LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


大漁たいりょ〜♪


 二時間もしないで夜中の1時過ぎには目覚めてしまい今日の釣行の準備など、やはり少し遠くに行くというのが近場で竿を出すのとは意気込みが変わるようだ。まだ暗い4時に出発、同行する弟を迎えに行く。何べんも見た天気予報ではさらに好い気圧配置となっていて風も静穏ということで、はなっからテンションが高まる。起き出して来た舎弟もすぐに支度が出来早速出発、勇躍いつもの南伊勢・吉津漁港を目指す。

 大内山インターの餌屋さんで餌の配合をして其処から漁港までは20分足らず、明るくなりだした頃に丁度到着、気温15℃で無風、べた凪の海を前に防寒対策に雨合羽を着る。ネック・ウオーマーまでして道具一式を担ぎ赤灯台堤防のいつもの場所に陣取る。中ほどで夜釣りをしていた方二人に声をかけ調子を聞くもあまり芳しくなかったようだが、朝方の海は様子が良い感じに見える。

 今日は、昨年マスターした練り餌・団子でのフカセ釣りで木っ端グレを避けて底近くの良型グレを狙うということで、釣り座をセットしてから入念に餌を練る。なんせ、うじゃうじゃ群れるグレを釣るのだからしてあまり撒き餌効果を出す必要もないので、新たな試みで強力粉を配合して粘りの強い団子になるようにし、フカセ一本針にチンタ・メバル針9号、ハリス1.25号、付け餌にオキアミ、石ゴカイ、餌なしと三パターンに包む団子の大きさも小指の先ほどからうずらの卵大までとし、底近くを流す釣りなのだ。

 鏡のような水面に第一投、あはは、すぐに20cm超える太いグレが掛る。右隣に陣取った舎弟の竿にもすぐに、これは手の平大のもの。今日は久しぶりに友人に獲物を持って行くというのでスカリに確保。多分相当釣れそうなので手の平大以下の木っ端グレは放流することにしたのだが水面には撒き餌にバシャバシャとそれが群がりだしている。それをかわして仕掛けを底に落とすのが難しい、魚の活性が高く群れが下のほうまで団子を追いかけて行く。

 しっかし、忙しい釣りになってしまったが当たりも釣れ方も千差万別、面白いねぇ。5枚に一枚くらいの割合で20cm〜25cmの良型が来る。上手く合わせたと思った後は何故か空振りが続く。そうすると、なんでなんでと手を変え品を変え、夢中になってしまうのだ。

 日が高くなりだした9時頃には流石暑くなり、雨合羽も長袖シャツも脱いで夏の出で立ちに変える。そよそよ吹く海風が気持ちいい、が、突然に眠気が襲って急ぎ車に戻り30分ほど居眠り、スッキリとして再開だ。丁度大潮の下げ止まりの頃だったようで良いタイミングだったといい気なもんだ。

 その後も釣れ続きスカリもずっしり、1時に上がろうといっていたのに結局仕舞ったのは2時過ぎ、まぁ面白かったねぇと満足して帰路につく。STOP

Permalink web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


 
2010年10月07日(木) No.3694 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen