LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あと、2日・・・


click

 今朝は7時に、すっきりと起床。熟睡感がしてとても気分が良い。今日は手伝いがないということで、昨日の続きで拙者一人で伊勢?志摩半島に出向くことにした。折角なので高速道路でなく国道を行ったのだが途中には伊勢神宮や天照大神の天岩戸などなど次々と名所旧跡があるのだが目指すは牡蠣の養殖で名高い的矢湾なのだ。
 2時間ほど走って到着したのだが、湾をぐるりと回る護岸沿いの道路は車一台やっと通れる細道で、スリル満点。最初にたどり着いたところに車を置いてデジカメ持参で護岸堤防をぐるっと歩いてみた。

click

 地元のおじいさんがナマコを鈎針で採っていたが敵もさるもの、なかなか姿を見せない。他にもお一人釣りをされている方が居て、話を聞いたところ、まだキスも釣れるのだと言っていたので、俄然その気になりお昼ぐらいから日当たりの良い護岸でのんびりと大名釣り、すぐに手の平大のメバルが掛りこりゃぁ面白いと夢中になる。他には小メジナばかりだったが朝夕には少し大きいのも釣れるということだった。

 的矢湾に来たのは初めてだったのだが、写真や映像で見るとおりの穏やかな海で遠くに見えるのが、あの「喜びも悲しみも幾年月」で有名な灯台だと地元の方が教えてくれた。

 有名な土地なのでもっと大きな町並みがあるのかとも思っていたが、いかにもヒッソリとした内湾で養殖業者の家々が海沿いに並んだ静かなところだった。

click

 氏神を祭る神社のあるところが高台の展望台になっていて湾内を一望出来、今日はホントに良い天気だったのできらきら光る海面と牡蠣棚の様子がとても美しい景色で、これまた大満足の一日となった。帰路は伊勢道を通り1時間半ほどで津に戻ることが出来たのだが伊勢名物「赤福」を買おうと寄った観光市場でが良く似た「御福」しかなかったのだが、そういえば食したことがないので、これをお土産にした。自分が食べてみたかったのだ、ぐふふ。

STOP

web拍手_履歴



2008年12月29日(月) No.2248 (雑感::旅情)
Comment(4) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen