LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


梅雨晴れの一日。


 昨夜、天気予報と首っ引きで紀伊方面は朝のうち晴れ、午後遅くに雨とあり、風も南西1〜2mくらいとあったので、今朝は早朝3:30にアラームをセットし、非番の弟と南伊勢町、贄浦に向かう。さすが道路もがらすきで5時頃には到着、天気は薄曇で明るい空なので雨ガッパの出番はなさそうだった。

click

 潮は薄にごりだったが撒き餌には小魚がわんさか湧き上がり、案の定次々と雑魚が掛かる、しかし今日は何故か二人そろって仕掛けの具合が良くなく、朝のうちはもっぱら仕掛け作りの方に時間をかけたのだが、ほとんど独占状態の広い堤防で余裕というのか心起きなく没頭したものだ。拙者のほうの不具合は道糸の劣化だろうが、やたら弱くなっていて3回もバチンと切れたのだ。幸い長尺の玉網を持参していたので自作の浮きは回収が叶ったのだが2.5号の道糸を手で引っ張ってみると簡単に切れるのでこりゃぁ駄目だと予備のリールに交換したりしていた。

 一昨日も見た地元の漁業関係者らしい若者が犬の散歩がてらという感じで堤防にきて、今日は素潜り漁の解禁日で9時から一斉に海女さんが湾内のアワビを採るといっていて、その時間になると漁港から一斉に船が走りだしてきてあちこちで潜り始めたがなぜか男の漁師さんばかりであったなぁ。そのうちの一人が堤防の際を潜りだしたので我らはちと遠慮し様子を見物、一息入れたところで魚は居るかとたずねたところ、海中は視界が1メートル程しかないのでわからんねぇと言っていた。

click
♪〜モジャコ。

 集まる小魚もいろいろだったので楽しいったらありゃしないのだが、子メジナはいくらでも釣れる感じで時折、アジやイワシ、それと面白いのがブリの幼魚が釣れる。さすがに小さいくせに引きは抜群で一瞬なにが来たかと驚いてしまうのだが名だたる出世魚で35cm以下のものをツバス(関東でワカシ)・35cm〜60cmのものをハマチ(関東でイナダ)60cm〜80cmのものをメジロ(関東でワラサ)・80cm以上のものをブリと呼んでいるものだ。20cm以下の幼魚はモジャコとよんでいるようだが体型のせいか抜群の泳力と隈取したような目の上の黒い模様がなかなか精悍な感じだ。

そう云えば、ここら辺一帯はハマチの一大養殖場ではあるしなぁ。

 餌も少なくなり、もういい加減夕方近いかと思って聞くとまだ11時だという、日差しも暑くなってきているし今日はお昼で止めにしようとぼちぼち仕舞いモードに入る。手の平大の子メジナを三尾だけ刺身で食べようと捌き午後1時過ぎに機嫌よく湾を後にして帰宅。二人とも日焼けで真っ赤、絵に描いたような梅雨晴れの一日だった。
STOP

web拍手_履歴



2009年07月01日(水) No.2691 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen