LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あっという間の一週間、それとラテン・ファンクバンド。


 今朝は8時起床、4時間ほどだったが良く眠れたようで気分は上々、カーテンを全開して太陽を見たとたん掃除と洗濯をしようと早速開始、寝具の日干しまでするカイガイシサだった。水槽のプロテイン・スキマーの工作をしながら合い間合間に徹底的に掃除機を掛けたのだが引っ越して来てから2回目だからお世辞にも綺麗好きとは言えない。

 3作目になるスキマーが完成してセットしたのが丁度お昼、午後からマリーナの堤防に出かけ釣りをしたが伊勢湾の水温が15度以下とすっかり冷たくなっていてピクリとも魚の反応が無く早々に帰ってきて洗濯物を取り込む。帰りに先日食べて美味しかった中華屋さんにより「生餃子」を買って帰る、餃子を焼くのは初めてだったがレシピ通りの手順でやったところ少し型崩れしたものの店で戴いたものと同じくらい美味しかったので大満足の夕食だった。
STOP

 先日珍しいメールがあり、それはフランスのラテンファンクバンド「Setenta(セテンタ」の演奏を聴いてレビューなどサイトにアップ願えないかというもので、今までありそうであまり見かけたかった宣伝方法だなぁと思いながら聴いてみた。

 昔からラテンミュージックが嫌いじゃないということもあってサルサやレゲェなんかも大好きでリズムも然ることながら多彩な打楽器の音色に惹かれるのだ。昔ジャズにのめり込んだ頃、そのルーツを探ろうとしきりに世界中の民族音楽や呪詛・トランス音楽の類を漁ったこともあったが確かに規則正しい繰り返しのリズムは全人類に共通する快感を与えるもののようだ。

 あの武満徹さんが創った曲で一切の繰り返しを禁止したものがあったが称賛するしとも居たが拙者には退屈でつまらないものだったことなど思い出した。やはり音楽は理性や知性なんてものから離れたところになくちゃ面白みはないな。

 で、その「Setenta」、パリで誕生したラテン・バンドだというのが変わっているなぁと最初に感じた。陳腐な先入観でパリといやぁお洒落で洗練されたイメージなので民族色が色濃く出たそのサウンドを色眼鏡を掛けて聴いてしまったかのようだ。

 まだ結成されて間もないとのことだがEUとアメリカと日本で積極的にプロモーションするらしいが拙者は今だかって楽曲や演奏をしとに薦めたことがないので、イイネェ〜という感想でしかないのだがラテン音楽で一番魅力を感じるハッピーな雰囲気にやや欠けるのかなぁなどとノー天気志向の拙者は思うのだった。参照リンクはこちら、

『Apariencias』



『Sonrisa』
オフィシャル・サイト
いかがかな?

STOP

【失敗】
 日課のようにブログを書いて夕べはアップし忘れていた。なんせ釣りに加え海水槽の小細工が面白くてやたらイソガシイのだ。おまけに一台のPCを立ち上げたまま食卓の上に移動する時、ルーターからサーバー機のLANケーブルが抜けたのに気づかず、おっかしいなぁ〜と移動したXPマシンの調査をするという間抜けなことを1時間以上やっていた。

click

click

 第三作目になるプロテイン・スキマーはかなり良い出来栄えで機能的にも十分満足できる感じで嬉しい。そしてヒラメイタのは排出する除去物の自動吸引装置、ちょうど歯医者さんでの口中の唾液吸引を思い出してエアポンプとペットボトルで作ることにしたのだが、なにやら中学生の頃に戻ったかのような日々ではないかと可笑しい。


STOP


web拍手_履歴




2009年12月13日(日) No.3044 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen