LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


神話の世界。


click
♪〜シモン・ヴーエ「愛、希望、美に征服される時の父」
    なんともナサケナイものの象徴のようで可笑しい。


 最近借りるDVDに多いのが古代ギリシャやその他の大陸の神話に基づくスペクタクル・アクションといった手会いのもので、たまに良く出来たものに出会うと大いなる楽しみとなる。
 子供心に培った星座への親しみもあるせいかギリシャ神話は特にしとの行いの全てを網羅するように幅広く構成されていて今になって発見する逸話も多いのが愉快だ。個々の話に突っ込み所満載で飽きることが無い。逆にそれがいかにも自由奔放で波乱万丈、ときめくのだと思う。

click
♪〜モロー「・・を運ぶトラキアの少女」











 いつも不思議に感じているのだが、どうして世界中に存在する神話の神々はあぁもヤンチャでイイカゲンなのかということなのだが文化の成り立ちや歴史をたどっていって行き着く先がとどのつまり、この神話の世界なのかなぁと思うと、丁度宇宙の起源を辿ってビッグバンに至るような、それ以上は考えが及ばないという無念さが付きまとう、というほど足るを知らない人間は愚か者の誹りを免れないのだろうな。
 そしてこの神話にインスパイアされ後世あまたのしとが詩や絵画・彫刻や音楽に表現してそれが見るしとに大いなる感激を与えるということ、これが面白い。
 妙なる音楽を奏でるオルフェウスがなびかないことに怒ったトラキアの女達が彼を引き裂き生首を楽器に組み込むなんてのはどんなしとの考えたストーリーなのだろうか。

STOP

♪〜コラージュ。。。。

_んなこと考えながら手持ちのmp3データでコラージュして遊んでみた。楽器でなくとも、きれいな音が出せればそれだけでも大いなる喜びだ。リアルの楽器ならもっと楽しい、かも知れない。
 どれもイメージするのは、古代の帆船に乗って水平線の彼方を目指す船乗りだ。なにか脱出願望でもあるのかなぁ。


web拍手_履歴



2008年10月26日(日) No.2060 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen