにインターネットのなかった頃はおそらく、ひたすら撮りまくって技術をみがくか先生のついて修行するところだろうな。そんななか、今日の「人の一枚(o^)」。撮影技術もさることながら機材の優秀なことも改めて思い知る。
-----------------------------------
 

「Open Cage」さんのサイトにアップされている水滴写真。

 

click


画像情報

  • サイズ: 370KB(379,677バイト)
  • 画像情報: 800x800ドット 24ビット

撮影情報

  • 説明: OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • メーカー: OLYMPUS IMAGING CORP.
  • 機種: E-300
  • 横解像度: 314.0
  • 縦解像度: 314.0
  • 解像度単位: dpi
  • 作成ソフト: Version 1.3
  • 日時: 17/10/15
  • 露出時間: 1/100(秒)
  • F値: 2.50
  • 露出プログラム: 絞り優先、AE
  • ISO感度 100
  • Exifバージョン: 0221
  • デジタル化日時: 17/10/15
  • 露出補正量(EV): -0.2
  • 最小F値: 2.0
  • 測光方式: 分割測光
  • 光源: 自動
  • フラッシュ: 使用せず/常時オフ
  • 焦点距離: 50.0(mm)
  • 撮影モード: Unknown Data:1997047424
  • 画質モード: 高精密(SHQ)
  • マクロモード: オフ
  • デジタルズーム比率: 0.53
  • ハードウエアタイプ: ?
  • シャープネス: ノーマル
  • コントラスト: ハード

2006年06月17日(土) No.207 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

ウイークエンドは休み。


休日前なので今日は帰宅後、デジカメのお勉強。お手本にしている「ジャプラノート」さんの画像データの詳細を調べたりして、何が違うのか懸命に調査。
んーん、そこは俄かカメラマンの悲しさで、よく解らない。CCDエンジンの相違か解像度(dpi)が180x180とある。こちとらは確か72x72144x144dpiだ。強引にPhotoShopProで300x300dpiなどにして、もとのサイズに戻してみたりしても最初の映像以上にはならない。あとF値が2.59などというのも気になる。参考のため詳細データをメモさせていただきました。ばらしちゃ駄目といわれたら即消しますから。

click


------------------------------------------
「ジャプラノート2」ウォーター・クラウンの
画像データ分析(^o^)
〜〜何が違うのか?〜〜しんじ
--------------------------------------------
サイズ: 220KB (219,892バイト)
画像情報:800 x 600ドット 24ビット
--------------------------------------------
メーカー: Canon
機種: Canon PowerShot A530
横解像度: 180.0
縦解像度: 180.0

解像度単位: dpi
日時 18/06/12
露出時間(秒): 1/500
F値: 2.60
Exifバージョン: 0220
撮影日時: 18/06/12
デジタル化日時: 18/06/12
シャタースピード: 1/501
レンズ絞り値(F): 2.59
露出補正量(EV): 0
最小F値: 2.59

測光方式: 中央重点平均測光
フラッシュ: 使用/常時オン
焦点距離(mm): 5.8
マクロモード: オン
セルフタイマー(秒):0
圧縮率: SuperFine
フラッシュ: 強制
速写モード: オン
フォーカス・モード: シングルフォーカス
画像サイズ: Unknown Data:5
イメージセレkトモード:マニュアル
デジタルズーム比率: 1.0
コントラスト: ノーマル
色の濃さ(彩度): ノーマル
シャープネス: ノーマル
CCD感度: Unknown Data:8197
AFポイント選択: 中央重点平均測光
露出制御モード: マニュアル
ホワイトバランス: 曇り
光学ズームステップ値: 0
イメージ種類: IMG:PowerShot A530 JPEG
ファームウエアバージョン: Firmware Version 1.00
ファイル番号: 1000-0054
---------------------------------
太文字あたりが勘所なのかなぁ。
2006年06月16日(金) No.204 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

今日の一枚。


「ジャプラ」さんの撮影設定を参考に、奥様の留守中に台所で水滴に挑戦した。いろいろな設定で60枚ほど撮ったのだがなんとか見られのはこの一枚だけ。といっても納得できないし、これが最高の映りとは思えない。楽器演奏するときの音色へのこだわりにも似ている。頭の中にある最高というのが欲張り過ぎているのか、やっかいなことにはまってしまった。写真マニアという存在がいままで理解できなかったが、これはマニアックにもなるはずだ。「しんじワールド」は「ここからは音楽ばかり」がうたい文句だったのに。。。


クリックで拡大
click
〜〜ジャプラさーーん、
アドバイスを。。。

 
 
 
 
 
 


ちなみにこの撮影詳細を以下にメモ。
メーカー名: RICHO
機種名: Caplio R3
撮影日時: 2006:06:16
焦点距離: 33.00[mm]マニュアルフォーカス
シャッタースピード: 1/189[秒]
露出モード: プログラム
ISO感度: 100
露出補正: EV 0.0
測光方式: スポット
フラッシュ: オート(発光あり)
画像サイズ: (2592 x 1944)をPhotoShopで(800 x 600)にリサイズ
横解像度:     144
縦解像度:     144
解像度単位:    dot/cm
 ◆ということは144x2.54=365.76(dpi)ってこと?
撮影シーンタイプ: オート
シャープネス: シャープ


あと、いままで写した草花を図鑑と首っ引きで調べているのだが、半分以上解らない。よく見かけるポピュラーな花なのに芽吹きから成熟まで容が変わるので図鑑の写真とはなかなか一致しないし、同一種でも随分違う姿形と色合いで
やはりガーデニングなどで植栽する本当の花好きの方でなければ詳しくなることは難しそうだ。
2006年06月16日(金) No.203 (デジタルカメラ)
Comment(3) Trackback(0)

んーーん、難しい。。


今朝は5:30と早起きで6:30には仕事へ向かう。写真撮る間はなかったが、
先週の日記でも書いたニコンD70sのパンフに載っているサンプル画像(下のPHOTO)、よく読むと詳細情報が以下のようにあった。

click


・レンズ:AF-S VR ズームニッコール ED 70-200mm F2.8G(IF)
・露出モード:絞り優先オート・シャッタースピード:1/80秒
・絞り値:12.8
・ホワイトバランス:曇天
・感度:ISO200
・画質モード:RAW


画質モードというのが良く解らないのだが、シャッター速度はさほど速くないし、画素数も5Mと6.1Mの違いしかない。ということは、撮像素子とCCDエンジンの性能の差と(これはカメラの性能)、ピントの違い(これは自分の技量)ということになる(うぇーん;涙)。

昨日セットアップしたインクジェットの格安プリンター(確か5,000円もしない)、コート紙だと4,800dpiでプリント出来、まあまあ使える。今時当たり前なのか、スキャナもコピーも出来るので身近にあるに越したことない。

テスト印刷していてweb上のpng画像がjpegに比べとても綺麗に印刷できるので驚いた。

2006年06月15日(木) No.202 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

やっと晴れ間が。


click

23:00就寝、5:00起床し早々と今日は奥多摩方面での仕事だったが昼過ぎには終わり、日中は天気がよく寄り道しながら草花をパチリパチリと写しながらの帰宅となった。デジカメのマニュアル・フォーカスが難しい。目が悪いのかなぁ。しかしちょっとボケた画像が思わぬ効果になったり、おもしろいなぁ。

今日は社用で購入のPCについてきた格安プリンター/スキャナーを重い腰をあげ、自分の部屋にセットアップ。普段仕事では1200dpiクラスのレザープリンターなのでインクジェットはさすがにもう使えないだろうと思っていたのだが、コート紙を使えば大丈夫かな。数枚テストプリントするもやはり普通紙では「にじみ」と「むら」が目立つ。
今日はもう寝よう(21:00)。
2006年06月14日(水) No.198 (デジタルカメラ)
Comment(3) Trackback(0)

曇り空


click

昨夜は01:00就寝、7:00起床。帰宅は19:00と早めだったが寝不足かややお疲れ気味だ。どうもこの2〜3日間の曇り空がうっとうしい。早く真夏にならないかなぁ。この時期、風がないと東京の空気はどんよりと淀み、超高層ビル郡が不気味に、まるで蜃気楼のように見える。

先日来の「スギ」氏の絵のコピー騒動、あれはさすが模写や修復を仕事にしていただけあって見事なコピーだと思った。日本の著作権法でいうところの「翻案」で、あれを「スギ作品」として売ったりしたならりっぱな犯罪だが、「創作品」として出展する神経が不可解である。スギ氏には「翻案権侵害」で訴訟することもできる。しかし、イタリアの新聞記事は愉快であった。「これでスギ氏も一躍有名になり、ハッピー・エンドとなる」だって(^o^)。確かに。
2006年06月13日(火) No.197 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

むっ、難しいぃー。


click

コパクト・デジタルカメラでもマニュアル・フォーカスでしっかりと撮影するとかなりの映像が得られるということが解ったのだが、これが難しいの何の。何百枚もバシャバシャ撮って使えるのが数枚などというのが本当に実感として理解できた。ほんの数ミリでピンボケ画像になってしまう。特に近距離で顕著なかんじで上手く撮れない。くやしいったら無い。

click



それと今年になって良く写す花や木の正確な種や名前が疎いことに気持ちが良くなく、確か子供に買った植物図鑑があったように思い家中探したが、どうも処分したようで見当たらないので「花と木の名前1200」なる図鑑を昼休みに購入。帰宅後、家人に見せたところ、あらっ!っという感じで特別苦言もなくひろい読みしながらいろいろと教えてくれた。よく知ってるんだよなぁ、これが。まっ、眼にする花や木の名前くらいは少しづつ覚えよう。
2006年06月12日(月) No.194 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

しつこく水の撮影修行。


コンパクト・デジカメでどこまで綺麗に写せるものか、俄然興味が出てきてしつこくやっている。マニュアル・フォーカスでテクニックを上達させると相当に出来そうな手ごたえを覚え、ますますはまりそう。ほんの一週間まえには不可能とおもっていたがこのところの出来具合は希望がもてる。被写体はいいかげんな身近なものでたいした意味はないのだが、画像の進歩具合を並べてみた。

click

6月6日にはこんな写真しか撮れなかった。→










それがなんと、


click

11日にはマニュアル・フォーカスでこうなっている。(台所で撮影)

click

もっと練習すると近距離撮影は今のデジカメでも十分かも。被写体やアングルは感性で決まるようだが(くやしいけれど)、画像を綺麗に写すのは修行次第だ。
2006年06月11日(日) No.192 (デジタルカメラ)
Comment(3) Trackback(0)

水滴にチャレンジ。


「ジャプラノート」さんに刺激を受けマニュアル・フォーカスでならかなりできますということで挑戦してみた。いまごろ説明書を読んでやってみたところなかなかに写るので驚いてしまった。やはり腕、技術が必要なんだ。ますたーさん、ありがとう。

水滴

2006年06月11日(日) No.191 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

こんなことも。


昨夜は1:00就寝、今朝7:00起床するも朝食後、チェット・ベーカーを聴きながら昼までうたた寝をしていた。

click

自分の勤める会社は40人足らずの小企業であるが、OA機器やネットワーク環境は対費用効果では多分どこにも勝る最先端の状態を作っている。それを活用する人、しない人は色々であるが自分がグループ・ウエアやVPNが好きになれないので、データの送受信はもっぱらメールにたよっているのだが、自宅サーバーで遊んでいて簡易イントラネット用フリーソフトの「BJD」を利用して面白い使い方を思いついた。

イントラネット内の各PCにサーバーを組み込みポートを振り分けることでwan側が1回線でFTPを各々利用出来るのだ。ネットにさえつながっていればどこに居ようとポートを指定して社内の自分のPCにアクセスできる。httpサーバーはたいして使い道はないが、ftpは各種データのやりとりにとても便利である。固定IPでなくともDynamicDNSでドメイン名を振ると大丈夫。

サーバーの設定でユーザーとパスワードをしっかりとすると案外セキュアなものになる。いままでの経験では、ftpサーバーへの不正アタックは皆無に近い。クライアント側も「ffftp」など、優れたフリーソフトで十分使える。邪道かなぁ。

◆失敗◆LAN内ではうまくゆくがルーターで外部からではどうしてもグローバルアドレスでの21番ポートでしかFTPが通らない。httpのポートはアドレスのあとのに:xxxxポートを指定してうまくいくのに残念。知識不足による失敗でした。明確な仕組みが理解出来ていないということは悔しいですぅ(涙)。ぐやじぃー!!(2006/07/06-Update)
2006年06月11日(日) No.190 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

ワールド・カップ。


click

昨夜はWカップ開会式を見ようかなと思いつつ疲れていたのか23:00頃にはベートーベンを聴きながら寝てしまった。熟睡。7:00起床し気持ちよい天気にウキウキしながらゴミ出しに出る。イメージ表示で行うオン・マウス・イベント処理が他のタグでもいろいろ使えることを知った。そういえば、ときどきホーム・ページで見かけることがある。使い道はどうかと思うが。
報道で見たドイツの初戦、面白かったなぁ。4対2くらいの試合が一番おもしろい。
そして、あのサポーターの盛り上がりぶりなど理屈抜きで伝わってくる。
日本vsオーストラリア戦は、あさってだ。



テキストも出来るんだ。

2006年06月10日(土) No.189 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

もう週末。


昨夜24:00就寝するもまた3時頃目が覚め再度眠りについたのが4:00頃で結局起床は7:30。会社に着くのが9:00過ぎになってしまった。前夜の予定では6:30に家を出て7:30に着くつもりだったが、意思の弱いこと甚だしい。やや精彩に欠く一週間であった。

トップページのtopicsフレーム内でもつかった「似顔絵イラストレーター」で「冗談クリック」返信用の動画を作ってみた。ほめ言葉しか送れない送信フォームだが、半年間で400近いクリックがあり、一人でよろこんでいる。いうまでもなく、似顔絵は本人より数倍若つくりで美形にしてある。恥知らずとはこういうことか(笑&涙)。
2006年06月09日(金) No.188 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

きれい。


click

6月3日の日記で掲載した写真画像、フリーソフトの「縮専」で、もと画像の2592x1944から640x480Pixと1/4サイズにしてみました。一般的な写真ソフトでのリサイズとは随分違い感心してしまった。すっごく綺麗できめ細かな画像になっている。デジカメのメーカさんにも是非採用してほしい機能だ。クリックして見てほしい。
作者のかたを尊敬してしまう。コンパクト・デジカメでこんなに緻密な画像が出来るなんてすごい。被写体はニコンのD70sパンフレットのサンプル画像の接写。実物をこのくらい撮れたらとの野望。

click



普通に出回っている写真加工ソフトでリサイズした元画像と比べると一目瞭然。同じdpiとは思えない。ファイルサイズもほぼ同じ。


2006年06月08日(木) No.187 (デジタルカメラ)
Comment(0) Trackback(0)

慈善事業、慈善行動。



紫陽花の季節。
同じ枝で開花直前の房と
5分咲きの房。


今朝は案の定、起床が9:00近くになり、冴えない一日の始まりとなった。
西多摩方面での打ち合わせの後、一転、千葉の市川までという効率悪い行動で、3:00頃には近くまで着いたのに山勘で道路を走るも、この方面の地名に疎いせいで、あらぬ方向へいったりきたり。一時間遅れでJR市川駅に到着しなんとか仕事になった。すなおにナビを使えばいいものをと反省。

道すがら、ふと本当に実効性のある慈善ということに突然思いを巡らせた。あまたある慈善事業については、なかにはそれなりの効果を出せているものもあるとは思うが、だれに聞いても「胡散臭さ」がつきまとうのは残念なことだ。国が行っている海外援助からしてがそうなのだからもって銘すべしだ。

慈善のもっともはっきりとしているのは「持てるひとが困っている人に直接施すこと」だろうと思うのだが違うかな?

そんな単純なことで実現できないなど抜かしている輩はすべからく慈善を食い物にするための方策を考えているのだろう。皆、最初は情報公開しその慈善ぶりを明らかにして始めているのに、規模が拡大するにつれ不透明になってゆく。
web上でも多くのサイトが慈善への協力を呼びかけている。一歩すすめて、本当に自分が行動なり、寄付をして実態のある誰かが救われていると確信できればきっと多くの人が参加するように思う。飢餓難民や地震被害者をみるにつけ皆がみな、気の毒に・かわいそうと同情を寄せるもの。某国でのメールでの「デモ行進」の呼びかけにあれだけ応じる人が出る時代だもの、可能性のないことではない。初詣の何百万人を思うと、10万人くらいがどこかの公園に集まるというのは前例がないことではない。だれか義侠心あふれるイベント屋はでないかな。じき眠ります。22:20

2006年06月07日(水) No.184 (未分類)
Comment(0) Trackback(0)

ピアノ・トリオ


click

日曜日に焼いたMyCDの一枚はバップの頃のピアノ・トリオで大好きな演奏でアップテンポのものを6曲ほどまとめたものである。いずれも1950年代の録音で音質は望むべくもないが、なんべん聴いても飽きない。どのプレイヤーもジャズファンなら皆さんご存知の方々ですが、当時それほどお気に入りでなかったケニー・ドリューの「Caravan」。これがストレートに心に伝わってきた。ベースがポウル・チェンバース、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。なんという躍動感なんだろう。これぞモダン・ジャズってな感じで、ジャズが好きで本当に良かったとおかしな感慨を持った。

昨日の写真、おっ師匠さんのEMU。さんにほめられた(^^)。
今日のは、自信ないっす。

23:00横になるも結局2:00になっても眠っていない。たまらず起き上がりどうするか思い悩む。いっそこのまま起きていようか。
一昨日の日曜日深夜からチョット二月前のような感覚があり、6日の予約検診でドクターに話す。順調に来ていただけに不安が頭をよぎる。投薬量を少し増量し、様子をみることになったが、やっかいなことである。ひょっとして逆らえない何かが心に圧し掛かって来てるのだろうか。いやいや、馬鹿の考え休むに似たり、寝よっと。。。



2006年06月06日(火) No.183 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

WindowsMediaPlayer Ver.11(β版)


click

メディアプレイヤーの最新バージョンがアップされていたので早速インストールしてみた。うん、たしかにPCでの再生音が一段とクリアで良くなっている。

ただ、ご多分にもれずcpu占有率が3割方多くなっている。

最近はWindows やアプリケーション・ソフトのアップグレードがわずらわしくてしようがない。毎週毎月だものなぁ。こういうのは商品として失格なのではないかと思ったりもする。日々進化するITといえば聞こえはいいが使う方としては迷惑極まりない。
2006年06月05日(月) No.180 (音楽全般)
Comment(2) Trackback(0)

音楽三昧。


click

昨夜は23:00就寝、今朝8:00起床。天気は曇り空。朝からずーっと音楽三昧。webで入手できたramデータをmp3にしてみたり、あれこれ組み合わせてMyFavorite CDを作ったりの一日である。今のギガヘルツcpuマシンだと一台で再生・録音をストレスなく実行できるのがうれしい。しかし現状、webで入手できるフリー音源はビットレートが低くて音質には問題があり、やはり市販CDやDVDを購入するしかない。とはいえ、さわりは聴けるので購入の参考にはなる。以前もブログなどに書いたのだが、オンラインのCDショップなど(特に楽天さん)、試聴のないサイトは駄目だね。販売目的の数十秒間の音源提供に著作権は発生しなのに、サイトの言い訳はそれがあると言っている。せっかくの文明の利器を半分も利用してない感じで、はがゆい。午後からはなぜかチャイコフスキィーの交響曲。これも何時購入したのか記憶にない(苦笑)。40年もののレアなステレオ・アンプ&スピーカ・ユニットのライン入力での再生はなぜか安らぐ音質だった(^o^)。
2006年06月04日(日) No.177 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

これこれ!


click

昨夜は夜遅く息子の帰省で寝るのが1:00頃になったが、熟睡したようで今朝10:00に起床。久しぶりにゆっくりした週末。午後2時頃にオーディオのコードでほしいものがあったので、家電量販店を併設している大型スーパーへ家内同伴で行った。

コードを買う前にデジタルカメラ売り場に寄りあれこれ品定め。ありました、ありました。のぞむ映像がコンパクト・カメラでは絶対無理とわかり「一眼レフ」相当のデジタルカメラということで、画像サンプルを見る限りやはり「Nikon」ニコンの「D70s」がいいなぁと。。。

click



こんな写真が撮りたい(実際はこの10倍くらい極め細かな映像)。動きのあるものや遠景画像がまるで違う。写真画像はアナログでの銀板写真での映像イメージが根強く残っているため、コンパクトカメラでの画面はどうにも不満が残る。Nikon「D70s」の能書きにある「進化したオート・フォーカスのアルゴリズム」で、とか、1/8000秒のシャッター速度とか1/500秒の高速シンクロ・システム、とか大型CCD搭載により実現した大きな撮像素子の面積により、「ボケ味の美しい一眼レフならではの空気感のある映像表現が可能」などなどが自分を駄々っ子のようにしてしまう。道楽ってのはお金がかかるんだよなぁ。そのうち、こっそりと買ってやろうっと。オーデオ・コードも希望のものが見つかり、ついでに中継プラグ類も衝動買いして、機嫌よく車にもどった一時間だった。

そのあとは1時間近く車内でCD鑑賞(小音量で)。それにしても女性の買い物時間というのはなぜ長いのだろうと長年考えているが答えは解らない(クッ、クッ、クッ、笑)。
2006年06月03日(土) No.176 (デジタルカメラ)
Comment(2) Trackback(0)

ビリーズ・バウンス


click

昨夜は23:30就寝、2:30頃また目が覚め一時間ほど起きていた。ジャズを聴きながらすぐ寝て7:30起床、うだうだしながら9:00出発。一箇所立ち寄り昼前に会社に到着。溜まっている仕事をテキパキとこなす(ウソです)。

で、昼食は例によってづけ丼。カウンターに着くなり流れてきたのがピアノ・トリオでの「ビリーズ・バウンス」、♪=480位のミディアムアップテンポのビーバップ・ジャズ。聞き覚えはあるものも誰の演奏で何時ごろのものかはさっぱり思い出せないが、いっぺんにご機嫌な感じの昼ごはんとなった。ピアノのアドリブの良し悪しは旋律よりも断然リズムのウエイトが大きいことを強く感じる。このテンポでは特にドライブ感が心地よさの大半を占め、ドラムの自由なシンバル・ワークとピアノの旋律というより音そのものとの綾にドライブ・疾走を決定ずけるベース・ランニングがあって、これぞモダン・ジャズといった演奏になっている。午後は本当にテキパキと仕事をしたなぁ。で、20:30退社。働きすぎだーって。
2006年06月02日(金) No.175 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

なぜか忙しい。


click

夕べは23:30に寝、のどの乾きで2:00頃一度起きて牛乳を少し飲み直ぐにまた寝たのだが、疲れているのだろうか2時間近く寝過ごし8:30起床。9:30に出る。一件、調布方面に立ち寄り午後には会社へ。若手部員に頼まれていたdellのノートPCを注文するも、デスクトップPCに比べ随分割高だよなぁ。倍くらいの価格で、CPUクロックは半分。こんなんで5〜100MBデータの作図編集しようというのだから、ご苦労さんとしか言いようが無い。

体の疲れとはうらはらに、継続治療の効果か、なぜか気力満々てな感じで不思議な気持ちがしている。大丈夫かなぁ。それと年一回の定期健康診断の各種数値が全て健常という摩訶不思議。成人病の一つ二つあってもよさそうなものなのに、ひょっとして自分は成人じゃないのかな(^o^)。PHOTOは葉っぱのつややかさに驚いて思わずパチリと。濡れているのかと手で触ってみたがそうでなかった。
2006年06月01日(木) No.172 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen