LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


錦漁港。


click

 今朝は5時半起床、夜勤明けの弟を拾って紀伊長島の上のほうにある紀州釣りのメッカ錦漁港へ向かう。冬に何度か来ていてその白灯台の立つ堤防で見る足元の海の豊かさに綺麗さに感激さえした処で、夏秋にも必ず来ようと決めていたのだ。

click

 しかし風が予想以上に強かったのとあまり広い堤防ではなく、生簀繋留のロープが張ってあるため、5人ほどの釣り人が限度で先客がすでにいっぱい、了解を得て隣に釣り座を構えるも狭苦しいのは面白くない。まして釣法も異なるので余所者としちゃぁ遠慮したほうがいいかなと早々に切り上げ、20キロほど志摩寄りのいつもの贄湾に向かう。

 やはりここは風を避けるには最適な湾で陸路では辺鄙なぶん釣り人も少なく、実に静かなところだ。そしてなにより海が綺麗だ、さすが熊野灘に面した海ということでこの季節なのに水面下ひとひろ以上も見えるくらい透明度がある。

 先にやっていたベテランらしき釣り人は皆、紀州の団子釣りでそこそこの獲物を上手に釣り上げていたが我流の浮き釣り仕掛けの拙者はなかなか掛からない。しかし細身のへら浮きに変えてチャレンジしたところ、木っ端グレだが、ぽつりぽつりと針掛かりするようになり納得して3時頃には仕舞いにする。

 昼過ぎにまだ転居ハガキが届いていなかった東京の釣り会の幹事さんから東京湾久里浜での釣り会の案内の電話があり、事情を話してお詫びするも半分は行ってもいいなぁなんて思ってしまったのだが400キロ離れていることを考え、かろうじて思いとどまる。

 夕方、舎弟宅に寄り食べきれないというメジマグロの刺身をご馳走になり機嫌よく帰宅、しかし良い天気だったなぁ。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月16日(水) No.2864 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen