LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


気付けば早25日。


 昨日は早朝4時に出かけてあの炎天下延べ16時間も遊びまわり帰宅してからさてブログに記録と思いながらもバッタリ寝てしまった。でも出かける前に一応更新してあるので良しとするも、日記としては行動の一端を記録しておきたいと夜中の2時に起きたのでワールドカップの始まる前に書いとこ。

 24日は全国的に晴れマーク、梅雨の合間のカラッとした貴重な一日とあって仲良し舎弟をともなっていつもの南伊勢、吉津漁港に釣行。今回の餌の予約の際にはすこし厳しい言葉で念を押していたのでビックリするほど新鮮なアミエビだったのは結構なことだったね。

click


 到着した吉津漁港の赤灯台堤防、わんさかと木っ端グレやスズメダイが沸いていて、それでも工夫を凝らしてなんとか仕掛けを底近くまで落とすと10回に一度くらいの頻度で22cmオーバーのグレが掛かる、これが面白い。正確に調べたわけじゃぁないが5〜8cmのものが今年生まれたやつで、10〜18cmくらいが2年生、20〜23cmは3年物のように思うのだがこれが秋には28〜30cmになるのだろうか、このクラスが一号竿に掛かるのが一番面白いのだ。今日は持ち帰らないので全て放流、いつものポイントには朝6時前からという釣り人が一人先に入っていて10時頃には上がったのだがここにも木っ端名人がいたね、スカリにはどっさりと木っ端グレが上がっていた。

 お昼のサイレンが鳴るころ、たいがい餌取りの多さに少しうんざりしていたトンマ・ブラザーズは暑い日ざしもあって、そろそろ止そうかとなり1時には漁港を出て帰って着た。

 津に到着した頃にはまだまだ日が高く、餌もたっぷりあるしということで弟を降ろした後拙者はそのままハーバーに寄る。サバっ子を一本針で誘って釣る面白さが後を引いていてそれをやろうという魂胆。

click


 ハーバーの車を停める場所近くの船上げ場に大型クレーン船が係留されていてなにやら大きな鋼鉄製の構台を組み立てていた。尋ねると水深が浅くなったので浚渫するらしい、あはっ、良い釣りポイントになりそうだと期待しちゃうね。

 それにしても大型の重機は存在感あるよなぁ〜、つい見とれてしまう。堤防でのサバっ子は5尾ほど掛けたころから少し風が出てきたので直ぐに仕舞いにして帰って着たが御殿場から自転車で様子見に来たというおじいさん(拙者に比べ)、鋼管町の方の様子など教えてくれたのだが来週にはこちらで遊ばしてもらいまっさーと元気に帰っていった。

click


 帰宅後改めて万歩計を見ると1日で4945歩、よく歩いたなぁ。足が攣らなきゃいいけどね。シャワーを浴び急いで夕食は冷凍保存のサバっ子の味噌煮で、これホント美味しいわ。

 で、ブログ更新しようとしたのだが眠気に負けて日付が変わった25日の深夜2時過ぎ起床、上手い具合にワールドカップの日本戦が観戦できるわい。
STOP
【皆勤賞?】
 運よくワールドカップ日本vsデンマーク戦の中継を見ることが出来、しかも快勝、サッカー大好きってぇわけじゃないがこれは嬉しい。専門的なことは判らぬが前二戦とはパスの回し方がまるで違って見えたのだが気のせいかな。  ニュースで観る大喜びの群集は見ていてさらに楽しいね。あの時間帯でのTV視聴率の数字を見てビックリ、さらには視聴占有率が85%ってんだから大変なもんだ。小学生も早起きして見たなどとインタビューに嬉しそうに答えているのを拝見すると、この調子で勝ち続けるとどうなることやら。選挙がすっかりかすんでしまうが、メゲズに頑張ってもらいたいものだ。

 サッカー観戦中、ツイッターでソフトバンク・孫正義さんの株主総会?での講演があると知り拝聴した。企業家とか商売人の範疇にはとうてい収まらない明晰な頭脳の持ち主で20代の頃からその動向に注目しているのだが今回は諸手を挙げて賛同とは云えない内容だったなぁ。まぁご当人が大法螺といってるくらいだから夢のある話とも云えるがこれもまた頑張ってほしいものだ。

 昼過ぎにはさすが眠くなり2時間も昼寝の後、空を見ると今にも降り出しそうな梅雨空で雨雲レーダーで見ても広範囲に覆われて予報は小雨、でもなぜか強く降らないように思って、ヨット・ハーバーに出向く。3時間ほどの釣りだったが足元に落とし込んで小型中型のガシラが3尾ほど釣れるも今日は放流、一度はチヌらしい引き込みで上げきらずに潜られ糸を切られてしまったのだが竿が違うので止む無しだ。しかし強力な引きだったなぁ。

 雨合羽は装着していたものの、時おりポツリポツリと降るくらいで暑くなくて良かった。帰りにふと思い至ったのはなんと今週は月曜日から連日欠かさず釣りに出ている、皆勤賞ならぬ皆釣賞。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月25日(金) No.3449 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen