LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


うっかり。


 気がつくと日付がもう28日となっていた、ぎゃっ、ブログの更新がまだだとあわてて書き込む。特別に忙しいわけでもなかったのに、なんてこったい。
 昨夜は愚かしくもレンタルDVDを5本も連続して観てしまい結局眠らずに一日過ごしてしまったのだが、自制心の無さには我ながらあきれる。挙句の果て、調子悪いからと歯科医の予約を一週延期としてもらうというだらしの無さだ。

 そんな中、中継されていた党首討論の様子を見て、あの民主党鳩山さんを少し見直してしまった。戦後、我らを含め団塊の世代といわれる日本人公務員が本分を忘れ腐らせてしまった巨大なシステムを本当に打ち砕けるかは疑問なのだが官僚寄りの麻生自民党との争点がはっきり判る最近では珍しい討論だったように感じた。上から目線だと指摘された麻生さん、公務員にせよ社員にせよやる気をおこさせるのがリーダーたる者の役目だとのたまっていたが、口先でそんなこと言う奴にそれをなす資質があるしとは歴史上いなかった。

【今日の不明を恥じる】
 作家の村上春樹さんの御本、「1Q84」というのが未刊ながら話題になっていて最初「IQ84」なのかなと勘違いしていたのだが「I」ではなく「1」だと知り余計興味をそそられたのだが、それ以上にイスラエルでの文学賞受賞式での勇気あるスピーチに驚いたのだ。食わず嫌いというか単に波長が合わない感じがして、あのノルウエィの森なども全編を読むことさえ出来ず、以後かれの著作にはまるで興味がなかったのだが、えっ、っという感じで改めて何を語ろうとしているのか知りたいと思ったのだ。
 イスラエルにせよパレスチナ、アラブ諸国は宗教に囚われ未来の人類社会に貢献するとはとても考えられないので、まぁ勝手にやってろよと突き放した感慨しかないのだが、文学者が自分の考えを堂々と述べていることに感心した、いわばしととしての良心を素直に述べたのだと思うが勇気を感じる。拙者は決してパレスチナの味方というわけではないが国境紛争などで妥協点を見いだせない当事者双方はばかとしか思わない。
STOP
【久々にスカッ、と】

click

_無為な時間つぶしの手段の一つに映画・DVDの鑑賞があり、どちらかというと荒唐無稽のアクション物やSF・スペクタクルを好んで選ぶのだが、多くはハリウッド製でそのハッピー・エンドの大半は恋人同士や家族揃って正義が勝ち仲良く抱擁というもので、それはそれで良いのだが昨日拝見したものの中で2001年制作のジーン・ハックマン主演「ザ・プロフェッショナル」というピカレスク・ロマンは珍しくラストが主人公一人がほくそ笑むというものだったので愉快であった。次々と失いたくは無い仲間を失ってしまう不幸の末ではあるが物語として主人公ただ一人が成就達成を噛みしめるという展開は精神の独立性を考える時、とても潔いものを感じる。ドロボーは悪いことだけど、あはは。

web拍手_履歴



2009年05月27日(水) No.2613 (ブログ)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen