LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


からっぽ。 


click
♪〜白紙。

 こんなに良い天気だというのに足が外に向かない。今朝も5時頃に起床していながら寝る前の心つもりとはうらはらに本やCDに手がのびる。季節は秋真っ盛り、行楽のシーズンと言うのに、やはり天の邪鬼なのかな。そのせいでブログに乗せる画像も底をついている。な〜んにもない。

 暇ひまに読む本に漱石の「草枕」があって、昔読んだ時とはまるで違う印象なので愉快だ。発表された頃に大人気を博したというのが逆に不思議な感じもするが我が国の文化の高さを象徴するかのようで愉快だ。明治39年、西暦1906年ということに想いを馳せる。

 『着想を紙に落とさぬとも璆鏘の音は胸裏に起こる。』なんて一文を読むとドヒャーとしか感想が出ない。「キュウソウの音」などぽろりと出てきて無学の拙者はあたふたとする。30代でこの不人情の世界をすらすら書いたということに、改めて恐れ入ってしまうわけだ。おそらく当時、官学を修めたようなしとというのは左程に教養あふるる人種であったのだろうなぁと思うことしきりである。

STOP_

web拍手_履歴



2008年10月17日(金) No.2039 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen