LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


肉じゃが。


click

 夕方になってみぞれまじりの雪、気温が摂氏1度ってぇんだから寒いはずだ、桃の節句なのにね。今日は久しぶりに調理人魂に火が付き、お惣菜の横綱、「肉じゃが」にチャレンジしてみた。一応レシピを眺めたが、とても正確には出来そうもないのでとりあえず順番だけ頭に入れて野菜の下ごしらえから。

 今日の日に備え三日前に全て材料は揃えてあったが賞味期限ぎりぎりではあった。そして今回は牛でなく豚肉を使うのと、調味料を「追い鰹つゆ」だけに絞り、砂糖・塩・他調味料を一切加えないで調理することにしたのだ。
 グルメ番組などで良く云われる素材の旨味がどんなものかと試してみたかったのだ。しかし、そこは拙者の悪い癖が出てしまい定番の素材の他についついあれもこれも下ごしらえしてしまい8種類も入れてしまったのだ。長ネギと油揚げとお豆腐は思いとどまったが、シンプルな肉じゃがとはならなかったのは如何ともし難い。

 それにしても時間のかかること掛かること、半端じゃぁない。下ごしらえに一時間近くかかり、サラダ油でサッと炒めたあと、ことこと煮ること30分以上、さてお味のほうはというと、これが大成功、塩分が少なくてもこれだけ旨いものが出来るのかと新たな発見をした思いだ。ジャガイモも欲張って男爵イモとメイクイーンの2種類使ってしまったが、それぞれの味がして良かった。気まぐれで皮をワイヤーブラシで擦り取ったのだが、これは普通に皮むきしたほうがいいなと納得、いわゆる雑味が少し混じる感じがする。

なんにせよ、後味が良いというのはこういうことかも知れない、いつもなら甘辛く濃い目に煮付けるものと違って食後感がまるで違う。薄味をして上品と目するのはあながち間違ってはいないことかも知れないなぁ。まぁ好きズキということではどっちゃでも良いのだが。

 あまたある食材でコンニャクほど不思議なものはない。誰が考えたのか尊敬の念すら覚えてしまう。

STOP_

web拍手_履歴



2009年03月03日(火) No.2423 (ブログ::ぐふふな調理)
Comment(0) Trackback(0)

久闘、苦闘。句闘、狗闘。


click

 昨夜は花粉症によるクシャミと鼻水との格闘、ティッシュペーパー2箱、タオル2本を使い切る頃にようやくくたびれて眠りについたのだが、目覚めたとき、薄目をあけて見た時計の長針と短針を見間違え、てっきり6時過ぎと思ったらなんと午後1時30分、12時間近く寝ていた勘定だ。

click

 起きた時、鼻のまわりはすっかり乾いていて花粉症の気配もなくなっていたが起き出してものの数分でまただらだらと出てきた。

click

いい加減に鼻水を抑える薬でも買ってこないことにゃまずいかなぁとも考えるのだが、もうすこし時間が経ちゃぁなんでもないことだし、さてっ、どうしたもんかと今日は雛祭りだ。

click



 この頃、シトの趣味・道楽に思いがいってweb上のそんなサイトを拝見したりしているのだが、いやはや個人とはいっても大変は情報量、よくぞここまで集められたものだと感心してしまうのだが、あくなき探求心のなせるわざなのだろうネ。「足るを知る」などという諦観に近い至言もあるがそんなこと云う奴は好奇心の度合いが少ないのだろうなぁと重きを置かない。
・見たことのない名画。
・聞いていない名演奏。
・読んだこと無い名著。
・観たことのない絶景。
たくさんあるんだろうなぁ。それだけじゃなく拙者の場合はなんでもない小さな漁港や海辺にやたら惹きつけられるところがあって収拾がつかない。

 足るを知るも知らないもそれぞれの人生、どっちが好いんだか。
STOP
 当ブログに折々にコメントくださる埼玉県の「珈琲パウエル」ご亭主のKAMIさんが主宰される「ジャズ鑑賞会」がこの3月26日(木)に早19回目を迎えての開催とのお知らせがアップされていた。

そして、今回は嬉しいことに拙者の大好きなジャズ・トロンボーン奏者、カーティス・フラーさんが取り上げられるという。

単に個人的な思い込みに過ぎないのだが、なぜかこのフラーとエリック・ドルフィーへのリコメンドがあると無性に嬉しくなってしまうのだ。

思えば5年ほど前にDTMを恐る恐る始めてこのサイトを作った最初のコンボ演奏の短編が彼のアルバムにあった「Five Spot After Dark」、音楽に主義主張などちゃんちゃら可笑しいと納得したのもその時だった。





♪〜入力した時には題名もあやしかった。






web拍手_履歴



2009年03月03日(火) No.2421 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen