LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日はゴロゴロ。


 昨日とは打って変わって日曜日の今日はテレビ三昧と思っていたが朝から「報道2001」「時事放談」「サンデージャポン」をどれも途中でギブアップ、どうにも見るべき物がなく、じゃぁDVDだとちと古い作品になる「バンテージポイント」と「幻影師アイゼンハイム」の二本を珍しく完全視聴。

click

「バンテージ・・」は前にも借りて目にしたような作品だったがまぁいいやと最後まで通して観た。8人のそれぞれの視点から見えたテロ事件をスピード感たっぷりに見せてくれるサスペンス、良く出来るわいとまぁまぁ満足だったがビデオ撮る観光客役のフォレスト・ウィテカーなる俳優さん、各種男優賞なども取っている演技派ということだが、どうも鼻についていけない。大根役者の典型に思えてしょうがないのだがこりゃ好きずきか。


click

 二本目の「幻影師アイゼンハイム」のほうは世紀末のウイーンを舞台に当時の身分制度をひっくり返すかのような奇抜なストーリーで、これは面白かった。一番気に入ったのは平民出身で立身出世を夢見るかのような権力べったりの警察官が最後のほうで毅然と人間的に筋を通すところで、今でいうなら巨悪に立ち向かう官吏といった趣き、ハッピーエンドと相まって実に面白かったね。

 なんといってもヨーロッパの中心的存在だったオーストリアの風景や市中の様子がきれいなのとヒロインが水中死している光景などあのミレーの名画「水の上のオフェリア」を彷彿させる美しさで惹きつけられた。

 それにしても皇太子の宮殿廊下に掲げられた鹿の角のおびただしい数、いくら狩猟好きといってもあんなに獲ったのかと想像をたくましくしちまったね。


 夜になってやっとテレビ、もちろん「龍馬伝」、清風亭会談の話。緊迫感があって今日も面白かった。BGMがいかにも時代劇風になっていて刀を抜き交わす場面とよく合ってたなぁ、あはは。
STOP

Permalink web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年10月03日(日) No.3686 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen