LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


単独行。


 今朝は5:00と無用に早起き、あぁ土曜日だなと思いつつ横になったまま司馬遼太郎さんの「空海の風景」をようやく、3週間がかりで読み終える。いやはや3年ほどまえのエリック・ドルフィー評伝以来の読書だ。こんなのはやはり若い間に読まなきゃ感激より徒労感が勝ってしまうな、なんて毒づきながらもなかなか面白かったのだ。

 そしてこの年にして改めて知る漢文のいわば美辞麗句が持つ発する人間の思い入れの伝達力のようなものを感じてつい脱線し、「漢文の初歩」なぁ〜んてひも解いたりするんだから時間が掛かるはずだ。

 天気図の気圧配置から南伊勢の海の明るさに思いがおよび、さらには「空海・・」のせいで吉野山金剛峯寺について調べるうちにドライブがてら出かけることに。このところ大音量でジャズを耳にしていないのでそれへの欲求もあったのだがなんとも脈絡の無い行動ではある。

 8時頃に出てお気に入りのCDをカーステレオに掛け一人スイングしながら走る伊勢道、オーバースピードに注意しながらではあるが無邪気にもルンルンといった感じであっという間に南伊勢の海だ。

click


 今日は途中気ままに目についた場所に停め水辺に降りたちぶらりと散策、目的地である贄浦漁港の手前の人工的な藻場で小一時間ほど遊ぶ。昔はボラ網漁をよくしていた場所らしいのだが今はコンクリートで造成され、それでも左右両岸の小さな砂浜や小磯は奇麗な海水と相まって実に心和む一画だ。ここから一山となりが贄浦漁港で昨年は二度ほど海沿いの旧道を走ったが半端じゃない細い山道で陸の孤島にふさわしい処だなぁと思ったものだ。

click


 目的の贄浦漁港に着いたのはもう10時を過ぎていたが広い堤防に釣り人が4人ほど、思い思いのスタイルでのんびりやっている。良く見るとなんのこたぁない、何度も見かけている常連さんたちだ。そういや近くに老人ホームがあるやにも聞いていたからそこの住民かも知れん。

 今日の潮回りは大潮、ここの経験では大潮の時に良い釣りが出来た試しがないのだがそんなことお構いなし、新考案の「遊動ブラクリ団子」仕掛けがここでどんな効能を発揮するのか試したかったので最初は風裏になる港内側の低いほうの岸壁に釣り座を構え、いざ開始。・・・魚がいない。

 地元名人にもたまにかかるのが木っ端クラス、うぅ〜ん、いない魚は釣れないさとお昼頃には中断してなにか小腹にいれようかと町で唯一のスーパーに行く。超大型ではないが都会の駅前スーパー同様の規模で近隣の皆さんが利用されているらしくなかなかに活気のあるお店になっていて、ついでだから思い浮かぶもの全部買い込んじゃえとカートをころがして買い物に夢中になる。なんか商品全般、妙に安いのが愉快でついつい調味料やレトルト食品など買い込んでしまった。外に屋台を出してたたき売りよろしく並べて売っていたバナナなんて20本以上付いている大ぶりの房が150円だってぇんだからビックリ、大量輸入の在庫処分なのかなぁ。帰って一本食したのだが丁度食べごろ、ということは痛まぬうちに全部口にするのは難しいかもね、あはは。

click


 昼過ぎから心機一転、俄然釣り気が出て堤防外側に釣り座を構えなおし4ヒロのタナどりをして浮子に集中、モゾッとする当たりで掛かったのは27cmのグレ、やったね、新考案の仕掛け大成功と大喜び。しかしその後は木っ端グレが2枚ほどでやはりこの潮回りのときには群れが来ないようだ。もっとも今日はいつもなら広範囲にばらまく撒き餌をしなかったこともあるのかも知れないが、ただ水温は17度とこの時期にしては低いのも関係しているかも。

 3時頃に仕舞うとき入れ違いにやって来た青年、志摩の英虞から岡っぱりで烏賊のエギングだといっていたがいろいろ周辺の情報を教えてくれたね。昨年拙者が志摩から尾鷲にかけて海沿いの国道260号の旧道も走ったことを話すとそんなとこ地元住民でも走らないよと言っていた、だはっ。この贄浦やいつも行く吉津漁港は僻地というにふさわしい処のようだ。この10年くらいで道路が整備されようやく志摩方面からでも車で来れる感じになったのだと言う。彼の言では暮らすにはこんな不便なところは無いというのだが、それは病院がないとか店が少ないということで頗る付きの楽観主義者である拙者にはなんら問題でもないのだ。五体満足で元気な時に病院通いの利便を考えるということがなかなか理解できぬとうそぶく神経はヘンなのかなぁ、あるいは刹那主義か。

 帰宅後、100km離れたスーパーでの買い出しを冷蔵庫へ、数枚のデジカメ写真を整理したかしないうちに寝ちゃった。良く歩いたからね。

 しかし、こんなサイト見ちゃうと彼我の違いを思い知る。「http://imaginepeace.com/

STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月29日(土) No.3380 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen