LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


快心の釣り。


 2:00就寝、3:45に起床、風が弱まりそうなので弟と連れだって暗いうちから出発、南伊勢・吉津漁港に釣行。今日は中潮で8時頃が満潮ということでいつもより早い時間にしたのだ。玉城インター出口の餌屋で予約してあった餌を受け取り店頭で撒き餌の調合してゆく。さすが日曜日とあって店内は釣り人でいっぱい、家族連れも多いなぁ。

click


 日の出の6時頃には着いたのだが、珍しく誰もいない。寒さゆえか日曜日の人出を予想してかは定かじゃないが空いているにこしたことはないなと定席に陣取り早速準備に取り掛かる。正面の山頂から太陽が顔を出すのだが空と回りもすっかり明るくなってしばらくしてからだ。

 仕掛けを用意しながら魚を寄せるべく広範囲にコマセをばらまくのだがなかなか気配が感じられない。おかげで入念に仕掛けを作る事が出来て、もうそれだけで釣れるような気分になる。

click


 今日の仕掛けは10尺の一号竿に1.25号の道糸、0.6号ハリス1mにチンタ・メバル針7号、中通し0.8号オモリを抱かせた手製のストロー浮子でヒトヒロ半のタナから始めた。丁度日が山頂から顔を出すころからちらほら魚が見え出し、期待がふくらむ、しかもいつもの木っ端グレより一回りも大きいものが次第に数を増して乱舞し、さらに良く見るとチンタ、カイズも撒き餌を追って水面近くで反転する始末でこうなると狙い通りの釣りが出来ると、まずはチヌ狙いでガン玉を上まであげたフカセ状態にし、オキアミの一尾付けで引き込む当たりを取る。ぐふふ、すると立て続けにカイズクラスのチヌが3枚、チンタが7、8枚と忙しくも面白い釣りになり、さらに良型のグレも見えはじめたので今度はグレ狙いでガン玉を下ろし、オキアミの尻尾を千切って餌にして浮きが動くか動かないかの小さな当たりで、瞬間にヒョイと竿を立てる合わせ方をして針掛りさせる。沖目と足元近くを交互に仕掛けを投入して手の平大から28cmくらいまでの黒メジナが次々と釣れ続く。

click


 隣でやっている弟も30cmの良型グレを上げたあと、順調に釣ってはいるが玉浮きのせいか針掛りの確率は芳しくない。今日も珍しく釣れた魚を持ち帰るというので彼のスカリに魚を入れていったのだが、もうやめようかという昼過ぎには片手で持ちあがらないほどの釣果でズッシリ、いやはや良く釣ったもんだと一昨日の鬱憤を晴らした感じだが今日の海水温も14℃、海は解らん。

 しかし今日の海は面白かったぁ〜、グレとチンタが一緒に群れるのは初めて見た。想像だが底のほうに大型のチヌが来ると一瞬で群れが散ってしまうようなのだがドキドキしちまう。それとカマスがすごい勢いで撒き餌の中を横切っていくのが見られたのだが小鰯を捕食しているようだ、すごいよなぁ。

 予報では昼位から風が強くなるやにもあったが幸いずぅ〜っと微風程度で風波もないべた凪の水面は浮きも見やすく、最高の釣り日和だった。釣果もさることながら海中の様子も十分楽しめた満足の一日、思い出しても頬がゆるむ。

click


 帰路も気分上々のまま国道260号線の桜をあぁ〜でもない、こぉ〜でもないと言いながら機嫌良く帰って来た。以前記事にした南伊勢町の瑞賢公園の桜はやはり河津桜であった。それはもうとっくに散っているのだが公園から見下ろすあたりの桜はやっと三分咲きといったところか、曇り空だったがやはり桜は華やいでいてイイ。毎年の事とは言え数日間前後するだけで律儀に一斉に咲くってぇのが格別の感情をもたらすようだ、見事というしかない。STOP
【BJD5-a22つづき】
 昨夜来立ち上げて連続試用していたサーバーソフトBJD5α22版、今日の15:47に停まっていた、残念。どうやら前のa21までの時と同じ原因のようだがエラー詳細をここに

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月28日(日) No.3267 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen