LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あと、12日。その2


click

 今日はほんとに良い天気で気分が良くて、それこそルンルンといった感じで8時頃家を出た。向かったのは八王子、何日かぶりでデジカメを携えて何かないかなぁと探したが、なにもナイッ。良く目の付けどころなんて言葉があるがしとさまの写真を見るとよくぞ目がいったものだと感心するばかりなのだ。
 同じ世界に住んでいて不思議なことだ。結局、今日一番良かったと思う風景は青空だったのだが、空というくらいだからカラッポなんだろうなぁ。

click

時節がら待合室に飾り付けられていた、心ずくしのツリーがなんとも言えない優しい感じがしたものだ。クリスマスの色っていつ頃からこんな感じに定着したんだろうか。そういえばこの時期しきりに流れる曲ジングルベル、昨年が誕生150年だったという。米国の牧師さんの手になるこのそり遊びを唄った曲がサンタさんの乗るトナカイのソリの鈴の音にもラップしていかにもクリスマスにマッチする。

 田舎への出発日を22日の月曜日と決めた。3週間ちかく家をあけるとなるといろいろ考えなくちゃいけない。一番の問題は釣り道具をどれだけ持って行こうかということなのだが、今の状態でフラリと出るのが好いかなぁとも思ったり、横着は相変わらずだ。
STOP_昼には用も終わり自由の身となり相模川沿いに下って新昭和橋付近でハヤでも釣ろうかと寄り道する。ぽかぽか陽気でハヤが群れをなして回遊してくるのが良く見える。けっこう大きいのもいるんだなぁと思った。となりにヘラ釣りのお兄さんが竿を出しすぐに一尾上げていた。しかし拙者はあまり釣る気がせず護岸の傾斜に大の字に寝転がって昼寝、天下太平だ。一時間ほどした頃電話あり、懇意にしているSさんからDVDラベルのプリント出来ますかな〜んて頼まれ、あっさりイイッスヨとその気になり帰宅。原稿がファックスで入っていたので早速作って送ったのだが、あんがいこういう小細工が好きなんだなぁと改めて思った。

web拍手_履歴



2008年12月19日(金) No.2215 (ブログ::日記)
Comment(2) Trackback(0)

あと、12日。


click

 夕べは久しぶりに電車で新宿に出向いた。さほど気温は低くなかったのだが一応用心して今期はじめて冬用のロングコートを出した。慣れ親しんだJR新宿駅構内の中央東口コンコースなどはまだまだ改修が続いているがより広く明るくなりつつある。しっかしさすが新宿、しとの波はたいへんなものだが、あのやかましかった構内のアナウンスや音楽がすっかり影をひそめ整然とした感じになっていて良いなぁと思った。

 東口の地上に出て新宿通りから靖国通りを渡ってコマ劇場のある一丁目のお店で落ち合って気のおけない仲間8人ほどでの忘年会だったが飲んで食べてしゃべって、まぁ楽しかったねぇ。何人かの若いやつは次イコーなんて別れたが拙者はぶらぶらと町並みを見物しながら駅に向かい、電車に乗って帰って来た。途中、2回ほどホームに降りたって、休み休みの御帰還だ。
 しかし、一度など乗り込んだ車両が異様な雰囲気で足元を見ると「女性専用車両」なんて書いてあり慌てて移動したが、あれぇ、男性もたくさんのっている、なんのこたぁない、時間で決めてるらしいがこんな野蛮なことを未だやってたんだと驚いた。文化の退歩って現実にあるのだ。

click

 まぁ、木曜日ということもあるのか人出はひところのすさまじいという感じはしなかったが、若いしとも多くて良い感じになっているとは思うが、あの雑多でごちゃごちゃした雰囲気が無くなっている分、時代を感じずには居れないな。あのコマ劇場も今年限りで姿を消すという、52年間・半世紀でしかなかったと思うと劇場としては後世に誇れるようなものでもなかったということか、ポップ・カルチャーの見本のようなものだ。

 画像は携帯電話のカメラ、手ぶれがなぁ。
STOP_昨日のニュースでひとつホットするようなものがあった。それは関西の阪急電鉄がここにきて人件費増を覚悟して非正規・正規従業員の枠をとっぱらい全員を正規社員として雇用することにしたのだという。10年も前の北欧の先進国なみの勇気ある判断だとエールを送りたい。少し前には史上最高の利益などと鼻をふくらましていたメーカーなどもいわゆる単純作業労働者をズル賢く利用していただけだと反省しなくちゃいけないね。なんとなく最近の財界のリーダーの言動を見ると政治家同様三流の感がして仕方がない。どこぞのソーリと同じで落ちこぼれに対する嫌悪感がにじみ出ちゃっているもんなぁ。こんなじゃ、地球にやさしくなんて言葉も空々しいって。

web拍手_履歴




2008年12月19日(金) No.2214 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen