LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ブログ書く間もあらばこそ・・


 今日も実に良い天気、しかも早々と目覚めタダシイ生活が続いている。夕べは早々に寝入ってしまい今朝になって総理の辞任を知ったが幹事長道連れということで一安心、良い方向に向かうだろうね。

 そういえば天気が良い時、頻繁に釣行メールが来ていたのにこのところちっとも無いのでどうしたことかと気になり多分お店だろうと、南伊勢に向かう前に寄ったところ今来ようとしてたということで危うく行き違いになるところだった。拙者が心配しちゃいけないが、まぁ元気なので一安心、明日一緒に行こうよと言う事で今日はそのまま単独行、6時には伊勢道に。玉城の餌屋さんで入念に撒き餌兼団子用の配合餌を調合する。思惑があって特殊というほどのこともないがしんじスペシャルだ。

click


 ちなみに公開すると、アミブロック2kgにスーパー・グレパワー1kg、サナギ粉300cc、糠300cc、押し麦150cc、小麦粉50cc、これを水を加えずに良くかき混ぜて用意し、用途に応じて小麦粉とパン粉を足し、練りの強さを加減するのだ。餌は不凍タイプのアミエビ小、パックが二分割されてるのが良い。日持ちするので便利だし、乾燥したって使えるんだから。

 これはあくまでグレ主体の雑魚釣りを目指すもので本命にこだわる方には向いていないとも言えるな。

 例によって8時のサイレンが鳴り響く頃、神前浦・吉津漁港に到着、いつもの赤灯台堤防に釣り座を構え悠然と海中を覗きこむ。パラパラと撒き餌すると今日はうんざりするほどのボラッ子が回ってきていて、やな予感。中潮で9時が満潮だったが始めてから2時間近くぴくりとも当たりが出ない。海水温が18℃と下がったせいもあるのかなぁと思いながらも、木っ端グレがちらほら見えだしたので極細仕掛けに換えてやっと何枚か掛けたのだが昼ちかくなってようやく少し大き目のグレが姿を現し団子に反応が出だしたので1.5号浮きでの小団子釣りにしたところ20cmオーバーの物が釣れ出し、立て続けに5,6枚も掛かったところで中断してお昼に。ここは12時になると漁協かどこかがエーデルワイスの曲を拡声器で流すんだ。

click


 堤防の付け根に漁船を修理する小さな造船場のようなスペースがあって今日は2杯の漁船が引き上げられており炎天下つなぎの合羽を着たおじさんがペンキを盛んに刷毛塗りしていた。海水に耐えられるようにか、ずいぶん粘着性の強い塗料みたいで分厚く塗りこんでいたがなかなかに大変な作業だ。

 下から見上げると明るい青空をバックに鶯色の船体がひと際映えて見えたものだ。

click


 昼からは、もう釣れることは解っているのでまたまた仕掛けの工夫に熱中、と言っても単にオモリの位置を変えたりハリスの太さを変えたりして様子を見るのだが、海中が見透せるだけに底のほうのグレの動きが面白い。

 海はホントに解らない、じきグレの群れは姿を消し、上にはボラッ子、底にはスズメダイの大群、そして何も知れぬ小魚の集団が右に左に何事もないかのように通過してゆく。今日は朝から南西の爽やかな微風で気温が22度くらいか、十分堪能できたと3時前には切り上げて帰って来た。

 夕方、インスタントの冷やし中華なんぞ食べた後、デジカメ写真の取り込みしながらつい寝てしまい起きたのが夜中の2時、ありゃりゃ、どんどん朝が早くなる。と、メールが入っていて早朝5時に出ようよ言うではないか。もちろん異存なし、急いでブログを更新したのだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月03日(木) No.3395 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen