LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


キタ〜〜


click


 やっぱり電気だと言うことで「回転砥石」。昔から事あるごとに切れなくなった包丁やナイフ、ハサミなどを砥ぐんだが、ちょっと間隔があくと錆ついてしまって実に面白くない。この半年の新型コロナウィルスの大流行の所為もあって世界中がロックダウンとかステイホームとかいって、動画も家でやるDIYやプロ顔負けの職人技をいろいろ紹介しているものがあって、その中の「包丁を砥ぐ」のを見つけて、刃こぼれや欠けた刃なんかは機械研ぎの効用があって、ちょっと抵抗があったが安価な物をAmazonで物色して今日届いた。抵抗があるって言ったのは素人の分際で工場じゃあるまいに「機械研ぎ?」、って云うことだ。実は少し前にグラインダーを買って試して見てこれは駄目だなと反省して今回の一見おもちゃみたいな「機械研ぎ」に出会ったわけ。今日はセットのみで砥ぐのは後日と思ってる。シンドイからね\(^ω^)/。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年07月01日(水) No.4611 (砥ぐ)
Comment(0) Trackback(0)

もちょっと。


click


 6月の最後の日、順調に体重が増えている。今日は終日デイサービスで四六時中水ものを取っていたんで夕方には1リットルぐらいのおしっこが出てそれでも微増している体重は食事が普通に取れている証。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年06月30日(火) No.4610 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

料理に目覚めた。


click


♬〜塩抜きしたワカメがちょうど一人前ぐらいあったので大好きな酢の物を作った。あればネギや他の薬味を添えたいところだがこれで良しとしよう。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年06月30日(火) No.4609 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

さぼっていた運動を再開。


click
♬〜みそ汁2日目。

 ひさびさの運動、時間は28分きっかりでメニューはパンデミック前と一緒。床運動で前には出来ていた正座が全然出来なかった。うぅ〜〜ん。直後のバイタル、159-98/P103。まぁまぁかな。ランチも完食なので夕飯後のウエイト測定が楽しみだ。望むらくは目標に届いて体内年齢が71歳になること\(^o^)/。
STOP

click
♬〜サラダ3回分。

 わかった、iPhoneで記事を書くときはメモ帳の下書き編集はいけないと言うこと。たぶん。


Permalink web拍手 もっとこっちでも


2020年06月30日(火) No.4608 (ブログ::リハビリ)
Comment(0) Trackback(0)

味をしめて。


click
♬〜これこれ、此れが食べたかったキャベツ
  の味噌汁。冷めると白みそが分離して底の方に
  行っちゃうのが風情があってイイ。

 さて、キャベツの味噌汁だが
2.8Lの水にキャベツ1/4カット
日高昆布一切れ(3x5cm)
顆粒ほんだし2本(8gx2)
中〜弱火でとことこ煮出す。
キャベツがしんなりした頃火を止める。
今回は九州屋の「生きてる無添加あわせ白」を若干少な目の250gをうらごしネット使い溶いていく。
最後に中火で沸かせて灰汁を取る。
僕は味噌や具が煮込んでこその味わいが好みだ。
STOP

- [ ]

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年06月29日(月) No.4607 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

文章の文字一個でも言語が違うとそれまでかも。


 再開後の記事でのバグ、ハイパーリンクの段落を日付を替えてメモ帳に残してあるテキスト文のコピー&ペーストなんだが、ダブルクォーテーションの編集する時に違ってに違う言語を入れてしまっていた。これが分かったのはブラウザのURL&検索ワードのテキストボックスに文字列が現してくれたが助かりました。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2020年06月29日(月) No.4606 (自宅サーバー::htmlの小技)
Comment(0) Trackback(0)

ブログ中断して再開後の記事でのバグ。


 去年のたしか11月11日の更新の後、Windows7のバージョンアップが原因でサイト内の動的ページがサーバーエラー起こしていてしまって、もうイッカと諦めていた所、今年になって世界中がコロナウィルス騒動、パンデミックが起こってしまいステイホームなどと言う自粛引き籠り不要不急の用事以外は外出禁止が人として守るべき事なのだと言う地球的縛り様で、これ幸いと(?)、いっちょう治してやるかと取り組んだのWindows10、64bitのOSのノート型パソコン(去年Amazonで中古\15,000、拾い物だったがクリーンインストールして放ったらかしておいたもの)にBJDサーバープログラムをインストールして其れからサーバーエラーの修復工事を肅々と、違うな、気が向いた時にちょっとずつだが始めたのです。

 cgiプログラムはエンコード絡みが解ってきてどうにか少しずつ解決して記事の書き込みが出来る様になったのが良かったのに、コメント文の最後にpermalink(ぱーまりんく)が間違っていた。これは僕の単純ミス。記事の年月日の記述がコピペする時に必要なスペースが入っていなかっただけでした。

 まだ修復出来ないのがweb拍手の履歴の表示等、いくつか有るがエラーが出るまで分からないのが心苦しい、でもないか。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年06月27日(土) No.4605 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

早いものでもう16年目の誕生日。


 6月26日は「しんじワールド」立ち上げ記念日だ。ちょうど2004年(平成16年)干支で言うところの申年、僕の年齢でわ2004-1945=59歳。現役を引退を退く宣言を伝える半年前で、実際はあと2年経ち晴れてリタイアしたんだけど個人での引き継ぎ案件が2、3あってさらに1年続いてこの頃3歳年上の連れ合いを亡くしてしまって、まあ忙しい時期ではあったなぁ〜と考え深げに想うことしきりです。

 このサイトのメインコンテンツであるmidi、mp3は1年前から作っていてよく時間があったなぁと言う事頻りなのですが、今思っても何か神掛かっている様な気がする(~_~;)。

 確かホームページの王道(?)でYahooデレクトリに登録が叶えばとサーバー運用の7月にDTM関連の登録があって、一気に来る人が何十倍に増えたと記憶している。回線はアナログの電話回線で、最初に東京は三鷹の実験で始まったISDNが一般向けに公用通信として始まって間もない頃だった様に記憶してる。そういえばダイアルアップ切替機なる物を僕と息子のPCから電話機に繋いで、早いもの順でインターネットにアクセスしたもんだ。プロバイダーはアサヒネット、光回線が普通になってSoftbankを選んだと思う。


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2020年06月26日(金) No.4604 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

iPhoneSE2。


 iPhoneSE、今日から諸々の連携開始。始めるぞー🎉😷

STOP

■(WiFi)BNRスピードテスト (画像版) 最高速度:10.05Mbps 平均速度:8.44Mbps https://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html
■(4G回線)BNRスピードテスト (画像版) 最高速度:14.11Mbps 平均速度:9.85Mbps https://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


src="image/btn_twitter.gif" border="0" alt="こっちでも">


2020年06月04日(木) No.4603 (ブログ::日記)
Comment(0) Trackback(0)

樅ノ木は残った。


click
♬〜新iPhoneSE2でPCのリモート操作

 久々に時代劇を観た。山本周五郎原作「樅ノ木は残った」、制作1990年のテレビドラマだ。それで阿武隈川の話になるんだが、時々当ブログのネタになる和歌とか俳句が思い起こされてそれにまつわる古歌を拾い集めて来た。実にいいもんだね。

君が代に あぶくま河の 渡し舟 むかしの夢の ためしともがな         続後拾遺和歌集 藤原実泰

人しれぬ 恋じのはてや みちのくの あぶくま川の わたりなるらん 
新後撰和歌集 藤原季宗

年経ても あぶくま河の 友千鳥 なく音身にしむ 夜半の 月影         景勝4天王院和歌 藤原秀能

あぶくまに 霧たちくもり あけぬとも 君をばやらじ まてばすべなし      古今和歌集  東歌

君が代に あぶくま河の 埋もれ木も 氷の下に 春をまちけり          新古今和歌集 藤原家隆

空清き 雲ゐの秋の よろずよに 逢くま河の 波の月かげ            建保名所百首 俊成卿女

click
♬〜流行に遅れまじと購入した3代目になるiPhone


行く末に あふくま川の なかりせば いかにかせまし 今日の別れを
新古今和歌集 高階経重

君にまた あふくま川を 待つべきに 残り少なき 我ぞかなしき         新古今和歌集 藤原範永

世とともに あふくま河の とほければ そこなる影を 見ぬぞわびしき
後撰和歌集 読み人知らず

君が代に あふくま河の そこきよみ よよを重ねて すまんとぞ思ふ
金葉和歌集 藤原頼通

たちくもる あふくま河の 霧のまに 秋をばやらぬ 関もすゑなむ        建保名所百首 藤原定家

風はやき あふくま河の 小夜千鳥 涙なそへそ 袖の氷に            景勝4天王院和歌 後鳥羽天皇

たちくもる 霧のへだたも 末みへて あふくま河に あまる白波         新後拾遺和歌集 二条為重
-------------------

 ドラマ後半に出てくる主人公甲斐とその母君との会話の中で新古今和歌集の「行く末に....」で返歌は要らんと言う件。ズズンと来たね。


 そういえ歴史美術史学者の田中英道さんが講義していた、記紀に富士山が出てこない謎と言うのがあって、同じ頃に編纂された万葉集では出てくるのにと言うことがあった。Youtubeで何回も聴いている。教授の言う天皇家の前に日高見国があったと言うことは本当だろうね。日立風土記や神道の祝詞や鹿島神宮、香取神宮なんかもグローバリストにとっては頭の痛い問題だろうね。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2020年05月28日(木) No.4602 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen