LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


バラク・オバマ氏。


 雨の日曜だってのに朝6時に起きてしまった。なにかTV番組でもと漁ってみるが目を惹くものもない。今の政局なんぞ耳にするのも鬱っとおしい。

 早朝の世相放談のようなTV番組で論客と名を馳せた西邊さんが米国の浮かれようを皮肉っぽく話されていたが、随分と薄っぺらいお話でナサケナイ。

 次期米国大統領に選ばれたオバマさん、いかにも颯爽として希望を託すにふさわしい言動で期待が持てる。現大統領が世襲のぼんぼんでマーチャントやミリタリィにとっては良きしとだったと思うだけに大きな違いがありそうだ。
 閣僚候補にしても凄い人材が綺羅星の如く見受けられ羨ましいかぎりだ。あのIQ180のパウエル元国務長官の名もあがっていたがリベラルで有徳な方が引っ張るのであれば、属国も幸いであろうと悔しいけれど思うのだ。それにしてもあの若さでの組織力は半端じゃない。カリスマ性からいって当然ヤッカミや妬み、偏見からの跳ねっ返りのお馬鹿さんが出てくることは考えられるわけで蛮性とも云える銃信仰の残る彼の国では暗殺の可能性がまず心配されるというのが悲しいことだ。

 比べるのも恥ずかしいのだが我が国では景気対策と称して定額給付をどったらこったら、もともと国民の税金を政治屋があたかもふるまっている様な様子でけったくそ悪いことこの上ない、まっこと大局観に欠ける施策で情けないなぁ。そんな費用を捻出できるのだったら後期高齢者医療を全額、国が負担しますと宣言するほうが気分の向上になるってもんだ。1988年におこなわれた「ふるさと創生資金」同様、後世のもの笑いになるに違いない。

 世襲議員の多さからも我が国の民度は低きに貶められてもいるが、こと家業に関して世襲というのはまっとうな習わしなのだが政治家はダメだ。だいたいが政治を職業・稼業とすることがそもそもみっともない話で民を食い物にしているということがあからさまではないか。選ばれる時点で底上げされているようなしとは政治にかかわってほしくない。

 以前、ブログで来年から始まる産科医療保障制度が医師と患者の不毛な争いを避ける制度として有意義だと書いたのだが、なんのこたぁない、やはり腐った官吏の考えることは、あからさまに不透明な仕組みだ。多くのしとが指摘するように公的保険料をなにが悲しくて民間保険会社に預けるのかバカなことを決めたものだ。どうだいと言わんばかりに説明していたでぇじんの想像力に疑問がある、押さえどころが少しずれてやしないか。

STOP_

web拍手_履歴



2008年11月09日(日) No.2106 (今日のニュースから)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen