LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


サイコーの大安売り。


 午後4時とまだ日の高いあいだに東海岸めぐりとばかり下田を発ち国道135号沿いに快適ドライブ、ちょうど4時間かけて夜8時過ぎに帰宅、ただ途中、車の中に撒き餌の臭いが充満して我慢できず湯河原付近で駐車して車内の大掃除をする羽目に。

 帰ってから急ぎ着ているもの全部を洗濯機に放り込み、そして両の太ももに鎮痛消炎剤を擦り込んで、よほど疲れたかバッタリと寝てしまった。そういえば昨年も西伊豆小旅行の後、痛くなったのだがその時は温泉宿で戯れにやったヒンズースクワットのせいだとばかり思っていたがどうやら違うようだ。悔しいけど確実に体力の低下であると今頃実感するなんて可笑しい。

click
♪〜下田港の夜明け〜
ペリー艦隊来航記念碑付近から。

 ともかく今日の天気は最高だった、ってそういや昨日も云っている。終日太陽がさんさんと輝き、暑からず寒からず、潮風はそよそよと心地良く、お魚さんも程よく相手してくれ、下田港を行き来する遊覧船がレジャー気分を盛り上げるしとマイフェバリット・シングスのオンパレード。松崎漁港のあと寄ったのは久々の下田港、犬走島に掛かる堤防だ。思い起こせば正業に着く前の半年間くらいか、頻繁に足を運んでいたものだがやはり東京からはかなり遠い。そしてその分、海はきれいで魚影も濃いワ。


click

 あの頃は電車で来ていたと思うが良くそんな気力があったものだと感心するのだが距離にして150キロくらいのもんだ。帰路、となりの白浜海岸から河津、稲取、熱川と海に沿っての135号線のドライブは快適そのもの、きらきら輝く相模湾の眺めは海岸線の風景が多様に変わり当にルンルンてな感じ、おめでたい奴ではある。そういえば「珈琲パウエル」ご主人のKAMIさんも若かりし頃ここいら辺りでぶいぶい云わしていたのかなぁなんて思いながら掛けていた曲はクレオパトラの夢、ジャンゴ、キャラバン、ワルツ・フォー・デビー、ビリー・ボーイ、などなどのお気に入りのピアノトリオの数々。最近良く感じるのだが、バド・パウエルの演奏ってこんなにたどたどしかったったんだという事で、それが個性的でもあり独創的でスイング感と相まってあんなソウルフルな演奏になるんだろうな。このところクラシック・ピアノにノックダウンさせられていたせいもあってか、心地よいスイング感とは裏腹にモダンジャズの悲劇をどうしても思わずにおられない、メンドクサイ、ジャズファンなのだ。そして悲劇の方が心に響くという習い性、不思議なものだ。


click
♪〜まだ朝靄かかる犬走島。

 昨日は松崎漁港で大物(ホント)を4回もバラし悔しいやら面白いやらで暗くなるまで遊んでいて気がつくともう夜の9時過ぎ、土肥に戻るにはかったるいし、このまま下田へ行くと決め昭和館はキャンセル、リクライニング・シートを倒して休んでいたら寝てしまい目が覚めたのが夜中の2時、これって車中泊って云うんだろうが慣れれば費用いらずで好いかも。

 松崎から下田へは海沿いの国道136号線を通ったのだが初めて走る道、いやはやこれは秘境と云っても良いくらいの所だ。そういえば紀伊の旧国道も似たような雰囲気で、半島の先端はそういうものなのかなぁとひとりごち。
STOP_

web拍手_履歴



2009年06月19日(金) No.2659 (雑感::旅情)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen