LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


知らなかったなぁ〜。


 で済まされりゃぁ一番いいなと応援するわけじゃぁないが、先日義妹からせしめたタラの白子で作った味噌汁、昨夜食した。カツオ出汁に長ネギのブツ切りと白子を入れ白味噌仕立てのシンプルなもので美味しい出来ではあったが感激するほどのものではなかったのは入れた白子の量の差なのだ。そのスーパーで購入したというパックは150グラムほどのほんのひと掴みの量で五百何がしかするのだが、拙者が作る小鍋でもあの懐かしの味を再現するにはその四倍は入れなくては出ないのだ。さすればたった一回の味噌汁に二千円以上の具を入れるということで、これは尋常ではない。ということは、いくら北海道といってもスケソウタラの白子をふんだんに入れた味噌汁をダダを捏ねるがごとくリクエストしたのはいくら兄弟とはいえ悪い事をしたもんだと顔赤らむ思いである。

 半世紀も前にはタダ同然で質素な食べ物だとばかり思っていたのだが世の中変わってとんでもない、不明なことであるなぁ。

 一緒に調理した釣った赤メバルの煮付け、これは当然美味しかった。煮魚には自信がついたがいつも食べたいとは思わないのが残念。
STOP
【缶詰】
 めったに間食とかオヤツをいただく習慣はないのだが夜中に目覚めて、急に甘いものを口にしたくなり、「お汁粉」「ぜんざい」なる言葉が頭に浮かぶ。それでお正月に飾ってあった鏡餅のことを思い出し遅まきながらの鏡開きとばかり、引っ越しの際こんな重いものと思いながら大量に持ってきたおそらくは非常用にと保管されていた缶詰の山から「ゆでアズキ」の大中小の内、小さなものを見ると「賞味期限H07.10」とあるも、傷んだ缶詰など見たことないしと小鍋に開け、プラスチック容器に入った鏡餅を切り分けて焼き、見よう見まねのぜんざいを作ったのだ。うふふ、美味しかったねぇ。

 それにしてもこの缶詰の山、大半が賞味期限が切れているがメーカーとしての保障責任ということで解らないでもないのだが、期限後5年10年経ってどうだという情報が皆無なのは面白くない。その昔、とある電気メーカーに居たころ長く持ちゃぁイイもんでもないと言われたことがあって確かに経済社会の大原則には違いないが「完全密封」された缶詰なんざぁ何百年でも持つのではないかなとケチな拙者は考える。
STOP
【今日のニュースから】
 ややミーハーに過ぎるかなと思いながらもこの数日見るニュースで感じるのは警察の能力低下というか判断の拙さだ。おそらくは他の公務員同様、全体的に責任感や義務感が落ちているとしか考えられない。昨年11月に逮捕された睡眠導入剤使用での連続殺人毒婦などの立件証明が未だ叶わぬとかヤンチャな横綱の障害事件を見逃すとか、刑事さんも警察官もちっとも役立たず、歯がゆいったらありゃしない。あの振り込み詐欺からにしてやっと本腰をいれたというがほんの少し頭を使えば出来ることをアエテやっていなかった、腹立たしいことではある。

 普通に理解出来る議論が聞けるような期待を垣間見せてくれていた国会の予算委員会、なんかひどい事になっている。ちっぽけな質問ばかりで小学生のホーム・ルーム(今もあるのかしらん)でも先生に注意されるようなやりとりばかりだね。

web拍手_履歴



2010年01月29日(金) No.3135 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen