LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


やっぱり映画やテレビは、


click
♪〜やっぱ、画像がないと(^_^)

【テレビドラマ】
 お早うございます。快眠カイミン、良く寝た朝は勝ったようなもんだ。ゆうべは米国のテレビドラマを3本、ニキータ、リベンジ、ダメージを見ちゃったが最後の方はうろ覚え、でも脚本監督俳優がイイと抜群の娯楽力なんだ。

 アメリカのテレビドラマはしばらく観てなくてもっぱら北欧、ロシア、中国、韓国が意図して観るドラマだったのだが、それは21世紀以降の文化の進歩を観るに等しいと思って居たからね。それが2008、2012年の北京、ロンドンオリンピックの後、どうもジリ貧で一本40分等々見ることがかなわないんだ。


click

【リハビリ考】
 一昨日の気怠い気分はひょっとして気分良く過ごす為に必要じゃなかったのかと言うことなんだけれども、原因は多々有るんだがもうそんなことはイイやね。だって其れが無いとアホ丸出しだ(^_^)。

 自他共のに認める天邪鬼の僕で「趣味」のリハビリと称して行っている脳卒中の後遺症の事なんだがね、昨日アタマに閃いた事があってそれは右手の麻痺に関わる事なんだが、良く使われる運動に指先の輪っかができるかどうか、箸が使えるかどうか、其の他諸々。で、器用な僕に取っては面白くはない....

 同じ運動機能不全として、近代医学として、「自然治癒力」に何かのチカラを与えるものとしては、トレーニングをリアルタイムで脳内スキャンして方法を探るっていう事があるらしいんだが、此処で言う事はそんなコトじゃ無い。いわゆる現象の言葉による表現の話しなんだ。

click

 幸い症状が比較的に軽症だったという事で好きなように仙境を目指すこの僕だが、昨日閃いたのが、麻痺の指先と爪の「圧迫感が無い」と云うこと。これをどういう風に言葉にしようかと常々思ってたんだが、これにて一件落着、っていう訳には参らん。釣りの糸結びや箸使い、ビニール袋の開封、はたまたガラスのコップの運び方。全部関係してるんだ、まるでアシモの開発途上にあるようなもんだ。

 さて、なんか良いトレーニング方はないかな。

そゆえばコンデジのシャッターとかタッチパネルのボタンとかもそうだ、指先と爪に圧力を感じてやるものは皆そうだ。箸の使い方は、回復期当初から余り期待はしてなかった分、二年近く遅くなったが、それは圧迫感覚主眼だと云う事が頭から抜けててリハビリツールを役立てなかった事に有るとすれば、自業自得、なんせ食べる時には四の五の言ってないでゆっくり食べさせてよと云う身勝手な患者だったからね。

 しかし、最先端のIT科学や脳波診断を結果から一律にじゃなく此の位は確率として治癒が認められると言った知見が必要なんじゃなかろうか。ま、それも患者さんの意欲に因る事も多い事も承知なんだが、麻痺は完治しないとか、IPS細胞移植手術が実用化するまで待ちなさいと言った話は、如何なもんだろうかは知らん。


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年05月19日(日) No.4162 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen