LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


なんかなぁ〜。


 宮崎県の豚の口蹄疫バンデミック、世界的にゆゆしき出来ごとだが部外者は成り行きを見ているしかない。しかし幼畜で50%、成畜で数パーセントという死亡率を思うと生き残ったものには耐性が出来ているんじゃなかろうかと素人考えで、家畜としての生産性が落ちるしウイルスのキャリアとして残しちゃいけないと全頭殺処分が最善の策なのか、納得できる統計データが見つからない。
 空気感染で地上では25km、海上だと250km以上もホコリにくっついて蔓延するってぇんだから過去の事例でみると自然に終息しただけではないのかと思えてしょうがないのだ。13年前に台湾で拡がったそれは380万頭の豚を処分しそれまでは輸出国だった島の養豚業は壊滅したという。全部居なくなりゃそりゃ終息だろうが、拙者には疑問が残る。じゃぁどうするかというと、ぅう〜ん、完全隔離したハウスに豚の一群を養殖して実験するという突飛なこと、むだかな。
 今日の時点でもう11万頭に及ぶ処分が決まっているという、なんとか感染が止まってほしいと祈るばかりだ。
STOP
【情報スーパー・ハイウエイ構想】
 今にしてようやく涼しげな頭脳の持ち主によるインフラストラクチュァーとしての通信網の在り方が議論の目玉になっていて行く先が興味深い。思えばもう20年近くも前のクリントン政権下でアル・ゴア副大統領がぶちあげた情報スーパーハイウエイ構想のこと、かの国では結局国策とはならず、代わりに何千という民間のCATV網による回線、コンテンツを含めた産業が大いに盛り上がり、つかの間の経済の拡大に寄与したのかも知れないが、当時NTTが国家規模での通信網整備にいくばくかの先見性があればゴアさんが心配したように日本が抜きんでた効率国家になっていたことかと思う事しきりである。

 ゴアさんについては白人優先主義者だとか地球温暖化詐欺師だとかの雑音もあるがそのリベラルで正直なところから、とても優れた人物だと感じている。 米国副大統領として史上もっともシゴトをしたしととの評価があるくらいで、官僚機構の改革も大胆にやっていたようだ。今の日本の枝野さんや原口さんのようではないか。

 幸か不幸か20年前にどこの国もインフラとしての通信網を確立出来ず、民業に日替わりサービスでの商売を許してきたわけだ。そして未だにプラット・ホームの整備こそ肝心カナメなどと言ってる頭脳が政府の情報基盤タスクフォースに混じっていたりする。孫正義さんは人物であるからしておだやかな話しぶりではあるがさぞや苛々してるのではないかと同情しちまう。

 そういえば10数年も前だったか当時加入していたプロバイダのニフティを休眠会員となり現在のアサヒ・ネットに乗り換えしばらくしてADSLサービスが始まったころ、彼らは口々に土管屋さんと同じになるなぁ〜んていっていたが恥じることなどなにもない、なんたってライフ・ラインとなるのだからね。(続く、たぶん)。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月18日(火) No.3359 (ぶつぶつ独り言。)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen