LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あ〜、ついに。


 今朝、衛星放送のワールド・ニュースで知ったのだが、英国の生化学者がついに人口生命体を創り出したという。彼らは神の領域を侵すつもりなど決してないのだと言っているがそもそも化学者とか科学者が有神論者とも考えられぬし、人為的核分裂の発明同様悩ましい問題だ。いずれグロテスクな生物が現実に現れるのは時間の問題だな。まぁそこまで生き延びるわけでもなかろうから勝手にやってろと思う反面、誰かが止めなきゃ核同様に人類にとって抜き差しならぬ問題を抱え続けることになるように感じて気分が悪い。STOP
【Twitter考】
 Twitterのおかげで日々世界中の興味ある人物の頭脳の深奥をチラリと見える感じがして実に面白い。そしてAPIを公開しているせいで多種多様のプラットホームと繋がって様々な利用のされかたがなされていて興味がつきない。  レストランの予約などをTwitter使ってサラリとやってる様子を見ると旧来のホームページのそれに比して電話と電報ほどの差があるようにも感じる。簡易ブログとかショートメールでのSNSとか固定ハンドルでの掲示板とか云われるが単純な仕組みにしたことで本質的な変化が生じたかのようで面白いのだ。なによりつぶやきといいつつ何かを訴えたいというのも良し独り言も良し、インタラクティブではあるがブロックも簡単にできるので下衆な書き込みを見なくて良いということが旧来ブログや掲示板とは違うなぁ。
 あのMSメッセンジャーなども容易にコミュニティを作れて便利なものではあったが反面うっとおしものでもあったのだ。
【ピックアップ】
 そのTwitterでふと目にするキーワード、文章で先日であったものに『「自由で貧乏」と「窮屈でお金持ち」のどちらが良いか』という問いかけがウオッチしている若者から発せられていて、つい「自由でお金持ち」が好いなぁと思ってしまったのだが究極の選択でどちらかと云われりゃ間違いなく前者だ。
【知ってて選んだのなら・・・】
 先日の事業仕分け後半のAグループだったかBグループだったかニコニコ生放送の休憩時間帯のBGMに「ワルキューレの騎行」が流れていて違和感を覚えたものだが誰もが畏怖するほどの作曲家であるR.ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の第一幕、年に一度の魔女の祭りに馳せ参じるワルキューレの飛翔を見事に音楽化したものなのだ。ワルキューレをググると解るように語源には「戦死者を選ぶ者」という意味がありこの仕分け論議の場には生ナマし過ぎ公平性に欠くような感じもして厭だったなぁ。将来ドキュメンタリー映画にでもする時には合うかもしらん。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月22日(土) No.3365 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen