LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日のビックリと昨日の合点。


 今朝は7:00起床、外はどんより曇り空で今にも降り出しそうな様子。散歩の予定は敢え無くやぁ〜めたと断念、頑張らないことも板についてきた。

 報道バライティで見たニュースで、北海道農業開発公団の、天下り理事長の自らの報酬引揚げを要求しているとの話、えぇ〜っとばかりに頭をフル回転させてみたのだが、そこで思いついた結論は、おそらく彼は自職の価値の高さに確固たる自信があってのこととしか推測できなかった、ウッ、ん〜ん、スバラシイ。しかしそれを言いたいのなら組織をまっとうな民間団体に変えてからにしてほしいね。
 現知事がハトが豆鉄砲くらったような顔付きでインタビューに答えていたが印象的であったが誰もがそう感じるわ。

 昨日、「産科医療保障制度」が無過失補償を患者に与える形で施行されていることを遅ればせながら知った。昨今の医療事故などでの患者さんとお医者さんとの長くて無益な裁判などを見るにつけ、医療と教育現場での事故には無条件で保障するシステムが出来ないものかと思っていた矢先なのでこれは一歩前進だ。過失かどうかとか事件性については原因究明や再発防止を含めて制度側と医療機関なり学校が争うかたちにするのが善いように思うのだ。
 ただリスクを伴う手術や治療の全てにそうするのはまだ先のことかなぁ。個人的には師と名の付く方々とは争いたくないもの、聖職であってほしいのさ。

STOP_

web拍手_履歴



2008年09月18日(木) No.1952 (今日のニュースから)
Comment(2) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen