LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


肉じゃがに挑戦。


 今朝は9時起床、読み始めたばかりの司馬さんの「空海の風景」なんぞを少しずつだがページを進める。とても面白いのだが途中からあの麻原彰晃なんかとオーバーラップしてヤバイ感じも、はたして最後まで読めるかどうか。
 活字を追う根気が昔の百分の一くらいまで落ちているようで15分も読むと他のことに目が行ってしまい、それは食器の洗浄であったり布きんの漂白だったりと取りとめのない時間なのだ。

 昼頃かSNSの一種なのか「FaceBook」なるサービスに登録して見た。Twitterの少し前にブームになったらしいが昨年暮れには日本語化もなされていて、どんなもんかなぁと、はたして何のこたぁない大昔からのインターネット・コミュニケーション・サービスとさして変わらぬ仕組みで、非人情の世界に向かう拙者にはTwitterでの発見ほどの事はまるで無かった。そこのゲームサイトでボーリングだけ30分もやってしまったが140点どまりであったのはリアルの実力通りであった、だはっ。

click


 夕食は気合を入れて調理をしてやろうと冷蔵庫を調査、野菜を使わなくてはと考えたのが和食の王様、「肉じゃが」だ。肉は豚もも肉があるのでそれにして、ジャガイモがなぜか二品種あり、さらに玉ネギもニンジンも二品種づつ、えぇい全部使ってやれと下ごしらえから入念に、時間はあるからね。ついでに三重県産のブナシメジも入れることに、ただ思いつきで素材を準備して始めたものだから途中で鍋を一回り大きなものに交換せざるをえなかったというシッパイもあったものの無事食べられる物ができたのは幸いであった。写真で見るといかにも濃い味付けのようだが濃い口醤油を使ったせいで案外うすいお味である。キヌサヤを乗っけるつもりが野菜室に残っていたそれはあいにくヘタっていたのが残念、青いモノがチョコンと乗ってるといかにも料理らしく見えるのだが。

click

 平行してサラダと味噌汁、サラダはレタス、玉ネギ、キュウリ、ニンジン、ピーマンの細切りに竹輪を乗っけて自家製ゴマダレドレッシング、何風なのかは解らない。味噌汁は期限切れ間際のお豆腐と油揚げに長ネギとワカメをちらしてかつおだしの白みそ仕立て、このへんは実に上手になったなぁと我ながら思う。

click


 血圧を気にすりゃ控えなきゃいけないのだがこの手の珍味、北海道の「たらの松前漬け風なます」と「塩辛」、ついつい箸が出てしまう。我慢は体にヨクナイのだ。

click


 というわけで久々の調理は3時間掛かりと世の主婦から見るとアホみたいな事だがいよいよ調理が趣味の範疇に入ってきたようだ。STOP
【iPad考】
 今巷で評判の携帯端末、ソフトバンク社がWi-Fi通信をばねに我がニッポンでも普及するかの報道でどうなることか興味はあるが英語圏での書籍の電子化というのは相当に進んでいるとも言う。Googleなんかでも世界中の図書館を網羅して検索のみならず閲覧までできるというシステムの恩得にあずかりゃぁたいへんなことになりそうだが実際は何百年か後の事じゃぁなかろうかと冷ややかに眺めている。

 今も少しではあるがインターネット上に存在する電子書籍をたまに利用する人間としてやはりモニタに写る活字は本とは違うと思うのは育った時代環境によるものかどうかは定かでないのだが青少年がこの電子ブックを読んではたして知性が磨かれるかというのは疑問だなあ。たしか15年もまえにはペーパー・レス社会が来るなどとはしゃいでいたのと同じような感じだ。

 さりながら書籍が手早く安価に入手出来る手段としてこの下地があればひょっとしてその環境で育った人間が新たな思想哲学まで生み出す知性を待たぬとも言い切れない。今現在世間に広く名を出して評論っぽいことしている方々くらいの知性は持てるだろうが創造する知性はそれと違うような気がしてならないのだ。

 モニタに写る文字と紙に書かれた文字にはなにか根源的な違いがあるように感じるのは偏見なのかなぁ。ハイパー老人としては気がかりなことではある、あはは。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月10日(月) No.3337 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen