LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


俳聖、芭蕉。


 お、「春立つや 新年ふるき 米五升 - 芭蕉」。偶然、僕の昨日のご飯を炊く行為を示してんのかなぁ〜って思ってたら違うんだね、まぁ松尾さんの若かりし頃だ(≧∇≦)。

ちと気になってこの俳聖の句を調べて見たんだが、....あったね、

「似合はしや新年古き米五升」

「我富めり新年古き米五升」

 芭蕉庵には米櫃の瓢があった。当時の常識からしても5升の米は貧しさの象徴であった。で、素堂さんの命名によると「四山の瓢」である。僕んちだと30kgくらいのライスストッカーだから、約166合か。これらの句には穿った見方があったりして、貧富の差と言うには当たらんだろうだね、ぷっ。

 たぶん芭蕉さんにすりゃぁ、やることがある以上それ以外は不要、分限を越えたイギタナイ役人や ブラック商店を揶揄して言ってる事なんだね。然もありなん(^_^)。

 俳聖・松尾芭蕉。冒頭の句は41歳の頃の作品で、「立春」はあの頃は旧暦だってんで12月だと間違って解説してるものがあったが、それは間違い。「はる立つや」と二十四節気の「立春」は別物だ、時系列がちょっとね(^_^)。



【 はるたちぬ....    】、
【 春立つや....     】、うう〜〜ん。なかなか(・_・;

 取り敢えず、おぉ〜、モーグルの上村選手、腹筋が71.8cmで僕と同んなじくらいだ(≧∇≦)。夕方の「NHKクローズアップ現代」だ。んっ、比較するもんじゃないか。性差もあるしぃ。しかし筋トレの様子、興味津々。

 で、なんかしら可笑しいと思って3年半ぶりに測ったウエスト、なんと78cmもあったのだよ(」°ロ°) 日々此れ精進の賜物なんだよねぇ〜、いやさ、自力本願、ぜったいシボーなんかじゃない。きっぱし(^_^)。


STOP
 出来た!きゃ。

【 はる立つや 炊き込みご飯か 古きコメ. 】

そゆえば秋と冬と夏は「立つ」が似合わん。どぅどぅ。

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2014年02月03日(月) No.4351 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen