LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


詐称作曲家。


 どうしても心の内で解決したい事があって、それはこの2〜3日、桐朋学園大講師の新垣隆さんのゴースト作曲家事件というより、全聾の詐欺師に近い方が巻き起こした事件で、なまじその作品が「楽聖」にも匹敵されるという事なんだと言うこと。まぁ興味のない方々にとってはどうでもいい事なんだけど、僕にとっては大事件さ。

 それというのものマスコミに出張る自称コメンテーターってのがまぁ似非教養人、なんでその作品を「耳が汚れる」とか「聴くに値しない」なんてのたまって居る。結局本人の音楽の感性のなさをアピールしてるんじゃないか。

click
詐称作曲家が描いた指示書。
これで持って作曲と言うには.....

 近世に入ってから音楽家、ピンは著名作曲家からキリは作曲コースの音大生、実務でゲーム音楽作曲家まで、誰もが作曲家は死に物狂いでどうしてもこの世にない旋律や和声を求めて来てるんだよ。それを嗜好の世界だからと言ってこれ見よがしにクラシックの音楽を冒とくしてるのだの莫迦してると言う神経が、似非インテリなんだ。近年アバンギャルドとか前衛とか一風変わった音楽が性懲りも無く流れては消え発表してはお蔵入りなのだけど、一笑に付すっていうのも或いは簡単ことなんだけれどさ。しかし耳が汚れるはないでしょう。近づかなけばいい話、そうやって流行歌やロック、ジャズやゲーム音楽を先達の作曲家と区別する、徳のなさ。なさけないねぇ、まぁ嫌いですって言うのがどっちかって言うと正解だね。

 音楽は「学」が付くようにアカデミックで芸能や流行りもんとは違うんだ、ちゃんと切り離して考えなくちゃダメだよ。専門外の事は黙ってなさい、ブツよ。でもさすが有名作曲家はちゃんと言葉を選んで発言するよ。10万枚と言う重みがそうさせるるのか、こりゃ凄いって言ってフロックだったにしても共感出来るのか、取り敢えず無名の作曲家がこれを書いたことには驚かされちゃう。

 そゆえばいつも思い出す、Windowsに寄与したIT開発者の目の前で「OSはMAC命」なぁ〜んて言ってるようなもん。あ、スッカリ化けの皮が剥がれたの著名の脳科学者なんだ。ゲーム音楽なんて、という部分はあるにせよ蓼食う虫も好き好き、勝手に決めつけないで欲しいんだ。

 そして、オーム報道で名を馳せたジャーナリスト、類似性は認めるものチカラの有るもとと無いものの、二人の関係が起因するでしょうに、これは最初はともかく、いつの頃か、道義(?)的恐喝犯罪として裁かなきゃ。曲の感想述べてる場合か、このトンチキめ。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2014年02月07日(金) No.4355 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen