LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


年賀状。


 生まれて此の方、お正月にこれほど長期間家を空けていたことが無く、おそらくは届いているであろう年賀状の事が少し気になりだした。昨日、一日中遊びまわったせいで夜7時過ぎには寝てしまい早朝というより深夜の2時に起きてしまった。さて、どうしたもんかと周りを見渡すも、普段の時間潰しの手立てが無いので「JAZZにまつわる話」サイトを開いて見てまわる。
 管理人の爵士楽堂ご主人こと若山邦紘さんは日本のオペレーション・リサーチという学問の重鎮でもあり、お堅いそれのかたわら、こよなくジャズ・ボーカルを愛する素敵な紳士であって数年前より、相互リンクを通してバーチャルではあるがご好誼頂いて毎年すばらしいペン画を添えて年賀状が届く。学会等で世界を飛び回っておられた時にスケッチされた風景が見事に写し取られていて何時もしみじみと見入ってしまう作品なのだ。

click
♪〜画:爵士楽堂ご主人
  ありがとうございました。

もう33枚目にもなる「今年の年頭の一枚」はこのエジンバラ城の絵だった。いつも無断転載を歯牙にもかけぬジェントルな先生に甘え、今年もちと遅くはなったがブログにアップ。2002年の7月に描かれたものだということでした。

 くらぶべくもないのだが、いつも絵をみると写真との違いに思いが行く。どちらも人間の手により創られるものに違いないのにその手間隙のかかりようの違うことったら、なんに例えようか。写真は写真での面白さがあると割り切ってはみるものの、絵を描けるとなると同じ人生でも100倍くらい豊かな感じがして羨ましいったらありゃしない。まぁ、ないものねだりも活力の素と開き直るしかないのだが、ギャハハ。


STOP
外は今年初の雨。

 昨日、ドライブの間カー・ラジオで流れていた国会中継、聴くとはなしに聞いていて なんとまぁ文化水準の下がったことかとあきれたものだ。特に与党議員の歯の浮くようなヨイショ発言は、恥ずかしくなってしまう。あんな兄ちゃんや姉ちゃんが国会議員で先生と呼ばれたりするのだから考えようによっては凄い国ではある。帰ったら審議という言葉の意味を調べてみようと思った。
ちっぽけな島国の人間でも思い上がるととんでもないことを口走るもので、47歳の米国の次期大統領に先輩としてのアドバイスをなんてぬかしていた、あぁ〜ハズカシイ。


web拍手_履歴



2009年01月09日(金) No.2285 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen