LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


没後10年、黒澤明監督。


click

 BS2で特集されている黒澤作品全30作の中でも最高傑作といわれる『七人の侍』、本篇とリコメンド番組などで映画三昧の一日、明日の日曜日もそうなりそう。
 もう何べんも観ているのに3時間27分がまるで長いと感じない、如何に優れた映画だということが解る。遅れてきた映画ファンとしてはいまだ観ていない名画も相当あって楽しみなことではある。
 昔はオーケストラの指揮者が己の帝国を最も持ち得るしとのように思っていたのだが、こういった映画作品を作りだす監督はそれ以上だ、天皇と呼ばれるのも納得できる。
 音楽を担当された早坂文雄さんはこの映画完成後数カ月して逝去されたのだが我が国での映画音楽の草分けでこの映画に実際には大冊のスコアを書かれていたのだが音入れの段階で監督の判断で次々とパートを減らし、あえてシンプルな音になっていったのだという。
 昔、最初にこの映画を観たときには日本の音楽はなんと幼稚なものかと感じたりしていたのが、とんでもない不明で、今、映画の中で聞くそれは映像と一体になりとてもバランス良く聞こえる。

web拍手_履歴



2008年09月06日(土) No.1929 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen