LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


おどろいた。


 今朝は7時起床、あぁ〜日が射しているなと空を見ていて俄然アクティブな感じがしてくる。チャッチャと朝食を済ませ、我ながら実にこの調理が手際良くなったと感心するのだが、たっぷりの野菜サラダとベーコン・エッグにあっさりとしたワカメと豆腐の味噌汁、それに納豆にご飯を一膳だ、今日は燃えるゴミの日だとあちこちかき集め、部屋着じゃ拙いと薄地のパーカーなんぞ羽織り、スリッポンを突っ掛けてぶらぶら表に出る。ほんとに良い天気だなぁとますます気分が良くなる。
 するとやはりというか、どっか行こうかな病が出てきて明日にでもまた三重の舎弟んちに転がり込もうと決めた。そして昼前にはこちらで行き来している数少ない知人に一応連絡を入れまたしばらく居ないからと、まぁ携帯電話時代ゆえ全国どこに居ても話は出来るのだからノー・プロブレムではある。
STOP







こちらは予備軍〜♪

♪〜バークレーも健在だぁ。



 午後になって調べることがあり検索しているうちにYoutube動画でバリトン・サックスのロニー・キューバー率いるMingus Big Bandの演奏を聴いて、あれれという感じですっかり聴き入ってしまった。

いやはや、驚いたのなんの、血沸き肉躍るといった思いがして可笑しかったのだがやっぱりジャズはこうだよなぁと、それから3時間近くも似たような演奏を聴く羽目に陥った。

 この咆哮する管楽器ってぇのは、やかましいと感じる方には申し訳ないが快感以外のなにものでもない、夢中になるはずだ。長い間忘れていたような感覚だった。

 なにより明らかなのは、この面々のサービス精神とは無縁というか観客なんぞ目にも入らぬといった自由な感じが音にも映像にも溢れていて、高らかに自己主張しているなぁと感じ入るのだが、まさしくジャズが反社会的と目される所以なのかも知れないと思った。だってこんなのが世の中の多数派を占めるなんてのは考えるだに恐ろしい世界だ、ぎゃはは。

 しかしながらこの低音が大好きというのは何なんだろうか。当代きってのバリトン奏者、ロニーの良く響く低音は本当に心地よい。それと知らなかったがこのミンガスバンドのTrbソロはJJの流れを感じる近頃では珍しい演奏に聴こえた。さらにこのアナーキーとも云える一団の演奏の中でケニー・ドリューだろうか、リリカルで実に美しいピアノの旋律が際立って溶け込んでいることにも驚いた。
ついでなので今は亡きチャールズ・ミンガスのオフィシャルサイトを見てみたのだが、常設のジャズ・クラブでの様子はやはりあまり好きなものではなかった、というよりあの疑似トランス状態というのが単に嫌いなのだ。
STOP
【マイケル・ジャクソンさん】
_昨日来、もちきりのニュースで、あまり関心がないことにコミットするのも憚られるのだが、音楽がらみということで云わずもがの一言を書かずにおれない。ジャクソン・ファイブの時からいやでも耳に入ってきていて、あの「スリラー」の頃には音楽に関心無かったと言っても社会現象にまでなっていたから聴いてはいたが単に好きでなかったとしか言いようもないのだ。同様にホラー映画なども同じ感覚で、そういや似たようなティストだなぁと感じるが、なるほど、「King of Pop」と言われるだけに拙者には縁遠いわけだ。しかし万民が驚喜するようなものを好きになれないというのも、もったいない事だとつくずく思うし疎外感すら覚えてしまうのだが今更だ。ただ彼が良く聴衆やファンに向かって云う「I Love You」は何ともチープで心が無かった様に感じられ米国文化の嫌いな部分でもあった、残念、わぁ〜世界中を敵に回しちまった・・・たいさん退散。

web拍手_履歴




2009年06月27日(土) No.2687 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen