LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


奈屋浦漁港。


 夕べは長風呂のあと、熟睡でき朝7時に起床。じき弟が上がってきて昨日方座浦の釣り人に聞いた南伊勢町奈屋浦漁港へ行こうとの催促、絶好の天気とあって朝食もそこそこに出かける。

click

 そこは一段と小さな湾だがこのあたりでは有数の漁獲量を誇る優れた漁港らしく漁船の数も多い。赤灯台、白灯台の間が比較的狭い漁港は絶好の釣り場所がたくさんあって、足場も良く撒き餌に寄る小魚も多い。水深があるせいかチヌがよく上がるのだと言っていた。拙者はもっぱら木っ端グレ相手の雑魚釣りだが飽きない程度に手のひら大の子メジナ、タナゴが次々釣れて面白い。さすがに舎弟は疲れが残っているようでもっぱら昼寝をしていたので、少し早めに切り上げ帰路につく。ナビでは伊勢道の玉城インターに乗るようガイドされ意外な感じがしたのだが紀勢道路周りよりも40km近く距離が短く、初めて通るルートだったが新緑の山並みを眺めながらののんびりドライブとなった。

click

 奈屋浦漁港を出て国道260号線を走り出してじき「贄浦」という地名の道路標識があり、寄ってみようと海岸線の方へ降りていた。ここもひときわこじんまりとした内湾で三方がぐるりと山に囲まれた良港で5,6人の釣り人がのんびりと竿を出していたので様子を聞いたところ、ここは風の影響がほとんどないのでとても良い場所だと言っていた。すっかり元気になった弟は、明日はここに来ようという、異議なしだ、あはは。
STOP

click

 拙者の釣りは自慢できるほど真面目じゃなく、辛抱強く待つことが出来ないのでまともな釣りファンが見向きもしないような雑魚を相手に喜んでいるという、他愛のないお遊びということで一線を画している部分があって邪道といえば確かにそのとおりと開き直っているのだが、それが面白いのだからしょうがない。

click

 釣り大会などでたまに一般的な釣りもしないではないが、自己流の釣り方がなにより楽しい。そういえば音楽にしてもパソコンにしても王道は行っていないなぁとつくづく感じるのだが、これは性分としか言いようがないな。

web拍手_履歴



2009年05月01日(金) No.2556 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen