LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


おもいで。


 このところ、ブログを更新する時間が遅くずれ込む傾向があって、今日の記事も日をまたいでの更新だ。これは面白くナイことだと思っても自分でそうしているのだからしょうがない。かといって時間を決めてというのはさらに面白くないと思うと、何を言っているのか訳が判らない、グダグダ。

 で、どんよりとした空を見ながらの日曜日、朝7時には起き出し何するでもなく、ひとしきり子供の頃の夏を思い出していた。

 自他共に認める楽天家ゆえなのか、それが楽天家の所以なのか定かでないが7,8歳の頃から中学生になった12,3歳の頃まで本当に良く遊んだものだと楽しい事しか覚えていない。そして忘れている事も沢山あるなぁと思ったのは先般滞在した三重の舎弟の昔話を聞いてなのだが、それでも嫌なことはひとつも無かった。田舎の小さな町だったこともあって回りには山や森、湖、川、海と全部揃っていたように改めて思う。なかでも4kmほどの所にあった神秘の湖「倶多楽湖」、たしか歩いて1時間半近くかかったと記憶しているが改めてGoogleMapで見ると道路は350号、一般道道350号線だと初めて知った。その道のカーブの具合など見ていると、まざまざと状景が頭に浮かび、つい昨日のことのようにも感じるのだ。決まって仲良し4人組みで遊びまわっていて、真夏の一時だけは湖で泳いだものだが湖底が火山灰で真っ白、立ち枯れの木がずぅ〜っと先まで続き、水中で一人になった時ふと頭に浮かぶ人の頭をがぶ飲みにするというエゾサンショウウオの話、大急ぎで岸に泳ぎ帰ったものだった。
 あとで知ったのだがエゾサンショウウオってぇのはそれほど大きくならないのだが写真で見たオオサンショウウオと重なってオオエゾサンショウウオを妄想していたようだが、いかにも子供らしくて嬉しくなる思いでだ。
STOP
【アップデイト】
_夜遅く、毎週日曜日が終わる頃にするように心がけているサーバーのメンテナンス、うっかり居眠りして夜中の1時過ぎから行ったのだが、ついでに躊躇していたVistaマシンのサービス・パック2へのアップグレードを実行、2時間近くもかかってしまった。どんなご利益があるか楽しみな事だ。それにしてもここ数年、こちらが要領よくなったのか装置やソフトが進化したのか、めったなことでハングアップするようなことが無くなった。インターネット元年が1995年だとすると今年でようやく14年目でしかないのだなぁ。それ以前のパソコン通信などは随分遠い昔のことに思えてしょうがない。

web拍手_履歴



2009年06月14日(日) No.2646 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen