LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


いま泣いたカラスが・・・


click

 夕べは久しぶりに長い睡眠、今朝6時に起きて爽やかな秋空を見たとたん昨日の不機嫌はどこへやら、ヨットハーバーに出かけることに、なぜか意味もなく今日は魚が釣れそうという予感だったのだ。

 近くの三重釣り餌センターで冷凍のアミブロック小1kgと餌をテキトーに買い大堤防に行くとさすが土曜日とあってもう駐車車両がいっぱいで停めたのはかなり離れたところだったがイイ運動になるわいと好天思考、キャリーに道具一式積みこんで先端までぶらぶら歩く。

click


 道すがら眺める岩田川は潮が上げいっぱい、満々とした感じが良く、やはり風向きの関係か昨日とは感じが一変している。どうやら西寄りの風が好ましいようだ。昨日は東風だったもんなぁ〜、「こち吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春をわするな」と連想は支離滅裂。

 大堤防の先端は今、海上保安庁の灯台が設置工事中で真っ白な塔部が昨日建ったばかり、てっぺんにライトを付けて完成なんだろうな。いくらレーダー技術の進歩で灯台の果たす役目は終わったと云っても海に突き出たところに標識があるのは文明社会の証のようなもんで無駄とは思いたくないね。

click


 阿漕湾側に向かって陣取り、満潮の潮止まりなので急ぐ事もないと、乱雑になったツールボックスの中身を広げて虫干しがてら整理をする。そしておもむろに今日は団子釣りもするので餌の配合に取りかかるも冷凍アミがカチンカチンゆえ乾き物のグレパワー、押し麦、米ぬか、サナギ粉、小麦粉を適量混ぜて時間待ちすることに、何を狙ってということではなくこれで何が釣れるかなぁという釣りなのだ。溶けるまではサビキ仕掛けを投げて様子を見たのだがなかなか大きな群れは入って来てないようでコノシロとカマスの幼魚が何尾か掛かっただけ。

 潮が動き出したころようやくアミブロックも溶け配合餌に合わせて硬めの団子を練り仕掛けを投入。西からやや南寄りの微風で実に気持ちが良い、なんといってもカンカン照りの日差しが半そでシャツでも平気なくらいに秋めいて昨日とは大違い、季節を感じる。

 後ろのほうの川側でチヌを狙っていた釣り人には35cmくらいのカイズなどが釣れていたね。奇麗な魚体で群れが入ってきているようだった。

 拙者のほうはさっぱり当たりがでないのだがあまり気が急く感じもなく、かえってのんびり感が心安らぐ、いや負け惜しみじゃなくて。

click


 11時頃か、そろそろ暑くなって仕舞おうと思い始めた時にやっと当たりが出だして掛かったのはコショウダイの幼魚、イサキ科の魚で文様がなかなかシック、これはじっくり観賞したいと活かしバケツに確保する
 
 もうお昼になると仕舞いにして活かしバケツの海水を入れ替え車に戻り、昼食は久しぶりに「あじへい」かなと考え立ち寄る。活かしバケツの水温が心配なので車外の日陰に起き、店内に入りいつもの席で「冷やし中華」を注文、冷たい水が美味しかったことったらない、立て続けに三杯も飲み干し冷水ポットのお代わりだ。待つ間は例によってツイッターでなぅしたりしながら南伊勢に行ってる舎弟の釣果はどうかなとメールなど。

 店内は時間のせいもあってお客さんも多く、遅いのはしょうがないと思っている矢先、「お客様、ご注文は?」とカウンターのスタッフ君。いやはや驚いたね、申し訳ありませんと大慌てで調理に掛かるのを見て、ふと活かしバケツのコショウダイの事に思いが及ぶ。

 ここでしばらく待って頂いたんではイージー・ミスした若もんの為には良くないなぁと10年も前ならひっぱたいて責任者ダセと息巻いてたのだろうが、さすが歳の功、温厚なしとになっていて「いまから作るんじゃタイム・オーバー」、また今度ねと店を出たがちっとも温厚じゃない。美味しい水のせいでたいして食べたくもなかったし、やっぱり我がままは変わらない。しかし、ささいな落ち度ほど強く戒めないと結局繰り返すんだよなぁとひとつ善行したといい気なもんだが世の大方のしとはそれをカワイソーなどと庇う。幼稚園児でもあるまいしそれは違うだろっ。

 案の定活かしバケツの海水温は温くなっていて2尾のコショウダイは息も絶え絶え、急ぎ帰って少しずつ海水を足し保冷剤なども使って30分掛かりで調温、どうかなと危ぶみながらも水槽に放流したのだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 

 
2010年09月11日(土) No.3646 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen