LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


そろそろ・・・


click
♪〜津、鋼管町の海。

 夕べは8時前に寝てしまい夜中の2時に起きる。持参したままあまり目を通していなかった故?大野晋さんの編集になる『この素晴しい国語 (日本語で生きる) 』を読み返す。何回読んでも面白く、その時々でいろいろと考えが頭に浮かぶ。執筆者の人選もさることながら、短編章となっているのが程よいのだ。

 明け方8時過ぎにようやく眠くなりうとうとし始めた頃、舎弟が良い天気になりそうだから昨日の海辺に行ったらと声を掛けてくれるも、そのまま寝てしまい結局起きたのがお昼12時だ。

click
♪〜一段と空気が澄んでいて
月がまぶしいくらい。


 居心地の良さに、あっという間の3週間が経とうとしている。今週には帰るよと言ってあるのだが、天候しだいで、思惑としては平日の風の穏やかな日に出て、途中静岡県清水港に一日立ち寄るつもりなのだ。目的はもちろんチヌの懸かりつり、あえて難しい時期での挑戦なのだ。

 んなこと思いつつ、支度をして昨日のポイントに一人で出かけた。一本は投げて置き竿として、もう一本でブロックの間を狙う穴釣りをした。足場が足場なだけに、細心の注意を何べんも確認しながら移動する。海にでも落っこちたぁひにゃ、何言われるか知れたもんじゃない。程よいくらいに当たりがあって小型ではあるがガシラとアイナメが釣れてくれる。防寒服も上下完璧に着込んでいたので寒くはない、結局日が暮れるまで釣っていた。伊勢湾に上る満月がひときわ大きく輝いていてしばし見とれていたのだが、安否確認メールが入り、暗くなると危ないから早めに上がりなさいと、ぶひぃ〜、ここは素直にハイハイと返信して帰ってきた。
STOP
<ぶつぶつ独り言>
 どうも最近とみに感じることに我が国の年金制度に関して世代間での認識のずれがある。これは偏に不透明で分かり難い制度により凡百の民が抱かせられた不幸な感情でもある。拙者の少し上の方々は得をしているなどという認識を持つ壮年層も多いが民業に携わった人々は決して手厚い保護を得られているわけではない。
 とはいっても2世代3世代同居の家族制度が続いておれば十分なものでもあるように感じるのだが、個人の自由が優先され核家族化が一般化したことで否応なしに年老いても自立していなければならないというのが不幸の素だが、さてどちらを選ぶか痛し痒し、家族が一番大事と信じきれるしとは幸いかも知れない。そして利に聡い方々は蓄財にこれ勤め老後に備えている訳だし、誰に文句言われる筋合いもない。
 かくゆう拙者は自由こそ生きる総べであって社会的に定年としてお役御免となったからには、当然のようになにもしなくとも良いのだと信じて疑わないのだが、生憎なことに蓄財とはまるで縁のない生活だったこともあり、積み立てた年金のみが生活を支えることになるが、ツツマシイとは縁遠いしとゆえ当然それだけでは立ち行かないのは目に見えるわけで、それでも僅かな蓄えを切り崩してゆけば後10年くらいはやっていけないこともない。
そして、その間にもう一働きでもすれば何年かは伸びるかもしれないのだが、そんな先の心配などちっとも出来ないノー天気な奴なのだ。何とかなるさっ、てぇのと何ともならなくなるのも見てみたいと不遜なことを考えている。

♪老人は荒野を目指す、な〜んて。

 今、国の税について強く思うのは後発の年金や保険の徴収制度、省庁単位で勝手に取っている税金の類はその扱いの粗雑さ加減がひどすぎるということだ。これだけ糾弾されて恥じ入るそぶりもないのはその程度の輩の巣窟ということなんだろうな。国税に一本化して透明化を図るのが急務と思うが、第二の小泉さんが出なきゃダメだ。ここはひとつヨッシーさんに期待するっきゃないな。

web拍手_履歴



2009年01月11日(日) No.2291 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen