LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


楽器の楽しみ。


click

 今日はしばらく遠ざかっていた楽器に触れ音を出して遊んでいたのだが、だんだんと欲が出てきて、そうだ、マイナス・ワンの教材が残っているかも知れないとごそごそ探し、見つけ出したのはもう半世紀も前の教材で楽譜とコンパクトLPという7インチのレコード盤付のものだ。表紙の補修テープもはがれボロボロだが音は出た。スイングジャズでは名をはせたJ.Hillさんの作編曲でお手本の演奏はBuddy Marrowさんだ。当時モダンジャズにとりつかれ、遡って中世のポリフォニーから黒人霊歌まで実に広範囲に何か足しにならないかと探し求めたものだがジャズに関して国内ではこれはというものがなく、こういったスイングジャズでもそのノリの違いにどうしようもない憧れを持ったのをまざまざと思いだす。
 今聴いても、やっぱ、スイングしなけりゃ意味がないと。口直しには8ビートも好いんだけれどね、ぎゃはは。
ダサイなんて言葉が当時あればまさに我らの発する音がそうであったなぁとつい遠い目になってしまう。

♪〜その中から一曲、Blues for Trombones〜



STOP_

web拍手_履歴



2008年09月28日(日) No.1976 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

トランスペアレンシー。


 今日は6:00に起床。曇り空でやや暗い。このトランスペアレンシーという長ったらしい単語はhtmlのフレームエリアなどでの透過性の指定なんかで使っていたが、ベルリンに本部のあるNGO法人でトランスペアレンシー・インターナショナルというところが1995年から各国の政治家と官吏がどれだけ腐敗しているかを国際比較して順位付けしているので注目した。

 この3年間くらいは調査対象も180ケ国を超え、なかなかに信頼に足る腐敗度が一目了然といったところだが、驚いたことに我が国でインテリジェンスを当然備えておられると思われるオピニオンリーダーでも、この国家の透明性を善しとする見方に冷ややかな言辞を述べる野蛮な方が数名おられて、がっかりした。

 ちなみに日本は昨年17位、今年が18位だったのだが上位はだいたいがヨーロッパ、特に北欧各国なのはこの30年のあいだの改革の当然の帰結と納得がゆくわけで、民と官の間の常識が同じくなりつつあるのだろうな。

 我が国も後進を恥じることなく西洋の文化を取り入れりゃいいのにと、口惜しいけれど願って止まないのだ、100年ちょっと前には出来たんだから。

 悪いことは隠す、隠すことは悪いことだ、巧妙に隠すんだよなぁ。

STOP_辞任した国交省大臣もこの30年前には大蔵省に巣食っていた方なのだねぇ。もっとも日教組に対する敵愾心にはひょっとして文部政務次官在任時の総選挙落選の恨みつらみでもあるのではと思わせるのだが、献金での疑惑も多い方だなぁ。

・・侫臣、やな言葉だ。

web拍手_履歴



2008年09月28日(日) No.1975 (文化)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen