LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


その気になる。


click

 なにやら最近は寝る前と寝起きにブログを書いているようで、日記というにはあたらぬなぁと、ふと感じる。昨日は昼近くに一度起き軽食のあとすぐにまた寝てしまい、起きたのがもう夜中の12時を回っていたから今日だ。11日は良い天気だったようで、こういうのをお天道様に申し訳無いというのだろうな、トホホ。

 ひとしきり漱石さんの全作品がweb文庫に収録されているのを拾い読みなどして、改めて文豪と称される所以を感じるのだが、文章の端々に苛立ちが見えなんとなくほっとする思いだ。

click

 取り揃えた山菜がと思い立ち、やっとその気になり調理にかかるも、さて何を作ろうとあれだけ買ってきたのか戸惑う。

 しばし素材を眺めつつさしあたりと下ごしらえは「タラの芽」と「うるい」と「山ミツバ」「春菊」、そして「薄切りの豚肉」。

 なかでも「うるい」は「オオバギボウシ」とも称され色合いが実に美しく、湯通ししたそのあっさりとした味は山菜ばなれしている。ギボウシを見る目が変わってしまうね。

click

 今回の山菜料理のきっかけは「うるいとタラの芽に山ウドと豚肉のあっさりサラダ」だったと思いだしながらも。とんかつ用に買ってあった肉の賞味期限も限界なので揚げ物もと欲張ったのだ。

 結局、サラダ、酢味噌和え、天ぷらにとんかつまで出来てしまったのだが想像以上に美味しく出来て大満足、天ぷらの衣がちと厚めだったが小麦粉を酒で溶くという手法を初めてやってみた。冷めてもべたっとならないらしい。

今回の「タラの芽」、旨かったなぁ。

click

とんかつは二回目の挑戦であったが、ちと手抜きをしたこともあって、不味かぁないのだが75点の出来、まぁまぁだったので食事の途中でパチリと撮影、ソースかけ過ぎだ。

 山ウドとセリまで手が回らなかったというより、そんなに食べれないということで次回にお預け、山ウドの皮を使ってきんぴらかかき揚げにしたいと思っているのだが、美味しく食べるにはやはり手間暇かかるなぁ。
STOP【ブレーン不在、あるいは居ないのかも】
_高速道路料金の思いつき値下げの実施で、またぞろ物議をかもしている。こんなものとっくに無料化でなきゃいけないことだが、一度味をしめた美味しい通行税を手放すなんて考える気高い政治家なぞホンマに居るのかと半信半疑だ。国民の税金で作った天下の往来、いわせてもらえば公団が関所を設け、昔の山賊と一緒だね。政権交代の暁にはぜひ無料化を実現してほしいものだ。だいたいが深夜など東名を走る車両の9割以上が運送業のトラックなのだ。食品、原材料、工業部品、製品の運搬だと思うと消費税の他にどれだけ国民から徴収していることかとその厚顔無恥に腹が立つ。何が受益者負担だ、プンプン。
 とっくの昔に一般道路と同等以上に公共施設、生活生命線になっているのだからして、保守・管理を国が賄うのは当たり前なのだ。

web拍手_履歴



2009年03月12日(木) No.2447 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(3) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen